麺太郎の秋田ラーメン日記 秋田台湾グルメブログ@立憲圧政会総司令部

伝説の研究室再興、最高


大仙市の『中華そばde小松』で、昼限定の「冷し担々麺」をいただきました。

彩り鮮やかな野菜たちの下には、あっさりなのにコク旨な担々麺の常識を覆すスープがあります。胡麻は重くなりがちですが、一切そんな心配はいりません。

以前から、スパイス使いが非常に卓越している小松さんですので、辛党も辛いの苦手な方々も満足できるギリギリの辛さを演出。

貝柱の旨味も入った海鮮出汁を合わせたトマトジュースを途中で加えると、さらにコク旨で全く別のラーメンが誕生します。中毒感が半端なく、これは反則的な一杯です。

夜の部限定のつけ麺も度肝を抜く旨さですが、昼限定も同じ担々麺なのに、全く別の世界の旨さです。

突き抜けています。
脱帽です。
ごちそうさまでした!!!!!!!!


横手市の『NOODLE SHOP KOUMITEI 香味亭』で、限定の「フレッシュトマトの冷製イタリアンまぜそば」をいただきました。

大阪の『帰ってきた宮田麺児』で使用している麺をいただけるということで楽しみにしていました。

加水率高めの平太麺で、適度な歯応えと、シルクのような麺肌は麺だけでも充分に美味しい逸品。

缶詰めのトマトを使用していないので、鮮度抜群の甘さ、旨味をダイレクトに味わうことができます。

オクラのネバネバ感、フライドガーリックのカリカリ感、玉ねぎのシャキシャキ感、ハムのスパイシー感、コーンの甘み、角切りチャーシューの旨味が全て高次元のバランスで調和されています。

追い飯の際に、さらにトマトソースやカレーのチャツネが追加され、電子レンジで温めると、チーズが溶けて、一気にリゾットのようになります。これが劇的に美味いです。

お洒落で、楽しくて、美味い。
パスタに近いですが、マスターが言うように、ラーメンの麺と鶏出汁を使用している時点でラーメン寄りかなと思われます。

リピート確定な一杯。
ごちそうさまでした!!!!!



大仙市の『GOLDEN FIVE NOODLE』で、「レッチリ」を並でいただきました。

噂の新メニューをいただきました。
じんわり辛いですが、ただ辛いわけではなく、トマトの酸味や塩気が絶妙で、中毒性の高い逸品となっております。

精力的に楽しそうな限定を出し続けているので、楽しみですね。

ごちそうさまでした!!!


大仙市の『自家製麺佐藤』で、限定の「雲丹アワビ搾りいちご煮中華蕎麦」をいただきました。

貝独特の旨味が優しく広がる出汁感。雑味のないそのままの味の雲丹が鎮座し、コリコリのアワビが贅沢に盛り付けられています。

普段あまり食べる機会のない、雲丹やアワビですが、ラーメンを通して美味しくいただけるというありがたさ。

マスターの好きな味が、私と一緒過ぎて笑える時があります。

これからも、奇想天外なメニューを期待しています。

ごちそうさまでした!!!!


横手市の『ラーメン男寿狼』で、限定の「アジアンえびまぜそば」をいただきました。既に提供終了です。

ラーメンにストーリーを持たせるとはまさにこのことで、店主の目指すラーメンをまざまざと見せつけた限定でした。

まぜそば、つけ麺、ラーメンと三種類の食べ方があり、最終的にはココナッツが降り掛かった追い飯を投入してカレーライスとしていただく、中毒性抜群の一杯でした。

海老感いっぱいのタレは、ナンプラーの旨味やオイスターソースの甘みを伴いながらねっとり太麺に絡みつき、パクチーの風味と合わさると、私の大好きな国シンガポールやマレーシア料理を想起させます。

その麺に、レッドカレースープを投入すると、今度はタイの屋台の味に。カレーラーメンとして恐るべき中毒性を発揮しながら、辛味と海老感が混ざり合うことで、シンガポールラクサのような風合いになり、非常に美味しいです。

この一杯で、私の滞在した思い出の国々を巡ることができる至極の逸品。

脱帽です。
ごちそうさまでした!!!!!!!!


湯沢市の『トラガス。』で、三周年限定の「みそらぁめん」を大盛でいただきました。ゲリラ的限定で1日限りでした。私もトマト狙いの定期訪問だったので、運良くいただけました。

信州味噌や、府中の名店で私も大好きな旨辛ラーメン店『麺創研かなで』でも使用されている、会津天宝味噌を使用したスープは、味噌の粒子が完全にベースのスープに溶けだして攪拌されており、濃厚トロトロです。食べ始めは甘めに感じますが、後半は自家製ラー油や葱の旨味と炒めたキャベツ、白菜、モヤシ等の香ばしさも相まって、旨みの塊のようなスープになりました。

麺はレギュラーよりも若干太目と思われるモチモチ麺で、特濃なスープに負けない強さを発揮しています。

チャーシューはこの限定のために作られた、豚バラ肉チャーシュー。レギュラーチャーシューとはまた違い、醤油の旨味と肉の油の旨味のバランスのとれた病みつきになる味わい。

ゲリラ的限定で1日だけしかいただけない貴重な一杯でしたが、休み明けの定期訪問をしていて良かったと思います。最近はホームページ記載もなくなったので、とにかく通って数うちゃ当たる戦法でいきたいと思います。

脱帽です。
ごちそうさまでした!!!!!!


能代市の『麺屋もと』で、「しお並」をいただきました。

鶏の旨味と魚出汁の若干の酸味、レモンの酸味が見事に調和された出汁感で、少し柔らかめに茹でられた細麺によく絡んで非常に美味しいです。

味噌も人気ですが、私は出汁感を一番感じられる「しお」をオススメします。

ごちそうさまでした!!!


能代市の『柳麺多むら』で、夏季限定の「冷やし梅塩ラーメン」と「辛シビラーメンスパイシーチリ」をいただきました。昼限定の「やきとりご飯」もオーダー。

冷やしは、アサリ、蛤、牡蠣から抽出されたエキスを活かした塩ダレに、鶏ガラや鶏節でとった清湯を合わせた、この店でも人気の塩ラーメンの冷やしバージョンで、温麺よりも出汁感が強く非常に美味しいです。

途中、梅が混ざることで味が壊れるのではなく、更に出汁の輪郭が鋭くなるあたりが技だなぁと感心。さらに、大根おろしにより、旨味たっぷりのスープを食感とともに個体としていただく感覚で、これもまた美味です。

辛シビは、その名の通り、レギュラーメニューの辛シビラーメンをさらにスパイシーに仕上げたもので、こちらの方が私は好きです。台湾で食べた本場の味に非常にスパイスの使い方が近いです。

しなやかな細麺なので、辛いスープがこれでもかと絡みつきます。辛いのが苦手な方は完食は難しいでしょう。

やきとりご飯は、さすがに美味しいです。売り切れが早い理由がわかりました。香ばしくバーナーで炙られていて、画像では少量に見えますが、これで充分な旨味がご飯全体に行き渡ります。

なかなか行けませんが、県北の高レベル店として、今や屈指の人気店となり、能代市の方々が羨ましいです。

脱帽です。
ごちそうさまでした!!!!!


秋田市の『はざど』で、「ザーザー麺」をいただきました。

昼に夜来香で偶然お会いした、最強ブロガー筋肉酒店氏やラーメンフリーク会の重鎮yao氏、私のラーメンフリーク仲間の中ではお姉さん的存在のNさんとともに楽しい夜会となりました。

挽肉の旨みが広がるスープに、生姜がビシッと効いた出汁感で、〆なのに非常に食欲をそそる一杯です。

特製の辛味噌を溶かすと一気に旨辛が広がりますが、辛さはさほど気になることなく、やはり生姜との合わせ技でどんどん飲めるスープです。



話に夢中で全ての写真は撮れませんでしたが、どれもこれも旨すぎで、頼みすぎた感がありますが、大満足でした!





秋田市の『自家製麺 麺や二代目夜来香』で、「特製中華そば」と「スーラータンメン」をいただきました。スーラータンメンは写真にある通りに辛さを変更可能です。今回は大辛にしました。

噂の新店に初訪です。店主修行先の『麺や遊大』には何回かお邪魔させていただき、大好きな店だったので非常に楽しみにしていました。また偶然ながら、筋肉酒店さん、yaoさんとの大黒屋以来の中華系サミットができて楽しい昼食となりました。

「特製中華そば」は、比内地鶏の出汁をベースに豚肉出汁や煮干出汁の三位一体のスープで、清湯の重層的なコクを非常に強く感じて美味しいです。油分が皆無であっさりいただけますが、一切物足りなさはありません。

チャーシューを1口食べた途端に、本場中華圏の技法を使っていることがわかり、中華圏に住んでいた身としては非常に嬉しく思いました。麺は中細でプリプリの食感。味玉は半熟トロトロで塩気控えめなので、中華そば全体に影響なく楽しめます。

『スーラータンメン』は酸味が全体を支配しますが、後半10種類以上使用されているというスパイスやラー油がしっかり効いてきて、病みつきになる中毒性があります。豚バラ肉がいい味を出していて、細切り筍との相性は抜群です。

また楽しみな店が増えました。
脱帽です。
ごちそうさまでした!!!!!


湯沢市の『やまがみ』で、平日夜限定10食の「ジャンクまぜそば」をいただきました。無料で追い飯が付きます。

二郎系提供店ですので、いつかは出るかなと思ってました。

東京のジャンクガレッジを彷彿とさせる丼顔で、全体的に背脂、チーズ、マヨネーズ由来のオイリーさがありますが、それが刻みニンニクや醤油ダレとともに極太麺に絡み、非常に食欲をそそる一杯となっています。

平日夜限定とハードルは高いですが、やまがみの人気メニューの台湾まぜそばに匹敵するほどの完成度。

ごちそうさまでした!!!!


湯沢市の『トラガス。』で、限定の「冷やしみそトマトつけめん2016」を大盛360gでいただきました。そして進化を続けている低温調理チャーシューを沢山いただくために、トッピングでチャーシューをオーダーしました。

昨年も同じ時期に提供された人気限定の「冷やしみそトマトつけめん」ですが、今回は2016バージョンということで、さらに進化を遂げた一杯となりました。

前回よりもベースのスープ量を減らし、トマトペーストや豆乳を増やしたつけ汁は、健康的なドロ系で、バジルソースやクリームチーズの風味が合わさり、イタリアンの雰囲気を醸し出しながら、しっかりとトラガス。謹製の味噌ダレが土台として効いており、和のテイストも併せ持った非常に食欲のそそる味付けとなっています。

麺は国産のユメヒカリの太麺で、まるで絹のような艶と滑らかさ。強い歯応えがありながら、しっかりと小麦の香りが感じられる秀逸な麺です。

チャーシューを豪華にした分、無料の追い飯は、たった今提供された別の一品料理のような完成度です。チャーシュー増しにしなくても、デフォで鴨ローストの角切りチャーシュー、クリームチーズ、バジルソース、フライドオニオンが無料で追加されます。

まぜそばメキシカンのときに登場した、私の大好きな激辛ソースが非常に合うので、辛党の方々にはオススメです。

またもや脱帽の一杯です。
ごちそうさまでした!!!!!!!


湯沢市の『トラガス。』で、11日、12日限定の「つめたい煮干中華」を大盛でいただきました。店内表示はないですが、並、中、大から選択可能なようです。

丁寧に水だしされた後火入れした鯵煮干のスープは、旨味が溢れんばかりで雑味が一切ありません。煮干本来の風味を充分に味わえます。

加水率低めの細麺は、以前限定で提供された、全粒粉入りの麺に近く、ポキポキです。そのポキポキに絡みつくぐらいだから、煮干の出汁感は改めて凄いことになります。

今回は、ワカメではなくニラが入ります。極細メンマ、低温調理チャーシュー、鴨ローストの旨さは健在。

脱帽です。
ごちそうさまでした!!!!!!!


由利本荘市の『いときん食堂』で、「塩あんかけラーメン」をいただきました。

カツ丼で有名なお店ですが、メニュー開拓を狙い、あえてカツ丼を避けました。家族で行ったので、他の定食メニューもいただきました。

スープ全体があんかけのようで、中太麺によく絡むのはもちろん、野菜や豚肉の旨味がよく出ていて非常に美味しいです。オーソドックスですが、あんかけ好きには間違いのない仕様となっています!

ごちそうさまでした!!!


横手市の『麺屋羅漢』で、「辛痺ラーメン」を大盛でいただきました。

暑い夏ほど食べたくなるこのメニュー。
辛さマックスでいただきましたが、やはり旨味の方が勝る旨辛ですね。

羅漢の汁を吸ったデロ麺が好きで、わざと時間をかけて食べます。動物系土台の旨辛なスープが麺にコーティングされ、驚愕の中毒性を放ちます。

近いうちに、新たな限定が提供されるかもしれません。

ごちそうさまでした!!!!!


昨日の湯沢総本店に引き続き、駅前の『ラーメン鈴夜』で、7日から8日までの限定の「味噌チャーシュー」を4周年記念特別価格500円でいただきました。

ラーメン鈴弥総本店と別コンセプトの鈴夜は、味噌チャーシューのスープもチャーシューも違います。

スープは本店に比べあっさりとして食べやすく、逆に、鶏の旨味が味噌に負けず感じやすい仕様になっています。レモンが浮いているのも特徴です。

チャーシューは本店のローストポークに近い味わいとは一転して厚みがあり、噛み応え充分。

麺は本店のモチモチ太麺とは違い、加水率高めのツルツル中太麺で、非常に食べやすいです。

いつもはどちらの店でも塩をオーダーしますが、今回の企画で味噌チャーシューを比較できて満足です。

ごちそうさまでした!!!


湯沢市の『ラーメン鈴弥』で、10周年記念、7日と8日限定価格500円の「味噌チャーシュー」をいただきました。新しくメニューに加わった味玉もトッピングしました。

コクのある鶏清湯に甘めの味噌を合わせ、分厚い層の鶏油で蓋をする手法で湯沢市に根付いた老舗を現在の店主が引き継いで10年目となりました。

スープに負けない太麺はモチモチです。味玉も甘めな設定。チャーシューは薄切りですが、しっとり柔らかで、ローストポークに近い味わい。これで500円はやはりお得です。

鈴弥ではいつも、鶏出汁をダイレクトに感じることができる「ラーメン」か「俺の塩」をオーダーしますが、久々の味噌も美味しかったです。

ごちそうさまでした!!!


大仙市の『麺屋十郎兵衛』で、杯数限定の「冷雲丹和え麺」をいただきました。

ラスト一杯をギリギリでいただくことができ、運が良かったです。

以前から雲丹の限定では、惜しげもなく雲丹を投入する十郎兵衛さんですが、今回も予想以上の雲丹量。常に雲丹を感じながら食べられるスープオフ系は、なかなかありません。

醤油ベースのタレに山葵とシンプルですが、雲丹を引き立てるなら必要充分。追い飯投入後は雲丹雑炊になり、とにかく雲丹を満喫できる一杯です。

ごちそうさまでした!!!!


横手市の『ラーメン男寿狼』で、杯数限定の「渡り蟹と浅利の塩中華」をいただきました。

渡り蟹の香りがガツンとくる一杯は、スープを一口飲んでも蟹が前面に出ますが、口に残る風味や鼻から抜ける香りは貝系をしっかり感じます。

米油とラーメンの融合は初でしたが、ラーメン全体に与える味や香りの影響は微小で、スープ全体を支える役割のようです。全体にふくよかな甘みを生み出します。

無料の替え玉を投入後、青海苔バターを溶かします。蟹の旨味が倍増し、さらにこってり感やコクも感じられ、青海苔の香ばしさとともに非常に美味しいトッピングです。

ごちそうさまでした!!!!!


大仙市の『拉麺しな竹』で、3日までの限定の「まぜそばハイカロリー」を大盛でいただきました。

さらに、辛い肉の辛味増しと、追い飯を追加し、デフォで付いてくる生刻みニンニク、生刻み生姜、青粒山椒、にら、背脂を全て倍増していただきました。ただでさえハイカロリーなのに、ハイカロリーも2倍にした感じです。

焦がされたチーズやマヨネーズが、醤油ベースのタレによく混ざり合い、さらに辛味をまろやかにしていて、太麺への絡みつきも良好です。にんにくや生姜が効き始めると、横浜関内二郎のまぜそばに酷似した味わいになり、中毒性が一気に増します。

そのまま混ぜてある程度いただいた後、辛い肉を半分入れて混ぜていただき、さらに追い飯投入後に残りの辛い肉を入れていただくことで、三段階の楽しさを味わえます。

角切りチャーシューや角切りメンマの食感、茹でもやしやキャベツのシャキシャキな食感も手伝い、最後まで飽きずにいただけます。

非常にジャンクな一杯ですが、罪悪感が一切ありません。意外とあっさりいけますよ。
ごちそうさまでした!!!!!


湯沢市の『トラガス。』で、限定の「つめたい塩中華」を大盛でいただきました。麺量は写真の通りです。

今週月曜日の限定提供開始日にいただいて以来、2回目です。

前回と異なるのは、追い飯に山葵がついたことです。これでより一層美味しくなりました。冷と温の法則で、旨味、コク、風味が最大限に引き出されます。

0.7个稜さの加水率高めの平打ち縮れ麺は、酒田系の麺とは一線を画す、まったく新しい麺で、秋田で提供しているのは、もちろんトラガス。のみとなる貴重な麺です。スープを絡め取る力に秀でていて、食べ方を調整しないと、スープがどんどんなくなっていく勢いです。

短期間限定ですが、毎日食べたい逸品。
脱帽です。
ごちそうさまでした!!!!!!!


大仙市の『中華そばde小松』で、「塩中華そば」に、限定無料トッピングのパクチーとXO醤をいただきました。

研修先の台湾から激ウマなXO醤が手に入ったとの情報を得て、元台湾住民の私が行かない手はありません。台湾駐在時代はよくXO醤乾拌麺をいただいていました。

海老、帆立、金華ハム等が合わさったXO醤は旨味が強いですが、やはり、中華そばde小松の塩の旨味は負けません。高次元のバランスで見事に調和しています。

途中、大好きなパクチーを大量投入。さらにナンプラーも投入して一気に東南アジアへ。以前旅行で行ったシンガポールのラクサやベトナムのフォーを思い出しました。そして、おおもとの小松の塩出汁はこれでも崩れない強さがありました。

脱帽です。
ごちそうさまでした!!!!!!!!
また、XO醤乾拌麺が食べたいです…


大仙市の『拉麺しな竹』で、杯数限定の「鹿出汁濃厚ラーメン冷やしver.」をいただきました。

以前限定で提供された濃厚鹿白湯や、年始に提供された馬鹿ラーメンの進化系の立ち位置です。

白湯を冷やしで出している店は、私が知る限りでは秋田ではまだないかと思われます。

餡かけ並に濃厚なのに、冷やされているので、旨味はそのままで、くどさも脂っこさも臭みもなく爽快にいただけます。そこに、山椒の実の痺れと香りが合わさり、非常に食欲をそそる一杯でした。

追い飯とキムチを合わせると、温かくなった途端に、冷やしでは味わえない風味やコクが際立ち、今月限定で同時提供されている「冷辛つけ麺」の冷たいスープに温かい魚介系出汁を加えて、また新しい風味を出す手法と同じ感動を覚えました。勉強になります。

現在トラガス。で限定提供されている冷やし塩中華も、温かい追い飯により、また新しい味わいが誕生していました。

冷と温。旨味の相乗効果に気づかされた一杯です。
ごちそうさまでした!!!!


湯沢市の『トラガス。』で、限定の「つめたい塩中華」を大盛でいただきました。
麺量は写真の通りです。

昨年も提供されたトラガス。の冷やし系ですが、今年も登場しました。

昨年よりも塩ダレの旨味が増し、おそらく貝系や昆布系だと思われますが、鶏出汁を後押しする抜群の存在感です。

麺は加水率高めの中太平打ち縮れ麺で、スープの絡みつきの良さはもちろん、つるつるな肌触りと冷えたスープの相乗効果で、さらに、大根おろしのビターな味わいと清涼感がプラスされ、トロトロなワカメとともに、旨味を常に感じながら爽快に啜ることができます。

よく夏場のそうめんやざる中華等は、誰もが麺量がいくらあっても食べ続けることができた経験はあるかと思いますが、今回の限定も一気になくなるので注意が必要です。追い飯がありますが、必ず大盛にしましょう。

細切りメンマが麺に絡みつき常に美味しいです。恒例となった鴨ローストチャーシューの旨さは健在。これらを少しずつ残しながら、追い飯を投入します。

追い飯には、さらに新たに、追いワカメ、追い角切り鴨ローストチャーシュー、刻み海苔が加わり、激ウマなお茶漬けに変身。この追い飯のために、このメニューを再食したいくらいの旨さです。

昨年の冷やしも超絶美味でしたが、今年は更にそれを凌駕する革命的な一杯。

脱帽です。
ごちそうさまでした!!!!!!!


山形県新庄市の『麺武者』で、本日限定の「ニボぶた鶏中華」をいただきました。

名店ケンチャンの動物の濃度を高めた印象の出汁感で、鶏の旨味、煮干の香ばしさが三位一体となっていて、非常に美味しいです。急な訪問で出会った限定ですが、ケンチャン好きには堪らない一杯となりました。

麺は、極太縮れ麺で、手揉みかもしれませんが、非常にコシが強く、モチモチです。このサラサラなスープにこの麺の存在感ですから、逆に、スープの完成度に自信があるのかなと思いました。麺とスープ、がっちり噛み合っています。

麺武者はその日のみの限定を。月に何回もやっているので、非常に面白く、また実力も兼ね備えたお店で、通いがいがあります。

ごちそうさまでした!!!!


山形県舟形町の『中華そば雅』で、「つけ麺並チャーシュー増し」をいただきました。「中華そば並チャーシュー増し」「中華そば並」は同行者がオーダー。

私がいただいたのが、つけ麺です。最近まで中華そば一本でやっていたので、非常に楽しみでした。

つるつるモチモチの自家製太麺が、並で250gあります。それを受け止めるスープは、動物系清湯、魚出汁のバランス感覚が優れていて、どちらの旨味も充分に感じられます。

高田馬場の名店『べんてん』に近い味わいでした。途中、オススメの酢を投入すれば、東池袋大勝軒本店の味になりました。これは本当に美味しいつけ麺です。

〆は魚出汁が強く効いた割スープを投入します。これもまた、旨いです。酢を入れると、さらにしまります。

特筆すべきはチャーシューです。噂には聞いていましたが、これほど美味しい豚バラのチャーシューは久しぶりです。歯応え系で、味も濃すぎず、適度な炙り加減で香ばしく、プラス200円ならお得すぎます。

ごちそうさまでした!!!!




大仙市の『自家製麺佐藤』で、限定の「淡麗蟹絞り」をいただきました。

渡り蟹、ずわい蟹の蟹感満載の出汁は間違いのない旨さ。昆布出汁も土台として効いています。蟹の臭みも上手に消しています。

〆の雑炊は、もはや高級一品料理の佇まいで、蟹料理専門店だとこれだけで相当な値段がするでしょう。

これからも、誰もやっていない限定を追求していただきたいです。

ごちそうさまでした!!!!


秋田市の『初代麺屋とのさき』で、限定の「EBI中華そば」をいただきました。

動物系スープに煮干を合わせる、最近ではオーソドックスになったスタイルのスープに、海老風味がよく撹拌されています。

麺は加水率低めの中太麺で、量は少なめ。全体的にはしつこさもなく、ニボ毒系の中ではあっさりといただける方かなと思います。

まぜそばの麺量がデフォで100gだったので驚きました。通常、スープオフ系はスープがない分、麺量を多くして、麺を美味しく食べられるようにつくられるので、初めての感覚でした。ちなみに、まぜそばにはスープがついていましたが、その分の価格が上乗せされているのだろうと思いました。

ごちそうさまでした。


秋田市の『陸王』で、朝限定の「汁無煮干」をいただきました。

以前オーダーしたときより、味玉が減りました。忘れたのか、マイナーチェンジか分かりませんが、お得感は減った感じです。

それでも、味はニボニボしていて中毒性のある味わい。朝からいただけるのは感謝しかありません。

湯沢、横手にも早く朝ラー店がほしいです。

ごちそうさまでした!!


秋田市の『Ramen RyuGuJo』で、「地鶏そば」をいただきました。

2種類の比内地鶏の丸鶏と鶏ガラを使用した出汁に、羅臼昆布出汁を加えた、無添加・無化調のスープということです。

実際、無化調なのに、こんなに鶏の出汁が出ているのは素晴らしい点です。ぜひ塩で食べてみたい逸品。

麺は自家製で、細麺の加水率低めのもの。粉っぽさを感じる独特な麺ですが、後半スープをすって、まろやかになります。

今月末くらいに、地鶏貝そばが登場する模様です。

ごちそうさまでした!!


横手市の『NOODLE SHOP KOUMITEI 香味亭』で、限定の「冷製すぱいすぃ〜坦々まぜそば」を激辛でいただきました。 

提供4日目にして、2回目をいただきました。

今回は前回の太麺ではなく、ノーマルの細麺で。冷水で締めらた麺は、口内で噛む音が鳴るほどのコシがあり、細麺故に、濃厚でスパイシーなタレがよく絡みます。

前回同様、搾菜が絶妙。そして、〆の追い飯投入後、鶏肉団子を崩して食べるのが最高に美味しいです。

ハマってしまいましたが、提供は今月末ぐらいまで。何とかもう一度食べたいです。

ごちそうさまでした!!!!!




由利本荘市の『麺饗松韻』で、昨日からの限定「冷たい肉そば」を大盛でいただきました。

鶏と鰹系と思われる出汁の融合で、そばつゆ感を出していますが、決して市販されているような、ただのそばつゆではなく、鶏と魚の旨味が凝縮された一杯です。西馬音内の名店『彦三』の冷かけ中華を思い起こさせる出汁感です。

麺は、全粒粉入りの細縮れ麺ですが、何と言っても、冷水で締められているとはいえ、凄い弾力です。朝鮮冷麺に匹敵する弾力であり、それ故、表面に鶏と魚の旨味がコーティングされて、非常にスープに合っています。

トッピングは、若鶏ローストチャーシュー、親鳥モモ肉・ムネ肉・鶏皮の煮込み、穂先メンマの他に、JA水戸のブランドネギの柔甘ネギが贅沢に盛られています。どれもこれも、この一杯との相性は抜群です。

ごちそうさまでした!!!!!


宮城県仙台市の『麺屋くまがい』で、夜限定の「味玉貝潮そば」をいただきました。夏季限定『冷し豚キム』もいただきましたが、撮ったはずの写真がなくなる大失態となりました。

久々の訪問です。
蛤、あさり、帆立、あさり節から抽出された貝エキスをこれでもかと感じることができ、歴代の貝系ラーメンの中でも非常に旨味の強い、突き抜けた一杯となりました。

また、鶏出汁の土台もしっかりとしており、貝と鶏の相性の良さを再確認できるスープです。これは非常に美味しいです。

手もみ縮れ太麺も、加水率高めのブリンブリンな食感で、貝の旨味をコーティングするかのような滑らかな味わい。

若干レア感が残るローストポークのようなチャーシューは存在感は抜群ですが、貝の邪魔をしない程度。

トータルで満足度の非常に高い逸品。
秋田からでは夜限定のハードルが高く、他メニューもレベルの高いものだけなので、さらにハードルが高いですが、確実に食べるべき一杯。

脱帽です。
ごちそうさまでした!!!!!!


宮城県岩沼市の『沼田商店』で、「塩中華」と「醤油中華」をいただきました。

鶏の旨味を丁寧に抽出しているスープは、どこを飲んでも鶏の味がして、香ばしい鶏油の香りも食欲をそそります。

麺は中太ストレートで、ムチムチな食感で非常に美味しいです。この出汁なら、バランス的に太麺も可能かなと思います。

全体的なバランスもよく、淡麗系の極みのような一杯です。
ごちそうさまでした!!!!


宮城県仙台市の『こいけ屋』で、「焼きノドグロだし塩そば」をいただきました。

ノドグロの出汁は分かりにくく難しいことが多いですが、こちらは、香ばしく豊かな旨味を感じることができます。塩そばが1番出汁感を感じ取れる一杯のようです。

麺は多加水のプルンプルンな食感で、啜るたびに、香ばしさが鼻から抜けます。

荒町商店中華そばふじやまと100mしか離れていないので、連食必至です。

ごちそうさまでした!!!


宮城県仙台市の『荒町商店中華そば ふじやま』で、「追いサバ節そば」と「白ふじそば」をいただきました。

追いサバ節は、動物系白湯の土台に、香ばしいサバ節が合わさったトロトロな味わいで、低加水のパツパツのストレートとの組み合わせはもはや王道。玉ねぎのシャキシャキ感や真空低温調理チャーシューも見事でした。

白ふじは、動物系不使用にもかかわらず、物足りなさが一切ない、衝撃的な一杯です。煮干ラーメンは多々あれど、煮干だけでこれだけの存在感を出せるのは凄いと思います。麺は追いサバよりもさらに細く、しなやかで柔らかめです。

どちらも噂に違わぬレベルの高い一杯。
脱帽です。
ごちそうさまでした!!!!!

横手市の『NOODLE SHOP KOUMITEI 香味亭』で、限定の「冷製すぱいすぃ〜坦々まぜそば」をいただきました。 

18時到着で限定売り切れ。が、限定用の細麺のみがないということで、諦めきれず、つけ麺の太麺で作っていただきました。

肉味噌を崩さずとも、スパイシーなタレが絡まり非常に美味しいです。そして徐々に肉味噌を溶かし、旨味とともに辛味、痺れを楽しみながらいただきます。

春巻きの皮の素揚げ、搾菜、玉ねぎ、水菜、メンマ、肉団子等、食感の異なるトッピングがズラリ。土台としてどっしり美味しい坦々まぜそばにこれらの食感が加わると、旨さが何倍にも膨れあがります。

細麺でも絶対に美味しいでしょうが、もちろん、太麺でもまた違った美味しさを体験できました。

〆は無料の追い飯です。これはまぜそばの具材を3分の1残したのが奏功しました。

脱帽です。
ごちそうさまでした!!!!!!


湯沢市の『ラーメン直太郎』で、「ダイナマイト辛辛麺醤油激辛こってり太麺大盛」をいただきました。

中毒性抜群の大好きな一杯を久々に
いただきました。

辛旨系ラーメンとしては、県内でも老舗中の老舗。とにかく、ただ辛いだけではなく、適度な甘み、動物系のコク、辣油の香ばしさが引き立つ非常に美味しいスープです。スープを持って帰り、溶き卵とともにご飯と一煮立ちさせ、おじやを作りたい衝動に駆られます。

麺は太麺のストレートでゴワゴワな食感。赤い液体に染まり、スープの旨味ごと吸い上げ可能です。

柔らかチャーシュー、ニラ、もやし、煮卵も全てこのスープとの相性の良さを示しています。

ごちそうさまでした!!!!!


横手市の『麺屋羅漢』で、「羅漢海老ラーメン」を大盛、トッピング盛り合わせでいただきました。

やはり、羅漢で1番好きな海老ラーメンをオーダーしました。香ばしい海老海老感が、食欲をそそります。

モチモチの全粒粉入りの自家製太麺も、食べ進むにつれて、ちょうどよく海老スープを吸い込んでムチムチな食感に。

スパイスの効いたレアチャーシューも絶品です!噛み応えと適度な柔らかさを兼ね備えた病みつきになる旨さです。

ごちそうさまでした!!!!!


湯沢市の『トラガス。』で、限定の「まぜそばメキシカン」をいただきました。

2回目ですが、もちろん大をいただきました。今回は相手の素性は既に明らかな状況だったので、一気にたいらげました。

もちろん、トマトライスの追い飯も、しっかりといただきました。

後半、付属の激辛ホットソースを投入しますが、私はこのソースに完全にハマり、大量にかけていただきました。

ごちそうさまでした!!!!!!!


大仙市の『中華そばde小松』で、限定の「冷やし担々つけ麺」をいただきました。

本日はコラボラーメンの日ということで、店主曰く最高傑作のつけ麺を、平日提供されている太麺と、池袋『麺屋Hululu』の自家製麺の2種類でワンパクにいただくことに。

食べ方のバリエーションが豊富です。
,泙爾修亅△弔洩有N篝愁肇泪斑粥耕

,砲弔い討蓮▲イスターソースベースのまぜそばとしていただきます。麺だけで充分楽しめるので、わざと食べ過ぎて替え玉をしましょう。

△砲弔い討蓮▲肇泪箸了戚や各種スパイスの効いた豆乳ベースのつけダレに潜らせていただきます。辛味はさほど気にならないので、辛いの苦手な方も大丈夫だと思います。

については、割スープならぬ、割トマトジュースが提供されるので、それで割ったスープに替え玉の麺屋Hululuの中細麺を投入しましょう。トマトの爽やかな酸味が出されたスープはさらに飲みやすくなります。

美味しい担々麺は多々あれど、こんなにコクのあるスープを、こんなに爽やかに、完飲するほどしつこくなくいただけるのは小松しかありません。

そして、食べていて楽しい。

衝撃的に突き抜けた一杯。
脱帽です。
ごちそうさまでした!!!!!!!!


由利本荘市の『麺屋新月』て、夏季限定の「冷製まぜそば」をいただきました。

前回限定の「まぜそば」が美味しかったので、レギュラーにならないかなと思っていたら、やはり最近レギュラーメニューに昇格した模様です。

厚切りチャーシュー、ベビースター、エビマヨ、岩ノリ、花カツオ、フライドガーリック、生ニンニク、冷たいもやし、天カス、ニラ辛、卵黄の12種類がトッピングされたジャンクな一杯。

太麺が冷水でしめられてるので、ゴワゴワで強いコシを体験でき、顎強化につながります。が、醤油ベースのタレに中毒性があるので最後まで止まらずに食べることができます。途中で存在感を出してくるニンニク、ニラ辛、海老マヨが非常に食欲をそそります。

〆は追い飯です。12種類の旨味が凝縮されたようなタレに混ぜ合わせるので最後まで飽きずに食べられました。

ごちそうさまでした!!!!


由利本荘市の『MONCHAN RAMEN SHUN』で、夏季限定、気温25度を超える日限定の「本荘式冷やしたぬきそば」をいただきました。

キンキンに冷えた和テイストな出汁感に、天カスの香ばしさが加わり、そこに冷水でしめられたと思われるコシのある中細麺を合わせます。

麺のコシとトッピングの親鶏の弾力で顎が疲れますが、美味しいのでスルスルいけます。

途中、柑橘系の皮が隠されている酢を投入し、より爽やかにいただきます。もちろん七味も合いますが、個人的には山葵もほしいところです。

ごちそうさまでした!!!


由利本荘市の『麺屋歩』で、「辛まぜそば」をいただきました。ライス無料です。

先月オープンしたばかりの店に初訪問です。メニューを見ても分かる通り、充実のラインナップです。場所は以前琥次郎さんがあった場所です。

全体的に動物系の旨味や魚粉の香ばしさが漂い、玉ねぎ、葱、モヤシのシャキシャキ感で中和していく一杯です。

注意書きにもある通り、一般的なまぜそばよりも味は濃いめです。故に割スープ付きですが、出汁系の割スープではなく、お湯で割る手法でした。

麺量はデフォで200gあり、ライスと合わせるとちょうど良い満腹感でした。

他のメニューも気になります。

ごちそうさまでした!!!


由利本荘市矢島の『ゑびす屋』で、「生姜ラーメン」を鶏肉トッピングでいただきました。

久々の訪問です。
前回訪問で全メニューいただきましたが、やはりこの生姜ラーメンは外せない一杯です。

塩なので、まろやかな鶏の旨味をしっかり感じ取りながら、時折顔を出すレモンの酸味や生姜の風味が非常に食欲をそそります。

通常、レモンや生姜がついていればその味が支配的になりますが、この一杯は逆に鶏が引き立ってくるという技ありな逸品となりました。

麺は中太で加水率高めですが、やや柔らかめな茹で加減が非常によくマッチしています。

何より各種トッピングのコスパが良いので、自分でどんどんプラスしていった方がよいでしょう。チャーシュー3枚50円、鶏肉50円、シナチク30円、煮卵50円は破格です。

ごちそうさまでした!!!!

湯沢市の『トラガス。』で、限定の「まぜそばメキシカン」をいただきました。

ネーミングからして、すでにメキシカンタコスを想起させますが、着丼の瞬間にそれは確信へと変わります。

爽やかなサルサソース、チーズ、タコスチップ、フライドオニオン、挽肉を混ぜ合わせれば、完全にタコスになります。そこに、糊を出した太麺がねっとり絡みつき、非常に中毒性の高い一杯となりました。

茹でレタスのしっとり感や温玉のトロトロ感も後追いで絡みついてきて、時間がたって柔らかくなったタコスチップも、少し辛い天カスのような役割を果たし始めて非常に美味しいです。

途中、酸味と辛味のバランスが良い写真にある辛味を投入し、よりスパイシーにいただきます。私は大丈夫ですが、辛い物好きでも悶絶する辛さなので、入れ過ぎ注意です。

追い飯は、白米ではなくトマトライス。チーズもついている、なんとも贅沢な追い飯ですが、これはこれまで食べた追い飯の概念をいとも簡単に覆す激ウマな逸品。まぜそばで出た、様々な旨味が凝縮した美味しい液体を全て回収する反則的中毒性抜群の追い飯です。お腹いっぱいでも、確実にオーダーしましょう。

突き抜けた一杯。
脱帽です。
ごちそうさまでした!!!!!!



湯沢市の『トラガス。』で、「四川風みそ坦坦麺」をいただきました。

香りも辛さもただの香味油の範疇を超えて、胡麻ペーストやみその旨さを引き立てるだけでなく、辣油としてのしっかりとした存在感を醸し出す、激ウマなスープです。

残ったスープは持ち帰り、家でひと煮立ちさせ、溶き卵を投入して坦坦雑炊にして食べたい衝動にかられます。

付属の黒酢は、後半から投入必須。スープの深まりと奥行きを再度引き立たせます。

ごちそうさまでした!!!!!



湯沢市の『トラガス。』で、「カレーみそらーめん」をいただきました。

やはり、限定以外では私の中でダントツNo.1な一杯。

ピリ辛な挽肉、トロトロ角煮、角切りチャーシューと肉三昧な上に、背脂とよく撹拌された味噌ダレとカレーが非常に食欲をそそる一杯です。

ごちそうさまでした!!!!!





横手市の『NOODLE SHOP KOUMITEI 香味亭』で、本日から限定の「魚出汁香る塩中華」をお茶漬けセットでいただきました。

鯛、平目、曹以、鱸など多様な魚のアラを炙ることで自家製の焼き干しとし、魚本来の香ばしさや旨味が、フレンチの技法により丁寧に抽出されています。着丼の瞬間、食欲をそそる魚出汁の良い香りが充満します。

鶏胸肉チャーシューや前回限定でも提供された鶏つくねは、存在感がありながらも、繊細な魚出汁の邪魔をまったくしないように、脇役に徹しています。

〆のお茶漬けは、マストオーダーです。香ばしい帆立貝柱が降りかかったご飯を投入。上品な魚出汁と合わさり、完全に一品料理として成立します。

残り30杯程度とのこと。
これは逃してはなりません。

脱帽です。
ごちそうさまでした!!!!!!!