大腸がん名医ランキング

大腸がんの末期症状

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)〜癌克服への挑戦〜

大腸がん末期症状になってしまうと、他の臓器への転移も進んでいきます。場合によっては、原発巣の症状よりも先に転移が発見されるケースもあります。血便や便秘、下痢、腹痛といった症状のほか、腸閉塞が起こることもあり、患者さんには深刻な苦痛が伴うことが少なくありません。

当然のことながら、大腸がんは末期より初期のうちの方が予後は良好です。これは生存率を見れば明らかで、ステージが進行するほどに数値は悪化していきます。早期発見できれば、多くの場合は治癒できるものの、悪化していけば手のつけようがない状態になってしまうこともあります。

克服できる病気ではありますが、それは無条件ではありません。あくまで早い段階で治療を開始することが前提条件となりますので、末期症状に至ってしまうと、名医であっても簡単に解決できる問題ではなくなってしまいます。

もっとも、治癒が困難と考えられていた患者さんが回復を見せる場合もありますし、別の専門医の意見を求めることで活路を見出せるケースもあるでしょう。安易に諦めることはありませんが、現実を見据えることも大切です。状況によっては、完治に固執するよりも、余命を少しでも長く保つことや、痛みのコントロールを重視する方が賢明な場合もあります。

これからの展望を専門医とよく協議して、治療方針を決定することが大切です。
癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)〜癌克服への挑戦〜