・子供のアメリカ生活

February 23, 2007

届いた段ボール

家の契約をして、退院をして一週間もしないうちに

いよいよお引越しモードです。

 

お引越しは業者の

「お任せパック」

なのですが

事前に段ボールを20個ほど届けてもらいました。

いよいよだ〜〜〜

 

 

 

 

 

 

壁に貼ってあった多くの展示物をしまい始めて

家が早くも殺風景に。

ほんとうにお引越しなんだ。

と実感しています。

 

*****************

雨の予報の一日。

 

やんだりふったりの繰り返し。

 

晴れ間が出たので

お散歩に出かけました。

1時間の雨の合間のお散歩

 

 

 

 

 

お友達の家まで忘れ物を取りに。

車では3分の距離を

自転車とベビーカーの子供達。

のんびりと歩いたら往復1時間弱。

梅かプラムか?!

 

 

 

 

 

梅がたくさん咲いていて

 

そして桜と思われるものも咲いていて

これは桜と思われる

 

 

 

 

 

 

途中雨に降られながら

キャッキャッと声を上げました。

 

何も予定のない一日。

 

ほんとうは母に子供たちをお願いして

仕事や引越しのことをしようと思っていたのだけれど

ついつい子供と遊んでしまいました。

 

ひさしぶりにゆっくりと

子供達と関わることができて

幸せ一杯。

だけど、段ボールも一杯。

うぅ。



dahiyu537 at 09:02|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

February 22, 2007

ささやかなおもてなし

昨日は、夫を早朝5時過ぎに飛行場に送った後

午前中と午後に別の来客がありました。

 

毎度ながら

ぎりぎりにして気がつくので

おもてなし手作り簡単お菓子といえば

これ。

毎度おなじみの(^^;;

 

 

 

 

 

今回はブルーベリーマフィン。

赤ちゃん用に小さいカップも使って作りました。

サラダオイルを切らしていて

たっぷり使えなかったため、ちょっとパサパサに仕上がってしまいました

 

*********************

我が家から徒歩で10分、車で1分のところにある

公園にて。

これは立派などんぐりの木なので

子供には

「トトロの木」とおしえています

ととろの木で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午前中のお客さんは

同じ学区内に引っ越してきた日本のかた。

新しいタウンハウスが建てられ

どんどん、レントとして増えているので

日本の家族も増える模様。

 

娘と同じ学年 になるそうで

残り、3,4週間一緒に仲良くなれるといいなぁ。

 

 

午後は、ボスニア人のお友達が

2年生と2歳半の子供を連れてやってきました。

 

これで子供6人勢ぞろい。

それぞれが遊び相手ができて

家中を駆け回っておりました。

 

この家、広すぎて掃除が間に合わず

運動会が始まるので

物が壊れ冷や冷やとします。

 

引越し先の家は今の半分くらいの大きさなので

これから荷物を半分にしなくちゃ。

 

ボスニア人のお友達とは

なんだか妙に人生観やセンスや気が合うので

あれこれと話していました。

 

彼女は難民としてこの国に来て

いまはアメリカに家族を呼び

共働きで看護士をしています。

 

バックグラウンドもなにも違うのですが

Universalな問題はどこも一緒で

その乗り越えかたも一緒。

 

もっともっと強くなろう。

 

そう思った一日でした。

 



dahiyu537 at 03:37|PermalinkComments(10)TrackBack(0)clip!

February 21, 2007

パパの職場訪問

夫が月曜日だけサンノゼオフィスに出社。

カンパニーカーをもう返却してしまったので

送り迎えをしました。

 

テニスの帰りにお迎えに子供達とぞろぞろ。

 

初めて入るパパの会社。

 

パパの仕事場。

 

いつも働いてくれてありがとう。

 

 

 

お引越しですっかりダンボールだらけでした。

 

パパはここで何をしているのか。

 

そんな話が車の中で。

さすがに息子は7歳。

なかなかきわどいことを言っておりました。

 

職場訪問で皆さんにご挨拶が終わった後

一階のロビーで

3人とも釘付け。

こちらに釘付け

 

 

 

 

 

 

このアイスクリーム自動販売機があることを知っていたので

このために遊びに来たのであった???

 

 

3人ともそれぞれアイスを買ってもらって

満足して帰りました♪



dahiyu537 at 03:42|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

January 27, 2007

this week

今日、金曜日は子供達の学校が
「Staff Development Day」でお休みでした。

 

「Staff Development Day」とは

先生だけが出勤して学校で働く日、

 

 

と思いきや

実は

先生方の休日らしい です。
(裏情報によると)

 

親しい先生にこっそり聞くと

 

 

3連休でスキーに行ってきたわ♪

 

 

などと教えてくれるそうで、
日本の教育業界にはあまり聞かない裏技ですな。

 

そんな、子供全員が揃った平日祝日ですが

朝からサンフランシスコに夫を迎えに行ってきました。


 

日本出張から帰ってきて、

月曜日にまた中国に行くそうですが

週末を一緒に過ごします。遠距離婚ですねー。

いや、通い夫?

 

とにかく

2週間ぶりです。

 

 

午後に家族ぐるみでお付き合いしている

ボスニア人のお友達のお家にお邪魔しました。

お庭で運転♪

 

 

 

 

 

 

お庭で電動の車を運転する子供たちと
それを見守ってくれるおじいちゃま☆

 

これって良くトイザラスで売っていて

 

 

誰がこんな大きい物を買うんだろう?

 

 

 

と思っていましたが、

ここに、いました 笑

 

ちなみに、息子とお友達が親友同士なのですが
彼らは家にこもってゲームをしておりました。ひたすら。


不健康なやつらです。

 

そこでいただいた手作りのボスニアのデザートや

お料理、もうほんとうに美味しかったです。

写真撮り忘れるくらい、、、、

 

サワークリームをお料理によく使うそうですが
クリーム系に目がないわたしにとっては
天国でした☆  

 

 

*************************

そんな休日を過ごしておりましたが

実は今週はまたストレスを溜めておりました

 

 

ストレスがお金に代わるのなら

わたしは今頃億万長者

ふふふふーーーー♪

 

って笑っている場合じゃない〜〜。

 

今週作ったヒット料理は

かぼちゃとジャガイモのマヨネーズグラタン。

かぼちゃのマヨネーズグラタン

 

 

 

 

めんつゆをかけてチーズを振ってオーブンで焼くだけ。

 

そして、

海老と竹の子の甘酢煮

海老と竹の子の甘酢煮

 

 

 

 

なんていう料理にも挑戦しました!!

ケチャップを使った中華料理なんて

ちょっと粋じゃないですか?

 

 

冷蔵庫にある食材をそろそろ整理したくって

普段作らないものを作るはめになったわけです。

 

 

こんなに手間ひまかけたのに

なのになのに

うちの子供たちったら!!!

 

 

 

夜9時前に

お友達の美羽さんに駆けつけてもらい

涙ながらにお話を聞いてもらいました。

 

 

とにかくこの週末はゆっくり休んで

また来週、復活したいと思います☆☆

みなさまもごゆるりと休まれてくださいませ♪



dahiyu537 at 10:34|Permalinkclip!

January 25, 2007

穴の開いたズボン

朝、遅刻だ、遅刻〜〜〜!

 

と上の2人を下ろし

末娘をかついで子供の学校内で走っていくと

2年生の息子達は既に並んで教室に入るところでした。

 

 

午後クラスの娘もこの日だけは朝から始まるので

始まるまでの1時間を

お友達とそのママと一緒に遊んでもらいながら待つのが習慣です。

 

 

わたしはいつも挨拶とちょっと立ち話をして

末娘のデイケアに向かうのですが

ふと足元を見ると、

お友達のズボンのひざに穴が。

しかもちゃんと布を当ててある!!

 

にやりと笑って、わたしは

 

 

うちの娘のこのズボンにも穴が開いているんだけれど

直す間もなく履いちゃうので

穴が開きっぱなしなのよ〜〜〜

 

 

と言ってみた。

 

 

 

ふと見ると、末娘のズボンのひざにも穴が開いているではないか〜〜〜!!

 

 

 

うむむ。娘2人。

これは恥ずかしいぞ。

 

 

と開き直っていると

 

 

 

お友達ママが、

 

 

あら、穴あきズボンは最近の流行でしょ〜ら〜(シンガポールイングリッシュ風)

 

 

 

と笑いながら返してくれた。

 

 

 

なるほど、そのときわたしが履いていたジーンズも

穴あきだったし
(これはデザインで穴あきです、誤解のないように・・・・・笑)

 

そっかぁ〜ものは考えようですね。

 

これは、デザインなんだ!

 

ということで娘の穴あきズボンは

当分そのままであること間違いなしでしょう。

 

果たしてそれでいいのかどうか、、、??

 

ちなみに長男はいつも半ズボンなので

穴あきジーンズはありません

 

 

が、あまりにも履き古すと

半ズボンでもあちこちに穴が開き始めることを知りました。

それらは、

お清めをして、感謝の意を込めてありがとうを言った後、

ごみ箱行きとなっています。

 

いまどき履き古して穴あきのズボンなんて履いている子供はいないですよね、、、、、。



dahiyu537 at 05:38|Permalinkclip!

January 03, 2007

もしや、、、、、

アメリカに戻ってきて2日経ちました。

なんだか立て続けにクシャミが出ると思っていたら

 

もしやもしや、、、、

 

 

 

 

もう花粉症の時期かも 

 

 

いくらなんでも早いなぁ。

これから厳冬を迎える地域だってあるというのに。

そろそろ花粉治療の注射の効果が現れてもいいものだけれど

どうなんだろう。楽しみ半分、ドキドキ半分。

 

 

 

今日は学校初日。

 

下の娘2人は時差ぼけ中。

 

 

早朝3,4時に起きるものだから

2度寝をしてしまい

ようやく起こしたのは午前10時過ぎ。

 

午後クラスでよかった

 

 

娘は放課後早速プレイデートに出陣。

 

お友達に久しぶりに会えて

母子ともども

ほっとした気分。

 

 

帰国中、英語を使うのは兄弟間だけだったので

こっそりと心配していたのですが

朝一番から

ふつうにお友達に話しかけてる我が子達を見て

一安心。

 



dahiyu537 at 09:39|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

August 17, 2006

Play group と公園

夏休みは月・金もお休みな子供たち。

7歳の長男のサマーキャンプでも
色々な公園に連れて回りましたが
今回は5歳、2歳くらいの子供も楽しめる
身近な公園を紹介します。

一つ目はCampbellにあるJack Fischer Park

Jack Ficher1

 

 

 

 


大きな子が遊ぶ場所ももちろんのこと
Jack Ficher2

 

 

 

 

 

タッチするくらいのベビーたちの水遊び場あり。
Jack Ficher3

 

 

 

 

 


暑い日にはもってこいの水の出る公園!
水着とお弁当を持って行きたい。
公園自体は広くないので
子供がいなくなる心配が少ない。

日陰が多いので
ママにも嬉しい♪
プレイグループで夏には定期的に遊びに来ています。

その次は、自宅近くのHathaway Park

hathaway1

 

 

 




 

大きな子が遊ぶ場所とベビーの場所が別れていて安全。

hathaway2

 

 

 

 

 

目の届く場所なので
ママたちは立ち話可能。
日陰も多いですよ。

ここも、夏のプレイグループで良く使いました。

さて、ここでいうプレイグループとは何だろう?

と少し説明しておきます。

プレイグループの定義としては「ママ友の集い」と認識しています。
同じくらいの年齢の子供達を連れて公園で集まり
おしゃべりをしながら情報交換をするなどなど。

子供のプリスクールを通じて
兄弟が同い年の家族が偶然にも何組かいて、
自然と集まるようになりました。

大掛かりなものではなくて
週ごとに行く公園を決めて集まっています。
個人的に仲良くしている人同士で
一緒に外出したりすることもアリ。

北カルフォルニアのサンタクララでの
大規模プレイグループ
las madres は有名なようです。

子供の生まれた年ごとに
グループがあり、会費がかかります。

が、いろいろなディスカウントを買い物先で受けられるので
あっという間にコストが回収できるようです。
30日間の仮入会トライアルも可能で
その間の集まりにチョコチョコ顔を出して様子を伺えるようです。

わたしも末娘のために
入会してみようかなぁ〜と検討中です。

来週はいよいよ学校が始まりますね。
満2歳の末娘は週4日、フルタイムでデイケアに預けますが
ママとラブラブの一日が
プレイグループの日かな?とおもっています。



dahiyu537 at 08:16|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

August 12, 2006

かたつむり

庭の「家庭菜園」に
根っこ付きネギを植えようと外に出ました。

green charlot










こうやって、半分切って植えておくと
何度でもネギが取れるんです!

ふと横に目をやると
巨大かたつむり










イチゴのそばに
巨大カタツムリが!

こいつは、大きなイチゴをたっぷり食べて
育ったに違いない、
にっくきヤツ。

そう思って、迷わずつかんで
遠くへ投げようとしました。

が、コヤツなんだか
クビをずいぶん奥に突っ込んでいるではないですか。
持ち上げたところ
カタツムリの卵










卵を産卵中でした。

カタツムリの卵をまじまじとみたのは初めてかも。
ここで、専業農家であれば
カタツムリは害虫なので殺していたでしょう。

が、環境とムシと人間に優しい?
なんちゃって、家庭菜園だし
生き物同士、親として母として
子を持とうとしている生き物を殺すわけには行かない!!

ということで、もとのところに戻してあげました。

そして帰っていた子供達を呼び観察。

もう、これ以上イチゴ食べないでよぉ〜。

ストロベリー










どんどんつるが延びてるイチゴ。
収穫時期は日本であれば春先までのようだけれど
こちらは真夏の8月でもドンドンと実がなります。
すぐにその場で末娘の胃に収まってしまいますが。

とまと
















トマトの苗。

肥料ナシでよくここまで育ってくれているもんだ。



dahiyu537 at 06:19|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

July 24, 2006

熱帯夜で眠れない夜には、

やっぱり自然風が一番。

裏庭でキャンプ♪

 

 

 

 

 

 

 

夜は19度まで下がるので快適です♪

****************

 

連日摂氏40度の毎日。

今日行った大手電気量販店Fry's(ヤマダ電機みたいなところ)では

店内100人以上の行列なり。

その行列のゆく先はポータブル冷房。

わたしたちはワインセラーを買いに行ったのですが

こちらも手ごろなサイズは売り切れ状態。

夜、室内が35度(95F)からなかなか下がらない我が家。

シェルターと呼ばれる避難室の二階の一室には

40年ものの冷房がありますが

音がうるさいし、とても乾燥します。

そんなときには

やっぱり自然風が一番ですね〜



dahiyu537 at 13:10|PermalinkComments(8)TrackBack(0)clip!

July 18, 2006

室温32度なり

今日はぐんぐんと気温が上がったとおもったら
あっという間に97度(摂氏36℃強)

そして家の中も90度の記録を更新!
90度って言ったら摂氏32,2℃です。

午後の用事ら帰ってくると
子供が3人揃ってナニーさんと遊んでいました。
既にプールに入った模様。

実は末娘は、あれから風邪をこじらせて
今日は2歳検診だったのに
風邪の診察もしてもらっちゃいました。
風邪でここ数日食欲がなくって
見る見る痩せてしまっている娘。

身長87.5cm(75%)
体重 忘れた(55%)

なのに、体重はしっかりと平均以上ありました。
普通ならば、身長と同じ75%くらいの大きさなんだろう〜

あまりにも暑い室内に
病気なのに余計に食欲減退の娘。

これは、熱中症になってはまずいと
奥の手を使いました。

エアコン






2階の一室にある唯一のエアコン。
クリックして拡大していただくと分かるのですが
かなりの年代ものです。
多分、60年代のもの。
リモコンなんてなくて
ダイアルを回して風量を調節します。

音も大きいし、
きっと電気代もかかるんだろうなぁ〜。

日本の冷房を開発しているみなさん、
アメリカの巨大マーケットに
質の良い冷房を売り込んでください!
絶対にヒットします。
(営業マンは絶対と言ってはいけないのだけれどあえて言います!)

さて、そうは言っても暑い中
わたしは夕飯の準備があります。

暑い日には火を使わないのが
鉄則らしいのですが
週末に外食しちゃったし
作らないわけに行かない我が家。

そういえば、ナニーさんに以前お願いしていた
お食事作りですが
夏休み中は宿題がそれほど無いので
子供を主に担当してもらうことにしました。
わたしも自分の作った料理を久しぶりに食べたくなったりして。

32℃の室内。
水着姿になって
庭のプールに入り入り
食事を作りました。

だって、火を使うと
体感35℃位かも。

30過ぎの水着姿なんて
セクシーでもなんでもないのですが
必要に迫られてこれしか思いつきません!

メニューは
Nijiya特売の塩鮭、
大根とわかめ、シメジの味噌汁
白身魚の豆乳寄せ(市販)
ナスとピーマンブロッコリーのすりごま炒め。

出来立てなんて
暑くて熱くて食べてくれないと思うので
前もって作っておきました。

作り終わった後、プールに入るぞー
と子供達に声をかけましたが
既に入ってしまった彼らに断られてしまいました。

マンタくん










相棒のマンタくん(マイボディボード)に浮かんで
空を見上げると
なんだか、沖縄の空を思い出したりして。



dahiyu537 at 09:45|PermalinkComments(10)TrackBack(0)clip!

July 10, 2006

プール開き

夏もたけなわ。

遅まきながら我が家もやっと

プール開きをしました〜〜




プール開き










まだ水を貯めている最中です↑
深さ80cmまでたまります。
(オチビさんがいるのでそんなに深くしないけど)



 

 

昨年と違うところは

プールの位置、、

 

 

 

 

 

 

 

じゃなくって

 

 

 

プールの上のタープ。

ターゲットで特大サイズ、激安で購入しました。

確か3,4ドル前後。

 

タープは影をたくさん作ってくれるので

夏のお庭には必須

 

 




 

 

 




日焼けしたくない主婦の味方です。

実は近所の区営プールに下見に行ったのですが

4歳以上一人3ドル。

水がきれいそうでそれほど混んでいない。

足げく通ってしまいそうな予感がしました。

 

 

 

 

 

 

 

が、家族で行くと一回12ドル。

 

 

 

 

5回で60ドルもするので

 

 

 

家族パスを購入

じゃなくって

 

 

 

 

 

とりあえず無料の我が家のプールで

当面は我慢することにしました。

 

 

 

 

 

 

さて、お庭のもう1つのポイントは

wood table and chairs

 

 

 

 

 

 

手作りのウッドテーブルとチェア。

大人が4人ずつ、合計8人座れる広さ。

 

 

 

 

 

これが今年は加わっていることです。

といっても、自分達で作ったのではなくて

 

 

 

 

 

 

 

ご近所さんからお借りしているものなのでした〜。

 

 

 

 

 

でもお客様が来たときや

家族で外で食べるときは

とっても重宝しています。

 

 

 

転勤のときは返却すればいいので

コストレスでございます。

さぁて、これからプールで泳いでくる、、

 

 

 

 

いや、

 

 

 

 

 

水に浸かって涼をとってきます。



dahiyu537 at 08:51|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

July 09, 2006

夏の風物詩

サンノゼに帰ってきて

 

 



涼しいぃ〜

 

 

 

 

と思っていたのですが
さすがに冷房なしだと、

 

 

 

 



暑い

今日も90度(32度)まで外気はあがるようです。

そこでサンノゼの我が家の夏の風物詩を紹介します〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

横庭に植えているトマトたち。

mini tomato
















ミニトマト

tomato










普通のトマト。

どちらも肥料はなしで米のとぎ汁だけあげていたら

ちょっと貧相になってしまいました。

 

 

 

 

でもお味は抜群。
甘くてお日様の味がします。
日差しが強いせいか
皮の部分が硬かった。

 

 

 

次は、ホワイトコーン
white corns










ファーマーズマーケットで今朝仕入れました。

 

 

 


 

「5本で2ドル!

先ほど畑から獲ってきたばかりで

スーパースイート」

と叫んでいたお兄さんと
買い求める人だかりにつられて 
主婦心がくすぐられて買ってきました。
5本で2ドルは決して安くないのだけれど。


こちらのコーンはホワイトコーンが主流。
少し湯がくと黄色になるのですが
基本は白なのですよ〜。

 

 

 

 

味は、、、まだ食べていないからわかりません!

、、、が

今までの経験では

そこそこ甘い

とおもいます。

獲りたてが一番甘いので
すぐに湯がくのがお勧め。

 

 

 

 

次はサラトガ沿いで売っているストロベリー
strawberry














 

3パックで7ドル。

なんと、今日が今期最後の販売ということで
買ってまいりました。

 

 

 

 

 

 

 

毎年お世話になっているこのイチゴやさん。
来年もお世話になれるかなぁ。

車がどんどん止まっては
買って行きます。

これは、甘いのだ!

でもすぐに傷むので
一両日中には完食をお勧めします。

最後に、我が家の涼のとり方。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カキ氷

 

 

 

 

 

 

思い切り日本風。

 

 

 

 



カキ氷です〜。

これは、手で回す式の560円くらいで買った
カキ氷機。

どのシロップにしようかな










シロップは、日本食スーパーMituwaで調達。
一本3ドル弱。

何回かに分けて買って
全味をそろえてしまいました。

左から
みぞれ、メロン、レモン、イチゴ。

 

 

 

 

 

 



わたしはメロンが一番好きです〜。
みなさんはどの味が好き?

 

アメリカでもShave iceといって
ファーマーズなどの露店で
かき氷を売っていますね。

アイスクリームカップに入って
ブルーハワイやレインボーのシロップなどが
たんまりかかっています。
多分、高いとおもう。

子供達には
試食のshave iceしか食べさせたことがありません。

だって、家で作るほうがずっと割安。

ひんやり〜










冷房代わりに食べてます〜。カキ氷。

アメリカのスーパーでシロップを開拓しなくちゃね。



dahiyu537 at 08:59|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

July 08, 2006

電話遊びにご注意を!

先日夫と5歳の娘がお庭で遊んでいたときのこと。
夫が持っていた携帯電話を

「貸して!」とせがんだので
いつものように手渡しました。

普段から家の電話を使ったり
おもちゃなど
なんでも使って電話にみたてて
あそんでいる子供達。

この日ばかりは違いました。

真ん中の娘は
普段プリスクールで習っている

「何かあったら911へ(日本でいう110ですね)」

を電話してしまったのです。

「パパー電話がつながったよ」と娘。
かけた先を確認しないで慌てて切る夫。

その10秒後に携帯がなりました。

「911ですが、先ほど電話をしましたか?」

とのこと。



えー

かかっちゃった。

 

それも911

ということで夫は

「娘が遊んでいてかけてしまいました。ごめんなさい。」

と謝って電話を切ったそうです。

良くあることだが、と厳重注意を受けたらしい。

プリスクールでは

911のほかに

自分の名前、生年月日、家の住所や電話番号を

緊急時のために教えられていました。

知らない人には教えないんだよ。とも。

 

先日、アメリカのどこかで

母親が倒れたので911に電話をした子供が

いたずらと間違えられて相手にされず

そのまま母親が亡くなったというニュースを見ていました。

娘にも厳重注意をしなくては。

電話で遊ばせるのは良くないなぁと反省している大人です。



dahiyu537 at 09:11|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

June 26, 2006

夫合流

到着

 

 

 

 

 

 

パパが到着。

そういえば、飛行場では
自分のPillow(枕)をもって歩いている人を多く見かける。
子供から大人まで。
飛行機の中や旅先で自分の枕を使いたいのか
安心のためのお守りなのかな。

羽毛のふわふわとしている大きな枕を
抱えて飛行場を歩くのは一つのファッションかもしれない。

わたしも次回から真似しようかな。
でも、硬い小さいソバ枕を小脇に抱えて歩くのって
ちょっと格好悪いかも?

面白画像
試食のサイズ










アメリカの試食サイズ。
お店で買うと2ドルはするアイススクープですね。

日本食を買いに
















日本食が唯一売っているお店。
ミツワやNijiyaと比べちゃいけません。

アジア食品のお店においてあります。
店内は東南アジアの匂い。
そして、トイレにはお店の人の歯磨きや
ドライヤーまで置いてありました。

ここで生活すると1から作ることが多くなるので
日本食の腕が上がるかも。



dahiyu537 at 00:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

June 25, 2006

セミの孵化

父の家の裏庭には
3階建ての建物くらいの高さの木が9本そびえ立っている。

息子と父で毎晩夜10時ごろ
『探検』と称して片手に懐中電灯を持って
裏庭に行く。

セミの幼虫を見つけるためだ。

まだ夏は本番ではなく
セミの鳴き声もそれほど聞かないのだが
どうしても見つけたい息子。

そしてとうとう昨晩夜10時ごろ
木に登っているセミの幼虫を見つけた!

cicada










幼虫の皮を破って出てきたセミの成虫。
まだ羽がシワシワ。
cicada2










30分も経たないうちに
羽が伸びてきた。
子供たちが大騒ぎして
わたしもフラッシュをたいてしまったので
無事に飛べるかと心配したが
特に支障は無かったようだ。

5日目にしてやっと遭遇できた!
次の日の早朝には
息子はトイレに行く前にこのセミの抜け殻を確認。
大事にコレクションにしまっていた。

見れてよかったぁ〜

オマケ

on our own





昨日は雷雨の予報だったので
プールに行くと1時間は貸切状態。
予報を信じるか
空を見て自分の勘を信じるか。

jump!












人が少なかったので
Jump台にも挑戦。
水深が3M以上の深いプールだったので
15mほどの泳力テストを受けた息子と娘。
わたしは、飛び込もうと先っぽまで行ったけれど
高かったので引き返しました。

ちょっと格好悪かった。



dahiyu537 at 00:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

June 24, 2006

惜敗!!!

サッカーW杯は
アメリカも、クロアチアも、日本も負けちゃいましたね。

アメリカは、少年チームでも
子供が走れない、走らない。

日本は、お互いの選手との連係、連携プレーが
いまいちだと思いました。
個々のスキルはよいのかもしれませんが
オレオレ主義でしたねぇ。

同じグループのクロアチアは
サンノゼのご近所さんや息子の学校に
数件の応援団がいて
対日本で
我が家と火花をバチバチ散らしていました。

お互いに第2次決勝戦へ出られないので
これでようやく平和になります 笑

一方で同じグループのオーストラリアは
歴史上初めて第2次リーグへ進出を果たしました。

私が滞在しているときも
少年サッカーは盛んだったのに
ワールドカップでは勝てない
そんな国でした。

さて、この日は父が会社を休んでくれたので
例のプールに父も含めて一緒に行ってきました。
一人大人がいると
随分と違うものですね。
大変助かりました。

今回は地元の9歳の女の子と仲良くなりました。
真ん中の娘はおしゃべりな社交家。
いつの間にやら一緒に泳いだり遊んでいました。 
noodles










この発泡スチロール素材でできている棒は
Noodle(麺)と呼びます。
1~2ドル前後。
これを持ってプールで遊ぶと良く浮くので
大人子供ともに楽しさ2倍!

さて、プールのあと午後に日本戦を応援したら
ドドどーッと疲れ
お昼寝。

息子はその間前庭の
父の芝刈りのお手伝いをしていました。
初めて芝刈り機を押しました。
lawn mouring





そういえば、オーストラリア時代は
前庭4ドル
後庭6ドルで
お小遣い稼ぎで
よく芝刈り機を押してました。

息子にも後庭を今日、芝刈るときには
お小遣いを請求するようにこっそりと伝えておきます。

夜はWesternなレストランでお食事をしてきました。
またしても食べ放題。
サラダスープ、サイド、メイン、デザートなどなど。
大人3人、子供3人で28ドルなり。
今回は西洋料理の食べ放題♪










こんなのが、やっぱり5、6列並んでいました。

Arkansasに来て
泳ぎ、良く食べ、よく寝て
体がだんだん逞しくなっていくような、、、、
ハハが。 笑



dahiyu537 at 00:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

June 23, 2006

夏休みな日々

我が家のアーカンソーでの
一日の様子は以下のとおりです。

朝食
W杯観戦
プール

昼食
W杯観戦
昼寝
プール

夕飯
買い物
お庭で夕涼み


セミの幼虫探し、探検

プールは一日2回通っています。
合計3時間ほど入っているでしょうか。
夕方に行くプールは水温30度近くで
お湯のようになっていて
人も少なく快適です。

ジャグジーがプール内についているので
大きな温泉露天風呂に入っているような感覚さえ憶えます。

わたしは子供3人のライフガード。
それでも末娘を抱っこしたまま
結構泳げます。遊べます。

紫外線ガードをしているのですが
どうも追いつきそうもないぃ〜。

昼寝は普段しない
息子と真ん中の娘まで。
たっぷり遊んでおなか一杯ご飯を食べると
眠くなり、まさに夏休みな昼下がりです。

夜の7時に閉鎖されるので
ぎりぎりまで遊びます。
いろいろと忙しい普段の日々、
サンノゼではできないことです!

帰ってくると母の用意した夕食を。
ああ、贅沢な時間。感謝感謝。

お庭で鳥の卵と鳥の巣を見つけました。
鳥の卵










強風で落ちたのかな。
巣も卵2つとも
それぞれバラバラに落ちていたものを
集めたもの(^^;

青い卵は蛇の卵?
もう一つの卵は無事に孵るでしょうか?
蛇が出てきたらいやだなぁ。



dahiyu537 at 00:02|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

June 22, 2006

夏の漂い

Arkansasは気温が連日95度(摂氏35℃)。
サンノゼの家には冷房がないので
こちらの生活が快適すぎます。
、が外との差がありすぎて
体がおかしくなりそうかも。

そこで市営のプールに遊びに行きました。

water splash










water slider










入場料一律4ドルなり。
2歳以下は無料です。

冷たい水が苦手なのですが
外気が暑すぎて水が気持ちいい!!
水というよりお湯みたいなプールもありました。

Water Slideは身長制限があり1ドル払って乗り放題。
息子が行きましたが
むちゃくちゃ早いそうです。

プールに入っていると
アジア人は私たちだけ。
後は白人とアフリカ系アメリカ人です。
ここでも地域差を感じます。

園内のスナックやジュースはほとんどが1ドル前後。
良心的ですねぇ。

fire fly










毎晩恒例の蛍鑑賞。
今日は息子が蛍を捕まえてくれました。
日本の蛍の2倍くらい大きく
ゴキブリの赤ちゃんにしか見えない母は
おっかなびっくりで写真撮影。

オスの蛍は強く光るそうですね。

今回初めて知りました。



dahiyu537 at 00:11|PermalinkComments(8)TrackBack(0)clip!

June 21, 2006

サウスイングリッシュ

Arkansasというと
アメリカ中央と思っていましたが
南部になるのですね。

3年前に日本から遊びに来たときは
私の日本語、オーストラリア訛りの英語が余り通じないし
こちらの人が言っている英語もよくわからなかった記憶があります。

暑いなぁ





3年ぶりに引っ張り出してきたプールを組み立てて
水遊びをしました。
水道水もそれほど冷たくない。

やっぱり安いような気がする










午後は近くのWall Martで買い物。
この近くのスーパーといえば
ここしかないものだから
品揃えがすごい。
そして値段もやっぱりサンノゼよりも安いと思います。

その朝は、ケーブルテレビを入れに
工事のおじさんがやってきました。

南部訛りの英語に興味があるので
話しかけてみました。

発音がまるで違う。歌っているみたい。
Boxはボックスではなくって
ボォ−ックス。

Fenceはヒィエーンス。
アクセントの置く位置が違い
間を伸ばします。

違う地域に来たとひしひしと感じました。

言葉や文化の違いは興味深い。

 



dahiyu537 at 03:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

June 20, 2006

カルチャーショック!

この地に着いてまず驚くのが
湿度の高さと気温の高さだが
車に乗ってさらに驚いたことが。

それは高騰するガソリンの値段が
1ガロン当たり$2.56ということ。
サンノゼは近所の安いスタンドで
$3.19なので60セントも値段が違う。

それでも父は
以前は1ドル台だったのに値上がりした
と言っていた。

ガソリンが安いからか、土地柄か
大きないわゆる『アメ車』が多い。
燃費を気にしなくってもいいんだろうなぁ。

2日目は午前中にワールドカップ参戦。
2時間の時差があるために
なんとなく調子が狂っている。

しかし胃袋は健在だった。
近くに新しく出来たというチャイニーズの食べ放題
に連れて行ってもらう。

色々食べたよ










デザートまで!

















こんなのが5列も6列も並んでいて
大繁盛。
なぜかスシもあって
アイスクリームもあった。
家族6人で食べてお会計35ドル。
週末料金でこれでも高いそうだ。

物価が違いすぎる!

午後は近くにお散歩に行ったり
お昼寝したり。

昼寝後は裏庭でたっぷりと遊ぶ。

裏庭で遊んだよ

 

 

 

じぃちゃんの家の庭

 

 

 

 

 


夜にはこの裏庭で
蛍が見れた。

何十匹もあちこちに飛ぶ蛍たち。

カメラに収められないのが残念だが
とても風流である。

 



dahiyu537 at 01:44|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

June 19, 2006

大移動

夏休み初日に
子供と一緒に両親の住む
Arkansasまで大移動でした。

前日から各自のバックパックに
思い思いのものを詰めさせました。
ただし、
乗り換えもある今回の旅では
最後まで自分の荷物に責任を持つこと。
だけを決めておきました。

娘はミニカーやおままごとセット、
末娘の好きなガーゼの生地などを入れ
息子は飛行機で寒いと困る?と
自分のお気に入りの毛布を丸めて詰めていました。

最後に末娘の好きな大きなお人形も押し込んでいました。
それぞれ優しい子供たちです。

その他にペットボトルと、おやつの入った袋を渡しました。

私は機内で食べるお弁当を
4人分作って自分の持ち物に。
最近の国内線はランチサービスがないようで
合ってもクラッカーとチーズの詰め合わせ一人$4ドルと聞いていました。


mountains
















飛行場まで送ってくれた夫も
荷物のセキュリティー前でお別れ。

パパが大好きな真ん中の娘が
「パパと会いたいぃ」
と早くも半べそ。

飛行機に乗る直前に
4人が一緒に並んで座るために席を確保。
そのために飛行機に乗ったのは一番最後でしたが
何とかスタート。

その間も、一人で小さい子供を3人もつれてどこに行くの?

などと声をかけられました。
機内でも近くに座ったファミリーが
「3人も大変でしょう。何かあったら声をかけてね」と
言ってくれてかなり心が軽くなりました。

子供に持ち物を担当させていたので
塗り絵とか本など機内で遊べそうなものがありませんでした。
頑張ってスゴロクをしようとしましたが
末娘のアタックと飛行機の揺れで断念。

cloud










でも窓から見える光景に慰められました。

中継地、ダラスではデジカメを飛行機に忘れたことが判明し
取りに戻ったり、
乗り継ぐ飛行機の大幅な遅れにより
4時間以上待ちました。
こうなったら食べ物作戦しかありません!!
持ってきたおやつを食べ
スムージーを飲みエネルギーを補充。

ようやくArkansas行きの飛行機に乗って
到着しました。

父と母の顔を見ると
子供たちは疲れが吹き飛んでおおはしゃぎ。
わたしは緊張が解け
ぐったり。

連日95度だったようですが
到着日は雨が振って気温が低めで
湿度が高い。

用意してもらった夕飯をたっぷりと食べて
達成感とぐったり感、そして早くものんびりモードに
頭が切り替わっていました。
ごろごろな毎日の予定です♪



dahiyu537 at 00:43|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

May 24, 2006

卒乳しました!

末っ子娘が1歳10ヶ月にしてようやく卒乳しました。

寝る前の牛乳をずっと
哺乳瓶で飲んでいたので
その哺乳瓶からの卒業、
ということになります。
でも、我が家にしてみると『卒乳』です。

ベイビーのときには
5本ほどあったガラス製の哺乳瓶。
それが一本ずつ割れていき、
最後に残った一本が
先日、手から滑り落ちてしまいました。

そのタイミングで
哺乳瓶とサヨナラができたのです。

実は末娘は
生まれてから一滴も母乳を飲んでいません。

母乳を一滴も飲んでいない、、、というのは
わたしが当時、母乳をあげてはいけないお薬を
服用していたためです。

妊娠時からわきの下に
副乳ができていて
『母乳がたっぷりでるわね、』
と言われていました。

真ん中の娘のときは1歳半のときまで
母乳だったので
たっぷり出るのはわかっていました。
でもあげることができないことも。

出るのにあげられないって
とてもつらいものですね。
出産直後から生後2,3ヶ月、
そう渡米前後もそのことを考えては
悲しくて泣いていました。

そっとあげてしまおうと試みたこともありましたが
その頃の娘には既にオッパイは異物で
受け入れてはくれませんでした。

悲しかった。
あなたは、もうお母さんじゃない!
といわれている気がして。

「母乳をあげてるの?」
などと聞かれる何気ない言葉が
痛く感じる時期でもありました。

それでも今は人一倍食いしん坊で
大きく元気に育っているので
ほっとしているところです。

さて、卒乳時期についてですが
長男のときは
市の定期健診で1歳を過ぎると
「そろそろ哺乳瓶にしても
母乳にしても止めないと虫歯になる」
と指導を受けました。

その他、1歳半検診では
言葉が遅いとか
あれこれと正直に報告すると
必ず保健婦さんに注意されます。

その教訓から
2人目からは
おっぱいをあげていても
卒乳したことにしたり
言葉は10つ以上話せると書きました。

個人差はいろいろとあるので
心配する必要がないと分かったからです。

あれだけ細かい指導の元、
子供の体重が増えないのは
チチの飲み方が足りないだとか言われて
神経質になっちゃうママさんがいても当然。

若い頃から
近所のおばさんなり
親族が子育てした姿なりを見ていることって大切ですね。
いざ自分に子供ができたときにも
オロオロすることが無いような気がします。

一人目はオロオロしまくった私たちですが
末娘になると
哺乳瓶だって
使いたいだけ使わせてあげよう!
と思っていました。
それがたとえ3歳になっても。

トイレトレーニングにしても
子供には
自然にその「時期(とき)」が来るのですね。

そんな様子を微笑ましく
これからも見守って行きたいと思っています。

割れた哺乳瓶くんには申し訳なかったけれど、
末娘よ、卒乳おめでとう(^^)
(こういうときにふさわしい写真や挿絵など載せられたらよいのですが、センスのなさに 涙)

 



dahiyu537 at 00:03|PermalinkComments(8)TrackBack(0)clip!

May 15, 2006

Happy Mother's Day!

今朝、明日のごみ収集のために
ゴミ箱を道に出していたら
前の家のおばちゃんが
「Happy Mother's Day!」と
手を振ってくれた。

そうだ、今日は母の日ではないか〜〜。
自分の母親の年齢のご近所さんから
先に言われてしまうとは(笑)
なんだか朝から 幸せな気分♪

このBlogにいつも遊びに来てくれているみなさん。
そしてYukkoのお友達、親族のみなさん。
ハッピーマザーズデー♪
ハッピーマザーズデー!


 

 

 




さて、我が家の様子は、、、、、、

子供、夫と共に母の日ということを
ワタシ同様にすっかりと忘れていた。

それぞれの学校から
金曜日に持って帰ってきたプレゼントやカードを
やっと出してくれた。

息子は手作りのカードとメッセージボックス
messege box

 

 

 







この中にたくさんのメッセージが入っていた。
I like you
You are the best mom
you can sleep all day
I like it when you see me
などなど、、
ひとつひとつ読み上げると
かなり照れていた。

娘のほうはカードと手作りのキャンドル。
カードが笑えた。
I like it when____

You are always____
The best thing about you is___

が予めプリントされていて
___の部分に自分の言葉を入れるようになっていた。

娘は
一緒に遊んでくれているときのママが好き
とか、ハッピーなママが好き

と書いていたが、

You are always____

の文章には、、、


You are always on computer
(いつもPCの前に座っている)
と正確に、そして冷静に描写してくれていた。

夫と2人で笑ってしまった。
ここ1週間はBlogをお休みしていたが
そのときいろいろと考えた。

新しいモットーです。
今を楽しもう、じゃなきゃ、損。

今晩のお食事は
パパお手製のハンバーグ












パパお手製のハンバーグ、
BBQで網焼き風でいただきました



dahiyu537 at 01:39|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

May 03, 2006

遅れてきたTooth Fairy

さすがに息子の乳歯が抜けたのが8本目にもなると
親の感動も薄くなります。
そしてついつい自分たちの役割、
「恒例のTooth Fairy」になることを
忘れてしまいます。

抜けたらすぐに
枕の下に歯を置きに行く息子は
とっても律儀体質。

夜には「きっとたくさんのコインを
歯の妖精が持ってきてくれるに違いない!!」
と期待で胸を膨らませて寝ています。

そしていつもより早く目を覚まし
すぐに枕の下を確認。

寝ているハハもたたき起こされます。

今回は
「歯が枕の外に転がっちゃっていたから
Tooth Fairyは来なかったみたい」
と報告に来ました。

ただ、親がコインを置き忘れただけなのですが
自分なりに理由付けをしているところが
可愛くて笑ってしまいます。

ところで、歯の抜ける年頃に
受けそうな本がありまあす。
お勧め絵本

 

 

 

 

 

 


「The Missing Tooth」by Joanna cole
Random House $3.99
です。

この中では
6,7歳の頃の子供たちが自分の歯について
会話しそうなことが
たくさん載っています。
そしてもちろんTooth Fairyのことも。

何度も何度も読んでくれと
せがまれました。
お勧めの絵本です。

さて、今晩は枕元の
歯とコインの交換を
忘れないようににしなくちゃ。

息子は
50セントコインが2つ
とTooth Fairyにお願いしたそうだけれど
さすがに50セントコインは手に入らないので
Quarter(25セント)を4つで我慢してもらうことにします。



dahiyu537 at 00:48|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

April 14, 2006

Easter Party

プレイグループの仲間たちと
春休み企画、「Easter Party(復活祭のパーティー)」を行いました。
エッグデコレーション

 

 

 

 

 

 


こちらの友人たちとのパーティーをして
いつも思うのが
アートクラフトのアイデアの豊富なこと。
集まって子供たちにいろいろな工作をさせます。

例えば、↑の写真の卵。
ゆで卵を用意します。
青、緑、黄色、ピンクなどの
色水を用意して
その中に卵をつけ「色卵」をつくります。
乾かして、シールを貼ってデコレーション。
1歳から6歳までの子供たちも楽しめます。

Jello Egg

 

 

 


↑は、卵の形に切り取った白い紙を用意。
霧吹きで水をかけてぬらします。
その上から、色々な色のJello(ゼリーの素)をかけると
卵のデコレーションの出来上がり。

ビンゴゲーム

 

 



Bingoゲームも行いました。
読み上げた言葉と絵をマッチさせる簡単なバージョンですが
Jelly Beansを置きながら
子供たちは、いつこれらを食べて良いのかドキドキ。

これらのクラフトアイデアは各家庭が
1つずつ考えて材料まで用意して持ってきます。
アイデアの乏しい我が家は
Host(家を提供)にしていただき
食べ物と飲み物を用意。

お母さんたちは、
子供のクラスや今までの経験から
これらのパーティークラフトのアイデアを
いろいろと思いつくそうです。

snack time!

 

 



最後はスナックタイム!
イチゴ、ブドウ、Snow Peaスナック、バナナチップス、チーズ、オレンジジュース、水、などを用意しました。
イチゴが一番人気でした。


雨続きだったので、
子供たちも力がありあまり
家中を駆け回りました。
部屋から部屋へ。1階から2階へ。
1歳8ヶ月のベビーも3人いるので
追っかけまわすほうも大変(^^;;

1時半から始まって4時にお開き。
大人4名、子供9名のにぎやかなパーティ。

子供たちもいつもにましてハイテンションで大満足でした。
みんな来てくれてどうもありがとう。



dahiyu537 at 00:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

February 13, 2006

Kids hair cut

夫がようやく台湾出張から帰ってきた。
風邪ひき中のチビを残して
上の2人をひさしぶりに美容院へ連れて行った。

行った場所は
前述のレストランTantoの真横、隣の美容院。
(失礼!名前があやふやです)

10月22日で紹介したLollipop Cuts For Kidzよりも
家から近くて、腕がたつし、何しろ安い。
男の子のヘヤカット8ドル。
女の子が10ドル。
Lollipop だと2人合わせて28ドルがこちらでは18ドルで済む。
純粋にうれしい。

今回で子供を連れて行くのは2回目になる。
前回は、年末に日本から来た6歳の友人も一緒にヘヤカットした。

それと義母が通っている。
短髪且つ染めているので
昨年の3ヶ月の滞在で2度ほど美容院へ行く必要が合った。

そこでプレイグループの一人が通っているから勧められたのが、このお店。

アジア人の女性数名で営んでいる。
義母は気に入った雑誌の切抜きを持って行った。

ヘヤカット、シャンプー、髪染めで50ドルだったという。
そのうえ、シャンプーの後のマッサージが
なんともアジアンテイストでよかったらしい。

日本に帰った後も
ご近所のおばちゃんたちに好評で
今回も帰国前には行きたいと思っているようだ。

さて、子供のヘヤカットだが
息子については
もみ上げ(sideburns)を絶対に残してもらって
Topは長めに、下のほうは短めに。

遊ぶコーナーはないし、
帰りがけに飴がもらえたりもらえなかったりするが
アジア風の和気藹々としている雰囲気で
待つことなくあっという間に済ませてくれるので
母は、ハッピー。

客はいろいろな人種が絶えず出たり入ったり。

すっきりしたあと
2人を連れて3人でFresh Choiceへランチをしに行った。

ひさしぶりに手のかかるベビーがいないので
母を独占状態の子供2人。
わたしも楽しい半日でした。

その後、調べました:美容院
Silk Salon 1308 Saratoga Ave 95129 tel:983-0483
年中無休で朝は10時からだそうです。予約ナシでもOK



dahiyu537 at 00:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

February 10, 2006

サッカー日本代表@サンタクララ

お友達から昨日電話をいただいた。

「サッカー日本代表がすぐ近くで練習しているよ」と。
10日にサンフランシスコでアメリカと試合をするのは知っていたけれど
サンタクララで練習をしているとは知らず。
場所はサンタクララ大学のグラウンド。
我が家から車で順調に行くと10分ほど。

報道陣観客

 

 

 

 

6日から練習を始めて今日、8日までいるらしい。
そこで、サッカー少年(今はテニスに傾いているけれど)の息子と
娘2人を連れて「本物の」選手と練習試合の様子を見に行って来ました。

3時半にグラウンドに入ると聞いていたものの
のんびりしていて大幅遅刻した我が家。

グラウンドの場所が分からず、キャンパスの生徒に道を聞いて
やっとたどり着いたら
なんとそこは選手の乗るバスの目の前。

選手のバス

 

 

 

 

 

観客たちはみんなグラウンドの観客席で待っている。
ふらふらと、遅刻して迷ったわたしたちの目の前を
ぞろぞろと選手が練習グラウンドへと通った。

ジーコとサントス選手が

きゃ〜♪
とちょっとミーハーしてみるが
なんせ3人の子供連れ。身動きが取れない。

ようやく最後のジーコ監督に声をかけることができて
手を振ったら、にこっとして手を振り返してしてくれました。
一生の思い出ですねー。


三都主も目の前を通ったけれどグラウンドへ急いで行ってしまいました。

グラウンドでわたしが確認できたのは
宮本、遠藤、GK川口、小野、三都主くらい(^^;;
宮本、格好よかったです。
川口はファンが多かった。

GK川口がこっちを向いた!ゲーム前のウォームアップ

 

 

 

 

彼らのキック力とスピード感は
素人目にみても素晴らしい!
ゴール前に必ずフォワードの選手が走って行って
セットプレイができている!

地元日本人ユースチームと対戦して5対0のところで
引き上げました。

息子もずっと炎天下の中みていました。
昨日はきっとグラウンドは25度くらいありましたね。

10日の対アメリカの試合ですが
夫出張で不在のため応援にいけません(;;)
子連れで夜の遠出はさすがにつらいです。

子供にもいい思い出になりますように。
母は、ジーコに手を振ってもらっただけで幸せさ。

そのときのようすの日経新聞記事は こちら 日刊スポーツは こちら



dahiyu537 at 01:03|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

February 06, 2006

光熱費の話し

Blog友達のルルさんの記事
「(一軒家の)家のヒーターを73F(約23℃)に設定したまま冬を越す」と書い
てあってびっくりし、我が家の光熱費について紹介しようと思いました。

どうして驚いたかというと、
我が家の家の常温は60F(約14℃)設定。
朝起きるときと晩の寝る前だけ64F(約16℃)だったから、
73Fというのはとても高い!!想定外でした。

*ちなみに華氏と摂氏の計算法ですが、わたしは簡単に
(華氏−32)÷2=摂氏
で計算しております。

昨年、初めての冬をシリコンバレーで過ごすとき
光熱費なんて気にせずに、暖かいと感じるまで設定温度をあげていました。
(何度か忘れちゃったけど)

その結果、ガス電気代が月300ドル近くに!!
請求が来て目が点になりご近所さんたちに聞いてまわると
みな、一様に「冬はそのくらい」と言っておりました(;;)

教育費や家賃など高い地域とは知っておりましたが
光熱費まで高いとは。
破産してしまう、、という危機感を感じて
今年は低めの設定温度にしました。

その努力のかいあって
今年はまだ電気ガス代180ドル前後でなんとかまかなっています。
それでも高いけど。

ちなみに電気代はクリスマスのライティングの12月には
平均30ドル高いことが分かりました。クリスマス前の1週間だけつけようから、
これから。

クーラーがついていない我が家は夏には
電気・ガス合計しても80ドルくらいまで下がるので助かります。

それにしても、アパートに住むお友達は
一様にガス電気代20ドルとおっしゃっておりました。
温めなくても部屋が常に70F以上らしいです。

節約のために
あまり使わない2階の空気口を締めた夫でした。

2月からは20度前後の日々が続くので
光熱費も落ち着くでしょう(願望)

12月、1月がピークですね。Ouch!

今日のデザート:

dessertYummy!

 

 

 


D elizza のBelgian Mini cream Puffs とBelgian Mini Eclairs
それぞれ30個入りで6ドル強。凍っているのでアイスクリーム感覚でホイホイと
食べれます。Mini cream Puffs のほうが好評でした。
お鍋パーティーのときにお友達が持参してくれました。イタリアンスーパーマー
ケットで売っているそうです。PWなどにも売っているかな?



dahiyu537 at 01:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

February 05, 2006

2月3日は

Blog Ranking応援クリック大歓迎♪人気Blogランキングへ

節分の日!

ガオ!

 

 

 

 

子供が生まれてから、日本の伝統的な行事は
すべて、保育園にお任せしてまいりました。
子供の日、七夕、十五夜、お正月、七草がゆ、節分、ひな祭り
などなど。
すっかり忘れてしまっていたような
お料理や行事をしっかりと教えてくれていました。

アメリカに来て、意識をして家でできる範囲でやれたらな、とおもうのですが、去年の節分は、当日に気がつきMistuwaに駆け込みました。ようやくゲットしたのは、大豆一袋。それをまいたというお粗末なものでした

今回は義母が日本から持ってきてくれた
マメとお面で節分を迎えました。
子供たちはマメを拾って食べるのが楽しかったようです。

今日のデザート:

kanazawa rakugan
金沢の落雁。
このBlogを通じて知り合ったMさんのご自宅にお招きを受けました。
手作りロールケーキから始まって
手作りランチ、そして最後のお茶と、この落雁。
お皿の上に和紙を敷いて落雁を出してくれました。
和風のおもてなしってとっても素敵ですね。
あまり招かれる機会のない我が家なので感激も倍増。
心から和ませていただきました(^^)



dahiyu537 at 01:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

January 09, 2006

tooth fairy part

11月14日のBlogに書いたが、息子の元にまたtooth fairyがやってきた。

抜けた乳歯を寝るときに枕の下においておくとコインをくれると言う妖精のことだ。

今度は前歯が抜けた。歯が抜ける可愛い様子を見られるのは一生に一度のイベント。歯がないと更にやんちゃ坊主にみえる。

息子は夕飯時に「今日は大人の枕を使っていい?」と聞いた。「いいけど、なんで?」と問うと笑っている。

どうやら、テレビで大きな枕の下に歯を置いた子供が翌朝起きてみると

息子曰く「500万個」のコインが置いて合ったと言うのだ。

夫と顔を見合わせて苦笑。

さすがに500万個のコインなんて用意できないので、25セント硬貨を3枚、乳歯と引き換えに置いておいた。

朝起きたときの息子の喜んだ様子は、ご想像にお任せします(^^)



dahiyu537 at 02:06|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

January 08, 2006

ハラハラ・ドキドキ

金曜日に学校が終わると必ず息子は

「遊んでいい?」と聞いてお友達と遊ぶのに、今日は違っていた。

「家に帰りたい」と言って具合悪そうにベンチに寝転がってしまった。

渡米してから風邪で一度も学校を休んだことがなく、家族が風邪で全滅しても感染しない丈夫な彼の様子がおかしい。

帰宅後、頭が痛いと言って即行でベットに入って寝てしまった。

エネルギーをもてあましている娘2人。ご近所さんの子供たちが道で遊んでいたので一緒に遊びながら息子の様子を見に時折家に帰ってくるわたし。

お弁当も残しているし、夕飯もあまり食べず。

頭痛のことを聞くと「学校が終わる前にトイレに行って滑って頭を打った」というのだ。これは、もしかして脳内出血?と考えて行くうちに怖くなる。その割にはベットに転がってからは大きな声で歌っているし、熱もないし、、、うーん。。。夫と相談して一晩寝かせておいて様子を見ることにした。そして親が心配しすぎると子供に伝わるので、大丈夫?と聞かないことにした。(わたしは既に20回くらい息子に聞いていた)

朝起きた息子は「おなかすいたー!」といい始めた。頭ももう痛くないと言う。そして午後にあるサッカーの練習にさっさと行ってしまった。

何だったのだ?!とおもったが思い当たるのは、学校が始まって第1週目だったということ。その疲れと、お迎え直前に頭を軽くぶつけたので親に甘えたかったのだろう。

と言う結論に至った。

息子の騒動が終わったら、次は1歳の娘、、、また朝から唇切ったり、ジムクラスのお迎えで転倒し鼻血・口から流血。母はいつもハラハラドキドキしている。たまには安心してのんびりしたい。嗚呼寿命が縮まりそう〜〜(;;)



dahiyu537 at 06:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

December 28, 2005

帰国の日

義母と息子の友人が今朝がた日本へ向けて飛び立った。義母はボロボロ泣いていましたが、わたしのほうが泣きたいですよ、おかあさま。これからまた家事炊事そして育児に仕事と一人何役もするかとおもうと気が重いです。

義母は3ヶ月あまり、友人くんは10日あまり遊びに来てくれていた。7人家族がまた元の5人に戻ってしまってなんとも寂しい。

友人くん6歳と息子は、双子のごとくずっと一緒にいた。サンノゼには珍しく雨続きだったのだが、家のあちこちに「秘密基地」を作ったり、戦いごっこ、サンタさんからもらったポケモンカード、などなど遊びは尽きることない。もちろん、ケンカもあり。それに息子はピアノをよく弾いていたのでその間は、友人くんは娘たちと遊んだり、好きなことをしたり。

途中でホームシック気味になったものの(6歳単独渡航なので当たり前だが)義母やパパに上手に甘えて元気を盛り返す。10日間、一度も日本とは喋らなかった。

食事のあとはきちんとお皿を下げたり歯磨きをしっかり磨くところなどは我が家なども見習わねば。

来年は、友人くん家族がきてくれるかな。男の子4人兄弟なので、にぎやかだろう。今から楽しみだ。

ひさびさの家族水入らずの年末休み。これからのんびりモードに切り替えて過ごそうと思っている。



dahiyu537 at 05:05|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

December 19, 2005

悪友到着

息子の悪友コータの渡米が実現した。
夫が日本に出張に行ったついでに連れて帰ってきたのだ。
帰りは義母と一緒のフライトで10日ほど滞在する。

二人は再会すると
おたがい照れ笑い、、、、(かわいい♪)
とおもったら、すぐに取っ組み合いが始まった。
きっと大人で言うと「ハグ」みたいなスキンシップなんだろうとおもう。みんなでパパをつぶしちゃえ!

1年以上のブランクなんてなくなるほど
あっという間に楽しそうに追いかけっこする、おしゃべりする、アタックする!!
笑えるし、楽しい様子に心が温まる。

コータの持ってきた荷物がまた泣ける。
保育所の娘と息子がいたそれぞれのクラスからメッセージと贈り物。
そして、重いバックパックの中身は
カメラ、シャンメリー2本、ツリーの形のお煎餅。
これを一人で担いでもってきたのだ。大人でもかなり重い。
友情ってすごいなぁ。

ところで、裏話だが
夫はアメリカに到着後入国審査で別室に連れて行かれた。
容疑は「誘拐罪」

大人一人、子供一人それも血縁関係なし。確かに怪しい。
親からの正式な手紙を持っているか聞かれたらしい・・・・・

一応、彼の勤務先をビザで確認。会社に免じて信頼してくれると言うことになったらしいが
一歩下手すると
誘拐容疑でつかまるところだった。物事に動じない夫だが、さすがにちょっと焦ったとか。

二人とも道中お疲れ様でした。

そういえば、子供って時差ぼけがないって知ってましたか?5月に友人が遊びに来てくれたときもそうですが、一日目から子供たちはパワー全開。思い切り遊んだ後は夜ぐっすりと寝てくれるのです。



dahiyu537 at 01:11|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

December 07, 2005

16ヶ月の娘は日本人

生後3ヶ月で渡米した一番下の娘。

アメリカと言う国にいるものの、中身はすっかり日本人。

親の影響ってすごいなぁ〜と改めて感じている。

同じ月齢の友人がいるが

アメリカ人の親がいる息子は赤ちゃん英語を喋るし

パレスチナ人の友人のライラちゃんはアラビア語が一番通じると言っていた。

我が娘も、大好物は納豆、しそこんぶ、味のり、ご飯、豆腐である。

そして、喋る言葉も通じる言葉も日本語中心。子供はよぉーく親兄弟の話している言葉を聴いているものである。

最近の流行は、受話器を握って一方的におしゃべりすること。

途中で「パパ?」と言って、わたしのところに受話器を持ってきて「パパ(からだよ)」と教えてくれる。

わたしが出ると満足そうにまた受話器を取り返し、続けておしゃべりする。

そんな娘も2,3語だけ英語。「ハーイ(片手を挙げて挨拶)」「ハロー(受話器を持ってモシモシと出るとき)」「ボール(日本語でもボールじゃ!と突っ込まないように、、)」などなど。

これから生粋日本人としてどう育って行くかな?たのしみだ。



dahiyu537 at 02:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

November 14, 2005

tooth fairy

子供の乳歯が抜けるとわたしが子供の頃は

「ネズミの歯とかえてくれ♪」といいながら歯を外に投げていた。

下の歯が抜けたときは上に向けて。上の歯が抜けたときは下に向けて。

息子も5歳過ぎから今まで3本の乳歯が抜けている。彼は大事そうに箱に入れて保存していた。

アメリカでは、抜けた歯を子供が自分の枕の下においておく。

すると夜中に歯の妖精(tooth fairy)が来て、歯とお金を引き換えにもって行ってくれることになっている。

ネズミが来るという人もいるらしい。

息子は先日、図書館から借りた本に出てきた妖精にすっかり魅せられ

大事にしまっていた歯を背中の下において寝た。

次の日早朝に目を覚まして自分の枕の下を詮索。

crab pillow

カニさん枕の下には何もなかった(夫がコインを置き忘れた

息子は私にガッカリして聞く。

「背中に歯を置いたから来なかったのかなぁ」と。

そこで、昨晩は枕の下にしっかりとおいた。

すると朝、嬉しそうな彼の声。

クウォーター(25セント)が二枚、歯の代わりに置いて合ったそうだ。(夫、でかした!

Fairyはどこからくるんだろうね?朝の食卓での会話。

子供たちは「お星さまからくる」ことで、合意した。6歳になっても信じる心がある子供たち。夢を見る心は大事にしたいな。



dahiyu537 at 02:45|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

October 22, 2005

kidz hair cut

渡米してからそろそろ1年。

子供の散髪はわたしが担当していたが

機会があれば美容院へ連れて行きたかった。

近所のアメリカ人のママ友が3人とも口を揃えて勧めてくれた

Lollipop Cuts For Kidzというところに

今日行って来た。

さすがに、子供専用とあって、髪の毛を切る椅子自体が車になっている。

好きな車を選んで乗って、ビデオを見ながら散髪。

hair cut

娘はピンクの車を選んだ

 

 

 

そして待つ兄弟のために2階が遊び場になっている。

ゲーム、バスケットボール

ブロック、塗り絵など

なんでもある。

 

あっという間に散髪も終わり子供料金は14ドル。

ベトナム人の女性2人がきれいなハサミさばきを披露してくれた。

場所はSaratogaとProspectの交差点の近くのSees Candyの隣り。

今後はここにお願いしようと思っている。



dahiyu537 at 12:06|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

October 16, 2005

プールにて

パレスチナ人の友人、ドナ家族と
今週は3度会った。
ブルーな状態であることを伝えると
昨日は会いに来てくれたのだ。

pool last

そして次の日は、ひさしぶりに彼女のアパートのプールに入ることになった。
最高気温は25度弱くらい。
学校が終わって到着したときは
既にプールとジャグジーは影になっていたが
温水プールだったので
わたしも、ベビーもみんなで泳いだ。さすがに10月も半ばなので外に出ると寒かった。

ドナとは知り合って初めて
ユダヤ人とパレスチナ人との中東における戦争について話した。
今まで、聞いてみたいとは思っていたが
話をするにはあまりにも知識がなかった。

pool last2

最近岩波新書の「パレスチナ」という書籍を読んだことをドナに伝えると
「ユダヤ人の書いた本か、アラブ人(広義の意味のパレスチナ人)の書いた本か?」
と即座に聞かれた。

書籍にも書いて合ったが
ユダヤ人は、その財力に任せてメディアをコントロール。
ナチスのホロコーストに生きている虐げられた人種だと言うイメージが
わたしにもあった。それをドナは聞いたのだ。

真実は、世界にあまり知られていない。もともとパレスチナ人が住んでいた土地建物をユダヤ人のブルドーザーで壊して取って行く。
まるで原住民が西洋人たちに土地を奪われたように。

NYの同時多発テロで亡くなった方たちは気の毒だと思うが、
中東で毎日何人、何十人と死んでいるのに
世界中の誰もがその問題について気にかけないことも一因だとおもう
と言っていた。

また、パレスチナ人はお金をためないらしい。
短い人生の一瞬一瞬を楽しもうと
豪華な家に住んだりパーティーをしたりするそうだ。

朝、闘争で殺戮があっても
午後にはパーティーや結婚式で街がにぎわう。
自分たちを楽しませる方法を知っているらしい。

パキスタンの地震についても話した。
アメリカのニュースではほとんど紹介されない。
なんでだろうと私が言うと
彼女もそう思っていたらしい。
アメリカの赤十字を通して
パキスタンに寄付しようしたが
寄付先選択肢にはハリケーンカトリーナなどしかなかったそうだ。

自分の国や利害関係のある国のことしか報道しない国アメリカ。

ドナに聞かれた。
でも原爆を落とされた唯一の国だから日本人もアメリカに対して
よい感情を持っていないんでしょう?

みなさん、いかがでしょう?

他にも自分たちのことや子供時代のことなど合間におしゃべりできて
夜に楽しかった!といってお互いに別れた。

ひさしぶりに泳いで子供たちも大満足。



dahiyu537 at 06:37|PermalinkComments(9)TrackBack(0)clip!

October 11, 2005

クッキー作り

今日は、ピアノが先生の都合でお休み。
放課後はのんびりしようかと思っていたら
4歳の娘が、クッキーを作って食べたい!
というので
ホットケーキミックスを使って
家にあるチョコナッツを砕いて混ぜた。

choconut

思い思いの形にして
できあがり。

 

 

くっきー飾りつけは
子供が庭から採った葉っぱと
昨日拾った栗を添えて。手作りお菓子を飾り付けることを教えてくれたのは日本にいる担当学生さん。

←この画像だけクリックすると拡大されます

出来立てのクッキーは熱々で美味しい。
明日学校に持って行く分を取っておいたけれど
子供3人+大人なのであっという間に平らげた。

choconut3 我が家の備え付けのオーブン。

 



dahiyu537 at 09:46|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

October 09, 2005

Girls Night Out

、と言う件名のメールが
プレイグループの友人から送られて来た。

娘と一緒に夜に外出するの?
と会ったときに確認すると
「子供を夫やナニーに預けて
夜に女性だけで外出する企画」だと分かった。

交通事故の精神的なダメージからリカバリーしたい気持ちも手伝って
友人の車に乗せていただき
週末の夜に行って来た。

集合場所はCraft'itというお店。

コーヒーを飲みながら
おしゃべりをしたり手芸関係などをしたり
することができる空間だ。

集まったのは私も含めて4名の女性。
大半は子供のことや土地の話題や、学校のおしゃべりになんとか
ついていき、楽しませてもらった。

scrap book3

それから「スクラップブック(Scrap Book)」という
アメリカ製「写真アルバム」作りについて教えてもらった。

 

 

scrap book2こちらは、スクラップブックを子供一人一人に作る。
またお誕生日会、クリスマス、旅行などの
家族イベントごとに作ってもよいらしい。

 

 

scrap book1アルバムの中に写真と一緒に
可愛い飾り付けや文章を入れる。
アートが苦手な私でも可愛い!
と思えるものなので
きっと手先が器用なママさんならば
好きになるに違いない。
子供にとっても素敵なプレゼントになる。

これとは別にパパさんたちだけの外出日
「Guys Night Out」という企画もあるらしい。
そのときは、夫が他のパパさんたちとワインテイスティングに行ったり
ミニゴルフをしたりするそうだ。

帰ると既に夢の中の子供たち。

お土産のシュークリームは明日食べようね。



dahiyu537 at 14:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

September 19, 2005

poolおさめ

最低気温が12度前後まで冷え込んできたので

さすがに我が家のプールもおしまいにすることにしました。

poo13 ←干しているプール

 

 

 

ひとシーズン中、置きっぱなしだったプールをどかしてみると

その下には大きな丸型のコケがぎっしり。

早速、コケを落とすべく

子供たちと一緒にお掃除をした。

pool2pool1

 

 

 

 

来週末は、我が家で多国籍BBQを行うので

食べ物が下に落ちたときでも大丈夫なように

ブラシでゴシゴシ。

ひさしぶりにいい汗かきました。



dahiyu537 at 04:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

September 14, 2005

歩き始めました。

9月に入り13ヶ月の娘が自由自在に歩くようになった。
これで、随分外出が楽になる。
娘は10kgの体重なので
抱っこで用事を済ませるのが大変だった。

13months1

上の2人が学校に行っている間
週4回はナニーさんが午前中2時間ほど公園に連れて行ってくれる。
他の時間は、ママを独占。

息子は10ヶ月で、娘は12ヶ月で
それぞれ保育所に入れていたので
この時期の子供と朝から晩まで一緒にいるのは
実に初めて。

愛くるしいと言う表現がぴったりだ。
こちらの発している言葉が通じている様子が分かる。
誉めると心から嬉しそうな顔をする。
逆に怒られると
口をへの字に曲げて泣きそうな顔をする。

ここまで余裕を持って相手ができるのは
自分の生活にバランスが整い始めているからだと思う。
自然環境、住環境、時間のバランス。
自分の時間、子供と一緒の時間、仕事の時間。
などなど。

13months2

男の子がもう一人いても楽しいな
と思うのだが、
さすがに子供4人育てるのは
経済力も、体力も、忍耐力も、必要だろう。
どうなることやら。

 

13months4

←ご近所さんのジョージアからもらった手押し車

落ち葉やWood Chip(ガーデニングで使う木片)を

拾っては集めながら歩く様子。

 



dahiyu537 at 05:30|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

September 13, 2005

Play Group

Play Groupに行って来ました。

一番下の娘のプレイグループ。
7月生まれの子供たちが3人集まって、公園で遊んでいる。
朝早いのだが
新鮮な空気を吸って、軽く汗をかけるので
気持ちがいい。
1週間のスタートにはもってこいだ。

現地のママたちなので
息子の宿題のことなど相談できるし(^^)
いろいろな図書館にも一緒に連れて行ってもらえそうだ。
おおきいグループは苦手。話しかけるのが難しいので
このくらいの小さいグループだと助かる

さぁて、朝からたくさん遊んだ娘は寝てくれたので
これから一仕事しますか。



dahiyu537 at 02:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

September 05, 2005

テレビ

我が家の子供たちの
平日テレビ鑑賞時間は1時間から最大2時間。
午後5時からと決まっている。

チャンネルはCartoon Network Channel。
54チャンネルだ。
漫画が24時間放送されている番組なので
いつでも楽しめる。

さて、休日になり朝食前にテレビを見て
朝食後にまたテレビを見たいと言うので
「まだ夕方の5時じゃないよ」
と私。

ふてくされて子供たちがどこかに消えてしまった。
てっきり自分たちの部屋でPCの前に座って
PCゲーム中か、、と思ったら
お庭にいた。

息子と娘がテニスをし、
それが飽きると、
大きなシャボン玉作りに2人で挑戦していた。

なんだ、我が子たち案外健全じゃないの。

母が思うほど、遊びを忘れているわけじゃないんだね。

ちなみに毎日1時間ほどのテレビ鑑賞だが
日本の友人から録画されたDVDが送られてきたときは
母も一緒に
仮面ライダーやプリキュア、ムシキングなどを
眠たくなるまで見ることにしている。



dahiyu537 at 01:53|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

August 19, 2005

パレスチナ人のお友達

先日、ドナとその子供たちと遊んだ。
レーシック手術の後の
初めてのプール。

最近は少々寒いのだが
スパ(ジャグジー)とプールを行ったり来たり。

あっという間に午後6時に。

今日は、ダンナさん、エレのお義母さんがドバイから遊びに来ていたので
お会いした。

ドナの家と
夫達の職場が近いので
夜7時にBarja Freshというメシコ料理店にて
お食事を。

総勢、子供も入れて10名でワイワイと
いただきました。

メキシコ料理は、かなり好物なのだが
私の住んでいた厚木市には美味しいメキシカンがなかったので
ひさびさに堪能した。

ドナはクウェイトで育ったパレスチナ人。
ダンナさんのエレはドバイで育ったパレスチナ人。
そして、お義母さんは33年間ドバイに居て、
会社を家族で経営しているらしい。
いつかは故郷のパレスチナに戻りたいと言っていた。

アラビア語をしゃべる彼らは、
政治の話が好きだと言っていた。
お義母さんは、英語もちゃんと通じていた。
昔はよく、世界中を旅していたらしい。
彼女とわたしがインドに行った話で盛り上がった。

西洋側の情報ばかりテレビで見ていると
パレスチナ人はテロリストだし
ムズリム(イスラム)教は
過激だというイメージがある。

目の前の彼らは
同じ地球に住む
お友達。

それ以下でもないし
それ以上でもない。

日本に行ってみたいと言っていたので
ぜひ遊びに来てください
と伝えると
ドバイや、パレスチナにも、とも。

遊びに行きたい。
そしてこの目で、確かめたいことがたくさんある。

その前に11月に計画している
ハワイ家族旅行を
一緒に行きたいね、、と
話した。

帰宅したのは午後8時過ぎ。
子供は興奮してなかなか寝ず。
わたしはそのまま、担当学生さんとネット会議へ。

はやくハワイ行きの詳細計画を、立てなくっちゃ。



dahiyu537 at 02:56|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

August 10, 2005

回復の兆しか

娘の熱がやっと下がりそうだ。
今日も日中に37,5度になったので
Tylenorlを飲ませる。
 
それ以降、比較的元気で
食欲あり。
 
念のためお休みしたGymクラスだったが
その代わりにみんなでMurdock Parkに行って
遊んだ。
 
Murdock Parkは家に近い割には
色々な年齢層が遊べるところなので
我が家の子供たちのお気に入りである。
 
もう熱が上がりませんように。
看病もそろそろ限界です。
 
 


dahiyu537 at 10:18|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

May 18, 2005

ベビースイミングデビュー

10ヶ月になった娘がプールデビューをした。 屋外プールで、、である。息子の学校の友人の所属するプライベートスポーツクラブに誘われて子供3人と私で遊びに行った。

 6歳の息子と4歳の娘が赤ちゃんのときに使用した代々に伝わる?水着を着ていた。嬉しそうでもなく、不機嫌そうでもない娘は頭まで浸かったときにはさすがに驚いていた。

この日は11136歩昨日が日曜日で7913歩だった。そして、3日連続して母も子供たちもプールに入っている。



dahiyu537 at 01:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

May 05, 2005

アメリカ生活体験

日本から友人家族が来て5日間経つ。

帰国まであと4日。 子供の順応性に感心させられる日々だ。

 まずは時差。普通大人でも2,3日は夕方に無性に眠たくなりぼーっとするのだが子供たちは朝から晩までアメリカタイムで遊びつづけている。いつか時差ぼけが出るだろうと踏んでいたが気配すら見せていない。

英語。

5日目にしていろんな単語が出てきている。これは超特急だ。

日本で英会話を週1回で習っているので人種の壁が低いようだ。

 私のポリシーだが子供たちに外で話しかけるときは周りの人たちにも通じるように英語と日本語の同時通訳で話すことが多い。

「順番で並んで」「take turns」

「みんなに分けてあげて」「let's share」

「声を小さくして」「be quiet please」

などなど。

 英語と日本語で話すメリットは子供を注意していることを現地の人に伝えること。また、子供たちに興味を持って話しかけてくれる人が多いので現地の人と仲良くなるきっかけになる。子供たちが英語を学んで行く上で日本語の言い回しと英語の言い回しを同時に知るきっかけを作るなどなど。

英語で「水を飲ませてください、ありがとう、どういたしまして。」などなどの言葉を日本から来た6歳と4歳の子供たちは口に出すようになった。

息子と娘もそれに合わせて英語で会話をする。 また、現地の子供たちと接する機会にも恵まれている。学校の体験入学二日間、サッカー教室、ジムクラスなどなど。 今日は息子の同じクラスの友人が放課後ふらりと遊びに来た。子供たちで英語と日本語で会話が飛び交いベイブレードをしていた。 いやぁ、、こどもってすごい。

 1週間の滞在でいろいろと経験してもらうことができてわたしもうれしいかぎりである。 明日は日帰り旅行、その次の日は学校体験入学、そして帰国前日は現地のお友達を招待して裏庭で息子の満6歳のバースデーパーティー。

母、がんばる!



dahiyu537 at 09:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

May 02, 2005

メジャーリーグ

お友達が無事に着きました。

飛行機で数時間しか寝ていないにもかかわらず到着後、公園に行ったり、ショッピングに行ったりお庭で遊んだり、、、、とずーーーーーーーーと遊びまわっていた子供たち。 久しぶりに日本で遊んでいた友人と再会できて息子も娘もすごく嬉しそう。母も気分が高揚気味。

 我が家には総勢8名が揃った。まるで孫が遊びに来てくれたみたいに子供たちがかわいい。

 そんなところへ息子が0歳児のときから通っていた保育所のクラスからお手紙が。「お誕生日おめでとう」という内容で一人一人から絵やメッセージが入っていた。息子は真剣に一枚一枚目を通してすぐに遊びに行ってしまったがこれには母がウルウル。すっかり保育所の最上級生になったみんな。ちゃんと息子のことを覚えていてくれたんだ。元気をもらえたよ。ありがとう!

さて、今日はメジャーリーグを家族で見に行っている。わたしは仕事ついでに9ヶ月の娘とお留守番。今頃イチローやヤブ選手を見ている頃だろうか。

major league

dahiyu537 at 05:12|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

April 28, 2005

母子の友達

今日は最近お友達になったドナとライラ、ジェイくんと遊びました。

この時期には珍しく、雨が降ったためショッピングモールの子供コーナーで待ち合わせ。

4歳の娘の通うジム(床運動)のクラスで仲良くなったお母さんである。 4歳のジェイくんと娘は生まれ月が一緒。そして9ヶ月の娘とライラちゃんは1週間違いのお誕生日なのだ。

ドナ一家はだんなさんがドバイ出身のパレスチナ人。ギリシャ系の顔立ちかな?とおもったら中東でした。ドナは「テロリストといわれるパレスチナ人」と笑っていた。

ドナもわたしのようにいろいろと引越ししてきたので故郷と呼べるところがないそうだ。 子供も年齢が一緒で、感覚が似ているのでお友達になった。

人種が違ってもお友達になれるものなんだなぁ、、なんていまさらのようにおもったのでした。



dahiyu537 at 09:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

April 22, 2005

補助なし

4歳になったばかりの娘が補助なしの自転車に乗り始めた。誕生日とほぼ同時に。

 わたしが幼い頃は補助なし自転車の練習をしたのは小学校に入る直前だった気がするし夫もそんなことを言っている。 上の息子は確か5歳になる前だったとおもう。

それでも早いね〜と言われていたので娘は超特急だ。

確かに学校で乗っていたら「小さいのにすごいね、何歳?」と現地のママに声をかけられた。同じ年の娘が補助付きの自転車を乗り始めたばかりだという。

きっかけは、保育所の『バイクデー』。毎週水曜日に個々の自転車を持って行って良い日がある。

その日に敷地内をみんなが自転車やキックボードを乗り回しているのだ。

娘は、ちゃっかりと自分のサイズにあったほ自転車を拝借していた。 アメリカでは自転車に乗るときには必ずヘルメットをしなくてはいけない。

娘はヘルメットをかぶり自転車に乗って登校することもある。足はあざだらけ、キズだらけ。それでも風をきって走るのが楽しいらしい。

子供の力ってすごいな、、とおもうのが転んでも泣かずに兄のあとを自転車で追いかけて公園に行く姿だ。いつもならばかすり傷くらいで泣いてしょげるのに。

 好きなものって少々のことじゃへこたれないんだね。 登校時に乗った自転車は家に持って帰る羽目になる。娘の自転車は日本製の12インチなのでわたしが乗るにはちと小さすぎる。ひいて帰ると腰がいたい。

それでも今日もキックボードの息子、それにつづく自転車の娘そのあとを追いかけるベビーカーを押す私、、、は保育所に向かうのだった。



dahiyu537 at 13:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!