歯周病

歯周病治療の新しい試み

歯周病治療の新しい試み

歯周病に罹った、歯茎の奥の複合細菌の塊は、バイオフィルムと呼ばれ、抗生物質や免疫細胞に対する、抵抗が高くなり、なかなか治らない厄介な病気でした。

歯周病を単独細菌の感染症ではなく、バイオフィルム感染症として捉えることによって、治療の基本的考え方が変わって来ます。

1990年5月に承認された、歯周ポケット内に注入する除放性薬物局所配送法(LDDS:Local Drug Delivery System)は、大変有効な薬ですが、バイオフィルムから放出された浮遊細菌に対して、特に抗菌活性を示すだけで、その内部までは、浸透しない欠点がありました。

ある種の抗生物質は、良好な透過性によって酵素活性を抑制し、バイオフィルムの形成抑制、細菌付着抑制し、バイオフィルムの溶解能を有するだけでなく、長期間にわたって効果を発揮し続ける事が、報告されています。

今まで、虫歯予防と歯周病の予防と治療に使ってきた、基本であり

A)最も重要なホームケアーの

1)歯磨き、
2)歯肉のマッサージに加え、

B)プロフェッショナルケアーの、

3)歯石除去、
4)歯根面滑沢法、
5)PMTC、
6)歯周外科手術

C)局所薬物療法の

7)LDDS(Local Drug Delivery System)、
8)3DS(Dental Drug Delivery System)に加え、

D)全身薬物療法で、歯周病に対して有効な

9)抗生物質が分かって来ました。宜しければ、一度ご相談下さい。

ただし、5)と8)は、保険が効きません。のでご注意下さい。

混合診療禁止ですから、保険が効かないのですが、混合診療解禁よりも、保険への導入が必要だと思いますが、皆さんは、どちらが良いとお思いですか?

田中歯科医院  http://www.tanaka-shinken-dental.com/

『歯周病菌連鎖を、口腔内で食い止めろ』って何?

『歯周病菌連鎖を、口腔内で食い止めろ』って何?

日本人の死因の1位は、がんです。

2位は、心筋梗塞です。

3位は、脳梗塞です。

4位は、肺炎です。

その全ての悪化に、歯周病は関与しています。

歯周病菌が詰まって、心筋梗塞や脳梗塞に成るだけでなく、その毒素が原因で糖尿病、肺炎、早産、骨粗鬆症、インフルエンザ、さらに、胃がん、すい臓がん、肺がんに5割も罹り易く成ります。

つまり、歯周病に成ると、体内にばい菌がたくさん居て、全身に悪影響を及ぼすのです。

歯周病は、皆さんが考えているよりも重大な病気なのです。

題名は、サンスターの標語ですが、深い意味を持っていると言う事です。

田中歯科医院  http://www.tanaka-shinken-dental.com/

歯周病治療の新しい試み

3mix-1歯周病治療の新しい試み

歯周病に罹った、歯茎の奥の複合細菌の塊は、バイオフィルムと呼ばれ、抗生物質や免疫細胞に対する、抵抗が高くなり、なかなか治らない厄介な病気でした。

歯周病を単独細菌の感染症ではなく、バイオフィルム感染症として捉えることによって、治療の基本的考え方が変わって来ます。

1990年5月に承認された、歯周ポケット内に注入する除放性薬物局所配送法(LDDS:Local Drug Delivery System)は、大変有効な薬ですが、バイオフィルムから放出された浮遊細菌に対して、特に抗菌活性を示すだけで、その内部までは、浸透しない欠点がありました。

ある種の抗生物質は、良好な透過性によって酵素活性を抑制し、バイオフィルムの形成抑制、細菌付着抑制し、バイオフィルムの溶解能を有するだけでなく、長期間にわたって効果を発揮し続ける事が、報告されています。

今まで、虫歯予防と歯周病の予防と治療に使ってきた、基本であり

A)最も重要なホームケアーの

1)歯磨き、
2)歯肉のマッサージに加え、

B)プロフェッショナルケアーの、

3)歯石除去、
4)歯根面滑沢法、
5)PMTC、
6)歯周外科手術

C)局所薬物療法の

7)LDDS(Local Drug Delivery System)、
8)3DS(Dental Drug Delivery System)に加え、

D)全身薬物療法で、歯周病に対して有効な

9)抗生物質が分かって来ました。宜しければ、一度ご相談下さい。

ただし、5)と8)は、保険が効きません。のでご注意下さい。

混合診療禁止ですから、保険が効かないのですが、混合診療解禁よりも、保険への導入が必要だと思いますが、皆さんは、どちらが良いとお思いですか?

田中歯科医院  http://www.tanaka-shinken-dental.com/


歯周病治療の新しい試み

IMG_0691IMG_0703

.『歯周病菌連鎖を、口腔内で食い止めろ』って何?

日本人の死因の1位は、がんです。

2位は、心筋梗塞です。

3位は、脳梗塞です。

4位は、肺炎です。

その全ての悪化に、歯周病は関与しています。

歯周病菌が詰まって、心筋梗塞や脳梗塞に成るだけでなく、その毒素が原因で糖尿病、肺炎、早産、骨粗鬆症、インフルエンザ、さらに、胃がん、すい臓がん、肺がんに5割も罹り易く成ります。

つまり、歯周病に成ると、体内にばい菌がたくさん居て、全身に悪影響を及ぼすのです。

歯周病は、皆さんが考えているよりも重大な病気なのです。

題名は、サンスターの標語ですが、深い意味を持っていると言う事です。

田中歯科医院  http://www.tanaka-shinken-dental.com/

歯周病治療の新しい試み

photo9歯周病治療の新しい試み

歯周病に罹った、歯茎の奥の複合細菌の塊は、バイオフィルムと呼ばれ、抗生物質や免疫細胞に対する、抵抗が高くなり、なかなか治らない厄介な病気でした。

歯周病を単独細菌の感染症ではなく、バイオフィルム感染症として捉えることによって、治療の基本的考え方が変わって来ます。

1990年5月に承認された、歯周ポケット内に注入する除放性薬物局所配送法(LDDS:Local Drug Delivery System)は、大変有効な薬ですが、バイオフィルムから放出された浮遊細菌に対して、特に抗菌活性を示すだけで、その内部までは、浸透しない欠点がありました。

ある種の抗生物質は、良好な透過性によって酵素活性を抑制し、バイオフィルムの形成抑制、細菌付着抑制し、バイオフィルムの溶解能を有するだけでなく、長期間にわたって効果を発揮し続ける事が、報告されています。

今まで、虫歯予防と歯周病の予防と治療に使ってきた、基本であり

A)最も重要なホームケアーの

1)歯磨き、
2)歯肉のマッサージに加え、

B)プロフェッショナルケアーの、

3)歯石除去、
4)歯根面滑沢法、
5)PMTC、
6)歯周外科手術

C)局所薬物療法の

7)LDDS(Local Drug Delivery System)、
8)3DS(Dental Drug Delivery System)に加え、

D)全身薬物療法で、歯周病に対して有効な

9)抗生物質が分かって来ました。宜しければ、一度ご相談下さい。

ただし、5)と8)は、保険が効きません。のでご注意下さい。

混合診療禁止ですから、保険が効かないのですが、混合診療解禁よりも、保険への導入が必要だと思いますが、皆さんは、どちらが良いとお思いですか?
田中歯科医院  http://www.tanaka-shinken-dental.com/

歯周病について(その15)

歯周病の治療前と治療後

歯周病の治療で早産のリスクを下げる

元日本大医学部助教授で、東京で開業する産婦人科医の坂元秀樹(さかもと・ひでき)医師は「早産になりそうな妊婦を見つけることは可能だが、現状では早産の予防は困難」と話しています


しかし同時に、子宮には母体からたくさんの血液が入り込んでいることを指摘しています。「母親に感染があると問題が子宮に集中することになる」と注意を促しています


妊娠中は歯肉炎になりやすいといい、坂元医師は「早産の原因にはいろいろあるが、歯周病の治療は早産のリスクを下げることになる」と評価する。さらに、妊婦の健康への意識を高め、妊婦が発症すると死亡することもある細菌性心内膜炎など、ほかの感染性疾患を減らす可能性もあるとしている。

田中歯科医院  http://www.tanaka-shinken-dental.com/

歯周病について(その14)

IMG_0691

歯周病が早産の原因に

妊娠したら歯石除去を


日本人の85%が


歯を失う原因になるだけでなく、細菌が出すさまざまな物質が血流で全身を巡り、心臓病や血管障害、呼吸器疾患、早産、低体重児出産など多くの悪影響を及ぼします。日本人の約85%が罹患(りかん)するとみられています、自覚症状が少ないため放置されがちです。

米ノースカロライナ大などのグループは歯周病を患う妊婦109人を、歯周病治療として歯石除去をした上で日常ケアも電動歯ブラシを使うグループと、治療をせずに日常も普通の歯磨きにとどめるグループとに分けて調査した所。

 
その結果、治療したグループは歯垢(しこう)内の一部の細菌や、炎症を起こす血中のある種の生理活性物質が減少。そして妊娠37週未満の早産のリスクが4分の1近くまで減少しました。


調査の結果は、「予防は治療と同じくらい重要。これから妊娠する女性は歯科医に行き、妊娠に備えた口の中の環境整備が必要!!

田中歯科医院  http://www.tanaka-shinken-dental.com/

歯周病について(その13)

IMG_0691

歯周病が早産の原因に
妊娠したら歯石除去を

歯周病は歯の問題だけではなく、

全身のさまざまな疾患に悪影響を及

ぼすことが指摘されている。このほ

ど米国で行われた調査で、妊婦が歯周

病を治し、口腔(こうくう)内の衛生

を保つことで、早産の危険が大幅に減

ることがあらためて確認された。
 歯周病は歯と歯茎の間にできたポケッ

トと呼ばれるすき間で細菌が繁殖、炎症を

起こす。進行すると歯を支える骨を溶か

してしまう。

田中歯科医院  http://www.tanaka-shinken-dental.com/

歯周病について(その12)

歯周病の治療前と治療後動脈硬化を起こす
最近、高脂肪食で飼育し、動脈硬化を起こしやすくしたマウスに、歯周病菌を経口で感染させると、大動脈での動脈硬化が起きることが確認されています。

歯周病菌が血管内に入り、動脈硬化を起こしつつある部位に来た場合、菌がさらにその進行を促進したり、血小板に作用して、血を固め、血栓をつくる可能性も指摘されています。

動物実験では心血管疾患を促進することが示されてきている。人でも、歯周病菌が心血管疾患の発症に寄与している可能性があります。

老人保健施設などにいる高齢者では、口内を清潔に保つオーラルケアを実施した方が発熱など、体調が崩れる率が減ることも報告されています。

歯周病菌の感染を防ぐには、菌を増やさないように、ブラッシングなどで歯と歯肉の間のプラークを除去し、酸素の嫌いな歯周病菌が歯の周りにすみつきづらい環境にしておくことが大事なのです。

田中歯科医院  http://www.tanaka-shinken-dental.com/


歯周病について(その11)

歯周手術後の縫合骨も溶かす毒素

歯周病は歯周病菌が起こす歯の感染症だ。しかし、歯周病菌がいると、すべての人が歯周炎になるわけではない。歯周炎が起こるには、その人の免疫力や生活習慣などが複雑に絡んでいる。

歯周炎は歯を支える組織までがやられてしまう状態。「歯周病菌は長い期間をかけて病気を起こす。菌の増加とともに口臭がひどくなり、歯肉の腫れや出血などの症状が現れ、進行すると歯を支える骨も溶けて歯を失ってしまう」。

歯周病菌は、菌の細胞膜自体に毒素を持ち、歯周病菌が増えるとともに毒素の影響が出る。毒素は歯肉の炎症とともに、TNFアルファなどの生理活性物質を介して骨を溶かす作用もあり、弱いがやっかいな存在だ。

さらに歯肉溝のところで炎症が起きていると、ちょうど傷が開いたままになっているようなもので、歯周病菌が血中に入りやすくなる。全身疾患に結び付く可能性は十分考えられる。

田中歯科医院  http://www.tanaka-shinken-dental.com/

『歯周病菌連鎖を、口腔内で食い止めろ』って何?

IMG_0926『歯周病菌連鎖を、口腔内で食い止めろ』って何?

日本人の死因の1位は、がんです。

2位は、心筋梗塞です。

3位は、脳梗塞です。

4位は、肺炎です。

その全ての悪化に、歯周病は関与しています。

歯周病菌が詰まって、心筋梗塞や脳梗塞に成るだけでなく、その毒素が原因で糖尿病、肺炎、早産、骨粗鬆症、インフルエンザ、さらに、胃がん、すい臓がん、肺がんに5割も罹り易く成ります。

つまり、歯周病に成ると、体内にばい菌がたくさん居て、全身に悪影響を及ぼすのです。

歯周病は、皆さんが考えているよりも重大な病気なのです。

題名は、サンスターの標語ですが、深い意味を持っていると言う事です。

田中歯科医院  http://www.tanaka-shinken-dental.com/

歯周病について(その10)

top_140歯周病治療の新しい試み。

歯周病に罹った、歯茎の奥の複合細菌の塊は、バイオフィルムと呼ばれ、抗生物質や免疫細胞に対する、抵抗が高くなり、なかなか治らない厄介な病気でした。歯周病を単独細菌の感染症ではなく、バイオフィルム感染症として捉えることによって、治療の基本的考え方が変わって来ます。

1990年5月に承認された、歯周ポケット内に注入する除放性薬物局所配送法(LDDS:Local Drug Delivery System)は、大変有効な薬ですが、バイオフィルムから放出された浮遊細菌に対して、特に抗菌活性を示すだけで、その内部までは、浸透しない欠点がありました。ある種の抗生物質は、良好な透過性によって酵素活性を抑制し、バイオフィルムの形成抑制、細菌付着抑制し、バイオフィルムの溶解能を有するだけでなく、長期間にわたって効果を発揮し続ける事が、報告されています。

今まで、虫歯予防と歯周病の予防と治療に使ってきた、基本であり
A)最も重要なホームケアー
1)歯磨き、
2)歯肉のマッサージ
に加え、
B)プロフェッショナルケアーの、
3)歯石除去、
4)歯根面滑沢法、
5)PMTC、
6)歯周外科手術
C)局所薬物療法
7)LDDS(Local Drug Delivery System
)、
8)3DS(Dental
Drug Delivery System

に加え、
D)全身薬物療法で、歯周病に対して有効な
9)抗生物質が分かって来ました。


宜しければ、一度ご相談下さい。

ただし、5)と8)は、保険が効きません。のでご注意下さい。

混合診療禁止ですから、保険が効かないのですが、混合診療解禁よりも、保険への導入が必要だと思いますが、皆さんは、どちらが良いとお思いですか?

田中歯科医院  http://www.tanaka-shinken-dental.com/

続きを読む
プロフィール

高度医療への誘い!...

タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ