December 2006

December 31, 2006

よいお年を

今日は大晦日ですね。

 

この1年間、Blogに遊びに来てくださった皆様、

どうもありがとうございました。

 

みなさまの1年はいかがでしたでしょうか?

 

わたしはこのBlogを通して

支えられたり

新たな出会いがあったり

 

 

素敵な一年でした。

 

どうぞ今後もよろしくお願いします。

 

 

そして

 

遊びに来てくださっているみなさまにも

来年がより実りの多い年になることを

 

心からお祈りしています。

 

年越しそば、食べましょうね〜♪

 

 

 

WaHaHa Yukko@Japan



dahiyu537 at 09:41|Permalinkclip!・いちじきこく 

December 27, 2006

中国地方へ

中国地方へ移動していました。

 

目的は

 

1)ホームスクールをしている担当高校生やその親御さんと面談するため

 

2)そのついでに温泉宿に泊まるため

 

そして

 

3)90歳になるおばあちゃんに会いに行くため!!

 

です。

 

 

 

1)丸2日間で合計4組の教え子たちと会いました。

ネットを使った学習なので

3年経ちそろそろ卒業を目前としていても

まだお会いしたことがない教え子もいます。

 

 

お互いの中間地点の駅でお会いしたのですが

雨の振る中、新幹線を使って

がんばって出てきてくれた教え子たち。

どうもありがとう。

 

わが子たち。

自分の母が

先生

 

 

という顔も持っていることが

子供3人にとっては新鮮らしい。

 

ママは先生なんだねー

 

なんて言ってました。

 

 

 

2)祖母の家と教え子たちと会った中間地点の

鞆の浦温泉に泊まりました!

 

日本の温泉100宿に選ばれた宿だそうで

ホテル内や温泉、露天風呂

どこからでも海が眺められ幸せな気分になりました。

 

そしてサービスも抜群。

従業員の教育がしっかりと行われているようで

きもちよくお泊りをさせていただきました。

 

時間の都合で到着も出発もバタバタだったのが

残念、、、、。

 

のんびり温泉に浸かっていたかったけれど

おばあちゃんにも会いに行きたくて。

 

 

 

3)祖母に4年ぶりに会いに行きました。

 

かつては4人の従兄弟とおばさん、おじさんと祖父祖母、曾祖母の

大家族が住んでいたこの家。

今ではおじさんおばさん、祖母だけになってしまいました。

 

子供のころから夏休みのたびに遊びに行った

山の様子や田んぼ、畑は何一つ変わらなかった。

 

 

みんなでお墓参りをしてお墓のお掃除をして

そして一つ一つのご先祖様に手を合わせてきました。

 

 

今年90歳になった祖母は

耳や足が弱ってきたものの

相変わらず元気でした。

 

おじさんおばさん、介護も大変だろうけれど

達観した様子は

とっても励まされました。

 

 

祖母やおばさんが、

 

 

 

母親になっても

あんたはぜんぜんかわらんねぇ〜

 

 

だって。

 

少しは変わらないとだめだよねーー。

 

 

 

おばあちゃん、また来るよ。

それまで元気でいてね。

 

今度は家族5人お泊りさせてねーおばさん。

 

帰る故郷があるっていいなぁ。

 

 

とおもった

旅でした。

 

 



dahiyu537 at 21:50|Permalinkclip!・いちじきこく 

December 26, 2006

自然がいっぱい・・そしてバタン

今日は真ん中の娘より。

 

 

おじいちゃんのおうちは自然がいっぱい☆

 

前庭で飼っている蜂の巣を見せてもらったよ。

あまりにもたくさんいるからちょっと怖かったけれど

どうやって蜂蜜がとれるのか観察したよ。

 

 

パパが写真を撮っていたら

顔の真ん中に蜂が止まって刺されちゃった。

とっても痛そう。顔がはれちゃってボクサーみたいになっちゃった。

 

 

 

それからおにいちゃんがお庭の池に魚を増やしたいというので

おじいちゃんと、みんなで網とバケツを持って

お山に登ったよ。

 

沢や小川で網をすくうと

たくさんめだかみたいなお魚が捕れたの。

トンボの子供のヤゴやゲンゴロウも一緒に取れたから

おじいちゃんのお庭に一緒に飼うことにしたよ。

 

 

泥んこになったけどたのしかったなぁ。

 

 

お昼ごはん後、ママがバタンと急に寝ちゃったの。

びっくりしたけれど

パパいわくずっと疲れていて風邪もひいているんだって。

 

ママがずっと寝ている間

みんなでおじいちゃんの畑のお手伝いをしたよ。

 

お芋を掘ったり

草を抜いたり、たくさんお手伝いしたよ。

 

自然がいっぱいでたのしいなぁ。

 

おじいちゃんもおばあちゃんも

やさしくって大好き。

おじい

って呼んでも怒らないんだよ。

採れた手のお野菜もおいしかったし、

たくさん遊べたし

またすぐにここに帰って来れるといいな。



December 25, 2006

九州上陸

昨日から

夫の実家、九州に来ています。

 

こちらは天気がよくって日中は暖かめ。

 

おじいちゃんに子供がお会いするのは

5年ぶりくらいです。

 

 

到着早々

おじいちゃんの1000坪の畑に遊びに行きました。

 

みんなで

ブロッコリー、ワサビ菜、ねぎ、小松菜

などを収穫して夜にいただきました。

 

 

無農薬野菜を作っていらっしゃる畑。

 

守るのが大変だろうけれど

素敵だな。



December 23, 2006

涙、ナミダ、なみだ

今日はナミダの一日でした。

朝っぱらからデパートで
夫とけんかして涙。

いつもいないくせに家族はいつも優先順位の一番最後。

家族・子供を一番に優先せざるを得ない私としては
我慢が度を越していて
ただもう情けなくって涙が出ました。

そこで飲み会に早々に出かける夫とは別れました。

 

 

 

 

 

息子を0歳児から4歳児の間まで担任後
娘の3歳児クラスを担当してくださったM先生とお昼ご飯。

ずっと行きたかった
豆腐レストラン

梅の花にて。

 

幼いころから5年もの間わが子をお世話になっていて
第2の母のような存在です。

 

小さい育児の悩み事も
感動も一緒に分かち合って歩んでもらったので
何も隠すことがありません。

今度は、子供が先生のおうちに
お泊りに行くことを約束して
さよならをしました。

 

 

 

昼過ぎから

いよいよ息子の親友君たち3人と公園にて再会しました。

 

親友君たちも0歳児クラスのときから
アメリカに行く5歳のときからずっと同じクラス。

 

大勢いる中で
自然と気が合うお友達を小さいうちから
本能で見分けているだけあります。

 

まるで彼らは兄弟のよう。


一つ一つの動作が

あ、うん

 

の調子で、

何をしても楽しそう。

 

 

 

 

そんな彼等を見て
心がうずいて
ナミダが出ました。

 

 

かけがえのない友達っていうのは

こういうことを言うのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてその後、

このメンバーと

娘の仲良しさんと
息子の保育園時代のガールフレンドも合流して

ちゃんこ鍋を食べました。

 

総勢大人5名。子供13名。

 

 

ふと気を抜くと

母もなみだがでてしまいそうで、、、、、。

 

最後に

娘がお別れがつらいと泣き出し

 

「今までアメリカでがんばってきたんだもんね」

 

とお友達ママが娘に声をかけてくれたときに

 

 

あやうくもらい涙をしました。

 

 

 

 

あーー、故郷を離れるのはつらいなぁ。

 

 

 

 

ああああああああああ

 

 

 

 

 

だめだ、、弱音を吐いてしまいそう。

 

 

 

 

 

 

号泣しそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも

 

 

 

 

 

 

次に帰ったときにも

 

きっと彼らが待っていてくれるから

 

これを糧に

 

 

がんばろうと思います。

 

お会いできたみなさん。
お友達でいてくれてありがとう。



December 22, 2006

子供の生まれ故郷へ

実家を離れて
子供の生まれ故郷、5年間住んでいた
ATG市に来ています。

わたしたちにとっても
子供を初めてもうけて5年間住んだ地。

ふるさとです。

 

駅前が少々変わっていたけれど
懐かしくって、懐かしくって。

 

だけれど2年以上も時間がたっていると感じられなくって
不思議でした。

 

保育所のお友達と会ったり
おじゃましたり。

気の置けない仲間なんだよなぁ。

 

元園長先生や担任の先生も
会いに来てくれました。

わざわざ手作りのパンを作って持ってきてくれたNさん。

仕事と育児の合間に忙しかったでしょう。どうもありがとう。

久しぶりにお会いできてよかった〜〜

 

夜はSちゃんの自宅で宴会。

全和食コースでした!

一品一品心がこもっていて
子供たちも旧友とワイワイと遊んでいました。

 

ああ、また戻ってこれるかな、この地に。

 

 

 

 



December 21, 2006

日本の耳鼻科

朝からの人間ドックをキャンセルして
今日は休養日にしました。

 

そして実家近くの耳鼻科に行きました。

 

朝から大勢の患者さんと待合室で待っていて
なんだか親近感が沸いちゃいました。

こんなときにほっとする時間ができるなんて。

読書にふけりながら、
待ち時間がぜんぜん気になりませんでした。

 

診断結果は

軽い風邪と
蓄膿。

日本に来て蓄膿になったなんて、ちょっとかっこわる。

お薬を4種類ももらいました。

普段は熱なんてめったに出ないから
やっぱり疲れがたまっているのかなぁ。

 


別の場所で今日ディナーをする予定だったYRちゃんが
見舞いもかねて
実家まで電車を乗り継いで来てくれました。

 

それも子供たちの学校と幼稚園が終わってから。


 YRちゃんは、私と同い年の帰国子女同士ママ。

上の子供が生後8ヶ月ごろから
友人を介して知り合い
その後、仲良くしています。

 

海外に出ると日本のテレビ番組が見たいでしょう

 

と録画したアニメなどDVDに録画して
定期的に送ってくれています。

 

ほんとは、おいしいレストランでご馳走したかったけれど
出前で失礼しちゃいました。

でも、寒い冬空、
元気をもらって明日からまた復活します!

 

 



December 20, 2006

アメリカ大使館にて

六本木のアメリカ大使館に
ビザの更新に行ってきました。

 

実家の母に子供をお願いして
夫婦2人で車でGo!

 

朝7時50分ごろから並び始めて
9時30には面接が終わりました。

 

面接の内容は
英語で

「家族は何人ですか?」

「今の会社にどのくらい働いているのですか?」

「職種は?」

 

などの簡単な質問をされました。

 

これなら余裕、、、とおもったときに最後の質問

「お二人はいつご結婚されたのですか?」

 

と聞かれてあああ・・とつまる夫。

 

 

1999年です。

 

と横からヘルプしてしまいました。

その場で、ビザ取得が認められたので
年明けには、無事にアメリカに帰ってくることができます。

 

それにしても、ビザ更新のたびに
日本に帰って面談をするのはどうなんだろう、、、、。

 

今日はその後、思ったより時間が早く終わったので
誰かに会おうということになり
N證券G支店に勤めていたときの
お客さんで今は友人になったO教授夫婦を訪ねました。

O教授は今年は82歳。

今はシルバー大学などで講師をされている様子。

おすしなどご馳走になり近況を伝えました。

すっかり娘のようにかわいがっていただいております。

 

お昼過ぎから夫もわたしもそれぞれの会社に出社。

オフィスが品川の斜め前にお互い位置しています。

 

わたしはTeacher会議に出席。

若くなった!

やせた!

 

と同僚から絶賛♪

 

が、

 

経理のおじいさまからは

 

 

 

数年前のほうが君はかわいかった

 

 

とズバリとお言葉。

ハハハハ、、、、年をとったということですね、はい。

 


そして担当の学生がそれぞれ2人神戸と川崎から会いに来てくれました。
最後は卒業生の男子学生とお話して帰路へ。

 

今日はかなーーーーりぐったり。過労死ものです。

 

夫も時差ぼけで帰りの車の運転がつらそうでした。

 

 

蓄膿を勃発しているワタシ。

明日は、人間ドックをキャンセルして
一日寝込むことになりそうです。

 



December 19, 2006

給食費滞納の話

ちらりと新聞で読んだのですが
日本の公立学校で
給食費の滞納が増えているそうです。

それも、支払える余裕のある家庭が
支払いを拒否するパターンが増えているとか。


きっと事情はあるのでしょう。

 

子供がアレルギーで食べれないものがあるから
給食費は割に合わないとか。

 


ほかの理由は、、、、

 

 

 


考えつきませんでした 苦笑

 

 

 


あの学校の給食は
栄養のバランスとカロリーがしっかりと考えられていて

とても秀逸で

日本の子供の体をしっかりと作っている要因のひとつだと思うのです。

 

 


毎朝お弁当を作る身としては

給食制度がとってもうらやましい。

 

 

支払わないのならば
その人たちはお弁当にするべきです!!

 

・・・といっても
親が支払っていないことを
子供には知らせていないそうです。

 

それもちょっと変な話。

 

子供だって、しっかりと事実を伝えれば
それなりに自分の頭で考えるでしょうから
隠すよりは先生から伝えるべきだと思いました。


でも、当事者じゃないので
的外れな意見かもしれませんねーーーー。

 

 

 

 

今日は台湾から帰ってきている親友M子と
その後、私の勤務先の元担当の卒業生のMが遊びに来てくれました。

M子とは3時間ランチをしながらしゃべりっぱなし。
話しても話しても足りないんですよね。

 

卒業生Mは
インターハイスクールを卒業後
大学生になって心理学を専攻しています。

ホームスクールをしていた学生は
一人一人がとってもユニークで
それぞれの道をしっかりと歩いている様子がわかり
担当冥利に尽きました。

 

それにしても給食、わたしが食べたい。



December 18, 2006

さ、寒いっ

北風がびゅんびゅん吹いて
その音で目が覚めました。

案の定、一日寒かった〜〜

公園で子供を遊ばせると
手がかじかんできます。

こんな感覚も久しぶり。

 

そういえば、日本に帰ってきて
白物家電の大御所

「洗濯機」さま

にいたく感心しています。

 

というのも

 

とっても静かで動いているのかどうか
思わず確かめてしまったくらい。

 

その上、最後の脱水も
しっかりと絞れています。

 

アメリカ製とは大違いだ〜〜。

日本の技術はすごいね。

 

 

今日のゲストは
シドニー時代の20年来の友人、Mさん。

わざわざ有給休暇をとって
遊びに来てくれました。

 

ひさしぶりに
普段では話さないことを
たっぷりしゃべったよ。

 

 

連日のゲストに
疲れも見せずにご馳走を作って
振舞ってくれる母。

まだまだ自分の母にはかないません。



December 17, 2006

わんわん泣いた

時効成立ということで
わんわん泣いたお話を。

 

以前からこのBlogで書いていましたが
私は、飛行機がとっても苦手。

 

今回の一時帰国1週間前から
サンノゼ空港に数回通って
飛行機を眺めたり
飛行場の雰囲気を味わったりしました。


体と心が「拒否反応」しないように
慣らすための訓練でした。

 

そしていよいよ当日。

 

雨の中
サンフランシスコ空港まで運転。

途中で事故したての車を見てどきどきしたりして
ようやくLong Term Parkingにたどり着き
子供3人と義母を連れてシャトルバスに乗り込みました。

 

はー疲れた、

でもここからが本番。

 

と、チェックインのため
エアラインのカウンターに立ちました。

 

 

飛行機が怖いので

前もって2点のリクエストを出しておきました。

・家族が一緒に座れるように=安心感
・飛行機の前方に座れるように=減圧迫感。

 

しかし、カウンターの女性が継げた言葉は

「一番後ろの席しかあいていません。しかも、家族が一緒に座れません」

とのこと。

 

一番後ろの席なんて怖すぎて絶対に無理。しかも満席。

 

食い下がって、交渉したものの

飛行機恐怖症について

 

「そんなのわがまま。気合で乗れ」

といわんばかりの対応だと思えてしまいました。

 

 

 

 

そしてとうとう、涙が。

 

 

 

止まらない涙。

パスポートを残したまま

カウンターを離れて

飛行場の隅で

わんわん泣きました。

 

義母だけ飛行機に乗せて
子供と一緒に
このまま引き返して
サンノゼの家で横になって寝よう。

もう、わたしには無理だ。

せっかく、飛行場に通って予行練習もしたのに
すべてが水の泡だ、、、、。

 

 

あまりにも泣いているので
子供たちも心配していつの間にか3人ともいて
真ん中の娘も泣き始めました。

 

ああ、またやってしまった。

大失態。

でもそれでもあふれてくる涙。

 

 

 

 

その12時間後には

無事に成田空港に着いていました。

 

一緒に付き添っていただいた義母と子供たちと
最終的には考慮してくださったエアラインの年配の女性のおかげです。

 

そんなハプニングを乗り越えて着いた日本なので
毎日会えるお友達が
とってもありがたく、大切なものだと思えてなりません。

 

今日は、N證券時代の同期Nくんとその家族が
来てくれました。

Nくんとわたしは、総合職の2ヶ月の研修時に
お互い赤点組みで
一緒に勉強をした仲です。


人望の厚い彼は現在本社の人事部で活躍していますが
いまでもそんなダメチンなわたしを気にかけてくれ
家族ぐるみのお付き合いをさせていただいています。

奥さんは数ヶ月前にお子さんを出産したばかり。

3ヶ月の赤ちゃんをたっぷり抱っこさせてもらいました。

 

公園では子供3人と汗だくになって遊んでもらって
奥さんとわたしはおしゃべり♪

 

わんわん泣いたけれど

がんばって日本に帰ってきてよかった。

ひとつ何かを乗り越えた気がしています。



December 16, 2006

真冬の花火

2年ぶりに見る日本のテレビ。

芸能人やニュースキャスターが
覚えているころと比べて
年をとっているのが面白い。

もっと面白いのは
いつみても変わらない美川憲一。
どうやって美しさと 笑 若さを保っているのか
教えてほしい。

 

今日来てくれたお友達は
千葉県に住むY子ちゃん。

だんな様の運転で
男児3人、計5人で遊びに来てくれました。

知り合ったのは息子の生後10ヶ月検診のとき。

待合室でウンチをしてしまった息子の世話を
あたふたしていたら


大丈夫ですか?

とお手伝いをしてくれたのが彼女でした。

とっても気さくで、お話が上手でかわいい
同い年の彼女とはすぐにお友達になりました。

お互い転勤族なので、
出会った土地とは違う場所に住んでいますが
こうしてまた再会できて
大感激です。

子供たちも覚えていて
すぐに遊び始めました。

 

 

夜ご飯を食べた後


花火を持ってきてくれたことを教えてくれました。

 

アメリカは花火を個人的にできる日が決められていることが多く
それも独立記念日だけ。

2年ぶりに花火を存分、お庭で楽しみました。

真冬の花火は

夏とはまた違った風流な感じがして素敵。

今度はアメリカに来てよ〜〜

とHugをして別れました。

遠くからわざわざ家族で来てくれてありがとう。

今回の日本滞在は
2年間アメリカでがんばったご褒美なのかな。

とっても幸せです。



December 15, 2006

お風呂はいいなぁ

まだ若干時差ぼけの子供たち。
夜は7時過ぎに寝て
朝は5時前からごそごそ。

3人が起きてテレビを見ているところを
起きてくると開口一番、息子が

 

 

「(テレビを指して)この掃除機、ママ買って!!
すごくいいんだよ。いろいろと吸うんだよ」

 

 

と興奮気味。

 

朝のテレビ通販のチャンネルを見て
すっかり買う気になっているらしい。

 

でも、値段はどのくらいなの?

 

と冷静に聞いてみると

 

 

「いち、ゼロ、コンマ、ゼロゼロゼロえん」
(10,000円)

 


と息子。

 

「それは一万円って読むんだよ」

 

というと、

 

「い、いちまん??すっごーい高い」

 

とすぐに買うのをあきらめた模様 笑

朝から、洗脳されてどうする、息子よ。

 

 

さて今日は真ん中の娘と一日違いで生まれた
お友達Hちゃんが来てくれました。

神奈川県の産院で知り合ってから6年近くのお付き合い。

Hちゃんには双子の弟妹がいて
3人兄弟。
身長190cm近くあるママは
再会のHugをすると
かがんでくれました 笑


ママのNさんは
さっぱりしていて、育児や人生観が共感できて
そして包容力のある人で
仲良くしてもらっています。

 

子供たちは雨上がりの公園で
泥だらけになり遊び、
家に戻ってから押入れの中で遊び、
くたくたになるまで遊んでいました。

泥だらけになって遊ばせることができる
お友達って貴重。
子供たちがとってもいい顔をしていました。

 

Hちゃんたちが帰った後は
サンノゼで夏に知り合ったKちゃんが神奈川から
わざわざ実家まで来てくれました。

子供も大よろこびで
トランプをして遊び、
帰りには、まだ遊びたいと
べそをかく娘でした。

その後
4人でたっぷりお風呂。


肩まで浸かると
疲れが取れる気がします。

 

ああ、日本人じゃのう。

湯船を輸出したいものです。

 

いつもいつも連絡を取っているわけではないけれど
いざというときに会いにきてくれるお友達は
かけがえのないYukkoの宝物です。


日本のお友達にお知らせ:
お知らせしていた帰国時の携帯メールアドレスですが
使えないことが判明しました。
PCメールは仕事上常時見るようにしていますので
メールの場合はそちらにご連絡くださいませ。
電話はお知らせした番号で通じます♪

お知らせその2:
一時帰国中は、3匹のモンキーが常に一緒なため 笑
お友達のみなさんのBlogの記事を拝見することがなかなか難しいです。
でも、you are always on my mind.



December 14, 2006

日本という国は

日本という国は

・外で吸ってる喫煙者が多い

・公共交通機関が発達している

・チップ制ではないのに、サービスがよい。
親切、やさしい。

・出前でもおいしい。

 

 

思ったほど寒くないのでほっとしています。
サンノゼの最近の朝晩のほうが冷たい空気だなぁ。

ところで今日はレンタカーを借りました。

親がアメリカと日本を行き来しているので
マイカーがありませぬ。

レンタカーの人のサービスのよさ、
手を握りたくなるほどいい人だったぁ。


早速、運転していますが
子供たちにいつも
「左側通行!!」
と声をかけてもらってます。

おとろしぃ〜〜〜〜!!

 

 

シドニー小学校時代の友人Yが息子のYくんをつれて
実家まで電車を乗りつぎ来てくれました。

抱きしめあって再会を喜び
ほっとして別れました。

子供同士も公園で遊んでくれました。

一生ものの友人。

すぐに駆けつけてきてくれてありがとう。

 

 

 

季節外れの花火。

おばあちゃんが夏からとっておいてくれました。

子供たちは今外で花火を楽しんでいます。

★USBカードを忘れてしまって
画像が取り込めません。

画像をアップするまで今しばらくお待ちくだされ。

 



December 13, 2006

ただいま

本日、無事に日本に帰ってきました。

 

妹家族が実家で待っていてくれて
子供たちも初めて2人の従兄弟とのご対面をしました。

3ヶ月のベビーをうちの3人はかわるがわる抱っこ。

従兄弟っていいね〜、親族っていいね〜

ああ、やっと家に着いた〜

しかし

眠いです〜〜〜!

お風呂も入らず今日はこれまで。

取り急ぎ一時帰国無事到着のご報告。

 



December 12, 2006

Christmas Piano Recital

週末に息子と娘の習っているピアノ教室の
クリスマスリサイタルがサニーベールの教会で行われました。

昨年と同じ会場です。昨年の様子はこちら

会場の様子

 

 

 

 

 

 

 

今年は息子に引き続き
5歳の娘が発表デビューをしました。

 

母、緊張して遠くから見守ることしかできずに
画像も遠目。

娘の弾いた曲は「Bravery at Sea」というFolk Songです。
日本で言う、チョウチョのお歌を
両手で弾きました。

concert debut

 

 

 

 

 

 

出始めから何度かつっかえる娘。

こちらは手に汗を握って聞いておりましたが
本人は、とっても冷静に始めから弾きなおしておりました。

 

そして、昨年に引き続き2回目の息子。

Haydn(ハイデン)の「The Surprise Symphony」を弾きました。

his second year

 

 

 

 

 

 

 

手前に写っちゃった女性が気になるなぁ。。。。笑

 

息子は、途中でテンポが速くなってしまうので
それが注意点でしたが
本番に強いのか
ちょうど良い速さで弾き終わりました。

2人ともよくやった!!

大勢の前で緊張するだろうに、こんなに幼いうちから
がんばりました☆

 

それにしても今年のコンサートは画像が悪いですね〜

ビデオカメラをセットし、末娘をひざに乗せ、片手にデジカメだったので
許してね。

 

発表会の後
Hanamaru 寿司でお祝いをしました。

寿司シェフSさんにもお祝いしてもらって
新鮮なお寿司をおなかいっぱいいただきました。

 

 

ピアノは習い始めて1年4ヶ月になりますが
好きで続けられている習い事。

音楽一家になったらいいなぁ

とひそかに楽しみにしています。

 



December 11, 2006

心あったか大阪風たこ焼きパーティー

息子と同じクラスのRちゃんのお宅で
土曜日の夜にたこ焼きパーティーをしました♪

息子の通っている学校は
日本人がそれほど多くありません。
学年にも、息子とRちゃんだけ。
たまたま一緒のクラスになり、
仲良くしてもらっています。

家に入ると、すっきりとしたダイニングテーブルに
既にお皿が並べてありました。

折り紙で座る場所に名前まで書いておいてくれて
「予約席」のようでした☆

すっきりしたテーブルセット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インテリアコーディネーターの資格を持つママのMさんの
お家の中はとってもさっぱりで素敵に飾りつけ。

オーナメントも素敵でした♪

 

 

 

 

オーナメントはお子さん達と手作りまでしたらしい!

とっても手先が器用で優しく綺麗なおかあさん。
あこがれてしまいます。

さて、本番のたこ焼き作り開始。

まず汁を入れて、、、、

 

 

 

 

 

 

汁を入れて、タコ、紅しょうが、ネギ、天かす、鰹節を上からいれました。

屋台で手際よくやっているお兄ちゃんをイメージしながら
くるくるとひっくり返してみましたが
なかなか難しかったです。

でも、最後のほうは上手にできました。

ふっくらとできました♪

 

 

 

 

 

 

熱いうちをホクホクといただいて、
すっかり大阪人な気分になりました。

子供達はなにやら子供部屋でゴソゴソと遊んでおりました。

後で聞くと

トランプをしていた

そうです。

「七並べ」や「一休さん」など初めて教えてもらった息子と娘は
家に帰って翌日もやろうやろう!と
うれしそうでした。

母に教えることができないことを
子供同士で学んでくれるのはありがたいです☆

末娘は中学生のお姉ちゃんが、
相手をしてくれました。やさしいなぁ〜〜
3人兄弟長女のわたしも
こんなに優しいお姉さんだった時代があったかしら???疑問。

 

 

このパーティー最後の〆のデザート登場

甘いものに目がないわたし♪

 

 

 

 

 

 

お手製ロールケーキに(Rちゃんママ作)
前述のプリンセス。(Yukko家持参)
そして、用意していただいた果物を添えると
ゴージャズなデザートの出来上がり。

果物を添えると
お皿が明るく見えますね!

お手製ロールケーキも
とってもおいしかったです。

実家に帰ったときに
以前自分が作っていたロールケーキのレシピを探し
アメリカでまた作ってみたいと思います♪

お互い、パパは出張中でおりませんでしたが
(いなかったから?)
つい長居をしてしまいました。

ご馳走様でした〜〜



December 10, 2006

保育所からのマブダチ☆

週末はたいてい、3人のうちの誰かが
バースデーパーティーにお呼ばれします。

子供にとってはとても楽しみなイベントなので
ありがたい事です♪

最近は、めっきりDrop Offして
Pick Upに徹していた母ですが、
このたび、末娘の保育所のお友達からお呼ばれしました。

さすがに2歳のチビを預けて帰るわけに行かず 笑
子供3人連れて4人で参加させていただきました。

そして、とっても

感銘

 

して帰ってきました。

 

お天気のぐずついているサンノゼ。

場所は、Tくんのご自宅でした。

娘が1歳半から通い始めたデイケアで
いつも遊んでいる数人の男の子のうちの一人です。
(女の子は娘しかいないのです 笑)

家に入った途端
オープンな様子に緊張が解け、居心地がよくなりました。

おつまみにクラッカーやベジタブル、果物が

デン!と並べてありました。

おつまみ・・・参考に♪

 

 

 

 

 

 

 

そして、曇りの天気の中、
お外でパパがBBQ。

このセットで焼きました☆

 

 

 

 

 

 

お酒など飲めるようなバーもあり
とってもオシャレでした☆

 

そこで焼いたチキンや
ハンバーガーのパテ、ホットドックのソーセージが用意され
バーガーやホットドック

 

 

 

 

 

 

昼食開始〜

飽きる子供のために
ヘリウムを入れた風船をその場で膨らませて
ふく笑いのような顔をシールでそれぞれ作るアートワークや、、

兄弟のための

トランポリンや

トランポリンまでありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンピングハウスまで

ジャンピングハウスだ!

 

 

 

 

 

 

用意されていました。

途中から、お天気にも恵まれました☆

 

このお誕生日のために借りてきたのか

と聞いてみると

購入したとのお返事。

 

Costcoで買うと大きな大人も遊べる
ジャンピングハウスは借りる値段の2回分で
購入できるそうです。

もう既に2度借りてしまった我が家です(^^;;

家に所有していると
暇な休日に
出して遊べるから便利よ〜〜

とTのママは言っておりました。

 

この手作りホームパーティーを見て
感激したのはこれだけではありません。

近くにいるTのグランパ、グランマも参加。
孫の2歳のお誕生日パーティーにわたしも将来呼ばれたいよ〜〜。

また、兄弟やいとこなどの
親族を呼び
パーティーを助け合って作り上げていました。

ホストのママは忙しいながらも
ヘルプがあるので
安心してみんなとおしゃべりができるのです☆

 

素敵だな。こうして親族と一緒に
2歳のお祝いができるのは。

 

さて、いよいよクライマックスのケーキ登場。

この下はカップケーキなのだ

 

 

 

 

 

 

手作りミッキーマウスケーキ
でした。

 

カップケーキをたくさん並べた上に
アイシングで顔を作ったようです。
かわいいでしょう〜〜

ケーキの前にTとKと我が末娘Yが陣取って・・・・・
まぶだち☆なのだ

 

 

 

 

 

 

お互いにケーキやアイスを食べさせあいっこしてました。

0、1歳児から預けていると
お母さん同士もなんとなく戦友みたいな感じになってくるのは
アメリカでも同じでした。

言葉の壁は高いですが、
この時期から預ける母は
育児の価値観が似ていたりするのですよね。

だから、おつきあいが気楽。

 

 

今日は、末娘のマブダチでしたが、
年末は、長男と長女の0歳児からの友人達に会いに行くことができます!!

もう、それはそれはとっても楽しみで。

一緒に育ってきた幼馴染と
育児と仕事をしてきた戦友のママ達。

長男を預け始めた当初は
周りの近い人々から

 


育児よりも仕事が大切なのね
とか

片手間で仕事をするなんて迷惑

なんて、よく言われたものでした。

 

 

だから、いまあえていいたい。

「保育所へ通わせていてよかった。」

そこで幼いうちに学んだ友情や経験は
かけがえのないもの。

キャリアも続けていてよかったとおもいます。

 

育児の試行錯誤は常につき物ですが
保育所に関しては、そうおもっています。



December 08, 2006

Vasona Lake X'mas light up

ただいま!

いま、Vasona Lake Parkのクリスマスライトアップから帰ってきました♪

entrance

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

月〜木の12月14日までは
入場料が12ドル→10ドルのお得価格ともあって
車の列もすごかったです。

3snowman

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供の宿題、夕飯、お風呂、歯磨きを全部終わらせて
パジャマの上にジャケットを着させて
夜7時半に出発。

普通の日だって
駆け足で用意したら7時半には寝る用意ができるのですね。
ははは。

santafishing

 

 

 

 

 

 

 

seaotter

 

 

 

 

 

 

 

今日のこのドライブのために
お昼間はしっかりとお昼寝をしました。

というのも
夜中5歳の娘がひさしぶりに夜泣きをして
2時間ほどつきあっていたからです。

dinasaur

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのうえ、今日の学校のボランティアは
クリスマス前の用意で
クラス全員分の足形手形を作ったりして
むちゃくちゃハードでした。

帰ってきたときにはくたくたで、、、。

 

義母にお迎えをお願いし
2時間気絶しました。

ああ、、何かをスローダウンしないと
来月からはこんなペースじゃ続かないなぁ。。

今日は、そのおかげで夜は元気でした。

squaretunnel

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

光のトンネル。
綺麗ですよね〜。光のシャワーを浴びている気分です。

lighttunnel

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出口は
サンタさんがまた来てね☆
と手を振ってくれるライトアップでした。

exit

 

 

 

 

 

 

出口では
お土産を持たせてくれます♪

入り口とは違う道で退出するので
見事に帰りは道に迷ってしまいました。

子供3人と義母を乗せて
くるくるとさまよってしまいましたが
なんとか家にたどり着きました。

夜の街頭がこちらは少なくって
分かりづらい!

それにしても
素敵なライトアップ。

一足先に
ハッピークリスマス♪

をたっぷり感じました。

みなさまにもおすそ分けです〜



December 07, 2006

やっと携帯

夫と遠距離になってしまったのと
緊急のときの連絡がサンノゼで取りやすくなるのは
ワタシになったので
ようやく今週からアメリカでも携帯電話を持つことにしました。

ネットで購入してもらって
届いたのは、これ。

my けいたい

 

 

 

 

 

 

とっても小さくて軽くて格好いいでしょう〜〜

 

 

 

でもね、、、

 

 

 

 

バイブレーター機能を設定するのに2時間。

 

ボイスメッセージを確認するのに1時間。

 

間違え電話を受けたり、アクセスするたびにかかるお金。

 

 

 

 

 

あああ〜〜既にもう、携帯いらないっ

 

という感じになっています。

 

結局夫とも夜にSkypeで話せるしなぁ。

 

 

ところで日本で使うマイ携帯は、これ。

日本の携帯

 

 

 

夫の日本出張時に


所持していた元格好いい携帯のバッテリーを買って来て欲しいとお願いすると

 

 

 

10年前の携帯か?!!

 

 

 

 

とおもえるものを
代わりに買って来てくれました。

控えめに画像も



「小」です。

 

 

曰く

「使わないんだから一番安いのにした」とのこと。

が〜〜ん。

 

もっとオシャレなのが欲しかった、、、、。

まだ乙女心を捨てていないのよ〜〜〜〜

 

 

・・そんなわけで

携帯を持ったうれしさのあまり

一方的に携帯番号の連絡がお手元に届く方も多いと思います。

どうぞ、登録してやってください♪

 

 

 

携帯を使いこなす日は来るか?

to be continued.(続きなんて知りたくないって?)



December 06, 2006

心を込めた贈り物は。

今日、Fedexで待ちに待ったものが届きました!

いつも福岡からお手伝いに来てくださっている義母へ
心を込めた贈り物。

それは、、、、

 

 

 

 

my publisherで作った記念アルバムです。

 

この箱の中身は、、、待ちに待った♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

表紙は義母と子供3人がディズニーのリゾートバスの前で取った写真。
写真の下に自分で考えたメッセージを入れました。
義母へ贈り物

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中身はこんな感じ。Book1













自分で選んだ写真と
メッセージ(英語)が自由自在に入ります。

 

 

 

子供の寝顔を拡大してみたり
義母と一緒に乗り物に乗っている娘の写真を入れてみたり、、、。

全22ページ、40枚あまりの写真集になりました。
Book2

 

 

 

 

 

 

 

 

5歳の娘に

「お手伝いに来てくれてありがとう。
ママからのプレゼントです」

 

と手渡してもらいました。

 

 

義母へ、WaHaHa Yukko一家より

 

と始まったその表紙のメッセージに

みるみる涙を浮かべる義母。

 

 

娘が心配そうに覗き込むと

義母は

 

 

 

感激した涙よ

 

 

 

と言っておりました。

 

 

 

 

喜んでもらえてよかった〜〜

 

 

 

 

だって、わたしったら

ほんとうにできない嫁なんですよ。

 

 

 

あれやってこれやってと命令口調だし

疲れたらすぐにいらいらするし、

自分の本当の親だって

もてあますくらいのヤローなのです。

 

それをいつも快く来てくださって

頭の下がる思いです。

 

 

 

 

ちなみにこの自分の手作りアルバムは
Mypublisher.comと言うサイトで
作ることができます。

編集用のソフトを無料でダウンロードして
アルバムに入れたい写真をデジタルで用意。

好きな台紙の色やサイズ、革製か否かなど
選ぶことができるのです。

値段もそれにより、9ドル99セント〜60ドル(+郵送料)まで幅広いですが
自分のオリジナルのものができるのはかけがえないですよ。

 

編集に疲れたら、一時停止しても大丈夫。

すべてPC上の操作になります。

最後にできたものをアップロードして
注文すると1週間以内で届きます。

ただ、この時期はクリスマスで混むので1週間強かかってしまいました。

 

これを機に、今までたまっていた
デジタル写真をどんどんアルバムにしていきたいと思います。

クリスマス明けなら3,4日で届くようですよ。

喜んでもらえてよかった。



December 05, 2006

X'mas Card 作り

 年末目前に
楽しく、多忙な毎日が続いています。

サンクスギビング後に始まった
クリスマスセールにも足を運べていない状態(涙)
今週か来週には時間を作って
絶対に行くぞ〜〜〜〜!!

今月は、息子の補習校も1ヶ月休学にしました。
30ドルの経費を払い、届けを出して完了。

これで少しは時間に余裕ができるかしら。

 

さて、そんな忙しさに拍車をかけているのが
クリスマスカード。

今年は
初めて気合を入れてShopで頼んで作ってみました。

今年のカード

 

 

 

 

 

 

ふらりとTargetに立ち寄って
Target Kodak Kioskを見かけたら
クリスマスカードのパンフレットが目に入りました。

早速その場で説明を受け、
家からデジタルで写真をひとつ選び申し込み。

なんと、次の朝には60枚、出来上がっていました〜〜

 

一枚あたり33セントなり。(封筒付き)
当日に出来上がりを希望する場合は一枚44セントです。

なんて、リーズナブルなのでしょう!


 

そのリーズナブルな値段の理由は、、、、

 

 

 

データを持って申し込みに行くと


一からKioskに置いてあるPCを使って
自分で編集してください〜〜♪

 

といわれます 笑

 

もちろん、手取り足取りで教えてもらいましたが
自分の持ってきた写真がすぐに画面で見ることができて
100近くあるカードに入れてみた状態で
選ぶことができます。

画像を選んだら、次は文面。

あえて、白い部分はメッセージとして残しておいて
写真の足元に名前、住所や電話番号を入れました。

ぜ〜んぶ自分で雛形を作るので
先方としては手間がかからず、
リーズナブルな値段で提供できるようです。

それにしても

教えてくれた女性もとっても親切。
帰宅後で、

「ほんとうに写真部分にメッセージを入れていいのですか?」と
確認の電話をしてくれた別の女性も親切で

感激しました。

こちらでは、文面の部分を空けておいて
写真部分に字を入れるのは珍しいことらしいです。

 

ちなみに翌朝早く行ったところ
もう用意してありました。

受付の男の子が、これまた親切で
封を開けて確認した後
丁寧にテープを張ってくれました。

ひさしぶりにアメリカで
お金目的でない、心からの親切なサービスを受けて
気持ちよかったです。

 

そうそう、我が家の渡米後のクリスマスカードの歴史ですが

初年度は
引越ししてから2ヶ月弱で家の中が落ち着いていなかったので
親族、転勤直前にお世話になった方たちのみで省略させてもらいました。

 

昨年は
自分で気に入った写真をプリンターで印刷して
買ってきたカードに一つ一つ手で張り、
送りました。

 

そして今年は既製のカードです。

できばえに満足、更に枚数も多く作れました。

60枚で22ドルって安いでしょう?

切手代が50ドルとしても
100ドルかかりません〜〜♪

ひさしぶりにYukkoと家族の写真が見たい!!という
友人のみなさん、ぜひご住所を教えてください。


クリスマスカードを送ります。
締め切りは今週いっぱい 笑

dai510@hotmail.com まで
気軽に連絡してね☆

 



December 04, 2006

広島風お好み焼き♪

ここ数日、食の話題が多いですが
これも、”食欲の秋”の続きということで
笑って許してね〜

一年中食欲の秋かもしれない我が家???

昨夜、お友達KIさんのお宅で
広島風お好み焼きパーティーのお誘いを受けました!

お手製広島風お好み焼き

 

 

 

 

 

 

作ってくださったのはだんな様。
凝りに凝って作った一品です。

一つ一つの材料や、焼く順番に
こだわって出来上がり。

上にふりかけてある、鰹節にいたっては
高知から買ってきたという鰹を
先ほど削ったという、しろもの。

パクパクと頬っぺた落ちながらいただきました☆

 

また、一緒に出していただいた
けんちん汁。

これも絶品でした。

一口飲むと
出しの味と、里芋、ごぼうの味が口に広がります〜〜

 

 

あぁ、日本人でよかった☆

 


 

 

とおもう瞬間ですね。

 

 

 

 

我が家が持っていったものの一つ。


ファーマーズマーケットで買った
Artichokeのディップ。

クラッカーに乗せて食べると止まらなくなります 笑

 

 

そして、もうひとつは、


トレジョで発見。
新発売の品。

 

 

 

 

 

 

Joe San's 酒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Trader Joe San's Sparkling Sake!

ジョーさんって、自分で’さん’つけてるし、、、、。

 

 

 



 

これは、日本では見かけたことがないかも。
スパーグリング酒、すなわち炭酸入りのお酒。

説明によると
にごり酒のような感じ
とのこと。

果たしてお味のほどは、、、、

 

 

 

 

 

一口目

匂いはお酒だが、薄まっている感じ。
炭酸の後味がいまいち、、

 

 

 

 

 

 

二口目

結構、おいしいかも?飲みやすい?

 

 

 

 

 

三口目

こりゃいける〜〜

 

 

 

 

 

 

女性向きのさわやかなオシャレなお酒です。

アルコール度も7%と低目です!

 

さて、このパーティー。
実は夫の送別会もかねたものになりました。

いよいよ来週から夫は長期出張に出かけてしまいます。

次に会えるのは、日本の一時帰国で
途中から合流するとき。

素敵な手作りパーティーを開いていただいて
家族ともども感無量です。
 



December 03, 2006

Princess解禁

おいしいケーキ、また見つけてきました。

食いしん坊ぶり発揮です。

テニス仲間としゃべっていたときに、
ケーキの話題になり、一押ししてもらったのが

フランスケーキ、カフェ店のBijanです。

そこの目玉商品のひとつである
Princessというケーキ。

名前がかわいくて見た目もゴージャスでしょう♪

Princess

 

 

 

 

 

 

一晩置いて、今日解禁としました!

 

外の赤色はシナモンシュガーの皮になっています。
中身は、こんな感じ。

slice

 

 

 

うまく撮れなかったので小さい画像で我慢してね(^^;;

 

スポンジとブルーベリークリーム、
普通のクリームの層になっているケーキでした。

味のほどですが、、、、

 

 

超ウマ!

 

 

です。

この前紹介したケーキ屋よりも
ここのほうがおいしいと思います。中身の層の部分は
しつこくなくって甘くなくって変な癖がない。

シナモンシュガーの部分は個人のお好みですね〜

赤のPrincessのほかに
緑もおいてありました。(写真右中央)

Bijan1

 

 

 

 

 

 

 

6インチで19ドル99セント。
7インチは22ドル、8インチは24ドルでした。

他のケーキや、パンもおいしそう。

Bijan2

 

 

 

 

 

 

 

ミツワ近くのChinese Super Market,Lionと同じ並びにあります。

家から近いので、ああ、通ってしまいそう。

時折無性に食べたくなるのですよね。

100点満点でした☆

 



December 02, 2006

I.O.U. Party

一時帰国の日も決まり、
買い始めたお土産に埋もれています。

2年以上ぶりになるのでワクワク。
会うお友達や先生、親族の顔を一人一人思い浮かべながら♪
お土産の買い物にも気合が入ります。

もう、ハッピーすぎて何が来ても怖くない状態かも!
(あ、苦手な飛行機に乗るのが怖いけど)

そんな鬼に金棒な気分な中、
今週もまた学校のボランティアにいきました。

2年生の息子のクラス、
お手伝いをしていると
なんと、ポップコーンパーティーが始まりました。

party

 

 

 

 

 

 

↑先生が自宅から持ってきたポップコーン製造マシーン(中央)

以前から黒板に(ホワイトボードに)

I.O.U. pop corn party

と書いてあったので
気になっていたところ。

I owe you (to have) a pop corn party!!

先生が、子供達にパーティーをする貸しがあるなんて、なんでだろう?

とおもって息子に聞いてみると、ちゃんと理由がありました。

 


一日’good behavior’

をしていた子供に先生がビー玉をくれるそうです。

 

そのビー玉が集まって、ガラスのJarにいっぱいになると
ご褒美としてクラス全体でポップコーンパーティーを
授業中にするというお話でした♪

先生は、子供が好きなスプライトまで用意してくれていましたよ。
なぜか、炭酸飲料が子供は好きだと固く信じている先生 笑

おなかがいっぱいになったころ、休み時間。

子供達よ、エネルギーをたっぷり消耗してね。

 

その後、この日のキンダーのお手伝いは、
owl

 

 

 

 

 

 

ふくろうの吹流し作り。

紙を切ったりぺたぺた張るのは子供の役目。

私の役目はそれを丸めて
穴を開けて糸を通す。

・・・・だけれど、ほんとう〜〜に

 

センスナイ

 

わたしなのでした。

パンチであけた穴の位置もまちまちだし
毛糸の長さも違うし、

アート系のお手伝いは
英語の授業のお手伝いよりもつらい。

子供達が各家に吹流しを持って帰っていましたが
できばえが悪くってがっかりしていないといいな、、、、。

あれ?

ホリデー気分でハッピーなはずなのに
うまくできなくて、ちょっと凹んでいる自分を発見かも〜〜。



December 01, 2006

X'mas Light Up

 Thanksgiving(感謝祭)の連休が終わったと思ったら
街は一転クリスマスモード。

気温もそれにあわせて
メチャメチャ寒い〜〜!

どのくらいかというと
たとえば昨日。

最低気温が2度で最高気温が13度。

半そでで過ごしていたLAって
やっぱり暖かかったのね〜。

息子の日本語学校にお迎えに行く午後7時前には
外は真っ暗。

5時半には暗くなっているけれど
7時前後になると
クリスマスライトがあちらこちらの家でつき始める。

そこで我が家も子供達にせがまれて
一足早くライトアップ!

点灯

 

 

 

 

 

 

外に夫が飾りを出してから
実際に点灯するまで5日間ほど経ったので
待ち遠しかった子供達は
声を上げて喜んでくれました。

ハッピーホリデー☆
↑まだ学校があるけれどすっかり気分は冬休み♪