October 2006

October 31, 2006

2nd grade book report

2年生になって
Book Report(読書感想文もどき)
の宿題が始まりました。

日本のように

「本を読んで、その感想を作文にする」

というものではなくて
ユニークなものなので紹介します。

これが、今回息子が提出したレポートです。

book report

 

 

 

 

 

それぞれ子供たちはお友達と違う内容の
ミステリー小説を学校から借りてきました。

息子の本は、56ページの
所謂「Chapter Book(章ごとに分かれている本)」。

こんなに長い本を読むのは初めて!

期限は1週間ありましたが、
こつこつと読むタイプではないため
レポートを書く前に一気に母が読んで聞かせました。

中身

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手の形の紙を何枚かはさみで切ります。

表紙には本の題名と著者を書き、
中身の白いレポートには
登場人物を一人一人書いて
本の中での役割を書きました。

書き終えたら、左上に似顔絵を。

感想を書く、、というよりも
まずは内容を把握することが目的のよう。

一つ前のBook Reportには
りんごの木の形をした紙の上に
りんご型の紙をぺたぺたと張りました。

りんご型の紙のひとつひとつに
本の題名や著者、好きな場面、主人公
などを書いて提出。

つらつらと感想を書くより
切ったり張ったりするのも面白いかもしれないですね〜

これからどんどん読む本のページが増えていくのでしょう。

どきどきの母です。



dahiyu537 at 14:27|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!・Homework 

October 29, 2006

マクロビオテック、サッカー、柿、そして餃子パーティー

最近、自分たちの食事が
よく言われている

「マクロビオティック」に近いことを知りました。

マクロビオテックとは

昔ながらの日本のご飯。
玄米ごはんと味噌汁野菜のおかずが中心の食生活のことらしい。

今日は朝8時半から息子のサッカーの試合のため
集合でした。

そこで朝食は残り冷えご飯で
野菜たっぷり玄米チャーハンとオニオンわかめスープ、
そして庭で採れたリンゴ。

体が喜ぶご飯を朝から作って食べるのは
とても気持ちがいいです。

サッカー、今日もがんばるぞ



 

 

 

 

途中から仲間入りさせてもらったこのチーム。
クラスメートや学年のお友達が半分以上のため
すっかり仲良くしてもらっています。

そして、今日で息子が参加して4試合目でしたが

2対0で勝ち〜〜〜!!

4試合連続、ゴールを決めている息子は
今日は2点ゴールしました。

親が、、というよりわたしが興奮。

一緒にいた夫に

うるさいんじゃない?

と軽くいわれました。

思うに、息子はサッカーの技量があるわけではなくって
ほかの子に比べると
スタミナがあってすぐにばてない。

それってマクロビオテック、、というより
朝からしっかりとご飯を食べているおかげかも。

帰り際にコーチが
「息子くんのユニフォームをもらって
将来e-bay(オークションサイト)で売ろうとおもう♪」
と冗談を。

先週に引き続き
チームが勝ったのでコーチもご機嫌上々なのかな。

家に帰ってから柿の収穫へ。

柿、ヤミー!

 

 

 

 

 

 

全部で50個、採れました。
柿はビタミンCが豊富で鉄分、カリウム、なども入っているようです。
2日酔いにもよいようなので
夫にも出張中にもたせるとしようか。

我が家の毎食の食卓に上っています。

採れた柿はお隣さんと真向かいさんにおすそ分け。
アメリカ人なので珍しそうにしていました。
そしてそのお礼にお隣さんの庭になっている
グレープフルーツをいただきました。

ご近所でお互いに採れたものを物々交換することって
昔からのお付き合いのようで
素敵ですね。



昼食中に夫がふと

「今晩は餃子パーティーにしようか」とつぶやき

その場で決定。

夫の決定権はやはり絶大です。

パーティーには
わたしが
”パパさんが出張中”のゆまままさんとおこちゃま2人を誘い
夫は会社の人を誘い
総勢大人5名、子供5名が集まりました。

100個の餃子

 

 

 

 

 

 

末娘ともう一人のベビー以外、
みんなで腕をまくり
わいわい言いながら餃子を包んでいきました。

途中でタネがなくなったので
ブリエチーズやキムチを入れて
チーズ、キムチ餃子も創作。

個人的には
チョコレートとバナナ餃子を作りたかったのですが
反対されてやめました 笑

そうして合計100個が
あっという間にできあがりました。

じゅーじゅー焼くといいにおいが♪♪

2,3個を残してすべてを食べきりました。

今までなべパーティーやBBQはしたことがありましたが
餃子パーティーも楽しいですね。

中国では、大晦日に家族全員がおしゃべりをしながら
餃子を作り、元旦に食べる
という慣わしがあるようですね〜
プリンアラモード

 


 

 

 

 

最後は、ご持参いただいた
アンデルセンのプリンアラモード↑
日本の味に限りなく近くておいしかった!!

気がつくと夜も9時になっていました。
さすがに1,2,5歳児は眠たくなります、、。

みなさんが帰った後、

そういえば、今日はサマータイムが終わる日じゃない〜〜!

1時間時計を遅らせてみました。
なんとまだ夜の8時過ぎではないですか。

1時間得した気分!明日はたっぷりと寝坊するぞ〜。

こんな、バタバタ、ワハハ、アハハの一日、

Yukko家のあめりかな一日でした。



October 28, 2006

spider bread

いよいよハロウィーンが間近になってきました(^^)

昨年は、プリスクールや1年生のイベント続きで
この時期には、わたしさえも

はろうぃ〜ん♪

という気分が高まっていました。

今年は、そうでもないのかなぁ、、と
思っていたところ

今週の2年生のボランティアが
Spider Bread(蜘蛛の形をしたパン)作りの
Cookingクラスに早変わり。

準備は万端

 

 

 

 

 

 

普通の教室で
パンの生地を子供たちにコネコネさせました。

冷凍の切り分けてあるDough(生地)を
先生があらかじめ自宅で解凍。
Cooking Sheetやらトレイも持ってきていました。

私たち親のボランティアは子供のアシスタント。

子供たちはまず、
蜘蛛の足を作るために生地を4等分に切り分け、
細長く伸ばしました。

そして、頭と体の部分もそれぞれ切り分けて丸めて
足の部分に乗せてできあがり。

トレーに乗った子供たちの作品は
蜘蛛というより、亀???

子供のつくったパン続々、、










親のボランティアのほかに
先生のだんな様も手伝いにいらっしゃってました☆

パン作りの順番を待っている子供たちは
先生が魔女のオーナメント作りをさせていました。

ハロウィーンの飾りつけ


 

 

 

 

 

一度にいろいろな作業をするので
大人のヘルプが必ず必要なのですね〜

でも子供たちは楽しそう。

できあがったパンは
出来上がり〜










↑のようになりました。

卵を塗り忘れてしまいましたが
味は抜群。

カフェテリア(食堂)の
オーブンを借りて焼きました。

焼き立てほやほやを
子供たちはランチ時にいただいたようです♪

この日の先生は、
いつもより優しい感じだったなぁ。

だ〜りんがいたからかな?

子供たちが喜んで作業をしている姿が
うれしかったのかな?

他の2年生のクラスの保護者に
パン作りの話をしたところ
「2年生でCookingをするのは珍しいわ」と
口々に言ってました。

やっぱり、Ms Sは
評判では厳しいといわれているけれど
いい先生なのかもしれない〜〜〜

と思って心が温かくなりました。

ボランティアの親の分まで焼いてもらった
蜘蛛のパン。みんなでおいしくいただきました。



October 27, 2006

フランスケーキ

昨日は夫のバースデーでした。
happy birthday♪










出張からこの日に帰ってきた彼は、
また、すぐに旅立ってしまうのですが
お誕生日だけはなんとか祝うことができました。


ほとんど、家にいないので
バースデーディナーは
ご飯、味噌汁、野菜、肉類、、、などが
一番食べたいのでは?

と思ったのですが
子供のほうから
「スパゲティーとグラタン」と注文が。

バースデーってわくわくするのですね。

結局、スパゲティーミートソース、サラダ、野菜のチーズ焼き、
ステーキ、をわたしが作りました(^^)

メインのケーキですが
Satura, Cheese Cake Factory, Cocola, Clover, Whole Foods,,,,,

と、だんだんマンネリ化してきたので
思い切って新しいところを開拓しました。

情報源はテニス仲間のシリア人の友人です。
(水曜日はテニスの日だからね♪)

la patisserie










CupertinoのStevens Creek沿いの
フランスケーキ屋、La Patisserie

中に入ってみると、、
こんなのや

お店の中



 

 

 

 

こんなのが
お店の中2

 

 

 

 

 

とにかくたくさんの種類、色とりどりでおいしそう。
値段も、ホールで20ドル前後。
サイズが大きいのでお安いかも?

中にはお茶をするテーブルもいくつか置いてありました。

私たちが選んだのは
チョコレートショートケーキでした。(トップの写真です♪)

トップに置いてある
チョコレート付きの大きなイチゴが食べたくて!

気になるお味ですが、
クリームの部分はとってもおいしい。
スポンジの部分は少し甘めでした。
総合評価は90点です(^^)

小さいケーキも置いてあるので
他の種類もトライしたいです。

パパ、お誕生日おめでとう。
体を大切に、今年もますます飛躍する年になりますように。
家族で応援しています。

**********************

La Patisserie
19758 Stevens Creek Blvd
Cupertino,95104

Tel:408.446.4744

Tue-Fri 7am to 6:30pm
Sat 7am to 6pm
Sun 8:30am to 1pm

パンもあり、バースデーケーキなどのオーダー、
Cateringも受付可。

目印はElephant Bar Restaurantです。
そのすぐ後ろ側にあります。

向かいはSearsの入ったShopping Centerです。



October 25, 2006

Lunch@Los Gatos

本日は、Yogaのあと
息子娘の通っている学校の
日本人のお友達と3人で
ランチに行ってきました(^^)

気になっていたLos Gatosのダウンタウンにある
Sweet Peas Cafeです。
ベストクレープのお店に選ばれた
クレープの専門店。

cafe lunch

 

 

 

 

 

 

よく、遊びに行っている
ちこりさんのBlog記事
知りました!

お店は小さくて
自分でオーダーをして
空いた席に待ちます。

まず頼んだのが
コーンチャウダー3ドル50セント
corn chawder

 

 

 

 

 

メインは、ターキーとSun Dried Tomatoのクレープ

・・・・・画像はなぜか処理中になくなってしまいました。

生地がWheatと白いタイプの2種類から選べて
フルーツがついてきます。

トマトの甘酸っぱさがおいしかったです。

お友達はBeefとChickenのクレープをそれぞれ頼んでいました。


そしてデザートには
sweet crepe

 

 

 

バナナとチョコレート、クリームのクレープ。
6ドルなり。3人で分けて食べました。

できたてで温かくて絶品でした!

種類がありすぎて、正直迷いますが
リピーターになって何度も通って
違うものにチャレンジしたいです。

夜。

夕飯後に子供にせがまれて作った
Betty Crockerのチョコチップマフィン。

chocochip muffin

 

 

 

 

 

 

混ぜる=5分。
焼く=15分強

でできる、おいしいデザート。

自分にやさしくできたときは
やっぱり
子供にもやさしくできるような気がします。

大量に作っても
家族がワッと寄ってたかって食べると
2日でなくなってしまうのでした。

****************

またすぐにでも通いたいクレープ店。

Los Gatosのダウンタウンのお食事は初めてだったのですが
開拓の余地がありそうです!



October 24, 2006

シリコンバレーに秋到来

今朝起きてみるとびっくり!

visiblity zero!

 

 

 

 

 

 

家の前がふか〜い霧に包まれていました。

いよいよ霧の時期=秋の到来です。

車で30秒の子供たちの学校までの道のりもドキドキ。

ベビーの通うデイケアは
大通りを通るので、命がけ(><)

 

この霧は、午前11時ごろまでにはなくなり、
その後は晴天になります。

今日も気温が27度まで上昇した模様。



夕方のすっかり落ち着いた時間に
自宅の庭で秋の収穫をしました。

収穫!

 

 

 

 

 

 

ダンボールに一杯の柿とりんご。

今年は、りんごに紙袋をかけておいたので
傷が少なく、ほどよく熟れました。

待ちすぎて中には味の峠を越したものもありましたが
採りたてビタミン一杯のりんごは甘くっておいしい。

柿はこれからがシーズンですが
ぱりぱりしていて既に甘い。

越してきたばかりの年より
どの木も実のつきがよい気がします。

イチジクも、びわも、桃も、りんごも、柿も、、、。

やっぱりお手入れをしてもらうと
木も喜んで実をたくさんつけてくれるのかもしれませんね。

お手入れといっても
枝を落としたり実を摘果するだけなのですが。

横庭の小さな畑には
未だにトマトやイチゴの花が咲いて実をつけています。

春・夏・秋の収穫が一度にできるのも
シリコンバレーの様相かしら。

我が家にちょっとお寄りになれる方、
りんごや柿を持っていって下さいね。

自然農法、オーガニックな秋の味を
おすそ分けさせていただきます(^^)



October 23, 2006

歓迎、そして送別

週末は、

歓迎”Welcome!”と

送別”涙!”が一度にやってきました。

そんなことがあるとつゆも知らない子供たちと
午前中は一緒に今年のジャックを作りました。

てづくりJack

 

 

 

 

 

 

作り終えたころ、
長い出張から一時的に帰ってきた夫が到着。

その隣には
なんと義母が乗っていらっしゃいました。

倒れそうなわたしを気遣って
お手伝いに来てくれたのでした〜〜〜

お義父さん、いつも来ていただくことを許していただいてありがとうございます。

m(__)m

そうそう、持ってきていただいたお土産の中に
待っていたものが。

待ってました株主優待










Takara Tommyの株主優待です〜〜

優待特別仕様のミニカーと
りかちゃん人形。

子供たちは喜んでいましたが
ヤフオクで売っちゃおうかなぁ〜と
ひそかにたくらんでいる私。

さて、その夜
今までお世話になっていたKちゃんが帰国されてしまうので
手作りピザパーティーを行いました。

手作りピザを2枚オーブンで焼いた他に
トマトクリームスープ、クラッカーチーズ、
サラダ、Ribeyeステーキ1kgに
カブのおろし醤油でいただきました。

トレジョのリブアイステーキは
やわらかくっておいしいのですよ。

そして忘れちゃいけないのは
赤ワイン。

とっておきのワイン

















2日前にNapaのワイナリー、Beringerから届いた
赤ワイン、シラー。

夫が楽しみにしていたワインです。

我が家はワインオープナーが行方不明なので
「ご近所さん外交」をして栓をあけてもらいました。

栓をあけたいただいたご近所さんにお礼に
一杯、開けたてのワインを差し上げるのです。

おいしい!
と好評をいただいたようで、満面の笑みを浮かべて
夫も戻ってまいりました。

最後は、ケーキじゃんけんタイム!

じゃんけん〜〜!










子供と大人、総勢8名でジャンケン。
買った順に食べたいケーキを選びます。

これはいつも盛り上がります。

気がつくと11時前。

いよいよお別れの時間です。

3ヶ月の間、仲良くしてもらってどうもありがとう。
また会いましょう!!涙涙

そしてお義母さん、お手伝いは大変なお願いなのですが
どうぞよろしくおねがいしますm(__)m

翌日また別の出張先へ飛び立った夫。
いってらっしゃい。



October 22, 2006

No School Day

金曜日は、
学校がお休みでした。

そろそろ日本に帰国してしまうKちゃんと一緒に
行きたかったPumpkin Patch.

前日までは大規模なハーフムーンベイのパンプキンパッチ
に連れて行くつもりだったのですが
当日、近所の徒歩圏内の学校の敷地にできた
パンプキンパッチへ行くことになりました。

理由は

みんな勢ぞろい










息子のお友達を2人連れて行くことになったからです。

会うたびにこの2人からはそれぞれ
「Dとプレイデートできる?」とか
「いつ遊んでいいの?」と聞かれていたので
ついでに、その日をプレイデートにしちゃいました。

、、、が目的地まで歩いていくと
当日に限り午後4時〜開店ということが判明。

そこで、車で最寄のところへ連れて行きました。

そこは、子供天国。

こんなのや、、、

ジャンピングハウス










こんなのがあり、30分8ドルで遊び放題です。

big slide










この日は気温30度近くの予報だっただけに
すでに暑くって待ってるほうが参りました。

兄と2人の友人、それに引っ付いて遊ぶ真ん中の娘。

その間に末っ子は私たちと
かぼちゃと一緒に戯れました。

見づらいけれど、帽子がかわいいでしょう♪
バリーフェアーで1ドル50でゲットしたのよん。

かぼちゃに埋もれる末っ子










パンプキンパッチのあとは
お決まりの公園めぐり。

Mardock Parkへ連れて行きました。

が、上の4人組はポケモンカード対戦?
でテーブルに居座ること1時間半。

その間に末っ子は
いっしょに行ったお友達の妹と
公園で










遊びました〜〜。

母同士とKちゃんと3人でおしゃべりしました。

この日の詳細はKちゃんのSmoochyの日記の”pumpkin patch”で見てみてね。

 

さて、今日はこの後にひと悶着が。

夕方また遊び出かけた息子が
帰ってきた途端
わなわなと震えて今にも泣き出しそうです。

理由は
「Noと何度も言ったのに
欲しいといわれて半ば無理やりお気に入りのポケモンカードを
とられた」とのこと。

こちらの子供はたいてい相手の意見を尊重します。

「No」というと引き下がってくれるのですが
息子の友人は、ちょっとばかり強引なところがあるのは知っていました。

親として、どうしよう、、、、、。


子供同士のことだから、ほうっておく?

息子にNoを言い続けることを言い聞かして終わりにする?

親に電話して解決する?



いろいろと考えましたが
その場ですぐに電話をして事情を話しました。

その友人とは1年生のときからのお付き合いで
強引で人のお話が聞けないことで
ほかの親からも苦情を聞いたことがあったからです。

そして無事にカードが戻ってきました。

もちろん、息子にも言い聞かせましたが
お友達と学校で会ったときに
もう一度わたしからお話をしようと思っています。

「お友達を続けるためには相手のいやなことはしないほうがいいんだよ。」
と。


なるべく子供同士のことにはかかわらないほうがよいと思っていても
いざとなると
守ってあげたくなるのは親の心情ですかね。



dahiyu537 at 02:26|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!・Halloween 

October 21, 2006

2nd grade field trip

毎週木曜日のボランティア、今日は
2年生の息子のField Trip(遠足)の引率。

抜けるような晴天。

抜けるような青










徒歩で近くの図書館と消防署へ行きました。

みんなで歩いていくよ〜










近く、、、といっても
片道30分かかりました。

しかも、担任の先生に信頼されているのか(?)、
息子を含めた男の子たちが先頭だったからか、
列の最前線を歩いて連れて行くことを頼まれました。

ちなみに5クラス中、
我がクラスは一番前に並んだので
わたしの歩くペースや、ナビゲーションが
今回の2年生全体遠足の前途を握っていました 汗

責任重大すぎます〜〜〜〜。

2年生の男の子の歩くのが早いこと。

図書館で










うっすらと汗をかき、
あっという間に図書館に着きました。
館内広場で図書館の使い方について説明を聞きました。

その後はストーリータイム。

こういうときに思うのですが
説明する図書館員のパフォーマンスのうまいこと。
聞いている子供のリアクションがなんとよいことか。

見てるほうも楽しかったです。

その後、自由に本を読み
隣の消防署へ移動。

お兄さんが説明しているよ










アメリカの消防署へ入るのは初めてでした。

このお兄さんたち、みんな鍛えているのか
たくましくって、素敵☆

しかし、見覚えのある方たちで、、、
というのも、この目の前の交差点で
以前事故をしたときにレスキューに来てくれた人たちでした。

(もちろん先方は覚えていませんでしたが)

みんなで触ってみたよ










消防服を着て
子供たちの前に現れ
感触を確かめさせてくれました。

また、その後火事になったときの
「stop,drop,roll」のルールを実践させてもらいました。

stop,drop,roll










立ち止まり(Stop)顔を手で覆い、地面に足をつき、(Drop)
地面を転がって進みます(Roll)。


最後には消防車に乗せてもらい、
その前で記念撮影をしました。

クラス写真、チーズ♪





日本の消防署と違うところは
消防車に必ず一人
医療行為のできる人が乗っていることです。

多数の薬や、心臓を電気ショックで動かす医療機器なども乗せているそうです。
頼もしいですね♪

今月の学習テーマが「Fire Safety」だったので
考えられた遠足だったようです。

去年は、ハロウィーンのためのPumpkin Patchへ
遠足だったのに、今年はそれはないみたい。

学校にたどり着くとお昼前でした。

往復たっぷり歩いて
よい運動になりました。

先頭集団の男の子たちに
あわせていると
とっても速いペースになってしまって
ほかの親や先生からあとで
「歩くの早すぎ」とクレームがありました 笑

このあと、
持ってきた自分のお弁当を食べ、
すぐに娘の教室のボランティア、、

そしてNannyさんが来た時に
1時間ほど倒れるように寝ました。

でも遠足、楽しかったです。
 



October 19, 2006

復活の兆し

当日は夜も2時間ほどしか眠れなくって

どうなるかと思いましたが

朝を迎えてみると

カルフォルニアの空は青かった!!

sora、そら、空

 

 

 

 

 

 

(抜けるような青空の写真をとり忘れてしまったので画像をそのうち換えます(^^;)

ご飯はおいしいし、

子供はかわいいし、

空は青いし、

何も変わっていませんでした。

自分はこうして生きているんだ!!

とおもって

テニスレッスンをサボって 笑

ルームペアレントのMeetingをサボって 笑 

午前中、ガーガーと寝たら

寝たりなかったけれど

不思議に力が沸いてきた。

子供をお迎えに行って

テニスでベルギー人の友人と

最近の近況について心行くまで愚痴を言い合って

サッカーに送っていったら

みんなが笑顔で待っていた。

あははは〜たいしたことないのかも。

そりゃ人間だから

疲れることもあるけれど

それも含めて

すべてはOKなのかも。

・・・・・・なんて悟る前に

国際電話越しにけんかした夫と

早く仲直りしなくっちゃ。

今日は、2年生の図書館・消防署へのFiled Tripの引率。

カルフォルニアの青い空を見上げながら

歩いていこう。

 

*コメントやメールをくださったみなさまへ

「どうもありがとう」

コメントは一つ一つじっくりと読ませていただきました。

涙涙、感謝感謝です。

つたないBlogとはいえ

ここまで多くの方がコメントをくださるなんて

感激しています。

また時間を改めて

お返事をさせてくださいね。

どうもありがとう。



October 18, 2006

天国と地獄

今日は一日で天国と地獄を味わいました。

ほんとうは天国の部分だけの報告のはずが、、、。

お付き合いください(^^)

今日はYogaの日でした。

このクラスは仲良しで
Ladiesが誘い合って先生とよくランチに行きます。

年代が自分たちの母親位の方が多く
遠慮しておりました。

が本日
「Kitchenを改装したばかり」というマダムRのお宅へ
ランチを持ってみんなでお邪魔することになりました。

そこは、Saratogaの小高い丘の上にある
豪邸でした。

裏庭、、というより庭園。
ロダンの像らしきものや噴水、ジャグジー、サウナ付き。

裏庭というより庭園


 

 






庭から眺めるご自宅。
お外でランチをしながらおしゃべりを。

庭から眺める家












家の中からの見晴らしも最高でした。

丘の上からの見晴らし











家の中も博物館のよう。
まるで博物館











そして、お目当ての改装キッチン。

台所その1










折りたたみ式テレビ付。
デザインはすべて自分でしたそうです。
床はRose Woodという木材を使っていました。
硬くて傷がつきにくく
きれいな濃い茶色です。

その2










Kitchenの天井には
友人の画家が書いてくれたという絵。
天井には・・・・






 




スチュワーデスを昔していたそうで
飛行機が空を飛んでいる絵でした。

1エーカーの土地だそうです。
ため息が出ました。

カルフォルニアの日光を浴びて
ランチをしながら
日本のこと、子育てのこと、自分の親のこと、などについて
おしゃべり。

そろそろ時間なのでお友達を自宅まで送った後
いつもより早く帰宅すると、、、

ここから地獄のPartが始まります。

留守電が4件も。
不吉な予感とおもって再生をする。

なんと学校からでした。

「真ん中の娘が熱を出しているのでオフィスにいる
至急引き取りに来てください」と。

一番初めのメッセージから2時間あまりが経っていて
とにかく車をかっ飛ばして
全速力でお迎えに行きました。

Officeにはいると
校長先生を含む4人ほどの大人に囲まれ
次々と尋問状態。

携帯を持っていないのか。
登録してあるEmergency先に電話したが
誰も対応しない

などなどいわれました。
(夫はChina,Nannyさんは携帯番号が変更に、、)

娘は、、というと
毛布に包まってアイスをもらって食べていました。

凹んだ理由のひとつは
Emergency先に書いていた
近所のアメリカ人の友人のことです。

彼女とは連絡が取れたそうですが

「病気を子供に移されたら困るのでお迎えにいけない」

ときっぱりとOfficeからの電話を断ったそうです。

とてもショックでした。事情はわかりますが
やっぱりここはアメリカなんですね、、、。

こういうことがあると
やっぱり非難が集中するのが
「遊んでいた母」なのですよ。

母は、いつも遊んでいるわけではなくって
数時間だけ息抜きをしただけなのですが
そういうことは誰にも通じないこと。

朝、ご飯を作って弁当を作って洗濯をして
片づけをして子供を送って
夕方は子供のお迎えをして、習い事に連れて行って
宿題に付き合い、ピアノの練習に付き合い
夜ご飯を作って、食べさせ、片付け、風呂に入れ
歯磨きをさせ、宿題をさらにして、寝かしつけ、、、
それも全部3人分!

をしても

当たり前、、、

なのですよ。

そういいながらも
夜はハンバーグ。
手抜きができないのが一因なのかもしれない。

子供たちは喜んで食べてくれました☆

がんばって作ったよ

 

 

 

 

 

 

うちには週4日Nannyさんが来てくれていますが
午後の2,3時間にしてもらえることは
掃除機、洗濯をたたむこと、そして
3人いる子供のうちの1,2人の相手

です。

その頼みのNannyさんから今日
「本業が大変なので仕事を今週限りにしたい
(ほんとは今日限りといいそうな勢いだった)」
と話がありました。

これも撃沈です。

夫がいない。

家族に応援を頼んだけれど、難しい。

だから、なんとかNannyさんと連携でやろうと
腹をくくっていた矢先でした。

いっぱいいっぱいです。



October 17, 2006

交換日記

交換日記をしています(^^)

交換日記











末娘のデイケア(託児所)の先生とわたしと。

2歳3ヶ月になる娘は
最近、一生懸命お話をしてくれるようになりました。

日本語30%英語20%不明語50%

なので、理解をするのが大変です。

「今日は学校で何をしたの?」

と子供たちに聞くのが
わたしの習慣ですが
息子と真ん中の娘に聞くと
末っ子も負けじと
「Yにも聞いて〜」と言い張ります。

そこで聞くのだけれど
いつもわかる言葉が
「ねんね」だけ。

毎日お昼寝をしているのは分かるけれど
もっと伝えたいことがあるに違いない!!

とおもったわたしは
今まで預けっぱなしだった
デイケアにノートを一冊持参したのでした。

先方は一日の様子などを書く習慣がなかったのか
たいそう驚かれました。

「なにか、あったのか?!」と。
クレームと思ったみたい。

お友達の名前すら知らないし、
食べさせてもらっているものも知らない。
何をして遊んでいるかも知らない。

それでは、娘と会話にならない、、という訳を話して
納得してもらいました。

日本の保育所のときは
交換日記のようなノートは3歳未満時クラスでは必須でした。

親側も朝の体温を測ったり
夕飯、朝食を記入したり
先生への伝言を書いて毎日渡しました。

そして先生も一人一人に
かわいいイラストつきで
毎日の様子を詳しく教えてくれていました。

真ん中の娘の通っていたプリスクールでは
小さな紙っぺら一枚、
みんなに同じ事を書いたであろうようなコメント1〜2行のみ。

あとは、お昼ご飯を食べたか、どうか
など丸をつけてあるだけでした。

なので、末っ子のデイケアは毎日
A4サイズのノートにびっしりと書いてくれるので
とっても手厚いということが分かります。

交換日記を始めて
末っ子との会話がうんと増えました。

「今日はTと一緒にブランコで遊んだのね」というと
Tの名前を繰り返します。
娘も今まで自分が言っていたことが通じるのでうれしそう。

気のせいか、日本語の語彙が増えた気もします。

ほんとうに細かく日記に書いてくれるようになったので
毎日このノートを読むのが楽しみです。

そしてこちらからコメントを書くのも楽しいですよ。

今日の娘の様子を紹介(出張中のパパも読めるかな?)
**************************

10/16/06
This morning, Y had cereal and milk for break.
10:00am was story time: we read "A Treasure for one year olds", "A collection of nursery "  and "Rhymes and lullabies".
change diaper

10:30am was preschool time. We did shapes and colors red heart and blue triangle.

11:00am outside play:swing ,ride bikes and play a game duck duck goose.

12:00pm Lunch time.came inside wash hands and face.

12:10pm Eat lunch.

Bake Chicken,Carrot/peas,rice and milk

12:30pm change diapers and went to sleep for 1 to 3:30pm

3:45pm snack time.
Peanut  butte and jelly(dont like peanubutter jelly)so we gave some rice, peaches,milk

4:00pm free play dance,read or sing


**************************

今日はお友達とのことが書いてなかったけれど
よく様子がわかりました。

また明日も楽しい一日でありますように。

 



October 16, 2006

やっと一緒にプレーできるね。

本日、息子は他のチームメイトより
1ヶ月以上遅れて
今年初めてのサッカー試合デビューをしました。

↓はチームの応援旗。
応援旗











今から1ヶ月以上前のこと。

サッカーシーズンに入るので
昨年もお世話になった
地元のサッカーリーグに申し込み、入金を済ませました。

それからなぜか
事務局から連絡がなく
幾度となく、メールや電話で交渉。

週末に入る前に
やっと話がつき

「なぜか登録を忘れていた
申し訳ない」

といわれお金を返してもらって
今回は諦めることにしたのです。

ところが昨日のWalk-a-thonで
友人に声をかけられました。

「サッカーの話を聞いたよ。
息子くんは、私たちの子供と一緒にチームの予定だったみたい。
いまからコーチを紹介するから、明日からプレイして」

とのこと。

聞くと、
息子の学年のお友達が半分以上もいる
チームに入る予定だったそうです。
手違いでコーチに連絡が昨日まで届いてなかった模様。

コーチ夫妻は、息子の学校の遊び仲間の親ごさんでした。

会うといきなり肩を抱かれ

「息子君は、明日からもちろん、チームに入るよね?」

と口説かれました。

そして、協会側にも
お金を返してもらった上で
無料で残り後半のリーグに参加ができることを交渉してくれるとのこと。

アメリカに来てこんなに親切で強引な人に会ったのは久しぶりかも。

それもこれも息子のお友達みんなのおかげなんだなぁ〜
と涙が出てきました。

学校のイベント後に
コーチ夫妻は早速、ユニフォームと靴下を自宅まで
持ってきてくれました。

そして本日に至ります。

試合前の打ち合わせ





実は、このチームまだ試合は1勝。
熱くて明るいコーチ夫妻に引っ張られて
楽しそうなチームです。

息子も試合デビュー。

ビギナーズラックでしょうか。

息子がなんと1点ゴール!

「あまり大きな声で応援しないでね」
(去年の教訓から)

と息子に言われていたのにもかかわらず
叫んでしまいました。

試合は2対1で勝ち越しました。

出張に行っている夫も見たかっただろうなぁ。

やっと一緒にプレーできるね。










やっと一緒にプレーできるね。

そういって、息子の肩を抱いてくれた親友くんでした。

あと1ヶ月あまりですが
サッカーも日々の活動に加わりました。

やっぱりチームプレイは楽しいね。

このあと、今はお友達のバースデーパーティーで
ボーリングをやっている息子たち。

タフですね〜〜。



October 15, 2006

Room Parents のお仕事

娘のキンダーのクラスの
Room Parent(クラス役員)の
お仕事、いよいよ始動です!

はじめの仕事は
「Class Roster(クラスの名簿)」作りと
Party Fund(年間のクラスパーティーのための募金)集めでした。

room parentのお仕事とクラスのボランティアのおかげで
ほとんどの子供と親の顔を覚えることができました。

さて、お次の仕事は本日行われた
Walk A Thon(学校の大規模募金集めイベント)のための
クラスポスター作りでした。

放課後に作ったよ





今年のWalk A Thonのテーマは
「スポーツ」だったので
テーマにあうポスターを
事前に他のクラスマザーと話し合いました。

サッカーやスケート、フットボールなどの
スポーツの塗り絵を子供にさせて
その上に子供たちの顔を貼り付けたポスターにすることに決定。

放課後に残って
作りました。

私たちがポスター作りをしている間は息子は
他の友達とWall Ballで遊んでいましたが
娘はお手伝いしてくれました。

当日のポスター♪





当日のポスターです!

walk a thon










学校の校庭、1周=約400mを
子供たちと一緒に歩きます。

事前に
「このイベントに参加すると
スポンサーになった人からお金をもらう」

という契約を結びます。
そのお金は
学校の運営費として寄付されるのです。
毎年このイベントで100万単位が収入として入る模様。

参加する子供たちには
数週ごとに
賞品が用意され、
ハッピーに。

賞品には
チューチュアイス、飴、フリスビーやポップコーンなど。
最後は学校の名前が入ったクッズがもらえます。

このときに着るT-shirtを前もって買っておきますが
子供たちは今年の分を。
私たち夫婦は昨年のT-shirtsで参加しました(^^;;

昨年と違うところは
・夫が今年はいたこと。
明日からChinaだけど

・末っ子が自分の足で歩いたこと
昨年はベビーカー参加でした。

それに
知り合いがうんと増えて
わたしがとっても楽しかったことです。

息子の代からいうと
キンダー、1st、と今年の2年生分の
お友達とその親ごさんがいるので
歩いていても声を掛け合ったり
おしゃべりしたり。

とても居心地がよくなりました(^^)

昨年はひたすら黙々と歩いていたような気もします。
昨年のwalk a thonの様子はこちら。

これから、お友達家族とバレーボールをしたあと
娘がお呼ばれしているバースデーパーティーに行ってきま〜す!



October 14, 2006

2nd gradeとKindergarten project

木曜日、ボランティアの日。

2nd gradeの息子の教室に行くと
「土を掘ってきて」
といきなり先生に頼まれました。

何を作るかというと、、

2ndgradeオーナメント
















Halloweenのためのオーナメントなのですよ。

私の役割は

(基本的に↑を完成させるための全部のお手伝いなんだけれど、、)

まず、一番上の茶色の紙に
のりをつけ、土を乗せ、
さらにそのうえにかぼちゃの種を貼り付ける
お手伝いをすること。

土だらけになって次々と子供たちを後ろの席に呼びました。
次々と、、、というのは
また遅刻してしまったからです。
今回は先生に謝ったけれど
「it's all right」と言われる代わりに

わたしが(遅れてごめんなさい)というと
「yes,,,,,,,」と不気味に笑い
と少し怖い雰囲気でした(><)

さて、オーナメントに必要な
ほかの部分も子供たちに切ったり張ったりさせて
糸をくっつけて出来上がり。
まるで図工の時間です。

教室の後ろで
子供たちを数人呼びつつ
こんな作業をしているのですが
先生はしっかりと算数や英語の授業を進めていました。

逆に集中力が養われるかも (^^;;

できあがったものを先生が教室につるして

教室のあちらこちらに










かわいい雰囲気になりました。
(厳しい先生なので写真を撮るのもドキドキ)

Kinderの娘のCentersのお手伝い。
ここでもやっぱりハロウィン関係でした。

みんなで作ったJack










オレンジ色の紙に目や鼻や口を張って
頭に葉っぱとつるをつけて
最後に下にオレンジと黒のヒラヒラを。

出来上がり図










左側が出来上がり図です。
右側は先週のお絵かきの作品。

細かい作業にもかかわらず
一度に5,6人のキンダーKidsを任されます。

最後にのりでべたべたになった手を
トイレまで着いていって洗い、
20分の時間が過ぎるまで粘土遊びをさせました。

図画工作、美術、手芸、家庭科、、
それらは昔からへたっぴなので苦手でした。
得意なのは体育だけ、、、、?

子供を持つと
苦手だといって逃げてばかりもいられないのですが
やってみると意外と楽しい〜〜。

自分も子供と一緒に
楽しませてもらっています。

学校のボランティアって
自分もまた子供時代を一緒にたどれる気がします。

キンダー時代に舞い戻っているわたしって、、、、(^^;



October 13, 2006

Kindergarten Homework

PCのクラッシュから
無事に生還しました。

夫の徹夜の作業のおかげです。

そしてPCを初期化した上で
とったバックアップデータをインストールしなおしてもらいました。
こうしてまた元通りに
しかも快適に使えるようになって感激しています。

PCを使った仕事をしているくせに
夫がいないと全然だめなんです(><)
寝ていないようだけれど、今日仕事は大丈夫なのかしら、、。

今はボランティアの合間の休憩時間なので
アップしておきたかった記事を書いておきます。
またゆっくりとみなさんの温かいコメントやメールに
お返事をさせてくださいませ。

9月からKindergartenに通う娘の宿題。

まだキンダーなのに宿題、、には
渡米当時にはたいそう驚きました。

保育所で元気いっぱい体験学習で育ててきた子供たちに
いきなり絵やアルファベットを書かせることを期待されたからでした。

壁に張ってあるよ


















渡米当時の息子の数字とアルファベット(左上)
5歳半でした。
いま、5歳半の娘の描いたものは左下。
そういう息子も
すっかり右側の日本語では
花丸をもらえるようになりました。

スロースタートでも
ぜんぜん大丈夫!ということです(^^)

さて、娘の宿題は2種類あります。

1:月間のホームワーク(プリント類10ページ弱)
2:読書とレポート(1週間後に提出)

です。

1は、また別の機会に紹介することにします。

読書は、毎週決まった学校からの推薦図書を
家に持って帰ります。

daughter's homework










それを一緒に読み、
本の中で好きなページを選び
絵を描きます。
書ける子は感想も書きます。

娘は今回絵を描いた後に
「I like rainbow」と付け加えました。
(ピンク色の部分は自分の名前を書いていたので
ものさしで隠しました)

この宿題、
2年前の息子の代にはなかったものでした。
ただ、本を読んで1週間持ってきなさい、、と。

なので、我が家はそのまま本を開くことなく
持って行かせていかせることが多かった(^^;

1か月分のホームワークプリントをさせるのが
精一杯だったから。

息子の宿題と一緒に娘も何かできるようになり
ハッピーなようです。



October 12, 2006

PCクラッシュ!

朝起きてみると

いつも使っているPCが

真っ黒いエラー画面になっていました。

再起動してもだめ。

うまく立ち上がりそうなときにバックアップを試みたものの

また落ちてしまいました。

ああー

年に一度のバックアップではだめですね 涙

仕事や趣味のために使っているので

お古の子供用のPCにメールだけ

設定してもらいました。

でもこのPC、

キーボードがところどころはがれていて

(ベビーがむしったため)

変換しづらい・・・・・・・

学生さんにもう一度レポートを送りなおしてもらわないと、、

そして、ここ1週間前から始めた

日本人学校の名簿作り。

またみなさんにメールを送りなおしてもらわないと、、、、。

便利だけれど

使えなくなったときに困るのがPCですね。

日常に支障がでないように少しずつ復帰させていくしかない。

というわけで、

これから気を取り直してテニスにいってきまーす。

用意していたBlog用の記事は直ったらアップします 涙

なかなかメールのお返事ができないけれど、

みなさん、仲よくしてね。



October 10, 2006

Half Moon Bayへ

サンノゼから北に向かって30分ほどの
Half Moon Bayへ行って来ました!

目的はビーチとカニです。
halfmoon beach!








 

海を見ると血が騒ぐ〜〜〜


280から途中92号に入った途端に渋滞。

来週末、14日15日に行われる
Half Moon Bay Art & Pumpkin Festval
予兆でしょうか。

ビーチで遊んだ後
幽霊伝説が語り継がれているレストラン
Moss Beach Distilleryへ。

お化けの出るレストラン










テレビでも特集されたそうですが
入ってみるとなんともまぁ、無愛想な対応。
席に着いたものの不愉快だったので
出てきてしまいました。

そこでランチは
Johnson Pierの地ビールレストラン
Half Moon Bay Brewing Coに行きました。
今日のランチ!
















新鮮なシーフードと
気持ちのよいスタッフの対応!お勧めです。
夫は、10月のお勧め地ビールを頼んでおりました。

Pierはお勧めお散歩スポット

 

 

 

 

 

 

お食事の後はPierをお散歩。
この地は魚釣りやカニ釣りなどもできるそうです。

カニ捕りに必要な
丸い大きな鉄の入れ物を120ドルで売っている
お店で聞いてみました。

お兄ちゃん曰く

Dundness Crabのシーズンは12月ごろ。
この籠にChickenの生肉かイカを丸ごと入れて
岩の間の水の間に沈めておきます。

暫くするとカニが中に入ってくるので
ゲット!

ライセンスなどは必要なく
個人で自由に捕っていいそうです。

いまはまだ10月なので
カニ釣りは諦めて
代わりに活カニを買ってきました。

12月にリベンジなるか?
ここで活カニ買ったよ。

 

 

 

 

 

さて、買った後は
地元の新鮮な野菜を仕入れ
帰路に。
ここで買ったコーンは
今年買った中で一番立派でした。

92号線沿いは
来週のお祭りもあって、
パンプキンパッチ(かぼちゃ拾い)が
たくさん点在していました。

今年初のPumpkin Patch










ここで子供達は
それぞれ好きなかぼちゃを買いました。

お昼寝しているベビーには1ドルのチビかぼちゃ。
飾り用のコーンも売っていました。

コーンの飾り物

 

 

 

そして、色とりどりのかぼちゃも。
色とりどりのPumpkin

 

 

 

 

 

日本で良く食べるかぼちゃも置いてありました!

↑写真の白いかぼちゃは
スープに適しているそうですが
果たして食べるのを目的に買う人がいるのかしら?

他のユニークなパンプキンパッチ
巨大滑り台










巨大滑り台で人寄せをしています。

一番人気の
お城型パンプキンパッチ。
乗り物系も豊富で
ここに行きたい人が多くて渋滞していたのでした。

お城みたいなところ










帰宅したあとは
ヘトヘトに、、、、。

でもまだ仕入れたカニくんが待っていました。

Dundness Crab










12ドルだったよ。

これをたっぷりのお湯でBoilして
(お湯に入れるところはかわいそうなので、パパ担当)

 

そして出来上がり。

今日のディナー♪です。

Dinner is ready










カニはそのまま食べました。
あっという間に残骸に。

今日仕入れたコーンの甘さにびっくり。
チビは4つも食べました。

来週末、14日15日に行われる
Half Moon Bay Art & Pumpkin Festval
興味のある方、行ってみてくださいね☆



October 08, 2006

Halloween Shopping

昨年と違ってHalloweenに向けて
ひそかに盛り上がっている。

週末になったので
早速、娘1号、通称”ヒメ”の衣装を探しに行きました。

Targetで










これはTargetの一部。

30ドルもする衣装を見つけて
かごに入れていたところ
プレイグループの友人気箸劼気靴屬蠅縫丱奪織蠅伐颪Α

友人気砲茲襪

”Targetよりも隣のParty City”で買うと半額だ!

ということで早速そちらへ家族で移動しました。

さすがにParty City.今こそは、かき入れ時なのでしょうね。

種類も豊富で人が多く、やっぱり安かった!
人気の品は早くも

”sold out”

、がちらほら。

我が家よりも気合が入っているのが
アメリカの世間なのでしょうね。

あまりにもかわいいのが多かったので
一部を紹介します☆

ベビーのコスチューム
baby かわいい〜〜










寝たまま赤ちゃん〜ヨチヨチ歩きまで
対応しています。

男の子用
boys cosutume










もちろん、息子は
もう少し大きい少年用の方にも
振り向きもしませんでした。


女の子用
一番のお目当て☆女の子用










女の子用はさすがに
数が多かった。
なるほど、Targetよりも10ドル以上は安い。

大人カップル用
カップルで!










おとなりのおちゃらけ
M夫妻に似合いそうな左上のコスチューム。
(金髪のへんなカツラと60年代のロックンローラー風)

M夫妻は
私たちより少し年上のカップルで子供はいませんが、
家の周りの飾りつけや
コスチュームまで用意して子供達を待ってくれています。

目を見張った
Humor(ユーモア)系のコスチューム
ユーモア系










これでは、お笑いになってしまいます 笑

このほかに、男性用、女性用もありました。

「このコスチュームを着るといい!」と
しきりにお色気系を勧めてくれる夫。

自分で着たいらしい??




・・・・・・わけないか。






あとは、家の周りの飾りつけも
たくさんあります。

吊り下げ系













こんなのがぶら下がっている家が
ほんとうにあるのですよ。

家の前にこんなのがあったら・・・
















夕方にこれらが玄関の前においてあると
かなり迫力あります。

こわ〜〜いテーマ曲なんかを流して迎えてくれると
腰が抜けるほどびっくり
↑昨年、腰を抜かしそうになった体験者は語る。

最後は、キャンディーをもらうときに
持って回るPail(バケツ)
boy pailpail girls 






男の子はダースベーダーやバットマン。
女の子はプリンセス。

これだけ品を買うと100ドルはかかるでしょう。
その上、当日のキャンディーを入れる
かわいい袋や小物、甘いものを買うと
すごい出費となります。

アメリカの経済が
こういった季節のイベントの消費行動によって
支えられていることがよぉ〜く実感できます。

クリスマスには
親戚、友人、家族一人一人に
心を込めて送るプレゼントもその1つ。

企業がクリスマス時期にあわせて
新製品を出そうとする心理は正解ですね。

さて、問題の
ヒメの衣装ですが、、、、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

当日までのお楽しみ♪

ということでお待ちくださいね〜。



dahiyu537 at 19:51|PermalinkComments(8)TrackBack(0)clip!・Halloween 

October 06, 2006

伝染病

毎週一度の学校ボランティアの日。
楽しみなのは母ばかり??

【2年生の様子】
スタートは9時過ぎなのですが
いつも遅刻〜〜(><)

その代わりに2時間近くお手伝いするから
許してね
と心の中で先生に手を合わせます。

到着すると
ボランティア専用のテーブルに
2時間分のお仕事がたっぷり用意されていました。

今日は
・宿題のプリント作り
・社会の学習の教材作り
・緊急連絡カードをホルダーに入れる
・算数の採点と、成績つけ

それと、
・子供達を3人ずつ呼んで
カレンダー作りのための絵を
絵の具で描かせること。

それにしても2年生になって
息子はいたってクールになっちゃいました。

わたしがボランティアで教室に入っても
以前のように

「my mommy is here!」とか
「That is my mommy!」と

言ってくれなくなりました(><)

こちらから様子を見ながら無理に声をかけるけど
日本語なので無視されることも。

さみしぃ〜〜〜

ところで、1つ最近発見したことがあります。
英語を喋る人に通じるある法則です。
「伝染病の法則」と密かに命名しました。

「こちらが純粋にニコニコとしていると相手にも伝染する。
こちらのNegativeなことは相手にも通じる」

という当たり前のような法則です。

厳しい先生、、、
時折つい言い過ぎちゃうのでしょう、、

そういう時はその言葉に反応せず、受け流して
他の会話をすると
先生は後ろめたさを置いておいて
ほっとしたように普通に対応してくれます。

Negativeな連鎖を断ち切る、、
ということになるのかしら。

(またこのことについては後日触れたいと思っています。)


【Kindergarten】
いよいよCentersの授業が始まりました。

5人ずつ×4グループに分かれて
それぞれ20分ずつ違うActivityをする授業です。
20分経つと
次の活動に移ります。
同時に色々な学習ができるという仕組みですね。

今日は、
・先生と一緒に読書するグループ
・アシスタント先生と字を書くグループ
・ヘッドセットを使って物語の音声テープを聴くグループ

そして、
わたしの担当する
お絵かきグループに分かれました。
Jack'O Latern










もうすぐハロウィーンなので
かぼちゃのお化け、Jack-O- Lanternの
絵を描きました。

大人用のTshirtをスモッグ代わりに着させて
描く手順を説明。

キンダーの年頃は
女の子の絵の完成度の高いことにびっくり。

男の子は手取り足取り、です。
(もちろん例外はありますよ)

描いたあとは
20分が過ぎるまで
机にみんなを座らせて
ハロウィーンに関する絵本を読んであげました。

絵本は3冊も用意されていて
子供達の集中が途切れないように
読むのは大変でした。

時折
「Pumpkin Patchに行ったことある?」
「今年はどんなコスチュームを着るの?」
「どのくらい大きなかぼちゃを見たことあるの?」
などと質問して
子供達を参加させないと
すぐに飽きちゃうのでした。

質問すると
永遠に答えてくれるお喋りな子供達でもありました。

今日は、一人の子供が
トイレから帰ってこなくなって
校長先生まで出て
大探し事態が起きました。

トイレの時間を休憩時間と間違えて
滑り台で遊んでいたところを
他の先生が見つけて
一件落着。

キンダーは何が起こるか
まだまだわかりませんね〜〜〜!

先生2人と大人のボランティア1人で
計20名の子供達を見るのが精一杯ですよ。

そういえば先日日本の教育ガイドラインで
「一学級30人クラス」が盛り込まれたそうですが
一人の先生で30人の子供でも
きついとおもいます。

そしてその先生は
小学校であれば音楽も体育も図工も、、
全部やるのでしょう、、、、。

スーパー先生はそうそういないと思います。

その辺は分業できたら
随分楽だし、
先生側の余裕も違うから
子供を救い(掬い)上げる事ができるのに。

育児も家事も同じことだと思っています。
一人の人にいろんな責任を押し付けすぎかも、、。

な〜んていろいろと
考えるボランティアの1日ですが
最後に娘が
「家に一緒に帰りたい〜〜〜!!」と毎回泣くのは
どうにかならないかしらね。



October 05, 2006

いよいよHalloween

10月に入ると、
街はハロウィーン一色になって行きます。

ご近所でも、買い物先でも
あちらこちらに
ハロウィーン用の飾り付けが見られるようになり
慌てて我が家も1つだけ玄関に出しました。

昨年はハロウィーンの楽しさを見くびっていたので
事前準備がほとんどナシ。
当日の学校のパーティー、お友達とのパーティー
一緒に近所をTrick or Treating、などの楽しさに
たまげました。
(詳細は、Categoriesの一番上、Halloweenで昨年の様子を
覗いてみてください★)

今年は、教訓を生かし
事前準備するぞ〜と気合を入れております。

子供が着る
コスチュームです。

Halloweenの衣装第1号

 

 

 

 

 

 

 

 

早速、2歳の娘には、こんなものを買ってしまいました〜〜

とっても似合っていてかわいい♪
Targetで15ドルなり。

息子は、昨年に引き続き

「そんなものは着てられない」

そうなので、
持っているHalloweenのT-shirtsで済ませます。

問題はおしゃまな5歳の娘。

今日、子供のテニス中に
お友達から教えてもらった情報によると
Disney Storeで
既にコスチュームが25%のセールらしい!

娘を連れて週末前には
仕入れたいとおもっています。
ベルギー人のママですが
主婦トークは世界万国共通ですね。
こういう情報は助かります。

この時期は、ハロウィーンから始まって
11月に感謝祭、12月にはクリスマス、、
と国全体が、まったりモード。

The best time of the year!

だとおもいます。

こんな時期にはスローダウンしてのんびりしたいなぁ

そして次年度に備えてエネルギーを蓄えたいと思います。

年末はいよいよ2年ぶりに(2年2ヶ月ぶりですが)
日本に一時帰国も決まり
お友達に会えるのを
とっても楽しみに毎日過ごしています〜。



dahiyu537 at 09:48|PermalinkComments(14)TrackBack(0)clip!・Halloween 

October 04, 2006

初手作り〜作っちゃった〜

朝からアレルギー注射、
その後Yoga、
ランチ、買い物、お茶

を済ませて17時に帰宅しました。

帰宅後すぐに夕飯作りに取り掛かかりました。

今日のメニューは前日から決めていたのです♪

唐揚げ作っちゃった〜♪






 




です〜〜。

実は、揚げ物をするのは
子供が生まれて初めてのこと。

7年間、から揚げは作るものではなくって
「買うもの」でした。

できたてを子供達もつまみぐいはするし
喜んでくれて嬉しい♪

では、どうしてから揚げをする気になったかというと・・・・・

女性の活力の元











 

 







1日たっぷりと
自分(の胃)にご褒美を与え
おしゃべりと買い物をして
とっても気分が良かったからです〜〜!!

Cheese Cake Factoryでいただいた

FRESH APPLE DUMPLING (写真下)
A Whole Baked Apple Stuffed with Raisins and a Dash of Cinnamon-Sugar
Baked in a Pastry Crust. Served Warm with Whipped Cream

がさっぱりしていて、私好みの味でした。
6ドル45セントだったと思います。

もともと自分は
さっぱり、あっさり、ボーイッシュなので
こういうGirlyなことはあまりしませんでしたが
女性に目覚めるのって悪くないですね〜。

自分に優しくすると
家族にもとっても優しくなる気がします



October 02, 2006

ブドウの季節、Napa Valley

9〜10月は
ワインブドウの収穫期!

ワイン用ブドウ










こんなブドウがたくさんなっている
Napa Valleyに家族で行って来ました。
Napaは2度目で、お泊りは初めてです。

そうそう、ワイン用のブドウは小粒なのですよ。
濃い色のブドウは赤ワイン用。
黄緑色は、白ワイン用です。

今回のまずのお目当ては
Napaの一番北にあるスパでも有名な街。
Calistogaのワイナリー、
Sterling

ワイナリーの駐車場に着くと
目の前にはゴンドラが。

ゴンドラに乗るよ










別名、Air Tramで3分強かけて
山を登り、ワイナリーに連れて行ってくれます。

前述↑のHPに
「12時半までに到着すると5ドルオフ」
の割引券があるので
忘れずにプリントアウト。

ブドウの収穫期










歩くコースに順番に
ワインテイスティングの場所があり
各自片手にグラスをもちながら
中を見てまわれます。

白ワイン用のブドウを
収穫し、機械で潰している様子を
じっくりと見ることができました。

機械で実を潰します










ワインの味は
・・・・だったそうですが
見てまわり、ゴンドラで行って帰ってくるのは
子供も十分楽しめました。

その後、Beringerに行きました。
ここのワインは、夫曰く
「Merlot(メルロー)が最高!」とのこと。

Wine Clubに入会し
2ヶ月ごとに、2,3本送ってもらう契約までしていました。
入会するのは無料。
そしてテイスティング代は無料になり、
このブランドのワインは20%OFFで
購入できるようになります。

自宅郵送のワインに対しては45ドルから60ドルを
支払うそうです。
気に入らなかったらキャンセル可。

その次はRobert Mondavi.

フランスワインを差し置いて
カルフォルニアワインの名を世界に広めたワイナリー。

お味は、前のベリンジャーのメルローに
魅せられてしまった夫にとっては
対したことがなかったようでした。

でも、テイスティングをするとグラスをもらえるので
いい、記念になります♪

この日のお泊りは
Napaのダウンタウンにある
Embassy Suite Hotel Hilton.

全室がスイートなので広い!
ベットルームのほかにリビングがあり、
キッチン、冷蔵後、電子レンジなどがついています。

今まで泊まったEmbassy Suiteの中で
一番よいホテルでした。
新しく、清潔で、従業員のみなさんも
良い人ばかり、サービスgood!
立地もNapa Wine Trainの乗車場所から近く、
HWYを降りてすぐでした。

夕飯を頂いたホテル内のレストラン
”Rings”はこれまた
日本人好みの薄味でした。
お料理が早く出てくるところも
子連れにとってはポイントが高かったです!

朝食は無料のBuffetがついています。
朝食Buffet










このほかに、飲物や、パン、ヨーグルト、シリアル、
オーダーメイドのメイン(卵、ベーコン、ソーセージ)
などがついてくるので
朝から至れり尽くせり。

Hilton系列のホテルは
ポイントやマイレージで泊まることができるので
出張の多い駐在員の御用達かもしれませんね。

出張手当がでなくなったこのご時世なので
こういうところで家族に還元されるのは
うれしいことです。

最終日は
Opus Oneに行きました。

Opus One











前述のRobert Mondavi
フランスのワイン王、ロスチャイルド家が一緒に作った
最高級ワインだそうです。

その年で取れた
最高のブドウを寄せ集めてブレンドして作った赤ワイン。

1年に一種類しか作らないというぜいたく品です。
テイスティング代、25ドル。
グラスが欲しい場合は、25ドルもう一度支払って
グラスを買います。

自分の飲んでいたグラスを
こっそりと持ち帰る人を発見してしまいました〜

いけないんだぞ〜〜ぉ。

さて、お目当ての最後は
 Wine TrainWine Train

 

 







Napaのダウンタウンから
20マイルほど北の街、St Helensまで
往復する旅です。

テイスティングをしてから
3時間の電車の旅に出ました。

車内の様子
















ちなみに、我が家はランチナシの
一番お安いチケット。
でも、12歳以下は同一料金なので
5人で173ドルほどかかりました。

ランチつきで予約したものの
合計322ドルになってしまい
変更することにしました。

持ち込み可能。
ちょうど、ランチタイムだったので
近くのDeliでサンドイッチなどをたっぷりと買って
乗り込みました。
車内でも割安でオーダーできるので
手ぶらの人がほとんどでした。

ワイントレインの最後尾










最後尾まで行って
周りの風景を見たりすることもできます。

ブドウ畑を見たり
ボーっとしたり、
車内を隅々と歩き回ったり。

3時間も何もしない時間は
日常では滅多にないので
思いがけず楽しく、
充電できました。

ワイナリーが近くにあるサンノゼは
とっても恵まれていますね(^^) 

わたしは、
ワイントレインで
ウエイトレスさんに勧められてテイストした
白ワインが
美味しいと思いました。
今回の旅で飲んだのは
このグラス3分の一の量ですが
幸せだったなぁ〜