February 26, 2006

レーシック 手術後検診

レーシックをKさんが受けてから1週間が経ちました。

片目の手術後の視力回復が思うように行かない状態です。
(片目だけ視力0.1です)

そういうことも含めて
レーシックについて報告して欲しいという
強い要望をいただき、ここにアップさせていただいています。

☆翌日検診☆
翌日のチェックアップは15分もかからずに終わりました。

アンケートを書いて
視力を測り、目の状態を見られます。

一夜明けて
左目は見やすいけれども
右目が見えづらいと言っていました。

視力を測ったところ
左目は1,0ほどに回復していました。
問題の右目は200分の20(0.1)の視力でした。
(裸眼では0.01以下でした)

調べてみると若干の感染症が認められたので
点眼の抗生物質を2時間ごとに点眼するように言われました。

一般的な手術後の目の充血は
4週間くらいすると完全に消え
目の傷が回復するのは3ヶ月くらいかかります。

つまり、視力もこれから良くなりますとのことで
その日は帰りました。

通常であれば翌日検診の次は1ヶ月検診なのですが
炎症が少々あることと
右目の視力のことで
4日後にまた見てもらうことになりました。

☆4日後検診☆
右目の見え方がなかなか良くならない状態で
検診を迎えました。

視力検査をしてみると
左目は1,0まで回復していましたが
右目は相変わらず0.1のままです。

先生は、炎症も治まり、目の状態はよいとおっしゃっていました。
抗生物質の点眼はもうしなくても良いとのこと。

そして視力については日が経つにつれて良くなるはずだとのこと。
次の1ヶ月検診まで待つことになりました。

☆今の状態と今後☆
左目と右目の見え方が随分と違うので
頭痛がするようです。

あまりに頭痛がひどい場合は
早期に右目をもう一度手術するか
視力を矯正する(メガネなどで)
をしてもらうようにするのがよいようです。

夫の会社内で
他の場所で手術を受けた人が
やっぱり視力の回復が悪かったそうです。
そこですぐに二度目の手術をしたところ
良くなった人がいるということでした。

今回の手術を受ける前に
右目の裸眼があまりにも悪いので
目標値、1.0にならない可能も10%あると
言われていました。

話は反れますが
日本のレーシックのサイトには
手術をして2.0になった!
という話が多く載っています。

一方でアメリカでは20分の20(1.0)の視力を目指して
手術が行われます。

これは技術の差なのでしょうか?

答えはNoです。

日本人の「目の良い指標」は視力2.0。
アメリカ人の回復視力の指標は1.0。
その違いだそうです。

2,0は見えすぎて頭が痛くなるとか
逆に近くが見えづらい
(老眼になるとつらい)という問題も出てくるそうです。

とはいえ、
あとは段々と視力が良くなってくることを
心よりお祈りしつつ
次の1ヶ月検診に一緒に臨みたいと思っています。



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by kingan   May 10, 2006 14:55
5 Yukkoさん、はじめまして。
SF周辺のLasik情報を集めていてこのブログに辿り着きました。貴重な体験談がこんなに詳しく書いてあるなんて・・と感激しながら読ませていただいてます。
 近日中に私もLaser Eye Center of Silicon Valleyで手術前の検査だけでも受けてみようかなと思ってます。その際にはYukkoさんのお名前を出させて下さいね!
2. Posted by Yukko   May 12, 2006 22:58
>kinganさん
初めまして(^^)
お役に立てているようで
何よりです。

最近、この記事を見て
受けてみる!
という連絡を色々な方から
いただいています。

ぜひ、受けた暁には
またその後の様子などお知らせください。

もちろん、紹介の件大丈夫ですよ。
Profileに書いてあるメール先に
一度ご連絡くださいませ。

グッドラク!です。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔