・Day Care(家庭的な雰囲気の一軒家の託児所)

March 03, 2007

Day Care(保育所) ツアー

いよいよ残すところ2週間となりました。

荷物をまとめていると

お借りしていた本などがゴソゴソと出てくる、出てくる 涙

そんなこんなで毎日翻弄し始めています。

 

****************

さて、昨日は末娘の通うデイケア、

家庭的な保育所のツアーをしました。

 

このBlogを読んで興味を持っていただいたYさんとNさんに

ご案内しました。

フルーツの木が生えているバックヤードを案内したり

もぎたてを食べるよ

 

 

 

 

 

 

今年からできた新しいプレイルームを見学したりしました。

わいわいあそぼ☆

 

 

 

 

 

 

いま現在レギュラーで通っているのは娘を入れて2人だけ。

パートタイムで来ているのが3人ほど。

 

なので、とても手厚く見てもらっています。

 

またオーナーであり先生のバッドリーは

優しい若いおばあちゃん。

包容力があり、育児の悩みもよく聞いてくれます。

彼女はペルシャ人なので

お互い英語が第2外国語ですが

アメリカで生きていくことの大変さなど

通じ合うことがあります。

 

二人のお子さんは既に

UCバークレーなどに進学しています。

 

お弁当は持参になりましたが

いつも何かしら作ってくれているので

末娘もお弁当以外にバッドリーの作ったランチをいただくことがあります。

 

のびのびと遊べていい環境なので

お二人とも気に入ってくださったようです☆

 

早速来週から娘のお友達が一人増えるかもしれません^^

 

このデイケアはSaratoga Home Daycare

という名前でSaratoga Ave沿いにあります。

 

Saratogaの市の条例で

デイケアの看板を掲げないことになっているので

一見すると普通の家になっています。

 

あと2週間あるので

もし、興味があって一緒に保育所に行ってみたい方がいらしたら

連絡してくださいね。随時ツアーをいたします 笑

 

Saratoga Home Day Care
Licenced Home day care

Owner/Teacher; Badri Motallebi

tel;408-374-1847

英語Only.

*英語Onlyの環境で幼児が育つことについて

駐在員としてアメリカに10年ほどまで住むのであれば
わたしは幼児基本的に
デイケアでは
英語オンリーの環境で育っても構わないと思います。

小学校に上がるまでのこどもは
語学以前に


安心して愛されて育っていく環境

が必要だと思っています。

それが満たされていれば
英語でも日本語でも
子育ては共通だからです。

子供はとても順応性が高く
安心して預けられる環境があれば
すくすくと育っていきます。

デイケアは
親がつい過保護になってしまう部分を補い
トライアンドエラーで
子供がごく自然に体験することを
そのままさせてくれます。

お友達から受ける刺激は
親から与えら得る最大のプレゼントだと思います。

デイケアに預けるからといって
親業を放棄しているわけではありません。

立派に愛しているからこそ
より良い環境で育てる

ことだとおもいます。

日本語が心配ならば
家で日本語を使いましょう。ビデオを見せましょう。絵本を読みましょう。

それで十分だと思います。

 

日本の保育所は
先生方の意識も高く、栄養面でも価格面でも手厚いと思います。

アメリカのそれとは比べ物になりません。

でも、もしあなた自身がピンとくるデイケアやプリスクールを
探すことができれば
それが一番良いと思います。

末娘のデイケアは
私自身がピント来た場所でした。

きっと他にもたくさんあると思います!



dahiyu537 at 02:17|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

January 04, 2007

2歳児のお弁当って

年が明けて

末娘の通うデイケアのルールが少し変わりました。

 

 

経営者の先生が保育に専念したいために

今まで作っていたお食事を廃止し

各家庭で持参することになりました。

 

アレルギーを持つ子供などにも対応していると

食事作りの専門者が必要になるそうです。

 

 

目下、末娘のお弁当作りがわたしの新たな課題。

 

上の2人はずっと手厚い日本の保育所の

給食をいただいて育ってきたので

この年齢のお弁当って作ったことがない。

 

保育所のランチ

 

 

 

 

 

 

 

↑は先日の帰国の際に

遊びに行ったときの保育所のランチメニュー。

たまたまクリスマス会当日だったので

豪華ですが

お肉やスープ、炭水化物のバランスが取れています。

0歳児からもこんな食事をやわらかくして

出してくれていました。

 

 

今日は思い切り手抜き弁当。

 

昨日のパスタをそのままお弁当箱に詰めて出来上がり。

その上にかぼちゃの煮物をひとつ置いておきました。

 

ほんとうは温かいスープを飲ませたいな。

出来立ての野菜炒めを食べさせたいな。

 

 

 

これは、2歳児もよく食べる!

 

というお弁当メニュー募集中です(^^)



dahiyu537 at 02:22|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

November 11, 2006

Work Experience

5歳の娘が

Work Experienceデビューを果たしました!

行ってきます〜♪

 

 

 

 

 

 

Work Experienceとは職業体験のこと。

将来の夢は、いろいろあって

そのひとつが保育園の先生になること。

以前から末娘のデイケアで

小さい子供のお手伝いをしたい!

と言っていた。

デイケアの先生に相談したところ

「もちろん、いらっしゃい!」ということで

実現しました。

 

当日は両方にお弁当と水筒を持たせて
なかよく出勤通園(^^)

ほんとうにお手伝いになるかわからなかったので
5歳の娘の預ける分の保育料も持って行った所

「預かるわけではないので受け取れない」
ともらってもらえませんでした。

娘よ、しっかり働くのだぞ〜〜〜!

 

 

さて

3時間後、お迎えの時間。

 

 

ドキドキしてドアを開けると、、、、、、

 

 

なんと、

 

 

しゃっくりをあげながらおお泣きしている娘2人

どうして?どうしたの?

びっくりして聞くと

いつもは大好きなデイケアに
お姉ちゃんが来た末娘。

里心がついてしまったらしく
朝からおやつも食べずグズグズ。

真ん中の娘、がんばって食べさせたり遊んだりしたけれど
ランチタイムにお弁当箱を見て

末娘がまた泣き出し、
我慢していた真ん中の娘も泣き出し

30分間泣き続けたらしい。



先生は

「2人ともよくがんばったね☆」と褒めてくださいましたが

お手伝い、、、というより

足を引っ張ってしまった感がして

何度も頭を下げて2人ともつれて帰りました。

帰りにはJamba Juiceに寄って

一人に一つ持たせると

2人とも元気になりました。

 

よくがんばったね、2人とも。

ママはとっても誇りに思うよ〜

 

そして、

こんな無謀な試みを快く承諾してくださった

末娘のデイケアのみなさんに心より感謝。

ありがとうございました。

*そういえば思い出しましたが
わたしがオーストラリアで高校生のときには
Work Experienceは必須単位に含まれていました。
ホームスティ先のパパが経営する会社の事務のお手伝いをしたっけなぁ。

ほんとうはなりたい職業の体験をするのが目的ですが
たいていは、親の仕事場、会社や農家などに行っていたようです。

高校生がWork Experienceをしたい
といいにくると
会社側はめったなことでは断らなかったと思います。

いまもそんな制度あるのかしら?



dahiyu537 at 03:28|PermalinkComments(10)TrackBack(0)clip!

November 09, 2006

サンノゼの保育・学校事情 その2

【預け先の選び方】

◎リストアップ
電話帳、Bay Area Parent などのフリー雑誌、
口コミ、インターネットでリストアップします。

家、またパパが手伝ってくれそうなときは職場から、近い場所が第一条件!
毎日の送り迎えのことになるので
近いにに越したことはないです。

できれば、兄弟、一緒のところだと親にとっても子にとっても
安心ですね。

個人的にお勧めなのが4C という
非営利団体に電話で問い合わせて
メールでいくつかの預け先のリストを送ってもらうことです。

我が家はそこから始めました。

 

◎見学
いくつかリストアップができたら
次は見学です。

見学にはいくつか方法があります。
)あらかじめアポを取って見学に行く。
「I am looking for preschool/day care for my child.Could I come and see your facility?」
などと電話で伝えましょう。

2)いきなりWalk Inで見学に行く。
忙しい保育所などは、いきなりいっても
断られてしまうこともありますが
誰かが見せてくれることもあり。

小さい施設は大人が少ない場合があるのでアポを取ったほうが無難です。

アポなしで行ったほうが
素の様子を見られることが多いことも事実。

3)何度か足を運んでみる。
時間帯を変えて行ってみましょう。
朝、親と別れているときに泣いている子供がいるのは自然ですが
それに対して、先生がどう対応しているか?

ランチタイムはどのように、食事を取らせているか。
どんな食事を取らせているか。

などなど。が見るポイントです。

 

◎ライセンスチェック
プリスクール、デイケアを営む際に
必ずライセンス(免許)が必要です。

ライセンスのないデイケアも多く
中には評判の良いところもあります。
怪我などの補償問題のときにどう対応してくれるか
聞いておきましょう。

ライセンスに関しては
ライセンスを問い合わせる事務所に電話をして
ライセンス番号を伝えます。
そして過去にクレームがなかったか、、など
確認しましょう。
California Community Care Licensing Division - San Jose Office
Phone: 408-277-1241

 

◎親チェック!
子供をその施設に預けている親を
経営者や先生から紹介してもらいましょう。

紹介を快くしてくれるところは
まず信頼がおけます。

紹介してもらったさきに
電話をして
「××施設の○○さんに紹介を受けて電話をしています。
自分の子供を預けたいと検討しているが
実際に預けてみてどうですか?
ここに決めた理由は何ですか?」

などと聞いてみましょう。

3,4人の親に電話をすると確実です。
(大変だけれど、、、ね!)

 

◎選ぶ際のポイント
1)一番は、自分の第一印象や直感を信じること!

2)預けられている子供たちの(先生たちの)
目が疲れていないか、笑っているか。

3)園庭は十分広いか。

4)保育料が自分たちの予算にあっているか

5)ひとつの教室の子供の数と先生の比がバランスが取れているか。

6)遠足はあるか、どのくらいテレビを見させるか、お勉強をさせるか、トイレトレーニングはどこまで手伝ってくれるのか、お昼寝はどうやるか?
(眠たくなくても寝させるか)

などなど気になることは何でも聞いてみましょう!

その他、このBlogの過去の記事を参考にしてみてね。


【準備、持ち物】

◎予防接種
学校に入る前に
その年齢までにしておく予防接種はすべて済ませておく必要があります。

日本であらかじめ打ってきた場合は
ホームドクターに母子手帳を持っていって
immuniziation record(予防接種記録カード)を
作ってもらいましょう。

immuniziation recordのコピーは
入園時に学校側に提出する書類に必ず必要になります。


◎預けるときに学校に持っていくもの、持たせるもの
学校によって違いますが
たいてい、バックパックに水やランチを入れて持って行かせます。
オムツ、お着替えなどは預け先において置きます。

 

【番外編;ベビーシッター、ナニーさんをお願いしたいとき】
最後に、
まだ施設に預けたくないけれど
お手伝いに来てもらって
自分の家で子供を見て欲しい!

というママのための手引きです。

こちらではベビーシッター(中学、高校生の子守)や
ナニーさん(子守以外の家事や炊事までお手伝いをしてくれる人)
を利用することが一般化しています。

ベビーシッターは知り合いやご近所に聞いてみるのが一番。
徒歩圏内で来てもらえるのが理想。

ナニーさんは知人からの紹介が一番ですが
プリーペーパー、ネットなどに求人を出して
面接をして採用します。

ネットでは
世界のご近所さん
Jina Online 
などがベイエリアあたりではよく使われているようです。

********************
まだまだたくさん情報はあると思います。
中には日本人の経営しているデイケアやプリスクールまであるようです。

ここでは、Yukkoが今まで調べたり利用してみた範囲で紹介したので
足りない部分もたくさんあります。

ベイエリア渡米前の情報収集などに
お役に立てれば幸いです。

親も子もハッピーな滞在になりますように



dahiyu537 at 05:34|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

October 17, 2006

交換日記

交換日記をしています(^^)

交換日記











末娘のデイケア(託児所)の先生とわたしと。

2歳3ヶ月になる娘は
最近、一生懸命お話をしてくれるようになりました。

日本語30%英語20%不明語50%

なので、理解をするのが大変です。

「今日は学校で何をしたの?」

と子供たちに聞くのが
わたしの習慣ですが
息子と真ん中の娘に聞くと
末っ子も負けじと
「Yにも聞いて〜」と言い張ります。

そこで聞くのだけれど
いつもわかる言葉が
「ねんね」だけ。

毎日お昼寝をしているのは分かるけれど
もっと伝えたいことがあるに違いない!!

とおもったわたしは
今まで預けっぱなしだった
デイケアにノートを一冊持参したのでした。

先方は一日の様子などを書く習慣がなかったのか
たいそう驚かれました。

「なにか、あったのか?!」と。
クレームと思ったみたい。

お友達の名前すら知らないし、
食べさせてもらっているものも知らない。
何をして遊んでいるかも知らない。

それでは、娘と会話にならない、、という訳を話して
納得してもらいました。

日本の保育所のときは
交換日記のようなノートは3歳未満時クラスでは必須でした。

親側も朝の体温を測ったり
夕飯、朝食を記入したり
先生への伝言を書いて毎日渡しました。

そして先生も一人一人に
かわいいイラストつきで
毎日の様子を詳しく教えてくれていました。

真ん中の娘の通っていたプリスクールでは
小さな紙っぺら一枚、
みんなに同じ事を書いたであろうようなコメント1〜2行のみ。

あとは、お昼ご飯を食べたか、どうか
など丸をつけてあるだけでした。

なので、末っ子のデイケアは毎日
A4サイズのノートにびっしりと書いてくれるので
とっても手厚いということが分かります。

交換日記を始めて
末っ子との会話がうんと増えました。

「今日はTと一緒にブランコで遊んだのね」というと
Tの名前を繰り返します。
娘も今まで自分が言っていたことが通じるのでうれしそう。

気のせいか、日本語の語彙が増えた気もします。

ほんとうに細かく日記に書いてくれるようになったので
毎日このノートを読むのが楽しみです。

そしてこちらからコメントを書くのも楽しいですよ。

今日の娘の様子を紹介(出張中のパパも読めるかな?)
**************************

10/16/06
This morning, Y had cereal and milk for break.
10:00am was story time: we read "A Treasure for one year olds", "A collection of nursery "  and "Rhymes and lullabies".
change diaper

10:30am was preschool time. We did shapes and colors red heart and blue triangle.

11:00am outside play:swing ,ride bikes and play a game duck duck goose.

12:00pm Lunch time.came inside wash hands and face.

12:10pm Eat lunch.

Bake Chicken,Carrot/peas,rice and milk

12:30pm change diapers and went to sleep for 1 to 3:30pm

3:45pm snack time.
Peanut  butte and jelly(dont like peanubutter jelly)so we gave some rice, peaches,milk

4:00pm free play dance,read or sing


**************************

今日はお友達とのことが書いてなかったけれど
よく様子がわかりました。

また明日も楽しい一日でありますように。

 



dahiyu537 at 13:24|PermalinkComments(12)TrackBack(0)clip!

March 29, 2006

Day Care 4週目に突入

一番チビの話題が昨日から続きますが
今週でfamily day care(家庭的な雰囲気の一軒家の託児所)
に通い始めて4週目になります。

先週から別れるときも泣かなくなりました。
口をへの字に曲げて悲しそうにしますが
それも一瞬のこと。

お迎えの時間も、1時間長くして6時間預け始めました。
それまでは中途半端な時間にお迎えだったのですが
お昼寝もしてくれるようになりました。
午後2時半に真ん中の娘をお迎えに行ったまま
チビを拾えるので助かっています。

先週後半にPink Eye(結膜炎)をもらってきましたが
市販の点眼で治療。
元保育所児ママ、多少のことでは動揺しません(笑)
それ以外は病気らしい病気はしていません。

お迎えに行ったときに先生に話しを聞くと
他の子供たちと遊び始め、
特に自分より小さい生後7ヶ月のベビーのお世話が好きだとか。
他の子には貸せないおもちゃも
ベビーには貸してあげるようです。
子分ができた気分なのでしょう。

ランチは、相変わらず特別食、『ライス』を作ってもらっているようですが
足りないと他の子供たちと同じパスタなどもお代わりしているようで
安心しています。

家に帰ってきてもやんちゃぶりが増しました。
上の2人相手に一丁前にケンカをふっかけます。
そして、英語で
「No,no,no!!」というようになりました。

「○×☆●×★!!!」
何語か分からない言葉を一生懸命話しかけるので
子供たちもその可愛さに大笑いしています。

親と離れる瞬間は寂しいようですが
信頼できる先生方と
たくさんのお友達と遊べるのが
今の彼女にはとっても楽しいようで
家族共々、安心しています。

そんなチビも先日1歳8ヶ月になりました(^^)



dahiyu537 at 00:49|PermalinkComments(8)TrackBack(0)clip!

March 05, 2006

Rice Please!

hail

 

 

 

 

 

 

 

昨日、午後4時ごろサンノゼでヒョウが降りました。こんなことって、、、、

さて、本題に戻ります 笑

1歳7ヶ月の末娘、おチビちゃんの
初デイケア1週間目が無事に終了しました。

時折、パパとママを思い出しては泣くものの
さすがにここまで兄弟に揉まれて育ってきているからか
早いうちから外に連れ出しているからか
子供同士で遊び始めているそうです。

親の方がドキドキしています。

夫が言っていました。
アメリカ人の子供でも
親が行くときには泣いていた

だから娘が泣くのはもっと当たり前なんだねー。

ここのデイケアでは
手作りの昼食が出されます。

1日目はBeanとRiceを お代わり して食べたそうです。
ハハハ。

2日目は、お野菜と
アメリカ人の子供ならば
大好きなMaccaroni Cheese。

なんと娘は食べるのを拒んだらしい。

どうやっても食べないので
Ms Bが悩んだ挙句
「そういえば日本人はお米を食べるんだ!」と思い出し
急遽娘のために
ご飯を用意してくれたそうです。

そして
食べない野菜も潰したら食べた
と教えてくれました。

その心遣いに
心より安心しました
ここならば、娘は大丈夫。

来週は、
牛乳、お食事、水、
などの言葉を
日本語でなんというか紙にリストアップしてきてくれ
といわれました。
娘と何とかして
コミュニケーションをとりたいそうです。

家に帰って来てからも
上の2人と元気良く遊ぶ娘を見て
ほっとしています。
ああ、チビはとってもたくましいかも!



dahiyu537 at 00:43|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

March 02, 2006

Daycareデビュー@1歳7ヶ月

以前の記事で
Family Daycareを探しておりましたが
とうとう、我が家の箱入り末娘が
昨日daycareデビューをしました。


(泣いたのはどちら?娘?ハハ?)

・・・・とはいっても、初日は「ならし保育」なので
2時間後には引き取りに参りました。
ぴったり2時間に到着しました。

預けるときは30分間一緒に遊びました。
そして子供が慣れた頃、そぅっと帰路へ。

お迎え時。
マイベイビ〜♪
と勢い良くドアを開けると
オーナーのMs Bに抱っこされたまま
泣きつかれてしまったのでしょう。
1時間ほど寝ている
という状態でした。

上の2人も
それぞれ生後10ヶ月と12ヶ月で保育園を始めているのですが
19ヶ月まで家で育てた末っ子ちゃん。

最近は、家の中だけでは体力をもてあまし
お友達と遊ぶのが好きなので
きっと慣れてくれるでしょう。

いや〜ハハ、3人が家にいなくって
嬉しさを感じると思っていましたが

実は

とっても寂しいです。

もう、子供が巣立ってしまった感じがして。

3人とも学校から帰ってきて揃ったら
今日はヨシヨシ、スリスリ
してしまいました。

いつもガミガミ言っているのに
勝手なものですね。親って。



dahiyu537 at 00:23|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

January 25, 2006

ファミリーデイケアの見つけ方

今月一杯で1年間お世話になっていたナニーさんが辞める事になった。
理由は、本業に専念したいから。

とてもよくしてもらっていたので残念だが
彼女の夢も応援したい。
子供たちも良くなついていたから、がっかりするだろうな。

出張の多い夫なので、小さい子供を育てている私には
どうしてもナニーさんは必要だ。

そこでいまいろいろと情報を集めている。

一つが、ベビーシッターさん
そして、ベイビーを預ける先。
それとお掃除を専門にしてくれる人。
分業制にすることにした。

ベビーシッターさんは、各大学、Collegeに求人を出すことにした。ここではChild Educationを取っている学生が多いと聞いたからだ。

預ける先は、Family Day Careに決めた。大きなプリスクールは高くて、ベビーでもランチ持参。Familyのほうは、家庭と同じような環境で子供を見ることが売りなので、もちろん手作り昼食なども込みでお金を払うことになる。ピンきりなので慎重に探さねば。

情報源は口コミや、近所の希望の託児所を紹介してくれる政府機関の4C、あらゆるところにおいてあるフリーペーパー、Bay Area Parent Guideなど。

プレイグループのお友達はアメリカ人らしくこうアドバイスしてくれた。
1、まず預ける場所を見に行くこと


2、気に入ったらその場で、子供を預けている家庭の電話番号をいくつか紹介してもらうこと。そして直接彼らに、様子を聞くこと。預けている期間が1年以上の人を紹介してもらうように。


3、California Community Care Licensing Division - San Jose Officeに電話をすること。ライセンスナンバーを伝えて、今まで苦情が来ていないか、など教えてもらうこ。ここのオフィスは、ライセンスを持つデイケアを定期的にまわっているらしい。Phone: 408-277-1241

その場で、預けている人を紹介してもらう、、というのは、アメリカ人ならば良くやらしい。渋る経営者はまず自信がないと判断してよいのだろう。
気に入ったデイケアで4人ほど親御さんを紹介してもらって週末に電話をかけた。お父さん、お母さん、両方とお話ができた。

預けている期間は短い人で5ヶ月、長い人で3年目だった。
みなそれぞれのよさを口にしていたが0歳児のときから預けている親が多いことがわかった。0歳児を預けるには、信頼と、手厚いケアを一番に要求すること間
違いなし。そして、マニュアルどおりではなく、その人の人柄で子供がなついていることがよくわかった。

そしてよい感じだったので、ライセンスは、ライセンスオフィスに電話。苦情は運営して14年間でたった一件だけ。それはまずこの業界ではありえないすごさだろう。

リサーチの結果15年目の経験のある、感じのよい女性が2人見てくれているとあるFamily Day Careに決めた。
ホットミールも毎日作ってくれるし、一軒家だがお庭もとっても広い。
やっぱり決め手は、預ける先の人の目が優しいこと。笑っていること。
今までいくつものプリスクール、デイケアを見てきたが
なかなかそういうところは少なかった。

そして、初めてそのデイケアに入った瞬間の直感がぴんと来たのを信じよう。

さて、娘よ、1歳半だからデイケアデビューしてね。
母、羽ばたくよ〜〜〜!!



dahiyu537 at 01:26|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!