2017年10月30日

室蘭 マスイチ浜を見てきた

上から浜を見た様子。
Wikiを見ると、昭和初期までは砂浜に漁業者が居住していたらしい。
風が強い地域でこんな崖下の浜に住むなんて、
展望台付近に野鳥観察っぽい人達がいた。
アイヌ語で「ウミネコの家」を意味する「マスイ・チセ」が語源だとか。


DSC_0305DSC_0307
地名由来板(左)、海岸を上から見た様子(右)




DSC_0294DSC_0293
草藪から撮影した海岸。上から海岸までずっと笹藪、ダニが居そう。

DSC_0304DSC_0296
砂浜へ出た所に動物の足跡。獣道を保守している?

DSC_0300DSC_0303
干からびたエラコと網が大量に漂着(右)

DSC_0297DSC_0299

小高い所を1つ超えた右の磯(だったかな?)から見た室蘭Mランドと追直漁港側(左)
反対側(絵鞆漁港側かな)(右)おわり

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

後日、11月25日 放送の ブラタモリ を見たら、室蘭の特集だった。
北海道の室蘭へ!「鉄のまち」として知られる室蘭。日本の近代化を支えてきた工業都市がわずか150年でつくられた奇跡に、タモリさんが陸と海から迫ります!

それによると室蘭は、およそ1千万年前、まだ海中にあった頃、海底で噴火が起こり、冷えたマグマが水中火山になり、その後海底が隆起して海の上に出てきて、太平洋側のもろい部分は波で浸食されて断崖絶壁になったそうだった。
ちょうど地球岬の辺りが噴火口で、海の方から見た断崖絶壁は、かつての水中火山の断面図なのだそうだった。
島だった室蘭は、噴火湾と胆振沿岸の太平洋の潮の流れの合流点だった為、浸食されて削られた砂が海流で溜まり(イタンキ浜の辺り?)北海道につながった半島ができたそうだった。
とても興味深い放送だった。


daidai1973 at 11:14│Comments(0)clip!室蘭 | 10月(後半)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 


年度毎 月別  カテゴリ
場所・時期別 カテゴリ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: