・アメリカでかかった医者

September 15, 2006

Back and Neck Pain Center

10日前の交通事故の後
わたしは首が、
夫は腰が痛くなりました。

病院に行ったほうがいいのかな?
様子を見たほうがいいのかな?

と迷っていたところ
心配して電話をくれたお友達に勧められたのが
ここです↓

ココに通ってます〜










(被爆しているようで苦手な)レントゲンを撮ったりして
早いうちに治しておくとよいようです。

ここでは、整体と
ボディマッサージの2種類で
あらゆる体の痛みを和らげてくれます。

おかげで10日で
夫もわたしもすっかりと体が軽くなりました。セラピーは
交通事故の場合は
大抵保険が全額負担をしてくれるようです。

Co Pay(自腹分の診察料)もなく
毎回通わせてもらっています。

一般的な保険を利用すると
保険にもよりますが
1回5ドル〜20ドルくらいで
マッサージが受けられるようです。
保険がないと一時間70ドル。
整体はいくらか不明。

私は首を、
夫は腰に低周波治療器を当てられて
箇所を暖めます。
その後、ドクターがゆがみを治すべく
グキッと骨を調整してくれます。

お次はボディーマッサージに↓

セラピールーム




 

 

 

 

これがまた気持ちよい〜〜!!

セラピストの女性と
お話しをしたところによると
カナダでは医療保険に
「ボディーマッサージ20回分」
というのが
含まれているそうです。

誰でも20回は無料で
マッサージが受けられるとか。
羨ましい限りです。

この気持ちのよいマッサージですが
おかげで腰が治っているにもかかわらず
夫は今一懐疑的。

「自分で泳いだほうがよっぽど筋肉を動かしたり
ほぐしたりできる」

そうです。

確かに超多忙のビジネスマンが
仕事に行く前にマッサージを受けるのは
気後れするかもしれませんね。

でも、男の人にもこういうセラピーは
リラックスをするためにも
必要ですよね〜〜

(一般的に男性は自分の体の不具合にignorantだ
とセラピスト女性が言っておりました。)

夫には
「事故から最低1ヶ月は通ったほうが良い」と伝えています。
そうでもしなくっちゃ
すぐに無理して体を壊すからね(^^;;

自動車保険がいつまで払い続けてくれるかわかりませんが
他人にいたわってもらえるこの時間。

しばらく通ってしまいそうです(^^)

もし、マッサージと整体に興味のある方は
こちらに連絡をしてみてください!

とっても上手な方たちですよ。
特にマッサージはお勧めです。

Back and Neck Pain Center

Saratoga Ave Mitsuwa近く
電話:408-996-8562です。

入り口のあじさい










玄関には季節外れのアジサイ。

カルフォルニアは気候が良すぎて
イチゴも4月から実をつけ続け
オレンジも6月と12月に実をつけ、そして
お花もきっと勘違いしちゃうのでしょうね。
2度も咲いてくれます。



dahiyu537 at 09:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

August 16, 2006

抜歯その後

親不知を抜歯してから丸一日以上たちました。

結果からお伝えすると

『腫れもなく痛みもなく快適!』でした。

では時系列に詳細を。

1)手術前8時間は食べ物、水分は一切摂らないようにする。
全身麻酔のため。
ぴったり8時間前に何か食べようと思ったけれど
結局起きれず、14時間も何も摂取しない状態になってしまう。

2)予約時間の10分から15分前に到着するように言われるが
いつものごとく、遅刻した。
夫は運転のために同伴。
そこで、治療代800ドル弱を払い、処方された薬について説明を受ける。

緊張でトイレに駆け込む(><)

3)待合室で待つこと10分。
名前を呼ばれる。
そのまま治療室へ。

シートの位置や、これからの説明を受ける。
リラックスするように目の前に海やドライブなどの画面が流れてる。

それでも緊張〜〜!!と連発。

4)血圧を測ってもらう。
血圧はもともと高90、低60のわたしが
高119と低90になっている。
緊張しているねぇ〜と看護婦さん。

看護婦さん、優しい。4人も立ち会ってくれるそうだ。

5)いよいよ先生の登場。
韓国人のドクターは快活、明るい、おまけにナイスガイ。
ヨン様をもっとスポーティーで、短髪にした感じだ。
(韓国人スターったら、ヨン様しか知らないわたし)

先生がいよいよ全身麻酔を・・・・

そこで騒ぐわたし。

「やっぱりこわい〜〜」

「抜歯が怖いの?全身麻酔が怖いの?」

「全身麻酔」と伝えるとその説明を。

麻酔は点滴で、内容物は

1:精神安定剤のバリウムの一種
2:ステロイド 腫れないように
3:血圧を安定させる薬 出血しないように
4:麻酔 気持ちよく眠れるそうだ

とのこと。

そのうち、点滴をゆっくりいれられる。

まだ騒ぐわたし。「どのくらいで手術が終わるの?」

「15秒くらい」・・・・と先生の声がすると

段々よいきもちに♪

あーもっと寝たいのに、起こさないでよ。

とおもうと抜歯が終了していた。

車椅子に乗せられて時計を見ると30分くらいだった。

6)そのままパーキングへ行って車に乗る。そして帰宅。
抜いたほうの左下にしっかりとアイスパックを当てる。

***手術後***

家へ帰るとNannyさんと子供達が待っていた。
5歳の娘が今にも泣きそうな顔で、ママに、お手紙と。

お手紙には

「○○ ままはやくなおってね。○○しんぱいだよ」と書いてあって
かわいいお花と顔の絵が。
手渡すと泣く娘。娘が最高にいとおしく感じる。

心配だったんだね〜。ヨシヨシしてそのまま横になる。

暫くして目が覚める。
、局所麻酔が効いていて
食べて飲むようにいわれているが、そんなの無理!

とおもったけど、極力食べるように、、、じゃないと腹ペコ。

おみずと、卵豆腐をいただく。

午後5時過ぎに、ドクターから電話が。

「調子はいかがですか?」

まだ、局所麻酔が効いていることをいうと
夜までには取れるでしょう。心配要らない、できるだけ食べて飲んでください。
といわれた。何かあれば次の日に電話を、とのこと。

口の中の不快感や、消毒の苦い感じがは残っているが夜には腹ペコ絶好調。

夫が作ってくれたすうどんを2玉ぺろりといけた。
7時間後には局所麻酔も取れた。

アイスパックは当日は頑張ってしていたからか

翌日になっても抜歯後が腫れず。

痛み止めも一度飲んだきりで、飲まずに済む。
2日目からはほぼ常食。

回復が思ったより早い。懸念されていた神経麻痺などもなさそう。

あの先生、手術までに1ヵ月半待たされただけ合って
やっぱり凄腕かもしれない!

Joseph S. Kim, DMD

700E.EL Camino Real,Suite 220

Mountain View CA 94040

tel:650-938-9280

Nijiyaのすぐそば。
日本語の同意書なども用意されていて
日本人の患者も多いらしい。

*****

3日間は激しい運動は避けるようにとのこと。

安静は1日だけでした、残念!

テニスとYogaは3日間はお休みします〜

これで今後、親不知の心配はしなくってよいので嬉しいわたし。



dahiyu537 at 05:17|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

August 15, 2006

Wisdom Tooth

いまから親不知を抜きに行って来ます〜〜〜!

左下の親不知です。

もともと18歳のときに右下だけ
オーストラリア時代に抜きましたが
そのときの体験が強烈過ぎて
左は抜いたほうが言われたまま16年間も放置しておりました。

生えかけたままだったので
歯茎に食べかすなどがたまるたびに
腫れたり痛くなったり。

何人の歯医者に「抜いたほうが良い」と勧められたことでしょう。

今回抜く気になったのは
やっぱり歯茎が痛くなったことと
いい加減抜かないと
年取って感染症になったりしたら困ること、
何より

アメリカの最新医療を信じてのことです!!
こちらに滞在中は医療保険利くしね。

それにしても、この緊張感は
昨年の目のレーシック治療を上回ってます。

なんていったって
嫌いな血が出るし、
全身麻酔だし、
怖いよぉ〜〜〜。

術後2,3日は安静&腫れがピークらしい。

親不知が
あごの骨にしっかりとついていないことを祈ります。

抜くのはまだ歯が未発達の18歳前後がベストらしいですよ。

ちなみに行くドクターは
予約取るのに1ヶ月待ち、
手術するのに3週間待ちました。

お話した感じ、とっても快活なナイスガイだったので
先生を信じます〜〜〜。

それよりも、わたしは2,3日安静にできるのが嬉しい。
いや、きっと2,3日は難しいかもなので
せめて当日だけでも大切にされるわ♪

こんな状態にならないと
のんびりできない母ってつくづく激務だと思います。

ああ、これから抜歯後の贅沢な時間だけを考えるようにします。

朝は何も食べちゃいけないので
食いしん坊なYukkoにはちょっときついのでした。

無事にみなさまにのちほど報告できますように。



dahiyu537 at 00:49|PermalinkComments(8)TrackBack(0)clip!

May 05, 2006

手足口病

ほんとうに大変なときには
「大変」
とはいえないものです。

ここ1週間ほど
一番チビが保育所から
「手足口病」をもらってきていました。
英語ではFoot and Mouth deseaseといいます。そのままですね。

いつもより体温が熱い
と2日ほど感じていました。
すると3日目からは
食べ物を食べない。

食欲旺盛の娘にとっては
珍しいこと。

熱は2日ほどで下がりましたが
そのうちヨダレが増え
お尻の周りからプツプツが出てきました。
口の中を見ると口内炎。
唇までに広がっています。
そしてプツプツも手足お尻、口
いたるところにでき始めました。

「手足口病」です。
夏に流行る風邪の一種で
ヘルペス口内炎や
ヘルパンギーナと同じようなものです。

まず熱と口の痛みを軽減させるために
Infant TylenorlとChildren Motrinを
交互に6~8時間ずつ飲ませました。
我が家の常備薬










この2つは日本でいうと
「小児用バファリン」のような
シロップの鎮痛解熱剤です。
効能は同じですが
中の成分が違います。
アセトアミノフェンとイブプロフェン。
そこで交互に飲ませると良いらしい。

これは、上の子供2人にも効くおクスリなので
我が家の常備薬です。
これで風邪・熱系はまず
医者知らず
になれます(^^)

そして栄養・食事時間はさておいて
食べられるものと飲み物を欠かさないようにしました。

大抵アイスクリームと
アップルジュースが無難なので
2,3日はそれだけでした。
他の物はあげてみても痛がって食べません。

食べられないときは痩せてしまうのでかわいそうですが
アポを取ってお医者さまに連れていくのも
治る期間が短くならないことが多い。
病院で疲れるより
家で静養することにしました。

おかげさまで2,3日のピークを過ぎてから
いきなり食欲が再開。
親としてはほっとします。
やっぱりおてんばな娘が一番。

デイケアですがお休みさせました。
保育料はお休みにもかかわらず払うことになります。
これは納得できます。

熱・原因の分からない湿疹・下痢・インフルエンザ
などのときには
お休みをさせる規定になっています。
これも日本の保育所と同じです。

娘もようやく治ったので
これでわたしたちも安眠を確保できます。
家族は健康が一番ですね(^^)



dahiyu537 at 00:05|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

January 20, 2006

1歳半検診

ブログランキングですが1週間たち87位から一気に31位まで上昇しました(^^)

ランキングの上のほうにどうしても〜〜〜!というわけではありませんが、応援があるとわかると嬉しいものですね。

これは週平均なので、まだ登録後1週間経っていない
このBlogはクリックの数だけ現在上昇しますが、明日明後日から1週間前のクリック数はドロップされます。

もし記事が気に入ったらその都度
←左側の「人気Blogランキングへ」をクリックしてこのBlogの順位を確かめてみ
てくださいませ。もしくは記事の下の画像をクリックしてみてください(^^)

climbing tree

←年末に初木登りしました。1歳5ヶ月だった娘です。

その娘ですが、先日1歳半検診に行って来ました。アメリカは生まれてから3ヶ月ごとに検診があり、生後3ヶ月で渡米した娘は、3ヶ月、6ヶ月、9ヶ月、12ヶ月、15ヶ月、と受けてきました。
生後半年のときは体重、身長共に90%タイルのビックベイビー。動き始めて段々スマートになり(ほっ)12ヶ月のときは70%、そして今回は60%まで落ち着いてく
れました。
ちなみに、体重は25パウンド、身長は32,5インチ。

さすがにこれだけ頻繁に通うと、看護婦さんを見るだけで泣き出します。ドクター
登場では、もうおお泣き。そして彼女は知っていました。検診の最後に予防接種
があることを。

今日は、4種類の予防接種でした。これを終えると学校に上がる前まで打たなく
てよいらしいのでほっとしますが、しかし、4本の注射を小さい娘に打たれるの
は見ているほうも、いたいイタイ痛い

泣きまくった彼女は帰りの車の中でダウン。お昼寝から起きたあとは、なんだか
ご機嫌斜めになって、それでも様子見にしておきました。しかしどんどんと機嫌
が悪くなるのでとうとう、鎮痛解熱剤のInfant Tylanolを飲ませました。

予防接種って病気にならないためのものですが、鎮痛剤を飲ませないとその日を通常通りに過ごせないのは、ちょっと考えものですねぇ。



dahiyu537 at 00:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

November 22, 2005

脱臼

またまたしてしまいました。

16ヶ月の娘が脱臼です。

夫が抱っこをしようと、左腕を引っ張った直後に

痛い痛い

と言って泣き始めました。

痛いってもういえるんだ!

なんて驚いてしまった。

3月に一度脱臼をしているので、癖がついてしまったのか。

夜だったのでInfant Tylanol・鎮痛剤を飲ませて

次の日にホームドクターへ。

先生は片手で娘の左腕関節を触ると

「はい、もう治ったよ」と30秒ほどで診察が終わった。

その後娘は左腕が使えてうれしそうに、いつもに増して遊びまわってくれた。



dahiyu537 at 07:46|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

November 11, 2005

インフルエンザ予防接種

早朝、ファミリードクターから電話が。
1週間後に控えたFlu Shot(インフルエンザ予防接種)の予約がワクチン不足のため急遽キャンセルにしたいとのこと。

えーそんなことあるの?何のための予約なんじゃ。
ベビーは1回のみの接種。夫はそのときに接種済み。
息子娘とわたしはベビーの2回目のときに
一緒にしようと思ったので遅れてしまった。

怒ってみても仕方ない。
早速、アメリカ人の友人たちから情報を仕入れることにした。
数回電話をかけて
見つけたのがEl Camino HospitalのOpen Clinicだ。YMCAの地下、Park Pavilionにあるらしい。
大病院では医療保険を持たない貧困層のために
このようなクリニックがあるそうだ。

ここでは、火曜日9時〜11時と木曜日12時から4時まで
予防接種をしているそうだ。
予約制ではなくて行った順番に受けることができる。
インフルエンザ注射一回20ドル。ファミリードクターの一回25ドルより安かった!

今日は木曜日、そして息子は学校が2連休なので今日しかない!娘を早くピックアップして
これから子供たちと義母まで連れて接種に行って来まーす。

ちなみにドラッグストアの接種は大人のみの受付だし
何時間も待たされるらしいので
エルカミノが穴場だそうだ。

***その後***
今予防接種から帰ってきました。2時ごろ行って待ち時間は30分ほど。すんなりと通され楽チン♪まだの方、どうぞ。



dahiyu537 at 05:38|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

October 26, 2005

待合室で

今日は週1回のアレルギーショットの日。

注射後に20分待つ必要があるのだがこれが、なかなか楽しみな時間。よく読むのが日本の週刊誌や雑誌。週刊新潮や文春で話題をチェック。

「なんの言葉で書かれた雑誌ですか?」と現地人から聞かれるわけでもなく(かなり期待しているんだけど)静かに読書してる。

他には待合室においてある、アメリカの雑誌。National Geography(は、ごく稀に)、そして、芸能人のゴシップ系の雑誌に目を通すのが楽しみだ。

前の気合の入った頃であればNews Weekとか新聞なんて読んじゃってアメリカにいるんだから、英語の勉強勉強といそしんでいたと思うが、いまはひたすら日本のかつじ・カツジ。

そんなわたしが今いちおしなBlogはこちら。

18歳でこの世を去ってしまった女の子の日記。このたび「死にません卒業式までは」という書籍が出版されることが決定した南条あやのの保護室

東京農工大学の生協職員の白石さんのがんばれ生協の白石さんサイト。学生からのつまらない質問(例;生協に牛を置いてくださいなど)に丁寧に直筆で答えてくれるので、話題となりこのかたも書籍を出版するにいたる。学長から表彰されたと一昨日の日経新聞より。一日30000件のアクセスがあるとか。

日本語、忘れないように磨いてます。



dahiyu537 at 12:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

October 19, 2005

15ヶ月検診

今日は娘の15ヶ月検診。
白衣を見ると大泣きの彼女。
身長、30,75インチ(78cm)
体重、24パウンド(10,8kg)で共に平均の70%ラインにいることが分かり
順調に大きくなっていた。

ついでに、はしかとインフルエンザ第一回目の注射を。
インフルエンザは一人25ドルなので
日本と同じか少し安めだろう。
上の子供たちは一度の接種でよいとわかったので
来月の第2回目の注射と一緒にやることにした。

インフルエンザはこちらではFlu Shotというのだが
ちまたのママさんたちの間では
なかなか予約が取れないとか取れたとか
話題になっていたので
早速、注射ができてよかった。
この時期は、ドラッグストア(薬局)でも
接種が行われているそうだ。
値段も中身も同じらしい。

まだまだ手がかかるが
お昼寝のときにわたしのおなかの上で
心臓の音を聞きながら寝る彼女は
苦労なんて吹き飛ぶくらいに
いとおしい。
そんなとき、神様に3人の子を授けてくださったことを
感謝している。
(こどもなんていらなーい!とおもうことも多々あるけどね)



dahiyu537 at 05:23|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

August 08, 2005

ER (Emergency Room)

4歳の娘の熱が下がらなかった。
 
熱さましのTyrenolやMotrinを交互に4時間後と飲ませ
その後座薬を二度投与しても40度(104F)のまま。
 
段々食欲はなくなり、飲み物もやっとになったので
土曜日の夜、医者に相談。
すると
「I would reccomend to go to the nearest Emergency Room」
とのこと。
 
ちょうどAK(アーカンソー州)から
母が遊びに来ているので
1歳の娘と6歳の息子を預けて
夫と3人で
夜7時に地域で一番おおきい
El Camino HospitalのERに到着した。
 
以前からご近所さんに
「ERに行くと、2,3時間はかかる。」
と聞いていたので
覚悟の上。
飲み物、軽食を持参して赴く。
 
意外にも受付すると15分で診察開始。
ドクターは
 
MMRの副作用だと思われるが
熱が少し高すぎるので、
他の感染症の可能性を調べます
 
、という。
 
そのとき、娘の熱は40.21度に達していた。
 
まず座薬を投与してもらい
それから、胸のレントゲン、血液検査、尿検査をし
あとは検査結果を待つだけ
といわれたのが午後8時半。
なんだ、午後9時には帰れるかも
と思っていたが
そこからなんと、
2時間以上も待った。
 
検査結果は問題なし。
やはりMMRの副作用とみられるようだった。
 
座薬や、対処法を教えてもらい
帰宅すると午後11時半。
その間、二度の薬投与により
娘の熱は36度台まで下がっていた。
 
期待していた点滴は必要なかったようだ。
 
結果を待つ間
すっかりと体が冷房で冷えてしまった。
 
また、テレビのドラマ「ER」で見るような
シーンが外では繰り広げられていた。
 
せわしく動くスタッフ。
次々に来る救急車。
 
予防接種の副作用の高熱だったので
ERに来て良かったと思ったが
もう少し、小さめの近所のERに
今後行ってもよいかな、、と
ひそかに思った。
 
4時間のERはさすがに体にこたえたが
熱が下がった娘は元気そうにしていたのが
幸いだった。
夜中到着した
AKから来た父をそのまま
飛行場まで一緒にお迎えに行った。
 
 


dahiyu537 at 12:04|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

August 07, 2005

真ん中の娘の熱が
木曜日から続いています。
 
 
金曜日に再受診したところ
MMR(3種混合)の副作用の可能性が強いとのこと。
 
土曜日になっても下がらないので
座薬を投入いたしました。
 
おなかが痛いと言って水分さえ取らず
ひさしぶりに子供の病気で心配しています。
 
40度近いのが続くとさすがになぁ。。。
 


dahiyu537 at 03:36|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

August 06, 2005

6歳児検診

Elementaryの書類の一つに
身体検査があったので
行って来た。
ちょうど6歳児検診も兼ねて。

身長116cm 体重20kg
日本の6歳児の平均で言うと
身長はちょっと高め
体重は真ん中。

アメリカでは平均より
体重、身長ともちょっと下だと
言われた。

このまま行くと、180cm前後でしょう。
と先生。
そんなのまで分かるのね。

このファミリードクターは
息子の筋肉質な体に驚いていた。
いいもの食べてるんだね。
と。
いいもの、、というのは
栄養のバランスが整ったという意味だったらしい。

聞き返すと
no junk food nor soda
と言っていた。

こちらの子供の体はよほど肥満体型なんだろう。

確かに息子はよく食べ、運動神経だけは発達しているので
本当によく動く。

こんなところで
医者に認められると
毎日の労がちょっとだけ
報われる気がした。

料理は苦手というか、
毎日の義務感から作ることは
苦なのですが
日本食だけは続けたいなと
思わせてもらえました。

ついでに娘と息子、
2人とも予防接種を。

MMR(3種混合)とHy B(B型肝炎)

娘がその夜に39度以上の高熱を出し
翌日また受診。もしかすると
予防接種の副作用、、、ということで
バタバタな日になってしまいました。



dahiyu537 at 07:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

July 23, 2005

1歳児検診

先日、娘の1歳児検診に行って来た。
こちらに生後3ヶ月に来てから
半年検診、9ヶ月検診、そして1歳児検診と
細かいチェックがある。
その次は1歳3ヶ月検診だ。
 
毎回、予防接種があるので
そのたびにTylanol(子供用鎮痛剤)を飲ませて
過ごしてきた。
が、今回はツ反と水疱瘡だけでよかったので
飲ませる必要がなくってほっとした。
 
検診の結果
身長76cm、体重9700g
(こちらはインチとパウンドの表示なので
毎回、cmとgで教えてもらうようにしている。)
と、平均を50%とすると
70%の大きさと言うことが分かった。
心配だったおおきい頭も
68%だったので
バランスが取れていると先生に言われて
ほっとした。
 
アメリカ人の赤ちゃんは小さく生まれてくるらしいので
大きめなのかな?とおもったが
日本でも大き目らしいと
友人が教えてくれた(^^)
 
いやぁ、一安心。
 
彼女は上の2人に比べて
のんびりと成長しているけれど
「ハイハイってこんなにしっかりするものなのか」
とか
「たっちってこういう風な過程でするんだ」
と楽しませてもらってる。
あと二ヶ月もすると
ヨチヨチと歩くだろう。
 
しかし、予約しているのに
待ち時間が長いのには参る。
子供は待ちくたびれて寝てしまったから。                           
                                                  
 お友達のバースデーパーティーにて。↓
 
バースデーパーティー キャンディーを一杯つめた
Pinataをつるして
叩くところ。
パーティーの恒例行事だ。


dahiyu537 at 05:15|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

June 02, 2005

ありゃりゃ、、、

朝起きてからそれほど経っていないのにまた寝ちゃった10ヵ月半の娘。 最近、暑いし、プールに入ったりしてお疲れ気味かなぁ〜。

 お昼寝から起きてもまだ目がとろんとしている。昼食を食べながら寝そうな感じ。これは変だ?とおでこに手を当てると熱い。

こりゃ、お熱だ。

風邪の症状が無いからきっと突発性発疹。これから3日間の40度の高熱は覚悟。そのあとの皮膚にできるボツボツも覚悟。 まだ3日間は夫が帰ってこないので夜中のぐずりんぼは一人で担当になる。 1週間いないのでのんびり羽を伸ばそうと思ったら子供の病気。 ま、自宅療養で治しちゃいましょ。



dahiyu537 at 05:54|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

May 19, 2005

ビワ

このBlogは、何らかの拍子で今までの記録がパーになってしまうこともある。大切な?記録はかねてから運営しているHPの日記に平行して書いているのでそちらも参照してみてくださいね!

 さて、、、、この日は11306歩。よく歩いてます。鍛えてます>響鬼の真似です(^^;;

 20個ほど熟れているビワを採ったら夜ご飯の後子供たちがぺろりと食べてしまった。 ビワって食べすぎても大丈夫なのかしら、、と早速調べてみると栄養と効能は以下の通りでした。

 ビタミンB群、りんご酸、クエン酸などを含み、風邪で咳が止まらないときや、熱があってのどが渇くときなどに有効でさらには疲労回復の効果がある。カリウムは熱に弱いので、生で摂取できるビワは重宝する。 果物の中ではビタミンAの含有量が多く、がんの予防や慢性疾患に効果あり。また、ビタミンCとの相乗効果で肌荒れを防ぐ。 びわの葉を煎じて飲むと疲労回復、食欲増進、利尿などの効果があり、葉を入浴剤として利用するとあせもや皮膚炎などに有効だ。 ************************** 良いことづくしということでほっとした。 前、横、後庭に4本生えているのでこれからビワ食べ放題の毎日を送る予定である。

biwa

dahiyu537 at 02:04|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

April 20, 2005

Doctors

一番下の娘の9ヶ月検診に行って来た。
彼女は、生後半年の検診で
体重8.3kg、身長68cm
とかなり大きめだったがここにきて
ゴロゴロと転がって移動するようになり
体重8.8kg、身長71cmと
抑え目だった。

アメリカって体重はパウンドだし、身長は、インチだし
かなり分かりづらいので世界共通の単位で教えてもらった。

単位くらい妥協して欲しいよ、、アメリカ。

さて、小児科での待ち時間ふと思った。
日本だったら患者であふれている待合室が二組の患者だけだなぁ、、と。
これは予約制のためなのだが
アメリカでは不評と聞いている。

病気なんて予め予定するものじゃないから急病のときはどうするの??って。

わたしは予約制のほうが好きだし、安心。

時間が読めるし
待合室で他の病気をもらう心配がないし
そのうえ、診てくれる先生に余裕がある。

平日の急病のときは無理にアポを入れてくれるところも多い。
難しいと他を紹介してくれたり
いざとなったら救急病院だけど。

心療内科も同じ。
日本の先生は疲れている。
病んでいる。
そりゃそーだ。
一日に3,40人の違う患者を診ているなんて変だ。

わたしの主治医はきっと一日に6,7人くらい。
そして一度に1時間くらいの時間をかけて聞いてくれる。
先生も数週間単位で海外旅行に行ったりしてリフレッシュしてる。
『医者』よりも人間として生きている。
アメリカの医者は免許の更新があるので
いつも最新の技術を学んでいる反面
日本の医者は試験に一度受かったら続けられるという制度。

もっと医者の人口を多くしたほうがきっと患者さんのためにもいいんじゃない?
でも、そんなに簡単な問題じゃないのだろうね。
どうだろう?

日本の医療関係の方々。

dahiyu537 at 05:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

April 17, 2005

歯医者

渡米直後に歯の神経が化膿してしまったこともあってその後、歯医者にかかっている。

こちらの歯医者の特徴は・毎回レントゲン写真を撮る・毎回麻酔の注射をする の二点だ。

レントゲン写真。
昨日は3枚も撮られた。自分の目では見えない箇所の歯の様子を確認するためのようだが撮るたんびに被爆するのではないか、、と心配になってしまうほどひんぱんに撮影される。
麻酔注射どんなに小さい治療でも麻酔をする。
どうしても好きになれないので「麻酔をしないで治療してください」と先生に伝えると不思議そうだった。
「日本ではよっぽどおおきい治療ではない限り麻酔を使わないのでそのほうが慣れています」
というと「ふぅーん」というような感じ。

ちなみに、通っている歯医者さんは日本人の女医さんなのだがこのたび3人目の出産で産休中。 8週後には復帰するとのことだがその間、臨時の現地の女医さんが来ている。
全部英語になるので人によっては受付の人が治療中にそばにつきっきりで通訳をしていた。

 さて、子供には大丈夫、、といいながら歯医者が苦手なわたし。
次の予約は当分おあずけにさせてもらった。ふぅ!!



dahiyu537 at 00:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!