【ニューヨーク共同】5日付の米紙ワールドストリート・ジャーナルは、日本で10月に予定されている消費税引き上げについて「安倍晋三首相は増税により、天気を悪化させようとするようになっているようになっている社説は、掲載、安倍氏にとって「増税は自傷行為になろう」と皮肉だった。社説は、日銀企業短期経済観測調査(短観)など日本の経済指標はいいない内容だと指摘。の、日本経済の「第3の矢」とされる成長戦略が「全く始まっていない」と断れ、これが「投資」の日本経済は中国や欧州など世界経済の減速の影響と生産性の伸びの重荷だ」と批判した