接道が2m無い場合、基本的に再建築不可の土地となります。

土地探しをしていると、特に価格が低い土地を発見し、「えっ」と思うことがあり、よく見ると土地情報の中に「再建築不可」と表示されていて、がっかりする(またはやっぱりと思う)ことがありますね。

この接道2mに対する注意と、もう一つ有効2m幅の避難用通路の確保が必要になります。

路地状敷地にアパートを建てるときは、特に注意です。

以前は、2mの棒を持って歩き、棒が障害物に当たらないことと表現していましたが、それに加えて、小櫻設計士からの名言がありました「直径2mの大きな球体が通路内をスムーズに転がること」、境界線に接触しても、ブロック塀に接触しても、塀を支える基礎に接しても、隣地からの越境物に接しても不適合となります。

先日でてきた山手線の駅至近の土地は価格が良かったのですが、隣地の屋根が越境しており、有効2m幅の避難通路を確保できないものがありました。
数ヶ月前には北千住駅至近の土地で再建築不可ではないけれど、驚くような価格の土地が出ていましたがこちらは隣地建物の窓の上の庇(ひさし)が越境しておりかつ隣人が大反発していたケースもありました。

これに関しては、土地情報に出ていないことも多いので、現地確認が特に大切です。