子ども部屋仕切りあり方


s-011












おはようございます。

アメリカのホームドラマなどを観ていると、お子さんが乳幼児の段階から子ども部屋で寝るシーンがよくあります。

いろいろなドラマでよく観るシーンなので、それがスタンダードなのでしょうね。

アメリカのようにはいかないまでもそれまで親と一緒の寝室でいたお子さんが小さいうちに子ども部屋に移る場合があります。

小さいうちは親から離れて寝たり、勉強したりすることが不安なこともあるでしょう。

それ故に入口のドアや戸を開放して過ごしたり、複数の兄弟姉妹がいる場合はそれぞれの部屋の仕切りを無くす設計も多くしたりします。

親にとっても様子がわかるので安心です。

そんな状況も数年すると独立心が芽生えたり、プライバシーを気にしたりするので、お子さんも個室化を望むようになります。

最近そうしたご要望も多く寄せられます。

今日も一日皆様にとってよい日でありますように。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。