・Halloween

November 03, 2006

今年のハロウィン

今年のハロウィンは寒かったですね〜〜

末娘のコスチュームは正解でした。

こんなのを着ました♪










既にこのとき熱のあったお姫は
楽しみにしていたAngelになりました。

息子は、昨年と同じ、こうもりの描いてあるT-shirtのみ。

末娘はジャックカボチャの着ぐるみをきたら
まるで熊のようになりました、、、、、笑

この日一日の様子です。



まずはRoom parentsとして
企画から参加したキンダーのParty.

提供したスィーツは以下のとおり。

Gummy Worm










アイスクリームコーンの中に
カップケーキを詰めて
オレオクッキーを砕いたものを上にまぶします。
最後に毛虫の形をしたグミを乗せてできあがり。

これは、他の役員さんのアイデア。
家で作ってきてくれました☆

テーブルのセッティング
















テーブルをセッティングして、

Party開始。

手作りT-shirtでParty!





授業中に作ったパンプキンT-shirtを着て
みんなでお祝い♪

 

 

 

2年生の方のPartyも
手伝いに声をかけられ参加してきました。

さすが2年生。
簡単な手作り工作をしました。

ポップコーンを手の形のビニールに詰めて

Popコーンを詰めるよ











できあがり。

手のアート













つめの部分は、色のついたグミを入れました。

 

 

 

学校のイベントだけでちょっと疲れた母。

しかし、これからがTrick or Treatingの本番。

体調の悪い娘は昼寝をして
補習校に行った息子は5時半に早退して、、、、
(早退初体験)

お洋服に着替えました。(また掲載)
こんなのを着ました♪











学校でシリア人の友人に
一緒にTrick Or Treatingしよう!
と誘われたものの、
ぎりぎりになって、娘の熱のためお断り、、、、涙。

ご近所を兄妹だけで回りました。

このおうちは↓一足先に
クリスマスのようにきれいに飾りつけ。

まるでクリスマスの飾り付けみたいに華やか











忘れちゃいけない
我が家の玄関の飾り。
我が家の飾りつけ










腐りかけたJackパンプキンに
なんとかロウソクをつけてごまかし、
(ルルさん教えてくれてありがとう。)

息子が持って帰った
魔女とパンプキンの吊り下げる飾り物で
間に合わせました。

ところで今年のTreatsですが
昨年は20個ほどしか用意しなかったところ
あっという間に完売してしまったので
今年は50個用意して家で大人が代わりばんこで待機。

しかもレーズンのミニパックや
リッツクラッカーのチーズサンドなど
チョコレート以外のものも用意してみたよ。

ベビーを連れてきた親たちは

”Oh,レーズンナラバ、ベビーモ、タベラレマース”←英語風に読んでね。

と喜んでくれたのでよかった。


我が子たちがもらって喜んだTreatsは、、、、

昔ながらのTreat

 

 

 

 

 

 

お年玉さながら、
袋にPennyが10個も入っているTreats!

周りの住宅地はおじいちゃんおばあちゃんが多いので
毎年こんなうれしい昔ながらのTreatsを
いただくことができるのかも。

1年分のおやつをもらったこの日
息子が先生からもらってきたお手紙には
こうしたためてあった。

「ハロウィンでもらった甘いお菓子は
いっぺんに食べさせないでください。

学校のランチやおやつには持ってこさせないようにしてください。

家で食べる場合は
学校から帰ってからすぐにしてください。

夜に食べさせると次の日の授業に支障が出るので
夜には与えないこと」

Sugar Highを心配している先生。
子供にはテニスやサッカーの前に食べさせるから
心配しないでね〜



dahiyu537 at 06:29|PermalinkComments(10)TrackBack(0)clip!

November 01, 2006

Happy Halloween♪

みなさん、今日はTrick Or Treat の日です!

 

happy halloween

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母もJackパンプキンのTシャツを着て

学校やご近所を出没いたします〜

Targetで5ドル。子供14、16才サイズで仕入れました。

ハッピーハロウィン



dahiyu537 at 00:01|PermalinkComments(14)TrackBack(0)clip!

October 28, 2006

spider bread

いよいよハロウィーンが間近になってきました(^^)

昨年は、プリスクールや1年生のイベント続きで
この時期には、わたしさえも

はろうぃ〜ん♪

という気分が高まっていました。

今年は、そうでもないのかなぁ、、と
思っていたところ

今週の2年生のボランティアが
Spider Bread(蜘蛛の形をしたパン)作りの
Cookingクラスに早変わり。

準備は万端

 

 

 

 

 

 

普通の教室で
パンの生地を子供たちにコネコネさせました。

冷凍の切り分けてあるDough(生地)を
先生があらかじめ自宅で解凍。
Cooking Sheetやらトレイも持ってきていました。

私たち親のボランティアは子供のアシスタント。

子供たちはまず、
蜘蛛の足を作るために生地を4等分に切り分け、
細長く伸ばしました。

そして、頭と体の部分もそれぞれ切り分けて丸めて
足の部分に乗せてできあがり。

トレーに乗った子供たちの作品は
蜘蛛というより、亀???

子供のつくったパン続々、、










親のボランティアのほかに
先生のだんな様も手伝いにいらっしゃってました☆

パン作りの順番を待っている子供たちは
先生が魔女のオーナメント作りをさせていました。

ハロウィーンの飾りつけ


 

 

 

 

 

一度にいろいろな作業をするので
大人のヘルプが必ず必要なのですね〜

でも子供たちは楽しそう。

できあがったパンは
出来上がり〜










↑のようになりました。

卵を塗り忘れてしまいましたが
味は抜群。

カフェテリア(食堂)の
オーブンを借りて焼きました。

焼き立てほやほやを
子供たちはランチ時にいただいたようです♪

この日の先生は、
いつもより優しい感じだったなぁ。

だ〜りんがいたからかな?

子供たちが喜んで作業をしている姿が
うれしかったのかな?

他の2年生のクラスの保護者に
パン作りの話をしたところ
「2年生でCookingをするのは珍しいわ」と
口々に言ってました。

やっぱり、Ms Sは
評判では厳しいといわれているけれど
いい先生なのかもしれない〜〜〜

と思って心が温かくなりました。

ボランティアの親の分まで焼いてもらった
蜘蛛のパン。みんなでおいしくいただきました。



dahiyu537 at 13:53|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

October 22, 2006

No School Day

金曜日は、
学校がお休みでした。

そろそろ日本に帰国してしまうKちゃんと一緒に
行きたかったPumpkin Patch.

前日までは大規模なハーフムーンベイのパンプキンパッチ
に連れて行くつもりだったのですが
当日、近所の徒歩圏内の学校の敷地にできた
パンプキンパッチへ行くことになりました。

理由は

みんな勢ぞろい










息子のお友達を2人連れて行くことになったからです。

会うたびにこの2人からはそれぞれ
「Dとプレイデートできる?」とか
「いつ遊んでいいの?」と聞かれていたので
ついでに、その日をプレイデートにしちゃいました。

、、、が目的地まで歩いていくと
当日に限り午後4時〜開店ということが判明。

そこで、車で最寄のところへ連れて行きました。

そこは、子供天国。

こんなのや、、、

ジャンピングハウス










こんなのがあり、30分8ドルで遊び放題です。

big slide










この日は気温30度近くの予報だっただけに
すでに暑くって待ってるほうが参りました。

兄と2人の友人、それに引っ付いて遊ぶ真ん中の娘。

その間に末っ子は私たちと
かぼちゃと一緒に戯れました。

見づらいけれど、帽子がかわいいでしょう♪
バリーフェアーで1ドル50でゲットしたのよん。

かぼちゃに埋もれる末っ子










パンプキンパッチのあとは
お決まりの公園めぐり。

Mardock Parkへ連れて行きました。

が、上の4人組はポケモンカード対戦?
でテーブルに居座ること1時間半。

その間に末っ子は
いっしょに行ったお友達の妹と
公園で










遊びました〜〜。

母同士とKちゃんと3人でおしゃべりしました。

この日の詳細はKちゃんのSmoochyの日記の”pumpkin patch”で見てみてね。

 

さて、今日はこの後にひと悶着が。

夕方また遊び出かけた息子が
帰ってきた途端
わなわなと震えて今にも泣き出しそうです。

理由は
「Noと何度も言ったのに
欲しいといわれて半ば無理やりお気に入りのポケモンカードを
とられた」とのこと。

こちらの子供はたいてい相手の意見を尊重します。

「No」というと引き下がってくれるのですが
息子の友人は、ちょっとばかり強引なところがあるのは知っていました。

親として、どうしよう、、、、、。


子供同士のことだから、ほうっておく?

息子にNoを言い続けることを言い聞かして終わりにする?

親に電話して解決する?



いろいろと考えましたが
その場ですぐに電話をして事情を話しました。

その友人とは1年生のときからのお付き合いで
強引で人のお話が聞けないことで
ほかの親からも苦情を聞いたことがあったからです。

そして無事にカードが戻ってきました。

もちろん、息子にも言い聞かせましたが
お友達と学校で会ったときに
もう一度わたしからお話をしようと思っています。

「お友達を続けるためには相手のいやなことはしないほうがいいんだよ。」
と。


なるべく子供同士のことにはかかわらないほうがよいと思っていても
いざとなると
守ってあげたくなるのは親の心情ですかね。



dahiyu537 at 02:26|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

October 14, 2006

2nd gradeとKindergarten project

木曜日、ボランティアの日。

2nd gradeの息子の教室に行くと
「土を掘ってきて」
といきなり先生に頼まれました。

何を作るかというと、、

2ndgradeオーナメント
















Halloweenのためのオーナメントなのですよ。

私の役割は

(基本的に↑を完成させるための全部のお手伝いなんだけれど、、)

まず、一番上の茶色の紙に
のりをつけ、土を乗せ、
さらにそのうえにかぼちゃの種を貼り付ける
お手伝いをすること。

土だらけになって次々と子供たちを後ろの席に呼びました。
次々と、、、というのは
また遅刻してしまったからです。
今回は先生に謝ったけれど
「it's all right」と言われる代わりに

わたしが(遅れてごめんなさい)というと
「yes,,,,,,,」と不気味に笑い
と少し怖い雰囲気でした(><)

さて、オーナメントに必要な
ほかの部分も子供たちに切ったり張ったりさせて
糸をくっつけて出来上がり。
まるで図工の時間です。

教室の後ろで
子供たちを数人呼びつつ
こんな作業をしているのですが
先生はしっかりと算数や英語の授業を進めていました。

逆に集中力が養われるかも (^^;;

できあがったものを先生が教室につるして

教室のあちらこちらに










かわいい雰囲気になりました。
(厳しい先生なので写真を撮るのもドキドキ)

Kinderの娘のCentersのお手伝い。
ここでもやっぱりハロウィン関係でした。

みんなで作ったJack










オレンジ色の紙に目や鼻や口を張って
頭に葉っぱとつるをつけて
最後に下にオレンジと黒のヒラヒラを。

出来上がり図










左側が出来上がり図です。
右側は先週のお絵かきの作品。

細かい作業にもかかわらず
一度に5,6人のキンダーKidsを任されます。

最後にのりでべたべたになった手を
トイレまで着いていって洗い、
20分の時間が過ぎるまで粘土遊びをさせました。

図画工作、美術、手芸、家庭科、、
それらは昔からへたっぴなので苦手でした。
得意なのは体育だけ、、、、?

子供を持つと
苦手だといって逃げてばかりもいられないのですが
やってみると意外と楽しい〜〜。

自分も子供と一緒に
楽しませてもらっています。

学校のボランティアって
自分もまた子供時代を一緒にたどれる気がします。

キンダー時代に舞い戻っているわたしって、、、、(^^;



dahiyu537 at 03:24|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

October 10, 2006

Half Moon Bayへ

サンノゼから北に向かって30分ほどの
Half Moon Bayへ行って来ました!

目的はビーチとカニです。
halfmoon beach!








 

海を見ると血が騒ぐ〜〜〜


280から途中92号に入った途端に渋滞。

来週末、14日15日に行われる
Half Moon Bay Art & Pumpkin Festval
予兆でしょうか。

ビーチで遊んだ後
幽霊伝説が語り継がれているレストラン
Moss Beach Distilleryへ。

お化けの出るレストラン










テレビでも特集されたそうですが
入ってみるとなんともまぁ、無愛想な対応。
席に着いたものの不愉快だったので
出てきてしまいました。

そこでランチは
Johnson Pierの地ビールレストラン
Half Moon Bay Brewing Coに行きました。
今日のランチ!
















新鮮なシーフードと
気持ちのよいスタッフの対応!お勧めです。
夫は、10月のお勧め地ビールを頼んでおりました。

Pierはお勧めお散歩スポット

 

 

 

 

 

 

お食事の後はPierをお散歩。
この地は魚釣りやカニ釣りなどもできるそうです。

カニ捕りに必要な
丸い大きな鉄の入れ物を120ドルで売っている
お店で聞いてみました。

お兄ちゃん曰く

Dundness Crabのシーズンは12月ごろ。
この籠にChickenの生肉かイカを丸ごと入れて
岩の間の水の間に沈めておきます。

暫くするとカニが中に入ってくるので
ゲット!

ライセンスなどは必要なく
個人で自由に捕っていいそうです。

いまはまだ10月なので
カニ釣りは諦めて
代わりに活カニを買ってきました。

12月にリベンジなるか?
ここで活カニ買ったよ。

 

 

 

 

 

さて、買った後は
地元の新鮮な野菜を仕入れ
帰路に。
ここで買ったコーンは
今年買った中で一番立派でした。

92号線沿いは
来週のお祭りもあって、
パンプキンパッチ(かぼちゃ拾い)が
たくさん点在していました。

今年初のPumpkin Patch










ここで子供達は
それぞれ好きなかぼちゃを買いました。

お昼寝しているベビーには1ドルのチビかぼちゃ。
飾り用のコーンも売っていました。

コーンの飾り物

 

 

 

そして、色とりどりのかぼちゃも。
色とりどりのPumpkin

 

 

 

 

 

日本で良く食べるかぼちゃも置いてありました!

↑写真の白いかぼちゃは
スープに適しているそうですが
果たして食べるのを目的に買う人がいるのかしら?

他のユニークなパンプキンパッチ
巨大滑り台










巨大滑り台で人寄せをしています。

一番人気の
お城型パンプキンパッチ。
乗り物系も豊富で
ここに行きたい人が多くて渋滞していたのでした。

お城みたいなところ










帰宅したあとは
ヘトヘトに、、、、。

でもまだ仕入れたカニくんが待っていました。

Dundness Crab










12ドルだったよ。

これをたっぷりのお湯でBoilして
(お湯に入れるところはかわいそうなので、パパ担当)

 

そして出来上がり。

今日のディナー♪です。

Dinner is ready










カニはそのまま食べました。
あっという間に残骸に。

今日仕入れたコーンの甘さにびっくり。
チビは4つも食べました。

来週末、14日15日に行われる
Half Moon Bay Art & Pumpkin Festval
興味のある方、行ってみてくださいね☆



dahiyu537 at 03:55|PermalinkComments(12)TrackBack(1)clip!

October 08, 2006

Halloween Shopping

昨年と違ってHalloweenに向けて
ひそかに盛り上がっている。

週末になったので
早速、娘1号、通称”ヒメ”の衣装を探しに行きました。

Targetで










これはTargetの一部。

30ドルもする衣装を見つけて
かごに入れていたところ
プレイグループの友人気箸劼気靴屬蠅縫丱奪織蠅伐颪Α

友人気砲茲襪

”Targetよりも隣のParty City”で買うと半額だ!

ということで早速そちらへ家族で移動しました。

さすがにParty City.今こそは、かき入れ時なのでしょうね。

種類も豊富で人が多く、やっぱり安かった!
人気の品は早くも

”sold out”

、がちらほら。

我が家よりも気合が入っているのが
アメリカの世間なのでしょうね。

あまりにもかわいいのが多かったので
一部を紹介します☆

ベビーのコスチューム
baby かわいい〜〜










寝たまま赤ちゃん〜ヨチヨチ歩きまで
対応しています。

男の子用
boys cosutume










もちろん、息子は
もう少し大きい少年用の方にも
振り向きもしませんでした。


女の子用
一番のお目当て☆女の子用










女の子用はさすがに
数が多かった。
なるほど、Targetよりも10ドル以上は安い。

大人カップル用
カップルで!










おとなりのおちゃらけ
M夫妻に似合いそうな左上のコスチューム。
(金髪のへんなカツラと60年代のロックンローラー風)

M夫妻は
私たちより少し年上のカップルで子供はいませんが、
家の周りの飾りつけや
コスチュームまで用意して子供達を待ってくれています。

目を見張った
Humor(ユーモア)系のコスチューム
ユーモア系










これでは、お笑いになってしまいます 笑

このほかに、男性用、女性用もありました。

「このコスチュームを着るといい!」と
しきりにお色気系を勧めてくれる夫。

自分で着たいらしい??




・・・・・・わけないか。






あとは、家の周りの飾りつけも
たくさんあります。

吊り下げ系













こんなのがぶら下がっている家が
ほんとうにあるのですよ。

家の前にこんなのがあったら・・・
















夕方にこれらが玄関の前においてあると
かなり迫力あります。

こわ〜〜いテーマ曲なんかを流して迎えてくれると
腰が抜けるほどびっくり
↑昨年、腰を抜かしそうになった体験者は語る。

最後は、キャンディーをもらうときに
持って回るPail(バケツ)
boy pailpail girls 






男の子はダースベーダーやバットマン。
女の子はプリンセス。

これだけ品を買うと100ドルはかかるでしょう。
その上、当日のキャンディーを入れる
かわいい袋や小物、甘いものを買うと
すごい出費となります。

アメリカの経済が
こういった季節のイベントの消費行動によって
支えられていることがよぉ〜く実感できます。

クリスマスには
親戚、友人、家族一人一人に
心を込めて送るプレゼントもその1つ。

企業がクリスマス時期にあわせて
新製品を出そうとする心理は正解ですね。

さて、問題の
ヒメの衣装ですが、、、、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

当日までのお楽しみ♪

ということでお待ちくださいね〜。



dahiyu537 at 19:51|PermalinkComments(8)TrackBack(0)clip!

October 05, 2006

いよいよHalloween

10月に入ると、
街はハロウィーン一色になって行きます。

ご近所でも、買い物先でも
あちらこちらに
ハロウィーン用の飾り付けが見られるようになり
慌てて我が家も1つだけ玄関に出しました。

昨年はハロウィーンの楽しさを見くびっていたので
事前準備がほとんどナシ。
当日の学校のパーティー、お友達とのパーティー
一緒に近所をTrick or Treating、などの楽しさに
たまげました。
(詳細は、Categoriesの一番上、Halloweenで昨年の様子を
覗いてみてください★)

今年は、教訓を生かし
事前準備するぞ〜と気合を入れております。

子供が着る
コスチュームです。

Halloweenの衣装第1号

 

 

 

 

 

 

 

 

早速、2歳の娘には、こんなものを買ってしまいました〜〜

とっても似合っていてかわいい♪
Targetで15ドルなり。

息子は、昨年に引き続き

「そんなものは着てられない」

そうなので、
持っているHalloweenのT-shirtsで済ませます。

問題はおしゃまな5歳の娘。

今日、子供のテニス中に
お友達から教えてもらった情報によると
Disney Storeで
既にコスチュームが25%のセールらしい!

娘を連れて週末前には
仕入れたいとおもっています。
ベルギー人のママですが
主婦トークは世界万国共通ですね。
こういう情報は助かります。

この時期は、ハロウィーンから始まって
11月に感謝祭、12月にはクリスマス、、
と国全体が、まったりモード。

The best time of the year!

だとおもいます。

こんな時期にはスローダウンしてのんびりしたいなぁ

そして次年度に備えてエネルギーを蓄えたいと思います。

年末はいよいよ2年ぶりに(2年2ヶ月ぶりですが)
日本に一時帰国も決まり
お友達に会えるのを
とっても楽しみに毎日過ごしています〜。



dahiyu537 at 09:48|PermalinkComments(14)TrackBack(0)clip!

November 02, 2005

Halloween 本番

ハロウィーンなんてもう結構、、と昨日書きましたが間違えでした

当日の夜は、アメリカのイベントの中では一番楽しいかもしれません。子供も大人も。

4時にお友達のおうちに集合。

halloween party big kidsbaby

 

 

 

trick or treat!

 

 

 

カップケーキをいただいて、それぞれ、ハロウィンなアートを作りました。絵を書いたり、塗り絵をしたり。赤ちゃん同士、コミュニケーションをとっています。(写真中央)キャンディーをもらいにいっている様子(写真右)

ちなみに本番の我が家の子供たちの格好は、兄、ハロウィンのTシャツのみ。いくら衣装に着替えてと頼んでも彼は着てくれませんでした。

4歳の娘はセーラームーンのセーラービーナス(オレンジ色)。これが意外と現地のアメリカ人たちには受けました。多分この衣装を売っていないから&セーラームーンはアニメが有名なのでしょうか。10代と思われるおねえちゃんたちも通りすがりに「オーマイガー、セーラービーナス!!」と言ってくれました。

一番下の15ヶ月の娘は、お祭り用のハッピ(赤)を着させました。仮装じゃないやん!!

decorationdecoration1

 

 

 

 

witch

各家庭の飾りつけはかなり本格的です。

ある家はあまりにも怖すぎて娘はおお泣きしました。

だって玄関に立つとお化けがベローんと登場して、玄関を開けてくれた男の人もお化けで、重々しい音楽とフラッシュライトがピカピカ。わたしも怖かったです。

our house

ちなみに、これが我が家の飾りつけ。

何とかハロウィンらしくなりました。

 

 

ハロウィンの飾りつけをしていて電気がついているおうちを、合計20件ほど訪ねました。わたしは、これをハロウィン・ハイと呼ぶことにしました。周っているうちにハイテンションになるからです。

ハロウィンの会話は3会話で済みます。

「Trick or Treat」「Thank you」「Happy Halloween」。

我が家の玄関にも20名以上が来ました。事前調査で20人くらいと聞いていたのでキャンディーを袋に入れて20弱用意していたところ、6時過ぎに第一組が来たかと思うと7時15分には売り切れ。来年はもっと用意します。反省。中には何も言わず玄関に立ち尽くす小学生などいて笑えました。

年齢は高校生くらいまでかな。キャンディーを配る家側も仮装をしているひともいて、来年からはわたしもハリケンジャーになろうとおもいました。

ハロウィン、最高♪



dahiyu537 at 01:46|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

November 01, 2005

Halloween Parade and the Party

朝から娘の学校でハロウィンパレードだった。

衣装をそれぞれ持ち込んでお着替え。そして10時半から各クラスが外に出て、校庭を2,3週歩いてまわるのだ。

paradeclass

 

 

 

それぞれ思い思いのお洋服で可愛い。

赤ちゃんも着ぐるみを着させてもらってパレードに参加していた。娘たちは上級生のクラスになる。

女の子はプリンセス、ディズニーキャラクターが多く、男の子は、レンジャー系、スーパーマン系が主流だった。

food

パレードの後は、ママたちがそれぞれ持ってきたお食事でパーティーに。

パーティー恒例のピザがなく、おにぎり、スパゲティーがメインでヘルシーでした。

 

*****番外編*****

週末には、娘の通っているリトルジムでハロウィンパーティ。

参加費が無料で、よい時間帯とあって2時から5時のパーティーは大混雑。

2時に到着した我々は30分ほどジムの中を楽しんだ後、食べ物をいただき会場を後にしました。

tunnelbar

 

 

 

 

ジムエリアを開放して

ゲームがあり、プライズなどをもらって子供たちは楽しんでいました。

 

親は少々、ハロウィンパーティー食傷気味。

ああ、もうハロウィンは結構〜No Thanks!

というのが本音だが、後はこれからお友達家族たちと集まってご近所さんを周ったりパーティーをする本番が残るのみ。

これは心から楽しませてもらいましょう!



dahiyu537 at 05:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

October 29, 2005

Halloween Party(Elementary編)

1年生の息子がPumpkin Putchの遠足に行って帰ってきてからクラスでパーティーが行われた。今年が初めてなので何でも新鮮ということで、夫も義母も娘2人も連れてぞろぞろと参加。

このパーティーも、同じ学年でもクラスによってあったりなかったりするらしい。お祭りごとが好きな先生と親御さんたちなんだと、ちょっとうれしかった。

halloween class

クラスの様子。

遠足先でもらったかぼちゃがかわいらしい。

 

 

halloweencake

クラスのママさんお手製のカップケーキ♪

その他、クッキーや、リンゴ、ジュース、ポップコーン、プリッツルなどが振舞われた。

お手製のJelloまで。甘いものづくしだ。

ゲームは、目隠しをしてパンプキンお化けのお鼻の部分をひっつけるもの。アメリカ版福笑い。それぞれが写真撮影をした後、パーティーはお開きに。

さぁて、我が家には7個のかぼちゃが、待っている。

ひさしぶりに家族が揃ったので、お庭でくり抜いたり、お顔を書く作業に取り掛かる。halloween carve

子供はあっという間に飽きて遊び始める。

大人のほうが真剣に作業中。

 

美術の成績が「2」だったとは思えない、わたしの作品かぼちゃさんたち。先生、あなたは偉大なアーティストを見逃しましたね(笑)halloween pumpkin

これでHalloweenが迎えられそうだ。

 

 



dahiyu537 at 08:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

October 21, 2005

Uesugi Farm Pumpkin Patch

今日は娘のプリスクールの遠足。

わたしと義母も一緒に引率に行くことになった。

行く場所はMorgan HillにあるUesugi Farm Pumpkin Patch

名前から日系の人が経営者かな?とおもっている。

おなじみの黄色いスクールバスに乗ってGO!

童心に戻ったようにワクワクした。

現地に1時間後に到着したあと

電車に乗ったり、500kg以上もあるオレンジ色のかぼちゃと一緒に撮影したり。

big pumpkinclass phototraingrowing pumpkin

 

 

なぜここが多くの学校の遠足対象になるかと言うと

かぼちゃの育て方を教えてくれるからだ。

ビデオを放映して見せてくれる。

また実際にかぼちゃが段々と大きくなる様子を鉢植えにしてあるのだ。

ここは個人で来ても楽しいかもしれない。1年生の息子も1週間後に同じ場所に遠足に来ることになっている。



dahiyu537 at 23:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

October 17, 2005

Halloween Carnival

金曜日の夜に娘の通うプリスクールでハロウィンのお祭りがあった。
6時半から8時まで。
プール遊びから直行していったので
車の中で子供たちは寝た。
仮装用の服は忘れたのでそのまま現地へ到着。

Carnivalは既に始まっていた。
25枚のチケットを5ドルで販売。
そのチケットを使って
食べ物(ホットドックとジュース、チリビーンズ)、
飾りつけ、ゲーム、などに参加する仕組みだった。

担任の先生が
腕に可愛い刺青シールを貼るコーナーにいたので
息子と娘、私がそれぞれ貼ってもらう。

クッキーにクリームやトッピングをつけて飾りつけ
食べる子供たち。

娘のお友達家族も思い思いの変装をして参加していて
見ているだけでも楽しかった。

 

最後は、園庭に落ちているかぼちゃをゲット。

家族連れが多く
今週末も夫は海外出張でいなかったので
少し寂しく、その分大変だが
カーニバルで楽しませてもらった。



dahiyu537 at 08:27|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

October 10, 2005

Pumpkin Patch その2

ドナ家族と美味しいアメリカンブランチをしようと、計画していた日曜日。

場所はStacks'.

行列の出来るレストランの行列があまりにも長く、

予約も希望時間に取れずに断念。

そこで本日はLos Altosにある

Pumpkin Patch(Halloween用のかぼちゃを売っている場所)に行って来た。

pumpkin putch1

先週のそれより大規模で

子供の遊ぶスペースはすべて無料。

 

 

pumpkin putch2

こんな電車にも乗れて子供たちは

大満足。

ハロウィンはやっぱり この季節の大イベントらしい。

 

pumpkin putch3

14ヶ月の娘が

かぼちゃを乗せて

リアカーを押してました。

 



dahiyu537 at 12:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

October 04, 2005

Pumpkin Patch その1

渡米したのが11月初旬なので
今年が初めてのハロウィーンになる。
もともとアート、クラフト系が苦手なわたし。
学校で行うハロウィーンパーティーくらいでいいや〜
と、またもやお任せモードになっていたのだが
最近、プレイグループでもお友達にも
ハロウィンはなにをするの?
何を着るの?
などなどよく聞かれるようになった。

ついでに買い物先でも
様々な飾り付け、コスチュームなどを販売していると
ついつい目を奪われる。

そしてとうとう、友人に
週末は、ABC Tree farmに遊びに行こう
と誘われたので、我が家もハロウィーンモードになった。

pp1

ここは、クリスマス時にはもみの生木を販売。
ハロウィーンには、パッチに使うかぼちゃを販売しているそうだ。

 

 

販売している場所に
子供が大好きな、Junping Houseや、大きな滑り台が。
30分間7ドルと高めだが
折角だから遊ばせる。
場所によってはミニ電車に乗れたりするらしい。

dinasour

←このふわふわ滑り台は角度45度くらいで

大きかった。

わたしも子供たちと一緒に滑りたかったが

大人は禁止だった(;;)

子供たちはそれぞれのかぼちゃを選び、
ワクワクして帰宅。
来週以降、このかぼちゃをくりぬいて
友人たちと手作りお化けを作る予定。

ちなみにハロウィンの楽しみ方は色々らしい。
一つはご近所めぐりをしてお菓子をもらうこと。
他は、モールなどを練り歩きお菓子を各店主からもらうこと。
最後は、仲のよい友人たちと集まってパーティーをすること。
だそうだ。

わたしたちは友人たちとパーティーをして
終わりそうだ。
初めての体験なのでどんなパーティーかもわからず
楽しみだ。



dahiyu537 at 04:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!