September 20, 2009

とあるサイトで、
地味ではあるが、

私が昔から好きなものが
かなりたたかれている。
しかも身内(ファン)から。

好きだからこそ意見する。
ってスタンス。

私もかなり同意。
売れない理由がここにあるって
みんなわかってんだなぁ〜
ある意味愛されてるんだろうけど。
当の本人達は気付いてやってるのか
気付かない振りしてるのか

それとも本当にやる気がないのか。
当の本人と話をすると

私が彼らに魅力を感じていた、おやじ臭いのに
キラキラしていた若い頃とは
若さとは違う人間臭さが無くなった。

年をとったからではなく
やる気を無くしてしまっている。

愚痴とかが悪い訳じゃなく。
楽しんでやってる感じが
見るからにしない。

見せる側の気持ちは
よくわからないけど。

どっかでこの意見を受け止めてほしいと思う。


そう、
私が彼らに言えたらいいんだけど。。

そうもいかないところが
なんかもどかしい。


(15:13)

August 07, 2009

最近の私。

多分息苦しくて、やばかった。

助けてくれるところが音楽や笑いで
あったことだけが救い。。

親しきの奥に潜む悪魔に
私は立ち向かえなかった。

弱くなったな。

そう思った。

切ってしまいたい。
そんな関係を切れずにいた。

それが結局私の中の歯車を狂わせた。

私にとっての有意義な事が
その一言一言でどんどん追い込まれた。

苦しくて苦しくて。
なんでこんなにも苦痛を与えられなくてはならないんだろうか。

でも仕方ないな。
その人のリズムだから。

だったらもうこれで終わるしかないだろう。
共通なものが疎遠になっても
それでも自分の余裕を取り戻すためには方法はそれだけだ。

仕事もプライベートもぐちゃぐちゃ

なんて勘弁だ。。

自分の優柔不断さに情けなくなる。

私の好きなものが思ってる以上の勢いで否定される。
ありえない。

こんなことをここでぶちまける自分も情けないが。
これ以上は無理だと心が悲鳴をあげている。

さよならしたい。


(15:13)