日 時  平成30年3月2日(金)  18:30開宴

場 所  ANAクラウンプラザホテル  The Ballroom


会    長  生島 健緒 
名誉顧問  石井 一  様    元国務大臣     
名誉顧問  加藤 隆久 様    生田神社名誉宮司
顧  問  井坂 信彦 様    前衆議院議員 
顧   問   五島  大亮  様  神戸市会議員

ごあいさつ 
    

今日は、皆さまありがとうございます。
週末の貴重な時間を頂きました。
天皇陛下より最高位の勲章を授かった 石井 一 様
神社本庁より日本に十人しかいない神職の最高位「長老」の名を頂く
生田神社 加藤名誉宮司 様を冠に鳴戸部屋神戸後援会が本日発足致しました。
改めまして 私 鳴戸部屋神戸後援会 会長 生島健緒でございます。

元大関琴欧洲の現役引退 断髪 そして日本国籍を得て
第十五代 年寄鳴戸を襲名 丁度去年の春場所 佐渡ヶ嶽部屋より
分家独立 鳴戸部屋を立ち上げました。
去年の激励会は 弟子は小林 今の四股名は欧翔山 一人でした。
現役時代 琴欧洲は数々の記録を塗り替えました。
右膝の負傷さえなければ横綱も夢ではなかったと思います。
今 十両へ落ちた照ノ富士がそうですね。
鳴戸親方の夢は たぶん自分の為し得なかった夢を弟子たちに託しているものと思います。

東京の部屋は今は仮住まい。
来年の四月頃には、四階建ての新築の部屋が両国に誕生するという事です。
今は貯金を切り崩して部屋運営をしているといいます。
新弟子が今日一人 四月の一人 これ確定。
皆さん神戸の町でお相撲さんになりたい子がいましたら是非 鳴戸部屋へ宜しく。
甚だ簡単ではありますが ご出席頂いた皆さまへ主催者 大栄 生島
心より御礼申し上げます。

                             平成三十年三月二日
                         鳴戸部屋 神戸後援会 会長
                         株 式 会 社  大  栄
                           代表取締役 生島 健緒


新聞記事
2018.3.6  サンケイスポーツ

関西在住ブルガリア代表 リリアナさん メッセージ

みなさん こんばんは。

今日ここに 日本在住のブルガリア人が集まりました。
最近来日した方もいれば 20年以上住んでいる人もいます。
私たちは日本で仕事を見つけ 家族をつくりました。
私たちを受け入れてくれた日本は 第二の故郷です。

私たちのコミュニティでは 日本の人たちにブルガリアの事を知ってもらいたいと
努力してきました。 料理、ダンス等を通じて広める活動をしています。
そんな中 日本の国技でもある相撲にて 初のブルガリア人力士 琴欧洲関が誕生し、
活躍する姿をとても誇らしく思っています。
また 碧山関の活躍を私たちはとても楽しみにしています。
鳴戸親方 あなたが成し遂げてきたこと そして達成する努力 心から尊敬します。
不屈の忍耐と屈強な意思に 心から敬服いたします。

そして今日 もっとも若いブルガリア人力士 虎来欧 あなたを応援に集まりました。
成功とは簡単に手に入るものではありません。
身体の強さも 精神の強さも 求められる相撲の世界ではなおさらです。
困難を乗り越える努力と 信念こそが成功に導いてくれることでしょう。
日本のことわざを思いだします。 
七転び八起き です。
あなたはこれからどんな困難も乗り越えていけると信じています。
そして覚えていてください。 私たちはいつもあなたを応援してます。

最後に今日このような素晴らしい機会を作って下さった生島様 皆様に御礼申しあげます。
ありがとうございます。
私たちの新しいスターの 今後ますますのご活躍をお祈り申し上げます。

                   平成30年3月2日 鳴戸部屋 神戸後援会 発足式




































end