麺太郎の秋田ラーメン日記 秋田台湾グルメブログ@立憲圧政会総司令部

伝説の研究室再興、最高





トラガス。』@湯沢市

限定「肉蕎麦風中華そば大」¥880

半ライス付。


麺量は大225g、小150g選択可能同一料金。


某有名蕎麦店を彷彿とさせる、肉、ネギ、辣油のコントラストと圧倒的な相性の良さ。


自家製の細麺は、滑らかな麺肌。肉、麺、葱を一緒に持ち上げて辣油のピリ辛感をも味方につけて、225gはあっという間になくなります。


麺と肉を一緒に食べても、まだまだ肉が余るほど豪快な肉盛。余ったら当然、旨味たっぷりなスープとともにオンザライス。間違いない旨さ。


ごちそうさまでした!!!!! 

  
岩手ラーメンフェスタで、お手伝いのお話が・・・。私ごときがとは思いましたが、できないなりに全力をだそうと思い、うかがいました。
基本的にチャーシューを炙る役割。
あとは、濃厚鶏白湯スープが焦げ付かないように、木ベラで混ぜる係。

もちろん、合間にはちゃっかりラーメンをいただきました。

『味噌専門 札幌みその』(北海道)
「札幌濃厚味噌らーめんフルトッピング」


『麺屋桜』(愛知)
「名古屋コーチン濃厚鶏白湯」


『鯛塩そば灯花』(愛媛)
「愛媛宇和島鯛塩そば」

『駿河拉麺會』(静岡)
「トリュフと特選カモチャーシュー醤油ラーメン」

『ルーキーズ』(岩手)
「鶏白湯エビ塩そば」
私がお手伝いをしたお店です。

当然ながら、どれもこれもハイレベル。
だからシェアしなくても5杯いけました。
量は他のラーメンフェスよりかなりあります。

改めて、ラーメン屋さんの凄さや大変さを実感しました。本当に大変だ・・・。前からリスペクトしておりますが、さらにその度合いが増しました!

岩手の飲食店やラーメン店の店主の方々とたくさんお知り合いにもなれて、非常に嬉しかったです。

ごちそうさまでした!!!!!




【本日の旨いもの】

『Noodle college SHIROKURO』@大仙市

一周年記念特別限定第3弾。
3日目は店主原点回帰の一杯!

本日のみ限定「佐藤の原点」¥800
塩と醤油選択可能。

どちらもジワッと魚を感じる、出汁の濃厚さで食べさせる一杯。

これで三部作完結。

ごちそうさまでした!!!!!



『Noodle college SHIROKURO』@大仙市

一周年記念特別限定第2弾。
2日目は『Raman RyuGuJo』@秋田市とのコラボ!

本日のみ限定「プレミアム鶏SOBA」¥800

一杯に信じられない量の比内地鶏を使用した特別な逸品。

1口目で厚みのある鶏出汁がガツンときます。スープ表面にキラキラ浮く鶏油がさらに旨味を引き上げ、RyuGuJo謹製のパツ旨な細麺をコーティング。


たまらず「和え玉」をオーダー。
まぜそばとしていただき、さらに、つけ麺としても抜群な相性で驚きの連続。

明日で一周年記念は最終日ですが、さらにすごい一杯がいただけそうです。

ごちそうさまでした!!!!!

『麺屋十郎兵衛』@大仙市
17日のみ限定「比内地鶏極太中華蕎麦」¥750
東京ラーメンショー2017出店記念特別限定。

一杯に150gの比内地鶏を使用した、原価度外視の一杯!

淡いカエシが逆に鶏出汁の存在感を際立たせています。

比内地鶏のモモチャーシューは肉厚でブリンブリンの食感。

極太麺はツルツルな麺肌でありながら、縮れ具合は荒々しく、スープがまとわりつきやすいので、すするのが楽しくなります。

ごちそうさまでした!!!!!



 『中華そばde小松』@大仙市
11月限定先行販売15食限定
「de小松的スーラータンメン」¥780

上に乗っている餡と下のスープが全く違う構成となっている新しいスーラータンメン。

上海料理の餡かけのような優しい味わいと、大量のブラックペッパー由来の辛味と酸味でパンチの効いたスープが、それぞれで存在感を発揮した後、混ぜ合わせるとまた重層的な別の味わいに。

さらに辛味の効いた挽肉や辣油を混ぜ合わせると、また味が変わります。

丼底に隠されたトロロ昆布がまた味を変え、トマトの酸味がまた爽やかさをもたらします。

脱帽です!
ごちそうさまでした!!!!!!!



『Noodle college SHIROKURO』@大仙市

一周年記念特別限定第1弾。
初日は『麺や二代目夜来香』@秋田市とのコラボ!

本日のみ限定「肉マースNoodle」¥800

豚肉出汁とホンビノス貝の合わせ技。
骨出汁とは違い、ジワリジワリと厚みのある出汁感が押し寄せます。

清湯系に抜群に相性のよい夜来香の麺は、ツルツルシコシコな食感。

後半からフライドガーリックがほどよい油分と香りを演出。

二種類の豚肉チャーシューが非常にジューシーで適度な噛みごたえがあり、麺ともスープとも合う味付け。

ごちそうさまでした!!!!!




『Noodle shop KOUMITEI 香味亭』@横手市

「ナポリタンまぜそば」¥930
追い飯付き。

またもや革命的な一杯。
ナポリタンと名付けられていますが、デュラム粉もセモリナ粉も入っていない、正真正銘の中華麺。

洋食技術を結集させたソースの旨味、厚切りベーコンや豚肉のカツレツの存在感。

シメは追い飯と名付けられたオムライス。この前代未聞の構成は決して奇を衒うことなく、食べ始めから完食まで、洋食のフルコースを食べているかのよう。

ごちそうさまでした!!!!!

#麺#ラーメン#らーめん#拉麺#中華#中華そば#イタリアン#洋食#オムライス#追い飯#ナポリタン#まぜそば#汁なし#横手市#ベーコン#厚切りベーコン#限定#限定ラーメン @ Noodle Shop KOUMITEI 香味亭

『麺屋羅漢』@横手市
「羅漢海老ラーメン」¥790
「味玉」¥100
「大盛」¥0  会員カードサービス

甘味さえ感じる濃厚濃縮動物白湯に、甘海老の香ばしさが加わり、最後の1滴まで海老旨を感じ取れる仕様。

自家製の太麺は、硬すぎず、スープに馴染んでチュルチュルな食感。個人的に大好きな麺肌です。

燻製された味玉はオーダー必須。これは県内でもトップクラスの旨さだと思います。

ごちそうさまでした!!!!!




『麺屋史』@湯沢市
「煮干中華」¥600

煮干本来の旨味やビター感がダイレクトに味わえる一杯。煮干系のスープは最後まで飲めないことの方が多いですが、塩分もあまり気にならない設定なので、最後まで飽きずに美味しくいただけます。

麺は本日のみ、明日オープンのセカンドブランド店『鰯の史本店』の細麺をいただくことができました。加水率低めの麺は、パツパツな食感で非常に良く合います。

ごちそうさまでした!!!!!


『中華食堂レンゲ』@宮城県大崎市
「スーラータン麺」¥780(税別)

sasakigumi氏、メロンパン女史と行く県外遠征2軒目。

麺SAMURAI桃太郎での爆食の影響で、腹を落ち着かせるためにロングドライブへ。南下して大崎市に到着。大崎市も名店は色々ありますが、選んだのは先月末にオープンしたばかりの新店。

スーラータン麺と言えば、秋田市の人気店『麺や二代目夜来香』のオリジナリティ溢れる一杯を想起しますが、今回は日本の中華料理店でよく見られる丼顔。

スープはトロトロ熱々で、酸味や辛味が比較的抑え目な構成。食べやすく、啜りやすい。

麺は細麺。柔らかめでスープと一体化。とにかく熱々なので、なかなか減りません。

残ったスープに炒飯を投入したい気持ちを抑えて完食。

「タンタン麺」¥780(税別)

シェアした一品。
かなり強めの胡麻感で、食欲をそそります。

「マーボー焼ソバ」¥820(税別)

約30年ほど前からある「仙台マーボー焼ソバ」の認定店のようです。非常にスパイシーですが、旨辛な印象。空腹時は、これに炒飯をつけたいです。


定食も豊富。
手軽に中華料理を楽しむお店として、今後人気が出そうです。

ごちそうさまでした!!!

『麺SAMURAI桃太郎』@岩手県

今回はフリーク仲間のsasakigumi氏とメロンパン女史(仮)の3人で爆食ツアーを敢行。大曲大ラーメンフェスにも出店していた目的の店に朝から某所でメロンパンを購入して爆走。

「ハマグリ塩」¥850
着丼直後からハマグリのいい香りが。低温調理の豚鶏チャーシューは噛むごとに旨味爆発。シェルラー好きにはたまらない一杯!


「きびまぜそば」¥850
先日の大曲大ラーメンフェスでお近づきになったラーメンYouTuberのSUSURU氏が紹介していて気になっていた一杯。
ニンニクや生姜をガツガツ混ぜて、濃いめのタレと極太麺を喰らう男の一杯!300gの麺量も忘れるほど夢中で喰らいました。

ここからはシェアさせていただいた品々。

「極煮干」¥780

「奥州いわいの鶏だし醤油」¥780

「鶏白湯」¥780

「ハマグリ醤油」¥850

どれもこれもクオリティが非常に高く、どれを食べても満足度高し。

このカフェ感がたまらないです。
そしてお洒落です。
実際、カップルが非常に多いです。

メニューが豊富で優柔不断な方々は悩むと思われます。
夜限定も気になるところ。

ごちそうさまでした!!!!!!

『中華そばde小松』@大仙市
限定「冷し担々つけ麺」¥880

今シーズンの冷し食べ納め。
やっぱり革命的に美味しい。
麺もスープも器もキンキンです。

つけ汁に豆乳を投入後は、辛味も抑えられ、マイルドな担々スープに。

また来シーズンを待ちたいと思います!
また進化して帰ってくることでしょう。

ごちそうさまでした!!!!!



『Noodle college SHIROKURO』@大仙市
『麺や二代目夜来香』@秋田市とのコラボ限定!

本日のみ限定「鶏そば」¥750

分厚い鶏出汁とトリュフオイルのコントラスト。醤油が引き立つような仕組みで、非常に香ばしいです。

しなやかでツルツルな麺は夜来香のまま。やはり、清湯系にはがっつり合う麺です。

このままレギュラーであれば非常に嬉しいです。

ごちそうさまでした!!!!!



「本マグロとズワイ蟹のちらしまぜそば」@自作

本マグロ、ズワイ蟹、海老、切り昆布、塩昆布、とびっこ、刻み海苔、大葉、ベビースター、バタピー、ガーリックオイル、ナンプラー、卵黄。

最近作ったまぜそばでは、ダントツに旨かったです。

ごちそうさまでした!!!!!



『Noodle college SHIROKURO』@大仙市

限定「沖縄風SOBA」¥750

今回の限定のためにオーダーした、村上朝日製麺謹製の太麺。

鰹がどっしり効いたスープに、甘めで肉感しっかり目でジューシーな角煮、アオサ、フライドオニオン、アーリーレッドがトッピングされ、旨味と華やかさを効果的に配置。

9月中は提供する予定のようです。

ごちそうさまでした!!!!


『麺屋にぼすけ大曲駅前店』@大仙市
6日からの限定「汁なし台湾担々麺」¥800
追い飯付。
麺量、200gと250gから選択可能。

辛味と痺れがちょうどよく、極太麺に挽肉と胡麻ペーストが濃厚に絡みつきます。

ごちそうさまでした!!!





『中華そばde小松』@大仙市
限定「黒辛油そば」¥780

本日のみ『麺や夜来香』@秋田市の麺を使用した特別コラボの一杯。

今年も突き抜けた旨さの黒辛!
切りイカや削り煮干の旨味が爆発!

ハラペーニョや唐辛子等、去年より辛めの設定が個人的に嬉しいです。

ごちそうさまでした!!!!!!




『支那そば 無双庵』@山形県山形市
「無双の汁なし」¥990 
味付けは、海老、ニボ、辛シビから選択可能。

宮城の名店『麺屋とがし』の流れをくむ人気店。旨味を搾りきった得意の濃厚ドロドロ系なスープも健在。

オーダーした汁なしは、コキコキな歯ごたえの太麺を、ご覧の具材たちでごちゃ混ぜにし、ガツガツ喰らうという、ワンパクな方々にはもってこいの一杯。


「海老そば」¥730

これぞ『麺屋とがし』の味。動物系白湯の旨味甘味に海老がガツンと効いています。全粒粉入りの細麺も旨いです。

「魚貝そば」¥730
限定「無双の冷やしらーめん(海老)」¥880
味は、海老、魚貝、辛シビから選択可能。

ごちそうさまでした!!!!


『お食事処 宝来』@横手市増田町
「味噌ラーメン」¥680

豚骨や鶏ガラの清湯と思われる出汁感に、少し甘めの味噌が合わさり、サラサラで飲みやすい印象。動物系の油膜も張っており、こってり感を演出。

麺は中太ストレートで、予想よりも柔らかめな茹で加減。食感はうどんに近いツルツル感。

チャーシューは味が染みた噛みごたえ系。薄切りですが美味しいです。他に紅白蒲鉾も入っています。

ごちそうさまでした!!





『Raman RyuGuJo』@秋田市
「地鶏そば」¥750

7月下旬頃にカエシが生醤油になってから初オーダー。
着丼直後から、鶏と醤油の香りが。

厚みのある鶏出汁と蛤の旨味ががっつり噛み合ったスープは、角のない生醤油の輪郭を保ち、全体的なバランスを維持するための土台となっています。

雑味の一切ないクリアな味。
飲み干したくなるスープです。

最近導入した有田焼の丼もその存在感はもちろん、最後まで旨味を逃がさず。スープが熱々になるために必要なもの。

進化の止まらない一杯。
ごちそうさまでした!!!!!!





『柳麺多むら 外旭川店』@秋田市
「塩ラーメン」¥780
「醤油つけ麺」¥800

最近、塩ラーメンのスープが変更になったことを聞きつけ突撃。

貝系の旨味がガツンときます。さらに、魚のエグミのないクリアなスープの出汁感がダイレクトに。

しなやかツルツルの麺はいつも通りスープによく馴染みます。

つけ麺は、カエシのキレと酸味が爽やかな一杯。細麺をジャブジャブつけて、どんどん啜りあげましょう。

進化を続ける突き抜けた一杯。
ごちそうさまでした!!!!!!










『麺や二代目夜来香』@秋田市

数量限定「ネギたっぷり!!濃厚にんにくみそラーメン」¥850

濃厚トロトロな動物白湯の甘味とコク、味噌の風味ががっつり噛み合ったスープ。旨味を引き立たせる最小限のニンニクが効いています。大量に入ったネギの食感も素晴らしいです。

新メニュー「鶏中華ソバ塩」¥700

あっさりなのに、厚みのある豚肉出汁感や昆布の旨味をダイレクトに感じ取れる塩。シンプルですが、スープ表面の油の旨味が最後まで食欲を引き立たせます。

新メニュー「夜来香式"辛"台湾まぜそば」¥850

通常の台湾まぜそばよりも、胡麻感が強く、より食べやすくなった印象。途中、辣油や酢でカスタマイズするのを推奨されています。辣油多目が旨いです。

ごちそうさまでした!!!!!


『きらく食堂』@横手市
「ラーメン」¥600

動物系の油分で膜の張ったスープは、独特な酸味と塩分が癖になる味わい。

麺は中太縮れ麺で、モチモチ。濃いめの味を受け止めるには充分。

驚くべきは、ラーメンを含め、定食類のコスパ。ほぼ500円台の提供で、ライス大盛無料と、わんぱく喰いができそうな予感。
「鶏から揚げ定食」¥500


ごちそうさまでした!!






『安楽食堂』@横手市
「安楽ラーメン」¥600

焼肉ライスと横手焼きそばの名店ですか、こちらのラーメンも絶大な人気を誇ります。

炒めた野菜や豚バラ肉の旨味が、鶏ガラ出汁と合わさって非常に美味しいです。

このまま中華あんかけにしても良さそうな味わいで、案の定、後半は酢と辣油が絶妙にマッチ。

ごちそうさまでした!!!!




『中華料理 紅龍』@横手市増田町
「紅龍ラーメン」¥700

龍の文字が見えると、何故か気分が高まりますが。

かなり昔に訪問して以来です。あの時は麻婆ラーメンをいただきました。

今回は店の看板にもなっている紅龍ラーメンです。

動物系清湯の旨味溢れるあっさりスープの上に、ニンニク、豚肉をベースとした中華餡かけが豪快に盛り付けられた一杯。ベースは醤油ですが、どちらかと言えば塩味(えんみ)がたっていて、個人的に大好きな味です。

細切りの筍やヤングコーンの食感も楽しく、蟹のほぐし身の旨味も徐々に餡に浸透してきます。

この手のラーメンの細麺は、クタクタになりやすいですが、今回は硬めの茹で加減で非常に美味しかったです。

ごちそうさまでした!!!!


『聚楽亭』@山形県最上郡金山町

限定「濃厚煮干しラーメン」¥800


鶴岡市の人気店『麺絆 英』と『聚楽亭』の奇跡的なコラボラーメン。


麺絆英の濃厚動物白湯と大量の煮干を合わせて搾りきり濾したスープは、煮干の香ばしさと白湯の厚みのある旨味が完璧に攪拌されており、濃厚ながら飲みやすいです。エグミや苦味は一切なし。


麺は聚楽亭謹製の、ゆきちから100%のしなやかツルツル細麺。まるで絹を食べているかのよう。


この先、あるかないかの奇跡的なコラボ。圧倒的でした。


ごちそうさまでした!!!!!!!






『聚楽亭』@山形県最上郡金山町
限定「龍横健 肉そばミックス」¥900

山形県新庄市にあったレジェンド店『龍横健』の「そば」「肉そば」が復活。

分厚い鶏がスープを支配。アグー豚チャーシューを含めたミックスチャーシューも味が染みててしっとりジューシー。

それを受け止めるモチモチつるつるな自家製太縮れ麺は、スープの旨味を全て吸い上げ、啜りがいがあります。

感動しました。
ごちそうさまでした!!!!!!!!







『らぁめん ぽっぽや』@湯沢市
「煮干しらぁめん」¥680

石孫本店の激ウマ醤油「百寿」をカエシに使用し、海老出汁と焦がし煮干の相乗効果で、重層的な旨味をがっつり感じるスープです。さらに背脂で甘味と動物感を演出。

ほうれん草、玉ねぎ、メンマ、ネギ、煮卵、麩、チャーシュー三枚、海苔がトッピングされて680円は非常にコスパが高いです。

ごちそうさまでした!!!!






『やき肉 太郎』@横手市
「ホルモンラーメン」¥600

焼肉だけでなく、圧倒的なコストパフォーマンスで、ラーメン、そば、うどん、パスタ、各種定食を取り揃える名店。

煮たホルモンではなく、香ばしく焼いたホルモンや炒め野菜が大量にトッピングされ、その旨味が動物系清湯に溶け込み、非常に複雑な味わいですが、食べ進むうちにそれが癖になるほどです。

メンマは穂先を使用。コリコリな食感が美味しいです。

麺は細麺で柔らかめですが、それがシャキシャキ野菜やホルモンの食感とのバランスがとれており、逆にこれくらいがちょうど良いと思えます。

かなり近いうちに再訪確定です。

ごちそうさまでした!!!!!



 『麺屋十郎兵衛』@大仙市

「塩ラーメン ブリックス21」¥780


通常の塩ラーメンよりも濃度をあげてもらいました。


スープはトロトロで全体がコラーゲンのよう。動物感をガツンと感じます。


ごちそうさまでした!!!! 







『トラガス。』@湯沢市
「四川風みそ担担麺」¥900
「半ライス」¥100
「焼豚」¥300

トラガス。特製の味噌ダレと辣油の相性は、抜群。ただ辛いだけではない、旨みの強い辣油です。

挽肉や角煮をスープから引き上げてライスに。四川風担担丼です。

ある程度食べたら、スープ多目にして雑炊風に。

このわんぱくセットはオススメです。

ごちそうさまでした!!!!!


『麺SAMURAI桃太郎』
『よつやドライブイン』
『麺屋にぼすけ本舗』
『麺屋十郎兵衛』
『初代まるよし』
『新旬屋麺』

おおまがり大ラーメンフェスに行って参りました。

この写真以外の店舗も、すべてシェアさせていただき、食べることができました。

このフェス以外の実店舗でも爆食してしまったため、当然ながら胃袋に限界が・・・。

このフェス終了直後に、人気ラーメンユーチューバーのSUSURU氏との会食を控えていたため、セーブしたつもりでしたが、欲求には勝てませんでした。

当然ながら、昼から色々なお飲み物が。
つまみも完備。


大曲の皆さんの、地域を盛り上げようとする想いが伝わる、素晴らしいお祭りでした。



『中華そばde小松』@大仙市
限定「XO醤とからすみ醤のまぜそば」と「ルーロー飯」のセット¥880

大曲ラーメンフェスの合間にいただいた一杯。リピートになります。前回と違うのは、魯肉飯がセットになったこと。

改めて、からすみ醤の旨さを確認。自分も購入すべきでした。日本ではなかなか手に入りませんので貴重な一杯です。

魯肉飯は、本場では豚肉の脂身の多い部分を醤油で甘辛く煮込んでトロトロですが、今回は日本人向けにあっさり仕上げ。逆に、こちらの方が「肉」の部分が多いので、お得感があります。どちらかと言えば、台湾の人気メニュー「知高飯」に近い味わい。

台湾限定シリーズは一旦終了の気配ですが、さらに進化した台湾限定が秋には見られそうな予感。

ごちそうさまでした!!!!!






『Noodle college SHIROKURO』@大仙市
8月20日限定「SHIROKURO式担々麺」¥900

この日は大曲ラーメンフェスの日でしたが、近所のラーメン店は揃って特別限定を出しており、ラーメンフリークにとっては胃袋の限界と戦う勝負の1日でもありました。

さて、同店始まって以来、初の限定ボタンのランプが券売機に灯り、シャッター長だった私は迷わずポチ。本日のみの限定をいただきました。

辣油や胡麻ペースト等、担々麺に備わるべきオーソドックスな構成は踏襲しつつも、そこにトリュフオイルを合わせるという斬新な一撃で、既食感の全くないオリジナリティ溢れる担々麺に。

濃厚でありながら、ドロドロ感はないのでしつこくなく、ゴクゴク飲めるスープは完飲寸前。この後の爆食を控えているのに、その危険性を無視してでも飲みたくなるスープでした。

ごちそうさまでした!!!!!

『聚楽亭』@山形県最上郡金山町
限定「青島食堂風」

これまで限定として登場していた青島食堂風を、さらにブラッシュアップ。鶏出汁の濃度を圧倒的にあげたスープに、生姜のキレ。黄色のモチモチ中太麺がよく絡みます。


裏限定「矢口食堂風」

金山町のソウルフードである矢口食堂の冷やし中華を見事に再現。確実に食べたことのない味で、辣油や酢がパランスよく効いたスープはゴクゴク飲めます。


どちらもラスト一杯のところを幸運にもいただくことができました。

ごちそうさまでした!!!!!




Noodle shop KOUMITEI 香味亭』@横手市

「オマール海老香る濃厚つけ麺」¥850

移転後初オーダー。
移転前より濃厚に感じます。
濃度もさることながら、海老の香ばしさや旨味が凄いことになっています。

モチモチな太麺は、濃厚つけ汁に全て潜らすとつけ汁が先になくなってしまうので注意。半分か3分の1くらいでも充分にオマール海老を味わえます。

ごちそうさまでした!!!!!


『自家製麺 佐藤』@大仙市
限定「地鶏とあさりのピリ辛まぜそば大盛」¥840

加水率低めの極太縮れ麺に、あさりのエキスが絡みつきます。

あさりの身自体が大量に入っているので、完食直前まで貝系の旨味を感じながら食べ進むことが可能。

全体的に辛味の象徴となる「赤さ」は全くないですが、ずっとスパイシーさを感じるので、中毒性が高いです。

また、復活を希望します。
ごちそうさまでした!!!!





『金ちゃんラーメン米沢店』@山形県米沢市
「やさしい塩ラーメン」¥800
トッピング「カルピスバター」¥50

山形ラーメンフリーク界の重鎮、バルタン氏との食い倒れツアー5杯目。

昼に4杯食べ、既に2時半をまわり周囲に営業している店舗なし。とりあえず、バルタン氏とともに近くのサイゼリアでいっぷく。ラーメン談義をしているうちにあっという間に5時。

「夜も確実に美味しいラーメンが食べたい」と思い、真っ先に思いついたのは、やはり昼に行った金ちゃんラーメンでした。

スープは、あさりやムール貝がメインの出汁に4種類の天日塩を合わせたもの。貝系出汁のネガティブな部分は一切なく、旨味のみをダイレクトに味わえる構成で、塩分は控えめ。

ここに、カルピスの製造過程でとれるという希少価値の高い高級バターのカルピスバターを投入すると、さらに、スープの旨味が引き立ち、塩分も多少増加するので、中毒性が増してきます。

確実に食べたことのない塩ラーメンで衝撃を受けました。昼の冷やし塩そばといい、塩ラーメンはスープの誤魔化しがきかないので、出汁に自信がないとできません。

ごちそうさまでした!!!!!!!

これにて、バルタン氏との食い倒れツアーは終了。山形県の中でも未訪地域だった置賜地方の名店を中心にいただくことができ、大変勉強になりました。お付き合いいただいたバルタン氏にも感謝です!







『金ちゃんラーメン米沢店』@山形県米沢市
夏季限定「冷たい塩そば」

山形ラーメンフリーク界の重鎮、バルタン氏との食い倒れツアー4杯目。

山形全県規模で大絶賛されていて、以前から気になっていた一杯をいただきました。

見ての通り、キンキンに冷えたスープは水のように透き通り、何の出汁も出ていないかのよう。

ところが、1口飲むとその懐疑的な見方が全て破壊され、貝系と乾物系の爆発的な旨味に口内が支配されます。これは初体験の味わい!

プルンプルンの太縮れ麺の存在感にも全く負けない淡麗系の極み。

後追いでくる柑橘系の香りは、さらに出汁との輪郭を際立たせ、最後まで爽やかにいただけます。

驚きの連続の一杯。ここでしか味わえない一杯でした。

ごちそうさまでした!!!!!!!!!




『拉麺二段』@長井市
限定◆崚豕の冷たい肉そば」¥800

山形ラーメンフリーク界の重鎮、バルタン氏との食い倒れツアー3杯目。

40%の全粒粉入り太麺は、ほぼ蕎麦のような色合いで、これもまた小麦の香ばしさがガツンと出ています。

麺の上には、豚肉の甘煮と刻み海苔がどっさり。麺と豚肉だけで全て平らげる人がいるほど中毒性のある味わい。

ラー油入りの和風つけ汁が更なるインパクトを与え、さらに食欲倍増。本日3杯目なのを忘れる勢いで完食。

ごちそうさまでした!!!!!!!


『拉麺二段』@山形県長井市
限定 嵋楜い領笋笋轡蕁璽瓮2017」¥800

山形ラーメンフリーク界の重鎮、バルタン氏との食い倒れツアー2杯目。

念願だった二段さんに初訪問。そして、予てから口コミやSNSで話題騒然となっていた冷やしをいただくことができました。

昨年も煮干系で提供されていた本気の冷やしは、今年は動物系出汁を全面に押し出した一杯で、冷やしなのにコラーゲンでトロトロ濃厚。油分も感じますが全くしつこくなく、全体の旨味の底上げに繋がっています。

自家製の極太麺は冷水でしめられコキコキつるつるな食感。噂通り、小麦の香りをがっつり感じることがてぎ、ラーメンを啜り上げるダイナミックさを充分に楽しむことができます。

低温調理されたチャーシューは肉厚でジューシー。肉を食べている実感が半端なく、柔らかく分厚い生ハムを食べているかのよう。噛むごとに旨味が口の中に溢れます。

車麩を少しだけスープにつけて、カリカリの状態でいただくのを推奨されました。香ばしく、この一杯にはなくてはならない存在。

とにかく、圧倒的に麺が美味しいです。その存在感を受け止めることのできるスープの凄さも感じながらあっという間に完食。

秋田から長井市は遠いですが、遠出する価値のある素晴らしいお店です。まだ出会ったことのない味に出会えて感動しました。

ごちそうさまでした!!!!!!!!





『麺や陽風』@山形県山形市
「醤油らーめん」¥620

山形県ラーメンフリーク界の重鎮、バルタン氏との食い倒れツアーの1杯目。

陽風のご店主さんとは、全国に名を馳せる山形のレジェンド店の店主の誕生会にてお会いしておりましたが、今回、待ちに待った初訪問となりました。

豚や鶏の分厚い出汁感に、椎茸や昆布の下支えを感じる淡麗にして濃厚なスープ。醤油ですが、醤油に頼らず、出汁で食べさせる引きつけの強いコク。

自家製麺はモチモチでつるつるな食感。デフォで200gと食べごたえ抜群。しっかりスープに絡みつきます。

他にも鶏豚メインの濃厚ドロドロ系や、海老塩のあっさり系もレギュラーで食べられます。

近々移転して席数や駐車場も増えるようです。

ごちそうさまでした!!!!!





『聚楽亭』@山形県最上郡金山町
限定「熊本のラーメン」

全く臭みのない分厚い豚骨の旨味が押し寄せます。濃厚なのにゴクゴク飲めます。

アグー豚チャーシューを含め、チャーシューは三種類。

極細麺は「柔らかい」のではなく「しなやか」な麺。麺を食べるだけでスープが自動的になくなっていきます。

裏限定「冷たいつけ麺」

重厚な昆布水に浸された白くしなやかな極細麺を、分厚い和出汁のつけ汁に潜らせ、一気にいただきます。

昆布水自体が旨味の塊なので、つけ汁も食べ進めば進むほど旨味がプラスされ、味が変わっていきます。

最後は恒例。昆布水の丼にタレを注ぎ、飲み干します。

レギュラー「蒼龍そば」

加水率高めのブリンブリンな麺を受け止めるスープは、昆布や魚の重層的な出汁ががっつり効いたもの。

アグー豚チャーシューがここにも。

ごちそうさまでした!!!!!!





『中華そばde小松』@大仙市
本日18食限定「台湾風かつおとろみ麺(大腸麺線)」と「台湾風鶏御飯」のセット¥880

本場台湾の名店『阿宗麺線』の味をほぼそのまま再現した味に脱帽。

麺線も台湾に直接行き仕入れたもの。購入する瞬間に立ち会った身としては、なんとも言えない感動が。

秋田では小松さんしか作れない味をぜひ体験していただきたいですね。花火大会の日も出すかもしれないという情報が・・・

ごちそうさまでした!!!!!!

#台湾#台湾美食#台北#台北美食#阿宗麺線#大腸#ホルモン#ホルモン煮込み#ラーメン#らーめん#拉麺#中華そばde小松#大仙市#大曲 @ 中華そばde小松



『RAMEN MOSH』@大仙市
夏季限定「冷製スパイシーまぜそば ―メキシコ風―」¥750

数量限定商品です。

1杯全体でメキシカンタコスを食べているかのよう。

酸味、辛味のバランスがよく、サラダ感覚でいただけます。

冷水でしめられたコキコキな麺も美味しいです。

ごちそうさまでした!!!!!





『繁昌軒本店』@大仙市
「中華そば」¥450
「赤中華そば」¥550
「ライスカレー」¥240
※ライスカレーの値段は、中華そばとのセット価格。

思い出すと食べたくなる一杯。
じわり鶏出汁、染み渡ります。

ライスカレーセットのコスパが良すぎです。少し辛めで旨いです。

赤中華の海老油も食欲をそそります。

ごちそうさまでした!!!!

#大仙市#ラーメン#らーめん#拉麺#中華そば#海老油#カレー#カレーライス#ライスカレー


『やまがみ』@湯沢市
「味噌らーめん」¥750

動物系油がスープ表面を覆い、熱々な上に旨味も増しており非常に効果的です。

石孫の味噌だけに頼らず、しっかり出汁感を感じとれる一杯です。

ごちそうさまでした!!!!!