2017年09月23日

今宵は大阪・高架下の撫で効果

今日はこちらです。

P.A.D. Vol.42


今、新大阪のポパイにいます。雨の西国分寺から夜行バスでやって参りました。隣席のおっさんが口も押さえずくしゃみばかりしていたので不安と怒りが混じってますが。まあ私もおっさんなわけで。

「不惑」というのは調べたら、ただ迷わず自分の道を定めるという意味ではなく、何事にも動じず全てを自由に受け入れるという意味なんですね。これもなかなか難しいけども、柔軟さと寛容さを忘れず、いい感じで丸くなりたいですね。周りが物騒なほど、寛容になるべきなのかもしれない。

そして天命を知る(知命)は五十歳でしたね。前の記事では10年早く天命知っちゃった気になってました。まあいいか。撫でるしかないんだ。

詩人は頭よすぎて常人に理解できない言葉群を発することがままあるけど、私はなるべくそういう所から距離を置いて…って言っても元々頭悪いですからね。自分の感ずるまま、身の丈で感ずるままの言葉を、できるだけわかりやすく伝えていきたい。そしてその言葉はできるだけ聞き流されたくないんで、聞きやすさの中でも硬さを保つようにしたい。朗読はやはりアカペラが良い。基本、音楽なしで。私の場合はそこに撫でや足踏みなどを加えて、音響的・視覚的効果や間の空気感を増幅させながら言葉の響きを強めようとしているし、そこに新しい「音楽」を見せたいのだけど、いずれにしてもありきたりなメロディやリズムやグルーヴに頼るべきではない。勿論音楽付きで素晴らしい朗読もあるけど、基本音楽に乗っからないのが私は好きです。音楽を朗読に乗せるならいいけど、音楽に乗っかる朗読はちょっと。

なんて能書き垂れながら、撫読(撫で朗読)は着実に進化し強化されていると確信を持っています。最新最強の撫読を今日も見せます。事前に予告を下さればチケット取り置きします。

下記の通り、今回もまた様々な表現が犇めき合うアートフェス・P.A.D.。いろいろ楽しみにして来て下さい。2週続けての関西。もう引っ越しちゃえよって感じですが、ひとまずこの先関西でのライヴ予定は今のところありませんし、この機会を逃さないように!

守山の出番は19:10からの予定。

9月23日(土) 大阪 中津 Vi-code
『Art fest P.A.D.vol.42 〜piece of scene〜』
open18:00 start18:30
入場料前売2500円(D別) 当日2800円(D別)
≪live painter≫ 菩須彦、北村奈緒子、エゴウサトシ、美和いちこ、中村真彩、にのうで、Birdcagehead/Hitomi
《ehhibition》高田雄平
《shop》 Royal Freedom
《musician》colspan、Valjetav、モ★リーダー、バミューダ★バガボンド 
《performer&dancer》さわーい (絶叫) 、はらっちひらっち (メガネアイドル)、焼酎亭トレイン(漫談)、守山ダダマ (POETALLICA)、前川和彦 (怪談)

Facebookページ



守山ダダマ撫で 2017.9.17(豊田哲山さん撮影)豊田哲山さん撮影の撫でショット!

【守山ダダマ LIVEスケジュール】

10月7日(土) 東京 八王子 びー玉
(詳細未定)

10月8日(日・祝前) 東京 荻窪 Doctor's BAR
『ダダマの渦潮祭 Vol.6』
open18:30 start19:00
入場料1500円+1D(投げ銭自由)
脱法超電磁高橋(宮城)、サイバーパンク演歌歌手Σ(兵庫)、川口純平、memeko、守山ダダマ

11月3日(祝) 広島 横川 カレー&バー外国
(詳細未定)

11月6日(月) 東京 荻窪 Doctor's BAR
(詳細未定)

……and more!


dadama2005 at 10:31|PermalinkComments(0)告知 | 想楽

2017年09月21日

不惑の撫読・革命は天命

守山ダダマ撫読 2017.9.17

一昨日9月19日の23時45分、私がこの世に生を受けて40年が経ちました。

ありがとうございます。

このような人間がここまで生きてこられたのは様々な人の力あってのことです。そのことに深く感謝して、ご恩に報いていきたい思いです。

沢山のメッセージを頂き、そこで実感したのは、改めて自分が他の誰もがやらないような表現スタイルで活動してきたということ、そしてそのスタイル、すなわち撫読が皆から応援され、期待されているということ。生かされ、生き返していく意味をもう一度噛み締めたのであります。

今後も私は唯一無二の撫読の道、撫士道を真っしぐらに進んでいく。そして撫読を少しずつ広めていく。

具体的にどんな立ち位置をめざすのかはまだはっきり定まっていませんが、とにかくライヴを続けていく。私より1日遅れて生まれたある歌姫が引退を発表しましたが、私はライヴを続けていく。願わくば心臓に止められるまで。

今のところはっきりした目標として言えるのは、「47都道府県ライヴ制覇」と、「守山ダダマの名と絵レ氣ギター、そして撫読を後世に残すこと」です。

とても地味な活動でも、着実にやって伝えていきたい。周りを気にせず、この道を貫く。ネタでやってるんじゃない。表現の革命。これは自分に与えられた天命だと、自分の都合に関係なく感じさせられています。別に変な宗教やってるわけじゃないよ。イカサマ宗教という人を尊敬しているけれど。ちなみに上の写真を撮って下さったのがIkasama宗教さんです。

四十になって、もうできなくなることも、捨てるべきものもある。課題がいろいろ出てくる。世界も物騒。しかし、そういう状況に対してどれだけアンチエイジングできるかも大事だと思うのです。反抗は、反骨は、単純ではない。日々心が見る風景を言葉にして、撫でながら、自分が進まなきゃ死んでしまう道を行く。惑うべきことは惑いながら、腹を括り続けて生きていく。

という言葉をネット上だけでなく胸に刻んで、またここから撫でていこうと思います。明後日、四十代初のライヴは大阪。どうぞ宜しくお願い致します!


【守山ダダマ LIVEスケジュール】

9月23日(土) 大阪 中津 Vi-code
『Art fest P.A.D.vol.42 〜piece of scene〜』
open18:00 start18:30
入場料前売2500円(D別) 当日2800円(D別)
≪live painter≫ 菩須彦、北村奈緒子、エゴウサトシ、美和いちこ、中村真彩、にのうで、Birdcagehead/Hitomi
《ehhibition》高田雄平
《shop》 Royal Freedom
《musician》colspan、Valjetav、モ★リーダー、バミューダ★バガボンド 
《performer&dancer》さわーい (絶叫) 、はらっちひらっち (メガネアイドル)、焼酎亭トレイン(漫談)、守山ダダマ (POETALLICA)、前川和彦 (怪談)

10月7日(土) 東京 八王子 びー玉
(詳細未定)

10月8日(日・祝前) 東京 荻窪 Doctor's BAR
『ダダマの渦潮祭 Vol.6』
open18:30 start19:00
入場料1500円+1D(投げ銭自由)
脱法超電磁高橋(宮城)、サイバーパンク演歌歌手Σ(兵庫)、川口純平、memeko、守山ダダマ

11月3日(祝) 広島 横川 カレー&バー外国
(詳細未定)

11月6日(月) 東京 荻窪 Doctor's BAR
(詳細未定)

……and more!


dadama2005 at 20:52|PermalinkComments(0)想楽 

2017年09月18日

詩が県・近江の親近感

2017.9.17太子ホール出演者

滋賀県東近江市・太子ホールでの『アフタヌーンLIVE SHOW』、台風接近の中でしたがおかげさまで無事終了しました。大変な時にご来場くださった皆さん、対バンの皆さん、太子ホールの皆さん、そしてお誘いくださったキクチシノブさん、本当に本当にありがとうございました!! (上の集合写真は群馬から来てくださったアライコウジさん撮影)

予想以上以上に楽しく、得るものが多いイベントとなりました。

17日当日は早朝に自宅を発ち、昼前に近江八幡駅で、「二人合わせて100歳」LIVEツアー中のキクチさん、Ikasama宗教さんと合流。ここから会場のある八日市へ向けて乗る近江鉄道は西武グループ。私が多摩で高校時代毎日乗っていた西武電車の中古と思われる黄色い車両に乗って不思議と懐かしい気分も味わいながら、現地着。八日市駅には太子ホールの番頭さんが車で迎えに来てくださり、会場入り。

太子ホールは八日市の商店街が運営するという珍しい形式の多目的ホール。入り口脇にある幼児姿の聖徳太子像にお参りしてから中に入ると、そこは思った以上に広くてきれいで、ライヴハウスと体育館と博物館が一体になったような不思議な空間でした。

来るお客様方は地元のご年配の方が主なようで、自分がいつも出ている類のイベントとはだいぶ違う趣の、公共性の強い、少しお堅い行事のような感じがして、自分は元々そういう場所でももっとやりたいしどんな場所でも魅せたいと思ってるけど、ちょっと不安になってきた。しかし開演前の場内放送で出演者の名が読み上げられる際に「イカサマ宗教」という名が出た時はつい笑っちゃいました。

絵レ氣ギター「不比等」内の琵琶湖そして本番。キクチさんに次いで2番手で登場した時は、キクチさんのおかげで場が温まっていて、私が挨拶なしに撫でのインストを始めた時から、しーんとすることもなく笑いが、意外すぎるほどに笑いが起きた。それから最後まで、MCも含めてお客さん皆さんノリよく付き合ってくれて、私も楽しくやれました。

撫でたけど、逆に撫でられたような気分。

広い会場で絵レ氣の絵を見せるのが難しいという課題も出来ましたが(左の絵がこの日最初に撫でた絵レ氣ギター「不比等」に描いた琵琶湖です)、マイクで撫でる音を聞かせ、足で聞かせたステージの床の音色も良く、何より声の響きが程良い大きさで、本当に良い空間でやれたし、明確な撫で朗読(撫読)ができたと思います。撫で方や足踏みはほぼ即興だけど、いつでもその場だけのプレイ、氣合いなくしてはできないプレイを、もっと進んでやってやりたいと思いました。

終わった後、おばさんから声をかけられ、頑張って下さいと言われたのも嬉しかったです。

あと、対バンのザンネンズの方が絵レ氣を見て「位牌か卒塔婆のように見えた」と言われたのが新鮮でしたね(笑)

守山ダダマ 2017.9.17【2017年9月17日 アフタヌーンLIVE SHOW @八日市太子ホール セットリスト】
1.岩戸開き(インスト)
2.金太郎飴の正しい食べ方
3.(株)三毛猫投入所 社歌
4.見えない銃口
5.火種を抱えていこう
6.ライフイズビューティフル

(写真撮影:Ikasama宗教さん)



2017.9.17太子ホール アフタヌーンLIVE SHOWそして対バンの方々。キクチさんが初めにしっかりと歌を聴かせてくれて、またトークでは和ませてくれて、本当に良い場の空気が出来ました。「ライト」ではイカ宗さんとのセッションが観れて嬉しかった。素晴らしい旅土産になりました。

3番手のザンネンズさん。滋賀と京都の女男ユニット。この人たちを観れたのが今回最大の収穫であり、衝撃でした。元々お二人とも技量のあるミュージシャンのようですが、その技量を活かしながらの爆笑を誘う音楽に度肝を抜かれました。歌詞もMCも、毒があり脱力的でもあり…全てが面白く天才的でした。是非渦潮祭にお招きしたい。

4番手は我らがIkasama宗教さん。しっかりお客さんを引き込ませながら、ここでもクレイジークレイジースパイラルのテーマをやってくれるとは! しかし私が何より印象深く、喜ばしかったシーンは、「放射能が怖くてメシが食えるか!」のラスト、「東北のお米は美味い!!」と叫んだところで客席から噴き上げるように万雷の拍手が起こったこと。この曲が関西で受け入れられるのか、私は内心懸念などしてしまいましたが、7月16日同様、しっかり肚が伝わったのを見た瞬間でした。そして大好きな曲「生存の轍」では何とキクチさんがピアノで参加。曲の深みが増して良いセッションになっていました。

トリは京都のオイワさん。京都の弾き語りの重鎮だそうです。しかし来年で還暦とは思えぬ若々しさとダンディさ。歌は勿論、弾き語る姿に惹きつけられました。そして、普段ザンネンズのお二人と組んでいるユニット、オイワカモリとして演奏した曲「シゴト」で私は泣いた。これを聴いて、生きてて良かったと思えるような美しさがありました。老いて何もできなくなっても、笑顔を作る「仕事」だけはすると。他地方の皆さんも是非チェックして下さい。

台風が来る前の、まだ雨も降らず風も強くない時間にできて良かったです。オイワさんからは京都の箱を私に紹介したいと言ってくれました。また貴重な繋がりが出来たこと、キクチさんに深く感謝しています。キクチさん・イカ宗さんの3日間の100歳ツアーの最後に加わり140歳ツアー。参加できて光栄です。

近江という国名は都に近い江(湖)という意味ですが、私にとっても近い、何かと親しみのある場所、湖国です。今回のライヴの手応えと出会った人々を思い、より近さを実感しました。以前、この国の女性と結ばれたこともやはり意味があった。その人はもう関わりはないけど、滋賀にはやはり運命があった。

生きてきて味わったものを得たものとして、今を生き、これからにも生かしていく。30代最後のライヴ、都道府県ライヴ制覇30都道府県目(島根・和歌山の野外撫読を含む)にしてまた決意を新たにしたのです。決意を新たにし続けるのです。

明日が不惑の日。40代最初のライヴも関西。パワーアップし続けます!

2017年9月17日使用絵レ氣ギター【守山ダダマ LIVEスケジュール】

9月23日(土) 大阪 中津 Vi-code
『Art fest P.A.D.vol.42 〜piece of scene〜』
open18:00 start18:30
入場料前売2500円(D別) 当日2800円(D別)
≪live painter≫ 菩須彦、北村奈緒子、エゴウサトシ、美和いちこ、中村真彩、にのうで、Birdcagehead/Hitomi
《ehhibition》高田雄平
《shop》 Royal Freedom
《musician》colspan、Valjetav、モ★リーダー、バミューダ★バガボンド 
《performer&dancer》さわーい (絶叫) 、はらっちひらっち (メガネアイドル)、焼酎亭トレイン(漫談)、守山ダダマ (POETALLICA)、前川和彦 (怪談)

10月7日(土) 東京 八王子 びー玉
(詳細未定)

10月8日(日・祝前) 東京 荻窪 Doctor's BAR
『ダダマの渦潮祭 Vol.6』
open18:30 start19:00
入場料1500円+1D(投げ銭自由)
脱法超電磁高橋(宮城)、サイバーパンク演歌歌手Σ(兵庫)、川口純平、memeko、守山ダダマ

11月3日(祝) 広島 横川 カレー&バー外国
(詳細未定)

11月6日(月) 東京 荻窪 Doctor's BAR
(詳細未定)

……and more!


dadama2005 at 14:48|PermalinkComments(0)想楽 | 音楽

2017年09月16日

多摩から近江へ・撫読太子が行く

太子ホール・アフタヌーンLIVE SHOW

さあ、いよいよ明日は初の滋賀県でのライヴです。

今回は北海道北見市のキクチシノブさんからのお誘いでの滋賀県でのライヴになりますが、キクチさんと宮城県仙台市のIkasama宗教さんは昨日から「二人合わせて100歳ツアー」をやっていて、昨日は荻窪Doctor's BARでのライヴを観に行きました。

サイバーパンク演歌歌手Σ、キクチシノブ、Ikasama宗教私の二番目の妹であり、10月8日の渦潮祭にも出てくれる神戸のサイバーパンク演歌歌手Σちゃん(おしぐ)も出ていて、のっけから笑わせてくれたけど、やっぱり芸達者ですね。何でもできる子、美しさに磨きがかかっていました。10月も楽しみです。

キクチさんは北見からミサイルをくぐりながらの上京。いつにも増して怨念が爆発していました。私がイカ宗さんの「女川建準行動歌」とともに影響を受けた労働歌「ライト」も聴けて良かったです。

イカ宗さんはその「女川建準行動歌」と、クレイジークレイジースパイラルのテーマをここでも披露してくれたのが嬉しかったけど、何より素晴らしかったのは代表曲「放射能が怖くてメシが食えるか!」の特別ヴァージョンで、上から目線で福島に関するデマを流し続け人々を愚弄し続ける坂本龍一「教授」を思い切りdisったところ。本当、腹括って強い者にもたじろがず言いたいことを言い放つ、最高のロックの姿がそこにありました。

初見の函館くんさんの飾り気なく普段着で真っ向から畳み掛けるギター弾き語りも良かったし、トリのニンジャマシーン18号さんの映像と合わせた渾身のパンクサウンドも本当に観れて良かったです。

観客にはいとうよしろうさんもいて、カメラマンの黒田さんが言うには7月のクレイジークレイジースパイラルの同窓会のようでもあったけど、これまた10月の渦潮祭に出てくれるmemekoさんもいておしぐちゃんとの初対面が成ったし、独唱パンクのチバ大三さんとは隣の席でお話しできたし、私に「超時空フォークゲリラ」の名を与えてくれた井上リサさんとも3年ぶりくらいにお会いできて、本当に良いお酒が飲めた夜でした。帰りに寄った吉祥寺の飲み屋でうたた寝して終電逃しちゃったけど。

イカ宗さんとキクチさんは今夜大阪の高槻でライヴ。そして100歳ツアー最終日の明日の昼間、私も加わり3人で139歳…いやもうすぐで140歳ツアーとなります。

最近職場の後輩に自分の活動を紹介する時は名刺を見せて「撫で朗読っていって、日本で俺しかやってない」と言うようにしてます。初めから撫で朗読、もしくは撫読というのです。撫読をオリジナルのジャンルとして確立し、周知する。不惑を前にして、これが自分の一意専心すべき道と定めました。

撫でるは、別の言い方をすれば摩る(さする)。多く摩ると書く地域で育ったことは、私の宿命かもしれません。第二、いやもう第一の地元のような関西でも、多摩。滋賀でのライヴは初めてですが、西武電車が走る多摩や埼玉よりもレオが目立つ滋賀(理由はわかる人にはわかる)。そして何より、滋賀は遠距離恋愛で頻繁に通った県です。三十代最後のライヴ、いろんな想いを込めて撫でます。どうぞ宜しくお願い致します!

守山ダダマ名刺9月17日(日)
開場14:00開演14:30
「アフタヌーンLIVE SHOW !」

■出演
オイワ(京都)
ザンネンズ(滋賀/京都)
Ikasama宗教(宮城)
守山ダダマ(東京)
キクチシノブ(北海道)

料金1,200円
中高生・65才以上1,000円

太子ホール
滋賀県東近江市八日市町12-12
TEL/FAX:0728-25-2805



【守山ダダマ LIVEスケジュール】

9月23日(土) 大阪 中津 Vi-code
『Art fest P.A.D.vol.42 〜piece of scene〜』
open18:00 start18:30
入場料前売2500円(D別) 当日2800円(D別)
≪live painter≫ 菩須彦、北村奈緒子、エゴウサトシ、美和いちこ、中村真彩、にのうで、Birdcagehead/Hitomi
《ehhibition》高田雄平
《shop》 Royal Freedom
《musician》colspan、Valjetav、モ★リーダー、バミューダ★バガボンド 
《performer&dancer》さわーい (絶叫) 、はらっちひらっち (メガネアイドル)、焼酎亭トレイン(漫談)、守山ダダマ (POETALLICA)、前川和彦 (怪談)

10月8日(日・祝前) 東京 荻窪 Doctor's BAR
『ダダマの渦潮祭 Vol.6』
open18:30 start19:00
入場料1500円+1D(投げ銭自由)
脱法超電磁高橋(宮城)、サイバーパンク演歌歌手Σ(兵庫)、川口純平、memeko、守山ダダマ

11月3日(祝) 広島 横川 カレー&バー外国
(詳細未定)

11月6日(月) 東京 荻窪 Doctor's BAR
(詳細未定)

……and more!


dadama2005 at 21:01|PermalinkComments(0)音楽 

2017年09月15日

生ビールと生ドラゴンズ

古田桂介(落合)とはりま(谷繁)

9月13日水曜日、仕事の後に神宮球場へ行きました。我が中日ドラゴンズと、東京ヤクルトスワローズの試合。今年ようやく初めて、と言うか最初で最後の生ドラゴンズ観戦でした。(6月4日にナゴヤドームの楽天戦もほんの少しだけ生で観たけど)

広島カープの優勝云々と騒いでいる陰で、5位と6位の争い。それも順位はほぼ確定しているなかでの(おかげさまで我らは最下位は免れました)、特に不人気チームの試合。この日はビールが半額で飲めるとあっていつもより観客は多めだったけどそれでも空席が目立つ、でもそのぶんゆったりした感じで、楽しめました。

やっぱり神宮で飲むビールは最高だ!

谷元圭介と岩瀬仁紀この日は偶然、八王子びー玉の店長で稀少なドラキチの先輩であるはりまさんと、先月対バンした古田桂介さん(びー玉では8月の1ヶ月間ぶっ通しでライヴをやりました)もご来場されるとの事で、現地で合流。三人で飲み食いしながらドラゴンズを応援しました。

古田さんは実は野球のことは殆ど知らないらしく、はりまさんと私が野球のルールや出場している選手について説明しながらの観戦。スワローズのバレンティンの打席時には「1年間で最も多くホームランを打った人」と紹介したり、「打者自身がアウトになっても走者が進塁できれば良いこと」とか、「投手が投手に打たれるのは情けない」とか。ヤクルト戦で古田さんという人に中日を応援しながら解説するのも妙な感じでしたが、古田さんも野球にハマってくれたようで。こうして初心者の人を連れての観戦も楽しいし自分もやってみたいなと思いました。あと、ビールの売り子のおねえさんを各ビール会社ごとに呼んで、どのビールがどこの球団のファンに好かれてるかを訊く市場調査(笑)も面白かったな。

左の写真は、ブルペンで投球練習する谷元圭介と岩瀬仁紀。この守護神二人の投げ合う姿、かなり豪華なもので、貴重なショットなんですよ。

弱いながらも去年よりは微量ながらも戦力魅力が増しているドラゴンズ。なかなか生で観れなかったけど、この日は京田陽太の希望の星っぷりや、遠藤一星の成長ぶり、あとゲレーロの恒例となったケガの治療タイム(泣)などが見られてよかった。

試合には1-2で負けましたけどね。ダメな所もいっぱい見た。私が観戦する時は、狙ってもないのにエースの大野雄大が先発する割合が高くて、この日も。完封したり、ボコボコに打たれたり、良い時も悪い時も見てきた。この日は2失点の負け投手。まあ内容は悪くないんですが、もっと頼もしい投手になってほしいです。

ああでも酔って「燃えよドラゴンズ!」を大声で歌ったり、周りの青い人たちと一緒になって応援できて、やっぱり生は最高だがね! そしてもっともっと強いドラゴンズが観たい!

帰りも、信濃町駅前のコンビニでビール買って飲んで、野球や音楽の話をして、本当に気持ち良かったです。お二人にはお世話になりました!

守山ダダマ@神宮球場さて、俺ももっと強く撫でるぞ〜

【守山ダダマ LIVEスケジュール】

9月17日(日) 滋賀 東近江 太子ホール
『アフタヌーンLIVE SHOW』
open14:00 start14:30
入場料1200円(中高生・65歳以上1000円)
Ikasama宗教(from宮城)、守山ダダマ(from東京/愛知出身)、オイワ(from京都)、ザンネンズ、キクチシノブ(from北海道)

9月23日(土) 大阪 中津 Vi-code
『Art fest P.A.D.vol.42 〜piece of scene〜』
open18:00 start18:30
入場料前売2500円(D別) 当日2800円(D別)
≪live painter≫ 菩須彦、北村奈緒子、エゴウサトシ、美和いちこ、中村真彩、にのうで、Birdcagehead/Hitomi
《ehhibition》高田雄平
《shop》 Royal Freedom
《musician》colspan、Valjetav、モ★リーダー、バミューダ★バガボンド 
《performer&dancer》さわーい (絶叫) 、はらっちひらっち (メガネアイドル)、焼酎亭トレイン(漫談)、守山ダダマ (POETALLICA)、前川和彦 (怪談)

10月8日(日・祝前) 東京 荻窪 Doctor's BAR
『ダダマの渦潮祭 Vol.6』
open18:30 start19:00
入場料1500円+1D(投げ銭自由)
脱法超電磁高橋(宮城)、サイバーパンク演歌歌手Σ(兵庫)、川口純平、memeko、守山ダダマ

11月3日(祝) 広島 横川 カレー&バー外国
(詳細未定)

11月6日(月) 東京 荻窪 Doctor's BAR
(詳細未定)

……and more!






dadama2005 at 03:44|PermalinkComments(0)運動 

2017年09月12日

大地を巻き込む撫読と叫酒

守山ダダマ撫で 2017.9.9

先日の八王子びー玉でのライヴより、最新型の撫読の映像をお送りします。敬愛するIkasama宗教さんから賛辞を頂きました。顔が見切れちゃってますが、その分もう一つの顔である「撫で」が、よく見えると思います。また、床ドラムで揺れが起きているのにも注目です。撫での音にも耳を澄ましてみて下さい。これが私にできるヘヴィメタル。今一番の自信作です。



魂が何かに触れると音が鳴る。その音をもっと鳴らしたい。耳に響くとは限らない。目に響く音もあれば心に響く音もある。受け手の人たちと感受性のやりとりを活発にしたいです。

鈴木知文&岩瀬ジョニー隆之 2017.9.10まちゅこけ 2017.9.10

おととい日曜日の夜は鈴木知文主宰サケサケサミットの第三十四夜を観覧してきました。途中からだったけど、心を揺さぶられまくったしやはり最高に楽しかった。知文さんとジョニーさんのセッションはやはりおもしろい。そしてまた知文さんの歌に氣合いを注入してもらいました。3年前にサケサケで対バンさせて頂いた大阪西成のアイドル・まちゅこけさんのライヴも久々に観れて、やはり抜群の安定感とカリスマ性があり、これまた元気になれました。まちゅこけさんとは大阪のラーメンの話とかできて良かった。また、知文さんには私のことでとても心配をかけてしまったけれど、その実直な姿と言葉に救われた思いです。この日はおぐまゆきさんも出演予定だったけど、喉を痛めて辞退され、残念ではあったけど、また圧巻の弾き語りを聞かせてくれる日を期待しています。

人生ライブという思いを改めて強くする今日この頃。やるしかねえ、撫でるしかねえ。


【守山ダダマ LIVEスケジュール】

9月17日(日) 滋賀 東近江 太子ホール
『アフタヌーンLIVE SHOW』
open14:00 start14:30
入場料1200円(中高生・65歳以上1000円)
Ikasama宗教(from宮城)、守山ダダマ(from東京/愛知出身)、オイワ(from京都)、ザンネンズ、キクチシノブ(from北海道)

9月23日(土) 大阪 中津 Vi-code
『Art fest P.A.D.vol.42 〜piece of scene〜』
open18:00 start18:30
入場料前売2500円(D別) 当日2800円(D別)
≪live painter≫ 菩須彦、北村奈緒子、エゴウサトシ、美和いちこ、中村真彩、にのうで、Birdcagehead/Hitomi
《ehhibition》高田雄平
《shop》 Royal Freedom
《musician》colspan、Valjetav、モ★リーダー、バミューダ★バガボンド 
《performer&dancer》さわーい (絶叫) 、はらっちひらっち (メガネアイドル)、焼酎亭トレイン(漫談)、守山ダダマ (POETALLICA)、前川和彦 (怪談)

10月8日(日・祝前) 東京 荻窪 Doctor's BAR
『ダダマの渦潮祭 Vol.6』
open18:30 start19:00
入場料1500円+1D(投げ銭自由)
脱法超電磁高橋(宮城)、サイバーパンク演歌歌手Σ(兵庫)、川口純平、memeko、守山ダダマ

11月3日(祝) 広島 横川 カレー&バー外国
(詳細未定)

11月6日(月) 東京 荻窪 Doctor's BAR
(詳細未定)

……and more!


dadama2005 at 06:50|PermalinkComments(0)想楽 | 音楽

2017年09月10日

静寂と撫音と足音と

守山ダダマ 2017.9.9

八王子びー玉でのライヴ、無事かつ撫事に終了しました。皆さんありがとうございました!

いやーしかし今回のびー玉さんは異様な空気だった(笑)

対バンのお二人とも寡黙な方で、私も人見知りパワーが発動して、開演前は私語厳禁のような空気。喋ったら負け、みたいな風に私は思っちゃって、いつもならはりまさんと野球の話をするところだけど、それもしづらくて各々がスマホと向き合っていました。

そして対バンのお二人は、これまたお二人とも弾き語りも静かめ。(重い内容の歌詞が素晴らしかった!) そんな中、トリになった私は鳥のように自由に、なんてことは言わないけど全く対照的にやかましい撫で朗読をやったのでした。無音のギター、と言ってきた絵レ氣ギターの撫でる音を拾うためにマイクを当てて、さらに足踏みを増やした上で叫ぶというスタイルで、「音楽」よりも騒々しかった想像上の音楽をやったわけであります。

実際朗読は3回ぐらい噛んだし、タップは即興だったけど初めの方は狙い通りにできなかったし、動きも充分でなかった。いつもライヴを観てくれるR氏からも力を出しきれていないと言われた。しーんとした場の空気にちょっとたじろいでしまったかもしれない。撫読はいつも空気との闘いです。それでもラストはきっちり締めれて、新曲もまあまあ良くできたし、守山ダダマの在り方を示すには充分の内容だったかと思います。

最近持ち時間30分のところをオーバーしてしまうことがしばしばあったので、時間短縮も意識したら、正味23分で終わった。短すぎたかもだけどこれは良しとしたい。撫で朗読の説明を曲にして、MCを減らしたのが効きましたね。

びー玉さんでは次は10月7日に撫でさせて頂くことになりました。一人ジャンル、一人シーンをじっくり耕していきます。

【2017年9月9日 @八王子びー玉 セットリスト】
1.岩戸開き(インスト)
2.絵レ氣ギター撫で朗読のテーマ
3.頭ごなし
4.愛と平和の思い出し笑い
5.思い出し笑いで思い出し笑い
6.見えない銃口
7.火種を抱えていこう



さあ来週再来週は関西でのライヴ! 10月8日の渦潮祭へ向けて、巻き込みまくります。

【守山ダダマ LIVEスケジュール】

9月17日(日) 滋賀 東近江 太子ホール
『アフタヌーンLIVE SHOW』
open14:00 start14:30
入場料1200円(中高生・65歳以上1000円)
Ikasama宗教(from宮城)、守山ダダマ(from東京/愛知出身)、オイワ(from京都)、ザンネンズ、キクチシノブ(from北海道)

9月23日(土) 大阪 中津 Vi-code
『Art fest P.A.D.vol.42 〜piece of scene〜』
open18:00 start18:30
入場料前売2500円(D別) 当日2800円(D別)
≪live painter≫ 菩須彦、北村奈緒子、エゴウサトシ、美和いちこ、中村真彩、にのうで、Birdcagehead/Hitomi
《ehhibition》高田雄平
《shop》 Royal Freedom
《musician》colspan、Valjetav、モ★リーダー、バミューダ★バガボンド 
《performer&dancer》さわーい (絶叫) 、はらっちひらっち (メガネアイドル)、焼酎亭トレイン(漫談)、守山ダダマ (POETALLICA)、前川和彦 (怪談)

10月8日(日・祝前) 東京 荻窪 Doctor's BAR
『ダダマの渦潮祭 Vol.6』
open18:30 start19:00
入場料1500円+1D(投げ銭自由)
脱法超電磁高橋(宮城)、サイバーパンク演歌歌手Σ(兵庫)、川口純平、memeko、守山ダダマ

11月3日(祝) 広島 横川 カレー&バー外国
(詳細未定)

11月6日(月) 東京 荻窪 Doctor's BAR
(詳細未定)

……and more!


dadama2005 at 11:03|PermalinkComments(0)音楽 | 想楽

2017年09月09日

九九の日・八王子で雷撫

激しい撫読

ここ1週間ほど胃腸の調子が悪く、流石に放っておけんと昨日仕事を中抜けして職場のすぐ下にある病院へ行きました。1〜2年に1回の割合でなる急性胃腸炎だけど、いつも行く地元の病院なら問診で聴診器当てられて「ちょっとお腹が風邪ひいたみたいですね」とか「お腹にばい菌が入った」とか言われて薬貰って帰れるのに、こちらの病院では血液検査とレントゲン検査をされて、さらに細かい検査をやった方がいいと言われて、面倒なことになりました。何で病院によって違うのかな。とりあえず薬を1回飲んだら何事もなく、仕事帰りに飲みに行っちゃいました。それでも何事もないので大丈夫そうです。

絵レ氣よりお腹を撫でる回数が多かったかもしれないここ数日でしたが、今日で一気に取り返します。絵レ氣を撫でまくります。愛撫であり雷撫です。

本当に火を吹くような撫で朗読をやりたい。びー玉さんのHPでの表記も「絵レ氣弾き語り」から「撫で朗読」に変わりました。

ライヴしかないので全力でやります。

9月9日(土) 八王子 びー玉
open19:00 start20:00
チャージ1080円

・守山ダダマ/撫で朗読
・宮崎孝造/ギター弾き語り
・三上一昭/ギター弾き語り

(出演順はその場で決めます)



守山ダダマ撫読【守山ダダマ LIVEスケジュール】

9月17日(日) 滋賀 東近江 太子ホール
『アフタヌーンLIVE SHOW』
open14:00 start14:30
入場料1200円(中高生・65歳以上1000円)
Ikasama宗教(from宮城)、守山ダダマ(from東京/愛知出身)、オイワ(from京都)、ザンネンズ、キクチシノブ(from北海道)

9月23日(土) 大阪 中津 Vi-code
『Art fest P.A.D.vol.42 〜piece of scene〜』
open18:00 start18:30
入場料前売2500円(D別) 当日2800円(D別)
≪live painter≫ 菩須彦、北村奈緒子、エゴウサトシ、美和いちこ、中村真彩、にのうで、Birdcagehead/Hitomi
《ehhibition》高田雄平
《shop》 Royal Freedom
《musician》colspan、Valjetav、モ★リーダー、バミューダ★バガボンド 
《performer&dancer》さわーい (絶叫) 、はらっちひらっち (メガネアイドル)、焼酎亭トレイン(漫談)、守山ダダマ (POETALLICA)、前川和彦 (怪談)

10月8日(日・祝前) 東京 荻窪 Doctor's BAR
『ダダマの渦潮祭 Vol.6』
open18:30 start19:00
入場料1500円+1D(投げ銭自由)
脱法超電磁高橋(宮城)、サイバーパンク演歌歌手Σ(兵庫)、川口純平、memeko、守山ダダマ

11月3日(祝) 広島 横川 カレー&バー外国
(詳細未定)

11月6日(月) 東京 荻窪 Doctor's BAR
(詳細未定)

……and more!


dadama2005 at 12:38|PermalinkComments(0)告知 | 日記

2017年09月06日

どこからでも楽しめ

撫読中の守山ダダマ

前の記事で実物の「撫でる音」を聞かせたいと書きましたが、人によっては聞かなくてもいいものです。

実際の音ではなく、その絵レ氣のデザインやそれを撫でる動きから想像される音、守山ダダマのアクション、変顔、そして読むテキストの言葉、声…味わうポイントは受け手の人それぞれです。自由に味わってもらえればいいのです。この多面性と解釈の自由さも撫読の魅力にしたいと思います。

イマジネーションはお客様のものですから。

今になってようやく、「撫」と「読」のメリハリがつき、普通のギタープレイとは違う撫で方を明確に意識して演れていると思います。

撫読なりのメタルをより激しく、撫読なりのバラードをよりしっとりと魅せます。

まずは今度の土曜9/9のライヴから、お楽しみに!


アコースティック絵レ氣を撫でる守山ダダマ【守山ダダマ LIVEスケジュール】

9月9日(土) 東京 八王子 びー玉
open19:00 start20:00
チャージ1080円
守山ダダマ、宮崎孝造、三上一昭

9月17日(日) 滋賀 東近江 太子ホール
『アフタヌーンLIVE SHOW』
open14:00 start14:30
入場料1200円(中高生・65歳以上1000円)
Ikasama宗教(from宮城)、守山ダダマ(from東京/愛知出身)、オイワ(from京都)、ザンネンズ、キクチシノブ(from北海道)

9月23日(土) 大阪 中津 Vi-code
『Art fest P.A.D.vol.42 〜piece of scene〜』
open18:00 start18:30
入場料前売2500円(D別) 当日2800円(D別)
≪live painter≫ 菩須彦、北村奈緒子、エゴウサトシ、美和いちこ、中村真彩、にのうで、Birdcagehead/Hitomi
《ehhibition》高田雄平
《shop》 Royal Freedom
《musician》colspan、Valjetav、モ★リーダー、バミューダ★バガボンド 
《performer&dancer》さわーい (絶叫) 、はらっちひらっち (メガネアイドル)、焼酎亭トレイン(漫談)、守山ダダマ (POETALLICA)、前川和彦 (怪談)

10月8日(日・祝前) 東京 荻窪 Doctor's BAR
『ダダマの渦潮祭 Vol.6』
open18:30 start19:00
入場料1500円+1D(投げ銭自由)
脱法超電磁高橋(宮城)、サイバーパンク演歌歌手Σ(兵庫)、川口純平、memeko、守山ダダマ

11月3日(祝) 広島 横川 カレー&バー外国
(詳細未定)

11月6日(月) 東京 荻窪 Doctor's BAR
(詳細未定)

……and more!


dadama2005 at 16:27|PermalinkComments(0)想楽 

2017年09月04日

ギターでも詩でも

ダダマの渦潮祭Vol.6

10月8日のダダマの渦潮祭Vol.6のフライヤーが完成しました。今回もヘンミモリさんのデザイン。出演者の皆さんからご提供頂いた写真を元に、「混沌感を大事にした」との事。めちゃめちゃクールです! 10月8日は是非お客様ともどもみんなでブッ飛べ!


さて私はずっと一人カオスを歩んできたような者ですが、これからもっとカオスになりそうです。

「撫でるをアートに」と言ってますが、ここで撫読をよりオリジナルの表現として、世に認知させたい。未だ絵レ氣ギターはエアギターと混同されたり、撫で朗読と言ってもやはり詩の朗読の範疇で見られてしまう向きもある。だけど、絵レ氣ギターはギターであってギターではなく、エアギターでは決してない。ただギターを弾く真似をしているのではなく、撫でるという独自の芸である。そして撫でながら手紙を読むというパフォーマンスも、普通の詩の朗読、ポエトリーリーディングとは切り離して認識してもらいたい。「詩」そのものの性質も違うから。

まだわかりにくいかもしれないけど、違いをわかりやすくするために、いろいろアイディアを浮かべています。そうしてより革新的なアートにした方が面白いと確信して。

撫でるプレイを練習で鍛えていくうちにまたチャレンジしたいことが見つかりました。それは、絵レ氣を「撫でる音」を聞かせてみること。本当の実物の音。普段のライヴではまず聞こえないけど、聞ける工夫をしてみたい。まあ私の基本は仮想音楽、つまり実際は無い音を想像させるというスタイルであって、これを変えるつもりはないけれど、副業的に撫でる音を聴かせるスタイルもやってみたいと思いました。ライヴでは音を拾えるマイクを用意すればいいかな。

撫での音、無音に手を加えた撫音が聞こえる距離で撮影してみました。



こういう音を音楽として聴かせるスタイルはなかなかないものだと思います。うまくいけばCDを作る時にも取り入れてみたいです。

田村鉄火昨日は三鷹で、7月の渦潮祭にもご出演頂いた栃木在住の孤高のロードックンローラー・田村鉄火さんのワンマンライヴを観てきました。鉄火さんの表現世界をこれだけがっつり味わったことはなかった。駄洒落いや洒落を散りばめながら、死語といわれる言葉たちも一つとして無駄にすることなく生かした詩を高速で畳み掛け、時代も突き抜けたロックに昇華していく。嗄れた声で作るビートとうねり。そこには飾り気のない鉄火さんの人柄も滲み出ていて、さらに心を引き寄せられます。またまた刺激をもらい、帰ってまた練習しました。


「頭ごなし」

頭ごなしに決めつけるな
お前は何を見てきたんだ
俺たちの世界に分け入って
心のやりとりを掴みでもしたのか
形だけで騒ぐな
頭ごなしに決めつけるな
何をしてもいいと言う奴ほど
あれこれケチをつけたがる
守られて当たり前だと思うな
自由の道は敵ばかり
揚げ足取られてナンボだぜ
開き直ってやり返せ
頭ごなしに決めつける奴らに
生きる術を 生きる全てを見せつけてやれ
大画面で見せつけてやれ


絵レ氣ギターを撫でる守山ダダマ絵レ氣ギターを撫でる守山ダダマ【守山ダダマ LIVEスケジュール】

9月9日(土) 東京 八王子 びー玉
open19:00 start20:00
チャージ1080円
守山ダダマ、宮崎孝造、三上一昭

9月17日(日) 滋賀 東近江 太子ホール
『アフタヌーンLIVE SHOW』
open14:00 start14:30
入場料1200円(中高生・65歳以上1000円)
Ikasama宗教(from宮城)、守山ダダマ(from東京/愛知出身)、オイワ(from京都)、ザンネンズ、キクチシノブ(from北海道)

9月23日(土) 大阪 中津 Vi-code
『Art fest P.A.D.vol.42 〜piece of scene〜』
open18:00 start18:30
入場料前売2500円(D別) 当日2800円(D別)
≪live painter≫ 菩須彦、北村奈緒子、エゴウサトシ、美和いちこ、中村真彩、にのうで、Birdcagehead/Hitomi
《ehhibition》高田雄平
《shop》 Royal Freedom
《musician》colspan、Valjetav、モ★リーダー、バミューダ★バガボンド 
《performer&dancer》さわーい (絶叫) 、はらっちひらっち (メガネアイドル)、焼酎亭トレイン(漫談)、守山ダダマ (POETALLICA)、前川和彦 (怪談)

10月8日(日・祝前) 東京 荻窪 Doctor's BAR
『ダダマの渦潮祭 Vol.6』
open18:30 start19:00
入場料1500円+1D(投げ銭自由)
脱法超電磁高橋(宮城)、サイバーパンク演歌歌手Σ(兵庫)、川口純平、memeko、守山ダダマ

11月3日(祝) 広島 横川 カレー&バー外国
(詳細未定)

11月6日(月) 東京 荻窪 Doctor's BAR
(詳細未定)

……and more!


dadama2005 at 14:01|PermalinkComments(0)想楽 | 弦稿