2018年12月09日

【告知】1/5ダダマの渦潮祭Vol.11

ダダマの渦潮祭Vol.11
想楽守山流Presents
ダダマの渦潮祭 Vol.11
〜腹をくくれ!!〜
2019年1月5日(土)
荻窪Doctor's BAR
open17:00 start17:30(21:00終演予定)
1500円+1D(投げ銭自由) 

Ikasama宗教(宮城)
シノブ(北海道)
詰沢脇市(香川)
和貞カズ(香川)
又吉究
守山ダダマ

[フライヤーデザイン]ヘンミモリ

正月から切腹!  ハラワタが飛び出るくらいの表現力と技倆と知性と柔軟性と度胸と覚悟と信念を持った猛者たちが東西南北各地から集結!

10回を超え、ひと回りした渦潮祭はハードコアモードでさらに大きな渦を巻き始めます。

エクストリーム地蔵系アイドル、Ikasama宗教!(宮城)
怨念系シンガーソングメタラー、シノブ!(北海道)
雑食系白塗り怪人、詰沢脇市!(香川)
癒し系唯一神、和貞カズ!(香川)
チンピラ系命がけロッカー、又吉究!(沖縄出身・千葉在住)
鋼鉄系絵レ氣撫士、不肖守山ダダマ!(長崎と富山の混血・愛知出身・多摩在住)


主宰者の私が最年少です。演者の皆さんは尊敬する人、モロに影響され続けてる人ばかりです。だから強力におすすめしたいし、観てほしい。そして私も張り切ります。

今月朗読休止中の私は、年明け、井上リサさんの短歌を撫読する挑戦を始め、身体を張って新・新世界を魅せたいと思います。


腹の底からの言葉、音、表現を体感させます。2019年衝撃のスタート、宜しくお願い致します!





dadama2005 at 00:33|PermalinkComments(0) 告知 

2018年12月02日

【報告】正気の狂気の熱気

正気の狂気Vol.2
少し日が経ちましたが『正気の狂気Vol.2』撫事終了致しました。皆さんありがとうございました!

月曜でしたが共同企画者の私も正直予想外の大入り、大盛況いや大盛狂でした。一年の中でも数少ない、深い爪痕を残したイベントだったのではないでしょうか。

集まったお客様が皆、良いものが観れるという期待感を持って来ているのがはっきり見えて、そして実際どの演者もしっかり見応え聴き応えのあるパフォーマンスを魅せていたので、最後まで飽きる人がいなかったと思います。いや期待以上のものを魅せて、観れて、会場には「ただならぬ熱気」があったようにも。

ステージでの佇まい、一挙一動が、人々を引きつけ、言葉と音の世界に吸い込んでいく。どの演者もそうでした。ただ朗読なり演奏なり芝居なりをするのではない、もっと根本的なところの技倆や人間性が、正気で狂気を表現させるのだと、私もこう書きながら改めて学んだ思いがします。

ターナーB

川原寝太郎

M1NAZUK1

サトチエ

魚嘆
80年代風味のギターサウンドで人心をつかんだターナーBさん、独特の重苦しい笑いの世界を巧みな発声で沸かせた川原寝太郎さん、繊細で救いのない内心を凛として読み上げ会場を引き込んだM1NAZUK1さん、初めてとは思えないエレキギターでもいつもの素朴かつ壮麗な歌世界を魅せつけたサトチエさん、そして歌うにも語るにも誰よりも滲み出る「人間」らしさで弱みの凄みのようなものを見せつけ圧倒した魚嘆さん。

守山ダダマ2018.11.26(黒田嗣雄撮影)
みんなが密度の高いパフォーマンスをするほど、後半の出番だった私は刺激を受けて、緊張に加えてやりづらさとやりがいという矛盾した感情が高まりわけのわからない心理状態になりながら、自分にしかやれないことがあるという使命感で今年最後のステージに上がりました。声は未だに枯れ気味だったけど、聴かせられるものにはなったし、以前より良い声の張りになったとのご感想も頂けた。終始ヤジが飛び交うという久々のシチュエーションでもあったけど、好意的なヤジでありむしろ突っ込まれたいスタイルの自分にはプラスでした。朗読の合間に羽子板ならぬ絵レ氣を指で撫でたりボトルネックで撫でたりクーピーで塗りたくったり紙を捲りまくったり、といういつものわけのわからないプレイも、お客様にはしっかり嵌っていた。何なのかよくわからないけど意味があるんだ、というものをしっかり表現できた。

寝TALLICA 2018.11.26
途中で寝太郎さんを呼び込み「寝TALLICA」として自分はクーピー塗りに専念。他人の朗読の伴奏として塗る(描く)のは初めてで、ぶっつけ本番でしたが、予想以上に大ウケでこれはいける!と思いました。今後も精度を上げて…いやこれに関しては精度も何もないけど、より面白くしていきたいですね。

ラストにまた1人で1曲、捲り語り。そのラストは絵レ氣のネックを抜いて、ボディの封筒に入った便箋を、ただ「朗読」しました。これが2018年の読み納め。

持ち時間をだいぶオーバーしたのを反省しますが、熱くて濃い空気の中で出したいものを出し切れて良かったです。サトチエさんからは「絶好調じゃないですか!」と言われた。また、意外でしたが「ずっと泣いてた」と言う人もいた。

こちらが演奏の跡です。

2018年11月26日絵レ氣ギター演奏跡
【2018年11月26日 正気の狂気@荻窪Doctor's BAR セットリスト】
1.やらかし酒(撫で朗読)
2.たこ焼きと絶望(ボトルネック撫で朗読)
3.俺様は四塁手(クーピー塗り語り)
4./ (寝TALLICA=作詩・朗読:川原寝太郎、クーピー塗り:守山ダダマ)
5.経済尖兵レコンギスタ〜逆襲の真っ黒実業〜(寝TALLICA)
6.ライフイズビューティフル(捲り語り)


打ち上げのカラオケ大会も楽しかったですね。今年はもう大声を出さなくてよいので、久々に歌っちゃいました。ユニコーンの「大迷惑」とつボイノリオの「名古屋はええよ!やっとかめ」。

企画者として、今回も大阪の魚嘆さんの力を大きく借りることになり、お恥ずかしい限りですが、最高の刺激と繋がりの場をまた作ることができたと思います。そしてやはりドクターズバーの加藤さんには音響、照明、料理など最良の環境を提供して頂きました。改めて皆さんに感謝感激です。来年も、またやりたいですね。

というわけで、少し早いですが2018年も守山ダダマをご愛顧頂き本当にありがとうございました!

厄年がまさに厄年となり個人的に災難の多い一年ですが、表現の面では次々と新たなスタイルが生まれ、活動の場所と機会も増えて本当に充実していました。

年明けからは喉に気をつけて、ライヴ本数を絞りながら新たな挑戦をしていこうと思います。

今後も宜しくお願い申し上げます!

年明けはこちらです!

想楽守山流Presents
ダダマの渦潮祭 Vol.11
〜腹をくくれ!!〜
2019年1月5日(土)
荻窪Doctor's BAR
open17:00 start17:30(21:00終演予定)
1500円+1D(投げ銭自由)


Ikasama宗教(宮城)
シノブ(北海道)
詰沢脇市(香川)
和貞カズ(香川)
又吉究
守山ダダマ




dadama2005 at 11:20|PermalinkComments(0) 想楽 

2018年11月26日

【告知】今夜正気の狂気・2018読み納め

豊洲大橋からの眺め
豊洲大橋からレインボーブリッジの方へ


先日、2年前にも行った総合病院で喉の診察を受けました。最近の喉の痛みや声枯れについては風邪によるもので、以前からある声帯の嚢胞が炎症を起こしたものという診断でした。

今いち腑に落ちないところもありますが、薬を処方され、現在は喉の痛みは和らぎ、目立った声枯れもなくなっています。

周期的にこういう現象が起きるのかもしれません。いずれにしても、ライヴで声を出して朗読する回数は今後調節していく必要はあるなと思います。

知ってるミュージシャンでも、喉を痛めたり声が出づらくなっているという人が何人かいます。心配ですが、そういう人から私もアドバイスを頂いたりしています。厳しい状況ですが、互いに良い声を大事にしていきたいところです。

ひとまず私は今日で年内の朗読を最後とします。

今年は表現方法の幅がだいぶ広がった実証があります。1月に北海道のシノブさんからボトルネックを譲られたことに始まり、その後色々な人や事物からインスピレーションを受けて、「撫でて読む」に留まらず自分の表現世界を広げ深めることができたと思います。塗る、捲る…紙でできるいろんなことに挑んで、自分でも思いも寄らぬ「総合芸術」と呼ばれる域に近づきました。この道は確信を持ってこれからも進みます。

ただ、依然一般の人にはわかりにくい、いやわかりにくさを増してるかもしれない。独りよがりな奇の衒いにはならないよう注意しつつ、堂々と新しいものを見応えをもって見せ、挑発していきたい。最近ようやく自分のやってることが「前衛」と認識しつつあり、来年以降はその辺りのことも考えながらライヴ活動をしていきたいです。「詩人」の枠を超えた表現者として。司馬遼太郎みたいに余談かましますが、人間は誰でも詩人になれるから、肩書きや職業として「詩人」という言葉を使うのはやめた方がいいと思います。

詩を書くということを止めず、そして強調して、声で発しながら、声に頼らず言葉を、文字にならない言葉も表現していきたい。

ひとまず明日から1ヶ月余り、喉を休めます。そしてさらなる言葉の挑戦を。

今日のライヴは途中で寝太郎さんの力を借りつつ、しっかり読み納め語り納めをします。

連休明けの憂さを、本気の狂った表現と飲み放題で晴らしましょう!

正気の狂気Vol.2
11月26日(月)
魚嘆・守山ダダマ共同企画
『正気の狂気 Vol.2』
@荻窪 Doctor's BAR
open19:00 start19:30
2500円(開店〜終演まで飲み放題)

[タイムテーブル]
1900 開場
1930〜1955 ターナーB
2000〜2025 川原寝太郎(大阪)
2030〜2055 M1NAZUK1
2100〜2125 サトチエ(群馬)
2130〜2155 守山ダダマ
2200〜2225 魚嘆(大阪)



そして来年


絵レ氣ギター

【守山ダダマLIVEスケジュール】

1月5日(土) 東京 荻窪 Doctor's BAR
『ダダマの渦潮祭 Vol.11 〜腹をくくれ!!〜』
1500円+1drink(投げ銭自由)
Ikasama宗教(宮城)、シノブ(北海道)、詰沢脇市(香川)、和貞カズ(香川)、又吉究、守山ダダマ

…and more!








dadama2005 at 12:56|PermalinkComments(0) 告知 | 想楽

2018年11月20日

【報告】吉読の終焉

吉読Vol.20オープンマイク参加者
オープンマイク 吉読 Vol.20 最終回
2018年11月17日 学芸大学 キュービック

[オープニングマイク]
東京未開封

[オープンマイク]
1.ルネ・シェヴィリコフスキ
2.青条美羽
3.白鐘順
4.メリーアンドリュー
  ー 休憩 ー
5.沙弥朗
6.今城司
7.若原光彦(岐阜)
8.ANCELL

[クロージングマイク]
守山ダダマ

[延長タイム]
*東京未開封×ルネ・シェヴィリコフスキ
*白鐘順(青条美羽カヴァー)
*東京未開封×メリーアンドリュー

吉読ホスト

というわけで吉読、無事終了致しました。参加者の皆さん、来場者の皆さん、キュービックの皆さん、東京未開封、

この場に来たくても来れなかった皆さん、各地から気にかけてくれた皆さん、

会場を一時失った時に次の会場を探してくれた、今は泉下のサトマルさん、

歴代会場の皆さん、歴代ホストの皆さん、

オープンマイクに参加した100人以上の皆さん、

吉読に関わった全ての人へ


ありがとうこざいました。

皆さんのおかげで吉読をここまでやってこられたことを、誇りに思います。


最終回は、当初参加を表明してくれていたものの風邪や発熱で来られなくなった人が相次ぐなど、不運もありましたが、常連の人、懐かしい人、新しい人、遠方から初めて参加してくれた人…最後までオープンマイクとして意義深く、そして吉読らしいものになりました。

私は喉を痛めている関係でホストとしては裏方に回り、本来の役割を果たしきれない部分もあり、申し訳なく、そして悔しくもありました。それに、正直できればもっと多くの人を呼びたかった。そうすれば、今回来てくれた人たちも、もっと楽しんで、盛り上がれたのではないかと思うと、これまた申し訳なく悔しい気持ちが強いです。

でも、来た人一人一人にこの場に来た意味があり、想いがあると思います。その中で、「最高だった」と言ってくれる人もいた。ここで得られたものがあり、そしてまた新たな出会いがあった。新たな繋がりが出来て、今後芽生える何かが、その種が蒔かれた。皆さんが持ち帰るものがあったならば、それがオープンマイクでは最も大切なものでしょう。

ただの終わりではなく、この先に活きてくるものを残せた。その手応えは確かにありました。

何度も書いているような気もしますが、吉読では本当にいろんなことがあった。20回は少ない方でしょうが、その中でこれほど紆余曲折を経たオープンマイクもないと思います。

個人的にはイベントのオーガナイザーとしても、いち表現者としても、厳しさと楽しさを学んだ場でもありました。

第1回での、ゲストの川口純平さんの「メモ芸」発言。一部界隈では物議を醸しましたが、あの発言がなかったら、絵レ氣ギターも撫読スタイルも生まれなかった。 

その絵レ氣を、最終回で初めて吉読で撫でた。声枯れは治ってないけど、しっかりやれた。そして時間だいぶオーバーしちゃったけど、吉読のあれこれを長々と喋らせてもらいました。

自分の話を聞いて泣く人がいた。これは自分で知る限り人生初の経験でした。泣かせようなどとはこれっぽっちも思っていなかったけど、感じたものがあるなら何よりです。

思い返すとまだまだ書きたいことがあってキリがないので、この辺にしたいのですが、もう一つ言いたいことは、このオープンマイクほど、私に「ことば」なるものと真っ向から向き合わせたものはなかった。ここを通してとことん悩んでの、今があります。

まあ主宰者が主観でぐだぐだ語ってもしょうもないので、機会があれば吉読にご参加頂いた皆さんからもお話を聞いてみたいです。あなたにとって吉読がどんなものだったか。詩の朗読は、双方向性が強みでもありますから。

「吉読」という名のイベントは、もう復活とか再開とか、私は一切考えていません。全く違う名で、形式で、「ことば」に別のアプローチをかけていく企画はやりたいと思っています。 

そして東京のポエトリーリーディングの世界で、私がやるべきことはやり尽くしました。


今ここからは、より自分を貫くための活動に邁進すべく、少し休みも取りながら、考え、そして動いていきたいです。

まずは来週月曜の『正気の狂気』。年内最後のライヴと企画を、宜しくお願い申し上げます。


【2018年11月17日 吉読@学芸大学キュービック セットリスト】
1.喰らえ(作:ともの)[撫で朗読]
2.ライフイズビューティフル [捲り朗読]


【守山ダダマLIVEスケジュール】

11月26日(月) 東京 荻窪 Doctor's BAR
『正気の狂気 Vol.2』
open19:00 start19:30
2500円(開店〜終演まで飲み放題)
魚嘆(大阪)、川原寝太郎(大阪)、サトチエ(群馬)、ターナーB、M1NAZUK1、守山ダダマ

1月5日(土) 東京 荻窪 Doctor's BAR
『ダダマの渦潮祭 Vol.11 〜腹をくくれ!!〜』
1500円+1drink(投げ銭自由)
Ikasama宗教(宮城)、シノブ(北海道)、詰沢脇市(香川)、和貞カズ(香川)、又吉究、守山ダダマ

…and more!






dadama2005 at 01:26|PermalinkComments(0) 詩楽 | 想楽

2018年11月16日

【告知】明日吉読・声の限り、言葉を先へ

学芸大学キュービック
明日、いよいよオープンマイク吉読の最終回です。

追加事項があります。お店にある電子ピアノが使用できます。また、エレキギターは使えませんが、一応アンプがあってエレアコなら使えます。絵レ氣ギターは勿論使わせて頂きます。

私は喉の不調が続いていますが、今回朗読、いや撫読だけは何とかやりたいので、司会を東京未開封に任せて、自分のライヴまでは裏方に回ります。吉読ではまだ一度も絵レ氣ギターを撫でたことがないんです。

前にも書きましたが、いろんな、多種多様な人に支えられてきた吉読。終止符を打つ今回も、いろんな方面から人が集まってくれそうです。本来なら参加困難なはずの人まで、行くと言ってくれている。主宰者として光栄で、身の引き締まる思いです。

ささやかながらも、派手な花火を最後に打ち上げて終わりたい。

もともとベンズカフェでの当時東京のポエトリーの中心的存在だったオープンマイクの裏で敢えて始めた吉読。最終回、今回は偶然ですが、ポエトリーの大規模なイベントと日が重なりました。そういう宿命かもしれません。

ポエトリースラムジャパンやウエノポエトリカンジャムの周辺にポエトリーが収斂されていく流れには違和感があります。詩はいろんな方向に散らばっているのが自然だと思うし、まだ表現の場に満たされていない人たちもいる。もっと掘り起こしたり、巻き込んでいく動きがあっていい。吉読も「開拓」のつもりで始めたけど、正直充分に開拓ができたとは言えない。今回が最後の機会。大イベントとかぶる、最初で最後の機会。私の活動史上でも最初で最後になるかもしれません。

万全とは言えない体調のまま当日を迎えることになりそうで、本当に情けない。しかし現場では体調関係なく、盛り上げ、ぶちかまそうと思います。先々のためにも。

まあ私にはおかまいなく、みんな明日はやっちゃいましょう!

吉読Vol.20最終回


オープンマイク 吉読(きちどく) Vol.20 最終回

2018年11月17日(土)
学芸大学 キュービック

open19:00 start19:30(22:00終演)
入場無料・飲食2オーダー必要

[ホスト]守山ダダマ、東京未開封

(オープンマイクのルール)
◆エントリーは当日先着15組様までとします。
◆パフォーマンス時間は1組7分以内でお願いします。7分経過した場合も詩や曲やネタの途中であれば続行できますが、7分経過後に別の詩や曲やネタを始めることはできません。
◆ジャンル、自作他作は問いません。「ことば」を発表したい方、大歓迎です。
◆楽器の使用はアコースティックなものに限ります。
◆CD音源の使用もできます。

[追加事項]
◆会場のキュービックさんには鍵盤(エレピ)が常備してあり、使用可能です。
◆エレキギターの使用はできませんが、エレアコギターは使用可能です。また、絵レ氣ギターも使用可能です。
◆飲食2オーダー制について…入場時に1000円の金券を購入して頂きます。1000円を超えた場合は現金でキャッシュオンとなります。(お店のメニューの最低価格は550円です。帰宅時にオーダーが1000円を下回る場合でも差額の返金はできません)
◆会場内は原則禁煙ですが、休憩時間のみ一部に禁煙スペースを設置します。
◆オープンマイクのエントリーは15組が上限ですが、希望者多数の場合は終演時間を最大30分延長します。但し通常の楽器・音源の使用は22時までとします。

もちろん観覧だけのお客様も大歓迎です。途中で自分もパフォーマンスしたくなったという方は是非エントリーを!


【守山ダダマLIVEスケジュール】
11月26日(月) 東京 荻窪 Doctor's BAR
『正気の狂気 Vol.2』
open19:00 start19:30
2500円(開店〜終演まで飲み放題)
魚嘆(大阪)、川原寝太郎(大阪)、サトチエ(群馬)、ターナーB、M1NAZUK1、守山ダダマ

1月5日(土) 東京 荻窪 Doctor's BAR
『ダダマの渦潮祭 Vol.11 〜腹をくくれ!!〜』
1500円+1drink(投げ銭自由)
Ikasama宗教(宮城)、シノブ(北海道)、詰沢脇市(香川)、和貞カズ(香川)、又吉究、守山ダダマ

…and more!




dadama2005 at 22:00|PermalinkComments(0) 告知 

2018年11月12日

【LIVE報告】12月は朗読休みます

守山ダダマ 2018.11.10
11月10日、八王子びー玉のライヴ、撫事終了しました。はりまさん、皆さん、ありがとうございました!

声をなるべく使わない、いつも以上に前衛的なライヴ。思った以上にダダマ初見のお客様が多く、家族連れの方などもいて、9月30日のびー玉とはまた異なる向きで強いアウェイ感のなか、やり通せてよかったです。貫いて貫いて、経験値が倍増したような思いです。

何か、貴重な時間を割いて来たのにいきなりわけわからんものを見せられるお客様にはいつも申し訳ない気もするのですが、これをやらなきゃ、人々の前でお見せしていかなければ自分の生きる道が開かれない、先に進めない。見せることで、問わなきゃ先がない。そういう姿勢でやっています。

今回はおかげさまで「捲る音が好きです」と、待望していたフェチな方からのご感想を頂けたし、対バンの方たちも含め、感じて残るものがあれば何よりです。

通常の撫で朗読以外の、いろんなことをメインにしてやりつつ、後半は1曲だけ声を張った。枯れた叫びも味があった。それはよかったのだけど、予想していた以上に、喉は痛み、声は嗄れた。

弾き語りの方ばかりのびー玉の出演者で、撫で朗読はおろか朗読をする人は私だけ。お客さんはろくに呼べたことがないけど、毎月お誘いをくれるはりまさんには深く感謝していて、これからも引き続きお役に立ちたいと思っているのですが、申し訳ないことに12月はライヴをやらないことにした。絵本読み聞かせの人が初登場したり、演者が多様化していく流れに私ももっと貢献したいのですが、今年のびー玉での私のライヴは今回が最後となりました。

2018年11月10日演奏跡
【2018年11月10日 @八王子びー玉 セットリスト】
1.サイレント・スクリーム [捲り無声語り]
2.苦しみのポチ [一筆箋ボトルネック撫で朗読]
3.女川建準行動歌(作:江川泰)[一筆箋ボトルネック撫で朗読]
4.想楽守山流のテーマ(インスト)[塗り]
5.俺様は四塁手 [塗り語り]
6.たこ焼きと絶望 [ボトルネック撫で朗読]



【お知らせ】
私 守山ダダマは、12月中は撫読の読の方、朗読活動を休止させて頂きます。

なお、朗読なしで絵レ氣ギターの演奏は続けますので、(いないと思いますが)ギターソロでの出演依頼、また伴奏での参加のお誘いをお待ちしています。私の詩を代わりに朗読して頂ける方も大歓迎です。

今月11月は、17日のオープンマイク吉読と、26日の「正気の狂気」がありますが、どちらも短い時間ですが朗読はやります。

吉読では主宰でありホストを務めますが、司会は東京未開封に任せます。

正気の狂気では、私のライヴ時間を短縮し、その分は川原寝太郎さんとのユニット「寝TALLICA」のライヴに充て、私は絵レ氣伴奏に専念します。

年明け1月5日のダダマの渦潮祭Vol.11で朗読、がっつり撫読活動を再開できるように養生したいと思います。(但し、1月以降の出演依頼に関しては、既に頂いているもの以外は保留させて頂きます)

どうぞ宜しくお願い致します。


【守山ダダマLIVEスケジュール】
11月17日(土) 東京 学芸大学 キュービック
『オープンマイク 吉読 Vol.20 最終回』
open19:00 start19:30(22:00終演)
入場無料・飲食2オーダー必要
[ホスト]守山ダダマ、東京未開封

11月26日(月) 東京 荻窪 Doctor's BAR
『正気の狂気 Vol.2』
open19:00 start19:30
2500円(開店〜終演まで飲み放題)
魚嘆(大阪)、川原寝太郎(大阪)、サトチエ(群馬)、ターナーB、M1NAZUK1、守山ダダマ

1月5日(土) 東京 荻窪 Doctor's BAR
『ダダマの渦潮祭 Vol.11 〜腹をくくれ!!〜』
1500円+1drink(投げ銭自由)
Ikasama宗教(宮城)、シノブ(北海道)、詰沢脇市(香川)、和貞カズ(香川)、又吉究、守山ダダマ




dadama2005 at 08:55|PermalinkComments(0) 想楽 | 告知

2018年11月10日

【LIVE告知】声を超える挑戦

想楽守山流のテーマ@絵レ氣ギター
想楽守山流のテーマです。 

一日中電話で話す仕事が忙しくなったのと、毎週のライヴのせいか、声が枯れて喉が痛いです。2年前に喉の治療を受けて、もう施しようはない。

今の喉の状態や仕事のこと、生活全体を考える上で、遠くない将来には朗読活動に一定の区切りをつけなきゃいけないかなと考えています。

しかし、私守山ダダマは朗読だけの表現者ではありません。声を出さずとも、表現し、表現に関わっていくことは止めません。

撫読、絵レ氣ギターを使い後世に残していく人を育成すること、朗読なしでも、絵レ氣ギターを撫でたり塗ったり捲ったりする新たな音楽パフォーマンスの研究開発、また他者の朗読での伴奏、そして詩を書き続け他の人に朗読してもらったり、あるいは歌ってもらったりすること、渦潮祭などイベントのオーガナイズで表現の場を作っていくこと… 

やりたいことは沢山あります。まだ考えついていないことだってやりたくなるだろうし、新しい方法はこれからいくらでも見つけられるでしょう。

朗読、撫読はやれるところまでやり続けたい意思は変わりありません。もし今後、ガラガラ声が自分の通常の声として定まるとすれば、ガラガラ声が合う朗読、撫読を編み出すという道もあります。

これから暫くは、自分が表現を、ことばを届けるべき人たちのことも含め、方向性をあれこれ考える時期になると思います。


というわけで、今夜はライヴですが、いつもより口数も声量も減らして、声になるべく頼らないライヴにしたいと思います。自重というより、挑戦です。

かなり前衛的で、わかりにくさ倍増するかもしれませんが、宜しければ観てみて下さい。

絵レ氣ギター演奏(練習)跡
11月10日(土) 八王子 びー玉
http://harry-zone-24.wixsite.com/biidama
open19:00 start20:00
チャージ1080円
・河野順一郎/ギター弾き語り 
・守山ダダマ/撫で朗読 
・どんぐりなおと(初)/ギター弾き語り
(出演順はその場で決定)


吉読まであと1週間!

【守山ダダマLIVEスケジュール】
11月17日(土) 東京 学芸大学 キュービック
『オープンマイク 吉読 Vol.20 最終回』
open19:00 start19:30(22:00終演)
入場無料・飲食2オーダー必要
[ホスト]守山ダダマ、東京未開封

11月26日(月) 東京 荻窪 Doctor's BAR
『正気の狂気 Vol.2』
open19:00 start19:30
2500円(開店〜終演まで飲み放題)
魚嘆(大阪)、川原寝太郎(大阪)、サトチエ(群馬)、ターナーB、M1NAZUK1、守山ダダマ

1月5日(土) 東京 荻窪 Doctor's BAR
『ダダマの渦潮祭 Vol.11 〜腹をくくれ!!〜』
1500円+1drink(投げ銭自由)
Ikasama宗教(宮城)、シノブ(北海道)、詰沢脇市(香川)、和貞カズ(香川)、又吉究、守山ダダマ

…and more!









dadama2005 at 14:49|PermalinkComments(0) 告知 | 想楽

2018年11月04日

【LIVE報告】新規開拓大舞台

ナンデモアリます(試)開演前
吉祥寺WARPでの、Kichijoji Village企画『ナンデモアリます(試)』、無事終了致しました。安保さん、皆さん、ありがとうございました!!

WARPでは10年以上ぶり、そして撫読スタイルになって初のライヴ。思い出深い場所で、貴重なパフォーマンスができました。

上手いカヴァーバンドの人たちや楽しい小劇の人たちに混じっての、「撫で朗読」という告知での表記に、初見の大勢のお客さん、出演者の皆さんも戸惑ったと思います。

本当に、「観なきゃわからなかった」。2ステージやらせて頂きましたが、場の空気をうまく掴み、直前の小劇のネタまで拾って、本当にライヴ感のあるライヴができた気がします。初めはざわついていたお客さんたちが次第にステージに目と耳を集中させて、どっと笑ったり、嬉しい突っ込みもくれたりした。みんなノリがよかった。後で良い感想を沢山頂けました。撫でたり塗ったり捲ったり…みんな私がステージ上でやる変なことをしっかり見て聞いて反応してくれた。積極的に興味を持って頂いてとても嬉しいです。

主宰の安保さんは以前に渦潮祭を観に来てくれたりして、私をいつもと違う客層の場所でやらせたいと思ったそうです。おかげさまでとても良い新規開拓ができました。

噛んだり、絵レ氣の紙を捲るべきところで捲れなかったり、反省点もいくつかあって100点満点とはいかないけど、手応え充分のライヴでした。

2018年11月3日演奏跡
【2018年11月3日 ナンデモアリます(試)@吉祥寺WARP セットリスト】
(1ステージ)
1.俺の透明のビニール傘を返せ [撫で朗読]
2.苦しみのポチ [一筆箋ボトルネック撫で朗読]
3.(株)三毛猫投入所 社歌 [撫で朗読]
(2ステージ)
1.お口の遠足 [塗り語り]
2.ライフイズビューティフル [捲り語り]


終演後は出演者の皆さんとハモニカ横丁のなよ乃で二次会。めっちゃ気持ちよく良い酒が飲めました!


今月は毎週ライヴがあります。まだまだだだま突き進みます!


【守山ダダマLIVEスケジュール】
11月10日(土) 東京 八王子 びー玉
open19:00 start20:00
チャージ1080円
(出演者未定)

11月17日(土) 東京 学芸大学 キュービック
『オープンマイク 吉読 Vol.20 最終回』
open19:00 start19:30(22:00終演)
入場無料・飲食2オーダー必要
[ホスト]守山ダダマ、東京未開封

11月26日(月) 東京 荻窪 Doctor's BAR
『正気の狂気 Vol.2』
open19:00 start19:30
2500円(開店〜終演まで飲み放題)
魚嘆(大阪)、川原寝太郎(大阪)、サトチエ(群馬)、ターナーB、M1NAZUK1、守山ダダマ

1月5日(土) 東京 荻窪 Doctor's BAR
『ダダマの渦潮祭 Vol.11 〜腹をくくれ!!〜』
1500円+1drink(投げ銭自由)
Ikasama宗教(宮城)、シノブ(北海道)、詰沢脇市(香川)、和貞カズ(香川)、又吉究、守山ダダマ

…and more!




dadama2005 at 18:30|PermalinkComments(0) 想楽 

2018年11月03日

【LIVE告知】吉祥寺WARP初撫読

守山ダダマ 2018.10.27
先日の渦潮祭での収穫の一つ。

私はポエトリーの界隈から少し離れた場所で活動しているし、肩書きで「詩人」は名乗りたくない、名乗りたくても名乗れない立場だけど、先日の渦潮祭に出たミュージシャンの方々が「言葉を大切にしたい」「言葉が届くと嬉しい」といったコメントを発しているのを見て聞いて、やっぱり自分がこの立場から言葉を武器にした表現に取り組み、渦潮祭を催しているスタンスは間違いなく意義があると確信を持てた。

ポエトリーと名のつくものだけが詩じゃないし、「ことば」は色々な場所で花咲かせる。

今日も私は、ポエトリーに馴染みが無さそうな人たちの前に、ことばを花咲かせに打って出ます。

かつてはバンドでも朗読でもよく出させて頂いた、表現活動を始めた頃の、思い出深い地・吉祥寺WARP。ここで初めて、撫読を見せつけます。

私の出番は15:43〜と19:50〜の2回。亡き兄も関わっていた「吉祥寺グランプリ」を彷彿させる多ジャンルのフェスでもあります。是非遊びに来て下さい!

ナンデモアリます
表現は音楽だけじゃない! >をテーマにバンド、DJに映像はもちろん小劇や朗読、絵画展示にファッションまで とにもかくにも表現しちゃうナンデモアリイベント、やってしまいます。
ご来場は、"出来れば"クールだったり奇抜なファッションで!
豪華景品が当たるかも、なエントリがあります。
開場は16:30なので、受付はお早いめに。

もしお手元に不用品が一品あったら、お持ち寄りを。
じゃんけん大会で、愛するジャンクをプレゼントしよう!

もちろん、普段着&手ぶらで全然OK、皆で楽しもう!

【表現者のご紹介】

◆オープニング映像◆
Special Thanks for 岸本みゆき/山田桃子

1.バンド:上藤組
Vo ひとみ/もっちー/しゅんしゅん/Gt よっしー/まこと/Bass かじー/Drs ABO

2.実写映像
たかし/しんご

3.小劇(前後半あり)
DJ GAORI/涌井大偉/あきみ/力石

4.撫で朗読(前後半あり)
守山ダダマ

5.絵画@中2階ラウンジ
SEIRA

6.DJ(DJアレンジ TAKU)@中2階ラウンジ
DJ SandA/Kayo/かじー/mash

7.ファッション:ナンデモ選手
当日会場で18時までに受付/エントリをされた皆様

8.バンド:Gyue----n!
Vo けいこ/Gt ヤナさん/Bass ゴンちゃん/Key あゆみ/Drs 小枝

9.バンド:間瀬組
Vo チバヘイ/キヨ/花凛/Gt あきみ/まこと/Bass Daigo/Key キヨ/Drs マセ

10.ゲーム:ジャンクけん大会
ご来場の皆様

11.コマ撮りアニメーション/音楽
ATELIER SIESTA

12.バンド:大島組
Vo 君和田雅子/たかぴょん/Bass 大島久明/Ch/Gt/Key/Drs レプリカントチャイルド

13.バンド:レプリカントチャイルド
Vo 涌井大偉/Gt Ryhei@細雪/Bass Yoshizaki/Drs ユウもん

◆フード協力◆
焼き豚なるせ/i.styleグループ
絵レ氣ギター演奏(練習)跡

【守山ダダマLIVEスケジュール】
11月10日(土) 東京 八王子 びー玉
open19:00 start20:00
チャージ1080円
(出演者未定)

11月17日(土) 東京 学芸大学 キュービック
『オープンマイク 吉読 Vol.20 最終回』
open19:00 start19:30(22:00終演)
入場無料・飲食2オーダー必要
[ホスト]守山ダダマ、東京未開封

11月26日(月) 東京 荻窪 Doctor's BAR
『正気の狂気 Vol.2』
open19:00 start19:30
2500円(開店〜終演まで飲み放題)
魚嘆(大阪)、川原寝太郎(大阪)、サトチエ(群馬)、ターナーB、M1NAZUK1、守山ダダマ

1月5日(土) 東京 荻窪 Doctor's BAR
『ダダマの渦潮祭 Vol.11 〜腹をくくれ!!〜』
1500円+1drink(投げ銭自由)
Ikasama宗教(宮城)、シノブ(北海道)、詰沢脇市(香川)、和貞カズ(香川)、又吉究、守山ダダマ

…and more!


dadama2005 at 10:23|PermalinkComments(0) 告知 

2018年11月01日

【渦潮祭報告】摩擦を超えた化学反応

ダダマの渦潮祭Vol.10
ダダマの渦潮祭Vol.10
〜摩擦を起こせ!〜
荻窪 Doctor's BAR

熱狂のうちに無事終了と相成りました。皆様本当にありがとうございました!!

どんな摩擦が起きてしまうのか、主宰者ながら正直不安な部分もありながらやるべきだと決死の覚悟で催した祭事。しかし想像以上にハードかつピースフル、素敵で熱い厚いかけがえのない一夜となりました。感謝の渦です。

演者それぞれのスタイル、魅力を知っていたつもりでも、改めて全員の声の大きさ、底の深さを味わい、今思い返してもこみ上げるものがあるくらい、この六人の組み合わせは大成功だったと自負します。

リアルに摩擦を超えた抱擁が、終演後あちこちで見られましたね(笑)

ダダマの渦潮祭Vol.10写真集

ペリー
ペリーさん
神戸の絶唱アラレちゃん。明るく楽しいキャラだけど、歌い出せば本田美奈子.さんが降臨したような声。1曲1曲、そして歌声そのものが物語でした。約5年前に出会った時はユニットだったけど、一人になって世界が広がっています。

大上ゆーや
大上ゆーやさん
下町の吠えるクールビューティー。今まで観たライヴとも違う大人のカッコよさ、美しさ。そしてギターのグルーヴ感が場を最高潮に盛り上げていきました。鋭利な刃物のような歌声は、今後色んな場所で映えることでしょう。

脱法超電磁高橋
脱法超電磁高橋さん
レペゼン仙台人間変拍詩。迷路のような曲展開の随所から放たれる奇矯な音色と、言葉遣い。見た目怖いと感じる向きもあるだろうけど、本当に頭の良い人なんだと思います。もっと色んな人と絡んでほしくなる摩擦力、渦潮力。

プレジー3吉
プレジー3吉さん
伊勢が生んだ叫びの化身。「音楽みたいな日常だ」という曲を歌ったのですが、音楽みたいな人間、と言うかステージに人生そのものがあった。ギターを持つ手の震えも、マイクに向かう眼差しも、全身が底知れぬ「表現」でした。

笹田美紀
笹田美紀さん
粉骨砕身鍵盤叩き語り。我が姉。誰もが気遣うその痩せ細った身体が、本当に砕けんばかりの演奏、でもそれを乗り越えていくように飛び上がり、空間を覆っていくような歌声の強さ。そこに見る希望。見事な30分の劇場でした。

守山ダダマ 2018.10.27
守山ダダマ
当日毛を丸刈りして流血の痕を残した眉が不評でしたが、動きが忙しくなり、音のヴァリエーションも増えたライヴは失敗もあれど驚きと良い爪痕を残せたようです。「一人総合芸術」との評も。皆様のご期待通り、まだまだだだま貫きます。

(撮影協力:ルネ・シェヴィリコフスキ)

2018年10月27日演奏跡

【2018年10月27日 ダダマの渦潮祭@荻窪Doctor's BAR セットリスト】
※曲名後の[]内は絵レ氣ギターの使用形態
(オープニング)
1.切腹し続けてやる [刺し語り]
2.休みの応援歌 [捲り語り]
3.Mosh The ふりかけ [捲り語り]
(クロージング)
1.女川建準行動歌(作:江川泰) [一筆箋ボトルネック撫で朗読]
2.俺様は四塁手 [塗り語り]
3.ライフイズビューティフル [撫で朗読]
(アンコール)
冥王星の逆襲 [撫で朗読]


ちなみに開演前と転換時には私のセレクトで以下の楽曲を流させて頂きました。

ダダマの渦潮祭Vol.10 BGM集
CONCEPT/ウロボロスのヘビたち
Ikasama宗教/ツブテ
初音ミク/天月海
マミヨ/変わらぬ想い
Dodoko/酔って候 (柳ジョージとレイニーウッドのカヴァー)
メタリカ/When a Blind Man Cries (ディープ・パープルのカヴァー)
メタリカ/Ronnie Rising Medley (レインボーのカヴァー)


打ち上げも楽しくて、本当に良い、他では起こり得ないだろう貴重な交流の場と契機になりました。

出演者それぞれ、お互いに「漫画に出てきそう」と言っていたようですが、みんな本当にリアルに、漫画のように生きて地に足をつけた表現をやって、ここに集まってくれたんですよね。本当に有難いです。


さて翌日は高円寺フェスでの古事記projectのイベントを観て、関係者の皆さんと交流を深めたり、駅前プロレスを終えた直後の大谷晋二郎選手とすれ違い興奮したりしつつ、2日続けてのライヴ。

Valjetav
久々の下北沢ハーフムーンホールでの、Live Painting Gig。ライヴペインティングの中でのハロウィンパーティー、様々なパフォーマンスを堪能できて、前夜とは違った「楽しさ」を味わえました。私もある意味「ペインティング」を交えながらのパフォーマンスでしたが、TPOを意識し勉強しながらも楽しんでやれました。川原寝太郎さんとも7月以来の対バンで良かったです。

2018年10月28日演奏跡
【2018年10月28日 Live  Painting Gig@下北沢Half Moon Hall セットリスト】
(1ステージ目)
1.お口の遠足 [塗り語り]
2.Mosh The ふりかけ [捲り語り]
(2ステージ目)
1.ライフイズビューティフル [撫で朗読]


終演後、泥酔者の介抱で一夜を過ごすことになりましたが、無事朝を迎え、井の頭公園が気持ちよかったです。

さて、11月は毎週ライヴ! 企画も2つあり! まだまだくたばれない死に損ないの底無しの力を見せる所存です。


【守山ダダマLIVEスケジュール】

11月3日(土) 東京 吉祥寺 WARP
『ナンデモアリます』
open16:30 start17:00
前売2000円 当日2500円(各+1drink)
(出演者多数)

11月10日(土) 東京 八王子 びー玉
open19:00 start20:00
チャージ1080円
(出演者未定)

11月17日(土) 東京 学芸大学 キュービック
『オープンマイク 吉読 Vol.20 最終回』
open19:00 start19:30(22:00終演)
入場無料・飲食2オーダー必要
[ホスト]守山ダダマ、東京未開封

11月26日(月) 東京 荻窪 Doctor's BAR
『正気の狂気 Vol.2』
open19:00 start19:30
2500円(開店〜終演まで飲み放題)
魚嘆(大阪)、川原寝太郎(大阪)、サトチエ(群馬)、ターナーB、M1NAZUK1、守山ダダマ

1月5日(土) 東京 荻窪 Doctor's BAR
『ダダマの渦潮祭 Vol.11 〜腹をくくれ!!〜』
1500円+1drink(投げ銭自由)
Ikasama宗教(宮城)、シノブ(北海道)、詰沢脇市(香川)、和貞カズ(香川)、又吉究、守山ダダマ

…and more!










dadama2005 at 01:19|PermalinkComments(0) 音楽 | 想楽