2016年05月07日

みんな生きるマニア・大阪ワンマン1週間前

熊本大地震救済ライブ!!!@武蔵境STATTO 岩木山満夫withモロコシボーイズfeat.たかし

夕べは久しぶりの武蔵境STATTOでのライヴ、熊本地震のチャリティイベントでした。

5年前、3.11の翌日にSTATTOでライヴの予定があったけど、キャンセルした。それから私にはずっと消化しきれない何かがあった。この度新たに店長になった畠山さん(a.k.a.JETヒロシ、a.k.a.はだげやまふろし) はそのことを覚えていて、今回是非ともと私にお誘いを下さったのでした。朗読活動再開後、ライヴの本数を絞る方針の私ですが、今回このイベントには是非とも出たいと思いました。

STATTOはやはり自分にとってのホームだなと改めて感じました。私は基本、詩の朗読というスタイルですが、詩の朗読がメインのイベントよりも、音楽イベントの方が主戦場だと思っています。特にデカい音が鳴って当たり前のような場所で、その音に負けない言葉を放つ方が、燃える。言葉が、静寂が、魂が、爆音になる。それが私の韶(シャオ)です。STATTOのステージは本当に言葉を轟かす感じになる。多様な人が集まるライヴハウスなので今回も初見の人が多かったけど、今まで以上に強気でやれた。どう思われてもいい。この感覚はこれからのどのステージでも常に忘れずにいたいです。

対バンの人たちは本当にバラエティに富んでいた。熊本出身の人も、いろいろな地方から来た人も、激しいブギーだったり和やかなアコーディオンだったり細川たかしだったり、いろいろな形が一緒になって盛り上がり、被災地を支援する、素敵なイベントでした。

その細川たかしの歌をモロコシボーイズの伴奏付きで熱唱した岩木山満夫さん(≒STATTOオーナー) がMCで「みんな生きるマニアなんだ」と言ってくれたのが嬉しかったし、胸が熱くなりました。「生きるマニア」は久々だったけど、今回はこれをやらなきゃと思ったんです。初めてお会いする対バンの方や新入りの若いスタッフの子も絵レ氣ギターのインストの音が聞こえたと言ってたし、詩の力に圧倒されたと言ってもらえて良かったです。

打ち上げでのチャン・オータさんのものまねライヴでは笑いで涙が止まりませんでした。これだけ爆笑したのも久々。何故か自分も、もっと長渕剛のまねが上手くなりたいなんて思いました。

久々に会う人たちもいた。タクロウ三鷹ブギーズさんは本当に男前で音もカッコよかったし、かつての職場の後輩でもあるバーレスクのスバル君も成長していた。人生いろいろあるけど、やっぱり続けることで見えてくるものを大事にしたいなと、語り合いながら改めて思いました。

熊本大地震救済ライブ!!!@武蔵境STATTO写真集

2016年6月1日予告次の守山ダダマの東京でのライヴは6月1日。また武蔵境STATTOです。私が師匠と仰ぐ人の、復活祭です。畠山店長が、この人の復活の時はダダマさんも、との事でお誘い頂きました。そして全体のメンツもヤバいです。ザ・ロックンロール!!! 魂に磨きをかけていきます。


【2016年5月6日 熊本大地震救済ライブ!!! @武蔵境STATTO セットリスト】
1.おのれ(インスト)
2.水差し野郎
3.(株)三毛猫投入所 社歌
4.苦しみのポチ
5.生きるマニア
6.ライフイズビューティフル
続きを読む

dadama2005 at 11:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)想楽 | 告知

2016年05月06日

次は俺の番・本日LIVE日

立川・オスローバッティングセンター

♪ さあ 今だ放て 熱き想い
勝利への弾道を 描けダダマ〜
(男) 打て打て ダダマ (女) 打て打て ダダマ
かっ飛ばせー ダダマー


ドラゴンズ汎用応援歌(まだ一人前じゃない選手たち用の応援歌)を自分に当てて鼓舞している守山ダダマです。

ゴールデンウィーク後半は遠出せずのんびり、いやわりと健康的に過ごしました。

笹田美紀 2016.5.35月3日は渋谷で、りんご音楽祭のオーディション。笹田美紀の応援に行ってきました。応援と言っても大声出してたわけでなく、じっとライヴを見守っていたつもりなんですが、後から他のお客さんに、私はだいぶ力が入っていたように見えて、「どっちが演奏してるのかわからなかった」と言われてしまった。これは何か演者に申し訳ないなあ。バンドのライヴでたまにいる、バンドより目立って騒いでるファン、ああいうのと同類に見えたとしたら恥ずかしい。騒いでないですけどね。目に触れた人々を黙らせる吸引力のある笹田美紀のピアノ叩き語りはこの日も力強く、美しかった。一音一音、一声一声を懸命に生きてました。私も生きた。さてそろそろ身内を持ち上げるばかりでなく自分がステージのど真ん中で生きる宣伝をしたいのですが、それはまた後の話。(真田丸の有働アナのナレーション風)

余談ですがこの日お会いした吉原悲劇さんは大のヤクルトスワローズのファンだと聞いたのですが、よく話を聞けば「横浜とビリ争いをするヤクルト」が好きなのだそう。ファンにもいろいろあるのだなと思いました。あと急遽ともちゃん9さいと高円寺で飲むことになり、鳥貴族で飲んで食ってから帰りました。酔って電話した皆さんすみません。

昭和記念公園 みどりの文化ゾーン5月4日、昼間にテレビで野球観戦をしていたのですが観るだけでなく自分も身体を動かさねばと思い立ち立川のバッティングセンターに行きました。久々のバッティング。やはりリアルな野球ではダメだなあ。朗読では強打者のつもりでも。4ゲームやって最後の一球でホームランに届きそうになったくらい。時速70kmのボールで。

その後は天気が良いので立川をウォーキング。昭和記念公園。6年前、イベント出演して写真の芝生の上にあった特設ステージで朗読をやったことなど思い出しました。それから北へ歩いて立飛のららぽーとに初めて入りました。想像以上に広かった。何も買わなかったけど。

5月5日はさいたま市へ。氷川三社巡り。1年前にも大宮の武蔵一宮氷川神社(男体社)に行きましたが、あと二つ、直線上で結ばれた氷川女體神社(女体社)と中山神社(簸王子社)があるとの事で廻ってみようと思いました。川の氾濫の象徴であろうヤマタノオロチを退治したスサノオとその妻子を祀る氷川信仰は水害の多かった荒川近辺から起こりました。真夏日でしたが神社の森はやはり冷んやりとして心地よかった。これも神の恵みでしょうか。時間の都合で中山神社に行けなかったのが残念です。

さて、私は今日も仕事は休みですがライヴがあります。(代わりに土曜出勤) 久しぶりのホーム・武蔵境STATTO。熊本地震のチャリティで、急遽呼ばれました。5年前にできなかった分も込めて、今。私は4番手、20:30から20分のライヴ予定です。チャリティもぶちかますもの。我々の盛り上がりで熊本に光を。

5月6日(金) 武蔵境STATTO
『熊本大地震救済ライブ!!!』
OPEN 19:00 / START 19:30
adv \1500 / door \1800
※入場料、参加費の売り上げは熊本大地震救済の為の募金として使わせて頂きます。

岩木山満夫Withモロコシボーイズfeatたかし、守山ダダマ、井上ラジャン、堀川けいこ(凸凹ズ) 、チャン・オータ(打ち上げライブ)、BB alone、スバル、デミトリー・チャビリースキー、タクロウ三鷹ブギーズ
続きを読む

dadama2005 at 08:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 | 告知

2016年05月02日

続けるマニア

定額山善光寺本堂

短い長野旅から帰ってきました。

鳩と笹田美紀前の記事を書いたすぐ後に宿をチェックアウトして、笹田美紀と合流。そして二人で善光寺参り。私は人生3度目ですが、笹田氏は人生初との事。神社仏閣に行くこと自体あまりないようで、仁王門の阿形像の大きく開いた口をまじまじと見つめたり、本堂前の常香炉の煙を大仰に浴びてるのが面白かったのですが(ごめん)、賽銭箱の横に書かれた「奉納者 八十二銀行」の文字を見て「ここのお金はみんな銀行さんに行くんだね」と身も蓋もない一言を発したのが私的には最高に壺でした。本堂だけでなく、支院の大勧進の護摩堂でもお参り。私は善光寺のことを笹田氏にいろいろガイドしてあげるつもりでしたが、私も知らなかったことばかりだった。舐めてました。参道で買ったソフトクリームを舐めてたら、鳩が沢山寄ってきた。写真でもわかりづらいかもしれませんが、1羽が我々に向かって飛びかかってきてびっくり。鳩は八幡宮だけでなく善光寺でも大切にされているんですね。そして山門の「善光寺」の扁額に5羽の鳩が隠されていると知ったのは帰宅してからのことでした。

その後すぐ近くにある信濃美術館で開かれていた『ジブリの立体建造物展』を観に行ったけど、頗る期待外れだった。そして長野駅前までぷらぷら歩いて、前回遠征時は食べれなかった信州そばを堪能。お店の名前は「飛騨」だったけど。そば屋なのに食べ終わった後も話し続けてついつい長居してしまった。それからお土産買ってお茶飲んで、高速バスで帰る笹田氏を見送ってから北陸新幹線で帰途につきました。

笹田氏は明日5月3日、松本のりんご音楽祭の一次オーディションに出ます。会場は渋谷で15時から。詳しくは彼女のブログをご参照下さい。もし宜しければ、一緒に応援しましょう。私は、この人の音楽がもっと広がってほしいのです。


北陸新幹線の車窓から上田城跡をちらりと見る。今が旬の真田関連の場所には寄りませんでした。この時期に行くなんてミーハーでしょ! 上田城を攻めるならもっと別の時期にしますよ。徳川と同じ失敗はせぬ!

まあ真田丸にはハマってますけどね。私はやはり信繁より信幸(信之)の目線で見る。以前からお伝えしている通り、信之は私の詩「生きるマニア」のモチーフになった人です。真面目で不器用で、今はなかなか日の目を見ないけど、こういう人が長く生き残る。

いつか、みんなが本当に困って為す術もなくなった時に頼りにされる、最後の最後で役に立つ。それまでひたむきに自分の役割を全うして生きる、そんな人になれたらと最近は思います。

「そうだ、ダダマがいる!」みたいな…そういう柄じゃないかもしれないけど。細々とでも、続けて続けて、後世に名が残れば。 幸いにも私は独りではなく、私を内側から見てくれる人がいる。そして私も内側から人を見ることができる。

きれいごと過ぎるかもしれないけど、人が人を進ませたり、進めたり、支え合うような言葉をもっと発していきたいです。連休の後半に、またエンターテインメントを押し出す機会を授かりました。

GOKUTALLICA5月6日(金) 武蔵境STATTO
『熊本大地震救済ライブ!!!』
OPEN 19:00 / START 19:30
adv \1500 / door \1800
※入場料、参加費の売り上げは熊本大地震救済の為の募金として使わせて頂きます。

岩木山満夫Withモロコシボーイズfeatたかし、守山ダダマ、井上ラジャン、堀川けいこ(凸凹ズ) 、チャン・オータ(打ち上げライブ)、BB alone、スバル、デミトリー・チャビリースキー、タクロウ三鷹ブギーズ
※守山は4番手20:30からの予定


宜しければ皆さん、是非いらして下さい。

写真は長野でのGOKUTALLICA (写真提供:ふくおかさん)続きを読む

dadama2005 at 07:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) | 告知

2016年04月30日

信州奇襲

笹田美紀 2016.4.29 長野ネオンホール

おはようございます。長野市内にいます。

急でしたが、上でピアノを叩いているおねえさん・笹田美紀から誘いを受け、昨日長野市権堂のネオンホールで開かれたイベント『名なしの0』のオープンマイクに参加しました。笹田氏は今回のゲスト。

身内(みたいな人)をあまり表向きに褒めるようなことはしないのですが、今回は褒めちぎりたい。まあ私が書かなくても昨日あの場に居合わせた人たちや、今回観れなかったけど魅力をよく知ってる人たちが笹田美紀のことを書いて宣伝してくれたりするとは思うのですが、それでもまだ足りないんじゃないかなというわけで。

いつも以上に声が力強く響いていた彼女はやはりカッコよく、美しい。まだ朗読のみの活動をしていた頃から見てるけど、朗読だけでなく、ピアノと歌でも、自分の世界をしっかり確立していると実感できたライヴでした。(彼女にとっては朗読もピアノも一続きなのだそうです)歌の合間の息遣いや静寂、全てが観る人に語りかけてくる。不器用だけど必死に生きる30分の物語に、あの場にいた全員が引き込まれたと思います。渦潮祭の時も、今回も、私はこみ上げるものがあった。日々の生活と練習が、彼女を人として表現者としてより美しくしているのだと思います。

自分はどうだろうか。あんな風に成長していけるだろうか。そんなことも考えながら。

GOKUふくおかかつひこイベントは昨日が特別な編成で昼間はブッキングの朗読ライヴ、それが終わって夜のオープンマイクが始まるまでの間は「放し飼いマイク」という不思議な時間もありました。最初から観れなかったのが残念でしたが、久々に長野の朗読界隈の雰囲気を堪能できて良かった。神奈川在住のふくおかかつひこさんの朗読も2度聴けて良かった。私がドドコちゃんとPOETALLICAでやった大谷健児さんの「渡辺の話」のフルヴァージョンも独特のアレンジで聴けたし、ふくおかさんオリジナルの作品も素晴らしかったです。

名なしの0の主宰のGOKUさんにはその場まで内緒で長野に来たのですが、念願のPOETALLICAとのコラボ→GOKUTALLICA(ゴクタリカ)のライヴもできて何より。

実は、守山ダダマが絵レ氣ギターを初めて使用したのがこの名なしの0でした。2年5ヶ月前。それから全国を回って長野に帰ってきたわけです。まだ使い慣れてなかった絵レ氣ギターの成長の程を、少しでも見せられてよかった。

9分59秒という制限時間を、予定していたセットリストの半分やっただけでオーバーしてしまった。特別に2回目をやらしてもらって残りの曲もやったのだけど、この時間の計算の読み間違えが反省であり、発見でもありました。ギターソロを増やして1曲の時間が長くなった。自分の表現スタイルの些細な変化もこれからうまく対処しなきゃいけないと思いました。

GOKUさんに、絵レ氣の便箋(弦箋)を羽のように揺らすプレイを気に入られたのが最大の収穫だな!

守山ダダマ 2016.4.29 長野ネオンホール【2016年4月29日 名なしの0 @長野権堂ネオンホール セットリスト】
[1回目]
1.おのれ(インスト)
2.違いを愛する男
3.(株)三毛猫投入所 社歌
[2回目]
1.旅
2.ライフイズビューティフル

[GOKUTALLICA]
1.ゴクタリカのからだ[作:GOKU]


さて皆さんへの贈り物。長野に行く途中で通りかかった日本三大車窓、姨捨駅からの善光寺平の眺めです。これは知らなかった! 松本経由で良かった! できれば降りたかった!続きを読む

dadama2005 at 09:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)音楽 | 

2016年04月26日

己とのチャリティ

2016.4.25守山ダダマ(撮影:喉)

昨日は急遽、復帰後2度目のライヴをやりました。

喉さん主宰の熊本支援チャリティオープンマイク『共存戦線』にて。場所は中野のバー「Hamlets」。

私が参加を決意したのは喉さんのこのブログを読んだから。この姿勢に強く共感したのです。仕事の都合で終わり頃からの参加となり、観れなかったパフォーマンスが多かったのは残念で申し訳ないのですが、大賑わいで良かったです。

普段交わらない界隈の初見の人が多い中での10分ライヴ。定番ばかりやりましたがちょっとした実験もできました。詩の合間にギターソロを挟む時間が増えたかな。盛り上がってくれて何よりです。

今までになかったスタイルを見せるのは、観る側との勝負であり自分との勝負でもあると思います。昨日はそれを意識して、良い勝負になった。

こんなことができる場を守る。表現者にとってチャリティは自分たちのためでもある。5年前に自分ができなかったことを今やる時だと思っています。微力ながらこういう活動が被災地の皆さんのお役に立てるように。

喉さん、Hamletsの皆さん、貴重な場を作って下さりありがとうございました!

【2016年4月25日 共存戦線@中野Hamlets セットリスト】
1.おのれ(インスト)
2.(株)三毛猫投入所 社歌
3.苦しみのポチ
4.ライフイズビューティフル


この先もまだチャリティやりますし、エンターテインメントしまくりますよ!

土日は散髪したり帽子買ったりという用事もありながら基本家でまったりしてました。リサイタルの準備とか、やらなくちゃいけないことは諸々あるのですが、心身を正直に休ませることも大事かなと。やらなくちゃ、やらなくちゃ、とつい思っちゃうけどそこはトランキーロ! (意味は検索して下さい)

心の底から楽しいことも疲れる時がある。本当に楽しいんだけど、もういいよと言いたくなる時もある。夕べはオープンマイクの帰りに寄った日高屋で、前日買ったばかりの帽子を置き忘れるという大失態。帰宅1時間後に慌てて取りに行って無事見つかりましたが、こんな自分に落胆。まあまたネタにして生きて行きますよ。

いろんな人に感謝と返礼の日々。その気持ちは全てステージに注ぎ込みます。

2016.4.25守山ダダマ(撮影:笹田美紀)「音は無い。この魂が爆音だ。」

想楽守山流Presents
『守山ダダマ読奏会/ダダマリサイタル in 大阪』

5月14日(土)
@西天満MAGGY

op 19:00 st 19:30
入場無料・投げ銭制※飲食代別途必要

頂いた投げ銭は全額九州の被災地へ寄付させて頂きます。

もりやまだだま…通称「鋼鉄詩人」。1977年愛知県名古屋市生まれ。東京都国分寺市在住。2006年より詩の朗読活動を開始。ヘヴィメタルのような朗読「メタルポエトリー」、音のない音楽「仮想音楽」を標榜し、バンド系、弾き語り系、クラブ系、お笑い系など各種イベントに出演。紙で作った楽器「絵レ氣ギター」などを用いた独特のパフォーマンスとコミカルかつ熱い魂の籠った詩で隠れた人気を博す。2012年発売のCD『POETALLICA』には竹原ピストル氏から帯コメントを頂く。現在の目標は全国47都道府県ライヴ制覇。

Facebookページ


dadama2005 at 11:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)想楽 | 日記

2016年04月21日

募集いろいろ

似顔絵 守山ダダマ

LINEの守山ダダマスタンプを作る計画が始動しました。作れる方を募集します。上の2つの画像をたたき台にして頂きたいと思います。左は職場の同僚女性が仕事中に描いた、悪意に満ちた似顔絵です。こんなタッチで、右の写真のように絵レ氣ギターを構えたガニ股の守山ダダマを描いて頂けるとありがたいです。ダダマのゆるキャラみたいなのが欲しいですね。どしどしご応募下さい!

そしてこちらの方が重要だったりするのですが、守山ダダマ47都道府県ライヴ制覇の活動を再開します。そこで情報募集します。

青森、岩手、宮城、秋田、石川、福井、山梨、静岡、三重、滋賀、和歌山、鳥取、島根、山口、徳島、愛媛、高知、佐賀、長崎、熊本、鹿児島、沖縄

以上の私がまだライヴをしたことのない22県で、飛入り可能なイベント、ライヴができるお店、オープンマイクの情報、及びオファーをお待ちしています。(ただ、平日のイベントは参加が難しいので、週末のイベントの情報・オファーだととてもありがたいです。会社のせいでちょっと休みが取りづらくなったから…)

熊本では当分難しいでしょうが、いつか何としてもやりたい。そしてダダマの痕跡は全国に残したいです。

POETALLICAとコラボしてくれる詩人・パフォーマー、また絵レ氣ギター作り教室の生徒も募集しています。

私は毛利元就の「天下を競望せず」の姿勢にならって、一番をめざさない、とびきり有名になろうと思わない。ただ己の確固たる地盤を作り上げて、後世にダダマの名と仮想音楽のスタイルが語り継がれるようにしたい。そのために少しずつ布石を打っていきたいです。

5月14日の読奏会(リサイタル)のセットリストを夕べから考えています。詩を読むだけでなく流れを読んで計算してリストを組む。自分の中で良いと思う作品ベスト20をやればいいというものではない。面倒ですが、考えるのもやはり面白い作業ですな。そして3年前の東京でのリサイタルも振り返ってみる。あの時はまだ絵レ氣ギターがなかった。これだけでもだいぶ違う。

関西のみんなにいろんな角度からダダマを見てほしいです。

「音は無い。この魂が爆音だ。」

想楽守山流Presents
『守山ダダマ読奏会/ダダマリサイタル in 大阪』

5月14日(土)
@西天満MAGGY

op 19:00 st 19:30
入場無料・投げ銭制※飲食代別途必要

頂いた投げ銭は全額九州の被災地へ寄付させて頂きます。

もりやまだだま…通称「鋼鉄詩人」。1977年愛知県名古屋市生まれ。東京都国分寺市在住。2006年より詩の朗読活動を開始。ヘヴィメタルのような朗読「メタルポエトリー」、音のない音楽「仮想音楽」を標榜し、バンド系、弾き語り系、クラブ系、お笑い系など各種イベントに出演。紙で作った楽器「絵レ氣ギター」などを用いた独特のパフォーマンスとコミカルかつ熱い魂の籠った詩で隠れた人気を博す。2012年発売のCD『POETALLICA』には竹原ピストル氏から帯コメントを頂く。現在の目標は全国47都道府県ライヴ制覇。

Facebookページ


dadama2005 at 23:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)告知 

2016年04月20日

パナマ文書 vs. ダダマ文書

絵レ氣ギター「小笠原」裏の弦箋と「大和」

守山ダダマは日本よりも海外の方がウケるんじゃまいかという気がしています。

北米でも南米でもヨーロッパでもいいのですが、路上でいきなり絵レ氣ギターを弾きだしたり朗読しだしたりしたら、言葉が通じなくても喜ばれるかもしれない、という甘い考えですが。私みたいな変てこスタイルは外国人の感覚にこそ理解されやすいのではないかと少し思ったのです。枯山水も欧米人の方に受け入れられているみたいだし。実際私のライヴも外国人の方に好評頂いたことが何度かあります。

説明しなくても見て面白いと思えるものがいいよね。

でも一度見てくれた人にリピートしてもらったり、見たことない人にまず興味持ってもらうにはわかりやすい紹介も必要かと。

「絵レ氣ギター」は我ながら良いネーミングとは思うけどその字義は一言じゃ説明できないしライヴのMCでもエレキギターとの違いを言うのがややこしい。
エアギターとも違うので、まずは「紙ギター」で覚えてもらえればいいです。
後から「へえー絵レ氣ギターなんだー」でもいいです。

海外ならどうしよう。英語なら「Paper Guitar」でしょうか。でも何か普通すぎる。妹ドドコちゃんの提案「Full Soul Guitar」はカッコいい。でも欲を言えば紙で作った所、デコってる所、ギターと言いつつ実は朗読に使う所なども一言でアピールできるような名前にしたいです。あと中国語ではギターは「吉他」と書くそうですが、絵レ氣ギターはどうしよう。レはレターのレ、手紙は「信」というそうです。(ドラゴンボールからの知識)

先日の渦潮祭でのMCで「パナマ文書ならぬダダマ文書を大流出する!」と言いました。ダダマ文書という語は太郎本人さんの発案ですが。曲=詩の発表はまさに私のとっておきの文書の垂れ流し、ダダ漏れならぬダダマ漏れです。その波動で女の子も漏らすぐらいのライヴをやりたい。その漏れさせる可能性ならパナマ文書に負けない自信があります。私の当面の目標は「打倒パナマ文書」です。パナマ文書は全人類にとって重要な情報かもしれませんがダダマ文書も有意味さ、または無意味さにおいても負けたくないです。頑張ります。

投げ銭受領証ダダマの渦潮祭Vol.1で守山ダダマ及びPOETALLICAのライヴに皆さんから頂いた投げ銭の一部(全部じゃないのは先に少し使っちゃったから)を、郵便局を通して日本赤十字社に寄付しました。日赤だと全額が被災者に届くわけではない、などいろいろ言われていて、熊本県庁に寄付する方がよいとも言われていますが、熊本も大事だけど大分も深刻な被害を受けている。日赤ならより広範囲に回してもらえるのではないかと推測した上で日赤に寄付しました。一部は会社に流用されるとの説がありますが真偽はよくわかりません。ただ活動資金としてなら仕方ないかとも思います。とにかく少しでも被災者の人たちのために役に立てれば。

余談ですが郵便局で寄付する時に小銭の計算を間違えて局員のおねえさんを手間取らせたことを深く恥じています。(おねえさんも一度計算を間違えた)

今後もできるだけ自分のろくでもない表現活動が、少しでも困ってる人たちの力になれるように。

5月14日、大阪でも宜しくお願い致します。

絵レ氣ギター「小笠原」「音は無い。この魂が爆音だ。」

想楽守山流Presents
『守山ダダマ読奏会/ダダマリサイタル in 大阪』

5月14日(土)
@西天満MAGGY

op 19:00 st 19:30
入場無料・投げ銭制※飲食代別途必要

頂いた投げ銭は全額九州の被災地へ寄付させて頂きます。

もりやまだだま…通称「鋼鉄詩人」。1977年愛知県名古屋市生まれ。東京都国分寺市在住。2006年より詩の朗読活動を開始。ヘヴィメタルのような朗読「メタルポエトリー」、音のない音楽「仮想音楽」を標榜し、バンド系、弾き語り系、クラブ系、お笑い系など各種イベントに出演。紙で作った楽器「絵レ氣ギター」などを用いた独特のパフォーマンスとコミカルかつ熱い魂の籠った詩で隠れた人気を博す。2012年発売のCD『POETALLICA』には竹原ピストル氏から帯コメントを頂く。現在の目標は全国47都道府県ライヴ制覇。

Facebookページ

続きを読む

dadama2005 at 11:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)想楽 | 弦稿

2016年04月17日

チャリティ読奏会

絵レ氣ギター「小笠原」のデコリングス 絵レ氣ギター「小笠原」のデコリングス

5月14日の守山ダダマ読奏会 in 大阪 (入場無料・投げ銭制・飲食代別途必要) で頂いた投げ銭は全額、九州の被災地に寄付させて頂くことに決めました。

寄付先は改めてお知らせ致しますが、赤十字社がよいかなと考えています。

4月14日の地震が本震でなかったこと、その後も大きな揺れが相次ぐ状況にただただ驚いています。

熊本にいる迷いクジラのカナマルさんは避難所にいるようです。そして大分にいるにしやまひろかず君も心配になってきました。Twitterで連絡はとれていますが、私も一度泊めさせてもらった宇佐市安心院のにしやま君の自宅近くでは山から岩が落ちて道路を塞いだりもしているようで、とにかく心配です。二人とも何とかこの状況を乗り切ってほしい。そしてまた対バンしたい。

福岡や宮崎の友人知人、そして長崎にいる親戚たちもどうかご無事で。


遠くで地震の映像を見たり情報を知ってショックを受けている人もいることでしょう。それはもうしょうがない。

でも私としては、東京にいる自分がしょんぼりしていてどうするんだ。と思い、できるだけお金を使って経済を回して、地震で弱った地域の早い復興に繋げようと思って、夕べはライヴを観に行った後は地元の友人を誘って朝近くまで飲みました。まあ単純に飲みたかっただけですけど。飲みたかったら飲む。普通通りの生活を送れる人は普通通りの生活を送ればいいのです。

落ち込んでいる人は、落ち込んでいてもいい。何もできなくても、しなくてもいい。後からできることが沢山ある。正直に過ごせばいい。でも落ち込んでない人が、心も体も余裕のある人まで普段の活動を控えるべきじゃない。有り余ったパワーを活かして、弱った人たちに回すのです。

3.11の時に充分な活動をしなかったことの悔いもあります。

読奏会はまだ先ですが、支援が必要な時は長く続く。この日は表現パワーを思い切り出して関西から少しでも九州にお金と氣とイリュージョンを回せるよう頑張ります。それまでできるだけお金を使って経済に貢献しようと思います。

原発を止めるべきか止めないべきかとか、正直よくわかりませんが、賛成派も反対派も、己の主張をするよりも大事なことがあるはず。そしてエンターテインメントはこういう時こそ世の断層を埋め、平和を守る役割があるんじゃないか。

私は私なりのエンターテインメントで現実を吹っ飛ばします。

絵レ氣ギターは装飾だけのギターで機能がないとも言えますが、装飾こそが機能。装飾が弦だから、弾くときもただ板を撫でるのではなくデザインに合わせています。エアギターよりも煌びやかで夢がある。絵に描いた夢、飾りの夢から生まれるものを表現します。仮想で現実を吹っ飛ばそう。

絵レ氣ギター「小笠原」のデコリングス「音は無い。この魂が爆音だ。」

想楽守山流Presents
『守山ダダマ読奏会/ダダマリサイタル in 大阪』

5月14日(土)
@西天満MAGGY

op 19:00 st 19:30
入場無料・投げ銭制※飲食代別途必要

もりやまだだま…通称「鋼鉄詩人」。1977年愛知県名古屋市生まれ。東京都国分寺市在住。2006年より詩の朗読活動を開始。ヘヴィメタルのような朗読「メタルポエトリー」、音のない音楽「仮想音楽」を標榜し、バンド系、弾き語り系、クラブ系、お笑い系など各種イベントに出演。紙で作った楽器「絵レ氣ギター」などを用いた独特のパフォーマンスとコミカルかつ熱い魂の籠った詩で隠れた人気を博す。2012年発売のCD『POETALLICA』には竹原ピストル氏から帯コメントを頂く。現在の目標は全国47都道府県ライヴ制覇。

Facebookページ





dadama2005 at 14:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)告知 | 想楽

2016年04月15日

地震この野郎・大阪リサイタル1ヶ月前

守山ダダマ 2016.4.9

熊本大地震の被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。そして熊本の皆さん、どうかご無事で。まだまだ余震が続くようですが、この難を乗り切ることを切に願います。

迷いクジラのカナマルさんがお住まいで、去年福岡で対バンした時に「いつかダダマさんを熊本にお呼びしたいです」と言って下さいました。地震のことを知って真っ先に心配になりました。ひとまず無事が確認できたのですが、まだ不安のただ中にいることと思われます。

本来なら昨日4月14日は守山ダダマ読奏会(リサイタル)@大阪の1ヶ月前ということで改めてこのブログで大々的に告知する予定でした。でもこんな時にライヴの宣伝なんて不謹慎じゃないか、という気持ちが頭をよぎって躊躇した。しかし…。

5年前の東日本大震災の当時、エンターテイナーであるはずの自分は何もしなかった。当時の彼女に言われたこともあって自分は震災翌日に組まれていたライヴをノルマだけ払ってキャンセルして、1ヶ月ほど活動休止した。今ではこのことをとても情けなく思っています。

「元々お前のやってることは不謹慎だろ!」 「今やらないでどうするんだ!」師匠に怒られた。

精神的に参ったとか、不謹慎だから自粛した、という理由ではなく、あの時は東京もパニクっていて、ライヴどころか日常生活もままならないという理由での活動休止だったのですが、今思えば、それでも自分はやるべきだった。パフォーマンスが不可能なほど大きな被害を受けたわけでもなかったし。東京は被災地と言うほどではなかった。結局のところ、やはりあの状況下で表現することに負い目を感じていたのかもしれません。

被災して落ち込んでいる人たちを自分の演芸で元気づける、そのためにやるなんて烏滸がましい。でも、表現は自分のライフワークであるはずだ。それで生計を立てていなくてもそれこそが自分の「生きる」行為であるはずで、できるのなら止めてはいけない。そしてその生きる行為であるエンターテインメントで、弱ってる人がほんのひと時でも笑えたり、現実を忘れることができればいい。自分はその人たちの笑顔や平和を望んでいるんじゃないのかと。

こういう時だから「本気の冗談」を言いたい、言わなきゃ、と思うのです。

「熊本で震度7」という字面を見てまず「冗談だろ」と思ったし冗談であってほしいと数十秒願った。しかし冗談ではなかったということが、何か悔しい。

だったら本物の冗談で、この現実を打ち負かしてやろうじゃないか。それこそ人間の営みの素晴らしさだと思ったのです。

前置き長くなりましたが、改めて宣伝します。5月14日。大阪では初めてのワンマンライヴ。絵レ氣ギターの魔術をど真ん中から見せつけてやろうと燃えています。いつかきっと行く熊本にも、できれば届くように。大阪でぶっ放します。

「音は無い。この魂が爆音だ。」

想楽守山流Presents
『守山ダダマ読奏会/ダダマリサイタル in 大阪』

5月14日(土)
@西天満MAGGY

op 19:00 st 19:30
入場無料・投げ銭制※飲食代別途必要

もりやまだだま…通称「鋼鉄詩人」。1977年愛知県名古屋市生まれ。東京都国分寺市在住。2006年より詩の朗読活動を開始。ヘヴィメタルのような朗読「メタルポエトリー」、音のない音楽「仮想音楽」を標榜し、バンド系、弾き語り系、クラブ系、お笑い系など各種イベントに出演。紙で作った楽器「絵レ氣ギター」などを用いた独特のパフォーマンスとコミカルかつ熱い魂の籠った詩で隠れた人気を博す。2012年発売のCD『POETALLICA』には竹原ピストル氏から帯コメントを頂く。現在の目標は全国47都道府県ライヴ制覇。

Facebookページ


終わったらみんなで飲もう!

dadama2005 at 02:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 | 告知

2016年04月11日

渦潮大団円からの船出

ダダマの渦潮祭 Vol.1 出演者

ダダマの渦潮祭 Vol.1 、無事終了致しました。来場者の皆さん、出演者の皆さん、高円寺Reefの皆さん、気にかけて下さった皆さん、本当に本当にありがとうございました!

予想以上にお客様が集まって下さり、そして全ての出演者が期待以上のパフォーマンスを魅せてくれて、おかげさまで文字通りの大成功となりました。まさに熱狂の渦。各パフォーマーが初見のお客様をその魅力に巻き込んで、また新しい渦が生まれた一夜でした。

あ、名乗りが遅れましたが守山ダダマです。この度復活致しました。

笑いと涙と衝撃と…主宰の私自身も驚くほど多方向に表現のパワーが拡散した濃厚な夜。どの演者も、自分の表現世界をしっかり確立していて、それを堂々見せつけた。その個性と鍛え上げたものに、心打たれた方が多かったと思います。

写真だけでは説明できない所が沢山あり過ぎるのですが、改めて各演者の紹介を。(出演順)

ルネ・シェヴィリコフスキ

ルネ・シェヴィリコフスキ


ドドコ

ドドコ(広島)


笹田美紀

笹田美紀


フォーゲルショイヒェ

フォーゲルショイヒェ


自縛ポエトリー/うい

自縛ポエトリー/うい(愛知)


Ikasama宗教

Ikasama宗教(宮城)



他にも沢山の写真を撮りましたが、中にはとても公開を憚られるような過激なものもあります。公開できるものはFacebookのこちらにUPしましたので、よかったらご覧下さい。

あと、POETALLICA×ドドコ、POETALLICA×自縛ポエトリー/うい の写真を撮った方がいらっしゃいましたら是非お知らせ下さい。改めてUPさせて頂きたいと思います。

私、守山ダダマの復活ライヴは、今までで最も強気でやれたライヴだったと思います。この日はダダマのライヴの前にPOETALLICAで3度ステージに上がっていることもあり、疲れもあり、また大量の汗を流してオーディエンスにはお見苦しい点もあったかと思われますが、ノってもらえて何よりです。今まで通りの絵レ氣ギターを使ってのライヴでしたが、ちょっと新しい工夫も加えました。あと1曲は絵レ氣ではなく普通の紙を持っての朗読でやりました。詩人にとっての最も原始的な楽器です。原点に戻る意味で。原稿は弦と一緒という、弦稿(テキストリングス)の考え方です。それにしても音の無い中で自分の発する一言一言、一挙一動に人々を注目させるのは本当に気持ちいいですね。行間の静寂をうるさく耳にこだまさせるのですよ。言葉の爆音をうまくかませたと思います。絵レ氣ギターソロも多めにやりました。

「表現の幅が広がった」といろんな人から言われましたが、これも102日間の休養の賜物でしょう。絵レ氣ギターを弾くだけのPOETALLICAのライヴでもいろんな学びがありました。休む前よりも大きな気持ちでライヴをやれました。詩の作風も少し変わったのだろうけど、どう思われてもいいという気持ちです。ただ自分を貫くだけですから。

本当にありがとうございました。

守山ダダマ【2016年4月9日 ダダマの渦潮祭 @高円寺Reef セットリスト】
1.おのれ (インスト)
2.ライフイズビューティフル
3.水差し野郎
4.アンガーコントロール
5.ヒロキ、自分を揺らせ
6.電車のアナウンス
7.淋しさ林
8.創世記
9.(株)三毛猫投入所 社歌
[アンコール]
10.冥王星の逆襲


POETALLICAのセットリスト

歌・朗読:ドドコ
1.タオル・ラブ [作:ドドコ]
2.渡辺のくだり [作:大谷健児]
[ドドコ ソロライヴにて]
1.ベッキーの経血を飲み干したい [作:大谷健児]

朗読:自縛ポエトリー/うい
1.アイアンチェリーボーイ [作:自縛ポエトリー/うい]



ドドコとIkasama宗教打ち上げでも初顔合わせの人たちで交流が進んで何より。特にこのドドコちゃんとIkasama宗教さんは予想外に?意気投合して、まるで父娘、いやカップルのようでした。広島と宮城を行き来して何か企画ができるといいですね。演者同士でも互いに凄い刺激を受けたと思います。

渦潮祭Vol.2は早ければ夏頃に、またReefさんで開催したいと思います。今回とはまた違うノリで、できればまた地方から素敵な表現者たちをお招きして大きな渦を巻き起こしたいと思います。何しろ、あの重鎮ジュテーム北村さんがまた楽しみにしてるって電話かけてきてくれましたからね。

このイベントを通していろんな人を繋げていきたいです。知らない人同士を集めるイベンターは多いのだろうけど、私はもっとあり得ないような、それでも凄い化学反応を起こすような繋がりをつくりたい。それができるのは自分だけだ、というくらいに。私はコネクターです。みんな繋がって、繋げた自分は忘れられてもいいかな。

守山ダダマとしての朗読を次にやるのは5月14日の大阪での読奏会(リサイタル)の予定です。それ以降は決まっていません。頻繁にはやらないつもりです。今回はかなり疲れたし、氣合いを入れて取り組むものを、そんなにしょっちゅうはできないしやりたくない。喉のこともあるし。活動の仕方はまだまだよく考えたいです。

この先自分にどれだけ需要があるかわかりませんが、私は自分のやってるスタイルに確信があります。これは良いと思うから続けていきたい。自分で自分の道を作り、貫いていく所存です。

POETALLICAでの共演希望もお待ちしています。

改めて、守山ダダマとPOETALLICAを宜しくお願い申し上げます!


想楽守山流Presents
『守山ダダマ読奏会/ダダマリサイタル in 大阪』

5月14日(土)
@西天満MAGGY

op 19:00 st 19:30
入場無料・投げ銭制※飲食代別途必要



dadama2005 at 10:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)音楽 | 想楽