2014年03月21日

福岡へのイマジネーション

image今、福岡行きのライオンズバスに乗っています。明朝9時頃に天神に着く予定です。

奇しくも今、ハマって読んでいる本が古事記で、九州・福岡にもゆかりの地が多いので、できるだけ巡りたいし、もちろん旅のお供に古事記を持っていきます。ちょっと遠くなりますができれば大分の宇佐神宮などにも足を伸ばしてみたいと思っています。

そしてライヴ。久しぶりにライヴした県の数を更新することができます。47都道府県ライヴ制覇、これが今自分にある唯一つの具体的目標です。九州は既に宮崎で2度ライヴをやりましたが、人に行かせてもらったもの。今回は自力では一番の遠出です。これからもっと旅のためにお金と時間を回すようにしていくつもりですが、福岡は今がチャンスで、今が行くべき時だと直感したのです。これもまた節目です。

かつて東京にいてベンズカフェや開口一番等でよくご一緒した女流詩人の夏野雨さんが現在福岡で定期開催しているイベントに参加させて頂きます。文字通りの福岡のポエトリー、以前から気になっていたし、とても楽しみです。

私は言葉の寺=詩とは少し違う言葉の砦=言砦ですが、最近は良い具合で砦を築けているので、また新しい言砦のかたちを福岡の皆さんにお見せできればと思います。

仮想音楽についても、より多くの人に知ってもらえますように。

377a272b.jpg福岡の皆さん、どうぞ宜しくお願い致します。全ては音楽。ギターから迸るイマジネーションを。爆想するぜ! 韶!


2014年3月23日(第4日曜日)16:00〜18:00ごろまで

福岡ポエトリー vol.40 「 feat.Seia 」

〔出演予定〕 Seia 城島久美 守山ダダマ  ミッド  神保茂 キャットテール 
 にしやまひろかず 平地智   夏野雨  ......and more !

〔会場〕 CAFE&Bar gigi(ジジ)
       〒810-0005 福岡県福岡市中央区清川1-8-10 ペンギン堂ビル3F
       (サニーの横の緑のビル)
〔交通〕 西鉄天神大牟田線・地下鉄七隈線「薬院駅」徒歩3分
〔料金〕 無料/カフェ営業中のため店内のドリンクかフードを1オーダー下さい
     *次々回4/24(第4日曜日)開催予定


【守山ダダマ出演情報】

3/27(木) 高円寺 Reef
『サケサケサミット』
OPEN 18:00 START 18:30 ¥1500+D
c/w 鈴木知文、聖也、アンダーソン(群馬)、高橋小一、まちゅこけ(大阪)

…and more!



「身も蓋も要りません。
ダダマさんには要りません。
これで、いや、これが、ダダマさんなんです。」(竹原ピストル)

【守山ダダマ CD『POETALLICA』販売店舗】
江古田 中庭ノ空 http://nakaniwanosora.web.fc2.com/index.html

dadama2005 at 19:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) | 告知

2014年03月19日

メタリカ vs. 因幡の白兎

083729c3.jpg夕べは古事記の「因幡の白兎」の下りを読みながらメタリカの新曲「The Lords Of Summer」を聴きました。

どちらがBGMになるか。音楽がBGMになるとは限らないし、古事記を聴いてメタリカを読むこともできるでしょう。私にはどちらも良い音楽だったし良いテキストだったと思います。

メタリカの新曲は仮とはいえタイトルに「サマー」と付くのが意外な感じがします。決してヒットする要素はありませんが、改めて彼らがリフマニアであることを痛感させられます。演りたい放題な展開のうちにまた一歩踏み出した所も見られます。

古事記はまだほんの読み始めですが、噂通りのなかなかにブッ飛んだ書物です。日本の歴史どうこうを抜きにしても読み物として楽しめると思います。凄いファンタジーです。

文字も読む人の心の中でサウンドを誘発します。

私は音を使わずともミュージシャン然としたパフォーマンスを求めます。ただ「詩を朗読している」だけと思われないようなものを。

今までのライヴを振り返ってみるに、空正は目でロックを感じさせるにはもってこいの、最良の姿音(シオ)を出す楽器です。弦虹の弾き方も理解すれ面白いはずです。また、いちごポッキー等のお菓子系の楽器での演奏は最近ではネタ奏のなかでも区別して菓奏と呼んでいますが、お菓子だからこそ出せる「音」に相当したイメージを醸すだけでなく、例えばポッキーの束が揺れる実際の音が食欲をそそる効果にも着目しています。(ライヴでは特に若いキッズが熱狂します)

そうしたイマジネーション満載の楽器を操る私のパフォーマンスの上に立つのが言葉。言葉の砦、言砦です。

また新しい砦を築きました。STAP細胞の問題等を受けて築いたものです。以下、ご覧下さい。
続きを読む

dadama2005 at 21:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)音楽 | 想楽

2014年03月16日

朗読8周年とスマホデビュー

23e8ad8e.jpg3月14日は私が本格的な朗読活動をスタートして8周年の日。この日についにスマートフォンなるものを購入しました。まだ全然操作に慣れず、謎な部分も多いのですが、頑張って、溺れない程度に活用したいと思います。携帯に携帯されないこと。マスター・オブ・スマホてすね。

というわけでこの記事はスマホで書く、いや打ち込む初の記事。悪戦苦闘というヤツをしています。まさに打ち込み系のブログです。

朗読デビューの日、正確に言うと一番最初にベンズカフェで朗読をしたのは2005年の6月なんですが、その時は1回きりで続かなかった。今に至る継続的な活動のスタートとなったのが2006年の3月14日なのです。8年の間で、思いも寄らぬ所まで来た。8年やれば必然のことでしょうが、大きく変化しました。まさか仮想音楽なんて言ってるとは。10周年の時には何かやりたいですね。

写真の4種類のギターはこれからも全て大事にしていきたいです。この物たちが守山ダダマ a.k.a. POETALLICAを形作ってきた。これからもこのギターたちで仮想音楽を伝えていかなきゃいけないのですが、それぞれ読奏、色奏、ネタ奏と性格の異なる楽器なので、一人で全て使うのは厄介。それぞれ単体としては発展しにくいと思われるので、できればパフォーマー4人捕まえて1人1本ずつギターを与えて専門的に演奏してもらうか、私が各ギターごとに別名義を作って活動するとかしたいと考えています。

昨夜は私の初期の活動において重要な場所だった吉祥寺WARPで、竹原ピストルさんやchori君が出演するイベントを観てきました。自分と縁が深いアーティストが2人出るとあっては行かずにはいられない。久々にWARPの中に入ると、かつて地獄NIGHTで共演していたAIR冗談 a.k.a. エルメスこと宮川さんとこれまた久々の再会。このイベントの企画者でした。

chori君は顔つきがとても良くなっていた。そしてやはりバンドと息ぴったりのスポークンワーズは見応えあって私の知り合いたちにも観てほしかった。そしてピストルさん。もう一流のエンターテイナーですよね。「ライブイン和歌山」とアンコールの「Stay Free」で泣きました。2人とも写メ撮りたかったけと撮影禁止なのか誰も撮ってなかったので撮りそびれました。撮りそぼろ。

ライヴを観ながら、自分ももっと知らない人たちの前でライヴやりたいし、2人からパワーをもらいつつ、自分はchoriとも竹原ピストルとも全く違う道をますます進みたくなりました。

表現の裏街道を行くと言いましょうか。己をぶつけていく旅をします。そう、リアルに旅です。一週間後は福岡。わくわくしてます。

最後に言砦をまた一つ。

続きを読む

dadama2005 at 07:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0)日記 | 想楽

2014年03月13日

久々のテキストリングス公開


それでも生きている
それでも生きている
それでもの それ って何のことか
何でもいいけど生きている
いつ死ぬかわからないのはみんな同じ
生きたいという気持ちもみんな同じ
死にたい死にたいも生きたいのうち
みんな光っていたいんだ
何があろうと 結局光を欲してる
光を欲する気持ちがなければ
言葉なんてとっくに消えている
前に進むのは自然の成り行き
前に進もうなんて言葉にしなくていい
俺たちにはもっと奥深い希望があるんだ
言葉は種だ
もっともっと美しくなれる、人生の種だ
蒔けるうちに蒔いておく
ああ 生きるが充実している
生きるが充実している今!
この今、一刻と変わる今に
一つ一つの今を全力で生きる
いつだってどこだってみずみずしい
不安を超えるんだ
憎しみを超えるんだ
それは言葉だけにできる挑戦
言葉を受け継ぐのが人間だ
リレーをやめるな リレーをやめるな
太古からの命のリレー
なんだかんだで俺たちがいる
もう朽ちないぜ
全てにクソッタレって言ってやるから
何が襲ってこようと
生きるを言い続けるんだ
この何秒後かにズタズタにされても
振り返れば 生きるという言葉があって
そして目の前にも やはり生きるしかなかった
囲まれてる 囲まれてる
俺は生きるに囲まれている!
もう命を遊ばせてやれ
とことん暴れさせてやれ
命のフリーダムへまっしぐらな人が増えますように
ささやかながら 爆発的な力を
注いで生きることを
俺は改めて決心した
わき目を振らずに
この決心に生きる



dadama2005 at 19:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)弦稿 

2014年03月12日

311を抱いて

772bf8fd.jpgどうしても特別な日付として一生刻まれるであろう3月11日の昨日は、高円寺のペンギンハウスでチバ大三さん主宰『独唱パンク 311吠えろ人間』を観に行きました。

尊敬するIkasama宗教さん(from 宮城)や藤原愛さんが出演するからというのもありましたが、それ以上にこの日付にちなんで開催される表現のイベントとして、どうしても観ておきたかったのです。

やっぱり、行って良かった。フライヤーに書かれてある「能天気な希望は飽きた、命のツワモノ歌を聴くべし!」という文句にまさに納得がいく、「命の叫び」が沢山詰まった夜でした。

やはりイカ宗さんの「放射能が怖くてメシが食えるか!」が最も強烈なインパクトとスパーク感があって好きなのですが、他にもいろいろな人からいろいろな言葉が聞こえて私の頭の中がぐちゃぐちゃに掻き回されるようでしたが、理屈抜きで涙が出る瞬間もあり、とにかく歌の力は凄いと改めて感じさせられました。

チバ大三さんのライヴも初めて観ましたが、異様なノリと盛り上がりで、やっぱり一つ抜きん出ていると言うか、本物のオーラを感じて、勉強になりました。

やっぱり表現することは、表現できることは素晴らしい。

理屈抜きで吠え、理屈抜きで生きる。

震災や原発事故が引き起こした、私たちが一生向き合っていかなきゃいけないもの。昨夜の独唱パンクは、思いをまた新たにすることができた夜でした。

そして前の日記に書いた問題を解決する大きなヒントにもなりました。

私ももっと言葉を綴り、もっと吠えたくなりました。

条件や目的は後から付いてくるもの。


dadama2005 at 11:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)音楽 | 日記

2014年03月10日

2014年問題

一昨日は東高円寺二万電圧へ、1000000$boyzの企画を観に行きました。ミリオンのライヴを観るのは久々で、メンバーが増えて新編成になってからは初めてだったと思いますが、確実に進化していると言うか、安定感が増していると言うか、引き出しが増えたようでとても良かったし、楽しかったです。ハードコア、ラップ、ビッグバンドなど様々な要素があってまさにミクスチャーですが、パーティー感がたまらず、思わず叫びまくりました。

音楽が素晴らしかったのは勿論ですが、音が出る前からの期待させる感じ、絶対にかましてくれるという感じもあって、貴重な参考になりました。


さて私は風邪をこじらせたり、今も冷え性が続いているようで、ウォーキングしたり飲みに行ったりするぐらいの元気はありますが、問題もいろいろ出てきています。

今決まっているライヴは一本一本、全力でやるつもりですが、前にも書いたように将来の具体的な目標と言うか見通しが立てていない状況です。

以前のようにガツガツとライヴをやらず、早いところ仮想音楽の指導者的なポジションに立ちたい、奥に籠って知る人ぞ知る仙人的な立場になれないかと思ったりもしますが。

周りのライヴやってる人たちが羨ましくも思います。

東京でもライヴを観たいと言ってくれる人たちもいて、その人たちのためにももっと本数を増やした方がいいのかどうか。

ただオファーがあってもノルマのあるライヴに出ないという基本は崩したくないし、イベント内容によっても慎重に考えます。

自分の思いに沿った企画やワンマンができるようアイデアを立てたり営業するのも必要ですが。

何よりもライヴすることを第一にしたい思いがあります。

表現者よりも表現者以外の人の意見を聞かなきゃいけないと日々思っていますが、先日会った表現者でない親しい友人に仮想音楽用語辞典などを見せたら、「これがギミックならいいけど、本気でやってるのならガッカリだ」などと言われました。

勿論ギミックではありません。

自分を真に理解できる人間はおそらくこの世に一人もいないかもしれないし、たまに自分でも理解できなくなる。

それでも思うまま、信じるまま、愛するままにやっていきたいです。


dadama2005 at 09:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)音楽 | 想楽

2014年03月06日

ネタ奏3周年

13854a1e.jpg もう過ぎてしまいましたが3月5日はネタ奏記念日でした。

 2011年3月5日未明、守山ダダマが練馬区石神井でのライヴでふりかけ(のりたま)をギターとして使い始めたのが、ネタとしての楽器を奏でるネタ奏の始まりと云われています。(守山の古事記憶による)この時はふりかけだけじゃなくてクロスワード雑誌も使ったなあ。

 ファイルをギターに見立てるだけでは飽き足らず、もっと別の「ギター」が欲しくなって生まれたアイデア。ここから朗読の域を超えた、独自の仮想音楽の道が開かれたと言えます。そしてふりかけギター(弦数不明)の初披露から7ヵ月ほど後の2011年10月14日の水道橋での守山ダダマ祭では、当時18弦だったいちごポッキーギターが登場しました。

 その後、空正や絵レ氣ギターなど次々と新たな楽器・演奏スタイルが生まれて仮想音楽は可能性が広がり、複雑なものにもなってきていますが、ネタ奏もさらに進化を図り、世に広めていきたいものです。皆さんの豊かなイマジネイションのために、さらに良いネタ奏を。



0a98a88c.jpg8d52ab05.jpg ふりかけもいちごポッキーもそれぞれ詩の題材からギターの見立てとなったものですが、もっと詩と関係のない物を楽器に見立て、つまり楽器と関係のない詩(曲)を演奏するようにしたい。そうすれば表現により厚みが出てくるはずです。ネタ奏記念日の昨日は新たなギター「深あじ抹茶ポッキー」(30弦)とベース「ルマンド」(4弦)の練習をしました。菓子を楽器として使うパフォーマンスは子供の遊びにも良いと思うし、「菓楽(かがく)」として独立させてもよいでしょう。

 枯山水が水のない所で白砂を水として見せるように、仮想音楽で楽器になるものはそのネタ性だけで楽器の音と同じ効果がある。こういうのをホメオパシーと言うそうです。

 そんな効果がないとしても、この世界に存在する「音」には言葉にしか出せない音、色にしか出せない音、ふりかけにしか出せない音、ポッキーにしか出せない音などがあって、それらは必ずしも耳に聴こえる音とは限りません。

 守山流は五感それぞれに潜んでいる「音」を掘り起こしていきたいです。

 全ては一つなのです。


dadama2005 at 02:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)想楽 

2014年03月03日

歌舞伎町で言葉と菓子と虹を鳴らす、泥臭く

c55774f8.jpg 夕べは歌舞伎町Golden Eggでの三木悠莉さん主催の『パンチラ淫』、無事終了しました。三木さん、皆さんありがとうございました!

 「生活者の春」というタイトルで、泥臭い表現者たちの集まりでしたが、やはり見るべきものが沢山ありました。それぞれの持ってる地力と言うか、底知れぬものが感じられましたね。

 私は前の日記で述べたように「言葉」への集中力を高めてより良い韶を出すライヴを心がけ、新作もやりました。かつ、新しいギター「抹茶ポッキー」(弦数未計算)を弾いたり、欠伸の音を取り入れたりもしました。

 かつてベンズカフェで新作発表する時のような緊張感でまた新鮮な気持ちで取り組めたライヴでした。「今まで観た守山ダダマのライヴで一番カッコ良かった」という反響もあり、また一歩前進できた気分です。

 もっとプライベートが充実した立場で良い表現ができればいいのですが、「生活感」は自分にとってやはり重要ですね。

 そして今回は読奏重視のつもりで絵レ氣ギターとファイル(エクスプローラー)を用いながらも、空正による色奏、そして新しいポッキーによるネタ奏もきっちりやれたのもポイント。お菓子の演奏=菓奏、菓想音楽にもまた力を入れたくなりました。

 表現者仲間たちとの語らいも楽しかった。DJ春井氏から、「想楽守山流は100年後には京都の山奥に大きな道場を構えてそう」と言われたのが笑えた。現実になるよう頑張ります。

 さて、次のライヴは歌舞伎町から遥か遠い、福岡・薬院。久々の九州遠征、アドレナリンを自分で上げていきます。


 【2014年3月2日 パンチラ淫@新宿Golden Egg セットリスト】
   1.ネズミ捕り
   2.肉まんは友達
   3.マカロンにまかされて
   4.あくびにやさしく
   5.たこ焼きと絶望
   6.俺様は四塁手


dadama2005 at 09:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)想楽 

2014年03月02日

開口一番からパンチラ淫へ

64d062e3.jpg先日の開口一番では参加者たちのパフォーマンスを観て良い気づきが沢山ありました。

個人的に何より貴重だったのが、「テキストを読む楽しさ」を再認識できたことですね。もう何百回と朗読をやってわかりきってるはずのことでも、常に鮮度は必要なわけで。最近の自分は仮想音楽の進化を図る余り、言葉への集中力が落ち気味だったように思います。普段朗読をしない人たちが朗読するのを見て、また原点から言葉に力を入れ直したいと思いました。

言葉が音であるという「韶」。これを本物にするためのリスタートです。枯山水ロックも正統な朗読が基本です。心のボリュームをめいっぱい上げて、今夜歌舞伎町からかまし始めます。

大阪にも来てくれた、今ポエトリー界で一番頑張っていて一番変態な女性詩人、三木悠莉さんのイベントに招かれました。タイトルに反して今回は男臭いラインナップで、表現で人を殺せそうな人ばかりですが、負けずに漢を出してきます。20時からの出番です。シャオ!


3/2(日)
新宿Golden Egg
三木悠莉主催『パンチラ淫』
OPEN19:00/START19:30 ¥1500+D

【出演】
馬野ミキ
守山ダダマ
片岡フグリ
蛇口
三木悠莉
(DJ)小松成彰



dadama2005 at 13:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)想楽 | 告知

2014年03月01日

大王と野球小僧の夢の跡 〜 大阪古墳巡礼 〜

 2/24の開口一番、今回も良い夜となりました。皆様本当にありがとうございました。個人的な思いはまた改めて書きます。まずは公式ブログにレポートをUPしましたので是非ご覧下さい。

 開口一番ブログ http://ameblo.jp/kaikou-ichiban/



 さて、遅くなりましたが先日の大阪遠征のもう一つの使命であった古墳めぐりの報告です。これは単なる観光ではなく、今後の創作にもかかわる取材でありました。

1a22fe0b.jpg8b4806ba.jpg まず古墳にコーフン協会のまりこふんさんに勧められた地球の鍵穴、と言うか古墳マニアの入口である仁徳天皇陵へ行きました。誰もが知る日本最大、面積では世界最大のお墓です。三国ケ丘駅から歩いてまず前方後円墳の後円の部分から周囲を歩き始めました。と言っても大きすぎて川(濠)を隔てた森にしか見えない。ご存知でしょうが皇族の方のお墓は宮内庁の管理により立入禁止となっており、濠も柵で囲われています。古墳の周囲はごく普通の住宅街。しかし拝所のある前方の向かい側は大きな大仙公園があり、大型バスも止まれる駐車場もあります。ここはさすが最大の古墳とあって観光地らしい。どこからどう見てもただの森、しかも入れない森なのですが。拝所の前では地元・堺市のボランティアのおじさんが熱心にガイドをしていました。私はこの日OSAKA SHAOの当日とあってあまり時間がなかったのでガイドは受けずにお参りだけして先へ行こうと思っていて、おじさんに声をかけられてその旨お伝えしたのですが、おじさんは結構長い時間、仁徳天皇陵と堺市の他の名所について熱く語ってくれました。この地域は百舌鳥(読み方はお調べ下さい)と呼ばれていて、仁徳天皇陵の他に二つの天皇陵があり百舌鳥三陵と云われていて、私は三つとも巡りたくてこの後大仙公園内を通って二つ目の履中天皇陵へ行きたかったのですが、公園内で地元のおばちゃんに呼び止められ、誘導されるがままに通常非公開という江戸時代の茶室を見学。茶室に入れたのも貴重な経験ですが何より上記のおっちゃんといいこのおばちゃんといい、堺市民のパワーに圧倒されました。で、履中天皇陵をめざすつもりが公園を一周して仁徳天皇陵に逆戻り。やむなく履中陵へ行くのは断念し、周囲の小さな古墳(陪塚)たちも眺めながら仁徳陵を一周、百舌鳥三陵の三つ目・反正天皇陵へお参り。ここでお腹が痛くなったのですぐ近くの南海電車・堺東駅のそばのデパートで用を足しました。そしてデパートの向かいには堺市役所。ここの21階の展望ロビーから仁徳天皇陵の全貌が見られると聞いていたのですが、あの前方後円の形が見られるわけではなく、入口には展望ロビーから見た巨大な森の写真。まるで入る前に「あまり期待するなよ」と予防線を張っているが如くの写真でした。(上の写真は私が実際に撮ったものです) それにしても仁徳天皇陵はただただ、「デカい」の一言に尽きます。

402a8c5e.jpg 翌日、前日断念した履中天皇陵へのお参りを実現。JR上野芝駅からすぐのその古墳はやはり大きいけれど、仁徳天皇陵よりは間近に見れる感じ。濠の幅が広くて城跡のようにも見えました。何より、周囲がとても静か。仁徳陵のように公園や大型駐車場があるわけでもなく、完全な住宅街でした。その中にある深い森。鳥の鳴き声が響き、この人間立入禁止の森はまさに鳥や昆虫や魚たちにとっては楽園なのではないか。それに周囲に住む人にとっても緑豊かな良い環境。お、古墳の見方がちょっと変わってきたぞ。履中陵、これはおすすめです。仁徳陵に比べてマイナーなのがまた良いのでしょうね。ともあれ、これで百舌鳥三陵を制覇しました。

f9ab8944.jpg そして河内松原へ移動。昨年10月に『詩の交差点』で訪れた町。古墳があるわけではないのですが、一度訪れた場所は調べたくなるのが私の性。ここがかつて日本の首都だった(らしい)と知って、気になっていました。ここには百舌鳥三陵の一つに葬られている反正天皇の都「柴籬宮(しばがきのみや)」があったと云われ、その跡地とされている柴籬神社へお参りしました。反正天皇はごくマニアックな天皇ですが、古事記によれば身長が3メートルあり、歯並びがとても綺麗だったという珍妙な言い伝えがあります。ということでこの神社には歯の神様が祀られているので、虫歯だらけの私は歯の健康をお祈りしてきました。それにしても河内松原は東京で言えば郊外も郊外である羽村市のような町。こんなのどかな場所が都だったのか。古代と現代とでは同じ土地でも在りようが違うとはいえ、反正天皇の頃の皇居は今で言えばちょっとした豪邸ぐらいの広さで、造りも質素なものだったはずです。派手な宮殿もなく、現代の複雑な社会と違って政府の機構も簡素なものだったはず。現代よりも生きやすい社会だったのかもしれないと、無知のくせに夢想してしまいました。しかし古代から現代を見つめる目というのもあってよいのではないでしょうか。

f3366d91.jpg5421a0ac.jpg 古墳めぐりの最後に訪れたのは、羽曳野市にある応神天皇陵。近鉄南大阪線の道明寺駅で下りて、大阪郊外ならではの?雰囲気を漂わせる商店街を通り過ぎてたどり着いたその古墳は、ややマイナーですが実は仁徳天皇陵に次ぐ面積を持ち、さらに体積では仁徳陵を凌ぐ大古墳。ダンプカー17万台分の土を盛ったというから当時としては空前絶後の工事だったでしょう。応神天皇は仁徳天皇の父親に当たり、皆さんも一度はお参りしたことがあるのではないでしょうか、全国に点在する八幡宮・八幡神社に祀られている八幡神の化身とされています。と言うか化身というよりも応神天皇その人が祀られているのが八幡宮ですね。そう考えると吉祥寺の人や鎌倉の人にも身近な存在と言えます。その人のお墓は仁徳天皇陵よりも威厳があって、「王の墓」らしさも感じられました。私は武蔵野八幡宮や鶴岡八幡宮で初詣をしたことがあり、源氏が守り神として崇めた八幡様は私にとっても勝ち運の神様であり、大切な神様です。応神天皇陵のそばには日本最古の八幡宮と云われる誉田八幡宮があり、仮想音楽の発展を祈願してきました。

 以上で今回の古墳めぐりは終了。いやー私も古墳にハマってきました。やはり実際に行ってこその面白さがあり、感じることが沢山ありました。今回主に巡った4つの天皇陵はみな同じような形の前方後円墳ですが、実際に見るとそれぞれに個性があります。単に大きさが違うというだけでなく、景色や周囲の環境によって異なる味わいがあるのです。そして今回の古墳めぐりで感じたことがもう一つ。先述の通り天皇陵は立入禁止になっていて、今まで書いてきた○○天皇陵というのはどれも本当にその人のお墓であるという確証はなく、そもそも4人の天皇はいずれも実在したかどうかすらもわかっていないので、調査目的だけでも立ち入りを認めるべきだと思う一方、履中陵について述べたように、陵は豊かな自然が残されていて、動物たちにとってのサンクチュアリであり、周りに住む人たちにとっても良い環境であるはずなので、こういう場所は大事にしたいなという気持ちも生まれました。今回感じたいろいろなことを宝物にして、今、古墳にちなんだ詩を書いています。

14cea168.jpg 最後に、古墳とは全く関係ないのですが、今回の南河内の旅でどうしても行きたかった「史跡」、近鉄藤井寺球場跡を紹介します。近鉄バファローズの本拠地だったその場所は球場の面影が何一つなく、小学校とマンションが建てられ、さらに大学も建設されている途中でした。失礼ながら地元の人たちは野球のことを忘れたいのかと思うぐらい球場らしさが抹殺されていましたが、小学校の正門横に唯一つここが野球場であったことを示すモニュメントがあり、私はこれを見て涙を流しました。バファローズのマスコットだった野球小僧は、頬杖をついて何を想っているのだろう。いや、きっと、今でも夢の向こう側にあるグラウンドを駆け回っていることでしょう。ありがとう、藤井寺。


【守山ダダマ出演情報】

3/2(日) 新宿 Golden Egg
『パンチラ淫』
OPEN 19:00 START 19:30 ¥1500+D
c/w 馬野ミキ、片岡フグリ、蛇口、三木悠莉

3/27(木) 高円寺 Reef
『サケサケサミット』
OPEN 18:00 START 18:30 ¥1500+D
c/w 鈴木知文、聖也、アンダーソン(群馬)、高橋小一、まちゅこけ(大阪)

…and more!(変更の場合あり)



「身も蓋も要りません。
ダダマさんには要りません。
これで、いや、これが、ダダマさんなんです。」(竹原ピストル)

【守山ダダマ CD『POETALLICA』販売店舗】
江古田 中庭ノ空 http://nakaniwanosora.web.fc2.com/index.html


dadama2005 at 11:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)歴史 | 運動