2017年06月15日

苫小牧西港 明け方 イカ釣れた、豆イカ?かな


苫小牧西港 午前3時からイソメで探り釣り。
ブラーや樽オモリに鰈針を使ってヘチに落とすと、小ぶりなガヤ、ソイ、アブラコばかり。
DSC_0208
30僂らいのアブラコ王国。
DSC_0211
海面で、何かがウィリーしながら逃げてたので、なんだろう?試しにエギを投げてみたら、小さなイカが釣れた。
いつ乗ったのかわからなかった。
着底して海藻引っ掛けたかなくらいの感覚。
しばらくイカを狙ってみたけど釣れずに撤収。
豆イカなのかな?
初めて釣れたので満足した。
おわり


2017年06月13日

明け方


深夜、なんとなく苫小牧西港 入船公園近辺で探り釣り。
2時間、釣果0。深さがある所は苦手。
根掛かり地帯で針かかりしないアタリばかり。
夜中なのに4〜5人の釣り人とキツネもいた。
場所移動。
DSC_0203
明け方、苫小牧西港 漁港区。

へちの海藻まわりで子ソイがワームを追いかけるのが見えた。

小さい魚しか釣れず、最後に45僂らいのアブラコ釣って終了。

夜中は霧が濃くて、且つ寒かった。

おわり



2017年06月09日

6月7日 早朝 ワームで探り釣り


DSC_0188苫小牧
ふるさと海岸
夜明けからテトラで探り釣り。


自分の他には、餌で穴つりの人と、砂浜から投げ釣りの人が各1名づつ。
あとは、入れ替わり立ち替わりサクラマス狙いの人。
サクラぽい魚が跳ねたのは何回か見えたけど、この日は釣れてなかった。
サンマ使って穴をやってた人はソイやドンコが釣れてたっぽい。

DSC_0189
アブラコは穴の中では割りと浮いていて、ドンコ、ワラズカ、ソイは下の方にいるみたい。

ワームは見切られるまでに数回食ってくるけど、針に掛けれないと反応しなくなる。

近くで魚を狙って、カモメが釣り人を監視していた。

DSC_0197
いろいろワーム替えたりかけ方変えてみたけど、どれでも反応あった。
茂った昆布より下に潜れる重さと、根掛かり回避と針かかりしやすさを考えて、テキサスリグに鰈針をつなげてワーム2つにしてみたら、絡む事もなく、いい感じで泳いでくれた。
釣れたし、楽しめた、満足。

⬇小魚の群れのイメージ、泳ぐ様子を動画にとってみた。


おわり



5月20日 苫小牧 早朝 ワームで穴釣り


DSC_01845月20日 苫小牧 早朝

たまにアタリがあっても、なかなか針かかりさせれずもどかしかった。
ぐぬーーー
ワラズカとドンコはリリース。

おわり




2016年10月17〜19日 天気わるかった

DSC_0124DSC_0126



DSC_0128



DSC_0136



DSC_0134



DSC_0143



DSC_0141



おわり





2016年10月12日 夜中 苫小牧


DSC_0113
苫小牧 午前2時頃。
前回と同じ所で同じサイズのクロソイ。
1投目で釣れて、以降ノーバイト。




2016年8月5日 夜釣り 苫西漁港区

ハモ釣れないかなと、夜8時から投げ釣り開始。

DSC_0095
すぐにクロガシラがダブルでかかったり、しばらくの間(1時間くらい)鰈が頻発。
港内の夜釣りでクロガシラが続くとは不思議。
しかも夏だし。。。
小ぶりも含めてクロガシラ9匹。ハモ0。ヒトデ0。
理由を推理
”婉瓩嚢事していたし、投げ釣りする人がいなくて鰈が溜まってたのかもしれない。
底の海藻がきれいになくなっていた。
街灯で明るいし、水深も浅いし、海藻とヒトデがなければ夜鰈が釣れる場所だったのかもしれない。

その後、やってないから、たまたま鰈の食い気がある日だったのか、そういう条件揃ってたのか、わかりませんが。

感想:夏枯れ感がなかった。ハモ(>_<)残念。
おわり




時計
年度毎 月別  カテゴリ
場所・時期別 カテゴリ
QRコード
QRコード