昨日は七夕。なので今日は天の川といま話題の朝鮮

半島のはなし。

ポチッとにほんブログ村 生活ブログへ←続きを読む前にポチっとおねがいします。
古代日本人は日本海を天の川に見立てていた節が

ある。

天の川の右岸、オリオン座牡牛座が日本だとすれば、

天の川の左岸の双子座は朝鮮半島になる。なので、

任那と伽羅という国をつくった。国というよりも、

今の研究では日本の豪族個人の私有地といったほう

がよいそうだ。余談だがイングランドと同じだ。

イングランドはもともとフランスの貴族ノルマンデ

ィー公の私有地であったから。

任那と伽羅は鉄の産地であり(今でも新日鉄が技術

供与した浦項総合製鉄所がある。)、日本にたたら

製鉄をもたらした。いままで青銅文化だった日本に

鉄器文化をもたらしたのだ。

時代は応神王朝時代。応神天皇の母といわれる神功

皇后
は実在性にとぼしいが朝鮮出兵をしたと記紀に

書かれた人物だ。応神王朝はまた王者オリオン信仰

の強い王朝だ。応神王朝の都、大阪にオリオン信

仰の住吉大社をつくっ

た王朝だ。

韓国で任那時代の古墳に多い前方後円墳が応神王

朝に多いことも見逃せない。

B.C.663年、天智天皇時代(当時は中大兄皇子)に

白村江の戦いで日本、百済連合軍が唐、新羅連合軍

に負けると百済、任那、伽羅は消滅する。

あまりに弱かった日本を嘆き、天智天皇は大化の改

を行い、唐、新羅連合軍の攻撃に備え、九州に防

人(さきもり)を置くことになる。

天智天皇の次の天皇である天武天皇になると実はオ

リオン座牡牛座信仰は一転し、北極星信仰が強くな

る。それはいづれまたはなそう。

それでは、ご出棺の時間です

参考文献 上山龍一著「現代葬儀読本」大洋出版社

ポチッとFC2blogranking←こちらもポチぃおねがいいたします