2011年04月

サマータイム。

そんなわけで、うちの社員が常駐している会社でも勤務時間の前倒しの話がぼつぼつ。
というわけで、ちょっとありがちですが、サマータイムについて。

今年の夏からのサマータイムの導入ってシステム屋さんからすると絶対に無理かと・・・。
そんな簡単にシステムの時間変えるってことができるとは・・・。

そんなこんなで、実態として勤務時間の前倒し(企業版サマータイム)はできると思いますが、政府版サマータイム導入はできたとしても来年でしょうねぇ。
サマータイム特需来ないかなぁ(笑)。

ちなみに、うちの会社の本社勤務者(受託・アウトソース部門)はフレックス。
サマータイムもあんまり関係ないですね-。

人気ブログランキングへ

最近の傾向-その1-。

そんなわけで、ものすごーく久しぶりの更新です。

今回は最近の応募者の傾向について。
ものすごーく語弊がある、かつ、失礼なことは重々承知の上で書いてみます。

■ パターンその1-大企業勤務の応募者-
「あのー、それって大企業だからその経験でそれだけもらってるんですけどー」
って本人に直球で言いたいくらい、イラっとすることが間々あります。
つまり、大企業ってのは、初任給は割と高めで、後は実力があればより上がるし、そうでなくてもぼちぼちの給料で定年まで雇ってもらえる・・・という構図(ただし定年まで雇ってもらえることはほぼありえないのが実際です)。
それを捨てて100人規模の会社に応募するってことは、実力示してガツンと給料上げたいand/or早く役職つきたいからでは?
そうであれば、そういう心構えで応募してくださいな・

■ パターンその2-零細企業勤務の応募者-
「あのー、それって一生中途半端なエンジニアで終わっちゃうよー」
って、お説教したくなることが間々あります。
零細企業の場合、開発屋・サーバ屋・ネットワーク屋などと分業されていないことが多いかと。
そのため、なんとなくいろんなことやりたいですー、という人が多いかなぁ。
まずは自分のエンジニアとしての基本的立ち位置を決めましょう。

■ パターンその3-失業中の応募者-
「あのー、それってもうやめちゃった会社の話ですよねー」
って、ものすごーくイラっとするパターンです。
前の会社ではこれだけもらってたから、それだけもらって当然だ、ってどや顔でこられても・・・。
お引き取りください・・・。

って、書いてて、思い出してイラっとしてきた。
というわけで、その2は近日中に。

人気ブログランキングへ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

ふくしまとも

丸の内にあるシステム屋さん(株式会社アウトソーシング・システム・コンサルティング)の代表取締役社長です。日々思いついたことを徒然なるままに書いていきます。

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ