2016年07月26日

朗読の原点から進む

絵レ氣ギター「大彦」(左)と「芥川」(右)

2週間ぶりのブログ更新です。いろいろあって滞っていました。申し訳ありません。

渦潮祭Vol.2での自分のライヴを振り返って、表現スタイルを根本から考え直したいと思いました。あのライヴでは、いつもより攻めの気持ちが足りなかった。それに加えて、今までよりも動きを増やして新しい朗読パフォーマンスにするつもりで臨んだことが裏目に出てしまった。動いた分、朗読のイメージが散逸してしまった。動きにも計画性がなく、観る人にはとても伝わりづらいものになってしまったと思ったのです。

「新しいこと」をやるのにも、予めヴィジョンが描けてないといけない。そして自分は「新しいこと」にこだわり過ぎた。特定の人々の意見を気にして、常に「変わる」ことを意識し過ぎていたように思います。正直、変わり続けることには疲れも感じていました。

自分が何をやりたいのか、何を伝えたいのかを考え直しています。はっきりしているのは、もともと自分は朗読がやりたくてやっているということ。朗読とは言葉を届けること。これを第一にしたい。朗読は多様化していいと言ってきましたが、やはり言葉を伝えなければ、伝わらなければ。自分のはパフォーマンスに走り過ぎる余り、この言葉を伝えるという本義から外れそうになっていたのでは、と思います。新しいことをどんどん追究していくのはいいけど、基本をおろそかにしてはいけない、と。

絵レ氣ギター朗読は、勿論やめるつもりはありません。これだけはこだわりたい。そもそも、絵レ氣ギターは朗読のための道具です。朗読をより面白くしてくれるアイテムだと確信しています。読む言葉に合わせて弾くものだし、テキストを入れるものでもあります。メタルっぽくとか、ミュージシャンっぽくとか、そういうことに囚われず、また従来の「ギター」の概念にも囚われず使っていきたいです。ネックは短冊だし、ご存知の方はご存知の通り私は絵レ氣を笏のように持つこともあるので、より日本文化を意識し、かつ斬新なイメージにしたいです。

詩のテーマも自分の好きな歴史にちなんだものにしたり、自作の詩に限らず歴史書を朗読したり、小説を朗読したり、とにかく長い文章を朗読してみたり…など考えています。朗読劇もいいかもしれない。勿論ここでいう朗読には、それに合わせた絵レ氣ギターの演奏が伴います。それが「読奏」です。

上の写真は、先週末に作った2本の新作絵レ氣ギター。どちらも「重ねエクスプローラー」です。派手な装飾に特に意味はありません。楽器としての機能は皆無。でもそれを奏でようとすることこそがフルソウル。全身全霊で出すのが「韶(シャオ)」です。表現によって放たれるもの全てを私は韶と呼んできましたが、私個人にとっては韶を生むには言葉が欠かせない。

とにかく言葉を楽しんでもらいたいし、聞いた人を励ますとか勇気づけるというのは烏滸がましいけど、少しでも楽な気持ちで前に進めるような言葉を発信する活動を続けたいです。

音楽とか身体表現とか多方向に拡散しそうな自分の志向でしたが、着実な進歩のために、今一度「言葉を届ける」という原点に戻るつもりです。

できるだけ多くの人に言葉を届けたい。しかし何よりまず私は「弱い人の味方」でありたい。これは政治的な意味ではありません。誰にでもある弱い心にまっすぐに飛ばしたい。私は強さに憧れるけど、その強さとは弱さの対義語ではなく、弱さの発展形であるべきだと思っています。みんなで弱さを乗り越えようとするような言葉を、まだまだ研究中です。

これからもなるべく守山ダダマに目を向けて頂けたら幸いです。どうぞ宜しくお願い致します。


守山ダダマ読奏坐像【守山ダダマ出没予定】
8/20(土) 大阪西天満MAGGY
8/21(日) 大阪上本町亀
9/10(土) 東京 都内某所
9/29(木) 東京 都内某所
10/9(日) 東京高円寺Reef
…and more!


dadama2005 at 01:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)想楽 

2016年07月12日

民主主義を信じるな

日の丸

参院選、私は東京都選挙区で「小川敏夫」、比例区で「民進党」に投票しました。

私は現在どの政党も支持していません。ただ現政権の政治路線や手法に危機感があり、少しでもこれに対抗する勢力の議席、特に野党第一党の議席を増やすことが健全な道だと思い投票しました。

いわゆる野党共闘は必要だし自分も有権者として協力はしたいけど、彼らの主張や行動を積極的に支持・支援するつもりはありません。あくまで与党の暴走を防いでもらうために「外から」力を貸すのです。

私は国家主義者でもなければ民主主義者でもありません。国家が幻想なら「人民による人民のための政治」も幻想です。私は芸術的な幻想は大好きですが、政治的な幻想にはあまり惹かれない。特に近代以降の国民国家、そしてそれに支えられた民主主義という幻想には恐怖すら覚えます。

私は「国民」という言葉も、括りも好きじゃない。私は私だ。可能なら私一人で独立国を作りたい。そして「民衆」を信用しない。一般民衆は基本的に愚かで、自分で思考できる人なんて限られてるから大抵は何か強い影響力のあるものに流されやすいし危険だ。矛盾してると思う人がいるだろうけど私は平和憲法を支持している。民主主義者じゃないけど平和主義者だ。九条を変えてほしくないから、現行憲法は一字一句もいじってはいけないと思う。憲法改正を問う国民投票が実施されたら、賛成多数になる可能性が高い。イギリスのEU離脱のように誤った選択になる危険性がある。民主的である方が国家主義、ファシズムに繋がりかねないのだ。私が生活上属さなければいけない日本国の一大事を国民が決するようなことがあってはならないから、なるべく国会で改憲を止めてもらいたい。政治家たちの知恵と戦略で間接民主制を守ってもらいたいのです。

民主主義は現代において最良の政治制度だとは思うし恩恵も受けているけれど、それはあくまで一般の人民にとって都合のよい「制度」に過ぎないものであって、これを宗教みたいに絶対視してはいけない。

基本的に政治は、民主制であれ封建制であれ賢い人が国を平和に治めてくれればいいものだと思う。庶民が平穏に暮らすことさえできれば。そもそも民衆を苦しめる圧政は必然的に長続きしない。民心が安定しなければ政治も立ちゆかないことは歴史が証明しています。

「みんなでルールを決めてみんなで守る」、その「みんな」という括りから自由になりたいと思うひねくれ者の私ならではの考えなのでしょうが、そうでなくても実際今の日本にいる人々を「国民」と一括りにするのはリアリティがない。多様な立場、価値観、意見で人々が分かれて、その人たちを結ぶ共通項も薄くなっている。利害衝突は複雑さを増し、感情的な対立も激化している。ある意味、戦国時代なのです。

選挙を血の出ない戦争に置き換えて、今回の選挙は「参議院の議席」という重要な土地を奪い合う、安倍晋三を盟主とする「自民・公明連合王国」と「反安倍諸国連合」の戦いだったと捉えてみます。私はどの国にも属さないけど、どちらに加勢すれば自分のメリットになるかを考えて戦いに参加した。私は反安倍連合の中で最も大きな国である民進国に協力したことになります。

今回の結果は受け入れない。戦いの結果や影響に責任を負うべきは戦を起こした当事者=政治家たちであって、その人たちがこれからしていくことにまで我々一般の選挙民が責任持てない。どうしても安倍政権が許せないなら暴力革命で倒してもいいようにしてくれと言いたい。で、「民主主義を守れ」とか「戦争反対」と叫ぶ人たちが「安倍死ね」と言うのはやっぱり矛盾してる。「安倍が起こす戦争が嫌だ。だから安倍死ね」ならわかる。

いや、私は意見の違いで殺し合うなんてことは望んでいませんよ。できればいろんな人と違いを超えて仲良くなりたいと思ってるし、それを実現できるのが表現だと思ってる。そして自分は反安倍の運動をやっている誰よりも平和主義者だと思う。(かつては国民主権でも国家主権でもなく平和という状態を主権者として絶対平和を守らせる「平和主権」「平主主義」を考案したことがあります)

政治の本質は騙し合いだし、知恵のある者がどれだけ知恵のない人々を動かせるかというパワーゲームでもある。現代の民主制、メディア政治なら選挙の票集め、議論、パフォーマンス…あらゆる面で「巧い」奴がトップに立つ。きれいごとだけじゃ成り立たないし、汚いことを率先してやれる人間も必要になる。人間はもともと好戦的だし欲深いけど、その闘争本能や様々な欲望をいかに程良く抑制できるかも問われる。バランスのとれた価値配分ができるセンスですね。

声を荒げて「反対」するだけじゃダメなんです。大義名分を唱えたり、相手の悪口や揚げ足取り、ネガティヴキャンペーンをやっても自己満足にしかならないし、周囲をドン引きさせる。

野党や反政府運動をする人たちはもっと狡猾になってほしい。感情に訴えるより、戦略を立ててほしい。思考できない民衆はもともと保守的なものです。あまり信用せずに、政治家の方から調略・煽動を仕掛けてほしい。

権謀術数万歳!(って本当の権謀術数主義者は言わないはずだけど) 私も自分で政治を勉強し思考してるつもりですがまだまだ浅はかな愚民と変わりない、ただの一票の持ち主。何の権力も財力も学力も影響力も知名度もない一選挙民です。選挙という戦に参加できる地侍ではあるのかな。政治家の皆さん、天下獲りたいなら私をうまく調略して♡って感じです。



dadama2005 at 17:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政治 | 日記

2016年07月10日

渦は広がり続ける

ダダマの渦潮祭Vol.2出演者

ダダマの渦潮祭Vol.2@高円寺Reef、おかげさまで無事終了致しました。来場者の皆さん、関係者の皆さん、出演者の皆さん、全国から気にかけてくれた皆さん、協力者の皆さん、本当にありがとうございました!


「カオスを超えろ、カオスを呑み込め」ってことで今まで以上にバラバラな?タイプの表現者に集まって頂きましたが、主宰者も驚くほど良く調和して、長丁場でしたがハイレベルのパフォーマンスの連続となりました。絶対完成しないはずのパズルが不思議な形で完成したと言いましょうか。多くのお客様に楽しんで頂けて何よりです。

出演順に演者たちの勇姿を。

すぎさく

すぎさく


ともちゃん9さい

ともちゃん9さい


川原寝太郎

川原寝太郎(大阪)


ペャヌ・ケビシュ

ペャヌ・ケビシュ


迷いクジラ

迷いクジラ(福岡・熊本)


守山ダダマ

守山ダダマ



寝TALLICAの今回のライヴ写真、お持ちの方がいらっしゃいましたら是非お知らせ下さい。

その他の写真集1
その他の写真集2


渦潮祭Vol.2打ち上げ後打ち上げはReefさんでの二次会、そして高円寺駅前の魚民での三次会と朝まで続きました。エロ話からそれぞれの表現に関する深い話まで、盛り沢山で楽しかった。ここでも本当に意外な人と人が意気投合したりして、「このメンツでまた飲みたい」となって凄く良かったです。寝太郎さんはその足で新幹線で帰阪。迷いクジラの二人はネカフェに泊まって今夜は新松戸でライヴ。皆さんそれぞれに大変そうですが、また会いましょう。できれば今度はそれぞれの地元で。

Reefさんは諸事情により今年末をもって移転となるそうです。残念ですが是非早いうちに移転先が決まり、また素敵なライヴ空間が生まれることを願っています。

その前に、10月に渦潮祭Vol.3を開催できればと思っています。


私の昨日のライヴはぶっちゃけ良くなかった。よく知ってる人たちからも厳しい意見をもらいました。2ステージに分けたのもよくなかったのですが、今までのパターンを無理に変えようとし過ぎて、雑なものになってしまったかもしれません。自分が心の底から何がしたいのか、もう一度考え直そうと思います。

【2016年7月9日 ダダマの渦潮祭 @高円寺Reef セットリスト】
(1ステージ目)
1.おのれ(インスト)
2.東京特許許可局
3.やったームカついた!
4.ご一緒でよろしくて
(2ステージ目)
1.俺様は四塁手
2.ピンチテーマ(中日ドラゴンズ・チャンステーマ2の替え歌)
3.違いを愛する男
4.あいたい
5.ライフイズビューティフル


[寝TALLICA セットリスト]
1.擬音祭り 時計のない海辺
2.経済尖兵レコンギスタ



dadama2005 at 17:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)音楽 | 想楽

2016年07月08日

ダダマの渦潮祭Vol.2前夜 出演者他己紹介

絵レ氣ギターのデコリングス

いよいよ明日、と言うかあなたがこれを読む時にはもう今日かもしれませんね。渦潮祭。

参院選もとても気になってしまって、正直イベント主宰者として翌日に選挙があるのは迷惑なんですけど、きっちり参加するつもりです。どうでもいいことですが今回の選挙に対する私の見解をこちらに書いたのでご興味ありましたらご一読を。

前の記事では今回の渦潮祭Vol.2の出演者の皆さんに提出して頂いた自己紹介を掲載しました。ここでは主宰者の私から皆さんの魅力を。

迷いクジラは大分のにしやまひろかず君を通して出会った、福岡在住ギター&ヴォーカルのあつみさんと熊本在住ドラムのカナマルさんのバンド。見た目通りのかわいさ、可憐さを感じさせつつも男以上のインパクトがある激しさをスパークさせて、詩情豊かなメロディで聴く人を泣かせてくれます。東京のバンドマン界隈からも徐々に注目を集めつつあり…いやもっと集めてほしい! 念願叶ってのダダマ企画初参戦です。

川原寝太郎さんは大阪に住む私の盟友。私も大阪在住説がありますが本当に身近に感じられて兄弟に間違えられることも。それにしてもここ1、2年の活躍はもの凄い。多数のレギュラーイベントを主宰し、かつ音楽イベントでも引っ張り凧。文字通り関西のポエトリー界隈を牽引し、ライヴシーンを席巻する天才詩人です。その知性に裏打ちされたユーモアと毒味たっぷりの寝太郎ワールドを是非ご賞味あれ!

ともちゃん9さいはもう言わずと知れてるかもしれない、私の長年の盟友です。繊細な分ものすごく生命力がある。テンポよく、美しくも突き刺さるファンタジーな言葉を刻み込むライヴに私は全幅の信頼をおいています。全国にファンがいるともちゃん、今回もじっくり作り込んだライヴをしてくれるみたい。詩とか朗読とか興味ない人にも是非その世界観を味わってほしい。

ペャヌ・ケビシュは笹田美紀の紹介で出会った、ヴォーカルのウカさんとクラシックギターのコゼさんの男女ユニット。私はまだ生で観れた機会がないのですが、ライヴ動画を見てその清涼感というかじわりとくる美しさに魅せられました。誰でも一度は耳にしたことがあるだろう名曲のカヴァーをしっとりと聞かせてくれます。濃ゆいメンツの渦潮祭で、その素朴なサウンドに癒される時間を醸し出してくれることでしょう。

すぎさくさん。今回一番の問題点、いや、不穏要素です。でも渦潮祭にはどうしても欲しいスパイス。ライヴを観たのは1回だけ。どぎつい下ネタ替え歌にケツドラム、そして小道具の(自主規制)…。渦潮祭では何をやらかすかまだわかりませんが、ただ下らないだけじゃない、私は彼の、どこまでも真摯で誠実な表現に対する眼差しに心打たれました。日本変顔選手権優勝の経歴も持つマルチタレント。熱意溢れる彼はきっと期待を裏切らないでしょう。

渦潮祭Vol.2使用予定絵レ氣ギター群寝TALLICAはオープニングアクト。当日初めて練習する新作をぶち込む予定です。寝太郎さんの朗読に、私の絵レ氣ギター伴奏。言葉の表現の、また新たな扉を開けてみます。

そして不肖守山ダダマ。今日は久しぶりにカラオケで練習してきました。大声出せて練習できるのはやっぱりいいね。メタル朗読の基本スタイルは変わらないけど、今回はもっと「朗読」を「超え」たい。2ステージやりますが、それぞれで違う感じを出そうと思います。まだまだ誰も見たことのないアートパフォーマンスを。絵レ氣ギターと心中するつもりです。

今夜はドラゴンズが乱闘で燃えて私も滾ったけど、土曜の夜はエンターテインメントで平和に燃えるぜ! みんなも燃えろ! 燃えろ!続きを読む

dadama2005 at 23:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)告知 | 想楽

2016年07月07日

7/9ダダマの渦潮祭Vol.2出演者自己紹介

迷いクジラ

迷いクジラ
福岡と熊本の遠距離バンド。
もどかしい距離が生みだすサウンド。
ツイッター https://mobile.twitter.com/mysonsoul

川原寝太郎

川原寝太郎
大阪在住35歳。人生を後ろ向きに全力疾走中。詩のような違うような物をマイペースに書き、読む。出版詩集なしの癖にCDは作っている間違った詩人。
詩ボク4回大阪大会1回戦敗退 第2回KSWS準優勝 第2回KCL準優勝 ポエトリースラムジャパン2016大阪予選3位
https://m.facebook.com/profile.php?id=100010045034178

ともちゃん9さい

ともちゃん9さい
詩を書いてリズミカルに朗読したり、映像をつくったりしている。北海道出身。
1998年より劇団ANDに所属し役者として活動。2003年上京、自作詩の朗読活動を始める。
2009年、不可思議/wonderboy監修のスポークンワーズコンピ
「言葉がなければ可能性はない」に参加。
https://youtu.be/jyUCmQIp_6s
2012年、三角みづ紀監修の不可思議/wonderboyトリビュートアルバム
「覚えたての呪文」に参加。
https://youtu.be/023y3SArZPw
2014年、観音クリエイション2ndアルバム「心白」に参加。
https://youtu.be/EXIJp_IGXjE
25分たっぷりのともちゃん9さいは「次の頁の必然」;(順とつなぎと流れの美)をしますのでぜひ遊びにきてください!!!

すぎさく

すぎさく
日本変顔選手権大会優勝。 「地方の時代」映像祭奨励賞。
「ギャップ」を武器に活動する映画監督・音楽家・芸人。 ライブでは、オリジナル曲や下ネタの替え歌など芸の振れ幅に定評があり、常に何が飛び出すかわからない危うさに満ちている。

ペャヌ・ケビシュ

ペャヌ・ケビシュ
ペ・ャ・ヌ・ケ・ビ・シュ、それは全くの関連性のない6つの文字の羅列。
なぜ、歌うのか?
なぜ、ギターなのか?
なぜ、白目なのか?
FB
http://www.facebook.com/pelyanukebishu

寝TALLICA

寝TALLICA
朗読詩人・川原寝太郎と仮想バンド・POETALLICAの絵レ氣ギタリスト・守山忠真の超前衛ユニット。無音のギター演奏に乗せた朗読パフォーマンス。

守山ダダマ

守山ダダマ
手紙を読んでるのか? ギターを弾いてるのか? 両方だ!
エクスプロードク
音は無い、この魂が爆音だ。




続きを読む

dadama2005 at 22:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)告知 | 想楽

2016年07月06日

紙ってる

中日ドラゴンズと絵レ氣ギター「永将」

どらほー! 今夜は「神ってる」カープに勝ちました。神がかってることを神ってると言うのが流行りになってるようだけど、私はかなり前から紙がかっていましたよ。

紙を使って、いろんな表現をさせてもらっている。本当に、紙に感謝ですよ。それはつまり樹木に、自然に、地球に感謝。

おかげさまで心身ともに回復しました。やはりイベントをオーガナイズする人間が落ち込んでなどいられない。吹っ切れました。私には自分が選んだ宿命(さだめ)がある。

土曜日に向けて毎晩毎朝トレーニングをしています。セットリストはまだ完全には固まっていないけど、作品どうこうよりライヴ全体にまた新しい試みを取り入れたい。うまく説明できないけど、最近、朗読に身体の動きを積極的にとり入れるのは必然なんじゃないかと思うようになりました。だから身体表現的なパフォーマンス朗読も異端ではない。どの分野でも正統だけが全てではないのです。

絵レ氣ギター4本寝TALLICAも含めて3ステージ。私は読む人でありギタリストであり聖徳太子であり暴れる人であり…何者でしょうか。とにかく紙とともに、紙のご加護を受けながら、朗読はカミカミにならないようガミガミ吠えていきます。


想楽守山流Presents
ダダマの渦潮祭 Vol.2 〜 心の花火に巻き込め! 〜

7月9日(土)
高円寺Reef

op 18:00 st 18:30
1300円+1D(500円)+投げ銭

[出演]
守山ダダマ
迷いクジラ(福岡・熊本)
川原寝太郎(大阪)
ともちゃん9さい
すぎさく
ペャヌ・ケビシュ
寝TALLICA


[タイムテーブル]
18:00 開場
18:30〜18:45 寝TALLICA
18:45〜19:15 すぎさく
19:15〜19:45 ともちゃん9さい
19:45〜19:55 守山ダダマ
19:55〜20:25 川原寝太郎
20:30〜21:00 ペャヌ・ケビシュ
21:05〜21:35 迷いクジラ
21:40〜22:00 守山ダダマ
22:00 閉会、打ち上げ

Facebookページへ


明日明後日と各出演者の紹介を改めてしていこうと思います。


【守山ダダマ/POETALLICA 出演・出没予定】
7/9(土) 東京高円寺Reef ※渦潮祭
8/20(土) 大阪西天満MAGGY
8/21(日) 大阪上本町ライブ喫茶 亀
…and more!




dadama2005 at 23:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)想楽 | 告知

2016年07月04日

渦潮祭Vol.2 タイムテーブル

絵レ氣ギター「永将」

また新しい絵レ氣ギターを作りました。史上2作目のドラゴンズ絵レ氣。竜を奏でます。名前は昨日素敵なホームランを打った、青ゴジラ10年目の覚醒・福田永将(のぶまさ)にちなんで「永将」です。

それはさておき、お待たせしました。今週土曜にまで近づいた、ダダマの渦潮祭Vol.2のタイムテーブルを発表します。


18:00 開場
18:30〜18:45 寝TALLICA
18:45〜19:15 すぎさく
19:15〜19:45 ともちゃん9さい
19:45〜19:55 守山ダダマ
19:55〜20:25 川原寝太郎
20:30〜21:00 ペャヌ・ケビシュ
21:05〜21:35 迷いクジラ
21:40〜22:00 守山ダダマ
22:00 閉会、打ち上げ



私は諸事情あって2ステージに分けてライヴをやります。寝TALLICAも入れると3ステージですね。

願わくば全ての演目、アーティストを観て頂きたいのですが、皆様のご都合に合わせて、どの時間から来てもお楽しみ頂けたらと思います。

迷いクジラ、川原寝太郎、ともちゃん9さい、すぎさくペャヌ・ケビシュ、寝TALLICA、守山ダダマ想楽守山流Presents
ダダマの渦潮祭 Vol.2 〜 心の花火に巻き込め! 〜

7月9日(土)
高円寺Reef

op 18:00 st 18:30
1300円+1D(500円)+投げ銭

[出演]
守山ダダマ
迷いクジラ(福岡・熊本)
川原寝太郎(大阪)
ともちゃん9さい
すぎさく
ペャヌ・ケビシュ
寝TALLICA

さらなる詳細はFacebookページへ


よく「守山ダダマ渾身の企画!」と言われますが、私はやる時はいつでも渾身です。ライヴも、企画も。私は魂が全てですから。前の記事では暗いことを書きましたが、まだ大丈夫。そして痛みも力にして、土曜日は注ぎ込みたいと思います。想いは変わらない。あきらめるとかあきらめないとかじゃない。ひたすら進んでいく。

暑い日々。暑いのは個人的にも苦手ですが、出演者全員、皆さんが気持ち良くなるような熱意を込めて、韶(シャオ)の花火を連発します。

言竜(wordragon)絵レ氣ギター「永将」の裏。また新しい漢字を作っちゃいました。(あと英語も) ちなみに福田選手の打撃フォームは聖徳太子打法とも呼ばれます。バットを笏のように構えるので。私も親近感を覚えます。

【守山ダダマ/POETALLICA 出演・出没予定】
7/9(土) 東京高円寺Reef ※渦潮祭
8/20(土) 大阪西天満MAGGY
8/21(日) 大阪上本町ライブ喫茶 亀
…and more!


dadama2005 at 09:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)告知 | 想楽

2016年07月02日

痛みも巻き込む渦潮1週間前

絵レ氣ギター

絵レ氣ギター新作です。緑を多めに使った、これが付箋アート、ポストイットアートです。皆さんが栞や見出しにするものを私は装飾品として、そして楽器の発音体として用います。音は出ませんが。ネックの中央部には琵琶湖を入れました。琵琶も奏でます。

こんなことしてますが調子悪いです。主宰イベント1週間前にして。こんなこと言いたくないけど。腰痛と、鬱に悩まされています。

夕べは仕事の後で同僚たちと飲んで馬鹿話して楽しかったけど、1人になるとひたすらネガティヴ思考になる。絵レ氣ギターを作ったけど、楽しく作ったつもりだけど、やっぱり重い。

2016年が半分終わった。この半年間、POETALLICAとして絵レ氣ギター演奏のみの活動を始めて色々な人とセッションし、渦潮祭をスタートさせ、大阪で読奏会(ワンマン)を行い…画期的なことが多くて精力的で充実してるように見えるけど、自分としては正直物足りない。3ヶ月間朗読を休んでいたのもあるけど、都道府県ライヴ制覇は昨年末の香川から1県も更新できていない。旅はしたけど、まだ旅が足りない。その他にも、何かが足りない。閉塞感。

応援したい人がいる。中日じゃなくて。でも自分の応援は力になっているのか。余計なことをしているのではないか。自分は誰からも必要とされていないのではないか。愛されているのか、馬鹿にされているだけなのか。

去年の自分の方が厳しい状況にいたはずなのに、今はちょっとしたことでも苦しくなる。今日は休日。絵レ氣を作るだけじゃなく、もっといろいろ有意義なことができたはず。誰かを喜ばせることもできたかもしれない。でも優柔不断で、昨日からだらしなく過ごしたかもしれない。心が決断しても体が言うことを聞かない時もある。

こんな精神状態も長くは続かない。と言うか、こんな精神状態でいてはいけないのです。特に今の私は。

周りの人たちには人生の転機を迎えている人が多い。自分にもその時機が来ているかもしれない。どうなのか、どうするか、まだ何とも言えないけど、

渦だけは巻き続けよう。

渦潮祭Vol.2フライヤー想楽守山流Presents
ダダマの渦潮祭 Vol.2 〜 心の花火に巻き込め! 〜

7月9日(土)
高円寺Reef

op 18:00 st 18:30
1300円+1D(500円)+投げ銭

[出演]
守山ダダマ
迷いクジラ(福岡・熊本)
川原寝太郎(大阪)
ともちゃん9さい
すぎさく
ペャヌ・ケビシュ
寝TALLICA

Facebookページへ(出演者紹介に注目!)


1週間後、今の苦しみも力にして、必ずぶっ飛ばします。思いは全て、無駄にしない。
続きを読む

dadama2005 at 20:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)告知 | 弦稿

2016年06月28日

歌いたくなったピンチテーマ

鈴木知文

心削がれてく日々を 言葉に変えて
声に乗せて 響かせ
あああ 不器用だけど 臆病だけど
歌でやり返すぞおお
解き放て ぶちかませ
強き詩の力見せろ

燃えろ! ポエろ!
現実倒せ◯◯◯◯◯!



替え歌作りました。チャンステーマならぬピンチテーマ。ピンチの時こそ応援を。

6月26日(日)は高円寺Reefで鈴木知文さん企画『サケサケサミット』を観てきました。知文さんとは久々の再会。

後半からしか観れなくて申し訳ないのですが、高知対宮城・東京の弾き語りバトルだったようで。私が観た3組はみんなダミ声で私好みのロックナイト。めちゃくちゃ楽しめました。知文さんのお兄さん・鈴木秀和さんのライヴを初めて観れたし、香川の詰沢脇市さんとお知り合いのハナクソさんも観れた。そして知文さん。何か迷いがある時、知文さんのライヴに行くと、言葉にならない答えが出る。何度も何度も。今回もまた、「人生ライブ」と「自問自答」に泣きました。歌声は、もはや楽器というより武器、凶器だった。歌が完全に物質になっていた。凶器と言っても、人を傷つけない、むしろ生かす、まっすぐな狂気でしたよ。本当に羨ましい骨太さ。

知文さんは私のライヴ活動休止の間のことを本当に心配していたようで。私自身、自分の決断で知文さんに悪い思いをさせているだろうと凄く気がかりでした。今、私は朗読のステージに戻っている。また知文さんと同じ土俵に立てる。刺激と勉強になって何よりです。打ち上げで沢山飲んで話したけど、イベント以外でいつか飲もうと誘われました。もう是非是非!

チバ大三さんにご挨拶だけだったけど初めてお話しすることができたし、また迷いクジラや大分のにしやまひろかず君と知り合いの人たちにも会えて、充実した夜でした。Reefの料理も最高! 唐揚げ最高! 7月9日の渦潮祭は食べ物も楽しんで下さいね。

本当に酒酒で帰りは記憶なくして翌日は二日酔いになってしまったけど、ただ飲んだだけじゃない。いろんなイマジネーション吸い取ったし。絵レ氣ギタープレイも向上できそうだ。しかし何より歌を歌いたくなった。できれば音付きで。でも自分は音の出ないギターを弾いていくと決めた。音じゃない音をあの手この手で聴かせるんだ。

この人はまさに歌うサムライです。動画を撮らせて頂きました。是非観て下さい。

続きを読む

dadama2005 at 07:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)音楽 | 想楽

2016年06月26日

星降る庭で元気回復の渦を巻く

2016.6.25 江古田ツキフル食堂@中庭ノ空

私の家系は藤原氏流の宇都宮氏の一族と自称してきましたが、もしかしたら清和源氏流の新田氏の一族なんじゃないかという可能性が出てきた守山ダダマです。

いろいろあった3日間をまとめて今からこのブログに書こうと思いますが、毎日小分けして書くべきだったと後悔しています。でもそれならツイッターやフェイスブックの投稿で済んじゃうんですよね。ブログでは面倒臭い。でも、こうして3日分まとめて書く方が面倒臭い気持ちになっているという事実に直面しています。

ブログでなければ書けないこと、できないこともあるけど、今はツイッターやフェイスブックをやってない人でもツイッターやフェイスブックを見たりしてるから、ブログも、mixiほどではないけど必要性がないのかなと考えています。

そんな私がこれから書く文章(ついでに告知や詩もあります) ですが、余裕がおありでしたら、長いですがお付き合い下さればと思います。なるべく簡潔に書きますから。ASKAのブログじゃないですから。

笹田美紀 2016.6.23 守山ダダマ 2016.6.25

6月23日(木)は下北沢のスムルトロンでふくおかかつひこさんの企画『星々が繋ぐ夜の宴』を観覧。笹田美紀のために行ったのですが、初めてお目にかかる弾き語りの人たちもいて良かったですね。宵雨子さんの聞き応えある歌とギターで改めて喉さんが素晴らしい作り手さんだとわかったし、店主のうすいはなこさんのライヴも圧倒するものがありました。それでも私が一番聴きたいのは笹田のピアノ叩き語りです。

6月24日(金)、仕事のストレスが溜まり、週末の解放感が近いことも相俟って、珍しく自分から同僚たちを飲みに誘いました。野郎4人で、元気回復堂という安くてきったない居酒屋で2時間。ぬるいビールに焼き鳥をつまみながら他愛もない話に明け暮れた。やっぱりこういう時間も大事だなあ。

6月25日(土)、江古田のツキフル食堂@中庭ノ空でのnorikoさん主宰オープンマイク『Voice Circus』に守山ダダマとしては今年初の参加。私が行く時はどうしても終わり頃になってしまい、他の参加者たちの演目があまり観られず申し訳ないのですが、この回に参加できて本当に良かった。今の私は新曲以外はあまり演りたくない心持ちで、また絵レ氣ギターの演奏や動き、声の面でも実験をしたいと思って2曲、読奏しました。2時間前に書き上げたばかりの詩を読んだのだけど、それが中庭のんさんには応援のメッセージと思われたようで。事情を知らなかったのだけど、こんな風に、言葉が人に喜んでもらうことができるということ、だからどんな詩でもいろいろな場所で発信していいんだということを再確認できて私にとっても貴重な機会になりました。終演時に知ったのですが、中庭ノ空は9月3日で店じまいをするのです。

norikoさんと出会ったのもこの場所で、その時の思い出話などもしました。「ダダマさんは憧れの詩人の一人でした」と言われて、こみ上げるものがあった。私もこの場所で多くの力を与えられました。なくなってしまうのは残念極まりないのですが、言葉の場所が続いていくように、私も頑張りたいです。

【2016年6月25日 Voice Circus @ツキフル食堂@中庭ノ空 セットリスト】
1.届きにくい思い
2.役に立つ


さて、今夜はサケサケサミットへ。久々に鈴木知文さんの叫びに打たれに行く予定です。場所は高円寺Reef。そう、13日後はここで我々が渦を巻く!

渦潮祭Vol.2フライヤー想楽守山流Presents
ダダマの渦潮祭 Vol.2 〜 心の花火に巻き込め! 〜

7月9日(土)
高円寺Reef

op 18:00 st 18:30
1300円+1D(500円)+投げ銭

[出演]
守山ダダマ
迷いクジラ(福岡・熊本)
川原寝太郎(大阪)
ともちゃん9さい
すぎさく
ペャヌ・ケビシュ
寝TALLICA

Facebookページへ
続きを読む

dadama2005 at 15:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)想楽 | 弦稿