リビング天井

 0532d83a









おはようございます。


住宅のプランニングをしながら3次元で空間も同時に考えるのが建築士の仕事です。

お客様にイメージを伝えるために3Dの画像を使って説明すると、共通の言葉でお互いの理解が深まります。

3Dを作成するには、構造の合理性も考えなければなりません。

いくらかっこいいイメージ図でも実際に建てられないのでは意味がありません。

お客様のイメージを実現するために構造面からも検討して、3Dに落とし込みます。

そうして作成した後は、デザインや色など希望の空間に仕上げてお見せします。

このイメージ図もそうしたうちの一つ。

構造の合理性とともに、天井にはアクセントになる梁を配置。

木部はダークブラウンに統一して「新和風」調に仕上げています。

開放的ながら落ち着いた空間になりました。

今日も皆様にとって快適で楽しい一日でありますように。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。