・kindergarten

February 27, 2007

久しぶりの学校♪

ウインターブレーク明けの登校日。

 

早朝、れっつごー〜

 

 

 

 

 

 

 

息子はブックレポートに手をつけないまま

元気よく走って行ってしまいました

まぁ元気がとりえだから

許すとしよう

 

*************************

冬休みの総括です。

 

最後の平日には

お友達が遊びに来てくれました。

みんなでぐるぐる〜〜

 

 

 

 

 

雨の合間の晴れに

公園に行って。

 

その後、我が家でランチ♪

母の作ってくれたうどんと

Mさんの持ってきてくれた海苔巻きで

お腹が一杯になりました♪

海苔巻きづくし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても会う人ごとに

ああ、これでサンノゼで会うのは最後かな

とおもって少し寂しい気持ちがしています。

 

 

この1週間は子供たちとたっぷりと遊ぶことができて

わたしも心身ともに満たされました。

こんなに余裕を持って子供と接するのは

すごく久しぶりのような気がします。

それも母が手伝いに来てくれているおかげ♪。

 

日本と違って

アメリカでは学校がお休みの日のほうが

何かと親は楽ですよね〜。

次のお休みが待ち遠しいのは私も一緒だな。

 

 

おしまいに、癒し映像。

公園のタイヤブランコの上で

みょうーにリラックスしていた末娘。

甲羅干し



dahiyu537 at 04:49|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

December 02, 2006

I.O.U. Party

一時帰国の日も決まり、
買い始めたお土産に埋もれています。

2年以上ぶりになるのでワクワク。
会うお友達や先生、親族の顔を一人一人思い浮かべながら♪
お土産の買い物にも気合が入ります。

もう、ハッピーすぎて何が来ても怖くない状態かも!
(あ、苦手な飛行機に乗るのが怖いけど)

そんな鬼に金棒な気分な中、
今週もまた学校のボランティアにいきました。

2年生の息子のクラス、
お手伝いをしていると
なんと、ポップコーンパーティーが始まりました。

party

 

 

 

 

 

 

↑先生が自宅から持ってきたポップコーン製造マシーン(中央)

以前から黒板に(ホワイトボードに)

I.O.U. pop corn party

と書いてあったので
気になっていたところ。

I owe you (to have) a pop corn party!!

先生が、子供達にパーティーをする貸しがあるなんて、なんでだろう?

とおもって息子に聞いてみると、ちゃんと理由がありました。

 


一日’good behavior’

をしていた子供に先生がビー玉をくれるそうです。

 

そのビー玉が集まって、ガラスのJarにいっぱいになると
ご褒美としてクラス全体でポップコーンパーティーを
授業中にするというお話でした♪

先生は、子供が好きなスプライトまで用意してくれていましたよ。
なぜか、炭酸飲料が子供は好きだと固く信じている先生 笑

おなかがいっぱいになったころ、休み時間。

子供達よ、エネルギーをたっぷり消耗してね。

 

その後、この日のキンダーのお手伝いは、
owl

 

 

 

 

 

 

ふくろうの吹流し作り。

紙を切ったりぺたぺた張るのは子供の役目。

私の役目はそれを丸めて
穴を開けて糸を通す。

・・・・だけれど、ほんとう〜〜に

 

センスナイ

 

わたしなのでした。

パンチであけた穴の位置もまちまちだし
毛糸の長さも違うし、

アート系のお手伝いは
英語の授業のお手伝いよりもつらい。

子供達が各家に吹流しを持って帰っていましたが
できばえが悪くってがっかりしていないといいな、、、、。

あれ?

ホリデー気分でハッピーなはずなのに
うまくできなくて、ちょっと凹んでいる自分を発見かも〜〜。



dahiyu537 at 09:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

November 22, 2006

Thanksgiving Festa '06

今週は感謝祭の祝日前なので
学校もお祭りモード。

お手伝いに翻弄し
少々疲れ気味ではありますが
たのしませてもらっています。

まずは、月曜日に行われた
2年生の息子のクラスの様子。

自分の国のお料理を一品ずつ持ち寄り
クラスパーティーが行われました。

我が家が持っていったのは
我が家の定番
















お稲荷さん。

「昨年と同じじゃないか〜〜」と
気がついた人、
あなたはこのBlog通として承認されます 笑

多国籍料理パーティー♪

 

 

 

 

 

 

台湾人、中国人は餃子系、
インド人は、Idlyや豆から作られたお惣菜やデザート系、
韓国人は豆腐料理、
ベトナム人は春巻き、
日本人は、焼き芋、照り焼きをひとくちサイズにして串でさしたもの、
日系人は枝豆。
ヨーロッパ系はパンケーキ、
そして、アメリカ人はクッキーを持ってきておりました。

お稲荷さんを置いてそのままショッピングへ、、、とおもっていたら
他にお手伝いのボランティアが来ていなくって、先生と目が合って、、、、


そのままいついてしまいました 笑

子供たちがそれぞれ自分の国の食べ物を
みんなの前で発表しました☆

いろいろなお食事をわたしたちもいただくことができました。

後から来た親たちは
お互いの料理のレシピを聞きあっていました。

インターナショナルなカルフォルニアならではの風景ですね。

 

そして、クライマックスは、本日行われた
キンダーの感謝祭Festa.

総勢100名の子供たちがドレスアップして
お歌を披露してくれました。

singing performance

 

 

 

4曲も歌ってくれてとってもかわいかったです。

その後、我々クラスマザーたちは
感謝祭ランチの用意。

この場で大パーティー♪

 

 

 

 

 

 

近くのBoston Marketから
Cateringをしました。

みんなでいただきます♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ローストターキー、マッシュポテト、コーンブレッド、
マカロニチーズを振舞いました。

デザートは親からの寄付。

かわいいデザート

 

 

 

 

 

 

食べきれないほどのデザートが集まりました。

見ているだけでおなかいっぱいで幸せ気分☆☆

一クラス約60ドルの予算。ゴージャスで豪華でした。

ほぼ3時間近く立ちっぱなしで
テーブルを用意したり、飾り付けたり
お食事を振舞ったり、と足が棒状態に。

あまりにも多くの量のデザートとお食事が余って
役員さんで分けて、
まだ余った分は、
ランチ時間になった小学生たちに振舞いました。

今晩は、いただいたターキーと
マッシュポテトで
一足早い感謝祭ディナーになりそう♪♪

ハッピーサンクスギビングです☆



dahiyu537 at 08:53|PermalinkComments(10)TrackBack(0)clip!

November 21, 2006

School Conference 無事終了

学校では先週から続いている
クラスの先生と親との面談週間も
いよいよ終了間近になりました。

今日は2年生の息子の面談を無事終えて
一息ついています。

母の感想は、
学校のボランティアをしていてよかった。
につきます。

先生と日常的にコミュニケーションが取れると
親にとって面談がなくても
子供の学校の様子がわかるからです。
そういう意味でもあまりサプライズのなかった面談でした。

さて、面談ですがキンダーの娘は先週の一番バッター。

面談のときの資料

 

 

 

 

 

 

面談は先生と親で行われます。

上のような資料を見ながら子供の学校の様子や
お勉強の様子を先生から説明。

子供が学校で書いている作文や算数のワークシートを
見せてもらいます。

そして、レポートカード(通信簿)のコピーをもらいます。

娘は2年間プリスクールに通っていたことと
学年の中でも月齢が高いことがあって
なんでもよくできると褒められました。

褒められていないわたしのほうが照れてしまったりして。

娘は自分の作業を終えると
まだ終わっていない子のお手伝いもするんだって。
ちいさな先生なんですね〜〜

 

どきどきの2年生の息子の面談。

夫が先生とお話したいというので
3者面談となりました。

流れはキンダーと同じ。

学校で息子が書いた作文やテストを見せてもらい、
通信簿の説明を受けました。

怖く厳しい先生というイメージですが

とてもリーズナブルな先生でした。

宿題も量が多すぎる場合は
メモをつけてくればよい

とのこと。

宿題の量をこなすより
質を重視したいという我が家のことにも
納得してもらいました。

これで少しはプレッシャーを
軽減してあげることができるかもしれませんね。

生活態度は、意外にも

授業中のおしゃべりが多い!!

 

 

とのこと。

どうやらひょうきんもの系らしい我が息子。

 

パパからは

がんばっているんだってね、と褒められた後


先生の話だけはしっかりと聞きなさい!!

といわれていました 笑

おしゃべりは誰に似たのか、
娘も息子もよくしゃべるのですよね〜〜〜



dahiyu537 at 08:38|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

November 11, 2006

Work Experience

5歳の娘が

Work Experienceデビューを果たしました!

行ってきます〜♪

 

 

 

 

 

 

Work Experienceとは職業体験のこと。

将来の夢は、いろいろあって

そのひとつが保育園の先生になること。

以前から末娘のデイケアで

小さい子供のお手伝いをしたい!

と言っていた。

デイケアの先生に相談したところ

「もちろん、いらっしゃい!」ということで

実現しました。

 

当日は両方にお弁当と水筒を持たせて
なかよく出勤通園(^^)

ほんとうにお手伝いになるかわからなかったので
5歳の娘の預ける分の保育料も持って行った所

「預かるわけではないので受け取れない」
ともらってもらえませんでした。

娘よ、しっかり働くのだぞ〜〜〜!

 

 

さて

3時間後、お迎えの時間。

 

 

ドキドキしてドアを開けると、、、、、、

 

 

なんと、

 

 

しゃっくりをあげながらおお泣きしている娘2人

どうして?どうしたの?

びっくりして聞くと

いつもは大好きなデイケアに
お姉ちゃんが来た末娘。

里心がついてしまったらしく
朝からおやつも食べずグズグズ。

真ん中の娘、がんばって食べさせたり遊んだりしたけれど
ランチタイムにお弁当箱を見て

末娘がまた泣き出し、
我慢していた真ん中の娘も泣き出し

30分間泣き続けたらしい。



先生は

「2人ともよくがんばったね☆」と褒めてくださいましたが

お手伝い、、、というより

足を引っ張ってしまった感がして

何度も頭を下げて2人ともつれて帰りました。

帰りにはJamba Juiceに寄って

一人に一つ持たせると

2人とも元気になりました。

 

よくがんばったね、2人とも。

ママはとっても誇りに思うよ〜

 

そして、

こんな無謀な試みを快く承諾してくださった

末娘のデイケアのみなさんに心より感謝。

ありがとうございました。

*そういえば思い出しましたが
わたしがオーストラリアで高校生のときには
Work Experienceは必須単位に含まれていました。
ホームスティ先のパパが経営する会社の事務のお手伝いをしたっけなぁ。

ほんとうはなりたい職業の体験をするのが目的ですが
たいていは、親の仕事場、会社や農家などに行っていたようです。

高校生がWork Experienceをしたい
といいにくると
会社側はめったなことでは断らなかったと思います。

いまもそんな制度あるのかしら?



dahiyu537 at 03:28|PermalinkComments(10)TrackBack(0)clip!

November 03, 2006

今年のハロウィン

今年のハロウィンは寒かったですね〜〜

末娘のコスチュームは正解でした。

こんなのを着ました♪










既にこのとき熱のあったお姫は
楽しみにしていたAngelになりました。

息子は、昨年と同じ、こうもりの描いてあるT-shirtのみ。

末娘はジャックカボチャの着ぐるみをきたら
まるで熊のようになりました、、、、、笑

この日一日の様子です。



まずはRoom parentsとして
企画から参加したキンダーのParty.

提供したスィーツは以下のとおり。

Gummy Worm










アイスクリームコーンの中に
カップケーキを詰めて
オレオクッキーを砕いたものを上にまぶします。
最後に毛虫の形をしたグミを乗せてできあがり。

これは、他の役員さんのアイデア。
家で作ってきてくれました☆

テーブルのセッティング
















テーブルをセッティングして、

Party開始。

手作りT-shirtでParty!





授業中に作ったパンプキンT-shirtを着て
みんなでお祝い♪

 

 

 

2年生の方のPartyも
手伝いに声をかけられ参加してきました。

さすが2年生。
簡単な手作り工作をしました。

ポップコーンを手の形のビニールに詰めて

Popコーンを詰めるよ











できあがり。

手のアート













つめの部分は、色のついたグミを入れました。

 

 

 

学校のイベントだけでちょっと疲れた母。

しかし、これからがTrick or Treatingの本番。

体調の悪い娘は昼寝をして
補習校に行った息子は5時半に早退して、、、、
(早退初体験)

お洋服に着替えました。(また掲載)
こんなのを着ました♪











学校でシリア人の友人に
一緒にTrick Or Treatingしよう!
と誘われたものの、
ぎりぎりになって、娘の熱のためお断り、、、、涙。

ご近所を兄妹だけで回りました。

このおうちは↓一足先に
クリスマスのようにきれいに飾りつけ。

まるでクリスマスの飾り付けみたいに華やか











忘れちゃいけない
我が家の玄関の飾り。
我が家の飾りつけ










腐りかけたJackパンプキンに
なんとかロウソクをつけてごまかし、
(ルルさん教えてくれてありがとう。)

息子が持って帰った
魔女とパンプキンの吊り下げる飾り物で
間に合わせました。

ところで今年のTreatsですが
昨年は20個ほどしか用意しなかったところ
あっという間に完売してしまったので
今年は50個用意して家で大人が代わりばんこで待機。

しかもレーズンのミニパックや
リッツクラッカーのチーズサンドなど
チョコレート以外のものも用意してみたよ。

ベビーを連れてきた親たちは

”Oh,レーズンナラバ、ベビーモ、タベラレマース”←英語風に読んでね。

と喜んでくれたのでよかった。


我が子たちがもらって喜んだTreatsは、、、、

昔ながらのTreat

 

 

 

 

 

 

お年玉さながら、
袋にPennyが10個も入っているTreats!

周りの住宅地はおじいちゃんおばあちゃんが多いので
毎年こんなうれしい昔ながらのTreatsを
いただくことができるのかも。

1年分のおやつをもらったこの日
息子が先生からもらってきたお手紙には
こうしたためてあった。

「ハロウィンでもらった甘いお菓子は
いっぺんに食べさせないでください。

学校のランチやおやつには持ってこさせないようにしてください。

家で食べる場合は
学校から帰ってからすぐにしてください。

夜に食べさせると次の日の授業に支障が出るので
夜には与えないこと」

Sugar Highを心配している先生。
子供にはテニスやサッカーの前に食べさせるから
心配しないでね〜



dahiyu537 at 06:29|PermalinkComments(10)TrackBack(0)clip!

October 18, 2006

天国と地獄

今日は一日で天国と地獄を味わいました。

ほんとうは天国の部分だけの報告のはずが、、、。

お付き合いください(^^)

今日はYogaの日でした。

このクラスは仲良しで
Ladiesが誘い合って先生とよくランチに行きます。

年代が自分たちの母親位の方が多く
遠慮しておりました。

が本日
「Kitchenを改装したばかり」というマダムRのお宅へ
ランチを持ってみんなでお邪魔することになりました。

そこは、Saratogaの小高い丘の上にある
豪邸でした。

裏庭、、というより庭園。
ロダンの像らしきものや噴水、ジャグジー、サウナ付き。

裏庭というより庭園


 

 






庭から眺めるご自宅。
お外でランチをしながらおしゃべりを。

庭から眺める家












家の中からの見晴らしも最高でした。

丘の上からの見晴らし











家の中も博物館のよう。
まるで博物館











そして、お目当ての改装キッチン。

台所その1










折りたたみ式テレビ付。
デザインはすべて自分でしたそうです。
床はRose Woodという木材を使っていました。
硬くて傷がつきにくく
きれいな濃い茶色です。

その2










Kitchenの天井には
友人の画家が書いてくれたという絵。
天井には・・・・






 




スチュワーデスを昔していたそうで
飛行機が空を飛んでいる絵でした。

1エーカーの土地だそうです。
ため息が出ました。

カルフォルニアの日光を浴びて
ランチをしながら
日本のこと、子育てのこと、自分の親のこと、などについて
おしゃべり。

そろそろ時間なのでお友達を自宅まで送った後
いつもより早く帰宅すると、、、

ここから地獄のPartが始まります。

留守電が4件も。
不吉な予感とおもって再生をする。

なんと学校からでした。

「真ん中の娘が熱を出しているのでオフィスにいる
至急引き取りに来てください」と。

一番初めのメッセージから2時間あまりが経っていて
とにかく車をかっ飛ばして
全速力でお迎えに行きました。

Officeにはいると
校長先生を含む4人ほどの大人に囲まれ
次々と尋問状態。

携帯を持っていないのか。
登録してあるEmergency先に電話したが
誰も対応しない

などなどいわれました。
(夫はChina,Nannyさんは携帯番号が変更に、、)

娘は、、というと
毛布に包まってアイスをもらって食べていました。

凹んだ理由のひとつは
Emergency先に書いていた
近所のアメリカ人の友人のことです。

彼女とは連絡が取れたそうですが

「病気を子供に移されたら困るのでお迎えにいけない」

ときっぱりとOfficeからの電話を断ったそうです。

とてもショックでした。事情はわかりますが
やっぱりここはアメリカなんですね、、、。

こういうことがあると
やっぱり非難が集中するのが
「遊んでいた母」なのですよ。

母は、いつも遊んでいるわけではなくって
数時間だけ息抜きをしただけなのですが
そういうことは誰にも通じないこと。

朝、ご飯を作って弁当を作って洗濯をして
片づけをして子供を送って
夕方は子供のお迎えをして、習い事に連れて行って
宿題に付き合い、ピアノの練習に付き合い
夜ご飯を作って、食べさせ、片付け、風呂に入れ
歯磨きをさせ、宿題をさらにして、寝かしつけ、、、
それも全部3人分!

をしても

当たり前、、、

なのですよ。

そういいながらも
夜はハンバーグ。
手抜きができないのが一因なのかもしれない。

子供たちは喜んで食べてくれました☆

がんばって作ったよ

 

 

 

 

 

 

うちには週4日Nannyさんが来てくれていますが
午後の2,3時間にしてもらえることは
掃除機、洗濯をたたむこと、そして
3人いる子供のうちの1,2人の相手

です。

その頼みのNannyさんから今日
「本業が大変なので仕事を今週限りにしたい
(ほんとは今日限りといいそうな勢いだった)」
と話がありました。

これも撃沈です。

夫がいない。

家族に応援を頼んだけれど、難しい。

だから、なんとかNannyさんと連携でやろうと
腹をくくっていた矢先でした。

いっぱいいっぱいです。



dahiyu537 at 11:27|PermalinkComments(32)clip!

October 15, 2006

Room Parents のお仕事

娘のキンダーのクラスの
Room Parent(クラス役員)の
お仕事、いよいよ始動です!

はじめの仕事は
「Class Roster(クラスの名簿)」作りと
Party Fund(年間のクラスパーティーのための募金)集めでした。

room parentのお仕事とクラスのボランティアのおかげで
ほとんどの子供と親の顔を覚えることができました。

さて、お次の仕事は本日行われた
Walk A Thon(学校の大規模募金集めイベント)のための
クラスポスター作りでした。

放課後に作ったよ





今年のWalk A Thonのテーマは
「スポーツ」だったので
テーマにあうポスターを
事前に他のクラスマザーと話し合いました。

サッカーやスケート、フットボールなどの
スポーツの塗り絵を子供にさせて
その上に子供たちの顔を貼り付けたポスターにすることに決定。

放課後に残って
作りました。

私たちがポスター作りをしている間は息子は
他の友達とWall Ballで遊んでいましたが
娘はお手伝いしてくれました。

当日のポスター♪





当日のポスターです!

walk a thon










学校の校庭、1周=約400mを
子供たちと一緒に歩きます。

事前に
「このイベントに参加すると
スポンサーになった人からお金をもらう」

という契約を結びます。
そのお金は
学校の運営費として寄付されるのです。
毎年このイベントで100万単位が収入として入る模様。

参加する子供たちには
数週ごとに
賞品が用意され、
ハッピーに。

賞品には
チューチュアイス、飴、フリスビーやポップコーンなど。
最後は学校の名前が入ったクッズがもらえます。

このときに着るT-shirtを前もって買っておきますが
子供たちは今年の分を。
私たち夫婦は昨年のT-shirtsで参加しました(^^;;

昨年と違うところは
・夫が今年はいたこと。
明日からChinaだけど

・末っ子が自分の足で歩いたこと
昨年はベビーカー参加でした。

それに
知り合いがうんと増えて
わたしがとっても楽しかったことです。

息子の代からいうと
キンダー、1st、と今年の2年生分の
お友達とその親ごさんがいるので
歩いていても声を掛け合ったり
おしゃべりしたり。

とても居心地がよくなりました(^^)

昨年はひたすら黙々と歩いていたような気もします。
昨年のwalk a thonの様子はこちら。

これから、お友達家族とバレーボールをしたあと
娘がお呼ばれしているバースデーパーティーに行ってきま〜す!



dahiyu537 at 06:36|PermalinkComments(11)TrackBack(0)clip!

October 13, 2006

Kindergarten Homework

PCのクラッシュから
無事に生還しました。

夫の徹夜の作業のおかげです。

そしてPCを初期化した上で
とったバックアップデータをインストールしなおしてもらいました。
こうしてまた元通りに
しかも快適に使えるようになって感激しています。

PCを使った仕事をしているくせに
夫がいないと全然だめなんです(><)
寝ていないようだけれど、今日仕事は大丈夫なのかしら、、。

今はボランティアの合間の休憩時間なので
アップしておきたかった記事を書いておきます。
またゆっくりとみなさんの温かいコメントやメールに
お返事をさせてくださいませ。

9月からKindergartenに通う娘の宿題。

まだキンダーなのに宿題、、には
渡米当時にはたいそう驚きました。

保育所で元気いっぱい体験学習で育ててきた子供たちに
いきなり絵やアルファベットを書かせることを期待されたからでした。

壁に張ってあるよ


















渡米当時の息子の数字とアルファベット(左上)
5歳半でした。
いま、5歳半の娘の描いたものは左下。
そういう息子も
すっかり右側の日本語では
花丸をもらえるようになりました。

スロースタートでも
ぜんぜん大丈夫!ということです(^^)

さて、娘の宿題は2種類あります。

1:月間のホームワーク(プリント類10ページ弱)
2:読書とレポート(1週間後に提出)

です。

1は、また別の機会に紹介することにします。

読書は、毎週決まった学校からの推薦図書を
家に持って帰ります。

daughter's homework










それを一緒に読み、
本の中で好きなページを選び
絵を描きます。
書ける子は感想も書きます。

娘は今回絵を描いた後に
「I like rainbow」と付け加えました。
(ピンク色の部分は自分の名前を書いていたので
ものさしで隠しました)

この宿題、
2年前の息子の代にはなかったものでした。
ただ、本を読んで1週間持ってきなさい、、と。

なので、我が家はそのまま本を開くことなく
持って行かせていかせることが多かった(^^;

1か月分のホームワークプリントをさせるのが
精一杯だったから。

息子の宿題と一緒に娘も何かできるようになり
ハッピーなようです。



dahiyu537 at 03:33|PermalinkComments(12)TrackBack(0)clip!

October 06, 2006

伝染病

毎週一度の学校ボランティアの日。
楽しみなのは母ばかり??

【2年生の様子】
スタートは9時過ぎなのですが
いつも遅刻〜〜(><)

その代わりに2時間近くお手伝いするから
許してね
と心の中で先生に手を合わせます。

到着すると
ボランティア専用のテーブルに
2時間分のお仕事がたっぷり用意されていました。

今日は
・宿題のプリント作り
・社会の学習の教材作り
・緊急連絡カードをホルダーに入れる
・算数の採点と、成績つけ

それと、
・子供達を3人ずつ呼んで
カレンダー作りのための絵を
絵の具で描かせること。

それにしても2年生になって
息子はいたってクールになっちゃいました。

わたしがボランティアで教室に入っても
以前のように

「my mommy is here!」とか
「That is my mommy!」と

言ってくれなくなりました(><)

こちらから様子を見ながら無理に声をかけるけど
日本語なので無視されることも。

さみしぃ〜〜〜

ところで、1つ最近発見したことがあります。
英語を喋る人に通じるある法則です。
「伝染病の法則」と密かに命名しました。

「こちらが純粋にニコニコとしていると相手にも伝染する。
こちらのNegativeなことは相手にも通じる」

という当たり前のような法則です。

厳しい先生、、、
時折つい言い過ぎちゃうのでしょう、、

そういう時はその言葉に反応せず、受け流して
他の会話をすると
先生は後ろめたさを置いておいて
ほっとしたように普通に対応してくれます。

Negativeな連鎖を断ち切る、、
ということになるのかしら。

(またこのことについては後日触れたいと思っています。)


【Kindergarten】
いよいよCentersの授業が始まりました。

5人ずつ×4グループに分かれて
それぞれ20分ずつ違うActivityをする授業です。
20分経つと
次の活動に移ります。
同時に色々な学習ができるという仕組みですね。

今日は、
・先生と一緒に読書するグループ
・アシスタント先生と字を書くグループ
・ヘッドセットを使って物語の音声テープを聴くグループ

そして、
わたしの担当する
お絵かきグループに分かれました。
Jack'O Latern










もうすぐハロウィーンなので
かぼちゃのお化け、Jack-O- Lanternの
絵を描きました。

大人用のTshirtをスモッグ代わりに着させて
描く手順を説明。

キンダーの年頃は
女の子の絵の完成度の高いことにびっくり。

男の子は手取り足取り、です。
(もちろん例外はありますよ)

描いたあとは
20分が過ぎるまで
机にみんなを座らせて
ハロウィーンに関する絵本を読んであげました。

絵本は3冊も用意されていて
子供達の集中が途切れないように
読むのは大変でした。

時折
「Pumpkin Patchに行ったことある?」
「今年はどんなコスチュームを着るの?」
「どのくらい大きなかぼちゃを見たことあるの?」
などと質問して
子供達を参加させないと
すぐに飽きちゃうのでした。

質問すると
永遠に答えてくれるお喋りな子供達でもありました。

今日は、一人の子供が
トイレから帰ってこなくなって
校長先生まで出て
大探し事態が起きました。

トイレの時間を休憩時間と間違えて
滑り台で遊んでいたところを
他の先生が見つけて
一件落着。

キンダーは何が起こるか
まだまだわかりませんね〜〜〜!

先生2人と大人のボランティア1人で
計20名の子供達を見るのが精一杯ですよ。

そういえば先日日本の教育ガイドラインで
「一学級30人クラス」が盛り込まれたそうですが
一人の先生で30人の子供でも
きついとおもいます。

そしてその先生は
小学校であれば音楽も体育も図工も、、
全部やるのでしょう、、、、。

スーパー先生はそうそういないと思います。

その辺は分業できたら
随分楽だし、
先生側の余裕も違うから
子供を救い(掬い)上げる事ができるのに。

育児も家事も同じことだと思っています。
一人の人にいろんな責任を押し付けすぎかも、、。

な〜んていろいろと
考えるボランティアの1日ですが
最後に娘が
「家に一緒に帰りたい〜〜〜!!」と毎回泣くのは
どうにかならないかしらね。



dahiyu537 at 05:56|PermalinkComments(10)TrackBack(0)clip!

September 30, 2006

クラス観察:ボランティア その他

今週もクラスボランティアに
行ってまいりました。

今日は、ボランティアの時間を少なくして
お手伝い前後のランチタイムは1時間
家に帰ってしっかりと!!食べました。

そのおかげで
それほど疲れることなく
無事に終了〜

★2年生のクラスの様子★
今回は、生徒一人一人を
後のコーナーに呼んで
Vocabulary(単語)テストを行いました。

12個の単語を読ませ、(リーディング)
その中から私が2つ選んだ単語を使って
文章を作らせること。(理解)

その結果を3段階で評価して
バインダーに納めておきます。

単語はごく簡単なものでした。

いま、覚えているものを紹介すると・・・

・bought
・kitchen
・shopper
・shopping
・roll
・excitement
・vegetables
・hungry
・dairy
・steep
・balanced

中には意味が分かっていないので
I am steep(険しい)
などと、使う子供もいたので
慎重に聞きました。
息子も、なんとかパスしました!

こちらの授業は
先生が前に立って
いっせいに進めるのではなくて
あちらとこちらで
バラバラなことをさせています。
どの学年でも、同じです。

ある作業の途中でも、
わたしが名前を呼べば
子供達は中断して、テストを受けなくてはいけません。

また、1つの作業が全員終わるまで
待たず、次に進みます。

日本では、みんなが終わってから次ということが
多いようですが
アメリカでは逆です。

最後まで前の作業をしている子供は
その作業が宿題になったり
先生が横について個人で教えてあげたりする姿を
よく見かけます。

クラスのモティベーションを保つまいやり方ですよね。

さて、話は戻して
クラスの間に
いきなり防災訓練のアナウンスがありました!

わたしは教室に残って
作業中のものをしていてよいか

と聞くと
「一緒に来ないと焼け死んじゃうよ 笑」と先生に言われ
参加しました。

その後、
休み時間中も手伝いをしていたときに
Ms Sに話しかけられました。

曰く
「your son's writing is so messy. I could hardly read it sometimes.」
(息子さんの字はとても汚いです。
時折、全く読めないこともあります)
とのこと。

他の親とも話してみましたが
この先生は、言い方がとてもきついです。
先生ならば、もっと他の単語を使って欲しいと思います。

息子は時間を書けば丁寧なのですが
時間通りにやろうとすると
汚くなるのでした。

これは、わたしがいつもせかして宿題をさせているからかも。

とおもい

反省。

それにしても、先生からこんな批判が飛び出しても
自分の子供はしっかり守ってあげないといけませんね。
そのまま子供に伝えるようなことはしたくないと思います。

★キンダー、娘のクラス★
子供達を2,3人ずつ後ろの席に呼んで
「G」と「g」の練習をさせました。

そして、その字に
糊をつけ、
上から「Gold Glitter(金色のキラキラ)」を降りかけて
キラキラのGのポスターをを作りました。

全身glitterだらけになりましたが
こういう作業は楽しいです。

この日は朝からブルーだった娘。

案の定、授業中なのに
事あるごとにママにまとわりつきます。

そしてRecess(休み時間)のときは
とうとう
「このまま、ママと一緒にお家に帰る」と
泣き出してしまいました。

普段は明るく、仕切り屋さんなのですが
時折、こういうことがあります。

パパがいつも長期でいなくて
心細いのかもしれませんね。

帰ってきてから
息子は補習校、末娘はNannyさんにお願いして
真ん中の娘と
2人きりのラブラブタイムを持ちました。

ママと一緒に何をしようか?
と聞くと
目がキラキラ。

1時間ほどおしゃべりをしながら
お絵かきと色塗りをすると
様子が随分と落ち着いたようです。

さて、、そんな感じで
いつも何かと
「受け止める役割」をすることの多いのが母親です。

カウンセラーは、受け止める仕事ですが
そのバランスを保つために
カウンセラー本人にも
話しを聞いてもらう
カウンセラーがいると聞きます。

母親も同じですよね〜

先日、子供を寝かしつけ
仕事で日本との会議も終わり、
ひと息をついたときに
旧友とチャットがつながりました。

そのまま2時間あまり
お互いのことをいろいろと話
、考え、笑い、泣〜〜〜

話し終わったときは眠たくって
ZZZZZ・・・・・と眠ってしまいましたが
あとでジワジワと少しだけ前向きな気持ちが湧いてきました。

これからもいろいろなことが
待ち受けていますが
嫌なことから逃げるのは
やめようと思っています。

逃げても逃げても状況は変わらず
追ってくるばかりで
悪い方向になることが多いと
気がついたからです。

なーんだか
今日は真面目だな ははは笑

長くなりましたが、
今日の記事を読んでくれてありがとう。



dahiyu537 at 05:29|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

September 23, 2006

木曜、ボランティアの日

この日は
「一日中学校でボランティア」の日だったので
子供のお弁当と一緒に
自分の分も作って持って行きました〜

わたしのランチ♪










ええっつ?これだけ?

と友人ママに言われましたが
だって、入れ物がないのですもの〜〜〜。

帰ってからもちろんもう一度食べました(^^;;

午前中は2年生の息子のクラス。

この日もまた紙を切ったり貼ったり。
しかも、先生がやっぱりキビスィ〜ので
授業の様子を見ている私まで
緊張して肩が凝っちゃいました。

そこで、今回は
Ms Sの授業の進め方に意義アリ。

だって、

子供がやってきた宿題を中心に
授業を進めているのですよ〜〜〜

これでは家が学校で
学校が補習みたいなものではないですか!

先生、楽だよ、こりゃ。

と毒舌を心の中で吐きました。

宿題をちゃんとやっていない子は
Recess(休み時間)にやっておりました。

それでも、先生は走り回る時間を
その子たちに5分ほど与えていたので
そこは偉いなぁとおもいましたが。

本来ならば朝は2時間ほどのボランティアなのですが
この日は途中から子供相手にやることがあったので
オマケで3時間手伝ってきてしまいました。

怖い先生と仲良くなるべく、頑張りました(><)

そしてランチ休憩10分。

子供のランチタイムの様子





子供のランチを食べている様子を
初めて見ることができてよかったです。

みんなの食べているものなど
じっくりと観察させてもらいました。

ほどなく
すぐにキンダーのクラスボランティアが始まりました。

この時点で結構疲れていたのですが
今日のお手伝いは
「大文字のEと小文字のe」の書く練習。

子供を一人一人呼んで
私の前に座らせて、書かせる役目でした。

だけど、この時期って
子供に差がありますね〜

プリスクールを出ている子は
上手に字をなぞりましたが
初めて学校に入った子は
鉛筆の持ち方も様々。

人差し指と中指に鉛筆を挟んで
字を書いていた子を見て
思わずマネをして持って見ちゃいました。

とってもユニークです。

19名、ひとり一人に
「loop up and swing down」と小文字のeの書き方を
指導しました。

美人先生(最近は、ファーストネームCarlyと呼ばせてもらってます)
に感謝されましたが
今日の日程はハードでした。

自宅に戻ると1時半でした。
お迎え、補習校はNannyさんにお願いして
ひっくり返りました。
夫は出張でいないし
こんなペースで過ごしていたら
長続きしそうにありません。

来週は
2年生のお手伝いの時間をうんと減らして
お昼ごはんは
自宅で食べてから出直そうと思いました。

給料もらわなくっちゃ
やってられん〜!

でも自分の子供の嬉しそうな顔を見ると
つい、通っちゃうんですよね。

 



dahiyu537 at 06:17|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

September 21, 2006

Time out!

先日夕飯時、優しいパパも揃ったところで
キンダーに通う娘がこっそりと告白してくれました。

「今日、クラスでtime outになった」

とのこと。

Time outとは、
日本の学校で言えば

「廊下に立ってなさい!!」と先生に言われる罰のこと。

アメリカでは
自分の椅子に戻り
何もせずにじっと
数分間座っておくことです。

先生がお話をしているときに
おしゃべりをしていたのが理由だそうです。
娘のいつもの姿なので
いとも簡単に
目に浮かんでしまいます。

まだ1ヶ月も経っていないのに
早速Time out。

それを聞いた息子は

「僕は1年生のときに一度だけあるよ」と

激白。

そんな話聞いてないぞーー!

息子曰く、
クラスの男の子が全員悪くて
タイムアウトになったらしいです。

しかし、1年間で1度の息子に対して
数週間で1度の娘。

先が思いやられます(^^;;

一般的に
クラスを見てみても
低学年までは随分女の子がオマセだなぁ
と思っていました。

お世話焼き、おしゃべり、絵を描くのが上手
なのは大抵女の子だったからです。

娘もご多分にもれずおしゃべりでした。

キンダーが始まる前に
ドアの前で子供達が一列に並んで待ちますが
娘はいつも大きな声で
他の子供を巻き込みながら
おしゃべりをしています。

内容は実に他愛のないものばかり。

「私の友達は●×。
あなたの名前はなんだっけ?
●×?」

などと、わざと名前を間違えてみて
片っ端から話しかけているのです。

周りにいる親も苦笑しています。

Shyなわたしも
いろいろな親御さんから

「あれは、アナタの娘?」

と話しかけられるので
おしゃべりする羽目に?なります(><)

娘にお友達とプレイデート(=遊びに行き来すること)したい!
とおねだりされて
相手のお母さんとお話しする羽目になりました(^^)

早速、新しいお友達と行き来しています。

陽気な反面、
落ちるときはどーんと落ちる娘ですが

感情が素直に出るのは
いいことだ、、とおもうことにしまーす。

子供達が相手のお友達のところに行っている隙に
(というのは嘘ですが)
時には美味しいものを食べて
自分にご褒美をしたいものです♪

ラム肉サンド










サンタナロー、
フレンチレストラン、Left Bank
ランチ♪
 

Cocolaのケーキ











同じく、サンタナローのケーキ屋さん
Cocolaで。
これはPear caramelムースケーキ。



dahiyu537 at 04:08|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

September 07, 2006

Room Parent Meeting

事故からまる2日経ちました〜。
ご心配をおかけしました。
励ましのメールやコメント、お電話をどうもありがとう。
とっても嬉しかったです。

ようやく気分的に落ち着きましたが
廃車となってしまった車の代わりを
いま、探しています。
7人乗りの車を売りたい知人の方がいらしたら
ぜひ連絡をください、ね!

事故の次の日から
子供達は学校へ、わたしはYogaに行きました。
痛い首も少しほぐれた感じでナイス!

今日はテニスにも行きましたよ〜。
本調子ではありませんでしたが
それほど悪くない様子。
ひとまず安心かな。

Lake Tahoeの旅行の報告、情報(や事故のこと)は
後日に回して
今日行われた「Room Parent Meeting(クラス役員会)」と
「Back To School Night(クラス懇談会)」について
紹介します。
(また忙しい日常が戻ってきています(><))


【Room Parent Meeting(クラス役員会)】
娘のキンダークラスの役員会第一回がありました。

各クラスの役員さんが集まって
先生とクラス役員の取りまとめ役の人とともに
1年間の役割について話しました。

キンダーは
4+1年生とキンダーコンボクラスの
計5クラス。

各クラスから2,3名の役員さんなのですが
半数が、プレイグループや息子のクラスから
知っているお母さん達で
なんだかちょっと安心感あり。

主に今日はクラスで行われる
Partyについて話しました。

ハロウィーン、サンクスギビング、Winter Party
,バレンタイン、セントパトリックデー、
スプリングパーティー、エンドオブイヤーパーティー

と、ほぼ毎月何かしらのパーティーが行われます。

これは、わたしたちルームペアレント(クラス役員)主催です。

企画、ポスターのデザイン、
他の親に協力を呼びかけること、
パーティーフアンド(集金したお金の管理)などなど。

ボランティアでここまでします(^^;;

もう一人の役員さんが
ぐいぐいと引っ張ってくれそうなので
わたしはホイホイとお手伝いする立場になろうと思っています。

しかし、クラス役員会議の発言の多いこと。
活発でした。
でも、日本にいたときの
保育所の役員会議も同じ感じだったなぁ〜

言葉は違いますが
どこでも親が子を思う気持ちは一緒。
懐かしい気分に浸ってしまいました。

さて、そのほかに
息子と娘のクラスのボランティアにもサインアップしてしまったので
今年は現地学校に毎日通い
教育に思い切り関わる年になりそう(^^)
いい経験だとおもうことにします〜。


【2年生のBack To School Night】
先ほど、クラス懇談会が終わりました。
15分ほど遅刻してしまいましたが
しっかりと聞けました。

息子の先生は
熱心な熱血ベテラン先生でした。
ホームワークについての説明が大半を締め、
それをうっとりとして聞いている親も。

曰く
「毎日しっかりと宿題がある方針に賛成です!」とのこと。

・スピーチの練習
・スペリングのテスト
・毎日の宿題
・月ごとの宿題
・1週間ごとの宿題
(もっともっとあって書ききれない、思い出せない)

などに分かれていて、
聞いていて、
どよぉ〜んとしてしまいました。

2年生に課す課題、多すぎです。

先生は
「子供には無限の能力がある」と言っておりました。
そのとおりでしょう。

でも、アカデミックだけじゃなくって
遊びや音楽、運動など
バランスを取ることも大切ですよ
って言いたかったです。

さて、そんなドキドキの先生のクラスなので
毎週の授業ボランティアに
サインアップしてきました。

なんとか、先生とコミュニケーションを図って
他の子供達や自分の息子が
過ごしやすいクラスになればと思います。

鬼のような先生ではなかったので
ちょっと安心しましたが
やっぱり勉強に関してはキビスィ〜



dahiyu537 at 12:07|PermalinkComments(8)TrackBack(0)clip!

August 31, 2006

キンダー懇談会

本日は、学校が始まって1,2週間以内に行われる
「Back to school night」の日でした。
日本でいうと、親と先生のクラス懇談会、
初顔合わせでしょうか。

この旗の下に










この旗の下、6時過ぎにキンダーの親が
集められクラス懇談会の前に
学校についての全体説明を15分間聞きました。

昨年の1年生のときのBack To Schoolでは
なかったこの行事。
きっと初めてこの学校に入るキンダーの親向けの
考慮だったのでしょう。

学校をHelpするための
1年間のFundraisingの行事。
(寄付活動)の紹介がほとんどでした。

興味を引く例は
ある特定の曜日にあるレストランで食事をすると
利益の15%が学校に還元される
とか
アイスクリームをある日に買って食べると
利益の10%が学校に還元される

などなど。

直接各家庭のお金を学校に寄付しなくても
間接的に協力できるような仕組みになっています。
企業側も売り上げを上げるために
このような制度に協力してくれるようです。

しかし、税金がほんとうに軍事に使われすぎてるのね、、、
と思わずにはいられませんでした。

この説明のあとは、先生の待つクラスへと
親が散って行きました。

このクラス懇談会。

平日の夕方スタートで
子供ナシでの参加が義務付けられています。

当然我が家は夫が不在。
Nannyさんも夕方は別の用事がありました。
誰も見つからない場合は参加ができません。

外で遊んで待ってました。










上の2人はプレイエリアで遊んで待っていられるとしても
末娘は私ナシでは難しいでしょう。

と考えあぐねて思い切って相談すると
友人のKちゃんが見てくれることになりました。
送迎、夕食つきでお願いすると2つ返事♪

夕飯は煮物だったのですが
「お母さんの味」といわれて
照れたのでした。
(あまり誉められて育ってきていないので
誉められると舞い上がります)

さて、懇談会中はおかげさまで
Kちゃんの監視のもと
3人はたっぷりと遊べたようです。
末娘もKちゃんにはなついていたので、ほっとしました。
わたしは気にすることなく参加できました。

しかし、この
「子ナシ参加」の制度って
すごいですよね。
子育てについて
他の人に頼れる文化が根づいているからでしょうか。

日本ではちょっと考えられない気がする。

さて、懇談会の内容ですが
一通りクラスのルールや宿題、お誕生会、図書室の使い方
などの説明があり
お母さん達からの質疑応答があります。

昨年の1年生の懇談会は約半数が
両親で来ていましたが
キンダーは、3分の一が両親、
あとは母親でした。

最後に、授業ボランティアにサインアップ。

今年はルームペアレンツをしますが
授業に関わって行きたいと思い
特定の曜日のお手伝いにもサインをしました。

午前は息子、午後は娘のクラスで
ボランティアをする曜日を作ろうと思っています。

自分が教育に携わった仕事をしているためか
授業を手伝ったり
子供と関わるのが楽しいです。

いろいろと参考になります〜。

今日は食べた後にたくさん遊んだので
子供達は早々にぐっすりと寝てくれました。

良い夢を♪



dahiyu537 at 13:42|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

August 30, 2006

学校の様子アップデート

まだ始業して3日目ですが
子供たちのクラスでの様子が少しずつ分かってきました〜。

キンダーの娘。
午後クラスに入った娘は
11時ごろから始まるのが遅く感じられるらしくて
早く行きたいと言っています。

8時過ぎにおろして行く
朝のExtended Care=学童も今週から通い始めました。
息子と一緒の登校時間というのが嬉しいらしい。

同じクラスや他のクラスのキンダーの子供達が多く
本人曰く「ずっと遊んでいる」とのこと。

これから宿題が始まると
宿題もここでやらせてくれるから助かります。

お弁当を食べて、
11時を過ぎてキンダーの始める時間になると
学童の先生に連れられて各教室に行きます。

キンダーではバービーちゃんみたいな先生が
とても優しくしてくれるので
娘はデロデロ。
お迎えのときにハグをして
学校で見かけると近寄ってハグをして
何度も引っ付いて行ってます。

気軽にあんなことが自然にできちゃう娘は
すっかりアメリカーンだなぁと思いながら
眺めています。

一方心配していた2年生の息子。

来たばかりの日本人の女の子の通訳をしたりして
頼りにされている模様。
嬉しいようです。

休み時間は1年生のときのクラスのインド人の友人と
ずっと遊んでいる模様。
なんだか子分にされている感じがして
親としては・・・・・微妙・・・・・ですが
まぁ本人がいいのならばいいでしょう。

先生は今のところそれほど悪くないようです。

先生宛に

『子供について伝えたいこと』

を書く紙を
今日、やっと提出しました。

子供の特徴、先生に望むこと、親が望む教育の最終ゴールなど
知らせて欲しいと書いてありました。

うーん、難しすぎる。

今回は粘って夫にその記入をお願いしました。

出来上がったものをみると
私が書くより素晴らしい文章でした。

子供のことを考えている親という感じで
先生も協力したくなるような内容。

英語ができる、、と夫から思われ
子供や家庭のことを多く任されてきましたが
ちょっと重荷になってきていた私。

息子のクラス変更のことでも
どうにかしなくてはと自分で
一人校長先生に立ち向かい
玉砕してしまいました。

そこで
今回のことは半ば強制的にお願いしてみました。

言葉よりも人間性なのですよ〜〜

自省の念をこめてそう、思います。

さて、末娘は今週から週4日フルデーでデイケアへ。
いつも朝、楽しそうに小走りに入って行く娘の姿を見て
「今日も一日楽しむぞ〜」と
おもう母でありました。



dahiyu537 at 02:22|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

学校の様子アップデート

まだ始業して3日目ですが
子供たちのクラスでの様子が少しずつ分かってきました〜。

キンダーの娘。
午後クラスに入った娘は
11時ごろから始まるのが遅く感じられるらしくて
早く行きたいと言っています。

8時過ぎにおろして行く
朝のExtended Care=学童も今週から通い始めました。
息子と一緒の登校時間というのが嬉しいらしい。

同じクラスや他のクラスのキンダーの子供達が多く
本人曰く「ずっと遊んでいる」とのこと。

これから宿題が始まると
宿題もここでやらせてくれるから助かります。

お弁当を食べて、
11時を過ぎてキンダーの始める時間になると
学童の先生に連れられて各教室に行きます。

キンダーではバービーちゃんみたいな先生が
とても優しくしてくれるので
娘はデロデロ。
お迎えのときにハグをして
学校で見かけると近寄ってハグをして
何度も引っ付いて行ってます。

気軽にあんなことが自然にできちゃう娘は
すっかりアメリカーンだなぁと思いながら
眺めています。

一方心配していた2年生の息子。

来たばかりの日本人の女の子の通訳をしたりして
頼りにされている模様。
嬉しいようです。

休み時間は1年生のときのクラスのインド人の友人と
ずっと遊んでいる模様。
なんだか子分にされている感じがして
親としては・・・・・微妙・・・・・ですが
まぁ本人がいいのならばいいでしょう。

先生は今のところそれほど悪くないようです。

先生宛に

『子供について伝えたいこと』

を書く紙を
今日、やっと提出しました。

子供の特徴、先生に望むこと、親が望む教育の最終ゴールなど
知らせて欲しいと書いてありました。

うーん、難しすぎる。

今回は粘って夫にその記入をお願いしました。

出来上がったものをみると
私が書くより素晴らしい文章でした。

子供のことを考えている親という感じで
先生も協力したくなるような内容。

英語ができる、、と夫から思われ
子供や家庭のことを多く任されてきましたが
ちょっと重荷になってきていた私。

息子のクラス変更のことでも
どうにかしなくてはと自分で
一人校長先生に立ち向かい
玉砕してしまいました。

そこで
今回のことは半ば強制的にお願いしてみました。

言葉よりも人間性なのですよ〜〜

自省の念をこめてそう、思います。

さて、末娘は今週から週4日フルデーでデイケアへ。
いつも朝、楽しそうに小走りに入って行く娘の姿を見て
「今日も一日楽しむぞ〜」と
おもう母でありました。



dahiyu537 at 02:22|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

August 24, 2006

クラス発表の日 撃沈(><)

夏休み最終日の今日。

朝から娘2人を預けて
わたしはテニスコートへ直行。
親しらずを抜いてから2週間ぶりのテニスになります。

テニス♪










全部で8面のこのテニスクラブで
息子はお友達の息子と遊びながら
初めて母のレッスンの様子を見ました。

レッスン後は、ランチ、宿題、そして
補習校の引越しのお手伝い。

新校舎で息子はまた友人とプレイエリアでプレイ中。

母は、教室を掃除機かけたり
机や椅子を並べたり。
新しいLocationは
我が家からわずか2分あまりなので
平日でも続きそうです。

さて、今日のクライマックス。
明日からのクラス発表!

クラス発表の様子





昨年のクラス発表のときは
のんびりしていたもんで、夜9時に見に行ってました。

今年は2人分あるし、
4時から30分間はTreatがOffice前で配られるとのことだったので
気合を入れて行きましたよ〜

3人ともアメリカ版チューチューアイスをもらって
大満足していました。

一方、母はかなりズドンと沈みました。

というのも、息子の担任の先生が
前評判のとてもよかった→嘘
Ms Sだと分かったからです。

前評判は、いい加減なものだ。
実際に入ってみたら体験学習中心の
のびのびとした先生に違いない。

・・・だといいな。

新クラスに持って行く持ち物が
各学年決まっています。
ティッシュだとか、キッチンタオルとか、ハンドソープとか。

なのに、Ms Sのクラスだけ
ノートやバインダーなど3つも特別に用意するものがある。
いきなりスパルタ風を思い切りかもし出しています。

昨日のBlogで
手抜きママになると宣言したばかりなのに。

先生の教育方針が熱心なのは歓迎♪
ただし、学校内での熱心にとどめて欲しい〜〜。

毎日宿題、間違えたら直す、テスト期間中などにも宿題が出るらしい、、、
ああ、前評判なんて耳に入れなければ良かったです。
考えようによっては
このクラスで思い切り英語力をつけてもらえるということですね。
現地のアメリカ人が
大変という先生だから。

当の息子は2年生になること自体に緊張しているようです。
自然なことですよね〜

そんな、彼の前ではオロオロしていないつもりだけれど
夫やこの道の先輩である父に電話を掛けてアドバイスをもらいました。
(思い切りオロオロしてたりして)

一方、キンダーに上がる娘ですが
彼女はルンルン♪

大好きな美人先生、Ms Sに決まったからです〜。
同じイニシャルですね。でも別人ですよ。

先生は、息子のキンダーの担任でした。
兄弟同じ担任ということは
よくあります。

親が希望を出した場合と
先生にとっても、同じ家族を知っているので
やりやすい
ということがあるようです。

さて、さて、、、

2年生の息子のこと。

明日から始業。

せめてキンダーのときの親友君と
また同じクラスになれたのが幸いです〜



dahiyu537 at 11:36|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

August 22, 2006

Kindergarten Play Date

夏休みの始まりに
5歳の娘宛に学校から
キンダーのプレイデートについての
手紙が届いた。

一人の母親が発起人となって
キンダーに入る子供達とその親と
公園で何度か夏休み中に顔合わせしよう!
という企画だった。

全部で4回。
今日が最終回で、
時間と場所が
ちょうどいつものプレイグループと同じだったので
初めて参加してみました。

初回が一番多かったらしい。
今日は、寒いし朝9時からだったせいもあってか
集まったのは10組ほど。
しかも半分は、以前から知っているお友達だった。

それでも新しく知り合った子供達の兄弟
遊び始める真ん中の娘と長男。

兄がいるとどうも年上でしかも
男の子と遊ぶほうが楽しいらしい。

帰り際に、
そのまま近くの室内遊戯施設の
The Jungleで午後は遊びませんか?

というお誘いを頂いた。

もう夏休みの最後だから
、、、と大目に見ることにした。

ただ、わたしは午後一で
親しらずの抜歯後1週間検診があるから
Nannyさんに連れて行ってもらっていました。
わたしは後から合流。

朝から公園、午後はThe Jungleでたっぷりと遊んだ子供達。
今日からまた夫が1週間出張だし、
夜はネット会議で仕事があるので
早く寝てくれるかしら。

The Jungleは大人は座っておしゃべりしてればいいので
楽だけど、朝早くから公園でちょっとわたしも疲れ気味。
子供と一緒に寝ないようにしなくっちゃ。

今日の戦利品はこちら。

おやしらず!

 

 

 

 

 

 

先日抜いた親しらず。
黒い部分は、抜歯の際に使った
お薬らしい。

子供達がどうしても抜いた歯を欲しいというので
取っておいてもらいました。

根っこが長くてびっくり。
もっと長い人もいるそうですよ。 
こりゃ、抜くのが大変ですね。

子供達はこの歯を枕の下において
Tooth Fairyに来てほしいそうです。

10ドルくらいもらえたらいいね。



dahiyu537 at 09:30|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

June 11, 2006

Kinder assesment test

真ん中の娘の下の左の乳歯が初めて抜けました!

5歳3ヶ月にて。早すぎる 涙
赤ちゃんのときに歯が生えてくるのも
我が子達はみな、生後4ヶ月と早かった分、
大人の歯になるのも早いらしいです。
親としては、いつかは抜ける歯だったら
まだあと2,3年は子供の歯のままで
いて欲しかったりします。

さて、先日に
公立のキンダー(小学校に入る前の年長過程)に入るための
テストが学校で行われました。

キンダーから義務教育になるので
9月からは教育費は無料に!!

今まで通っていた私立の学校のキンダーも
内容は魅力的ですが
学費が月10万円か0円の違いはあまりにも大きい(^^;

それに長男と同じ学校に通うようになるので
送り迎えが楽になります。

さて、先日その学校から
『Kindergarten assesment test』
なるものを受けに来て下さいとお便りをいただきました。
アセスメントテスト
というのは、入学前の簡単なテストのことです。

娘をプリスクールへ早めにお迎えに行って
一緒に学校に連れて行きました。

キンダーの現職の先生が迎え入れてくれてました。
その時間に来た子供を一人ずつ教室に連れて行きます。

親はその場で用意されていた質問用紙に記入。

質問用紙には

・キンダーの前にプリスクール(保育所)に通っていたか。
・通っていたら、何年か。
・子供は英語は話すか
などと、書かれてありました。

そして最後は意見コーナー。

午前中のクラスが人気があるようですが
どうしても午前中に入れたい母親たちは
あれこれとその志望理由をここに書いて
『午前中希望』
と出すようです。

例えば、
子供がまだお昼寝をするから、とか
仕事の都合で朝のクラスで無いとダメ
などなどと書くと確実に入れるらしい。

我が家は、というと
時間のこだわりはありません。

が、娘曰く
長男の担任だったMs Dのクラスになりたい。
とかねてから言っておりました。

Ms Dは若くて、優しくて美人で、、、
そういう先生が大好きな娘なのです。

そこで
Ms D 希望(+その理由も)
書きました。

さて、面接が10分ほど終わって出てきた娘。

先生にテストの目的を聞いたところ
子供がキンダーに入る準備ができているかどうかをみるもの。
とのこと。

例えば、お話が聞けるかとか
椅子に座れるか
とか、それを重点的に見たようです。

後で娘に聞いてみると
名前を書くように言われ、
名前のスペルを声を出していう。

そして自分の自画像を描く。足と手も描いたそうです。

最後に、色々な色を指差して先生が
「これは何色?」と聞いたそうです。
娘は
「オレンジがなかったよ」と言っておりました(^^)

先生が質問用紙の
わたしの書いた
「長男と同じ担任のMs D希望」
を読んでいました。

「ああ、あの長男くんね、覚えているわよ。
Ms Dのクラスは午後クラスだから、希望通りに入れると思うわ」
とのこと。

娘の顔がぱーっと輝く。

帰り際に、そのMs Dとばったり会ったら
先生に「担任の希望を出した?」と聞かれました。

日本人の感覚だと、
なかなか先生を指名なんて
他の先生に失礼でできません。
わたしもかなーり迷っておりました。

がこの先生と立ち話をしていたときに
担任の希望はドンドン出してください
と言われていたので、
最後は安心して出しました。

これがアメリカの流儀なのかしら?
それでもちょっと他の先生に失礼な気もしますが、、、。

帰りに娘は
「今日からキンダーなんでしょう?いま、クラスに行って来たい♪」と
かなり乗り気。

実は今週からママとではなくて
子供部屋の自分のベットで眠れるようになった娘。

何がきっかけか分からないけれど
確実に彼女も大きくなってきているようです。

・・・あ、あとまだ私のベットには
チビがもう一人いました(^^)
子供と一緒に寝るのは実は私が幸せだったりして。
でも子供が自分で自立したいというサインを出したときは
快く送り出してあげるのも親の役目ですよね。



dahiyu537 at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

March 22, 2006

kindergarten applicationとWBC

昨日のWBC、The World Cup of Baseballの決勝戦は
普段は野球ファンではないわたしにとっても感動的でした!
我が家の地域では38チャンネルで生中継。
夫も6時過ぎには帰ってきてTVの前で観戦しました。

途中、学生さんとの面談時間には、
ネットで話しながらネットでお互い中継を報告しあいました。
MVPが松坂になったようですが
やっぱりイチローにあげたかったです。

試合が終わると表彰式の前にさっさと中継を切り上げ
学生バスケットボール選手権特集をしていたのは
アメリカらしかった(^^;;
日本人としてはもう少し、感動を味わいたかったなぁ。

さて、今日は真ん中の娘のkindergarten application(義務教育課程の申し込み)
に行って来ます。
先週の頭から始まっていたのだけれど
今日、5歳児検診の予約があるので
そこで必要な予防接種などを受けてから提出します。

今月初めにはKindergarten Tour(キンダーの下見)も行ったので
それもあわせて明日以降、報告しますね。

 



dahiyu537 at 00:26|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

June 26, 2005

Graduation

先日息子の学校でGraduation(卒業式)が行われた。
8月末の新学期から一年生になる幼稚園過程Kindergarten(小学校の補習過程)は
こちらでは義務教育で
小学校に併設されている場合が多い。
 
20名のクラスが全部で4クラス。
80名が揃って4曲の歌を披露してくれた。
 
娘2人を預けて夫と2人で卒業式に参加。
4曲の歌を大きな口をあけて
ジェスチャーつきで一生懸命歌っている息子の姿をみると
熱い思いがこみ上げてきた。
 
先生にあとでお話を聞くと
卒業式のための歌の練習は10日ほど前から始めたという。
子供の覚える記憶力ってすごいな。
 
1月に編入した息子は半年間のKinderの生活で
ぐんぐんクラスに溶け込んでいた。
始めは一人ぼっちでスナックタイムを過ごしていた頃も合ったようだが
言葉もここ1,2ヶ月でたくさん出るようになり
先生との補習クラスもしなくてもよくなった。
 
彼は運動神経が人一倍秀でているおかげで
英語ができなくても
休み時間にお友達をひきつけていたようだ。
 これは、彼が自分の自信を保つために大切だった要素のようだ。
 
「Dくんは休み時間に必ずうんてい(Monkey Bar)をして遊んでいるの」
とある日同じクラスの女の子が私に教えてくれたっけ。
 
息子の両手のひらには
大きなマメがつぶれたあとがいくつもある。
なんだか、ほんとうにMonkey、お猿さんみたいだ、とおかしくなる。
 
最近では、ママの英語は変、、と娘と息子に笑われるようになった。
これでいいのだ。
彼らが自信がついてきた証拠だから。
 
発音じゃ、もう彼らに負けてしまう。
2人ともカルフォルニアのアメリカン英語を立派に発音するので
笑ってしまう。
 
さて、二ヵ月半の夏休みが始まった。
息子も娘もそれぞれサマースクールに通うので
ほんとうに何もない夏休みは2,3週間ほどになる。
 
サマースクールでも彼らはいろんな経験をするだろう。
こちらに来て、苦労もたくさんあるが、
子供達をそばから見ていられるのが
たまらなく楽しい。
                                                                                                                                 
graduation

dahiyu537 at 15:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

May 10, 2005

mother's day

Dear Mom Happy Mother's day!

You are the best Mom in the world.

Thank you for all that you do.

 Love your son

Mother's Dayのカードを作った息子からのメッセージだ。

先生から文面を教えてもらったのだろうが直筆で書いていた。 1月からまだ4ヶ月あまりの学校生活で息子はほんとうによく頑張っていると思う。 アメリカらしいメッセージ文句にうれしい思いで胸いっぱい。

明日からまた頑張るぞ。

ちなみにこの日の歩数は5755歩。空港まで友人家族を送ったあと午後は 4時間も寝てしまった。なのに夜9時には子供たちとぐっすり夢の中だったわたしである。

これからは万歩計日記もつづる予定である。



dahiyu537 at 05:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

April 19, 2005

春休み終わりっつ

今日から子供たちの学校が再スタート。

先週の頭には休み中がどうなることかと思ったけれどだらだらとのんびりした1週間。とにかく息子とひたすらモノポリーをし続けた毎日。

朝がぐうたらだったので今朝は8時半に娘を送りに行くのも一苦労。学校ってないほうが親は楽かも。

おべんと作らなくっていいし、朝きちんと起きなくていいし気ままに過ごせるし。

お昼ごはん。以前は保育所に行っていた日本の頃と比べちゃって気合を入れていたけれど先週は味噌汁と、ご飯と、納豆の毎日。

子供たちは味付け海苔を出したりふりかけ出したり自分なりに工夫して味に変化をつけてました。

ホームエデュケーションのサポートをしているのだが子供たちが家でもいろんなことを学べるって気がついた。

 妹から届いたプリキュアとポケモンDVD. そしてムシキングのカード。ありがたいありがたい。



dahiyu537 at 14:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

April 07, 2005

放課後の過ごし方

水曜日は、いつも午後1時過ぎにキンダーが終わる。それからずっとなにをしようか?と考える暇なくできた友達の家に訪問したり、家に遊びに来てもらったりしていた。

 今日からサッカーチームに所属し、レッスンを受け始めた。

日本人の目から見ると「え〜こんな運動でへばるの?」というくらいこちらの子供って運動が苦手。 サッカーをして疲れたから友人たちもさささっと帰ってしまった。

 だが息子はこんなもんじゃ、疲れない。だからちゃーんと次の予定も立ててあるのだ。 キンダーの友人のM君のお宅に初めて遊びに行く。

移民の多いこの国では珍しい?生粋のアメリカ人。

 昔日本に1年間夫婦で住んだことがあるらしくそのときに受けた日本人の細やかな対応にほれ込んだらしくわたしたちも丁重にもてなしていただく。

 知らない日本人が心を尽くしたものが息子のお友達家族のところに伝わりそして私たちのところに恩が戻ってくる。ありがたい、ありがたい。 さておいて、息子と4歳の娘を一緒に家においてきてわたしは退散。
0歳の娘が昼寝をしたのでつかの間の幸せな時間を味わっている。



dahiyu537 at 08:28|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!