大腸がん名医と呼ばれる専門医のいる病院

末期症状でも諦めない

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)〜癌克服への挑戦〜

主治医から大腸がん末期になっていると宣告されることがあります。ショックなことですし、すでに他の臓器に転移が進んでいると有効な治療が行えないことがあるのも事実です。治癒を目指すことができないことは、現実としてあります。

ただし、大腸がんが本当に末期症状に進行しているかどうか、一人の専門医の話だけで確定させてしまってよいのでしょうか。人生を締めくくることになる判断が必ずしも正しく下されているという保障はありません。そう考えると、セカンドオピニオンを求めるのも1つの方法です。余命わずかと宣告されていても、より高度な医療や最新治療を取り入れている病院であれば、活路を示してくれる可能性は残っています。

現代医学は万能ではありませんので、すべての患者さんを救えるわけではありません。直腸がんや結腸がんは初期症状のうちに発見すれば治癒できることが多いものの、症状が進行すれば予後に再発するリスクも高まり、末期の大腸がんに進行してしまうケースもあります。しかし、すべての病院で一律の医療水準が保持されているわけではない以上、複数の専門医の意見を聞くことには意義があるはずです。

また、信頼できる名医に診断をしてほしいと考える方もいると思います。人生の中でも重大な決断になりますので、それも当然のことでしょう。名医を探している方は、大腸がん治療名医病院情報を参考にしてください。末期の状態であれば、一刻の猶予もありませんので、本当に信頼できる名医を見つけて相談することが必要です。

また、末期の治療としては、治癒を目指すことはできなくても、鎮痛剤を中心とした苦痛の軽減や、生活に支障のないように骨転移による病的骨折の予防を行うといった意味もあります。どのような目的で治療を行っているのか、しっかり把握しておきましょう。
癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)〜癌克服への挑戦〜