・子供の習い事

March 15, 2007

テニスのこと

昔から人前で涙を流すのが苦手だった。
長女だったから、強いことを期待されていた。

きっと今回の引越しも寂しいとか悲しいとかそんな感情は
引越しの後に新天地でひしひしとやってくるんだろうな。

いつもみたいに
喪失感はあとでやってくる。

今はその感覚が麻痺したまま
日々を過ごしている。

最後、笑っていたら、それは涙の代わりだと思ってください。

****************

子供のテニスレッスンも
サンノゼではいよいよ幕引き。

 

サーブの練習

 

 

 

 

 

1年半の間に目覚しく上達した子供たち。

 

ハイ、チーズ

 

 

 

 

 

ゲーム方式で楽しく上達する、
実践できるテニスを学べるテニスクラブでした。

 

ここのシニアコーチ、Tex.


日本の女子プロ選手を育てたアメリカ人で
ビジネスのやり手な奥様が日本人ということもあり、親日派。
とてもかわいがってくれました。

 

トーナメントにどんどん参加させ、
子供をPositiveに育てるのが上手だとおもいます。

 

怪しい片言日本語とカルフォルニア訛りの英語ですが、

楽しく厳しいコーチです。

 

 

Brookside Club of Saratoga

 

19127 Cox Avenue
Saratoga, CA 95070

(408) 253-0231

プライベートなクラブですが
ノンメンバーでもレッスンを受けることが出来ます。

コーチのTexかRomyに直接申し込んでください。

 

引越し先でもテニスクラブを紹介してもらったので
ぜひ、続けて親子ともども目指せトーナメントで
楽しみたいとおもっています。



dahiyu537 at 00:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

March 02, 2007

The last lesson

子供のピアノが今週最後のレッスンでした。

1年半の間、お世話になったMelody先生。

最後のショットを取るときに

’これからは先生じゃなくて

お友達だね’

とおっしゃっていましたが、

わたし達にとっては偉大な先生です♪

last lesson

 

 

 

 

 

子供に対して忍耐強く、

励まし、ほめ、2人ともとてもピアノが上達しました。

 

何より、うれしかったのは

「2人のピアノが上達したのは

母親であるあなたが頑張って練習をさせ、

一緒にそばにについていたからよ」

とおっしゃってもらったこと。

 

いやぁ〜ほんとうに毎日の練習が大切なので

その苦労を理解していただいて涙が出そうでした。

もうお友達だね?!

 

 

 

 

 

また次の場所でも素敵な先生にめぐり合えますように。

英語でのやり取りですが

とてもよい先生なのでもし、ご興味のある方は紹介しますよ☆

 

********************

そういえば冬休み明けに終わっていなかった

息子のBook Reportがようやく昨日終わりました。

ピアノレッスンのあと、よく頑張りましたよ〜〜

完成したーー!!

 

 

 

 

 

 

毎月1回のブックレポート。

今月のテーマは

「偉人伝を読みレポートを書く」こと。

 

息子はJesse Owenという

元オリンピック陸上短距離4冠メダリストの本を選んでいました。

 

他の子を聞くと大統領を選んだりしていたようです。

男の子はやっぱりスポーツ系ですかね 笑

 

レポートを書くというのは

大人のわたし達が思うような

「感想文」

ではありません。

 

あらすじをしっかりとつかむために

主人公は誰か、

何をした人か、

いつどこで生まれたのか、

などあらかじめ用意されている質問シートに

答えて行きます。

 

もちろん、途中で自分の意見を書く質問もあるのですが

今回は初めて下書きと清書の2度書きました。

そして、最後にはイラストを。

Jesse Owen

 

 

 

 

 

切ったり貼ったり、色をつけたりして出来上がり。

 

こんな工作の要素も必ず入っているブックレポート。

楽しくないですか?

 

今日提出して

このレポートについてのスピーチも

なんとかなったと嬉々として報告してくれました。

 

そうそう、いつもはマイペースで遊びマニアだけれど

やるときにやればいいんだよね、息子 笑



dahiyu537 at 01:46|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

December 12, 2006

Christmas Piano Recital

週末に息子と娘の習っているピアノ教室の
クリスマスリサイタルがサニーベールの教会で行われました。

昨年と同じ会場です。昨年の様子はこちら

会場の様子

 

 

 

 

 

 

 

今年は息子に引き続き
5歳の娘が発表デビューをしました。

 

母、緊張して遠くから見守ることしかできずに
画像も遠目。

娘の弾いた曲は「Bravery at Sea」というFolk Songです。
日本で言う、チョウチョのお歌を
両手で弾きました。

concert debut

 

 

 

 

 

 

出始めから何度かつっかえる娘。

こちらは手に汗を握って聞いておりましたが
本人は、とっても冷静に始めから弾きなおしておりました。

 

そして、昨年に引き続き2回目の息子。

Haydn(ハイデン)の「The Surprise Symphony」を弾きました。

his second year

 

 

 

 

 

 

 

手前に写っちゃった女性が気になるなぁ。。。。笑

 

息子は、途中でテンポが速くなってしまうので
それが注意点でしたが
本番に強いのか
ちょうど良い速さで弾き終わりました。

2人ともよくやった!!

大勢の前で緊張するだろうに、こんなに幼いうちから
がんばりました☆

 

それにしても今年のコンサートは画像が悪いですね〜

ビデオカメラをセットし、末娘をひざに乗せ、片手にデジカメだったので
許してね。

 

発表会の後
Hanamaru 寿司でお祝いをしました。

寿司シェフSさんにもお祝いしてもらって
新鮮なお寿司をおなかいっぱいいただきました。

 

 

ピアノは習い始めて1年4ヶ月になりますが
好きで続けられている習い事。

音楽一家になったらいいなぁ

とひそかに楽しみにしています。

 



dahiyu537 at 14:51|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

November 29, 2006

Final Soccer Party

サンクスギビング最終日に
雨天のため延期されていた
息子のサッカーリーグのFinal Partyがありました。

またもやあいにくの雨のため、
公園から急遽会場をピザパーラーへ移動。

コーチから贈呈

 

 

 

 

 

 

一通りピザでお祝いをした後
いよいよ記念品の贈呈式でした。

息子は、なんとベストスコアラー
(得点王)に選ばれ、拍手を受けて
しきりに、はにかんでおりました〜〜

一人一人に記念品を贈呈するコーチ。

このコーチの人柄で
みんながぐいぐいと引っ張られてきました。

リーグ期間の短い間だったけれど、
このチームでプレイできてよかったと
みんな思っているようです♪

そして、、、

お祝いケーキ

 

 

 

 

 

 

こんなチームケーキも用意されていて
みんなで食べました♪
特大で、30人以上分はありましたよ。
カラフルなのはアメリカならではかも(^^)

来年もこのチームに絶対に入ること!

それが宿題 笑

その雰囲気に押されて
5歳の娘もコーチの娘の
もうひとつのチームに入りたいと言い出しました。

そして早速申し出たところ、
もちろんWelcome!!

娘のサッカーデビューも間近か?

記念品

 

 

 

 

 

 

コーチからのメッセージに
こうしたためてありました。

He is a gifted attacker,and goal scoring machine.

息子の胸の中に宝物としてそっと残りますように。

なんだか、今日の記事は(も)
親ばかな記事ですね、ごめんなさい。



dahiyu537 at 01:42|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

October 16, 2006

やっと一緒にプレーできるね。

本日、息子は他のチームメイトより
1ヶ月以上遅れて
今年初めてのサッカー試合デビューをしました。

↓はチームの応援旗。
応援旗











今から1ヶ月以上前のこと。

サッカーシーズンに入るので
昨年もお世話になった
地元のサッカーリーグに申し込み、入金を済ませました。

それからなぜか
事務局から連絡がなく
幾度となく、メールや電話で交渉。

週末に入る前に
やっと話がつき

「なぜか登録を忘れていた
申し訳ない」

といわれお金を返してもらって
今回は諦めることにしたのです。

ところが昨日のWalk-a-thonで
友人に声をかけられました。

「サッカーの話を聞いたよ。
息子くんは、私たちの子供と一緒にチームの予定だったみたい。
いまからコーチを紹介するから、明日からプレイして」

とのこと。

聞くと、
息子の学年のお友達が半分以上もいる
チームに入る予定だったそうです。
手違いでコーチに連絡が昨日まで届いてなかった模様。

コーチ夫妻は、息子の学校の遊び仲間の親ごさんでした。

会うといきなり肩を抱かれ

「息子君は、明日からもちろん、チームに入るよね?」

と口説かれました。

そして、協会側にも
お金を返してもらった上で
無料で残り後半のリーグに参加ができることを交渉してくれるとのこと。

アメリカに来てこんなに親切で強引な人に会ったのは久しぶりかも。

それもこれも息子のお友達みんなのおかげなんだなぁ〜
と涙が出てきました。

学校のイベント後に
コーチ夫妻は早速、ユニフォームと靴下を自宅まで
持ってきてくれました。

そして本日に至ります。

試合前の打ち合わせ





実は、このチームまだ試合は1勝。
熱くて明るいコーチ夫妻に引っ張られて
楽しそうなチームです。

息子も試合デビュー。

ビギナーズラックでしょうか。

息子がなんと1点ゴール!

「あまり大きな声で応援しないでね」
(去年の教訓から)

と息子に言われていたのにもかかわらず
叫んでしまいました。

試合は2対1で勝ち越しました。

出張に行っている夫も見たかっただろうなぁ。

やっと一緒にプレーできるね。










やっと一緒にプレーできるね。

そういって、息子の肩を抱いてくれた親友くんでした。

あと1ヶ月あまりですが
サッカーも日々の活動に加わりました。

やっぱりチームプレイは楽しいね。

このあと、今はお友達のバースデーパーティーで
ボーリングをやっている息子たち。

タフですね〜〜。



dahiyu537 at 06:50|PermalinkComments(10)TrackBack(0)clip!

September 18, 2006

日本語学校バザーとディナー

日曜日は毎年恒例の
三育バザー」の日でした。
息子の通っている日本語学校のイベントです。

お食事コーナーやゲーム、古本市など
ちょっとした秋のお祭り気分♪

先生やボランティアの保護者の皆さんのおかげで
素敵なフェスティバルでした。

バザー










大勢の人が集まり、ワイワイ♪

焼きとうもろこしを食べたり、おうどんやカレーをいただきました。
目玉の古本市は
10時半の開始と同時に人で溢れ、
みなさん両手一杯に買っていました。
わたしも子供の絵本を数冊仕入れました。

次の週末は補習校で大規模な古本市があると聞きました。
(確認はできていませんが)

子供達の日本語を保持させ、習得させるには
絵本を始めとする書籍全般が役に立ちますよね。

古本で安価で手に入れられるのは
魅力的です。

さて、

炎天下のなか3時間外にいた私は
帰ってきてすっかりお昼寝モードに。

ベビーと一緒に寝て気がつくと夕方でした。
寝ても寝ても眠い!!

そこで晩御飯は食べに行くことになりました。

夫が接待などで使うという
おいしい中華料理店です。

中華料理はここ!










エルカミノ、マウンテンビューのはずれにある
湖南叉一村」という名前のレストラン。

外観は、むむ?

という感じらしいですが
お値段の割にはとても美味なので
接待に使われるそうです。


海老のはちみつとクルミを揚げたお料理。

海老料理








 

青菜のガーリック♪

 

 

 

 

 

 

青菜のガーリック炒め。

そして最後はデザート付き。

スイーツだよ

 

 

 

 

 

 

冷たいタピオカミルクにメロンが入っていました。

他にもうひと品あって50ドル弱です。
(写真撮る前に食べちゃった)

すっかりお腹が満足して帰りました。

4880 El Camino Real
Los Altos CA 94022
tel:650 965 9877

サンフランシスコにも一号店があるそうです。



dahiyu537 at 14:58|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

September 14, 2006

Going to CollegeとTennis

テニス仲間の女性が
レッスン中、コーチに
「自分の娘は来年ハイスクールのテニスチームに入れると思うか」
と聞いていました。

そのコーチに子供2人がプライベートレッスンを受けているので
相談をしていたのです。

そうでなくても勉強が忙しくなる
高校時代に
テニスチームに入ると
何かAdvantageがあるのかな、、
と思い、聞いてみました。

すると、
「大学進学に有利になるから」
という答えが返ってきました。

そうだ!
わたしもオーストラリア時代に大学を7校まで受験できたので
受けたことがあるのですが
テストのスコアや高校時代の成績のほかに
高校で活躍したこと
などを書きました。
(私の場合は200m走、陸上競技で学校代表だったので
コーチから推薦してもらえました)

アメリカでも同じようです。

その友人によると

・スポーツ
・Art(含む音楽)
・語学

の3つが揃っていて
成績がよければ
希望する進路へ進みやすくなるとか。

つまり、勉強や成績だけじゃダメ
ってことですよね〜
これには、納得だし、ほっとします。

ちなみに
彼女の子供達は
学校のバンドで
フルートを吹いているそうです。

フルートも家でプライベートレッスンを受けていて
一時間2人で100ドルだとか。
お金がかかりますねー。

日本の大学も
そろそろ全入時代を迎えます。
(子供の数が少なくなるため学校によっては
受験せずに入れてしまう時代)

ホームスクーラーの高校生たちの
進学もサポートし始めて7年目ですが
以前に比べて日本でも
AO入試を行う大学が増えてきたと思います。

自己推薦で、
一芸に秀でていれば、、という入試ですね。
一般受験とは別枠になります。

その他帰国子女受験も
一種のAO入試なのでしょう。

さて、この話は置いておいて
いま、テニスレッスンを一緒に受けたいと思っている仲間を探しています!!

場所はSaratoga。
Brookside Tennis Clubです。
メンバーがめっきり減ってしまって
寂しいので
もし、テニスをしたいなぁ〜と思っている方がいたら
一緒にしませんか?楽しいですよ。
連絡ください〜〜〜〜!!



dahiyu537 at 10:12|PermalinkComments(9)TrackBack(0)clip!

April 11, 2006

日本語学校の入学式

4月から日本の学年で新1年生の息子。
日本語学校の入学式が日曜日に行われて
家族総出で行って来ました。
校長先生のお話が印象的でした。

「何事にも挑戦しない人は失敗もしない」
たくさんの失敗をしましょう

とのメッセージ。

親には、
「その失敗を怒ったりせずに
あたたかく見守る環境を」

と話されていました。

いよいよダブルスクールが始まります。
ハハが一番心配しています。疲れすぎませんように。

来年は年子の真ん中の娘も新一年生。
早くも先を考えてちょっぴり寂しいのでした。

祝い膳

 

 

 

 

 


 


祝い膳:
ハンバーグ
お赤飯
ポテトサラダ
野菜スープ
つけ野菜
100%スパークリングアップルジュース



dahiyu537 at 00:18|PermalinkComments(11)TrackBack(0)clip!

April 09, 2006

体験サルサダンス

昨日のYogaの記事を書いていたときに
断念したという『ダンス』のことを思い出しました。

Blogに2ヶ月ほど前に
アップする予定で原稿を書いていたのに
サルサ体験が散々たるものだったので(笑)
原稿は日の目を見ないままでした。

そこで、ちょっと手を加えて
ダンスの体験の様子をお知らせします。
場所は、West gate mallにある
Dance Zone Studio 
でのこと。


*****
その日の夜は
Girls night out(母親だけで夜にでかける日)でした。

今回は、ラテン系のダンス、Salsa.
ラテン系の友人Iと一緒に
Westgate mallのダンススタジオに夜7時半前に集合。

既にその日は初テニスのせいで足が筋肉痛。
だけど、ずっとやってみたかったダンス。

ウキウキドキドキ気分で参加しました。
始めてみたのはいいけれど時間が経つにつれて
どうも自分がへたっぴだということに気がつきました。

まるで

エアロビクスのステップ
盆踊り

をあわせたような変なリズムになってしまうのです。
ムキムキの男の先生は
とうとう愛想を尽かしてくれました。

わたしだって、泣きたかった!!

友人のIは、ラテン系なのでもともと素質があるのかとっても上手。
ラテンミュージックにあわせて
腰を振り振りしながらステップを踏んでいる。
どうも照れてしまうわたし。

レッスンの最後には
先生が手を取って一緒に踊ってくれるのだが
またこれも照れてしまうので
腰がひける。
先生がムキムキ、ぴったりタイツの情熱的な男の先生で
どうも苦手なタイプだったからかも、、、、。

ずっとダンスをトライしたくて
いろいろと調べていました。
各コミュニティーセンター、Saratoga Dance や、Dance Academy.
子供が学校に行っている間の
良い時間帯のダンスクラスが見つからず。
(昼間は未就学児対象のクラスが多い)

今回トライしたdance zone studioは
昼間からJazzダンスや、Hip Hopなど
多彩なプログラムがあったので
試してみたいひとにはお勧めかも。
先生もきっとその都度変わるとおもう(笑)
好きなだけ無料体験できるダンススタジオなので
また気が向いたら
今度はHip Hopに挑戦してみたいな。

ベイエリアのダンスクラス(子供も含む)の教室一覧リンクは
こちら

****
さてYogaから明けて1日。
体全体がなんとなく「柔らかい」感じがしています!
それも万年緊張している肩周辺(^^)
今日はテニスだったので
また各箇所が凝ってしまったかもしれません(^^;;

 



dahiyu537 at 00:09|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

March 28, 2006

Gymboree play&music

一番下のチビは
2月より毎週1回のGymboree play&musicクラスに通っています。

きっかけは、お買い物途中に何気なく立ち寄って体験クラスをその場で受けたこと。
室内で、家から近く、もともと興味がありました。
始めの15分くらいのテーマごとのフリープレーは
正直、お金を払ってまで受けなくてもよい内容だと思いました。

後半からのみんなでお歌を歌ったり遊ぶCircle timeは
チビには新鮮な内容でした。
その頃はまだデイケアデビューを果たしていなかったので
同じ年齢くらいのベビーたちと
一緒にいる雰囲気がよかった。

parachute

 

 

 

 

 

 

最後は↑のパラシュートの中に大人と一緒に入ったり
子供が真ん中に座ったりして遊びます。
3回目のクラスまでは、嫌がって外に逃亡していましたが
いまはノリノリで参加するようになりました。

気になるお値段ですが12レッスン、24レッスンで選べ
12レッスンは200ドル。一回当たり15ドル強です。

特徴は寒い時期・暑い時期に公園に行かなくて済むこと、
手っ取り早くお友達ができること、
毎日クラスがあるので好きな曜日に変更できること。
フリープレーの午後の時間は入場無料で遊び放題なこと。
そして何よりここの遊戯道具が
すべて木製でその質感がわたしは好きです。

初めての習い事はこのようなイージーな感じからでも良いと思います。



dahiyu537 at 02:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

January 26, 2006

ファイナル ジムクラス

娘の通っているジムクラスのシーズンが先週終わった。
約1年間通い続けた。
来週からは、同じリトルジム内のダンスクラスに入ることにした。

入場シーン
最後のクラスだから、
入場からして一人一人の登場。
名前を呼ばれたら、走って、ジャンプ台を蹴って前転。

 

平均棒

平均台

平均台や、マット運動、鉄棒など
つぎつぎに披露してくれた。

 

 

この1年間で、ジムクラスを通して変わったなと思ったことは体が柔らかくなったとか高度な技術を覚えたというものではない。

楽しみながら、腕の力、脚力を確実につけていったと思う。
娘は4歳だが、息子の学校や公園にある”うんてい”をできるようになった。

最後はみんなで!

最後は、みんなで記念品をもらって写真撮影。

 

 

 

今日のデザート:

croissant au beurra

croissant au beurra $2。ファーマーズマーケットの入り口周辺のベイカリーで買うことができる。金曜日のValco、土曜日のSaratoga、日曜日のCambellで見かけた。
クロワッサンの上に、スライスアーモンドとアーモンドペーストがたっぷりと乗っていてボリューム抜群。病みつきになります。

 



dahiyu537 at 01:18|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

January 11, 2006

Mommy and Tot

昨日は週1回のゴミ収集日。各家々の前には、クリスマスで使ったモミの生木が
道に捨てられている。まだ枯れていないのに、もったいないな。


「来年までもみの木預かります、年間保管料50ドル」

なんていうビジネスをしようかしらん。

一番下の娘が今月1歳半になる。言葉でコミュニケーションが取れるようになり、
とっても可愛い。「のんのんのん(ここに乗せて)」「あっちいこー(あっちにいって!、あっちに行こう)」「ちょーちょーちょー(それちょうだい)」など、
日本語達者である。

そんな彼女は週1度のプレイグループをとっても楽しんでいる。上の2人がこのくらいの年齢のときは既に保育所デビューをしていたけれどやっぱり子供たち同士で関わりあうのは楽しそうである。
そこで、ママも一緒に参加するプリスクールを探してみた。わたしもまたいろいろな人と知り合いになれるといいな、とおもって。

近所にはGYMBOREELittle Gymなどがあるけれど、今回探しているのは、値段がリーズナブルなこと。そして内容がアートや運動に偏らずに、プリスクールのような遊び中心で子供と関わりあうようなプログラム。

プレイグループのママさんたちに聞いてみたところ、コミュニティセンターの多彩なプログラムがお勧めと言う。コミュニティーセンターとは地域社会の中心になって教育や施設などを提供する公共の場所だ。

住んでいるSan Jose が一番使えない(;;)
Recreational Programをなにも持たないからだ。

santa Clara は、プログラム多彩で安くてお勧め。ひとつ日程もあうのが見つかったので電話してみなくちゃ。

Cupertino は、多彩だが、Non Residentには高め。
というか、全般的に高い。企業のプログラムとなんら変わらない気がする。

Saratoga は、サマースクールを利用した。安くて、お勧めだが、あまりプログラムがないのが玉に傷。

Campbell は、オンラインで申し込みができて、プログラム多彩、安いので、ここもお勧め。

ご近所をこのくらいを調べた。

あいにく、一番希望のプログラムはウエイティングリストになってしまったが、
これからも探し続けようと思っている。また、コミュニティセンターでは0歳児から大人までの様々なプログラムがあるので、お勧めです。テニスもここで習ったら安いかも。

そして、アメリカにいるから、もっともっと色々な国のママ友達が欲しいな。



dahiyu537 at 08:55|PermalinkComments(8)TrackBack(0)clip!

December 13, 2005

Christmas Pinano Ricital(ピアノ発表会)

日曜日に息子のクリスマスピアノ発表会があった。

場所はサニーベールの教会。かなり立派な教会なので信者さんが多いのだろう。

そして驚いたのが、発表者の数。プログラムを見ると全部で40名。全部、先生の教え子さんだと言う。観客は150名ほどいただろうか。

子供が走り回ると困るので、始めのほうに演奏させてもらえるように頼んでおいたら4番目だった。

3番目の演奏者の途中に息子が「ママ」と呼ぶ。

わたしも緊張しているから、きっと『弾くのやめるぅ、、』というに違いない。

とおもったら

早く弾きたい!」とのこと。たのもしーではありませんか。

先生に名前を呼ばれる前に舞台に行こうとしてフライング。

なんとか舞台にたどり着いたと思ったらすぐには座らず

comfirming the note

余裕で”C”(ド)の位置を確かめておりました

 

曲目は「おじいさんの古時計(Grandfather's Clock)」

途中でテンポが上がることなく、完璧に演奏を終え最後にお辞儀。

he is playing!

母は感激のしましたー

息子はなんでもなかったようにまた席に座り

次々演奏される人たちをじっと見つめておりました。

娘2人は別部屋で走り回っていたようですが・・・・

演奏者は半分以上が男の子たち。年齢は平均すると小学校高学年から中学校くらいだろう。男の子が多いのは一度やり始めると辞めない一途な性質の証拠かな?

人種は先生が中国系とあって、中国人、韓国人、インド人が圧倒的に多かった。あとはアメリカ人と我が家日本人。

とても心温まる経験でした。来年は4歳の娘もきっと舞台に立つことでしょう!!



dahiyu537 at 03:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

November 13, 2005

The Last Soccer Game

息子のサッカーのシーズンが終わった。

今日が最後の試合。

the last game

一対一の同点で終わった。

週2,3回のサッカーが

来週からいきなり0になる。

8月末から今まで、目覚しく上達した。

これも彼が好きだったからだろう。

 最後はピザパーティ。

それぞれコーチから名前が入った

たてをもらった。

みんなでお金を出し合ってカードとギフトカードをコーチに差し上げる。

わたしたちは、早朝ファーマーズマーケットで購入した花束もお渡しした。

また来年もみんなに会いたいな。親も楽しませてもらいました。



dahiyu537 at 09:31|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

November 05, 2005

Tennis テニス

8月から息子が属していたサッカーリーグも、そろそろシーズン終了間近。

残す試合はあと2試合のみ。

サマータイム終了で、練習時間も早く、回数も減った。息子はきっとMVP賞に選ばれるに違いない!と親ばかなわたしは思う。

さて、次のスポーツは何に、、ということで早速、キンダーのときの友人の紹介でテニスを始めた。

今のところまだサッカーもあるので週1回。放課後に1時間。

entrance

ここは会員制のテニス&スイミングクラブ。

なんと会員権は個人売買のみ、1000万円する。

いまどきバブリーな場所。もちろん、我が家は会員ではありませぬ。

第一回目レッスンの日。わたしは息子にジュニア用のラケットを持たせると

コーチにあえなく却下されてしまった。「大人用の古いラケットを使わせてください」と。

コーチ&オーナーはなんと、日本で平木や遠藤愛選手を育てた人だった。成城や自由が丘でテニスを何年も教えていたらしい。日本のテニスプロのレベルはとても低いと言っていた。

奥さんは日本人、ハーフのお嬢さんは息子と同い年だが、あと2,3年後には

日本とアメリカのランキングに挑戦すると言う。

playing!

息子が自分でテニスを始めたいと言ったのだが

やっぱり好きらしい。

週1回では足りないようだ。毎日、今日はテニスの日?と聞く。

同じグループに学校の友人がいるから余計に楽しいのだろう。

そのテニスレッスン。週1回で8週160ドルなり。週2回だと300ドル、週3回だと540ドル、週4回、週5回・・・・とあったとおもう。

テニスのプロを目指せるのは金持ちだけということですね(;;)

と思いつつ、コーチが「ランキング選手に育てる自信が有る」なんて話してくれたら、メロメロときてしまう母です。日本びいきの人でよかった。きっとバシバシと息子を鍛えてくれるでしょう。ここはあまり人に教えたくない場所です。駐在の日本人には知名度がないと思うので、内緒ないしょ。ブログに書いちゃったけどね。



dahiyu537 at 02:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

October 05, 2005

ピアノレッスン

8月末の新学年と同時に
4歳の娘と6歳息子が個人ピアノレッスンに通い始めた。

先生は、キンダーの友人に紹介してもらった
中国系アメリカ人の50代の女性。
自分たちのおばあちゃんを思い出させるようで
なかなか相性がよいらしい。

ト音記号は英語でTreble Clef
ヘ音記号はBass Clef。
早くも子供たちからいろいろと教えてもらっている。

一人30分ずつで30ドル。2人で一回合計60ドルだ。
なかなかのお値段だが
我が家にはピアノがあるし
夫も私も好きな曲だけをよく弾いているので
子供たちにも習わせたかった。

6歳の息子は
スポーツマン。女の子のがやるようなことが嫌いなので
ピアノも当然嫌がった。
「人は色々な経験をしたほうが、幅のある人間になれるんだよ」なんて説得し
しぶしぶスタート。
すると息子はピアノが面白いらしく、
どんどん上達している。
毎日の練習はわたしがそばに座って一緒に行うので
これまた一苦労なのだが

"I like it, it's easy"なんていいながら弾いている。

4歳の娘はもともと習いたがっていたのだが
練習が面倒くさいらしくて段々と下がり調子に。
ただ、息子が弾いて楽しんでいるので
一緒になって練習をしてくれ、続いている。
わたしも感化されて
サザンの真夏の果実の楽譜を手に入れ
こっそりと練習中。

12月には初のリサイタル。
どんな曲を弾いてくれるのだろう。

これだけは、続けさせたい習い事である。



dahiyu537 at 01:16|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

September 11, 2005

サッカーゲーム

今週末から息子のサッカーチームのゲームが始まった。
シーズン中は毎週末、早朝から行われる。

息子のチームは8歳以下、6歳以上の子供のチーム
週二回の平日の練習がある。

今日は初めての試合。
ゲームを見ていて笑ってしまった。

soccer game

ルールが分かっていない子供たちは
実にのどかに試合をしていた。

自殺点だけはしないように・・・
と祈りながら声援。

ボールがあっても誰も蹴らない。
疲れるとグランドに座り込むなどなど。

最後に親たちが作ったアーチも
相手のチームの親アーチをくぐって嬉しそう。
なんだかずっこけチームだが
親は1週間分のストレスを声援で発散できるからいい。

となりのグラウンドでは女の子チームがプレイ。
同い年でも、女の子のほうがこの時期は
動きも俊敏だ。

がんばれ〜〜!!

 



dahiyu537 at 02:49|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

August 20, 2005

水泳三昧

今日は朝から晩まで水泳三昧だった。

午前中は、水泳レッスン。

4歳の娘が、「泳ぎたくない」とずっと言っていたかと思うと
やはりプールの間中、大きな声で泣いていた。
娘のためを思うと、30分のレッスンは泣いていても
続けさせたかったが
周りの迷惑になるかもと判断して
コーチに「今日は練習をやめさせます」と声をかけた。

するとコーチは
「泣くと泳がなくて良いのなら、次回からも同じことをするだろう」と言って
泣いたままレッスンを続けることを勧められた。
30分後、よく頑張ったね〜
と、ぎゅっと抱きしめたが
プール嫌いになりそうで心配した。

午後は、プリスクールのお友達のUさんのおうちにお邪魔。

アパートメントなので
プールとジャグジーがついていて、早速GO!

午前中も泳いだのに
3人とも泳ぐ泳ぐ。
朝泣いた娘も、遊びのプールでは
楽しそうだったので、ほっとした。
プールから上がり、お風呂までお友達の家で入らせていただき
帰宅すると午後6時半前。

母もおしゃべりできて楽しい一日でした。



dahiyu537 at 11:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

August 12, 2005

Summer Camp

夏だ、サマーだ、夏休みだ!
(なんのこっちゃ)

ということで
夏休みもようやく後半戦になりました。
この時期に日本に一時帰国する
駐在員の方たちの気持ち、よぉーく分かりました。

summercampこうなることを予想して
キンダーのクラスのママさんたちに
サマーキャンプの事を聞きまくり
パンフレットをもらいました。

 

 

さぁて、たくさん集まったところで
期間が1週間単位で200ドルなんて高すぎる。

幸い、息子は地域の英語補習のクラスに4週間入ることを
許可されたので
あと1つくらい何かに入っておこう
ということで
Saratoga Community Centerというところの
Nature Campプログラムに入りました。

二週間、朝9時15分〜2時15分まで
合計245ドル。

キンダーの仲良しさんと一緒に申し込みをしたが
初日もう2人同じクラスの子が居ることが判明。
息子は毎日ワクワクして行ってました。

持ち物は、お水とお弁当。
行く公園は毎日違うので
大変だなぁ、、とおもっていたら
同じクラスのマシューのママが
カープールに興味がない?
と誘ってくれました。

カープールとは
何人を一緒に車に乗せて
行き帰りを交替で担当すること。

我が家は朝担当。
帰り担当をマシューママにお願いして
無事二週間乗り切りました。

公園、、といっても車で5分のEl Quito Parkの日もあれば
Sanborn Parkといって山の中を通って行く日もある。
子供にとっては楽しいだろうが
親は大変だ。

Nature Campということで
自然のものを使って工作をしたり
水遊び、歌などをしていたようだ。
毎日作ったものを持って帰ってきた。

ある日は図書館に行き、
ある日は美術館に行き。
子供を飽きさせないように
毎日工夫をしてくれていた。

summerlunch最後の日は家族も一緒のFamily BBQ。
デザートかサラダなどの一品を持ち寄り
みんなで集まって食べる。

 

 


一品を持ち寄ることは
前日に知ったので
メロンやすいかなどの果物を切り
フルーツサラダにして持参。

他の人はクッキー、カップケーキなど
買ったものを持参など。

最終日のBBQも無事に終わり、サマーキャンプもおしまい。

あと3週間あまり、家族旅行でも行くかなぁ、、と

計画中である。

watakusi

キンダーの友人家族と一緒に食べる

わたくし

 



dahiyu537 at 06:44|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

July 13, 2005

Gymnastic 床運動クラス

今日も暑い日だった。
最高気温は89度の予想。
(華氏−32×5÷9で摂氏が計算できる)
 
89度は摂氏31度だ。最低気温は14度ほど。
涼しい午前中に外出を済ませる。
午後は、暑い、あつい、アツイ!
 
毎週一度、真ん中の娘はGymnastic 床運動クラスに通っている。
室内なので、エアコンが効いていて快適な真夏の過ごし方だ。
娘は可愛いレオタードを着る事ができるので
行く気満々だった当初から、途中では行きたがらなくなり
ようやく、最近この日が待ち遠しく、楽しくなったらしい。          
    
 gym                  公園や家でクラスでやる側転などをよく見せてくれる。
 娘のクラスのコーチがまた、
子供好きのいい感じのおじさんで、
自信もあるのでどことなく、
ハリウッドのスターを思わせる。
 
みんなMr.Dが大好きだ。
このジムを決めたのはやっぱり彼が子供の視線で
無邪気に遊びながら楽しませてくれていることが
わかったからかな。
 
 
ジムも子供を飽きさせないために色々な工夫をしてくれている。
毎週テーマが決まっていて
テーマごとに運動する。
例えば、サマースポーツの日はボールを使って遊んだり
ビーチパーティーの日にはバスタオルを持って行って
その上で運動。
ピザウィークでは、ピザを作る真似をしながらの運動。
などなど。
 
ジムでのわたしの楽しみの一つはお友達に会えること。
前述のドナとライラとザイが同じクラスなので、
子供たちが運動をしている間、おしゃべりをしている。
 
来週末はライラの満1歳の誕生日パーティーにお呼ばれしているので
その話もする。
クラブハウスを借りてBBQや手料理を振舞ってくれるそうだ。
わたしもお寿司を持って行くことにした。
(もちろんどこかで購入予定)
 
パーティー前に、ドナのおうちで遊ぼうと計画。
プールがアパートにあるので
一緒に泳ごう♪と。
 
我が家のビニールプールでも十分涼めるのだが
お友達とワイワイ泳ぐのもいいだろう。
来週がまた楽しみだ。
 
 gym2                   ちなみにジムのお値段だが
月換算にすると100ドル前後。
それほど安くないが
社交の場として
涼む場として
もう少し続けても良いと思っている。 


dahiyu537 at 09:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

May 14, 2005

屋外プールにて

我が家の前庭と後ろ庭にあるびわの実が色づいてきた。先週、食べてみたらまだ酸っぱかったのでもう少し待ったほうがいいのかな。

週2回通っている水泳レッスンの日。今日は子供たちが泳いでいる間近くに座っていたお母さん方とおしゃべりをした。 一人はマレーシア人でもう一人はインド人。マレーシア人のお母さんは、日本製の赤ちゃんせんべいを持っていた。「子供が小麦・卵アレルギーをもっていてなにを食べさそうか迷ったときに日本の友人にお米で作った赤ちゃんせんべいを勧められた」と言っていた。 彼女のお義母さんは台湾人なのだが日本語が上手で一度、9ヶ月の娘を見て「かわいいわね」と話しかけられたことがある。

水泳レッスンについて、あの先生は駄目だとかなんとかそんな話になった。下手な先生に習うのは時間とお金の無駄なんて言っていた。みんなかなり熱心だ。 驚くのは水泳を習っている人種。アジア人は少なく、インド人と西洋系が圧倒的に多い。なんでだろう? 明日は、Farmer's Marketにドナと行くことになった。楽しみである。

9333歩。ちょっと息抜きができた一日だったかな。



dahiyu537 at 00:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

May 13, 2005

サッカーレッスン

息子のサッカーのレッスンは週1回、放課後に45分間ある。

芝生の上でプレイをするのでマスクをしていたら「どうしてマスクをしているの?」と現地の女の子。

やっぱりマスクは怪しい人に見えるらしい。 レッスン後に息子は友人宅へ。我が家には前述のパレスチナ人のダナと4歳と9ヶ月の子供が遊びに来た。 4歳の男の子と遊ぶ娘。耳を済ませていると英語をしゃべっているではないか!

 you don't wanna have chips? (ポテトチップスを食べない?) 娘は耳から覚えている英語なので本場の発音だ。 ダナと、日本人はうまく英語を話せる人が少ないと話していた。ダナはどこで英語を習ったの?と聞くと、建築の勉強をカナダの大学でしていたそうだ。 3月に長男を出産し、4月に最終試験があったらしい。母乳をあげながら試験を受けて無事卒業したんだって。 っ

てことは同い年くらいだと思っていたダナは27歳。5つ違った。アジア人は若く見られるから同い年くらい、、とお互いに思っていた。

 この日は11513歩。ベビーシッターさんが朝晩とお手伝いに来てくれたのだがこのくらい歩いている。

 あるこ〜あるこ〜わたしはげんき〜あるくのだいすき、どんどんいこう!さかみち、とんねる、くさはらいっぽんばしに、でこぼこさかみちくものすくぐって、くだりみち! (トトロのテーマ曲)



dahiyu537 at 02:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

May 12, 2005

オリンピック選手たち移動へ

息子と娘の通う水泳レッスンは本日から屋外にて行われる。

外気は最高気温20度前後。日陰は寒くって、見ているわたしはフリースのジャンパーを着るほど。

先生たちは口々に「it's summer now」なんて言ってたけどどう考えても1ヶ月くらい遅らせてもいいとおもった。

 2人ともウエットスーツを着て泳ぐのだが娘は途中で退却。現地の子たちは水着一丁で泳いでいるから体の構造や脂肪の厚さが違うのだろう。

さて、同じプール内ではオリンピックシンクロナイズの選手たちが大会に向けて練習をしている。このほどアメリカのオリンピック委員会が北京オリンピックに向けて、選手たちをここから設備の整ったコロラドで練習させることを決定したという。 来週にはもう選手たちの練習姿は見られなくなる。ゴールド、ブロンズを獲得した選手はきっとこれからは室内で練習するのだろう。

この日は12087歩。痩せの大食い、、と友人に言われたけど動いているんだもーん。



dahiyu537 at 02:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!