地鎮祭内容ご紹介

地鎮祭












先日ソーラーサーキットの家の地鎮祭を行いました。

週の始めから台風の接近が予想されていましたが、進路が変わって当日はとてもいい天気になりました。

お願いする神社さんによって若干異なることもあるでしょうが、神式の地鎮祭のやり方は基本はあまり変わらないと思います。

祭壇にはお札と山海のお供えものや洗米、水、お神酒を飾ります。

お供え物は海のもの、山のもの、野のものをそれぞれ用意します。

海の物は尾頭付きの魚なのですが、生ものは傷みやすいので乾きものを供えます。

山のものは木になる果実、野のものは土の中にある大根や人参を供えます。

祭式を進めて、途中で敷地の清め払いも行い、玉串を納めます。

最後に乾杯をして式の終了となります。

鎮物





当社でお願いしている神社さんは、祭壇や供物なども用意してくださるのでありがたいです。

さらに、基礎工事の際に敷地に埋める「鎮め物」もいただけるので、基礎したから家を守ってもらっていることにもなります。

お札は上棟の時に屋根裏に収めるためにお客様の方で一時保管していただきます。

以上が一連の流れです。

どうでしょうか?わかりましたでしょうか?

実際の手配はこちらで行いますので、心配はありませんよ。

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ


会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:
https://www.instagram.com/daisei_outi/

9月28日(土)・29日(日)は
「健康な家づくり」無料相談会です。


人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC」

tokaiFC_234x60_a01 



大清建設も応援しています。