2016年04月04日

最低の底で・詩を響かせるもの

ドドタリカ ネタリカ

4月2日の最低最悪イベント『こちら、クレイジー・クレイジー・ワロタ』、無事に?終了しました。主宰の喉子さん・ドドコちゃん・ササハラさん、ありがとうございました。そして皆さんお疲れ様でした。

下ネタと鬱がメインのイベント、普通の人は観に来ない方がよいと主宰者たちも出演者たちも私もさんざん言ってきたイベント。確かに最低でした。でも、演者のクオリティ、会場のノリは最高で、ちょっと場違いだと思ってた私もハマっちゃいました。

長時間、下品極まりない、反社会的で非人道的な言葉とパフォーマンスの連続で、正直耐えられるか不安だったけど、テーマが一貫してる分、突き抜けた楽しさがあったし、みんながただ己のダメさ加減を吐露するようなものではなく、どの演者もエンターテインメントとしての「醜悪さ」を魅せることに徹底していたから、疲れも感じず爽快さすらありました。

個人的にはその昔あった詩人たちのイベント『引かせ王選手権』を思い出しました。趣向は少し異なるけど。徹底して酷いことやってやろうという姿勢から発見するもの。それは表現技巧を磨く上でも学習になります。そして今回のイベントを通して改めて思ったのは、表現って、人間ってもっと自由でいいんだってこと。どうしようもない部分はどうしても出てくるもので、それを思い切り言ったり見せたりできる場があるのは貴重なことです。

そんな中で演らせて頂いたPOETALLICAのライヴ。2ステージ。まずはドドコちゃんとのドドタリカ。私としてはいくつか反省点があって悔やまれて、ドドコちゃんにも申し訳なく思うのですが、初めからトントン拍子でうまくいくのも不味いもの。ドドコちゃんの朗読そして歌とのセッションは今まで経験したことがないタイプのもので、また演奏の幅が広げられるし良い勉強になりました。可愛い妹のドドコちゃんは私に合わせてメタリカの「Master Of Puppets」の歌を覚えて自分の曲中に挿入し、私の絵レ氣ギターを前面に出すパートを作ってくれた。この二人でもっと面白いことができると思うし、土曜の渦潮祭では今回と違う形でドドタリカを魅せきりたいです。

そして川原寝太郎さんとのネタリカ(仮)は2回目のライヴ。前回大阪で演ったのと同じ曲目ですが、前回とはだいぶ違うノリの場所でも息ぴったりに、より激しく演れました。会場のヴォルテージも上がって、楽しかったですね。

今は絵レ氣ギター演奏のみでステージに上がるのが毎回本当に楽しいです。毎回新しく、刺激的。怖いものなしで演れています。

後で寝太郎さんたちとも話したことですが、絵レ氣ギターには可能性がある。まだまだ万人には取っ掛かりにくいポエトリーリーディングを、これでもっと面白くできるんじゃないかと思ったし、面白くしたい。詩の響きを強化する装置として、絵レ氣をどんどん使っていきたいと思いました。

自分の朗読も早くまたやりたいですけどね。この日は「初めて生ダダマを見た!」って驚かれたり、「ダダマさんの朗読も聞きたかった」と言ってくれる人もいたり。POETALLICAの活動に力を入れつつ、守山ダダマの言葉と声の力もしっかり蓄えておきます。

ドドタリカ&喉子&せんちゃん【2016年4月2日 こちら、クレイジー・クレイジー・ワロタ @新宿スモーキン・ブギ セットリスト】
朗読・歌:ドドコ
1.ベッキーの経血を飲み干したい [作:大谷健児]
2.ウサギのダンス [作:ドドコ、ダンス:喉子、せんちゃん]

朗読:川原寝太郎
1./ [作:川原寝太郎]
2.経済尖兵レコンギスタ [作:川原寝太郎]



打ち上げにはドイツ在住で現在は一時帰国中の私の友人、通称「陛下」が来てくれてみんなで磯丸水産で夜通し飲みました。無礼講な感じでみんなはっちゃけた分、有意義な話も含めてぶっちゃけトークできて最高に楽しかったなあ。

思えば最低っていうのは裏を返せば正直、ってことなんじゃないか。と思いました。実際ステージ外で皆さんと接すると本当に真面目でいい人ばかり。その素直さの裏返しがステージに表れているようにも思いました。きれいごとばかり言って実際嫌な奴も沢山いますからね。でも今回会った人たちは信用できる。

本当に皆さんありがとうございました。

最後に、今回のイベントの模様の、ごく一部ですが写真を載せておきます。最低の中でも特に最低な場面を。ここまでさんざん褒めてきましたが、それでもやはり常識人には不快なものでしょうから、私が翌日目と心の禊のために行った花見(見ただけ)で撮った写真で囲んで汚さを薄めておきます。(国立市の大学通りと杉並区の和田堀公園にて撮影)

国立市・大学通りの桜 Meg Lomane 酒井少年、すぎさく 杉並区・善福寺川の桜


そして次はいよいよ渦潮! 花も渦巻け!

国立市・大学通りの桜杉並区・和田堀公園近くの桜4月9日(土)
想楽守山流Presents
『ダダマの渦潮祭 Vol.1 〜 言葉のロックよ渦巻け! 〜 』
@高円寺Reef
op 18:00 st 18:30
1300円+1D(500円) ※投げ銭自由

[出演]
守山ダダマ
Ikasama宗教(宮城)
自縛ポエトリー/うい(愛知)
ドドコ(広島)
笹田美紀
POETALLICA
フォーゲルショイヒェ
ルネ・シェヴィリコフスキ


dadama2005 at 09:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)音楽 | 想楽

2016年04月02日

渦潮1週間前・本日最低ライヴ予告

新宿文化学院前の桜

桜の渦潮が見たい!

新年度あけましておめでとうございます。守山忠真です。ダダマはまだ寝ています。来週目覚めます。

年度末の日に仕事帰りに同僚たちと軽く飲みに行ったつもりがその同僚たちがバンドマンだったり役者だったりして表現活動についてけっこう深い話になって酒が進んで飲み過ぎて下痢気味で迎えた春でございます。すみません。

深くて楽しい話をした夜は待ちに待った高橋周平の覚醒グランドスラムの知らせでさらに歓喜して眠れないうちにシリアスなことを考え出し、早朝Twitterに連投してしまいました。わりと良いこと言ってると思うけどなあ。4月1日の早朝。よかったら非SNSの人も読んでみて下さい↓

ヴィック・ラトルヘッドと絵レ氣ギター守山忠真のツイッター

この中の、「政治よりも表現の方が世界平和に貢献できる」っていう部分は特に強調したいし、また「色物」についての考え方はこのブログでも述べておきたい。私は人から見れば完全な「色物」なのかもしれないけど、自分自身は色物だと思って表現はしていない。自分には自分のやってることがスタンダードだから。色物という区分を意識しながら活動したくはなくて、常に王道を行ってる意識でいたいのです。いや王道よりストロングスタイルかな。

あと、古舘さんの報道ステーション最終回は見なかったけど後でコメントを読んで、「水を差す」って言葉に引っかかるものがありました。そこで、表現者はもっと水を差せ、って言いたくなったんです。今ある流れに安易に乗らない。私は私なりの過激さで表現の道を行きたい。もっと過激にならなきゃいけない。ここ3ヶ月の間に学んだことでもあります。何にも気兼ねせず自分のやりたいことをやるってこと。それは当たり前のことだから、色物ではないでしょう?

昨日の夜はネカフェでメガデスやメタリカを聴きながら絵レ氣ギターの練習。

2016.4.1 新宿ストレングス2016.4.1 新宿ストレングスその後広島から上京した妹・ドドコ嬢の誘いで新宿のストレングスというライヴバーに行きました。箱の名前はよく聞いてたけど、行ったのは初めて。個人的に思い出深いあのMARZの真裏なんですね。そこでササハラリョウタさんが主宰するオープンマイク的な交流会に参加。今日対バンする喉さん(いや、別人か?)や詩人のゲンヤさんも来てましたね。

そして今日のライヴのデモンストレーションのつもりで、ドドコとポエタリカ=ドドタリカもステージに上がりました。練習もできなかった二人の、初めてでいきなりの人前でのセッション。でも良い肩慣らしになった。私や絵レ氣自体初見の人が多かったのですが、「音楽好きには聴こえる音」と言われて嬉しかった。ストレングスのマスターには何故か「サンタナ」と呼ばれました。

こちら、クレイジー・クレイジー・ワロタさてそんなドドタリカが出演する今日のイベント。以前から「下ネタ・鬱がメインのお下劣イベント」と紹介してますが、主宰者によれば普通の人は観に来なくていいそうです。それこそ出演者は「色物」ばかりのようですが、色物をスタンダードとするならどの方も並大抵のキチガイさではないのでしょう。目の前で頭を銃撃されて死んだ友人のはみ出した脳みそでオナニーできるくらいの人たちなのでしょう。私は決してそんなクズではありませんが今日はそれに負けないアホさでやりきろうと思ったり思わなかったり広川太一郎。宮川一朗太。

ネタリカも出るよ!

4月2日(土)
『こちら、クレイジー・クレイジー・ワロタ』
@新宿スモーキン・ブギ
OP/17:30 ST/18:00 \1,500+1d(トラウマ食べ放題付)

■Act:
dodoko|POETALLICA|すぎさく|喉子|
澤木玲那|川原寝太郎|Meg Lomane|
ササハラリョウタ|大谷健児|酒井少年|
るきらき(セクシー撮影)

新宿区新宿2-11-10 新宿2丁目センタービルB1F
TEL:03-3353-8993

続きを読む

dadama2005 at 11:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)告知 | 弦稿

2016年03月31日

4月9日渦潮祭タイムテーブル

守山ダダマ、Ikasama宗教、自縛ポエトリー/うい、ドドコ 笹田美紀、POETALLICA、フォーゲルショイヒェ、ルネ

いよいよあと10日を切った『ダダマの渦潮祭 Vol.1』。読みは「うずしおまつり」でも「うずしおさい」でも「かちょうさい」でも何でもかまいません。あなたの好きな読み方でかまいませんので、覚えて頂けるとありがたいです。

どの出演者も、この日初めてのことをやるようです。主宰の私からお願いしたわけでもなく。皆さんが挑戦する。私もこの一夜で3回のステージ。ラストの守山ダダマの復活ライヴも新曲が中心になります。この休んだ3ヶ月、ライヴに対する意識やものの見方がだいぶ変わったように思うので、それを反映させたい。そして守山ダダマのライヴはある一貫したテーマを持ってやるつもりです。テーマが何かは言いません。何か伝わってくれれば何よりです。

既にFacebookのイベントページやTwitterでは告知していますが、重要な祭りの時間割をここでもお知らせ致します。非SNSの皆さん、お待たせしてすみませんでした。

18:00 開場
18:30〜18:40 POETALLICA(×ドドコ)、開会挨拶
18:40〜18:50 ルネ・シェヴィリコフスキ
18:55〜19:25 ドドコ
19:30〜19:40 POETALLICA(×自縛ポエトリー/うい)
19:45〜20:15 笹田美紀
20:20〜20:30 フォーゲルショイヒェ
20:30〜20:50 自縛ポエトリー/うい
20:55〜21:25 Ikasama宗教
21:30〜22:00 守山ダダマ
閉会挨拶、集合写真撮影
22:00〜 打ち上げ
※飲み放題・軽食付き2000円。24:00までに完全撤収


閉会まではどの時間からでも、ご来場お待ちしています。

高円寺といえば阿波踊り、阿波といえば鳴門の渦潮…というのはあまり関係ないのですが、色んな角度から皆さんを言葉の渦に巻き込んでいきたいと思います。言葉が最も過激かつ美しいロックになる。このロックを一緒にロールさせましょう。

最後はルネの阿波踊りでいいんじゃないか?

4月9日(土)
想楽守山流Presents
『ダダマの渦潮祭 Vol.1 〜 言葉のロックよ渦巻け! 〜 』
@高円寺Reef
op 18:00 st 18:30
1300円+1D(500円) ※投げ銭自由

[出演]
守山ダダマ、Ikasama宗教(宮城)、自縛ポエトリー/うい(愛知)、ドドコ(広島)、笹田美紀、POETALLICA、フォーゲルショイヒェ、ルネ・シェヴィリコフスキ



絵レ氣ギター「レスポエム」(改造後)絵レ氣ギター「平和」(修理後)絵レ氣ギター「レスポエム」を改造(改装)。ネックの飾りが少なく見た目が今一つ地味だったので飾りを増やしました。絵レ氣は地味だと弾きづらいのです。また、「平和」も一部修理。ネックの中央付近、水色の飾りがだいぶ前に剥げ落ちていたので、新たに貼り付けました。以前は蛍光色のポストイットでしたが、新しく貼ったのは普通の紙のポストイットです。

紙の楽器はとても傷つきやすいので、丁重に扱うよう心がけたいです。製作コストはめちゃくちゃ低いけど、お金では買えない価値がある。弦が切れたのではなく、もともと弦が無いギター。無弦は無限。絵と飾りだけの楽器。本物じゃない? 本物かどうかは使う人の魂と見る人の心が決める。既成の音楽の常識を破る新たなイメージへの仕掛け、それが絵レ氣ギターです。

革新芸能に挑戦し続けるPOETALLICAと守山ダダマ。今週末はこちらも宜しくです。

4月2日(土)
『こちら、クレイジー・クレイジー・ワロタ』
@新宿スモーキン・ブギ
OP/17:30 ST/18:00 \1,500+1d(トラウマ食べ放題付)

■Act:
dodoko|POETALLICA|すぎさく|喉子|
澤木玲那|川原寝太郎|Meg Lomane|
ササハラリョウタ|大谷健児|酒井少年|
るきらき(セクシー撮影)

新宿区新宿2-11-10 新宿2丁目センタービルB1F
TEL:03-3353-8993




dadama2005 at 01:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)告知 | 想楽

2016年03月29日

一緒にやりタリカ・共演者募集

POETALLICA/守山忠真 POETALLICA/守山忠真 POETALLICA/守山忠真

先日の大阪での(ネタリカ(仮))のライヴは大きな挑戦でした。これだけ刺激を味わった自身のライヴは久しぶりだったと思います。

ソロでPOETALLICAとして絵レ氣ギターを弾くよりも、人の言葉に合わせて弾く方が正直楽しいし、緊張感があるし、やり甲斐があるかな。

というわけで、POETALLICAはまだまだどんどんセッションしてくれる人を募集します。私とセッションした方は誰でもバンド・POETALLICAのメンバーということになります。詩人・朗読以外のパフォーマーでもかまいません。今のところ4、5人が共演決定or応募しています。応募してくれた人なら誰とでもやるというわけではありませんが、いろんな人と組むことで絵レ氣と自分の表現の可能性を広げ、深めていきたいと思います。

ご応募・お問合せはこのブログのコメントかSNSもしくはメールbukkowaあっとまーくやふーco.jpまで。宜しくお願い致します!

【POETALLICA出演予定】

4月2日(土)
『こちら、クレイジー・クレイジー・ワロタ』
@新宿スモーキン・ブギ
OP/17:30 ST/18:00 \1,500+1d(トラウマ食べ放題付)

■Act:
dodoko|POETALLICA|すぎさく|喉子|
澤木玲那|川原寝太郎|Meg Lomane|
ササハラリョウタ|大谷健児|酒井少年|
るきらき(セクシー撮影)

新宿区新宿2-11-10 新宿2丁目センタービルB1F
TEL:03-3353-8993


※POETALLICAはdodoko、川原寝太郎とセッション予定。

4月9日(土)
想楽守山流Presents
『ダダマの渦潮祭 Vol.1 〜 言葉のロックよ渦巻け! 〜 』
@高円寺Reef
op 18:00 st 18:30
1300円+1D(500円) ※投げ銭自由

[出演]
守山ダダマ、Ikasama宗教(宮城)、自縛ポエトリー/うい(愛知)、ドドコ(広島)、笹田美紀、POETALLICA、フォーゲルショイヒェ、ルネ・シェヴィリコフスキ


※POETALLICAは自縛ポエトリー/うい、ドドコとセッション予定。


守山ダダマとしても、詩を書き続けています。
続きを読む

dadama2005 at 21:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)告知 | 弦稿

2016年03月28日

ネタリカ(仮)デビュー

ネタリカ(仮) ネタリカ(仮) ネタリカ(仮)

今朝大阪から帰宅しました。梅田スカイビルから夜行バスで西国分寺駅へ。そこから徒歩15分程で自宅着。乗車時間はハンパなく長かったけど、家の近くで降りれるのはありがたいです。

今回も1泊3日の短い大阪滞在でしたが実りが沢山ありました。

まず今回の目的だったP.A.D.。POETALLICAとして初めてのブッキングライヴにして、初めての他者の朗読と絵レ氣ギター演奏のコラボ。今思えば自分の表現史上でも大きな出来事でした。

川原寝太郎さんとは、先月会って演目を決めただけで実際のライヴの練習は当日までしていなかった。まあ住む地方が違うから致し方ないのですが、当日昼過ぎに梅田で待ち合わせしてカラオケに入って1時間の練習。もうこの時点で二人ともけっこう体力を使ったのですが、これが良い結果に繋がった。

で、この時に寝太郎さんが思いついたのが「ネタリカ」というユニット名でした。NETALLICA。お互いもっと早く気づくべきだった。でも既に同名のメタリカコピーバンドがいそうだし、Yahoo!のネタサイトの「ネタりか」があるので、綴りなども含めて再検討することに。ひとまず「ネタリカ(仮)」としておきます。

KOMEkaMI × ちあ紀 × 菩須彦梅田から1駅で都会からガラッと雰囲気が変わる昭和風味たっぷりで何もない街・中津の、阪急高架下にあるおしゃれなライヴハウス・Vi-code(ヴィーコード)が会場。音響の良い場所で、リハーサルからハードロック系のバンドがガツンと爆音を鳴らしていて、客層もそちら向きが多いと聞いて、その中での朗読と無音の紙ギターのセッション。緊張がじわりと高まっていきました。

菩須彦さんはいつも絵と音と踊りなど様々なジャンルの人をミックスさせますが、この日はバンドなど全てのユニットが新ユニットとの事。でもどのライヴペインターもダンサーもミュージシャンも、経験を積んでいるからか、自然とクオリティの高いパフォーマンスでオーディエンスを引き込んでいました。音も私好みで本当に楽しかった。

そしてネタリカの初ライヴ。「思い切り引かせたい」という寝太郎さんの言葉のおかげで思い切り絵レ氣を弾けました。寝太郎さんが読む詩の言葉のイメージに合わせて、弦の無い、絵と装飾だけのネックを弄りまくり。単なるギター演奏の真似でなくオリジナリティも出して、守山ダダマの朗読の時よりも激しく弾きました。アクションも交えた寝太郎さんの朗読とのセッションは自分でも凄く楽しめたけど、お客さんの反応も思った以上に意外に良くて何よりでした。

ライヴの後、司会のシンさんと直蔵さん(蝶ネクタイで漫才コンビのような風体でしたが実は二人とも凄腕バンドマン)に呼び出されて軽いトーク。「何ですかこの羽子板は?!」と言われながらも絵レ氣ギターを強く宣伝してくれて本当に良かったです。

遠距離ユニットのネタリカ(仮)ですが、大阪以外でもまたやりたいと思ってます。どうぞ宜しくお願いします!

【2016年3月26日 Art fest P.A.D.@大阪中津Vi-code セットリスト】
1./ [作:川原寝太郎]
2.経済尖兵レコンギスタ 〜逆襲の真黒実業〜 [作:川原寝太郎]
続きを読む

dadama2005 at 13:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)想楽 | 

2016年03月26日

ポエタリカ開幕の日・渦潮へ

絵レ氣ギター「浄土」のデコリングス

只今新幹線に乗っております。これを書いてる時点で静岡県磐田市付近です。

いよいよ今日からPOETALLICAの本格始動。仮想音楽第二章の開幕です。

昨日ドラゴンズが久々に開幕戦勝利を挙げた大阪で、今日はポエタリカが魂の爆音を鳴らします。と言うか見せます。目と魂で聴いて頂きます。ビシエドの打球並みのパワーで。

寝太郎さんの言葉とともに固定観念をぶっ飛ばします。

今まではオープンマイクでオープン戦でしたが、ここからペナント獲りに行きますぜ。

P.A.D. Vol.31 〜 新 〜絵と音と踊りのセッションが続いてとにかく楽しいイベントです。宜しくお願い致します!

★3月26日(土)18:00開場 19:00開演
/ 前売2,500円(D別)当日2800円(D別)
『Art fest P.A.D.vol.31 〜新〜』大阪中津/Vi-code
〒531-0071 大阪市北区中津3-1-19.
Tel.06-6371-6559 Fax.06-6371-6549.
☆Vi-code http://www.vi-code.com/
☆Art fest[P.A.D.] http://pad-art.net/
https://www.facebook.com/pages/ART-FEST-PAD/168089203390957

今年一発目のP.A.D.に相応しく、今回は新ユニット祭りとなりました。コンセプトは『新』。『New personality New talent(新個性、新才能)』です。
 
前回、大好評だった新ユニット『The Key×堀田直蔵』が更に過激に楽しくブラッシュアップされて帰ってきます。それと両極的なアンビエントな新ユニット『清野拓巳&菩須彦』がデビューします。そして、今回の目玉の新ユニットは、骨太サイケデリックインプロビゼーションロック『KOMEkaMI』です。実力派による3つのユニットは音やジャンルは違えど、贅沢そのものです。
 
裏の目玉はなんといっても、川原寝太郎のポエトリーリーディングとPOETALLICAの絵レ氣ギター演奏のコラボ。言葉の世界が炸裂します。
 
ダンサーはほぼレギュラー出演の2名。妖艶なベリィダンスを魅せてくれるSara Sawati。何が飛び出すか分からないちあ紀。そして、ちあ紀先生が教えているGLISTERからはGOOD LINKが初登場。
 
ライブペインティングは菩須彦、北村奈緒子がショウを、橋口夕日子がフロアを彩ります。
 
展示はpadGALLERY所属作家の作品によるインスタレーション&デコレーション。一夜限りの空間を作り上げます。

Facebookイベントページ


そして渦潮祭まであと2週間! このブログでも後日詳しくお知らせしますが、重要情報解禁です。
ダダマの渦潮祭Vol.1 Facebookページ

POETALLICA(守山忠真)紙の飾りからメロディを。

【POETALLICAライヴ情報】
3/26(土) 大阪中津Vi-code (朗読:川原寝太郎)
4/2(土) 東京新宿スモーキンブギ (朗読:ドドコ)
4/9(土) 東京高円寺Reef (朗読:自縛ポエトリー/うい、ドドコ)


想楽守山流Presents
ダダマの渦潮祭 Vol.1 〜 言葉のロックよ渦巻け! 〜

4月9日(土)
高円寺Reef
op 18:00 st 18:30
1300円+1D(500円) ※投げ銭自由

[出演]
守山ダダマ
Ikasama宗教(宮城)
自縛ポエトリー/うい(愛知)
ドドコ(広島)
笹田美紀
POETALLICA
フォーゲルショイヒェ
ルネ・シェヴィリコフスキ


まもなく名古屋です。

dadama2005 at 11:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)告知 | 想楽

2016年03月24日

絵レ氣と鋼鉄詩人のフル稼働へ

読奏 顔奏

ブログ更新が滞ってしまいました。TwitterやFacebookでは頻繁に投稿していますが、そっちで書きたいことは書き尽くしてしまうので、ブログの方がどうも疎かになってしまいます。SNSをやらずブログのみご覧になっている人たちには申し訳なく思います。

ここ1週間は、いつものことでしょうが友人と飲んだり、王子から巣鴨、そして飯田橋まで散歩していろんな神社仏閣に巡り会ったり東京の知られざる風情を見たり石川啄木終焉の地にたどり着いたり、会社のお金で高級焼肉を食えたりしてそこそこ充実していたわけです。

そろそろダダマの休養期間も終わり、POETALLICAとしての活動も本格化。今週から土曜は3週続けてライヴ。大阪遠征から始まり、毎週違う人とのセッション、そしてダダマ復活の自主企画・渦潮祭に至るというわけで、急に慌ただしくなってきます。

練習も実戦モード。やればやるほど新しいアイディアが浮かんできます。顔で演奏する顔奏も大事。しつこい自撮りもただの自己満足ではなく、自己チェックの重い意味があるのです。

まあ絵レ氣ギターでも何でも、表現は全て自己満足から始まるものなんですけどね。自己満足もできなきゃ他人の満足にも繋がらない。やり始めれば、やがて他人の満足がないと自分も満足できなくなり、自己研鑽をしていくのです。自分を信じるから、自分を高めていく。

偉そうに理屈っぽいこと書いて少し自己嫌悪になったところで、ライヴで使う各絵レ氣ギターの紹介を。

絵レ氣ギター(日吉、平和、新日吉、小笠原) 絵レ氣ギター(空南無、虹陽、浄土、大和)

左から、「日吉」「平和」「新日吉」「小笠原」「空南無」「虹陽」「浄土」「大和」。それぞれの名の由来はまた別の機会に。このうち「浄土」と「空南無(ソラナム)」はラッパーのもり氏の案を元にしたネーミングです。

POETALLICAでは人の朗読に絵レ氣で伴奏をつけます。様々な色彩の風景から奏でる架空の音で、言葉をより大きく響かせます。守山ダダマでは、この絵レ氣のボディが変形ロボのように立体化して言葉が飛び出します。折り紙で作った箱のように、あるいは紙飛行機のように、自在に見せ方を変えて独特の朗読パフォーマンスを形作ります。

紙の楽器の魔術をご覧あれ。

P.A.D. Vol.31 〜 新 〜3月26日(土)
『Art fest P.A.D.vol.31 〜新〜』
大阪中津 Vi-code
18:00開場 19:00開演
前売2,500円(D別)当日2800円(D別)
〒531-0071 大阪市北区中津3-1-19.
Tel.06-6371-6559 Fax.06-6371-6549.

Facebookページ


まずは明後日、大阪でのアートフェス『P.A.D.』。こちらでは今や関西で最も精力的かつボーダーレスにライヴ活動をこなす朗読詩人であり、シーンを牽引するユーモアの天才・川原寝太郎さんとのセッションです。これがPOETALLICA初めての他の人とのセッション。激烈なスラッシュメタルポエトリーをお見せします。20時から!

ライヴペインティングにダンス、バンドなど、またまた盛り沢山のイベントの中での新たなポエトリーの試み、頑張ります。是非観に来て下さい。

こちら、クレイジー・クレイジー・ワロタ4月2日(土)
『こちら、クレイジー・クレイジー・ワロタ』
@新宿スモーキン・ブギ
OP/17:30 ST/18:00 \1,500+1d(トラウマ食べ放題付)

■Act:
dodoko|POETALLICA|すぎさく|喉子|
澤木玲那|川原寝太郎|Meg Lomane|
ササハラリョウタ|大谷健児|酒井少年|
るきらき(セクシー撮影)

新宿区新宿2-11-10 新宿2丁目センタービルB1F
TEL:03-3353-8993


来週土曜は「下ネタと鬱」がメインの、最低最悪が売りというバッドテイスターなイベントで広島の才媛・ドドコちゃんとのセッション。ドドコちゃんは可愛い娘ですが、ここでは演るだけで吐きそうなエクストリーム・ハードコアなセッションを展開します。また新しい可能性をお見せできると思います。出番は18:20から!

そしてその次は渦潮祭続きを読む

dadama2005 at 07:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)告知 | 弦稿

2016年03月16日

わたしが賭けるもの

絵レ氣ギター「大和」

大和のネック(デコリングス)また新しい絵レ氣ギターが完成しました。ボディは高崎晃のキラー風。色はスウェーデンって言うかIKEAっぽい組み合わせですがこのギターの名前は「大和」にしました。ラウドネス=日本というイメージだし。大きな和という字面がやっぱり好いですね。ネックの装飾=デコリングスはなんとなく空から見たヤマトの国をイメージしたものです。ぐちゃぐちゃな感じもしますが色とりどりの線は弦であり川を意味します。よく見れば橋もあります。そして古墳も! 前方後円墳と前方後方墳と双方中円墳(キャンディ型古墳)があるのがわかりますか? それぞれに周濠も付いてます。この古代の風景からゆるく、かつメタルな和を奏でていきたいと思います。

メタリカのラーズ・ウルリッヒが『St.Anger』発表当時のインタビューで「アグレッシヴな音楽を健康的な気持ちでやるんだぜ!」みたいなことを言ってましたが今の私もそんな気持ちかな。普通メタルと言えば怒りに満ちてる音楽のイメージがあるけど、私は平和な気持ちを攻撃的に訴えたいと言うか。

どうでもいいけど、「わたし」を「和多詩」と当て字したくなりました。古事記のような一字一音表記で。あるいは「わたし」を「渡し」と書いてみたい。通常の文章でそう書いても普通の人がすんなり受け入れられるようにできないかなと。

ちなみに上記のギター「大和」のボディの色はスウェーデンと言うかIKEAっぽいと書きましたが、製作にあたって一番意識したのは今年のドラゴンズの昇竜ユニフォームのカラーです。

件の野球賭博に関してですが、我が中日ドラゴンズでは選手間の現金のやりとりは無く、練習での罰金を児童施設に寄付していたとの事。不祥事どころか、逆に良い話ではないですか! 私は本当にこのチームのファンで良かったです。

これでもしドラゴンズにやましいことが
あれば、私は自らに罰を与えます。朗読禁止…いやそこまではしないけど。

賭博とか円陣でのお金のやりとりとか、呆れてるし悲しいですよ。プロのグラウンドに立つ人たちはみんな凄い技術(とそれを身に付けるだけの精神)を持った神様なんだと私は思うようにしてきました。それだけ尊敬すべき人たちなんだと。でも、やっぱり人として頭が悪いのが多いのかな。私は野球バカが好きだし、以前は反社会的だろうが普通の人と違った感じがあっていいと思っていた。でも今の時代ではそういう感覚は許されないのです。私は「ゆるし」に興味があると先日書きましたが、メリハリはつけなきゃいかん。

そもそも個人的に、ギャンブルが嫌いです。やってる人たちには申し訳ないけど、ギャンブルやってる人の気が知れない。大金をスったということはないけど、昔飲み屋で何かのゲームで賭け事を持ちかけられて凄くイヤな気持ちになった。あと知人宅で麻雀に誘われたけど、ゲームが進むにつれてやってる人たちの性格が悪くなってくるのを感じた。友人と一緒に競馬に行って、ビキナーズラックはあったけどその後お金が無くなっていくことに恐怖を覚えたし、競馬場で得たものは人生の崖っぷちにいるような人たちの人間模様を真近で観察できた体験ぐらい。

今回の件では、お金を賭けなきゃモチベーションが上がらないような人たちにがっかりしたし、自分はそんな人間にはなりたくないと改めて思いました。

そもそもこのご時世は、いろんな面でギャンブルめいたことを迫られるような気がする。賭けなんかしなくてももっとみんな楽に生きさせてもらえないのか、などと思ってしまいます。

ライヴは命がけだ、と言ってる私ですが。

何かを賭けるっていうのはもっと特別で、限定されたことであるべきだし、賭けるものも厳選するべきでしょう。しなくても平和に生きられるのに、つまらない賭けで生活台無しにするなよ、と。

人生は基本遊びであればいいと思います。それだけに、遊びで済まないギャンブルなんて馬鹿馬鹿しい。本気で楽しく生きたいなら、つまらない遊びはするなよと言いたいです。

渡しはあなたに架けたい。和多詩は声を架けたい。


↓こちらでは巻かれて下さい。

想楽守山流Presents
ダダマの渦潮祭 Vol.1 〜 言葉のロックよ渦巻け! 〜

4月9日(土)
高円寺Reef
op 18:00 st 18:30
1300円+1D(500円) ※投げ銭自由

[出演]
守山ダダマ
Ikasama宗教(宮城)
自縛ポエトリー/うい(愛知)
ドドコ(広島)
笹田美紀
POETALLICA
フォーゲルショイヒェ
ルネ・シェヴィリコフスキ


【POETALLICAライヴ情報】
3/26(土) 大阪中津Vi-code (朗読:川原寝太郎)
4/2(土) 東京新宿スモーキンブギ (朗読:ドドコ)
4/9(土) 東京高円寺Reef (朗読:自縛ポエトリー/うい、ドドコ)


dadama2005 at 09:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)想楽 | 運動

2016年03月14日

5/14大阪ワンマン・朗読10周年

守山ダダマ(2015年8月幡ヶ谷にて)

想楽守山流Presents
『守山ダダマ読奏会/ダダマリサイタル in 大阪』

5月14日(土)
@西天満MAGGY

op 19:00 st 19:30
入場無料・投げ銭制※飲食代別途必要


1時間余りのワンマンライヴをやります。


本日3月14日で、守山ダダマが本格的に朗読活動を始めて10年が経ちます。

ベンズカフェでの朗読会。終わった後に服部 剛さんが私の席にやってきて激賞してくれた。それからのいろいろ。

いろいろあって、10年前よりもずっとずっと広い世界に生きさせてもらっています。皆様のおかげです。

10周年の今、活動休止しているというのは何とも歯がゆいですが。

勿論私の朗読活動は終わっていません。来月復帰して、より可能性のある表現としての朗読を、私なりの仮想音楽のやり方でやっていくつもりです。

昨日はスカイツリーでしだみこちゃんに会って、浅草をぶらりして、幡ヶ谷ヘビーシックで後輩のカントリー&ロカビリーバンドのライヴを観て、

やっぱりライヴをやりたい。理由や目的はどうでもいいからとにかくステージに上がらなきゃいかん。俺の韶(=声と言葉)を聞かせなきゃ見せなきゃいかん。ロックしなきゃいかん。と切に思うことができました。

先輩と小一時間飲んで、帰宅して、4月のライヴの仕込み。予想以上に捗った。朗読は全然いけるし、アイデアがばんばん出た。これからも言葉がどんどん迸りそうです。それは、やはり一時休止の賜物だと思っています。

朗読をしていない間は自分がエネルギッシュでなくて物足りない気分もあるけど、充実した時を過ごせています。この充実感を、4月以降に活かしていく。

そして5月、初めての大阪での独演会に挑みます。今や第二の地元と呼んで憚らず、現地の人たちもまことしやかに私の大阪在住説を囁いていますが、やはりこのワンマンは自分が住んでいない地域での大勝負です。東京・大阪以外でもワンマンはやりたい。まずは大阪での足場をしっかり固めたいのです。

そして大阪、関西のポエトリー周辺をもっと盛り上げたい。

今まで本当に良くしてもらった大阪の皆様へのお礼も込めて、ダダマ史上最大級のパワーでがっつりぶちかましたいと思います。関西の皆様どうぞ宜しくお願い申し上げます。

これからの10年もまだまだまたまたスタートし続けたいです。


渦潮祭とPOETALLICAも宜しくね。

想楽守山流Presents
ダダマの渦潮祭 Vol.1 〜 言葉のロックよ渦巻け! 〜

4月9日(土)
高円寺Reef
op 18:00 st 18:30
1300円+1D(500円) ※投げ銭自由

[出演]
守山ダダマ
Ikasama宗教(宮城)
自縛ポエトリー/うい(愛知)
ドドコ(広島)
笹田美紀
POETALLICA
フォーゲルショイヒェ
ルネ・シェヴィリコフスキ



【POETALLICAライヴ情報】
3/26(土) 大阪中津Vi-code (朗読:川原寝太郎)
4/2(土) 東京新宿スモーキンブギ (朗読:ドドコ)
4/9(土) 東京高円寺Reef (朗読:自縛ポエトリー/うい、ドドコ)





dadama2005 at 22:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)告知 | 想楽

2016年03月12日

3月11日の先で・決意と詩

コノハナサクヤヒメ

5年前の東日本大震災について、いや東日本大震災から5年が経ったことについては3月11日その日に書こう、と思ってましたが、3月11日を過ぎたら意識が薄れてしまいそうで、結局風化しちゃうようなことになってはいけないと思い直し、3月11日を過ぎてから書くことにしました。

昨年同様、富士山の写真を載せました。コノハナサクヤ姫の化身とされています。

毎年その日の14時46分には黙祷したいと思いますが、職場では何故か黙祷を呼びかけることもなく平常通りの業務が続けられていて、去年などは私は一人でトイレに行って(5年前のその時刻もトイレにいた)黙祷したのですが、自分一人だけでそういうことをするのも何か違うなと思い、今年のその時間は隣の席にいた同僚に震災の話題を振って、発生当時のことなどを語り合いました。

しかし5年後の今、東京の街を歩いてみれば本当に平和だなあと思います。あの時に比べれば。こうして震災の記憶は風化していくんだなと実感して、自分の中にも風化の気配を感じて、怖さと淋しさを覚えました。

TVで見るだけでも、被災地の復興はまだまだ進んでいない。震災1年後に巡った名取や石巻や気仙沼はどうなっているのか。

課題はまだまだある。と言うかあの時に噴き出した沢山の課題ですからね。でも震災と原発事故に限らず、あの時から日本全体に様々な綻びが見えてきた。何より私たちの心が変わってしまった。

「絆」とか「寄り添う」とかメディアが乱発する言葉と裏腹に、人を信じられなくなったり、洒落が通じにくくなってきたりもした。今年に入ってから相次ぐスキャンダルも、既成の様々な価値の崩壊に見えて、それはやっぱりあの震災から始まったんじゃないかと思う。これからも信じたくないことが沢山起きるんだろうなあ。

でも、良くなった面もいろいろあると思います。少なくとも私という人間は、5年前より、曲がりなりにも、前進していると信じています。

「人生は常に今だ」と思ってるから今が一番良いと信じたいというのもありますが、それにしてもここ5年間というスパンで見ると本当に沢山の出会いと発見があったし、その総数は別れや喪失よりもずっと多いのです。勿論嫌なことも沢山あったけど、その度におかげさまでいろいろな人に助けられた。

今は、もっと多くの様々な人を好きになりたいと切に思っています。「夢」よりも「愛」が上位に来てるかもしれない、と言うか「夢」と「愛」を時々見間違えます。怒りや主張よりも、愛とかゆるし(許し、赦し、恕し、聴し、緩し)が先に出てきてしまいます。怒ることもしょっちゅうあるし、必要な時もあると思うけど、押し通すだけでは虚しいってことも肌で感じています。

ラヴ&ピースは結局一人一人の問題です。私は違いを超えて愛したい、というよりも違いを愛したい。

そして3月11日はエンターテイナーとして気持ちを新たにする日と言ってきました。私が新たにした気持ちは「楽しいことを考えること」です。先が見えなくなった時こそ。私のようなダメ人間でもできることとして強いて挙げられるのが人を楽しくすることです。絶望に負けず、悲しみにも怒りにも負けず、楽しみを提供し続ける。これが自分にとっての挑戦だし、真理とも思っています。

楽しみに向かってまっしぐら。私も私でいろいろありますが、新しい表現の世界を見せ続けます。
絵レ氣ギター9本


ここで一曲。是非これを読んでる皆さんにも聴いてほしいと思い貼り付けします。このライヴを私は生で観ました。本当に良かった。あの日の仙台の星空をもとに書かれた曲だそうです。Ikasama宗教さん、4月9日の渦潮祭でのライヴも楽しみです!



そして今日書いた詩を。続きを読む

dadama2005 at 22:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 | 弦稿