・Lasik(レーザー近眼治療)

May 20, 2006

レーシック最新情報

近眼のレーザー治療レーシックを
2月に受けたお友達のKさん。

その後、視力がなかなか回復しないまま
1ヶ月検診を迎えました。
そのときの視力が
左目0.9ほど。
右目は0.1ほど。

再手術をするにしても
術後3ヶ月検診の結果をみてから
決めることになり
今回に至ります。

その間、夜の運転が見えづらくて
大変だということで
メガネのための処方箋を書いてもらいました。
短期的に使うものなので
安いフレームとレンズで十分だ
とドクター。
結局、メガネは購入しないまま
無事に過ごして
昨日3ヶ月検診に
一緒に行ってまいりました。

Kさんの感覚では
この3ヶ月で
もともと視力のよかったほうの左目が若干悪くなり
見えづらかった右目が若干良くなった感じとのこと。

調べてもらうと
左目が0.7程度で
右目が0.4程度でした。

ドクターは、
もう一度レーシックを受けたいかどうか
と、こちらに聞いてきました。
2度目では大抵の確立で
目標値両目1.0になるようです。

では、なぜ1回で視力1.0にならなかったか
と聞いてみると
「もともとの視力がとても悪かったから」
との返事。

そしてKさんの場合は
角膜の厚さが
手術ができるか否かのぎりぎりなので
再手術前にしっかり調べて
できそうであれば行うとのことでした。

近日中に、一緒に再レーシックに
行って来たいと思います。
ここまで来ると
正しい言葉遣いか分かりませんが
戦友のような気持ちになります(^^)
早く良くなって欲しいと心から思いながら、、、、。

さて、
同じ場所でレーシックを受けたい!
という問い合わせを
この数ヶ月の間にいろいろといただきました(^^)
日本からも
「レーシックを受けようツアー」があるようだ
とお聞きしてびっくり。

同じように良く見えるようになることの
お手伝いができれば幸いです。
(わたしには情報を提供するくらいしかできませんが)

無料なので
まずは検査を受けて話しを聞くことをお勧めします。
中には、
視力がとても悪くて
手術しても良くならないだろう
と断られた、と教えてくださって方がいました。

レーシックの代わりに
片目5000ドルで直接レンズを入れる方法を
勧められたそうですが
それはさすがに断ったそうです。

つまり検査を受けても
みんながみんな
レーシックを受けられるわけではないのですね。

「功績のための無茶な手術はしない」
という前提なのだと感じました。
これは安心です。

日本にいる友人も
同じ理由で断られたと言っていました。
またある人は、角膜の形がレーシックに合わない
といわれたとか。

検査をして手術ができる条件が揃っていれば
自信を持っていいと思います。

わたしがレーシックを受けて10ヶ月が経過しようとしています。
四月に受けるはずだった検診を忘れてしまっていたので
来週改めて行って来ます。
Kさんの再レーシックも一緒に(^^)

日差しの強いカルフォルニアでは
サングラスが手放せません。
メガネをかけるときの
鼻の上に当たる部品の跡が気になるのもあって
レーシックを受けたのですが
これからは開放されそうもありませぬ。



dahiyu537 at 00:05|PermalinkComments(8)TrackBack(0)clip!

February 26, 2006

レーシック 手術後検診

レーシックをKさんが受けてから1週間が経ちました。

片目の手術後の視力回復が思うように行かない状態です。
(片目だけ視力0.1です)

そういうことも含めて
レーシックについて報告して欲しいという
強い要望をいただき、ここにアップさせていただいています。

☆翌日検診☆
翌日のチェックアップは15分もかからずに終わりました。

アンケートを書いて
視力を測り、目の状態を見られます。

一夜明けて
左目は見やすいけれども
右目が見えづらいと言っていました。

視力を測ったところ
左目は1,0ほどに回復していました。
問題の右目は200分の20(0.1)の視力でした。
(裸眼では0.01以下でした)

調べてみると若干の感染症が認められたので
点眼の抗生物質を2時間ごとに点眼するように言われました。

一般的な手術後の目の充血は
4週間くらいすると完全に消え
目の傷が回復するのは3ヶ月くらいかかります。

つまり、視力もこれから良くなりますとのことで
その日は帰りました。

通常であれば翌日検診の次は1ヶ月検診なのですが
炎症が少々あることと
右目の視力のことで
4日後にまた見てもらうことになりました。

☆4日後検診☆
右目の見え方がなかなか良くならない状態で
検診を迎えました。

視力検査をしてみると
左目は1,0まで回復していましたが
右目は相変わらず0.1のままです。

先生は、炎症も治まり、目の状態はよいとおっしゃっていました。
抗生物質の点眼はもうしなくても良いとのこと。

そして視力については日が経つにつれて良くなるはずだとのこと。
次の1ヶ月検診まで待つことになりました。

☆今の状態と今後☆
左目と右目の見え方が随分と違うので
頭痛がするようです。

あまりに頭痛がひどい場合は
早期に右目をもう一度手術するか
視力を矯正する(メガネなどで)
をしてもらうようにするのがよいようです。

夫の会社内で
他の場所で手術を受けた人が
やっぱり視力の回復が悪かったそうです。
そこですぐに二度目の手術をしたところ
良くなった人がいるということでした。

今回の手術を受ける前に
右目の裸眼があまりにも悪いので
目標値、1.0にならない可能も10%あると
言われていました。

話は反れますが
日本のレーシックのサイトには
手術をして2.0になった!
という話が多く載っています。

一方でアメリカでは20分の20(1.0)の視力を目指して
手術が行われます。

これは技術の差なのでしょうか?

答えはNoです。

日本人の「目の良い指標」は視力2.0。
アメリカ人の回復視力の指標は1.0。
その違いだそうです。

2,0は見えすぎて頭が痛くなるとか
逆に近くが見えづらい
(老眼になるとつらい)という問題も出てくるそうです。

とはいえ、
あとは段々と視力が良くなってくることを
心よりお祈りしつつ
次の1ヶ月検診に一緒に臨みたいと思っています。



dahiyu537 at 00:26|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

February 22, 2006

レーシック 手術当日 付添い編

緊張して眠れなかった、、、
ということはなかったKさんは
ぐっすりと眠ったようです。
私のときは、やっぱりワクワク、緊張だったなぁ。

11時半の手術の日は10時45分に来て下さいと言われていたので
Kさんをピックアップして時間通りに到着。

手術前・・・

代金支払いを済ませたあと
その後、簡単な検査や目薬、安定剤を飲んで
手術後の抗生物質点眼や、痛み止めの点眼の話しを聞きます。

 

昨日もらっておいた
処方箋の薬をまだ用意していませんでした。
わたしのミスです!伝え忘れていました。ごめんなさい。

そして早速手術の準備へ、、。
さすがに緊張しますが
2人で雑談に花を咲かせていました。

麻酔点眼が効いた頃
手術室に案内されます。
寝たまま待つこと10分。
(すごーく長く感じましたね)

ようやく先生が登場して
まずは、フラップ(角膜の蓋)を作りました。
手術の様子の画面を見ながら
先生の言葉を通訳します。

「数回瞬きしてください(blink few times)」
「目を大きく開けて正面の光を見てください」
「じっとしてください」
「あと40秒で終わります。」
などなど。

わたしは、、というと
その昔のサッカー日本代表の監督トルシエの通訳
ダバディになりきってました。

フラップを作った後は
レーザー治療の番です。

部屋を他に移り
レーザーで角膜の中をどんどんと切って行きます。

私のときは目がまぶしくてぎょろぎょろと動いてしまって
怒られましたが
Kさんはじっとして
手術がやりやすいと先生に誉められていました。
優しくて丁寧な先生です。

画面で瞳を触っている様子もしっかりと見せてもらいました。
これは、先生、集中力が必要ですね。
いやぁ〜大変な作業です。わたしも息を呑みました。

レーザーでの治療が終わった後は
握手をして、ハイ、さようなら
とあっけないくらい。

11時半に手術を始めて
センターを後にしたのは12時ちょっと過ぎでした。

家まで帰る車の中
見え方を聞いてみましたが
見えるけれど、まだ実感がわかない
とKさん。
とりあえず失明はしなかったね、と
笑いました。

手術後は5,6時間見えが良くないので
横になる事を勧められます。
夜にはテレビをしっかり見れるでしょう。
といわれました。

無事に終わってよかった!!
お役に立ててよかった!

ちなみに通訳は
スペイン語、中国語、フランス語、ロシア語、などならば
いるそうです。

手術後へ続く(少々お待ちくださいね)

 



dahiyu537 at 00:47|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

February 20, 2006

レーシック 付添い編 その1

愛センター

 

 

 

このBlogを通じてお知り合いになったKさん。
とっても目が悪くて以前からレーシックに興味を持っておられました。
コンタクトを外しメガネ状態で3週間過ごし、
ようやくこの週末に念願のレーシックを受けました。

Yukkoは英語の通訳兼ドライバーとして
はじめの検査から翌日の手術室まで、そして
その翌日のフォローアップ検診までお付き合いをさせていただきました。

Kさんの承諾を得て、レーシック最新情報も含めて
どきどき、ワクワクのレーシック、近眼治療の最前線をレポートいたします。

場所は我が夫婦も昨年夏に受けた
Mitsuwa前のLaser eye center of scillion valley.

Kさんは、Dr.Bindiと予約を取っていました。
検査当日は、ノーメークアップは必須。
コンタクトを外した期間が十分長いことを何度も確認されます。

検査の結果、Kさんは裸眼視力が
「unbelievably bad!!」といわれ、
みんなで苦笑しました。
測定不可能、、ということは、0.01前後。
わたしの元裸眼よりも悪い!
レーシック受けたい気持ちはよぉくわかります。

目の角膜の厚さを測った結果
厚さが平均の50μを若干下回ることが判明。

そこでたくさん角膜を削る必要のある
最新技術のWavefront interaseよりも
一般的なIntra Lasikを勧められました。

普通に過ごしていて
夜が見づらく感じる場合は
最新技術のWavefrontを勧められます。
Kさんは夜も昼も変わらなく見えない(笑)
ということで先生のお勧めの方の手術にすることになりました。

手術のお値段ですが
Dr.Bindiは夫が受けた直後に
値上がりしていました。

もう一人の新人先生が入ったので
Bindi先生は格が上がったようです。

新人先生は
特別な手術が必要な患者さんが専門だそうですが
それ以外にも普通の手術も行うそうです。

さて代金の話です。

カード、チェック、現金などで
代金を一括で払うと300ドル割引されます。
更に、友人からの紹介ということで両目で100ドル割引。
結果、両目で3450ドルで
目標視力20分の20(1.0)を目指して手術をすることになりました。

とても丁寧な先生で
1.0になる可能性は90%で、
それ以下になるリスクもあると
きちんと説明していました。

検査後に
同日手術ができることがあるのですが
あいにくこの日は数分差で
前の人に同日手術の予約を奪われてしまいました!
しかし
翌日の朝一つだけ空いていたスポットを確保してもらいました。

検査で点眼された目薬の効果で
数時間光に対して敏感になりますが
それ以外は特に問題なく
検査が終わりました。

全部で2時間30分弱かかりました。

手術までの注意点は以下の通り:
書類のサイン、処方された点眼薬の用意と
手術前に軽く食事を取ってくること
当日はノーメークアップ、
手術室が寒いので厚着をしてくることでした。 
(手術当日へ続く)



dahiyu537 at 05:51|PermalinkComments(8)TrackBack(0)clip!

February 03, 2006

Lasik6ヶ月検診

7月にレーシックを受けて近眼が治ってから半年経ち
先日、夫婦で一緒に検診にでかけました。

検診は、3ヶ月検診同様、一人一人目の状態を見られたあとに
検診室に入ります。

検診室では視力の検査をして
ドライアイや感染症にかかっていないかないかどうかをチェック。

日によって左目の見え方が変わるような気がしていたので
先生にその旨を伝えました。

空気が乾燥していると見えづらくなる(ドライアイ)。
そいういうときは点眼薬をマメにしてください。
またPCを長時間使うときは
時折遠くを見て目を休めてあげてください。

とのこと。

それ以外は特に問題なし。

ちなみに、私の視力だが
左目 20分の20(1,0)よりやや良い
右目 15分の20(1.3333・・・・)でした。

夫は両目とも15分の20(1,3・・・・)で
問題なし。

夜の運転のときも見え方が安定してきたため
難なくこなせる。
裸眼でみる、山々などの景色や日々の生活に
毎日改めて感謝しながら過ごしているところです。

次の検診はまた3ヵ月後。

そういえば前回の検診で
日本語の通訳をしてくれると言っていたTreyaさん。
もう退社されたそうです。(ありゃりゃ)

今月はある方のLasikのfree examinationにお供することになりました。もし、
同伴が必要な方がいたら、お気軽に声をかけてくださいね。日程と時間が合えば
お付き合いしますよ。
広げよう、Lasikの輪 わ!



dahiyu537 at 00:29|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

November 12, 2005

レーシック3ヶ月検診

目の近眼矯正から3ヶ月以上経ったので
検診に行って来た。

今回も1ヶ月検診と同様に
視力を測り、目の状態をしっかりとチェックされて10分あまりで終了。

ドライアイもなく、順調に回復していた。
気になる視力だが、右目は15分の20(1.3333)。
左目が若干それよりも劣るらしいが1.2くらいはありそうだ。

夜の運転中に気になっていた
Halo(光の周りに見える輪っか)も日を増すごとになくなった。
PC作業など目を使う時は30分ごとに遠くを見ること
そして目薬を差すことなど教わった。

さて、日本人の方に朗報!
義母が検査を受けたいが英語が分からないので
わたしが同伴してよいかと聞くと
もちろんOKとお返事。

しかし当センターで日本語通訳が入社したらしい。
Treya(トレーヤ)さんと言う名前なので
予約電話をするときも彼女を指名するといい。
彼女が交換台に出てくれるらしい。

義母は私たち夫婦が難なく生活しているのを見て
受けたくなったようなのだった。



dahiyu537 at 02:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

November 06, 2005

レーシックの予約時に

ここ数ヶ月、レーシック近眼治療を受けてみたい!と言う方が増えてきました(喜)

そこで、少しでも費用を安くするために

紹介者の欄にこのブログサイトのこと、

もしくは夫やわたしのフルネーム(Yukiko Takahashi)をご存知の方は書いておいてください。

片目100ドル、両目で200ドル安くなります。

ちなみに、私たちが受ける恩恵は

シーズキャンディー1パウンド分♪

です。甘いもの好きYukkoのためにも(飴断ちはとうの昔にやめました)

さて、そろそろレーシック術後3ヶ月検診に行って来ます。またここでご報告しますね(^^)

Laser Eye Center of Sillicon Valley



dahiyu537 at 01:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

August 31, 2005

レーザー近眼治療 Lasik(レーシック)その4

その後

術後1週間は
抗生物質を点眼していたが
その間の見え方は不安定だった。

抗生物質が黄色なので
黄色くまわりがみえたり
かすんだりするので

あまり目が良くなっていないじゃない

とおもったりしたら
夫も同じように思ったと言っていた。

ところがぴったり1週間過ぎると
ほんとうに見え方が変わってくる。

やっぱりキズが治ってきたんだろう。

ところでプールは二週間禁止、、なのだが
冷房のない我が家では
毎日プールに浸かって涼をとる。

結局、ちょうど1週間目にたまらず入ってしまった。
といっても首から下だけど。
この時期にノープールは過酷だ。

夫は1ヶ月検診で15分の20(視力1,3333・・・)まで回復した。

先日の1ヶ月検診では、右目に若干乱視が残っているものの
15分の20弱あった。
夜にライトの周りに見えるHalo(ぼやけた光)や視力は
手術後3ヶ月から6ヶ月に落ち着くそうだ。
次の3ヶ月検診が楽しみだ。



dahiyu537 at 01:50|PermalinkComments(2)TrackBack(1)clip!

August 02, 2005

レーザー近眼治療 Lasik(レーシック)  その3

***術後の経緯***
 
手術の次の日から
光がまぶしく感じるものの
クリアに周りが見える。
感染防止のために大き目のサングラスを
家でもかけるようにしているのだが
テレビも快適。
 
1週間点眼の抗生物質の影響で
かすんで見えたり、黄色く見えたりするが
人と会ったり買い物も可能!
 
仕事だけは、PCをじっと見る性質のため
3日間はお休みをしました。
 
もともとの視力は
右は20分の400(日本では0.05)と左は20分の200(0.1)だったらしい。

それが次の日の検査では20分の30(0.7くらい)まで回復した。
これから1ヶ月もするともっとよく見えると言う。

目のキズが治ってくると視力も安定するらしい。
しかし、20分のレーザー治療で
こんなに見えるようになるなんて
感激。
 
「レーザー治療で近眼が治ったのでめがねは必要ありません」
というラミネートされたカードをもらう。
免許提出が必要なときに
一緒に見せるそうだ。
日本の医者のサイトに習って
念のため頭を洗うのは3日後にしたが
こちらでは当日からシャワーも、洗髪も洗顔も
目をつむり、目をこすらなければ大丈夫といわれる。
 
遊びに来た親もびっくりしているところである。
 



dahiyu537 at 03:48|PermalinkComments(2)TrackBack(2)clip!

August 01, 2005

レーザー近眼治療 Lasik(レーシック) その2

 ****手術前日****

もらったビデオを見て
質問に答える。
リスクについて放映。
これは裁判国アメリカらしく
大げさに書いてあるので
これで怖くなる人もいると思う。

わたしは実際に、夫が手術をする前の日に一緒に見て
怖くなった。
自分のときはもう大丈夫でしたが。
 
が、ほんとうに簡単で正確、確実な手術だけに
万が一のときの防衛策として
病院側も考えているのだろう。
簡単な質問に答えて、
サインをする。
 
家で見なかった場合は、
手術当日センターで見ると言っていた。
 

愛センター

 

 

 

 

***手術****


手術の時間を早めてもらった。
日時はいつでも交渉ができる。

ターゲットにPrescriptionの目薬をもらいに行ったとき
薬局のおじさんが
 
Lasikを受けるのかね?
○○ドクターかい?
わたしも視力が悪いので
手術を受けたら
結果を知らせてくれ、、
 
と笑いながら言ってくれた。
アメリカ人も興味深々なのだ。
 
当日は、目の周辺には化粧水すらつけてはいけない。
温かいゆったりとした服装で、香水、ハイヒールは禁止。
 
当日のシャワーは駄目といわれていないが
念のため入らないので
手術前に入っておく。
洗髪や洗顔も翌日から。ただし目は1ヶ月こすってはいけない。
どきどきしないでもないが、
お産よりは全然早いし、痛くないし、ましだわ。
と3児ママは思うのだ。
 
Wavefront interaseという手法の
手術の所要時間は20分弱。
レーザーの精度を保つために
手術室は寒いので
暖かい洋服を着てくるように言われる。

またアメリカらしく
手術前に安定剤を飲まされるので
効くのをひたすら待つため
全部で二時間前後かかる。
どきどきしていた心臓が
おさまり、だんだんと眠くってリラックスしてきた。
 
手術の時は
一点を見つめているのだが
まぶしすぎてあさっての方向を向いていたら
先生に注意を何度か受けてしまった。
でも痛みはない。
ただ、まぶしいだけ。
目薬麻酔が効いているので
瞬きの心配はない。
 
その日は運転禁止なので
家族の人などに
お迎えに来てもらう。

もらったサングラスをして帰る。
 
手術直後から視力がよくなるのが分かる。
夫は、遠くの緑や字が読めると言って
感動の言葉を多々口にした。
寝るときに目をこすらないように
ゴーグルのようなものをする。
これは7日間。
 
異物などが眼に入らないように保護
用のサングラスを着用。

レーシックの場合は入浴・洗顔などは
翌日から、洗髪は翌々日から始めらる。
ただし1週間ほどは目に水が入らないように注意。化粧も×。
この暑い時期に入りたいプールは二週間禁止。
人工涙は1ヶ月間、抗生物質は3日間
などなど。
 ケーキ                    
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
手術当日は
わたしの33歳のバースデーだったため
Cheese Cake Factoryのケーキを
夫が用意してくれていた。
チーズケーキの上に
生クリームとイチゴ。
 
サングラスをかけながらむしゃむしゃと食べた。
甘さも控えめで
上品なお味に満足!


dahiyu537 at 01:41|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

July 28, 2005

レーザー近眼治療 Lasik(レーシック) その1

 

***前書き***

学校の黒板がうまく見えなくなったのは
14歳の頃。
それから30年あまり
コンタクトレンズとメガネにお世話になってきた。
諸費用に費やしたお金は
100万円以上だとおもう。
今の視力は右左とも0.01台
 
医療先進国アメリカに
折角来たのだから
花粉症と、持病、そして近眼を治したかった。
近眼はレーザーで治療するLasikと言う方法が
アメリカでは主流だと聞いていたが
怖かった。

知人が何人か受け、夫が受け、
評判を身近で聞いているうちに
自分もお願いしたくなった。

ええい、治しちゃえ!

と言うことで
早速アポを取ったのでした。
 
 
***目の検査***

まず、ハードコンタクトレンズを外して3週間以上たったかどうか確認される。

ソフトの場合は最大二週間。
その間ずっとめがねで過ごすのはつらい。
 
視力、角膜の厚さ検査、乱視の検査などをする。
所要時間約2時間。無料。

といっても、受付をしてから待たされる時間が長いので
検査の時間自体はもっと短い。
受付で簡単なペーパーを二枚ほど書く。
目の病気になったことがあるか、などなどの質問がある。
 
検査の順序は以下の通り
目の検査(メガネを作るときのような感じ)→目の写真→目の角膜の厚さなどを調べる→Lasikについてのビデオを見る→も一度目の検査→主治医と話す→最後に値段など女性のコンサルタントと話す。
 
角膜→Cornea
まばたき→Blink
ひとみ→Pupil

などの簡単な単語は覚えておくと便利かも。
 
目を開く目薬を入れるので
それが効いている間は
しばらく外の光がまぶしいので
サングラス持参をお勧め。
このときは自分で運転して帰ることができる。
 
検査後、先生が登場。
アメフトプレーヤー、テレビパーソナリティーなどの
有名人が一緒にその先生と撮った写真を見ていたので
ちょっと緊張。

自分に合った方法を説明、勧めてくれる。
概算の手術の値段をその場で出す。
「君の視力でも、
手術でメガネやコンタクトを使わなくてもよい視力(1.0くらい)には
回復するだろう」とのお言葉。
 
その代わり、私の場合は
Wavefront Interaseという最新の技術と機械を使うことになった。
ちなみにこの技術は日本ではまだ導入されていない。
値段は夫からの紹介ディスカウントをいれて
両目で5200ドル。
夫の両目1750ドルと比べてはるかに高いが
それだけ、目が悪いし確実な方法でやるので
仕方ない。
 
またもう一人の先生だと若干安い。
というのもその先生はまだ若く、
経験が浅いからだそうだ。
夫は、若い先生にお願いした。
同じ手術でも、私のお願いした先生ならば
片目1000ドル違う。
(どんな方法で治すかによって値段差も$200〜)
 
あとはサインする書類を持たされて
Go Home!
 
次の日はわたしの手術である。


dahiyu537 at 00:46|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

July 14, 2005

Lasik  夫の場合

Laser In Situ Keratomileusis(Lasik)、
レーザーで近眼、遠視、乱視を調整する
手術を夫が行った。
 
一ヶ月以内にする予定だったが
石橋を叩いて渡る夫が
いろいろと調べつくした上で
早く受けたくなったらしい。
 
毎日リスケジュールのための電話をして
あっという間に目の初検査、手術の運びとなった。
 
彼の場合は両目で1520ドル。
いろいろな技術があるそうだが
一番クラシックな方法でよかったらしい。
両目とも0.01のわたしは
きっと片目が2000ドルもしてしまうだろう。
 cwauder                                              
 
ドキドキの手術報告の前に
サンフランシスコ名物の
クラムチャウダーとサワードブレッド(酸っぱいパン)をどうぞ!
サワードブレッドとクラムチャウダー。
お皿の形をしたパンに浸して食べる。
 
 
 
検査は、視力検査だったらしい。これは全部で1時間半ほどで終わる。
これは無料。
 
うまくアポが取れれば同日に手術。
夫の場合は数日後に手術だった。
 
手術当日。
送り迎えの担当のわたし。
9時15分にドロップオフして
11時にお迎え。
数十分と聞いた手術なのに
なんでそれほど時間がかかるのかね。
と話しながら。
 
さて、11時にお迎えに行くと
もらったサングラスをかけて
受付で待っていた。
 
特に何も説明を受けず、バイバイと受け付け嬢にして
車で家に帰る。
夫の第一声は
「失明した!!」だった。
 

fishnchipsサンフランシスコ名物のフィッシュアンドチップス。                            オーストラリアの本場を食べてきた私としては

少々物足りない感じ。

 

失明というのは、夫のジョークだった。(ほっ)

手術した直後から悪かったほうの左目が 

見える見える。

なんでも、待ち時間が異様に長く、

手術自体は両目で5分で終わったらしい。

手術前にアメリカらしく安定剤を飲まされるので

それが効くまでかな。

待合室には手術待ちの人が、他に10人程度いたそうだ。

いい商売だなぁ。

5分で2000ドルを稼ぎ出してしまうんだから。

手術は、一点を見つめるように心がける以外は

特に何もないらしい。

瞬きしないように点眼の麻酔を入れられて

目を開く装置で目自体は開き放しにするそうだ。

「とにかく、早く手術することを勧めるよ」といわれた。

プール二週間禁止。

寝るときは目をこすらないようにゴーグルのようなものを1ヶ月着用

その他、化膿どめや痛み止めの点眼をもらってきた。

手術前にもらってきたビデオは

いろんなリスクの事が大げさに書いてあって

裁判国のアメリカらしいなぁとおもいながら

恐怖感も交えながら見ていたが

とても簡単に終わったので本人も周りもびっくりしている。

手術当日は会社は休んだが

明日からは普通どおり出勤だ。

ちなみに左目と右目の見え方のバランスが悪い場合は

100ドルを追加で支払って

数ヵ月後にまた調整してくれるらしい。

 



dahiyu537 at 09:43|PermalinkComments(4)TrackBack(1)clip!

July 06, 2005

lasikをします

あと1ヶ月以内に夫婦でlasikをすることにしました。

近眼から解放され、コンタクトレンズやメガネが不要になります!!

・・そう、目のレーザー治療のこと。この州でも有名な医者が家から5分のところにあるので検討を重ねてました。こちらの日差しは強くってサングラスがかかせないけれど、夫はメガネの上からサングラスをすることに抵抗を感じ、受けることに。

弱虫なわたしは、目の手術なんてありえない!

と思っていたのだが、ちらほらと手術をしてよくなった人の話を聞くとその気になってしまいました。

なんといっても17年間もメガネ、コンタクトにお世話になり、度数がすごいのでレンズ代も高く、一度メガネを変えるたびに50000円以上の出費が痛かった。

アレルギー注射(減免疫療法というらしいですね)と目をよくする手術。

医療先進国アメリカならでは、、ですね。

ちなみに目の治療費は両目で2000ドルから4000ドルくらいらしい。

晴れて目がよくなったときには

またここでご報告いたします。



dahiyu537 at 02:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!