麺太郎の秋田ラーメン日記 秋田台湾グルメブログ@立憲圧政会総司令部

伝説の研究室再興、最高



秋田市の『陸王』で、「新煮干U」の「肉゛」をいただきました。

写真にある通りメニューの縮小というショッキングなニュースが。

ということで、次のメニュー改訂でなくなりそうなメニューを独断と偏見で選択しました。

厚みと丸みのある醤油スープに、煮干玉を溶かせば、エグミや苦味も美味しく感じられるギリギリのラインの、非常にバランスのとれたスープとなります。

極細麺のポキポキ感は期待通りの美味しさで、無料の替え玉にすぐに飛び付く勢い。

丼の半分を覆う厚みのあるチャーシューは、私好みの噛みごたえ系で、肉を食べて口の中がジューシーなところに麺を放り込み、そのマッチングを楽しむマニアックな食べ方を永遠と繰り返しました。

次の展開がきになる陸王。
ごちそうさまでした!!!!




秋田市の『ラーメンショップ飯島店』で、「ラーメン」の「しお」をいただきました。

かなり久々の訪問。移転してからは初だと思われます。

定番メニューを朝ラーで。

知っている方々はおわかりだと思いますが、相変わらずの店内の雰囲気(笑)これも私にとっては味です。

動物白湯に切れ味抜群で濃度高めな塩ダレ。朝からガツンとくる中毒性のある一杯です。

秋田柔麺愛好会が発足しましたので、徐々に会員を増やしたいと思います(笑)

ごちそうさまでした!!!




秋田市の『麺や二代目夜来香』で、夜限定の「五目スーラー焼きそば紅」をいただきました。辛さは選択可能で同一料金です。

夜の部のラーメンの提供はありませんが、魅力的な本格的中華系メニューをいただくことができる貴重なお店です。

当然、わたくし麺太郎は中国料理が大好きですので、日本人のために作られた中国料理ではなく、夜来香のように、本場に寄せてくる中国料理が好みなのです。これはいずれおでこ氏(妻氏)を連れて来なければ…。

実際、この五目スーラー焼きそば紅は鳥肌が立つほど美味です。紅は、私のように辛さの向こう側に到達できる方におすすめです。通常は中辛くらいが丁度よいのかもしれません。どちらにせよ、蒙古タンメン中本の北極を食べられない方々には、紅は厳しいかと。

辛さの中に、具材や特製のタレ由来の旨味を非常に強く感じます。ダブル盛で食べたいところです。野菜のシャキシャキ、豚バラ肉とこんがり焼かれた自家製麺との絡み、海老のプリプリ感などたまりません。

この麺を太麺にして、「まぜそば」
としても食べたいですね。次は、夜来香特製の麻婆豆腐を麺にぶっかけて食べたいです。

脱帽です!
ごちそうさまでした!!!!!!



『濃縮帆立出汁と桜海老の塩まぜそば 土田牧場の生コンビーフ添え』@自作

とある理由で2日続けての自作まぜそば。

三陸産の濃縮帆立出汁ベースの塩ダレに、桜海老の殻を若鶏の皮から抽出した油でいためて香味油を作成し、太麺に絡めました。

土田牧場のコンビーフは、市販されているものとは全く異なる旨さで、まぜそばに適度な塩気と風味をもたらせてくれます。高いですが、おすすめです。

ごちそうさまでした!!!!!



『国産黒毛和牛ホルモンとアサリ出汁の塩まぜそば』@自作

アサリと昆布の塩ダレに、国産黒毛和牛ホルモンの脂を絡ませた極太麺を合わせました。

荒挽きブラックペッパーが最高に良いアクセントです!

秋田にもホルモン系ラーメン店ができてほしい!

ごちそうさまでした!!!!!







横手市雄物川町の『味の店 高昭』で、「地獄油そば」を大盛でいただきました。

定期地獄シリーズ補給です。

ただでさえ辛旨い地獄ラーメンの辛さが2倍になったと聞いての訪問でしたが、やはり、油そばの腹になり(結局は逃げたのですが)、地獄油そばのオーダーとなりました。

メニュー看板を見てみると、「地獄」ではなく「地油そば」とありますが、何でも、獄を省略してみたらしいです。忙しいですからね。獄は画数多いですから、仕方ないでしょう(笑)

目玉焼きのトッピングが増えていたので、次回からは、地獄油そばに目玉焼きWトッピングですね。

ごちそうさまでした!!!!!


湯沢市の『トラガス。』で、限定の「豚骨醤油らーめん」を大でいただきました。麺量は写真の通りです。

本限定2回目ですが、提供は21日までということで、すでに終了してしまいました。

前回よりもさらに濃度を増した豚骨白湯は、1口目にガツンと豚の旨味がきて、さらにカエシの甘みがビシッと効いて食欲を掻き立てられます。

およそ1.5cmはあろうかという分厚い肩ロースチャーシューは、当然ながら食べごたえ抜群。ジューシーさ、柔らかさ、適度な弾力を兼ね備えた恐るべき逸品。

提供期間後期に登場した辛味噌は、豚骨白湯に溶かせば、ニンニクが効果的に効いた濃厚豚骨辛味噌らーめんの完成です。後半は完全にまったく別のラーメンとしていただき、非常に得した気分。レギュラーメニューのみそらーめんは、動物系清湯なので、白湯にトラガス。の味噌を溶かせばこうなるのか!と度肝を抜く一杯となりました。

レギュラーメニューももちろんレベルが高いですが、次の限定も待ち遠しいですね。

脱帽です!
ごちそうさまでした!!!!!
辛さ指数出ましたよ!
ご参考に!


大仙市の『Noodle college SHIROKURO』で、「醤油」をいただきました。

オープン前の試食会を含め今回で3回目の訪問。1口目から貝出汁の旨味をガツンと感じ、前回からさらにブラッシュアップされているなぁと思っていたら、それもそのはず。毎日貝出汁の組み合わせを、ホンビノス貝と牡蠣、ホンビノス貝とアサリといった具合に変えているそうです。少しのミスで味にネガティブ感を与えやすい繊細なスープですが、様々なマイナーチェンジができるということは、それほど研究がなされている証拠。店主のセンスが際立ちます。

キノコのデュクセルは本日も爆発的な存在感。後半への味変のストーリーの主役です。

そして、村上朝日製麺所謹製の麺が、やはり旨すぎます。塩と麺を変えていますが、小麦の香り際立つ全粒粉入りの最高の麺です。

限定も楽しみですね。
脱帽です!
ごちそうさまでした!!!!!!!!






大仙市の『中華そばde小松』で、特別限定麺の「全量比内地鶏と2年物本枯れ節で作る正油中華そば」をいただきました。

小松さんのコクのある鶏出汁に九条ネギを合わせるスタイルは、他店が真似しようにもできない旨さがあります。

鶏から出る旨味を苦味のないネギが吸収し、それがHululuの特製麺と絡むのですから、ずっと「旨い」が続くはずです。

厚くスライスされた豚バラチャーシューも、スープの熱さの影響でちょうどよいとろけ具合です。

そして、嬉しいお知らせが。

この九条ネギが小松さんのレギュラーネギとなったそうです。担々麺と鶏つけそばに採用されました。

ごちそうさまでした!!!!!




湯沢市の『ラーメン鈴夜』で、「塩ラーメン」をいただきました。

本店店主が戻って来てから、鶏出汁の濃度と鶏油の迫力が一段と増しています。〆にしては、相当クオリティの高い一杯です。

麺は硬めオーダーしたので、ツルツルで若干ポキポキ感を残した感じで非常に美味しいです。鶏油と塩気がコーティングされるので、完食まで一直線に誘導されます。

ごちそうさまでした!!!!


横手市の『NOODLE SHOP KOUMITEI 香味亭』で、限定の「海老油そば」をいただきました。追い飯無料です。

高橋優の野外ライブイベントで提供されていたオマール海老まぜそばへのオマージュ作品と勝手に私は捉えていただきました。

しつこい海老感ではなく、麺に適度な旨味をまとわせる程度の絶妙な加減で、全体的に最後まで飽きなくいただけます。

温玉と天カスが完全に混ぜ合うと、まるでカルボナーラ的なこってり感と風味が味わえ、ゆえに、ブラックペッパーは後半ベストマッチしてきます。

追い飯はさらに海老油追加で、カレー粉が投入されますが、これが海老カレー的な旨さにつながり、中毒性が増します。

短い限定のようなので、お早めに。
ごちそうさまでした!!!!







大仙市の『中華そばde小松』で、夜限定の「黒辛油そば」をいただきました。

待望の黒辛シリーズseason2がやってきました。昨年大好評のうちに終了した黒辛が、さらにパワーアップして再登場です。

中国醤油やオイスターソースの旨味溢れる黒ぐろとしたタレに、コキコキな太麺が絡みつき、さらに、肉味噌の甘さとスパイシーさ、春菊とセリの風味、ナッツ類のカリカリ、鶏胸肉の美味しい弾力、トマトの酸味、全てが一体化している破壊力抜群の一杯。

多様な食材を用いても、それらの特徴を失うことなく、全てある種のテーマに向って統一感を持って突き進んでいるように仕組むあたりが、やはり小松さんでしかできないし、他では食べられない一杯だと思います。今回も唯一無二感が半端ないです!

〆の追い飯は、すべての旨味を回収する非常にずるい逸品。食後もまたオーダーしたくなる中毒性があります。

脱帽です!
ごちそうさまでした!!!!!!



大仙市の『麺屋十郎兵衛』で、限定の「あん肝つけ麺」を大盛でいただきました。

あん肝をそのまま溶かしたかのようなドロドロのつけだれは、ポン酢のジュレの若干の酸味が加わることで、あん肝の独特な旨味が引き立ち、主張の強い太麺をがっちりと受け止め、啜るたびに美味しくなっていく中毒性の高い一杯。

すでに3杯食べたことの後だったので、さすがに400gはきつかったですが、それでも完食できたのは、美味しい証拠です。

月限定以外にも月曜限定を提供し始めた、超ラーメンオタクの店主にも大注目です(笑)

ごちそうさまでした!!!!








今週16日オープンする大仙市の『Noodle college SHIROKURO』で、「塩」と「醤油」をいただきました。

店名の正式名称は、上記の通りで間違いありません。店主より直接聞きました。ヌードルカレッジの最初だけ大文字です。シロクロは全て大文字になります。

「塩」は、ポルチーニ、鯖、イタヤ貝等からなる塩ダレに、煮干、ホンビノス貝、昆布からなる旨味たっぷりなスープを合わせた、繊細であり非常に厚みのある出汁感。

トッピングに塩麹につけたレアチャーシュー、しっとり柔らか鶏胸肉チャーシュー、蓮根のグラッセ等、1品1品に手をかけるこだわり様。

オリーブオイルを使用しているので、臭みが皆無で、麺にスープがコーティングされやすくなります。具材との相性も抜群です。

「醤油」は、鶏ガラ、丸鶏、もみじ、手羽元から抽出した重さのある鶏感に、安藤醸造元の醤油、牛、ポルチーニ等(まだまだありましたが度忘れ)でできた醤油ダレをあわせたスープ。さらに、高級トリュフオイルが全体を包み込むように、旨味の膜をはり、全ての食材にいい意味で影響を与えています。

トッピングは塩と変わりませんが、ひとつ、マッシュルーム、たまねぎ、セロりで作るデュクセルが乗っています。これを溶かしながら食べることで、一気に香りがたち、後半はまったく違うラーメンになります。

若鶏の油を使っているので、まるでバターのような濃厚さのあるスープ表面です。これもまた麺をコーティングし、旨味たっぷりなスープを引き付けます。

麺は秋田県では初となる『村上朝日製麺所』謹製の麺で、関東では埼玉の『四つ葉』や東京入谷の『麺処晴』等、超有名店におろしています。塩はやや平打ちの中細低加水麺、醤油はやや加水低めの全粒粉入中細麺ということで、表情の違う2つのスープに合わせた仕様となっていて、またこだわりを感じます。

当分、この二種類で勝負ということです。
秋田にない味、食べたことのない味、突き抜けた一杯がまた誕生しました。以前私が『蔦』や『金色不如帰』でいただいたキノコ系のデュクセルを秋田にも!という願いが叶いました。大仙市が凄いことになりそうです。

場所はまだ地図に出ませんが、居酒屋くざえもんのほぼとなりのビル1階です。

脱帽です!
ごちそうさまでした!!!!!!!!


大仙市の『中華そばde小松』で、先行販売10食限定の「酸辛湯麺」と、本日で提供終了の「冷やし担々麺」をいただきました。日曜日なので、全品味玉付き、池袋『Hululu』謹製の麺となります。

「酸辛湯麺」は、スープ全体が餡掛けという本場中華圏仕様で、「小松の鶏出汁」をしっかり感じ取ることができ、酸味と辛味のバランスが非常によい驚愕の一杯。県内で「本場の」酸辛湯麺を提供するお店がほとんどない中でとても貴重な逸品となりそうです。

また、豆腐、筍、えのき等の食感、春菊などの香りが非常にマッチしていて、全体的な旨味の底上げに貢献しています。

激熱で火傷に注意ですが、今回は「冷やし担々麺」も食べたので、口の中を冷やしながらいただきました。

本格的な提供を待ちたいと思います。
脱帽です!
ごちそうさまでした!!!!!


大仙市の『拉麺しな竹』で、週末限定の「とんこつ醤油ラーメン」をいただきました。

予想外のライトな動物系で、サラサラした中にも骨の旨味が感じられます。

こってりが苦手な方々は、このくらいがちょうど良いかもしれません。

ごちそうさまでした!



大仙市の『麺屋十郎兵衛』で、9月限定の「蟹味噌まぜそば」をいただきました。

濃厚な蟹味噌ペーストがコキコキな太麺に絡み、さらに、丼底に敷かれた雲丹エキスが後追いで旨味をプラスしてきます。

これは、蟹味噌好きは必食です。
ごちそうさまでした!!!!


横手市の高橋優野外ライブイベントに出店していた『ラーメン男寿狼』で、「比内地鶏グリーンカレーまぜそば」をいただきました。

屋外イベントのラーメンですが、麺量が実店舗なみに多く、非常に満足感があります。

グリーンカレーは非常にスパイシーで、炎天下で汗をかきながらガツガツ食べました。鶏もも肉もムニュムニュしてジューシーでした。

この店舗を仕切っていた店主の噂の新店舗も非常に楽しみです。

ごちそうさまでした!!!


横手市の『NOODLE SHOP KOUMITEI 香味亭』が高橋優野外ライブイベント会場に出店したので、イベント限定の「オマール海老濃厚まぜそば」をいただきました。

屋台としては信じられないほどのクオリティとコスパ。海老感が最後まで続き、非常に美味しかったです。

背脂軍曹氏の呼び込み、fat32氏の盛り付け等、ラーメンフリーク仲間の勇姿見れて非常に楽しかったです。

私は香味亭のスタッフTシャツを着ていったので、一歩間違えれば、店員がサボってラーメン喰いまくっているように見えていたでしょう。香味亭さんのブースの裏で隠れて食べました。

ごちそうさまでした!!!!






湯沢市の『トラガス。』で、限定の「豚骨醤油らーめん」をいただきました。

麺量は写真の通りです。

9月1日から平日は夜8時までの営業となり非常に行きやすくなりました。詳細はトラガス。ホームページをご覧下さい。

今回の限定は、店主曰く、以前提供された男山シリーズより豚骨白湯の濃度は高いとのこと。実際、最後まで豚豚している出汁感が中毒性を発揮して続いていくという、破壊力のあるスープとなっています。

この豚骨感は、今年の三周年記念で提供された「みそらぁめん」を想起させる旨味の凝縮度です。


ただ、家系元祖の『吉村家』よりも油膜も含めてしつこくなく、「最後まで飲み干せる豚骨醤油」といった印象。こういったバランス感覚はさすがだなと思います。

麺は中太ストレートで、もっちりツルツル。柔らかめな感じがまたスープに馴染んで美味です。

厚さ1センチ弱もありそうな肩ロースチャーシューは噛みごたえ系で、肉の旨味溢れる逸品。

無料で半ライスがつき、角煮をのせて、スープをかけていただけば至福のひととき。

今回は、この限定のために用意された新しい丼でいただきました。通常より口が開けた丼なので、今後の別の限定が楽しみです。

慣れてきたら、油の量、麺の硬さ、味の濃さ等をカスタマイズできるようにしていくそうです。

約三週間の提供です。
脱帽です!
ごちそうさまでした!!!!!





湯沢市の『麺屋史』で、限定の「ミソらーめん」をいただきました。

破壊力のある濃厚豚骨白湯に、数種類の白味噌をブレンドした味噌ダレを攪拌させており、絶妙なバランスで一体化しています。

麺は太麺の220gでモチモチで、麺肌はツルツルです。スープに負けない力強さで非常に美味しいです。

店主自画自賛の自信作です。
濃厚ですが、最後まで飲みたくなる旨味たっぷりなスープ。
今回はデフォで食べたくてオーダーしませんでしたが、オススメは辛味噌だそうです。

久々に食べた途端に声が出でしまった一杯。
脱帽です。
ごちそうさまでした!!!!!






横手市雄物川町の『味しん』で、「五目中華」をいただきました。

約23年ぶりの訪問のこちらは、雄物川町の誇る伝説的食堂。驚愕の価格で地元民の胃袋を掴んで離さない、言葉は悪いけれど、「汚な旨いお店」です。

入店には覚悟がいりますが、入店しても覚悟がいるトリッキーなお店。

駐車場はありませんが、近くに火葬場の駐車場があります。ここもトリッキーです。

ものは試し。
ごちそうさまでした。






横手市の『麺屋羅漢』で、「羅漢海老ラーメン」を大盛でいただきました。ポイントカード提示で、大盛無料です。

大好きな一杯を定期補給しにきました。

いつも以上の粘性をもった動物白湯と、香ばしい海老の風味の間違いないコラボです。海老の頭をカリカリにしてあるので、丼底に溜まった海老エキスを、羅漢謹製のデロ太麺に絡ませていただきます。

羅漢に置いてある荒挽きなスパイスを、後半にたっぷりかけていただくのがポイント。海老と胡椒系のスパイスはそもそも相性抜群なので、非常に食欲をそそります。

何度食べても飽きのこない味。
脱帽です。
ごちそうさまでした!!!!!





岩手県盛岡市の『麺肴今日から!』で、「魚介スープのヒマラヤ岩塩ラーメン」をいただきました。

大好きなお店に久々に訪問。前回は鶏豚スープで度肝を抜かれ、一気に大ファンになりました。塩ラーメンではこれまで食べた中ではベスト3に入るほど。バランスも旨味も洗練されており、より多くの方々に食べていただきたい反面、これ以上人気が出て大行列になってほしくないという思いも若干あります。

が、今、一番オススメなことは間違いありません。非常にハイクオリティです。秋田にあれば、間違いなく、毎日行きます。

煮干、鯵節と昆布を別鍋で多段階加熱製法で抽出された旨味溢れるスープは黄金色で、代名詞となっているヒマラヤ岩塩だけでなく、モンゴル天日湖塩、国産藻塩がブレンドされた塩ダレでいただくので、旨味がダイレクトに伝わります。

つみれ、鶏モモチャーシュー、肩ロースの低温調理チャーシューは1品1品が圧倒的な存在感。

本日も脱帽です!
ごちそうさまでした!!!!!!!




岩手県盛岡市の『鶏白湯そば東座』で、「鶏白湯そば」をいただきました。

「鶏白湯」というネーミングから、オーソドックスなビジュアルを想定していましたが、カエシの色に染まった「鶏骨醤油」のような見た目と味わいです。

鶏白湯の動物的な旨味よりは、カエシのまろやかさが際立ちます。

スープよりも自家製麺の方が存在感があります。全粒粉入りの玉子麺ということで、玉子麺の風味が非常によく出ていて、若干とろみがかったスープと良く絡み、相性抜群です。

2枚の豚バラ肉チャーシューは香ばしく炙られており非常に柔らかいです。

ごちそうさまでした!!






岩手県盛岡市の『麺の極はなみち』で、「ザ・はなみち」をいただきました。

豚骨醤油ベースの「ら〜麺豚」が看板メニューですが、今回は、月替わり限定の「ザ・はなみち」をオーダーしました。

待っている間は、食べ放題の鶏唐揚げとライスを爆食いします。

今月は「まぜそば」でした。
醤油ベースのカエシに辛味噌が混ざり合い、モチモチの極太麺に絡みつきます。

若干甘辛い豚バラ肉が豪快に盛り付けられていて、麺と一緒に持ち上げるも良し、オンtheライスでも良しです。

余ったタレと豚バラ肉に、ライスを追い飯感覚で投入するのもありです。

連食がなければ、確実にこの店だけで爆食して終了となりそうです。

ごちそうさまでした!!!!






横手市十文字町の『マタギ料理食い道楽』で、杯数限定の「マタギの鯛絞りラーメン」をいただきました。追い飯付き で¥700です。

焦げ目がつくまで炙った鯛のアラ、椎茸や昆布の乾物、香味野菜等を8時間じっくり炊き出し、絞りきった出汁。

カエシは塩魚汁で、支配的にはならずに旨味を倍加させる役割。香り付けの葱油も良いアクセントです。

鯛のほぐし身や三つ葉がのった鯛雑炊は、海のモノ山のモノ全ての旨味が凝縮した出汁を回収するにはもってこいのメニュー。柚子胡椒が付いてきますが、風味を壊さないために、雑炊の後半から割り箸にチョンと乗る程度でバランスが良いと思います。

私が本限定最初の一杯で、残り23杯ほどでした。

食べなきゃ損レベルのリピート確定な一杯。
脱帽です!
ごちそうさまでした!!!!!




美郷町の『麺屋にぼすけ本舗』で、朝ラーメンの「極太鶏そば塩」をいただきました。

県内の朝ラーのなかでもかなりお気に入りの一杯です。

塩なので、鶏出汁の深い味わいや独特の旨味を感じやすく、主張の強い極太手揉み縮れ麺でも、バランスがとれるほどです。

毎日食べたい一杯。
ごちそうさまでした!!!!






岩手県花巻市の『元祖満州にらラーメン さかえや本店』で、「満州にらラーメン」を大盛でいただきました。

実に14年ぶりの訪問のこちらは、辛旨、中毒旨の老舗です。久々にどうしても食べたくなりました。

豚バラ肉、ニラ、ラー油の組み合わせが不味いわけがなく、分量もバランスが良いです。

麺は独特の粉っぽさがあるものの、スープに馴染むと麺自体が「満にら」の味がするという、旨さの連鎖へ突入。

豚バラ肉増しがあれば確実にオーダーしますが、メニューには見当たらず。おそらく、常連の皆さんはやっていることでしょう。

定食メニューや限定メニューも充実し、言わば、花巻市の台所といった位置付け。

提供も恐るべき速さで着丼でした。本当に3分ほどでした。私だけかと思ったら、あとから来た客にも時間差で着丼。オペレーションと厨房の連携に脱帽です。

ごちそうさまでした!!!





岩手県花巻市の『麺屋わかな』で、「魚とんそば」をいただきました。

餡掛けのようにトロトロのスープは、予想よりも動物感が少なく、魚も抑え気味な味わい。一世を風靡した濃厚魚介豚骨のライト版といった印象で非常に食べやすいです。

麺は岩手県産小麦の「ゆきちから」と「銀河のちから」をブレンドしたもっちり食感で、トロミと一体化しています。

豚バラチャーシューは炙りが入り香ばしくホロホロで、もう一つの低温調理のチャーシューは歯ごたえがあり、濃いめな味付けが存在感を強めています。

メニューも豊富なので、次回は淡麗系も攻めてみたいと思います。

ごちそうさまでした。





湯沢市の『ラーメン将』で、「みそチャーシュー」をいただきました。

久々の訪問です。

山盛りのシャキシャキ野菜、低温調理された肩ロースチャーシュー、甘辛い味噌、コキコキの太麺。どれもこれも非常にハイレベルです。

湯沢市には名店が数多くひしめいているので、陰に隠れがちですが、もっと評価されてもいいお店だと思います。

夏季限定の冷やしラーメンもやっていて、ラーメンに対しては非常にアクティブな印象を受けました。チャーシューもバラ肉から肩ロースの低温調理に変えたのもその現れだと思います。

寡黙な店主ですが、1度会話がはずむと非常に優しく楽しい方でした。高野豆腐の煮付けもいただきました。


しかも、本格中華料理や餃子も提供するということで、今度いただきたいと思います。
隠れた名店。脱帽です。

ごちそうさまでした!!!!!




湯沢市の『ラーメン直太郎』で、「塩ラーメンこってり太麺」をいただきました。

いつもはダイナマイト辛辛麺ですが、今回は久々の塩オーダー。さらに、こく旨にするためにこってりをプラス。動物系の旨味がダイレクトに伝わり、非常に美味しかったです。

ごちそうさまでした!!!






宮城県仙台市の『ラーメン☆ビリー泉学院前店』で、泉学院前店限定の「塩ラーメン」をアブラ増しでいただきました。

今年オープンしたばかりの新店に初訪問です。『ラーメン☆ビリー』自体は仙台市内に数店舗支店を抱えていますが、最近できた泉学院前店のみ塩ラーメンがあります。

乳化度の高いスープは、豚出汁や背脂の旨味がしっかり溶け込んでおり、塩ダレなので誤魔化しのきかない、旨味をダイレクトに味わうことができます。

分厚い「豚」は柔らかく、ホロホロです。連食なので野菜マシは遠慮しましたが、マストトッピングかと思います。

泉学院前店でも非常に人気の高い油そばもオーダーし、シェアしました。

ブラックペッパーでスパイシーに味付けされた塩系の油そばで、余計な味付けのない、全体的なオーソドックス感は非常に好みです。

麺量も200g〜400gから選択可能で、仙台に住んでいたら、間違いなく400gをオーダーしていました。

仙台遠征〆の一杯でした。

次回は、今回ふられた課題店の『だし廊』を狙います。

ごちそうさまでした!!!!






宮城県仙台市の『辛味噌タンメン カラ助』で、「地獄まぜそば」をいただきました。

屋号の通り、辛味噌タンメンが売りですが、負けじと人気なのがこの汁なし系です。

なかでもこの地獄まぜそばは、辛さ一辺倒ではなく、野菜や豚バラ肉から出た甘さも合わさり、旨辛な一杯となっています。

魚粉やフライドオニオンのアクセントも加わり、後半はかなり中毒性の高い状態になります。

とにかく、野菜の種類が多くシャキシャキなので、最後まで辛さを和らげる役割を果たしながら、食感も楽しめます。

夜遅くまでやっているので、仙台宿泊の際は、確実にリピートしたいと思います。

ごちそうさまでした!!!!







宮城県仙台市の『めんや薫寿』で、「薫寿そば」をいただきました。

福島県の大人気店が、仙台市で今月オープンしました。

予想をはるかに香る強めの鯛出汁感で、塩分も若干高めの、見た目とは違った破壊力のある一杯。

国産小麦『和華』を使用した麺は、非常にコシが強く、国産小麦ならではの香りを感じることができます。細麺なので、スープが絡む絡む。

細切りされた葱のシャキシャキ感、極太メンマのゴリゴリ感など、美味しい食感が続きます。

メニューを見る限り、まだまだ気になるものが沢山あり、再訪確定です。

ごちそうさまでした!!!!



宮城県仙台市の『自家製中華ソバむらさわ東仙台』で、「中華ソバ」の鶏皮トッピングをいただきました。

今月オープンした、話題沸騰の新店に初訪問です。まだまだネット上の情報が少ない中、やってるかどうか分からないまま突撃です。駐車場は確実に店主に聞いた方がいいです。

スープは鶏出汁メインかと思われますが、今までに味わったことのない動物感で、新しさを感じます。カエシは甘めな印象ですが、何より油膜を含めたスープ全体の旨味が引き立っています。

麺は柔らかめの細ストレートで、しなやかさが際立ち、秋田で言うと、能代市の『柳麺多むら』さんに近いかと思います。

柔らか豚バラチャーシューのホロホロ感、味が染みて黒々としているメンマ、シャキシャキの刻み玉ねぎ等、非常にバランスのとれたトッピング構成です。

特筆すべきは、マストオーダーと言われている鶏皮です。柔らかめに煮込まれていて、麺と一緒にいただくと動物的な旨味と柔らかな麺ががっちり噛み合って非常に美味しいです。この鶏皮は大人気で、すぐになくなるようなのでお早めに。

今までにあまりない形の中華そばで、オリジナリティ溢れる一杯。

ごちそうさまでした!!!!







横手市の『味の店 高昭』で、「地獄油そば」をいただきました。

毎度お馴染み地獄シリーズです。

思い出すと無性に食べたくなる中毒性の高い一杯です。

赤いスパイスがねっとりまとわりついた麺と若干辛味の効いた葱の相性が抜群にいいです。

途中、連れがオーダーした「地獄ラーメン」の辛旨スープをかけながらいただくと、より絡みつきがよくなり、辛さも増すので、この食べ方は以前から言ってますが、一押しです。

夏季限定も登場しているので、次回は挑戦してみます。

ちなみに、土日にいく場合、出前時間とかぶる場合があるので、13時以降が確実に食べられる時間帯だと思います。

ラーメン以外の食堂系メニューも充実しているので、ご家族連れにもいいと思います。

ごちそうさまでした!!!!



大仙市の『中華そばde小松』で、14日のみ限定の「九条ねぎたっぷり鴨出汁正湯中華そば」をいただきました。

車で店舗に近づくと、PPのDK高橋氏を発見。早!!と思いながらも、私も充分早いなと自爆突っ込み。

オープン時間前に早々と開店。店主小松さんに暑い中待ってる我々に気を遣っていただいて、フライングオープンを決行させてしまいました。ありがとうございます。

ステンレスのボウルに山盛りの九条ねぎがありましたが、まさか、これが1人分なわけないよなと思いながら見ていると、すんなり全て丼にオンされてました。

鴨油が中太麺にコーティングされ、九条ねぎのシャキシャキ感と相まって、旨味の連鎖が完食まで続く恐るべき一杯。

後半は、驚くほど鴨や鶏出汁の旨味が濃くなり、塩でも食べたいなぁと思わせる出汁感でした。

この九条ねぎの山の上に、熱した鴨油をかけてバチバチ言わせたい衝動に駆られました。より香ばしくなるかもしれません。

また仕入れ次第ではやってほしい限定です。
脱帽です!
ごちそうさまでした!!!!!






湯沢市の『トラガス。』で、限定の「汁なし担担麺」を大でいただきました。麺量は写真の通りです。

2回目となりました。
今回から黒酢と痺れのスパイスが付属となり、より後半の味変が楽しめます。

前回も書きましたが、やはり、自家製ラー油の香ばしさや旨味は最強です。丼上がすべて足し算のラーメンですが、全てが個性を消し合うことなく成立しています。

少しお金がかかりますが、チャーシュートッピングで最強のメニューです。ガツガツ汁なしを味わいながら、箸休めに肉肉しいレアチャーシューをつまみます。
追い飯の際にも、一緒に食べることで、高級な肉丼になります。

3回目リピート確定の一杯。
脱帽です!
ごちそうさまでした!!!!!!


大仙市の『自家製麺佐藤』で、木曜限定の「炙りサーモンの冷し鮭搾り中華蕎麦」をいただきました。

澄み切った塩スープに、鮭の旨味や甘みが溶けだして、食欲をそそります。山葵を溶かすと、サーモンの寿司を食べているかの如く和的な印象が強くなります。

炙ったサーモンが大量にトッピングされているので香ばしさもあり、さらに、無料でつくライスの上にのせて食べると、炙りサーモン丼に早変わりです。

〆に残ったスープをその丼に注ぎ込めば、雑炊になります。

冷しなのに、旨味をあれだけ出せるのはなかなかありません。鮮魚系冷し、これからもどんどんいただきたいです。

ごちそうさまでした!!!!




大仙市の『拉麺しな竹』で、突発的限定の「海老まぜそば」をいただきました。

甲殻類系ラーメンが登場したら確実に行かなければなりません。

今回は、中華圏ではお馴染みの沙茶醤が使われており、海老満載のこの一杯にはもってこいな味わいです。台湾在住の頃からお世話になった沙茶醤が食べれるなんて、マスターには感謝です。秋田では出す店がほぼ皆無なので、また別の機会にいただきたいと思います。

海老まぜそばは県内各地多々あれど、この沙茶醤との組み合わせは、秋田初だと思われます。

脱帽です!
ごちそうさまでした!!!!!




山形県東根市の『中華そば二代目高橋商店』で、新メニューの「油そば」をいただきました。

厳選された煮干と動物系出汁のダブルスープと硬めに茹でられた太麺のコントラストが売りですが、今回はあえて新しく登場した油そばをオーダーしました。

ブリンブリンの麺は食べごたえ充分で、少し甘めの煮干が効いたカエシとの相性が非常に良好です。

見た目はシンプルですが、このシンプルさが私は大好きです。仙台の『自家製太麺渡辺』でも見られる組み合わせですが、こういったお店が秋田にも増えてほしいと思います。

肉厚のチャーシューは、脂と赤身のバランスが非常に良く、肉の旨味をしっかり味わうことができます。舟形の『中華そば雅』に近いチャーシューです。

付属のスープは、自慢の煮干出汁をダイレクトに味わうことができ嬉しい逸品。油そばを半分残してスープを入れれば、煮干中華そばのできあがりです。この食べ方、オススメです!

脱帽です!
ごちそうさまでした!!!!!!

 
山形県山形市の『自家製麺 鶏冠』で、新しく登場したメニュー「中華そば」をいただきました。

ビターな煮干の旨味が広がるスープは、鶏出汁の土台がしっかり感じ取れるくらいの重厚感な作りで、油分はありますが、旨みをアシストするだけで、飲み口はキリッとしています。

自家製麺の麺は、全粒粉の中太多加水麺で、国産小麦の特徴的な香りと煮干の香りが非常によくマッチしています。麺肌は、他のメニューとは違い、ツルツルしなやかです。

今回は結果的に二麺抜きになりましたが、この店は想像をはるかに超える旨さであり、連食がなければ四麺抜きがあり得るくらいの衝撃でした。

脱帽です!
ごちそうさまでした!!!!!!




山形県山形市の『らー麺たまや零式』で、夏季限定の「つったいらー麺」をいただきました。

汁なしの冷やしバージョン「汁零そば」も気になりましたが、汁を欲していたのでこちらをオーダー。

予想を覆す程の塩分濃度に度肝を抜かれつつも、海老や貝系の元ダレ感や鶏出汁感がしっかりとしており、冷やしでこれ程の旨味が強いスープは非常に稀かもしれません。氷が浮いていてずっと冷えているんですが、塩分濃度下げるために、もう10個ぐらい入れたい感じです!

自家製の麺はコキコキなくらい硬めな茹で加減シメ加減で、顎の強化にもってこいな感じです。多加水の太麺でしたが、塩分高めなスープはこれでもかとまとわりつきます。

低温調理されたチャーシューは、ハム感が出ていて非常に美味しいです。岩海苔の風味が後半アクセントとなって非常によく効いてきます。

濃厚なラーメンが売りの店ですので、次回はいただきたいと思います。

ごちそうさまでした!!!




山形県山形市の『自家製麺 鶏冠』で、「地鶏と貝の塩そば」をいただきました。

鶏と貝。私の大好きな出汁が両方入った一杯は、本当に清湯なのかと疑うほどの旨味であり、貝出汁先行、後味鶏出汁のバランスの良さが光ります。付属の牡蠣油を加えると、貝感が何倍にも膨れ上がり、更に食欲が湧いてきます。

トッピングはしっとり鶏胸チャーシューと山形県産ローストポーク、蛤などで、どれも出汁に影響を与えない程度の味付け。穂先メンマもコリコリで美味しいです。

麺は北海道産小麦「春よ恋」を使用した、自家製麺低加水細ストレート麺で、ポキ感もありしなやかさもありの特徴的な麺でした。これは私のドストライクな麺です。

旨すぎたので、2麺抜き確定です。
この後、別店舗へ行き、再度戻ってくるくらいの旨さ。
脱帽です!
ごちそうさまでした!!!!!!


湯沢市の『トラガス。』で、限定の「汁なし担担麺」をいただきました。
麺量は並180g、中270g、大360gから選択可能、同一料金です。

店主が賄いで食べたものが参考になっているという今回の限定は、見た目からしてがっつり系であることがわかります。

既にレギュラー化している四川風みそ担担麺にも使用されている、真っ赤な自家製ラー油の香ばしさとキリっとした辛味の中毒性が強いです。

その辛味を受け止める胡麻ダレもしつこくなく、挽肉やフライドオニオンの旨味と中華圏ではお馴染みの酸菜の酸味、ナッツの食感がバランスよく配置され、非常に中毒性の高い逸品です。

麺は、麺にわざと傷を付けて糊を出し、中心部はしっかりとコシがあり、麺肌はメロメロな状態。これがタレによく絡みつきます。

追い飯には、新たにフライドオニオンとコーンがプラスされ、間違いのない味になっています。コーンがこんなに相性が良く、さらに存在感を出すとは思いませんでした。

提供期間は約2週間程です。
脱帽です!
ごちそうさまでした!!!!!



横手市の『NOODLE SHOP KOUMITEI 香味亭』で、限定の「フレッシュトマトの冷製イタリアンまぜそば」をいただきました。

大阪の『帰ってきた宮田麺児』で使用しているこの麺は、やはり超絶美味です。

今回で2度目なので、味変として海老油を投入しましたが、これがかなり旨いです。この限定で登場してもおかしくない旨さでした。

ラストはやはり、追い飯ですね。レンジでチンしてチーズをとかし、リゾット風にいただきます。カレーが反則的にあっていて、病みつきになります。

ごちそうさまでした!!!!


山形県酒田市の『ラーメン風林火山酒田店』で、新メニューの「中華そばこってり」をいただきました。あっさりとこってりから選択可能です。

二郎亜流にして、再現度とクオリティが非常に高くて有名な同店に2回目の訪問です。

化学調味料不使用ですが、鶏出汁と魚出汁のバランスが非常によく、最後まで飲み干せそうなくらいのクリアさがあります。

麺は中太平麺で、ツルツルコキコキな食感。縮れてはいませんが、スープが一番絡むのはストレート麺であることは科学的に実証されているので、旨味たっぷりなスープをがっちり絡めとっています。

ラーメンにも使用されているホロホロなチャーシューと背脂は、さらなるコクを加えるアシスト役として必要不可欠です。私はこってりをオススメします。背脂がない部分だけでも、あっさりバージョンを楽しめるからです。

大人気のG系メニューを頼まない勇気がいる一杯。
ごちそうさまでした!!!!


山形県酒田市の『花やらーめん』で、本日限定の「牛骨ラーメン」、「鯛塩ラーメン」、夏季限定の「冷やし海老担々麺」をいただきました。

「牛骨ラーメン」は、写真にもある通り、80度の低温調理でじっくり牛の旨味を抽出しています。台湾で牛骨出汁文化に慣れてはいるものの、久々の臭みのまったくないクリアでかつコクのあるスープに鳥肌がたちました。さらに、牛脂が旨味をさらにアシストしていて、麺に絡んだ状態でいただけば、もう間違いない味で、中毒性が非常に高いです。

「鯛塩ラーメン」は、表面の油膜からして鯛感が突き抜けており、生臭さ等は皆無でありながら、しっかり魚の旨味が感じられる一杯。これは必ずオーダーすべかこ逸品です。私がこれまでいただいた鯛系ラーメンの清湯部門では確実に上位です。

「冷やし海老担々麺」は、挽肉に自家製海老油を混ぜ込んだ海老肉味噌ががっつり入り、海老感が鼻を抜けながら、しっかり胡麻ダレが後追いで包み込んでくる重層的な味わい。冷水でしめられたコキコキ麺によく絡みつき、食べても食べても食欲が落ちない恐るべき一杯。

自家製麺だけあって、非常に香り高い、やや平打ち中太麺で、どのラーメンにも非常によく合うのが驚きです。

酒田市に行ったら、この花やさんと、二号店の花や2ndの連食もありかなと思います。

脱帽です!
ごちそうさまでした!!!!!