2016年09月30日

無音から撫音へ・絵レ氣御礼・病

絵レ氣ギターに触れる会

みんなに可愛がられてる絵レ氣ギターたち。良かったね。君たちには私も助けられています。お疲れ様でした。

夕べは下北沢スムルトロンでの『星々を繋ぐ夜の宴』第5夜に出演させて頂きました。主宰のふくおかかつひこさん対バンの皆さん、スムルトロンの臼居さん、来場者の皆さん、本当にありがとうございました!

Facebookにイベントの模様の写真集を載せたいのですがスマホの速度制限中で写真のアップロードに時間がかかるので今は控えておきます。

仙台での流血系シュートマッチ、西荻での奇才たちとのサブミッションに続いて9月の締めくくりはおしゃれな街でタイトル通り煌びやかな女性ばかりの清涼感溢れるイベントに汗だくの暑苦しい男が紛れ込んでしまいました。皆さん歌唱力があって上手かったし、ポップで楽しかった。私もタイトルに因んで「星」にまつわる曲を2つセトリに入れたりしながら緩めな感じで臨む、つもりでしたが実験の意味もあっていつもは後半バラードとして演る「苦しみのポチ」を初めに激しめに演ったり、メタルのフレイヴァーも入れてみました。

会場入りの前にネカフェでメタリカの新曲「Moth Into Frame」のPVを観たことにも影響された。ギターメロディがふんだんに織り交ぜられて、「カークよかったね」と言いたくなる曲だけど、やっぱりジェイムズのプレイする姿や急な変拍子とかを視聴して「ああ俺もこんな感じでやりたい」と思っちゃったんですよね。その後カラオケ店で練習してもう汗まみれ。

撫で朗読の撫での部分がだんだん凝ってきたし比重が増して、朗読との両立は苦労しますが本番でも良い汗かけた。絵レ氣の音が聞こえた、と言われてやっぱり嬉しい。もう普通のギターの弾き方とは全然違う我流だけど、ちゃんと見せられ、聞かせられるものになりつつある。朗読は、最近また喉の調子が思わしくなくかすれ気味になったりもしたけど、太い声は出すべき所で良く出せた。振り返ってみるに、自分の朗読は誰かを演じるという意識は全くなくて、ただ自分の出したい声を出してるんですよね。他人の声じゃない自分の声。それが普段と違ったり、色々変わったりするだけ。読んでるのは俺なんだから。言葉を声にしたいだけだから。

終演後はお客さんたちから「絵レ氣ギター触らせて」のリクエストが殺到。本当にこんなに絵レ氣が注目され、称賛された日はなかった。特に三毛猫仕様のミケスプローラーは女性に人気でした。細部や構造を初めて知る人が多く、さながら絵レ氣のミニ展覧会でした。あ、これに関連して近々重大発表があるので乞うご期待。

フライング琵琶湖(仮)のデコリングス昨日使用した絵レ氣のうちの1本、フライングVタイプのやつのデコリングスです。名前がなかなか決まらなかったけど今朝、「不比等(ふひと)」という名に決まりました。デコリングスの中に琵琶湖があって、琵琶湖の別名が淡海、淡海といえば淡海公の称号を持つ藤原不比等、というのが由来です。いい名前でしょ?

【2016年9月29日 星々を繋ぐ夜の宴 @下北沢Smultron セットリスト】
1.天地初発(インスト)
2.苦しみのポチ
3.生きるマニア
4.金太郎飴の正しい食べ方
5.(株)三毛猫投入所 社歌
6.オルゴール
7.つくよみ
8.ライフイズビューティフル
9.冥王星の逆襲

続きを読む

dadama2005 at 18:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)想楽 | 日記

2016年09月29日

夜練朝練本日はLIVE

絵レ氣ギター「小笠原」と「芥川」

おはようございます。3日前ぐらいから左瞼が腫れ上がって痒くて、ものもらいかと思ったけど瞼だけでなくこめかみまで腫れていて、どうやら何かに刺されたかもしれない守山ダダマです。伊達政宗か山本勘助か丹下段平になれるかな?

基本的に昼から夜までの勤務である私は最近は夜明け前に寝る前と朝遅く起きた後に絵レ氣ギター撫で朗読の練習をしています。アーリーワークってやつ? いや意味全然違うかもしれんけど、これやってみると健康的な感じがして楽しいです。仕事行く前に汗かいちゃうわけですが。

その場でイメージを膨らませながら絵レ氣を撫でて、かつ朗読する。楽器演奏しながら歌う人の大変さを前にも増して感じます。撫で朗読はこれはこれでオリジナルなプレイ。複雑だからこそのやり甲斐をつとに感じて楽しいです。

写真の2本の絵レ氣ギター(小笠原と芥川)はそのネックのデザイン(デコリングスと呼びます) から「鍵盤みたいだ」と言われることがあります。でも鍵盤でもいいんです。ギターと名は付くけど絵レ氣ギターはただのギターの模倣品ではない。絵レ氣をどう捉えるか、どう撫でるかは自由です。皆さん一人一人が想うように使い、愛してくれたら。

1本1本ごとに違う、絵レ氣の多様なデコリングスは、自由な想像を沸かす装置です。触れば触るほどイメージが広がるし、どの部分をどう触るかで装飾に意味合いが出てくる。だから私は絵(柄)を撫でる。

私はエレキギターが弾けない。でもだからこそ絵レ氣ギターを作ることができたし、これからもこれで夢を生み続ける。そして本物にする。

撫で朗読はきっと面白いですよ。テキストの紙を見て文字通り「読む」ことだって私はエンターテインメントにする。どうも近年は「紙を見るより見ないリーディングの方が優れている」「音楽を付けるともっと良い」「リズミカルであればなお良い」みたいな考え方が定着しているようで、私はずっとこれに不服だった。何でみんな同じことしか考えないんだ。何で同じ方向ばかり向くんだと。はっきり言ってつまらんし、私は徹底して抵抗する。

読むこと自体を楽しいと思ってもらわないと。詩の内容だって、もっとわかりやすくていいし、言葉をはっきり伝える努力が必要だと思う。

まあ百聞は一見に如かず。とにかくライヴの現場に来て下さい。今夜は下北沢でライヴ。また音楽の場に殴り込ませてもらうわけですが、前々回とも前回とも違い、なるべくメルヘンちっくでいこうと思います。どうぞ宜しく。

「星々を繋ぐ夜の宴〜第5夜」企画書 日時:2016年09月29日(木) 19:00 〜 22:00 会場:Dinig&Music Smultron
 
住所:〒155-0031 世田谷区北沢2-39-13 田丸ビル2F  (小田急線・京王井の頭線 下北沢駅北口・西口徒歩5分)

料金:500円+1drink
出演:
18:45-19:00 O.A.田中ゆかり
19:00-19:40 太田ひな
19:40-20:20 守山ダダマ
20:20-21:00 笹田美紀
21:00-21:40 Juzu2/3 21:40〜 
(1曲だけでも:臼居葉名子)



【2016年 守山ダダマ 日本市中撫で回しツアー スケジュール】

10月9日(日・祝前)
想楽守山流Presents
『ダダマの渦潮祭 Vol.3 〜 この人を見よ! 〜 』
@東京 高円寺Reef
op 18:00 st 18:30
1300円+1D(500円) ※投げ銭自由

[出演]
守山ダダマ、詰沢脇市(香川)、脱法超電磁高橋(宮城)、又吉究、かもめのジョナサン、三木悠莉

10月10日(月・祝)
『ArtFest P.A.D.vol.34 門真P.A.D.7 』
@大阪 古川橋 門真市民文化会館 ルミエールホール
門真市末広町29番1号

【その後の予定】
10月20日(木) 東京 東新宿 Cat's hole
10月26日(水) 東京 高円寺 4th
…and more!





dadama2005 at 06:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)想楽 | 告知

2016年09月28日

堕ちた竜は這い上がるのみ

昇竜ユニフォーム 80周年マーク

おかげさまで我が中日ドラゴンズは先日、19年ぶりの最下位が決定しました。創立80周年の年に80敗。最悪です。

最悪です。まあでもいいんじゃないでしょうか。堕ちる所まで堕ちればいい。ビリですっきりしましたよ。悔しいけど。めちゃくちゃ悔しいけど。

どん底まで堕ちた竜は這い上がるのみ。とは言え、ここからの這い上がりはうまくいくのか。いや這い上がりに最初から上手さを期待するのが間違いかもしれないけど、やはり早くまた頂点に昇って、奪い返して欲しい。しかしぶっちゃけ実情は、頂点に到達するにはだいぶ時間がかかりそうな気がする。昇り始めるのも覚束ないような気も。

リーグ2連覇から5年後のこの有り様。いろんなことが言われていますが、私見を述べさせて頂くと、全盛期と云われた落合監督時代、私たちドラゴンズファンは良い思いをし過ぎた。野球巧者の揃った最強のチームで、それはそれは素晴らしかったけど、新陳代謝、つまり世代交代を怠った。高木守道監督に代わっても若手の育成は進まず、全盛期を支えた選手たちが衰え、次々と去っていくなかでチームを預かることになった谷繁元信監督。半人前ばかりの戦力を動かすのに苦労したと思うけど、低迷の責任を一人で負わされシーズン途中の解任。

私は、現在GMである落合氏の責任も重いと思う。もともと私は落合氏を尊敬しているし、決して反落合ではない。ただ完璧な人間なんていないから、人の良い面も悪い面も両方しっかり見なければいけない。選手としても監督としても偉業を残した落合博満だけど、GMとしては何をしたのかよく見えず、無能と言われてもやむを得ない。野球の現場を離れたらダメなのかもしれない。そもそも若手の育成が上手でない。また本人にとっては気の毒な話でもあるけど、球界における人望がまるでないから、FAでの補強もできず、優秀なコーチも呼べず、またドラフトでも候補となる選手やその指導者たちから「中日には行きたくない、行かせたくない」などという声が上がってしまう。

正直、次の監督が誰になるにせよ、落合氏が球団にいる限りは、その影響力がある限りは、チームの立て直しは望めそうにない。

しかし、もっと言えば、ドラゴンズの一番の病巣は白井オーナーである。80過ぎのこの老害が落合氏をかばい、球団の全ての決定権を握っているのが、そもそもファンにとっては絶望的な状況だ。

さらにさらに言えば、中日球団の伝統的な体質、親会社の中日新聞社の体制が、もうこのチームを救いようがないほどの末期症状に陥っているのではないか。そもそも経営力は大丈夫なのか?

3年前は当ブログで敵ながらその弱さを嘆いていた横浜DeNAベイスターズも、初めてAクラスに入り、躍進を遂げた。ファンが増えて、若手もどんどん台頭している。今となっては羨ましい限りだが、ここまで上がってこれたのはDeNAの企業努力が大きい。ファンサービスを充実させて、若い男女も沢山球場に詰めかけるようになった。そんななかで、ダメダメだった現場の空気も、「勝たなきゃ」という意識が高まり、変化していったのではないか。

「勝利が最大のファンサービス」と落合氏は言ったが、その考えは今から少し変えなきゃいけない。ファンは勝つことが一番嬉しいに決まってる。でもそもそもそのファンを獲得し、応援してもらうにはどうすればいいのか。勝って喜んでくれる、選手をやる気にさせるファンの心をどう掴むのか。ファンサービスにおいては、現状ドラゴンズは他球団に比べてかなり劣っている。

まだ実現性ない話ですが、中日新聞社はドラゴンズを身売りしてほしい。いずれそうせざるを得ない状況になるんじゃないか。私としては、イオングループが買い取ってくれたらと思います。どの地方でも目立つ建物・イオンモール。あの大企業は三重県発祥で、ナゴヤドームの隣にもイオンモールがある。そしてナゴヤドーム前矢田駅からドームまでの道・ドラゴンズロードもイオンがスポンサーになっています。いいじゃないか、イオンドラゴンズ。マックスバリュドラゴンズでもまいばすけっとドラゴンズでもいいよ。

と、普段からこのブログを読んでくれてる人の大多数は興味がないであろうドラゴンズ話を延々と書いちゃいましたが、これも守山ダダマだ。悪口ばかり書いたけど、こんなダメダメなチームでも、愛してしまったから、愛してるから、どうあっても応援していくのみ。

皆さんすみません。もうこの辺でドラゴンズの話はやめますから、よかったらこの動画見て。愛は負けない。諦めない。そう思い出させてくれる笑い。私は生まれて初めて漫才で泣きました。ファンじゃなきゃわっかんねえだろうなあこの感情。でもわかったら好きになるってドラゴンズ。



報われない思いがいろいろ溜まってるし、こうなったら表現で俺はやり返す。続きを読む

dadama2005 at 05:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)運動 

2016年09月25日

渦潮2週間前・まつりは続く


笹田美紀のブログに、当ブログの前の記事で私が「久しく会ってない人にメールを送って、素っ気ない返事をもらった」と書いた件が触れられていて、「何が不満なんだ」とか書いてあったんですけど、私は「素っ気ない返事をもらったけどそれもまた良し」と書いたんですよね。不満とは言ってないのに、この子はちゃんと読んでないんだなあと。あと「遠回しに書くな、正面から来いよ!」と書かれてたけど、私が敢えて名前を伏せたのに向こうは私の名前を出して公にディスるなんて反則やないか!

とまあいきなり下らない話ですみませんが、そんなぶっきらぼうなピアノ叩き語りの女性と今度の木曜29日、久しぶりに共演するので宜しくです。詳細はこの記事下部のスケジュールをご参照下さい。


いとうよしろう&ぶれる早いもので渦潮祭Vol.3まであと2週間。夕べはそのための用事もあって高円寺Reefへ、失恋パンク(と私は呼んでいる)のいとうよしろうさんの企画『よしろうまつり』を観に行きました。オープニングのよしろうさんのライヴは冒頭に間に合わず、また後方の席から写真を撮ろうとしたけどスマホの性能が悪いのか演者さんがのっぺらぼうになってしまうので撮れなかったけど、途中から前方にいた鈴木知文さんが隣の席を空けてくれて、一部の出演者の方のみですががっつり写真を撮ることができました

この日は福島県出身のミュージシャンで固められた回。全員レベルが高くて素晴らしかった。先日仙台で対バンした飯坂町在住の佐藤孝仁さんも出演。やっぱりあの静寂の中でのギターの音と歌声は染み入ります。郡山市在住のJuni.さんは女性のギター弾き語り。福島では有名人との事ですが、本当に別格だった! 透き通り、かつ力強い歌声。プロでした。そしていわき市出身のサチさん(渦潮祭Vol.1の集合写真を撮ってくれた方)たちのバンド「ぶれる」もめちゃくちゃカッコ良かった! ラストはよしろうさんとのコラボ。アツくて面白くて写真ばんばん撮っちゃいました。

終演後の飲みも楽しくて例の如く酔っ払って、気づいたら何故か「出雲大社前でゲリラライヴしたい」なんていう罰当たりなツイートをしてました。それにしても良い酒でした。

こういう「祭り」は何度やっても気持ちいいし、続いてほしい。Reefはまだ来年以降の移転先が決まっていないようですが、渦潮祭も続けたいな。守山ダダマの名と絵レ氣ギター撫で朗読を500年先まで残すなら、渦潮祭も500年先まで、1500回続くようにしたい。

2週間後の渦潮祭は「音と言葉のデスマッチ」。冒頭の下らない応酬とは違う、洒落にならないガチのしばき合いが起きそうで、主宰者としては自分でブッキングしておきながら凄く警戒しています。(そして翌日は大阪遠征)

危ない分、楽しさも増えるはず。ハイリスクハイリターンでいきまっせ。(エセ関西弁)

想楽守山流Presents
ダダマの渦潮祭 Vol.3 〜 この人を見よ! 〜

2016年10月9日(日・祝前)
高円寺Reef

op 18:00 st 18:30
1300円+1D(500円) ※投げ銭自由

[出演]
守山ダダマ
詰沢脇市(香川)
脱法超電磁高橋(宮城)
又吉究
かもめのジョナサン
三木悠莉


その前も宜しくです。

【2016年 守山ダダマ 日本市中撫で回しツアー スケジュール】

9月29日(木)
ふくおかかつひこ 企画
『星々を繋ぐ夜の宴〜第5夜』
@東京 下北沢 Dinig&Music Smultron
料金:500円+1drink
出演(予定):田中ゆかり、太田ひな、守山ダダマ、笹田美紀、Juzu2/3

10月10日(月・祝)
『ArtFest P.A.D.vol.34 門真P.A.D.7 』
@大阪 古川橋 門真市民文化会館 ルミエールホール
門真市末広町29番1号

【その後の予定】
10月20日(木) 東京 東新宿 Cat's hole
10月26日(水) 東京 高円寺 4th
11月 3日(祝) 東京 武蔵境 STATTO
…and more!




dadama2005 at 14:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)音楽 | 告知

2016年09月23日

路上ライヴ案と撫読道

ミケスプローラーの三毛猫たち

ミケスプローラーだにゃ。昼休み中のブログ更新です。

歳を一つ取って考えたこと。これから一年、不惑までの一年どうするか。

「500年先も名が残るようにする」と言ってきましたが、自分個人の一生という単位で考えれば、やはり今に名を上げるための何かをすべきではないかと思い悩んでいます。

先日飲みの席で知人に言われたことは、「路上ライヴやったらええんちゃうか? 全国を回るのもいいけど、同じ場所で定期的に路上ライヴをした方が注目される。あちこち行ってても覚えてもらえん」。確かに、路上はいつかやらなきゃと思う。ライヴハウスとか、与えられたステージでやっていても、そこに来るのは限られた人たちだから、知名度は広がらないし、オープンマイクや飛び入りにしたって、ライヴの機会を与えてもらうだけでいいのかとも思う。知人は東京の一ヶ所でと言ったので話が少し変わるけど、全都道府県ライヴ制覇をめざす上でも、実際ライヴできる場所がなかなか見つからない県もある。地方でも路上でやる必要が出てくるかもしれない。

しかし実際、路上でやる難しさはある程度知っているつもりです。過去にもイベントで呼ばれてストリートライヴをやったことが何度かある。商店街とか、本屋のリニューアルイベントに店頭でやったりとか。いずれもまだ絵レ氣を使ってない頃だったけど、通りすがりの人に朗読はなかなか聞いてもらえない。そして自分のがなったりシャウトを交える読み方は迷惑とも受け取られかねない。音楽が付いていればまだいいのかもしれないけど。選挙演説みたいになるんですよね。だったらもう選挙出ちゃったらいいんじゃないかと。出ないけど。

まあこういうことばかり考えて、ライヴそのものを疎かにしちゃいけない。大事なのはやること。やり続けること。今は毎週ライヴやってたいし、やってないと心がダレるような気がする。どこでもやればいいってもんじゃないですけどね。

今後のライヴに向けて練習してますが、絵レ氣ギター撫で朗読、略して撫読はやればやるほど難しい。けどそのぶんやり甲斐がある。どんどんイマジネーションが湧いて良い汗かいてます。絶対面白いって。ネヴァーセイネヴァーが自分の信条のはずなんだけど。他の人は何故これを思いつかなかったのかと。そういうことをやりまくります。

今月に入って仕事が増えたり、地元でいささか贅沢して美味いもの食ってしまったり、何故か漫才を観て泣いたりしてる今日この頃。(詳しくはSNS参照) 久しく会ってない人にメールを送って、素っ気ない返事をもらったけどそれもまた良し。次のライヴは来週木曜。また前々回、前回と違った感じで己を活かし生き切ります。どうぞ宜しく。

守山ダダマ 絵レ氣ギター撫で朗読 2016.9.10【2016年 守山ダダマ 日本市中撫で回しツアー スケジュール】

9月29日(木)
ふくおかかつひこ 企画
『星々を繋ぐ夜の宴〜第5夜』
@東京 下北沢 Dinig&Music Smultron
料金:500円+1drink
出演(予定):田中ゆかり、太田ひな、守山ダダマ、笹田美紀、Juzu2/3

10月9日(日・祝前)
想楽守山流Presents
『ダダマの渦潮祭 Vol.3 〜 この人を見よ! 〜 』
@東京 高円寺Reef
op 18:00 st 18:30
1300円+1D(500円) ※投げ銭自由

[出演]
守山ダダマ、詰沢脇市(香川)、脱法超電磁高橋(宮城)、又吉究、かもめのジョナサン、三木悠莉

10月10日(月・祝)
『ArtFest P.A.D.vol.34 門真P.A.D.7 』
@大阪 古川橋 門真市民文化会館 ルミエールホール
門真市末広町29番1号

【その後の予定】
10月20日(木) 東京 東新宿 Cat's hole
10月26日(水) 東京 高円寺 4th
…and more!


dadama2005 at 13:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)想楽 

2016年09月19日

雨のダダスマス・39度目の産声=所信表明

守山ダダマ 絵レ氣ギター撫で

おかげさまでまた一つ、歳を取りました。皆さん、ありがとうございます。

正確には9月19日23時45分生まれなので、これを書いてる時点でまだ歳取っていませんが。

去年の誕生日はダダマフェスにて盛大にお祝い頂きましたが、今年のダダスマスは雨の中、自宅で静かに過ごしています。

これからも皆さんと平和に過ごしていけることを願いながら。

誰も何かを叶えるわけでもなく、ただ穏やかな日々を暮らせていけたらと思うけど、そのためにも幸せや生きがいを追う必要があるわけで。

私はまだまだいろいろなものとぶつかっていきます。愛と敬意を込めて。

絵レ氣ギター撫で朗読、略して撫読 を表現名称として使い始めて、まだ1ヶ月余りですが、この間に名古屋・大阪・仙台・東京の様々な場所での活動を通して、この名称が良い感じで認識されてきています。

昨夜は何かと因縁のある場所・吉祥寺WARPで久々にシャイガンティのライヴを観て、刺激になったしまた力づけられました。打ち上げでは若い人も交えて幅広い世代から支持されるメタリカの話で盛り上がり楽しかった。さらに、撫読活動に関する良いお話も頂けて本当に有意義な一夜となりました。

「弾き語り」に対抗する「撫で朗読」ってことで今までもやってきましたが、これからはより意識を強くして、対抗したい。音楽イベントで無音の私が呼ばれることに、幸せと誇りを感じます。

勿論弾き語りだけでなく、バンドとか、様々な表現と戦っていきます。音楽も言葉も美術も全てシャオ(韶)だ! 時代と刺し違えるべくまだまだ仮想する。

どうかこれからも、絵レ氣ギターの音色、絵レ氣ギターの(目で見る)調べと、言葉を味わい、守山ダダマを味わい、後世まで語り継いで下さい。

30代最後の一年。不惑に向かって惑い惑わし、こんな歳だからこそ、いい歳こいていい歳漕いで暴れまくる。撫で回す。プライベートでの課題もあるけど、みんな絵レ氣と詩に乗せてシャオりまくる。そういう一年にしたいです。みんなのハッピーに力添えを。

守山ダダマ 絵レ氣ギター撫で朗読 2016.9.10これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

【2016年 守山ダダマ 日本市中撫で回しツアー スケジュール】

9月29日(木)
ふくおかかつひこ 企画
『星々を繋ぐ夜の宴〜第5夜』
@東京 下北沢 Dinig&Music Smultron
料金:500円+1drink
出演(予定):田中ゆかり、太田ひな、守山ダダマ、笹田美紀、Juzu2/3

10月9日(日・祝前)
想楽守山流Presents
『ダダマの渦潮祭 Vol.3 〜 この人を見よ! 〜 』
@東京 高円寺Reef
op 18:00 st 18:30
1300円+1D(500円) ※投げ銭自由

[出演]
守山ダダマ、詰沢脇市(香川)、脱法超電磁高橋(宮城)、又吉究、かもめのジョナサン、三木悠莉

10月10日(月・祝)
『ArtFest P.A.D.vol.34 門真P.A.D.7 』
@大阪 古川橋 門真市民文化会館 ルミエールホール
門真市末広町29番1号

【その後の予定】
10月20日(木) 東京 東新宿 Cat's hole
10月26日(水) 東京 高円寺 4th
…and more!



dadama2005 at 23:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)想楽 

2016年09月17日

金太郎飴10年・ライヴと生きる

守山ダダマ像 2015年7月名古屋にて

日付変わってから気づきましたが、昨日9月16日は私の代表作「金太郎飴の正しい食べ方」の誕生日でした。10歳になりました。

そして明後日には守山ダダマが39歳になります。

夕べ久々に吉祥寺のハモニカ横丁に行ったら、17年前に死んだ私の兄の話になった。ハモニカは兄の職場があった所で、友人が多かったのが私がこの横丁に出入りするようになったきっかけです。

死んだ当時の細かい話を聞いた。あまりにも馬鹿なタイミングで、馬鹿な死に方だったので、大学生だった私はその事象を暫く受け入れられなかった。

でもその後は、兄が生きれなかった分も生きるつもりで生きています。自分は自分だし、代わりにはなれないけど。嫌なことも多々あるけど、生きる。これだけは忘れない。

夕べはハモニカの人たちの話を聞きながら、兄があの時死んでいなかったら自分はどうなっていたか、などと考えた。これこそ歴史にifは禁物と言うべきだろうけど、もしかしたら自分は表現活動もしてなかったし、それどころか仕事すらしないで、ニートか引きこもりになっていたかもしれない。(実際そういう時期もあった) どうしようもなくダメ人間になっていたかもしれない。実際今の自分もろくでもない人間だけど。いずれにしても、「兄が死んだ後」を私は生きている。

兄が死んだのは1999年の11月。クリスマスに27歳になるはずでした。自分は5つ下だけど、とうに兄の年齢を越えて、もはや40代に差し掛かろうとしている。それでも記憶の中の兄は20代のまんまだから、不思議な感じです。たまに枕元に現れたり、夢に出てくる。歳を取らずに。彼はたぶん守山ダダマを知らない。実際見たらどう思うんだろう。恥ずかしいし怖いわ。

金太郎飴の詩は自分が30代に近づいた頃に書いたものでした。いろんな場所で、多くの人に読み聞かせ、喜んでもらえた。私を育てた詩でもあります。言霊に感謝。しつつ常に自己ベストを更新しなきゃいけないと思うので、より良い作品を作るべくこの詩と戦っていかなきゃいけない。歌に、いや撫で朗読にするときはいつも新しい金太郎飴だし、毎回違うものだけど。いずれにしてもこれからもこの詩を大事にして、読んで撫でて、どこからでもスタートしようと思います。

夕べは兄の話をした後、別のお店で知り合いの人と詩の話をした。金太郎飴の話も出たけど、主題は今後私が書くもの。最近の事件や社会の風潮に関して、私は「自分自身のこととして考える」スタンスで書いてきたけど、その人は「みんながどうしても理解できないこと、何故?と思う視点から書くものが見たい」と言った。これはこれで、挑戦しがいがあるなと思った。

詩は個人的なことを書くものでいいと思うし、政治的な主張は無くてもいいし、これで社会を変えてやろうとは思わない。でも、私はできるだけ社会に対して広がりのある詩が書きたいと思う。自分個人の感情を吐露するだけの詩が好きになれなくて、他の人にも通じて「わかる」と言ってもらえるような、共有できる言葉を残したいと思います。自分の言葉だけど自分だけの言葉じゃない言葉。他の人…特に弱い人たちに協力する言葉。芸術は弱者の味方であるべきだから。自分自身弱いから。

最近は暗めの詩を書くこともあるけど、やはりポジティヴな詩を書いて読むことが自分の使命ではないかと感じています。何となく、そういうことを期待されているような。ただ書きたいように書くのでは、うまくいかない。求められているものがあるのはありがたいことです。

兄も10年前の自分も想像しなかったであろう絵レ氣ギター。私はこれで進んでいるし進んでいく。絵レ氣ギター撫で朗読、私はこれで革命を起こしたい。でも急激にではなく、じわりと、着実に。まずはしっかり見せつけること。だから一本一本のライヴが大事です。一本一本、特別なライヴを、見せつけて、生きて行きます。

守山ダダマ 礼礼に始まり礼に終わる。

【2016年 守山ダダマ 日本市中撫で回しツアー スケジュール】

9月29日(木)
ふくおかかつひこ 企画
『星々を繋ぐ夜の宴〜第5夜』
@東京 下北沢 Dinig&Music Smultron
料金:500円+1drink
出演(予定):田中ゆかり、太田ひな、守山ダダマ、笹田美紀、Juzu2/3

10月9日(日・祝前)
想楽守山流Presents
『ダダマの渦潮祭 Vol.3 〜 この人を見よ! 〜 』
@東京 高円寺Reef
op 18:00 st 18:30
1300円+1D(500円) ※投げ銭自由

[出演]
守山ダダマ、詰沢脇市(香川)、脱法超電磁高橋(宮城)、又吉究、かもめのジョナサン、三木悠莉

【その後の予定】
10月20日(木) 東京 東新宿 Cat's hole
10月26日(水) 東京 高円寺 4th
…and more!


続きを読む

dadama2005 at 15:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 | 弦稿

2016年09月15日

ライヴ

守山ダダマ 絵レ氣ギター撫で朗読 2016.9.10

ジジアナベルさんで良い写真を撮って頂きました。ありがとうございます!

やはりライヴはその名の通り生ものだから、同じ演目やってても毎回毎回別ものになります。私は撫で朗読の間にドラム…ではないけどタップまがいの足踏みを挟むことがあるのですが、その場所の床によって足音の響きが異なります。9月10日のライヴではステージに絨毯が敷かれていて、足音が聞こえないかも、でも聞こえなくても足の動きを見せて音を感じさせる(無音の圧力)もいいだろうと思ってやってみたのですが、マイクが良い感じで絨毯を踏み鳴らす音を拾ってくれたので、これを意識的に使いました。これが良かったと言ってくれるお客さんもいたし、また別のお客さんからも言葉と言葉の間の空白の埋め方が良いと言ってもらえました。まあお客さんに褒めてもらったことをあまり書かない方がいいと言う人もいますが、嬉しかったもんね。

前にも書きましたが最近はライヴごとにやり方を変えています。セットリストの選曲とか、いろいろ。いろいろな場所に出ていろいろなタイプの曲=詩をやれるのが強みだと思うし、楽しんでいます。

やはり緊張感のある場所が良い。アットホームな場所は、否定はしないけど今の私には合わないし、そこにい続けては表現者は成長しない。「演者」と「観客」の関係をよく理解してこその成長じゃないかと思います。あたたかいのはいいとしても、ぬるいのはダメ。

いつでも新鮮な「生きる」感覚を与えてくれるライヴを、これからも1本1本しっかり生きていきたいです。

夕べは久々に10000000$boyzのライヴを観に行きました。やっぱりカッコ良いし、楽しかったなあ。バンドもお客さんもがっつり楽しみを共有して、良い「宴」でした。羨ましかった。音楽って楽しませるものなんだよなあ。撫読でも楽しませたい。もっと。

守山ダダマ 2016.9.10 西荻窪ZiZi Annabelle【2016年 守山ダダマ 日本市中撫で回しツアー スケジュール】

9月29日(木)
ふくおかかつひこ 企画
『星々を繋ぐ夜の宴〜第5夜』
@東京 下北沢 Dinig&Music Smultron
料金:500円+1drink
出演(予定):田中ゆかり、太田ひな、守山ダダマ、笹田美紀、Juzu2/3

10月9日(日・祝前)
想楽守山流Presents
『ダダマの渦潮祭 Vol.3 〜 この人を見よ! 〜 』
@東京 高円寺Reef
op 18:00 st 18:30
1300円+1D(500円) ※投げ銭自由

[出演]
守山ダダマ、詰沢脇市(香川)、脱法超電磁高橋(宮城)、又吉究、かもめのジョナサン、三木悠莉

10月10日(月・祝)
『ArtFest P.A.D.vol.34 門真P.A.D.7 』
@大阪 古川橋 門真市民文化会館 ルミエールホール
門真市末広町29番1号

【その後の予定】
10月20日(木) 東京 東新宿 Cat's hole
10月26日(水) 東京 高円寺 4th
…and more!


dadama2005 at 07:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)想楽 | 音楽

2016年09月12日

東京撫で下ろし筆下ろしアンコール

かもめのジョナサン 2016年9月10日

9月10日、『個性化とマンダラ』無事終了致しました。主宰のかもめのジョナサン・サハラさん、会場のZiZi Annabelleさん、対バンの皆さん、そして来場者の皆さん、本当にありがとうございました!

予想以上に濃ゆい、また強烈な個性のぶつかり合うイベントでした。

イベント出るたびに「濃ゆい」とか「個性的」とか書いてる気がするけど、つまり私自身がそういう場に招かれやすいのだなと思いました。勿論濃ゆさにもイベントによって程度や方向性の違いがありますが、今回の濃ゆさは私もなかなか体験したことがない感じ。そして、失礼かもしれないけど、思っていた以上に対バンの皆さんのレベルが高くてびっくりして刺激になりました。聞けば私以外全員神奈川県在住。私も元々は神奈川県だった多摩地方在住ですが、東京で迎え撃つ形になりました。

2016年9月10日 個性化とマンダラ 写真集

大河内大祐さんは何度目かの対バンですが、滲み出るものがハンパなかった。新曲が軽快で凄く好かったのだけど、それ以外の曲も、独特さに有無を言わせないパワーを感じました。ポスポス大谷さんは初見。体内に音響機器が埋め込まれているかのような不思議。ホーミーで発声する人は観たことあるけど、はっきり言葉を歌う人は初めて観ました。

そしてかもめのジョナサン。2年前にIkasama宗教さんのライヴを観に行った時に対バンで出ていたのを観て以来、2回目。まさにオリジナリティそのもの。音楽を超えた独特の世界でした。そして嫉妬したのは、ただ個性的なだけじゃなく、その中に売れると言うか、固定のファンをつかむ要素が明確にあったこと。これは学ぶものがありました。それにしても何だろう、やってることは猥褻そのもので下世話なはずなのに、後で聞いたところ「上品」とか「渋谷系」とかの評があるようで。現にこの日も彼目当てにおしゃれな女性たちが多数来ていました。確かにモテそうなルックスではあるけど…。新しいセックスシンボル、セックススターなのかもしれません。いずれにしても来月の渦潮祭がますますヤバくなりそうな気がしてきました。勿論良い意味で。

守山ダダマ @西荻窪ZiZi Annabelle私は1週間前の仙台の時とはまた違う感じでやりました。直球勝負ではなく変化球を多用したような。鋼鉄川柳を絵レ氣ギターを使って演ったのはたぶん初めてだし、新曲も2つやった。潮の満ち引きを楽しむようにお客さんと向き合いました。ミケスプローラーやキラーなど絵レ氣の評判は上々で、「苦しみのポチ」もやはり高評価。ますます大事にしていこうと思いました。CDも1枚売れました。ジジアナベルのおばさんからは「声が良い」と言われたし、良いお話も頂いた。前にも書いた通り、かもめのジョナサンさんは私のライヴは初見で、私のツイッターでの発言を気に入ってお誘いしたということでしたが、間違いじゃなかったと言ってもらえて何より。「詩人で楽器を使って、なのに音が無いとは」。言葉の力もたっぷり見せつけることができました。撫読を始めてから初めての東京での30分ブッキングライヴ。確信を持てたライヴでした。あ、またカポタスト付け忘れたな…。

ジジアナベルさんもかなり個性的なお店。美人の常連客が多いようで驚き。店長さんとは偶然共通の知り合いが何人かいて、その話で酒が進みました。それでも酔いが回らなかったのは、やはり店長さんに言われた通り、美人が多くて緊張したのかな…。

そしてイベント終了後にまた驚きの展開。終了後も飲みに来るお客さんが多かったのですが、そのなかの一人、日帰りで仙台・定禅寺通りのストリートジャズフェスティバルに出演してきたという女性ミュージシャンのひろみっくすさんが私の絵レ氣ギターを見て是非一度パフォーマンスも観たいと言ってくれたので、急遽アンコールをすることに。この日1番手で出た人間がイベント後にまさかのアンコール。と言うか2ステージ目ですね。三毛猫を撫で読んだ後にもう1曲!と言われて、大河内さんのリクエストで「冥王星」を演りました。(絵レ氣は女性客からのリクエストでキラーを使用)この時初めて観た人たちも喜んでくれて、本当、幸せ者なひとときでした。思えばこの日の出演もイカ宗さんとの出会いがなければなかったわけで、仙台との縁のパワーかもしれません。

自分の進むべき方向に、まだ迷いもあるけど強い光が射し込んだような貴重な夜でした。

2016年9月10日使用絵レ氣ギター【2016年9月10日 個性化とマンダラ @西荻窪ZiZi Annabelle セットリスト】
1.おのれ(インスト)
2.鋼鉄川柳
3.水差し野郎
4.(株)三毛猫投入所 社歌
5.憧れ血祭り
6.片手運転
7.苦しみのポチ
8.ライフイズビューティフル

【アンコール】
1.(株)三毛猫投入所 社歌
2.冥王星の逆襲


続きを読む

dadama2005 at 11:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)音楽 | 想楽

2016年09月10日

メディアとカラオケと本日のLIVE

絵レ氣ギター「空南無」を持つ守山ダダマ(仙台にて)

遠征の宿で自撮りする守山ダダマ。自撮りの自撮りか。手に持つのはアコースティックの絵レ氣ギター。エレキでもアコギでもエレアコでもありません。

昨日発売の『TV Bros.』にごく小さくですが私の名前が掲載されているようです。私自身まだチェックしてないし、詳しいことはまた改めてお知らせしますが、よかったら皆さん、コンビニなどで買って探して下さいね。

夕べは後輩のギスケとサシ飲みする予定が急遽とある飲み会に乱入することに。結局朝までカラオケやっちゃいました。喉を痛めてからカラオケに行ったことはなかったな。いい発声練習になったかな。どのメンツと行ってもその場のみんなも自分もよく知ってて一緒に楽しめる歌、というのが皆無に等しく、自分だけ誰も知らないような、空気読まないような曲を選んで歌うことが多いのですが、これも良い度胸試しになりますね。大概は好評価です。ライヴだろうが何だろうが自分はこうして生きていくしかないのだな。

さて今日はライヴです。絵レ氣ギター撫で朗読、略して撫読をスタイル名としてからは初めてとなる、東京でのブッキングライヴです。30分がっつり撫でます。東京と言っても東京都内の辺境、少し西に行けば都内ではない都下の多摩地方になってしまうという辺境の西荻窪ですが、お時間ある方、お近くの方、よかったら来てみて下さい。

来月の渦潮祭にも出演して頂くかもめのジョナサン(のサハラ)さんですが、実はライヴを観たのは1回だけ。2年前。ただそのライヴが衝撃でした。以来SNSで交流を続け、かもめのジョナサンさんの方はまだ私のライヴを観たことがないのですが、ひょんなことから彼の企画に出演することになりました。わくわくしてます。

先週の仙台とはまたかなり違った感じになると思います。どうぞ宜しく。

個性化とマンダラ9月10日(土)
かもめのジョナサン 企画
『個性化とマンダラ』
@東京 西荻窪 ZiZi Annabelle
チャージ1500円+1オーダー
19:00オープン/19:30スタート

[出演順]
守山ダダマ
大河内大祐
ポスポス大谷
かもめのジョナサン
続きを読む

dadama2005 at 13:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)告知 | 日記