2018年08月13日

【LIVE報告】山の日・守山の日・盛り沢山の日

守山ダダマ 2018.8.11
充実しまくりの楽しすぎる日というのが年に何度かはあるもので、8月11日山の日はまさしくその一つとなりました。

ライヴの前にこの話もしておかなきゃいけない。

古事記projectイベント
まず昼間に下北沢で、古事記projectのイベントに行ってきました。前日はコミケに出店していたこじぷろ、私も生まれて初めてコミケに行って全ての品物を購入したわけですが、それに続いてこの日はボイスドラマの生アフレコ、ラジオ番組『すずとまみよのOh My God』の公開収録、そしてライヴと3時間のあいだにいろいろ詰まったイベント。神々をじかに拝めてありがたかったし、本当に楽しかった。文字通り古いお話が、自分の未来を広げてくれている。ここでお会いする人はみんな素敵でハッピーな気分になれます。打ち上げも参加したかったなあ。

締めくくりのまみよさんのライヴで、その力強い歌声に本当に元気付けられて、自分も自分のライヴで歌いたいと思ったし、今までやらなかった感じのことをやろうという勇気も持てました。

「言葉」のキッチンその肆
そして西荻に移動して、もがくひと主催『「言葉」のキッチン』に出演。かつて関わっていた『進撃の詩人』の流れを汲むイベント。前回オープンマイクで初めて参加して、今回はブッキングで出演。長らく弾き語り系のイベントを主戦場にしてきて、もうポエトリーのことはだいぶわからなくなってる。絵レ氣ギターは扱えるけどエレキギターもアコースティックギターも弾けないのに「弾き語り側の人」の意識になってることを実感したけれど、久々に会う人たちから凄く歓迎されて嬉しかった。長野から来た井出さんと思わぬ再会もできて、本当に幸運でした。

そんな中での自分のライヴ。いつもと違う感じで行くことにして、初めから3曲、MCなしで通しでやりました。それも2曲はほぼインスト、そして1曲はイカ宗さんのカヴァーを歌いました。挑戦だったけどとても良い感じでやれた。そして、ラストは初公開となる、鉛筆の音を鳴らしながらの朗読。音はマイクでもあまり拾えなかったし、まだまだできたことがあったと思うけど、弾き語りとも撫で朗読とも違う、書き朗読・描き語り・塗り語りをしっかり見せられた。受け手が感じるものが大きければ大きいほどいいのです。字が音になる、絵が音になる、ポエトリーリーディングとライヴペインティングを一人で同時にやった、とまでは言えないけど、「見せる朗読」をするという点ではもう無敵と言われるところまで来たし、自分なりに詩の可能性をまた広げられた。「どんどん進化してる」、これは言われ続けたい言葉ですね。

松坂大輔の「自信から確信に変わった」という言葉が好きなのですが、自信から確信への更新は何度も更新して行進していきたい。また革新の一歩を踏めたと韻を踏みながら確信しています。

他の人のライヴでは、デンパちゃんことMINAZUK1ちゃんのアクトをすごく久しぶりに観れて良かった。この関西出身の女の子もまた、引き出しが本当に多い。何でもできる詩人。さらけ出すと言うより、ありのままに生きてる、それが自然に表現になっているような。本当に良かったです。

2018年8月11日使用絵レ氣ギター・ボトルネック・色鉛筆
一番下のギターに、演奏の痕跡がそのまま残っています。

【2018年8月11日 「言葉」のキッチン@西荻窪ALOHA LOCO CAFE セットリスト】

1.サイレント・スクリーム

2.六本木のネカフェでサイレント・スクリーム

3.クレイジークレイジースパイラルのテーマ(Ikasama宗教のカヴァー)

4.やらかし酒

5.ライフイズビューティフル(鉛筆演奏付き)




この日お会いした全ての人に感謝!




続きを読む

dadama2005 at 12:52|PermalinkComments(0) 神話 | 想楽

2018年08月11日

【LIVE告知】鉛摩大王降臨・今夜西荻で

鉛筆削りの滓
「紙詩奮迅、摩感鋼擦法で撫力行使。戦争じゃない、これは便箋を奏でる箋奏。筆擦詩事人が紙がかりの雷撫。色鉛筆の音色に耳を澄ませば新たな世界が見えてくる。書き鳴らせ、描き鳴らせ、塗り語りの画楽。わっ!を以て尊しと為す。衝読大詩、言の葉の揺れる音で、あなたの良識に揺さぶりをかけます」。

先日は八王子びー玉のはりまさんのお誘いで神宮球場に野球を観に行く予定が台風接近で中止となり、代わりにびー玉で野球関連のTVの録画を観賞。そこで見た番組で、ビートたけしと落合博満が大谷翔平の二刀流を当初から支持していると語り、「他の人がやらないことをやる人は応援したくなる」と言っていた。何か自分も勝手に勇気づけられた。

そのTVを観る前から思ってたけど、私は自分しかやっていない表現スタイルを何としても貫きたい、その思いが日増しに強くなり、これこそが自分の最大の目的であり、目標にすべきじゃないかと。もっと他に目標を持つべきだという意見もあるでしょうが、今はこの独自性を守る、貫くということが、売れるとか何とかよりまず大事なことだと思っています。ここがないと先にも進めない。周りがどうだろうと何があろうと、自分をやる。崩さず、築き続ける。

というわけで今夜は久々にガチのポエトリーイベントにブッキングされて出ます。弾き語り系が主戦場になってるけど、どこでもアウェイ。不都合を掻い潜るのみ。あがいて生き残る。自由は自分で起こし、示すもの。

ライヴ詩人の本領発揮。今回は初めて、鉛筆鳴らしながらの朗読もやります。


言葉のキッチンその肆

2018/8/11(SAT)
「言葉」のキッチン その肆
@西荻窪ALOHA LOCO CAFE
OPEN:17:00
START:17:30
CLOSE:23:00
TICKET:1500/1D

司会:東京未開封

〜ACT〜
もがくひと
ANCELL
三木悠莉
M1NAZUK1
守山ダダマ
ootee
リリと三月の浴槽
9Hz研究所
詩奏

〜DJ〜
000


■飛び入りパフォーマンス枠募集

当イベントではオープン後、17:30まで来場頂いたお客様の中で、希望者がいれば、下記の条件にて飛び入り枠としてライブ・パフォーマンスが行えます。
ジャンル・パフォーマンス形態は条件に合えば問いません。
是非とも、あなたの言葉を聞かせて下さい。


参加条件:
1:5分間の、楽器不要のパフォーマンスのみ。CD音源使用可能。
2:危険行為・誹謗中傷等、特定個人を攻撃する行為・お店が汚れたり、お店に迷惑がかかるパフォーマンスは禁止。当然ながら違法行為は絶対禁止です。
3:とにかく何かやりたい!誰かに何かを伝えたい!という情熱をお持ちの方。


17:30 START LIVE 1部
リリと三月の浴槽(20min)
詩奏(20min)
9Hz研究所(20min)

18:30〜DJ 詩奏

19:00〜飛び入り枠 LIVE(25min、調整5分)

19:30  LIVE2部
ootee(20min)
東京未開封(20min)
守山ダダマ(20min)

〜調整時間〜

20:30〜DJ 000

21:00 LIVE3部
もがくひと(20min)
M1NAZUK1(20min)
三木悠莉(20min)
ANCELL(20min)

22:20〜終演の挨拶・物販・乾杯等
23:00 CLOSE





dadama2005 at 10:48|PermalinkComments(0) 告知 | 想楽

2018年08月08日

【告知】LIVE詩人のLIVEスケジュール

絵レ氣ギター「アイオミ」
ご無沙汰しています。また新しい絵レ氣ギターです。絵レ氣初のレフティ(左利き用)、SG仕様でその名も「アイオミ」。何故レフティか、そして何故ネックがほぼ無地なのかと言うと、主に鉛筆を鳴らすためです。完成当初は無地でしたが、今は練習でかなり汚れ…いや華やかになっています。

弾き語りから撫で朗読へ、さらに書き鳴らし、描き鳴らし、塗り鳴らしへ… 文字も絵画も音楽も一つにする新たな音世界を構築すべく毎晩試行錯誤しています。次のライヴで、その「色鉛筆の音色」を楽しみにしていて下さい。

私は「朗読詩人」ではなく「ライヴ詩人」でありたいのだと気づきました。詩をステージで人前で表現するのに、朗読という手法だけに囚われたくない。朗読よりもダイレクトに「ことば」を表現したい。だから今までも撫でたりドタバタしたりしてきたのです。これは詩を書くという行為をもさらに自由にするものだとも思っています。そして詩には、よりストレートに自分の思っていることをぶつけたい。

というわけでこれからも守山流を見せつけていきます。今年に入ってから首都圏でのライヴが増えましたが、全国各地からのオファー、熱くお待ちしています。どうぞ宜しく!


【守山ダダマLIVEスケジュール】 

8月11日(土) 東京 西荻窪 ALOHA LOCO CAFE
『「言葉」のキッチン その肆』
open 17:00 start 17:30
入場料1500円+1drink
もがくひと、ANCELL、三木悠莉、M1NAZUK1、守山ダダマ、ootee、リリと三月の浴槽、9Hz研究所、詩奏、東京未開封
[DJ]000

8月23日(木) 東京 高円寺 4th
(詳細未定)

8月26日(日) 東京 八王子 びー玉
open 19:00 start 20:00
入場料1080円
守山ダダマ、吉原悲劇、西本成史

9月9日(日) 香川 高松 TOONICE
『SCUM FEST MORNING SHOW 2018』
open 10:30 start 11:00
入場料前売1500円 当日2000円 +1drink

守山ダダマ (東京)、Kill your sons (高知)、詰沢脇市 etc.


9月9日(日) 香川 高松 BEATLES

(詳細未定)


9月16日(日) 東京 聖蹟桜ヶ丘 一ノ宮公園

『せいせきみらいフェス』

(詳細未定)


10月1日(月) 東京 新高円寺 CLUB LINER

『跡形残らぬ街灯突き刺さった歌』

open16:30 / start17:00

入場料1000円+2drink(1000円)or飲み放題1500円

ホノボラン、キタヅメマサシゲ、喜久田ベニヤン、岩谷元気、ドゥー、梅星えあ、久貝 巧、花村雷蔵、おーたけ@じぇーむず、ぺん。、大上ゆーや、黄金虫、守山ダタマ


10月27日(土) 東京 荻窪 Doctor's BAR

『ダダマの渦潮祭Vol.10』

open17:00 start17:30(21:00終演予定)
1500円+1D(投げ銭自由) 
脱法超電磁高橋(宮城)、
ペリー(兵庫)、プレジー3吉、大上ゆーや、笹田美紀、守山ダダマ







dadama2005 at 10:05|PermalinkComments(0) 想楽 | 告知

2018年07月31日

【報告】台風vs渦潮祭・書き回した言葉

ダダマの渦潮祭Vol.9
ダダマの渦潮祭Vol.9〜言葉を書き鳴らせ!〜、おかげさまで無事終了致しました。

台風接近でお足元の悪い中、ご来場下さった皆さん、出演者、Doctor's BARの皆さん、気にかけて下さった皆さん、本当にありがとうございました!!

悪天候の中でしたが、内容は台風に負けない荒々しさ、良い意味で嵐が吹き荒れて、詩人と弾き語り、詩人と詩人、弾き語りと弾き語り…それぞれの間に激しい火花が散りながら、美しい花火に昇華していくように見えました。寒冷渦ならぬ、表現の熱狂渦。

私が見たかった組み合わせが最高の化学反応を起こしてくれたと思います。

Hanaco
Hanacoさん
THE BOOMの「中央線」などの名曲を、繊細で優美な声とギターの音色でアレンジして場の空気を作ってくれました。ダンサーや朗読も取り入れたり、その幅広さで今後も飛躍してほしいです。

池上宣久
池上宣久さん
from 大阪。渦潮祭2回目の登場。今回もポエットモンスターぶりを発揮。「あ段の詩」に続き「い段の詩」も披露するなど、ゲーム作家ならではの知性と狂気で沸かせてくれました。「乱打、乱打!」がまた聞けて良かった!

斉藤めい
斉藤めいさん
飾らない人柄ゆえのパワーをステージでありのままに爆発させるような弾き語り。生命への確かな優しさも感じられて私も元気づけられました。言葉の質量とギターサウンドが絶妙に合っていました。

詩人N96号
詩人N96号さん
正体バレバレ。先日永眠宣言をされましたが、今回の渦潮祭には是非ともこの人をお呼びしたい事情があって懇願し、変名で出演して頂きました。詩の随所に散りばめられた風刺と諧謔精神は死なず。

コビー夏山
コビー夏山さん
私の初企画以来11年ぶりの対バン。変幻自在の声で描く、計算し尽くしたユーモアと柔軟な発想で練り上げられた言葉の世界。池上さんと偶然に一致した「あ段の詩」も含め、爆笑と驚嘆の絶えない朗読ライヴはプロフェッショナルそのもので、途轍もないスケールを感じました。

ハルミ
ハルミさん
歌を己の分身と呼ぶハルミさん。しかしもしかするとハルミさんが歌の分身なのかもしれないと思うような、表裏一体の圧倒的な存在感。叫びも囁きもそれだけで生物のような。真正面から見たぶん迫力が増す、情念の塊のような歌声と音に戦慄を覚えました。

守山ダダマ 2018.7.28
守山ダダマ
今回も最初と最後の2ステージに分けてやりました。「書き鳴らせ」というサブタイトル通り、鉛筆を使った演奏を初めてやりました。勿論、撫でもやりまくり。ハルミさんから、言葉と間に迫るものを感じたと言われたのが何より嬉しいです。

朗読と弾き語りのあいだで、他の出演者の方々に比べれば特に捻りのない言葉で、大きな音も出せないけど、自分なりのやり方で伝えたい言葉の響きを押し広げた感じです。MCが長すぎたのが反省点。

書き(描き)鳴らしの映像です。


絵レ氣ヴァイオリン
色鉛筆で書き(描き)鳴らした絵レ氣ギター、いや絵レ氣ヴァイオリン?

【2018年7月28日 ダダマの渦潮祭@荻窪Doctor's BAR セットリスト】
(オープニング)
1.The Doodle(インスト)
2.歌
3.誰もしない愛
(エンディング)
1.やらかし酒
2.ライフイズビューティフル


打ち上げも、ドクターズバーさんの美味しい料理とともに、楽しかったですね。ここで毎回生まれる交流が渦潮祭の密かな醍醐味です。


さあいろいろと大変だった7月も終わり。また新たな段階へ攻めます。


【守山ダダマLIVEスケジュール】 

8月11日(土) 東京 西荻窪 アロハ ロコ カフェ
『言葉のキッチン その肆』
(詳細近日発表)

8月23日(木) 東京 高円寺 4th
(詳細未定) 

8月26日(日) 東京 八王子 びー玉
open 19:00 start 20:00
入場料1080円
守山ダダマ、吉原悲劇、西本成史

9月9日(日) 香川 高松 TOONICE
『SCUM FEST MORNING SHOW 2018』
open 10:30 start 11:00
入場料前売1500円 当日2000円 +1drink

守山ダダマ (東京)、Kill your sons (高知)、詰沢脇市 etc.


9月9日(日) 香川 高松 BEATLES

(詳細未定)


10月1日(月) 東京 新高円寺 CLUB LINER

『跡形残らぬ街灯突き刺さった歌』

open16:30 / start17:00

入場料1000円+2drink(1000円)or飲み放題1500円

ホノボラン、キタヅメマサシゲ、喜久田ベニヤン、岩谷元気、ドゥー、梅星えあ、久貝 巧、花村雷蔵、おーたけ@じぇーむず、ぺん。、大上ゆーや、黄金虫、守山ダタマ


10月27日(土) 東京 荻窪 Doctor's BAR

『ダダマの渦潮祭Vol.10』

open17:00 start17:30(21:00終演予定)
1500円+1D(投げ銭自由) 
脱法超電磁高橋(宮城)、
ペリー(兵庫)、プレジー3吉、大上ゆーや、笹田美紀、守山ダダマ





dadama2005 at 20:51|PermalinkComments(0) 音楽 | 想楽

2018年07月27日

【告知】明日ダダマの渦潮祭Vol.9 出演者調書



想楽守山流Presents
ダダマの渦潮祭 Vol.9
〜 言葉を書き鳴らせ! 〜
2018年7月28日(土)
荻窪Doctor's BAR
open17:00 start17:30(21:00終演予定)
1500円+1D(投げ銭自由)

17:30〜17:45 守山ダダマ

Hanaco
17:50〜18:15 Hanaco
ダダマさんには新宿のアコースティックアートで開かれているオープンマイクでこのイベントに誘っていただきました。Hanacoという名前は日本語の花子と、スペイン語で「風変わり」というような意味のnaco(ナコ)を組み合わせた名前です。自分なりの花を咲かせたいなと、思います。

池上宣久
18:20〜18:45 池上宣久
小学校四年生で怪人二十面相に出会って以来のミステリマニア。謎を作って謎を解く、普段は一介のサラリーマン。時折りバーのバーテンやったりホーミーしたり部屋に人を閉じ込めたり詩らしきものを朗読します。

斉藤めい
18:50〜19:15 斉藤めい
2014年より弾き語り、2017年よりバンドやコラボでのライブ。
 誰がなんと言おうと現代のラブ&ピース、愛も平和も自分の心から、ということを歌いまくっている、埼玉出身・脱OL女。

2018年1月31日皆既月食
19:20〜19:45 詩人N96号
故あって本名・経歴・出身その他全てが非公開。
当日何をするのかも不明。詩人を名乗っている以上は詩を読むものと推測されるが果たして…。

コビー夏山
19:50〜20:15 コビー夏山
ずっと書いてました。
15年前、
文字から体がはみ出て、マイクの前に立ち、
10年前
自己表現からサービス魂がはみ出て、電波にさらされる道をえらび、

スタイルだけみれば
ずいぶん、詩から演芸にはみ出ました。

しかし、
記号の形はかえながらも、言葉にしようとしている「それ」は、
書いていた時代から
少しも動いていません。

首相のまねから
文房具のつぶやき、
交通情報、CM 、通販、実況、あらゆる言葉のフォーマットで
「それ」 を表しながら、フォーマット自体の陳腐さを笑うことで、日本語全体もかきまぜたいと、挑んでいます。

パロディでやってるうちに、最近は本物のCMやニュースも
よんだりしてます。

写実的なシュールアートのように、
リアルなパロディによる荒唐無稽な日本語図鑑がおたのしみいただけるかと思います。

記号遊びには、
時を忘れ、
「それ 」の方は、
時をこえて、持ちかえっていただくのが、めざすところです。

書き鳴らせ!

というダダマさんの
よびかけに、
「それ」を書く初動と
ステージでのウケたさをひとつにするんだ!
という積年のポリシーを増幅させています。

ハルミ
20:20〜20:45 ハルミ
アコースティックギターの一人弾き歌い。
喉の奥から分身する歌はポップ、ソウル、パンク、ハードコア、呪い、祝い、など様々言われる。
愛知県育ち、東京在住。趣味は散歩と野鳥観察。
2017年10月弾き語り初フルアルバム『歌』初発売。

守山ダダマ
20:50〜21:00 守山ダダマ
撫でを磨いて、さらに良い撫で音を。また鉛筆と命を削って、思いのままの言葉を書き鳴らし、描き鳴らします。

2100  終演挨拶・集合写真撮影
打ち上げ(参加費2000円・飲み放題・軽食付き)

2330 閉店






dadama2005 at 11:15|PermalinkComments(0) 告知 

2018年07月23日

【LIVE報告】大阪・狂いだおれて永眠

クレイジークレイジースパイラル〜寝太郎 永眠〜
今度は7月15日のクレイジークレイジースパイラル〜寝太郎 永眠〜 の報告です。来場者、出演者、共同主宰者、音太小屋の皆さん、ありがとうございました!

昨年に続き2回目でしたが、もう抜群に安定した狂いっぷりで大いに盛り上がり、撫事、活動休止する寝太郎さんにとどめを刺すことができました。

この全日本キチガイフェスも形になってきたので、できれば続けていきたいですね。

改めて、真っ当にイカれた素晴らしい演者の皆さんをご紹介(出演順・敬称略)

Dodoko
Dodoko

ザンネンズ
ザンネンズ

田中ジョヴァンニ
田中ジョヴァンニ

まさ
まさ

澤木玲那
澤木玲那

岩村空太郎
岩村空太郎

守山ダダマ 2018.7.15
守山ダダマ

Carvalho
Carvalho

水野智広
水野智広

ホムラ
ホムラ

タムラアスカ
タムラアスカ

ももづか怪鳥
ももづか怪鳥

Σ(シグマ)
Σ(シグマ)

川原寝太郎
川原寝太郎


私は会場入り直後に蜂に刺されるアクシデントがありましたが、周囲の皆さんのおかげで事なきを得ました。音太小屋の皆さん、本当にいい人たちで好きだ!

そしてライヴでは、普段褒めたり人のライヴの評価を言ったりしないような人からも「最高だった」と言われたり、感無量です。撫で音、めっちゃ響いてた!

【2018年7月15日 クレイジークレイジースパイラル@天六音太小屋 セットリスト】

1.六本木のネカフェでサイレントスクリーム

2.ぬけない

3.(株)三毛猫投入所 社歌

4.やらかし酒

5.ライフイズビューティフル



さあ、次は渦潮祭だ!


想楽守山流Presents
ダダマの渦潮祭 Vol.9
〜 言葉を書き鳴らせ! 〜
2018年7月28日(土)
荻窪Doctor's BAR
open17:00 start17:30(21:00終演予定)
1500円+1D(投げ銭自由) 

ハルミ

コビー夏山

斉藤めい
池上宣久(大阪)
Hanaco
詩人N96号
守山ダダマ





dadama2005 at 16:54|PermalinkComments(0) 音楽 | 想楽

2018年07月20日

【LIVE報告】岡山・ガチで生きる

守山ダダマ@Gypsy Rose
報告遅くなりましたが、岡山・大阪「寝ずの撫で地獄メルヒェンツアー」終了しました。皆さんありがとうございました!

帰宅後に胃腸炎を発症し現在自宅で静養していますが、これから順を追って両所でのライヴ・イベントを振り返ろうと思います。

まず岡山市でのアルハルさん主催の『朗読でNIGHT』。

「岡山は大丈夫なのか?」 出発前に東京の人からよく訊かれたし自分も気になっていました。岡山市内は特に被害は無いという話は聞いていたとはいえ。新幹線の車窓から、京都の桂川が茶色く濁ってたり、以西で渡った川の所々で流木を見かけて豪雨の爪痕を薄々感じながら、岡山駅を下りると街は以前に来た時と変わらぬ平穏な都会の様子だった。酷暑はさておき安堵して、短い滞在時間で少しでも散在したい思いもあって駅地下の木村屋でバナナロールなどを買ったり、野村のデミカツ丼を食したりした。しかし会場に入り、久々に会った親しい共演者たちの話を聞いて、初めて被災地の現実に直面した思いになりました。

仕事仲間を亡くした話、その後の混乱、「生き残った罪悪感」…目に見えない被害やこれからも苛まれていく後遺症のようなものが想像され、根深いものを感じました。

しかし、そういったものも「全て表現にぶつける」「生きていくしかない」という言葉も聞かれた。

岡山の人を元気付けたいとか、励ましたいとか、頑張れとか、そういう言葉を言うのは自分は何か違うなと思うので言わないけど、微力でもできることをしたいとは思っていた。ライヴを通して、少しでも喜んでもらえたり楽しんでもらえたり、何かプラスになることがあれば。そして現地に着く前から強く思っていたのは、「生き抜く」「生き抜く姿を見せる」ってことだなあと。現地でその思いをさらに強くしてステージに臨みました。

ライヴの前に「撫読とは?」というお題で香川の詰沢脇市さんをお相手にトークで講義をするという時間を与えられたのですが、ここで予想外の展開。脇市さんが当ブログから抜き出したワードをもとに100の質問をすると言い出し、矢継ぎ早に質問を畳み掛け、私が回答を言い終える前に次の質問を浴びせる有様で、もうやられ放題。途中から、プロレスで言うところのセメントを仕掛けられてるなと感じました。これも詰沢脇市のライヴだった。100の質問が終わって、私のライヴの時間になっても石のように蹲ってステージを離れない脇市さん。私は自分のライヴを質問タイムの前にさせてもらうべきだったと後悔したけど、このシュートは受け止めなきゃ恰好がつかん。こんな機会を得られるのも自分だけだろうと思い、そのままライヴをやりました。ここはリアルで生き切るための場なのだ。

詰沢脇市

その脇市さんソロのライヴも、やはり、いややはりと言ってはいけないほど凄まじかった。前にも書いたかもしれないけど、この香川の魑魅魍魎は、表現そのものの化身なんじゃないかと思った。人間が手を加え、細かくジャンル分けする以前の原始的なものを、その風貌だけでなく一挙一動、一声一音から味わいました。

西日本、とりわけ中国四国はまだ東の人が思いもよらぬ才能と熱気に溢れている。この夜は岡山の朗読シーンの熱さ、濃さ、奥深さを改めてたっぷりと見せつけられ、羨ましくも思いました。何と言うか、おおらかですね。

この日は1人2ステージ制だったので、かなり遅い時間になりましたが私ももう1度ステージに上がりました。どうしてもやりたくなった曲があって、予定より1曲追加しちゃったけど、良いテンポとテンションでやれたと思います。「SEX」の詩は意外と笑いが多く、「苦しみのポチ」は寝太郎さん初耳というのも意外でしたが気に入って頂けてよかったです。

終演後はそのままGypsy Roseで飲み。アルハルさんのご好意で「岡山づくし」ビールを沢山飲ませてもらい、またメタル者として以前から欲しかったメイデンビールとスレイヤーワインが飲めたのは本当に貴重。そして皆さんといろんなお話ししたけど、ホムラさん・寝太郎さんと歴史、大河ドラマのマニアックな話ができたのがひときわ楽しかったですね。次の日の予定もあるのに朝4時まで飲んじゃったけど。

アルハルさん、岡山・香川の皆さん、本当にありがとうございました!!

また来させて下さい!


2018年7月14日・15日使用絵レ氣ギター

【2018年7月14日 朗読でNIGHT@岡山表町Gypsy Rose セットリスト】

(1部)

1.岩戸開き(インスト)

2.金太郎飴の正しい食べ方

 ー 詰沢脇市からの100の質問 ー

3.サイレント・スクリーム

4.(株)三毛猫投入所 社歌

(2部)

1.SEX

2.やらかし酒

3.苦しみのポチ

4.ライフイズビューティフル







dadama2005 at 22:59|PermalinkComments(0) 想楽 

2018年07月12日

【LIVE告知】岡山・大阪寝ずの撫で地獄メルヒェンツアー

朗読でNIGHT
明後日からです。

土曜日はまさかのスペシャルゲストとして出させて頂きます。そして撫読についての談義の時間もあり。東京でもこんな機会はもらえません。西日本の人には、本当に良くしてもらっています。

約2年ぶりの岡山で撫読を、そして紙の音をしっかり残してきます。

Carvalioの武田さん、ホムラさん、寝太郎さんとは翌日大阪でも対バン。

朗読でNIGHT
2018.07.14(Sat) 
会場:GYPSY ROSE

〒700-0822
岡山県 岡山市北区表町1-3-10 表町一号ビル B1F

Special Guest/
守山ダダマ(東京)

川原寝太郎(大阪)
詰沢脇市(香川)
和貞カズ(香川)
野沢收
岩本文秀
朗読詩人ホムラ
Rrose Selavy/Celine、
武田章利
とんちゃん

OPEN 17:30
START 18:00
入場料 1,000円+500円(1ドリンク代)

17:30
OPEN

17:30〜18:00(30)
アルハル映像作品上映予定
「oculus-君ガイタ世界-」

18:00〜18:30(15+15)
武田章利→岩本文秀

18:30〜19:00(15+15)
和貞カズ→野沢收

19:00〜19:30(15+15)
とんちゃん→朗読詩人ホムラ

19:30〜20:00(30)
Rrose Selavy/Celine

20:00〜20:30(15+15)
川原寝太郎→詰沢脇市

20:30〜21:00(30)
「守山ダダマ・撫読とは」談義→守山ダダマ

21:00〜21:30(15+15)
武田章利→野沢收

21:30〜22:00(15+15)
和貞カズ→川原寝太郎

22:00〜22:30(15+15)
岩本文秀→詰沢脇市

22:30〜23:00(15+15)
守山ダダマ→朗読詩人ホムラ


クレイジークレイジースパイラル〜寝太郎 永眠〜
そして日曜日、もうそこまでキテる狂人の祭典。

クレイジークレイジースパイラル〜寝太郎 永眠〜
2018年7月15日(日・祝前)
大阪・天満天六 音太小屋
開場15:15 開演15:30
入場料1000円(別途1ドリンク)

1515 開場
1530 開演あいさつ
1535 「アングラ界の酔いどれクイーン」Dodoko
1600 「ほのぼの毒針二人羽織」ザンネンズ
1625 「光の企業戦士ブリーフ1号」田中ジョヴァンニ
1650 「ステージから徒歩で六道輪廻」まさ

1715 休憩

1725 「ごはん!お酒!せっくす!じょん!」澤木玲那
1750 「無限増殖ぼやきパッチワーカー」岩村空太郎
1815 「絵レ氣侍、お前が好きで暴走」守山ダダマ

1840 休憩

1850 「気狂いメルヒェン」Carvalho
1915 「1曲歌うごとに誰かが死ぬ」水野智広
1940 「朗読地獄大魔王」ホムラ
2005 「膨張ニューロン多面体」タムラアスカ

2030 休憩

2040 「ラリラリラリラリラリラリラー」ももづか怪鳥
2105 「あばずれ爆弾娘は何でも殺る」Σ(シグマ)
2130 「嘘つきは寝太郎の始まり」川原寝太郎
2155 寝太郎追悼の言葉〜CCSのテーマ(作:Ikasama宗教、全出演者合唱)
2205 終了




dadama2005 at 13:34|PermalinkComments(8) 告知 

2018年07月10日

【観覧記】経営も表現も一途に尽きる

まず本題の前に、この度の西日本を中心とした豪雨災害で亡くなられた方々にお悔やみ申し上げるとともに、被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

今週末にも岡山に行きますが、広島など私がお世話になってる、思い入れの強い場所がこの度の被災地にはいくつもあり、友人知人も多く、なかにはやはり相当な被害を受けた人もいるようで。テレビ等で見る映像にも心が痛みます。

自分はひとまず無事な場所にいて元気でいられる者として、いつもの生活を送りながら、これから少しでもできることをやっていきたいと思います。

彼の男 十字路に身を置かんとす
ここから本題です。先週土曜日、下北沢で観た芝居のお話。作者と出演者の1人が友人ということで。

『彼の男 十字路に身を置かんとす』。かつて、三井・三菱に匹敵する規模を誇った神戸の鈴木商店という企業の経営者で「財界のナポレオン」と呼ばれた金子直吉と、彼を支えた男たちの物語。あまりクローズアップされないけど、近代日本の成長を経済面でリードしてきた人々の生き様が、若い役者たちによって活写されていました。こんなにまっすぐな人たちが、今のあの会社やこの会社の基礎を作り、日本を富ましてくれたのかと。趣はだいぶ違うけど何となくラノベ古事記にも通じるような、現代の若い人にも受容しやすい形で先人たちの奮闘が描かれていたように思います。

村田裕子氏の最近の作品はとにかくテンポが良くてエネルギッシュで、私たちが馴染みない歴史の話も面白く見せてくれる。

そして、先人の生き様からその核心たる一途さを抽出して大画面で伝えるのが巧いと思いました。

金子役の人、20代前半だそうだけど、実際の金子直吉にも似ていて(笑)本当に役に嵌ってました。

下北沢の小劇場楽園で、7月15日まで公演しています。

PMS
この日は他にも行きたいイベントがいくつもあった。芝居が思いの外早く終わったので、同じ下北沢のハーフムーンホールに久々に行き、アートのパーティー、P.A.D. Moon Stationを少しだけ観てきました。歌と演奏とダンスと絵の融合に気分は虹に駆け上がるように浮き立ちました。

久々に菩須彦さんや晴美さん、大阪のペインターやミュージシャンの皆さんに会えて良かったし、また東京で何度か対バンしてるJuzuのメンバーさんに会えたのはびっくり。メガデスの前座を務めたバンドと共演経験のあるメタルバンドの方とも日本酒飲みながらメタル談義できて、短い時間だけど充実して酔っ払いました。


今週末は自分がひた向きに突っ走って魅せる番。

【守山ダダマ LIVEスケジュール】

7月14日(土) 岡山 表町 Gypsy Rose
『朗読でNIGHT』
OPEN 17:30 START 18:00
入場料1,000円+500円(1ドリンク代)
Special Guest/守山ダダマ(東京)
川原寝太郎(大阪)、詰沢脇市(香川)、和貞カズ(香川)、野沢收、岩本文秀、朗読詩人ホムラ、武田章利 ...and more

7月15日(日・祝前) 大阪 天満 音太小屋
『クレイジークレイジースパイラル〜寝太郎 永眠〜』
start15:30(予定)
入場料1000円(別途1ドリンク)
dodoko、守山ダダマ、ホムラ、川原寝太郎、Σ(シグマ)、ももづか怪鳥、Carvalho、澤木玲那、田中ジョヴァンニ、まさ、水野智広、タムラアスカ、ザンネンズ、岩村空太郎

7月28日(土) 東京 荻窪 Doctor's BAR
『ダダマの渦潮祭 Vol.9 〜 言葉を書き鳴らせ! 〜』
open17:00 start17:30(21:00終演予定)
1500円+1D(投げ銭自由) 
ハルミ、コビー夏山、斉藤めい、池上宣久(大阪)、Hanaco、詩人N96号、守山ダダマ

8月26日(日) 東京 八王子 びー玉
open19:00 start20:00
チャージ1080円

……and more!




dadama2005 at 00:06|PermalinkComments(0) 演劇 | 美術

2018年07月07日

【観覧記】声命を賭けるステージ

プレジー3吉と守山ダダマ
先日7月4日は学芸大学(碑文谷)のアピア40へ、プレジー3吉さん企画『生命みたいな日常だ』を観てきました。

昨年私も出させて頂いた『○○みたいな日常だ』シリーズ。仕事帰りで1番手の松浦健太さんが観れず、2番手のサトチエさんの終盤からしか観れなかったけど、いきなりサトチエさんの優しくも激しい声の振動が盛況の会場を呑み込んでいるようでアピアという場所に凄く嵌ってると思ったし、少しでも観れて聴けて良かった。続く蓮沼ラビィさんは初見だったけど、私も大好きな三国志の赤兎馬の歌など、女性だけど男気たっぷりの豪快な弾き語りで苦手な日本酒でも飲みたくなるような酩酊感があった。そしてトリの3吉さん。実はソロで観るのは初めてだったけど、改めてこの人の弾き語り手としての壮絶なまでの凄みを感じた。私が「自分が一番良いと思う詩の表し方」をする詩人に極めて近かった。また、これは今回観たお三方に共通して言えることだけど、声の前のめり感と言うか、底からもう、声を出す人の体を突き破って声が出てるようなすさまじさがあったし、伝えたいことが明確で、その淀みなさ、真っ向ぶりが良かった。そして、褒め過ぎかもしれないけど、全国のミュージシャンが一度は立ちたいであろうこの老舗アピアのステージは、自分も立たせてもらったけど、ここは本当に「命を賭けて」表現する人でなければ立てないステージではないかと感じた次第です。

終わった後、3吉さん凄いなあと余韻に浸ってて、思い出したことがあった。「あっ、10月の渦潮祭にこの人呼んでるんだ! 凄い人呼んじゃったなあ…」。いや、決して忘れてたわけじゃないけど、何と言うか、私の記憶の中にはあった3吉さんの凄さがアップデートされたようで。

このイベントでは副産物もあったような気が。以前に私のライヴを観た他のお客様から、「ダダマさんの“間”が好きです」「詩と音楽をうまく繋げてくれた」と言われて、ますます確信を持ちましたよ撫読は。今までの活動形態に間違いはない。これからさらに、いろんな場所で見せつけますよ。撫でるということを。

1週間後は狂気の西日本ツアーじゃ!


【守山ダダマ LIVEスケジュール】

7月14日(土) 岡山 表町 Gypsy Rose
『朗読でNIGHT』
OPEN 17:30 START 18:00
入場料1,000円+500円(1ドリンク代)
Special Guest/守山ダダマ(東京)
川原寝太郎(大阪)、詰沢脇市(香川)、和貞カズ(香川)、野沢收、岩本文秀、朗読詩人ホムラ、武田章利 ...and more

7月15日(日・祝前) 大阪 天満 音太小屋
『クレイジークレイジースパイラル〜寝太郎 永眠〜』
start15:30(予定)
入場料1000円(別途1ドリンク)
dodoko、守山ダダマ、ホムラ、川原寝太郎、Σ(シグマ)、ももづか怪鳥、Carvalho、澤木玲那、田中ジョヴァンニ、まさ、水野智広、タムラアスカ、ザンネンズ、岩村空太郎

7月28日(土) 東京 荻窪 Doctor's BAR
『ダダマの渦潮祭 Vol.9 〜 言葉を書き鳴らせ! 〜』
open17:00 start17:30(21:00終演予定)
1500円+1D(投げ銭自由) 
ハルミ、コビー夏山、斉藤めい、池上宣久(大阪)、Hanaco、詩人N96号、守山ダダマ

8月26日(日) 東京 八王子 びー玉
open19:00 start20:00
チャージ1080円

……and more!





dadama2005 at 22:39|PermalinkComments(0) 音楽 | 想楽