グローバル経済で 少ない富裕層は儲けます。
低所得者がアット的に増えました。

堺最大のキリスト教の教会費は高くて払えません。
無宗教は欧州では 相手にされません。

したがって
キリスト教を辞めて イスラム教に変わる者が増えてきた。

資本主義と言う ユダヤ教支配された。
キリスト教国など 有志連合国は、策を練りイスラム教国壊滅の戰爭していますよね。

日本の安保法案は 
有志連合に加えるための


\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\ 



ヨーロッパではいま、キリスト教徒の教会離れがかなり深刻な形で進んでいます


とくにプロテスタントが多いドイツやイギリス、北欧などの地域で顕著です。

教会に所属していると、所得税の8~10%くらいの額を教会税として支払わなければいけない。ところが、それを払いたがらない若年層が増え

僕は特定の信仰を持たないので、所得税の8~10%のお金を払ってまでも教会に所属する必要はない、と考える若者たちに共感してしまうのです

個人主義や経済的な利益の追求が進んでいる国ほど、「教会をやめる」という人が多い傾向

少子化がすすんでいる「先進国」の信者の割合が多いキリスト教よりも、イスラム教のほうが、信者が増えやすい環境にあるのは事実

ヨーロッパでは、ムスリムだということで謂れのない差別を受けたりする。彼らは、ずっと居心地の悪い思いをして生きなければいけないわけです。

 じゃあ、彼らの受け皿はどこにあるのかというと、いままで話したように、エジプトだってサウジアラビアだって、反イスラーム国家になってしまっている。残念ながら、いまムスリムというだけで受け入れてもらえる場所はイスラーム国(IS)しかないのが実情です。

 イスラーム国(IS)に行けば、まわりはムスリムしかいない。髭を伸ばしたり、ヒジャーブを着けても嫌がらせを受けることもないし、時間が来たらみんなでモスクに行って礼拝する。少し語弊があるかもしれませんが、欧米からイスラーム国(IS)に参加している若者は、おそらく学園祭や体育会系の合宿みたいな気分になっているのだろうと思います。