2007年03月26日

ジュンペイの公式コメント

ホームページの内容を見て、足を運んでくださった方、ありがとうございます。

私 ジュンペイ(大福ではギター、コーラス担当)は今年度かぎりで 大福の活動への参加を一旦やめることになりました。

その理由を挙げます。
社会人として働きだすにあたり、今住んでいる土地を離れるためです。

2007年度春からはネットラジオの放送に一本化して、新たに活動を行おうという案も浮上しておりましたが、見合わせることになりました。
それはネットラジオを約1年間続けてきた結果、やはりラジオ番組はパーソナリティ同士が直に会って作ることがまず必要だと感じたからです。
そして、来年度の春からはダイスケの住まいからは遠くなるのでインターネットを経由しての収録が主となるのではないかという見通しが立っていました。直に会って作るのが大切だと考える僕にとって、メンバー同士が直接顔を合わすことなく、インターネットの音声だけでの会話を収録し、それをリスナーの皆様に聴いていただくというスタイルに疑問を抱かずにはいられなかったのです。そして、そんなプロセスを経て作った番組の質にも満足がいかなかったのです。また番組作りに違和感を覚えながら続けるのは、相方に対しても申し訳がない気持ちがありました。

今度引っ越す先は、相方の住んでいる京都からはあまりにも遠すぎます。
そのことが廻りめぐってラジオ番組の出来にも影響してくるのであれば、これをコンビの危機ではなく、むしろ大福にとって頃合の良い時期と捉えて思い切って番組の製作中止を決めました。もし、ホームページで予告したラジオ番組の放送内容を楽しみにされていた方がいらっしゃるのであれば、謝らせていただきます。

工夫次第でまだまだ続けられるじゃないか、意欲や情熱が足りないのではないか というお咎めの声やアドバイスは的を得ているかも知れません。
しかし、誠に勝手ながら一旦幕をおろさせていただきます。

相方であるダイスケは、インターネットでの音楽の発表等に僕が見つけられなかった可能性を見出しているのかも知れません。
皆さん、これからはダイスケの創作活動に対する応援、どうか宜しくお願いします!

daifukubukuro at 00:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ジュンペイ著 

2007年01月22日

ダイスケ競馬デビュー

会社の同期であり人生の後輩くんに誘われて、
京都競馬場で競馬デビュー☆


実は、その彼はお昼休みにいつも僕のデスクに来ては、
一緒にネットサーフィンをするという不思議なことをしてまして、
彼に操作を任せていたら、いまや競馬のページは毎日見に行くことになってます。

ただ、話の花が咲くわけでもなく、また空間的にも話しづらさはありますので、
毎回そうやって見るのは乗り気じゃなく、「また競馬か〜ぃ」なんて悪態をつくわけですが、
それでもめげずに毎日来る彼に「競馬場行きましょう」と誘われたわけです。


もともと、ゲーム「ダービースタリオン」を結構やったことがあったので、
競馬のシステムを知らないことはない!
だから、まったく興味ないということもないんですよね、実は。
公営ギャンブルで一番いいと思うのが競馬ですよ。

なので、朝9時に京都競馬場最寄り駅の淀駅に待ち合わせ、行きましたよ。
入場料200円に多少の不本意さを覚えつつ、入場!
広大な芝とダートのフィールドは、すがすがしさがありました。

で、1R!
事前に買ったスポーツ新聞を参考に、予想していきます!
馬連で賭けたんですけどね、
結果は、なんといきなり的中!!

ただ、6通り=600円かけて、払い戻しが380円だったので、
当たったのに損という、なんとも微妙な感じでスタートです・・・。

しかしそれ以降、当たりは遠ざかり、テンションが下がる一方・・・。
そんな中当たったのは、京都競馬場ではなく、中山競馬場での10R「若潮賞」!

ここで僕は36.6倍の配当を的中!!100円×36.6=3660円の配当!

しかし、当たったのはこれらだけ。
惜しいレースはいくつかあって悔やまれたものの、負けは負け。


収支を報告すると、

偶然にもちょうど10000円かけて(←無意識の神がかり的感覚)4040円の払い戻し
結果、5960円の赤字でした。

まぁ、黒字で帰れるなんて思ってないので、別によし。



競馬場に行ったら“せっかくやし精神”で使ってしまうので、
そう簡単には行かないようにしたいものですわ・・・(笑)

daifukubukuro at 00:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ダイスケ著 | 日常

2007年01月21日

あるある大事典

健康情報番組って、正しい情報を提供するのは重要ですよねぇ。

かつても、TBSの番組「ぴーかんバディ」で
白インゲンで痩せられるとかいうのがあって、
下痢とか嘔吐とかしたという話があり、間もなく番組リニューアル・・・。
あとは、便器に湯をかけると汚れがとれるだか紹介して、
実際やってみたら、便器にヒビがはいったとかいって騒動になってましたねぇ。


ながーいこと続いている情報番組としては、
「午後は○○おもいッきりテレビ」(○○って何?!)が一番長いかな。
ゴールデンタイムとしては、「発掘!あるある大事典」(何が“ある”んだ?!)で、
マチャアキの信頼感のある司会で、裏番組の「行列のできる法律相談所」と
視聴率のしのぎを削り、またこの時期にはキムタクの「華麗なる一族」がスタートし、
より視聴率競争が激化!
・・・ということで「あるある大事典」が気合入れて特集したと思われるのが、
納豆ダイエットでした。


この番組で紹介すると、たちまち納豆が品薄・売り切れ状態!
テレビの影響力が改めて示されるニュースとして伝わりました。


けど、番組内容が捏造だったなんて・・・。

マチャアキも志村けんも、さぞ怒っていることでしょう・・・。

「あるある」終わっちゃうんでしょうか?(もともと見てないですが(←おい))

まぁ、明日の放送は、逆に視聴率とれそうですね・・・。



しかし、情報の捏造とか、最近の不二家問題などに通じるものがありますが、
なんかもう、世の中おかしくないですか?
地球温暖化うんぬん言う前に、殺人事件とかもそうやけど、
なんか人間がおかしいと思いませんか?


今回のあるある騒動、納豆が健康に悪いわけではないんで、
納豆の不買とか起こらなければいいですけども。
風評被害っていうの、正直ありますからねぇ。
関係ないのに、何か別に必須なものじゃないから買わないでおこうみたいな。
そう拡大して解釈していくと、
何も食べられなくなったり、何も信じられなくなりますね。


そういう意味でとりあえず
「大福」で食中毒が起こらないことを切に祈ります・・・。

daifukubukuro at 01:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ダイスケ著 | その他

2007年01月10日

ジュンペイより新年のご挨拶

遅ればせながら、私ジュンペイも新年のご挨拶をさせていただきます
もう元旦から10日も経つんですねぇ… そして、紅白歌合戦の白組の勝利を予想できなかった大晦日からもうそんなに時間が過ぎてしまいました

今年は新年早々TBS系列の某超人気ドラマでジュンペイっていう名前の善人のふりをしてヒロインを騙す悪者が出てきて「いい役ちゃうんかい!」って突っ込んだり(全く、ジュンペイってやつにはロクなやつがいませんw)、新年のテレビ番組のセットが質素だったので、世間は倹約モードになっているのかなぁなどとりとめもないことを考える正月を過ごしましたね。

しかし、今日は十日戎に行って来て知りましたが、、、どうやら去年よりもたくさんの方々が神社に参っていたようです。
お正月のテレビ番組で一方的に決めつけていましたね、だから今はちょっとずつ世の中が活気づいてきてるのかななんて思っています。

大福ラジオの放送も2007年の第一回目の放送も行いました。
やっぱりラジオはいいですねぇ〜 マイクを持って喋れることが快感です(笑)
番組の放送時間自体は30分に短縮されましたが、その分密度のあるものを作り上げたいと思います。30分でも今までのもの以上の満足度を感じていただけるものにしたいです
2007年、これだけはやりたいっていう目標をマニフェストという形で紹介しましたが、正直守れるかどうかは来年になって結果を見てみないと分かりません
一昨年から始めた大福の活動… それを振り返ると分かるんですが、結構やろうと思っていたことができなかったりしたので、余計にいい加減なことは言えないなぁと思ってみたり…
(新年に入り、初めての書き込みなのに湿っぽくなってしまい、申し訳ないです

でも、人間の人生なんて多分中途半端なものなんでしょう
だからこそ格好悪くて不完全な状態のままでも出たとこ勝負で挑まなければならないことも時としてあります、そして常に時間は待ってはくれません

だからこそ、今年もそのときやろうと思ったことをそのときどきに一番大切にしようと思います。

daifukubukuro at 23:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ジュンペイ著 | その他

2007年01月04日

ダイスケより新年のご挨拶

ぼーっとしてたら2007年を迎えてました。
早いものですねぇ〜

今年は、世の中全体もさることながら、
自分自身や身近なところでどういった出来事が起こるのか?


失望?

追放?

解雇?

抹消?

事故?

昇天?


幸せなことも不幸せなことも起こるでしょうが、
なんとか2007年を生き長らえたいものです。

そして、できれば幸せに過ごせたらいいですよね!


ここで、自分にとって何が幸せなのかというのが大事になってきますが、

まぁ何といってもコレですよ。恋愛していきましょう

えぇ、彼女の1人や2人でもできたらと思いますよ



ふふーん、今の一文にツッコめた人は優秀(笑)

ただし「お前には1人もできねーよ」とツッコんだ奴は、ちょっと楽屋へ来い



・・・以上、新年のご挨拶に代えさせていただきます。

daifukubukuro at 11:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ダイスケ著 | その他

2006年12月22日

【むちゃぶり#83】テーマ:イントロ

期間があいてしまって申し訳ない・・・。

テーマは「イントロ」。

作曲する上で、意外に難しいと感じるのは「イントロ」だったりするんです。

どうやってその曲が始まるのか、

聴く人をひきつけるための重要な部分ですよねぇ〜。

だから、「イントロドン!」っていうのがあるわけです。続きを読む

daifukubukuro at 01:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ダイスケ著 | 大福連載企画「むちゃぶり」

2006年12月07日

【むちゃぶり#82】テーマ:ダイヤモンド

♪ダイヤモンドだねぇ〜 ということで今回のテーマは「ダイヤモンド」

DEEN以外にもダイヤモンドっていう曲を作っているアーティストさんは結構いるみたいです。
そのうちのひとつに…続きを読む

daifukubukuro at 14:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ジュンペイ著 | 大福連載企画「むちゃぶり」

2006年12月05日

【むちゃぶり#81】テーマ:DEEN

DEEN・・・懐かしいと言ってしまいますが、
今も活動されてますよねぇ。

しかし私の知識不足で、残念ながら90年代のDEENしか知らないため、
最近のDEENを調べてみました。

そしたら、なんと千葉ロッテマリーンズとゆかりがあることが判明!続きを読む

daifukubukuro at 17:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ダイスケ著 | 大福連載企画「むちゃぶり」

2006年11月29日

【むちゃぶり#80】テーマ:ファイナルファンタジー

ファイナルファンタジーは小学生高学年ぐらいのときによく遊びましたね

かっこいい召喚魔法があったり、飛空艇っていう飛行船の操作が面白かったり、セサミストリートのビックバードを連想させるでっかい鳥が出てきたり…と かなり夢中になりました


そんなひとつのTVゲームだったファイナルファンタジーが映画になり、そしてラルクさんや倖田來未さんがタイアップ曲を歌うようになり…時代は変わりましたねぇ

昔とくらべるとゲーム業界も売り上げが抑えられてきたんで、ゲーム自体の内容以外でも話題作りが必要なんでしょうか
いろいろ工夫してますよね

でもこういうことっていつ頃始まったんでしょうか

僕が一番古いところで思い出せるのは、DEENが「夢であるように」っていうタイアップ曲をTVゲーム用に歌っていたのをおぼえています。
どうやら僕が小学生のときから既に始まっていたみたいですね

歌もゲームもヒットしたのでもう言うことナシです

それでは次のテーマは「DEEN」としましょう

daifukubukuro at 01:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ジュンペイ著 | 大福連載企画「むちゃぶり」

2006年11月25日

【むちゃぶり#79】テーマ:洋楽

「洋楽」といえば、プロのアーティストの方の
プロフィールとかバイオグラフィーとかを見てると、
よく海外の音楽を聴いてて、それに影響された・・・な〜んて載ってます。

まぁ、実際の話なんでしょうけども、
もし本当は聴いてなくても、そう書いてるだけでカッチョいいですネ
続きを読む

daifukubukuro at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ダイスケ著 | 大福連載企画「むちゃぶり」