以前、オンリーワン勉強会員さんに土地情報をお流しし、6人の希望者により抽選会を行った特に稀少な土地のお話しです。

本日は、「手付解除期日」。

重要な日です。

土地売買契約では、たいていローン特約(=融資利用の特約)をつけます。

この特約の解除期日が、手付解除期日。

この日までに、銀行から融資の内諾が出なければ、この売買契約は成立しません。

買主として何をするかというと、特段書面を書くことはなく、「銀行から融資を得られました。」とつたえること。

この伝言がない場合も、契約不成立となります。

また、銀行から融資の内諾がないのにもかかわらず、融資が出たと伝言してしまい、実際に銀行から融資を得られないと、決済ができないため契約が不成立になりますし、売買契約時に手渡した手付金が戻ってこないというおそれがあります。

今回は事前に、銀行さんからの内諾をもらえたので、手付解除期日をクリアしました。

しかし、まだまだ気は抜けません。

一つずつ、しっかりとクリアすることがあります。