0d7e796c.jpg

安倍街道と静清バイパスの昭府インターチェンジの
角にある昭府(しょうぶ)交番です。
今回はここから静岡浅間神社までの安倍街道を歩き
ます。
この昭府交番は古くは籠上(かごうえ)駐在所といい
ました。それはこのあたりの地名が籠上新田だった
からです。
籠上新田は1889(明治22)年、町村法施行で周辺の村
と合併し、南賤機村となりました。1909(明治42)年、
南賤機村のうち旧安西井宮村、安西村、安西内新田
と安西外新田だった区域が静岡市になると、北賤機
村に併合され、北賤機村は賤機村と改称しました。
賤機村は1932(昭和7)年、静岡市に吸収され消滅し
ました。

昭府という地名は、この籠上新田の鎮守、菖蒲神社
から来ているそうです。菖蒲神社は菖蒲の名所だそ
うです。いつから昭府となったかはわかりませんが、
菖蒲の字は昭府と変わりました。
菖蒲神社は昭府交差点から、安倍街道をさらに北に
行った場所にあるそうです。また、かつては安倍鉄
道の菖蒲ヶ谷という駅があったそうです。
安倍鉄道は1916(大正5)年、井の宮・牛妻間に安倍
奥で採れる材木を運ぶために開業した軽便鉄道です。
梅ヶ島までの延線、軌道幅を変えて静岡駅までの乗
り入れが決まっていましたが、経営不振のため1933
(昭和8)年、営業休止、翌年廃線となりました。最
終列車には乗客が1人もいなかったという、寂しい
エピソードがあります。安倍鉄道はどの路線とも連
絡していない珍しい鉄道でした。

a994ca86.jpg

安倍街道(県道27号線)です。静岡市街地に入ると御
幸通りと呼ばれ、静岡駅前に出る道です。反対方向
は大井川の井川湖に行く道です。井川湖は井川ダム
によって造られた人工の湖です。湖底にはかつてあっ
た安倍郡井川本村が沈みました。井川本村はかつて
安倍谷と呼ばれた地域で、その安倍谷に行く唯一の
道がこの安倍街道だったのです。
現在、井川湖には本川根町から県道368号線や大井川
鉄道で入れますが、これらの道や鉄道は、中部電力
が発電のために、大井川上流に井川ダムをはじめと
するダムを造るために、拓かれたものなのです。で
すから、大赤字路線である大井川鉄道が廃線になら
ないのも、発電ダム維持のために赤字を補填してい
るからなのです。
本川根町千頭と井川湖の間には寸叉峡と接岨峡とい
う深い峡谷があります。この峡谷が通船さえ阻んで
いたのです。それゆえに井川湖は大井川上流にあり
ながら、静岡市葵区になるのです。
9e8471c3.jpg

また、安倍街道は途中油島で梅ヶ島街道(県道29号線)
と分かれます。梅ヶ島街道は秘湯梅ヶ島温泉に行く
道です。この梅ヶ島温泉は信玄の隠し湯と言われま
す。怪我をした武田兵の傷を癒したと伝えられます。
また、梅ヶ島には信玄の隠し金山と言われるた日影
沢金山がありました。この金山は徳川家康が駿河に
入府したときには、すでに枯渇していたといいます。
だから家康は安倍川餅を金な粉餅だと、喜んだのか
もしれません。
さらに梅ヶ島の西側には大谷崩れがあります。ここ
は宝永の東海大地震から現在まで、山体崩壊が続く
場所です。この大谷崩れから流出した土砂は安倍川
を下り、黒潮に流されて、三保を島から半島に変え
ました。三保半島は江戸時代より前は、島だったの
です。清水はこの三保島があったから、安芸の宮島
と同じように、優良な中継港となったのです。また、
水の通りが良かったために清見潟という名所ができ
たのですね。清見潟は今はありません。このように
安倍街道には静岡・清水の歴史の根元が詰まってい
る気がするのです。

ちなみに梅ヶ島街道は梅ヶ島の先は、安倍峠を越え
て、身延にでます。身延は身延山久遠寺(日蓮宗)で
有名な場所です。

693dfa86.jpg

逆光で見づらいのですが、左にマクドナルドがあり
ます。昭府はこのマクドナルドがある籠上(かごうえ)
交差点までです。
現在の安倍街道はかなりまっすぐな道です。もとも
と南北賤機村に属した村々の集落は、安倍川の水害
を避けるように、小高い場所に作られました。街道
はその集落を結ぶ道ですから、安倍街道も旧北街道
と同じように、かなり曲がり角が多く、蛇行した道
だったと思います。しかしこの賤機地区も麻機地区
と同じく江戸から移住して来た人びとの住む場所と
なり、安倍街道もスムーズな交通こ流れを求めて、
直線化されたのでしょう。

e607e3ec.jpg

籠上交差点です。それでは「安倍街道2」につづき
ます。