麺太郎の秋田ラーメン日記 秋田台湾グルメブログ@立憲圧政会総司令部

伝説の研究室再興、最高

FullSizeRender
IMG_7494
FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_7491
『中華そばd小松』@大仙市
限定「de小松的スーラーまぜそば」¥780
限定「貝柱御飯XO醤添え」¥150

以前提供されていた「からしそば」の進化系となる一杯。からしをラーメンに取り入れるという斬新さと、京都の伝統的な料理の技法を織り交ぜた、唯一無二の一杯に仕上がっています。

塩あんかけの上部と、辛酸っぱいまぜそばの下部それぞれの味を楽しめるとともに、互いを混ぜた際の全く新しい味わいににも驚愕。

食べ進むうちに、それぞれの具材の甘さ、食感、旨味が次々に一杯の中で違う印象を与え続けていて、最後まで飽きることがありません。

シメは、旨味たっぷりな貝柱御飯。XO醤の香りや風味をダイレクトに感じることができます。さらに、丼に残った餡に投入し、ガツガツ混ぜていただくと、これだけで商品化してほしいほどの斬新な一杯が誕生します。

ごちそうさまでした!!!!!!!!!

FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_7489
FullSizeRender
「他力本願まぜそば」@自作

惜しまれつつ閉店した大仙市のお店からいただいた蓮根のグラッセ、茸のデュクセル、トリュフオイル、麺、醤油ダレをフル活用。

湯沢市の超人気店『トラガス。』の鴨肉チャーシュー、山形県最上郡金山町のレジェンド店『聚楽亭』の燻製ハジチャーもトッピング。

味玉もちょうどいい感じにできました!

ごちそうさまでした!!!!!

FullSizeRender
IMG_7483
IMG_7484
FullSizeRender
『麺屋羅漢』@横手市
「羅漢海老ラーメン」¥790

閉店間際に滑り込みセーフ。

今回も自分の中でオーダー率が一番高い海老を。

甘海老の香ばしさや甘味が全面におしだされたスープは、動物白湯を下支えにしているので、濃厚かつクリーミー。

その濃厚スープが絡み付く麺は自家製で、ムチムチな食感。この硬さももちろん好きですが、毎回、後半は時間をかけてスープに馴染ませ、少しクタクタになる絶妙な柔らかさにして食べるのが好きです。

でかい塊の角煮は甘めで、箸休めにはもってこいの逸品。

後半、ブラックペッパーの粗挽きを沢山かけていただくのを推奨します。海老とブラックペッパーは非常によく合います。そして、力強いスープはそのスパイスには負けません。

ごちそうさまでした!!!!!

FullSizeRender
IMG_7478
IMG_7479
『麺屋史』@湯沢市
限定「タンタンメン」¥800

スープは胡麻一辺倒のよくある担々麺の味ではなく、しっかりとした動物系出汁の土台を感じることができる濃厚な一杯。

途中で辛肉味噌を溶かして食べると、さらに旨味と辛味がプラスされ、また別のラーメンの印象に。

唐辛子の粉末を溶かしてもスープが壊れず、辛旨な味わいに。一杯のラーメンで何段階かの味変が楽しめる逸品。

この日はポイントカードのスタンプ5倍キャンペーン中でしたので、一気にカードが埋まりました。

ごちそうさまでした!!!!

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
『聚楽亭』@山形県最上郡金山町
「蒼龍そば」¥700

※一見お断り。
※初回訪問は、常連と一緒に。
※初回、2回目はレギュラー2種のみオーダー可能。「朱龍そば→蒼龍そば」
※3回目から創作系限定オーダー可能。

魚介系出汁と乾物系出汁の複雑、かつ重層的な深い味わいに驚愕。見た目はシンプルですが、スープの破壊力は抜群で、無化調の真髄がここにあります。

何重にも重ねられた旨味の連鎖を堪能。常連の方々が「発作が起きるほど旨い」と表現するのが分かります。

麺は朱龍とは違い、中太ウェーブ麺でモチモチな食感。ブリンブリンな麺肌で、煮干の旨味を絡めとり、非常に啜りがいがあります。

この麺もスープも、朱龍と同じで、毎日進化、変化を遂げており、いい意味で2度と同じ味に出会えません。

塩分が低く、飲み干せる一杯。塩分に頼らず、出汁の旨味だけで、強力な存在感の麺と対等に渡り合える高度なバランスの一杯に脱帽です。

ごちそうさまでした!!!!!!!!!!

FullSizeRenderFullSizeRender

IMG_7469
『聚楽亭』@山形県最上郡金山町
「朱龍そば」¥700

※一見お断り。
※初回訪問は、常連と一緒に。
※初回、2回目はレギュラー2種のみオーダー可能。「朱龍そば→蒼龍そば」
※3回目から創作系限定オーダー可能。

全国各地から有名ラーメン店店主、関係者、ラーメンフリークが集まるレジェンド店。

2018年、聚楽亭最初の一杯は、もちろんレギュラーの「朱龍そば」。

徹底した温度管理により抽出された分厚い鶏出汁に、昆布などの乾物系出汁の土台がしっかり噛み合った、隙のないスープ。使用している食材の量が群を抜いており、このクオリティを700円で食べることのできる幸せを噛み締めます。

麺は自家製の若干平打ちがかったもの。しなやか、つるつるな麺肌で、良質な鶏油を絡めとり、スープの旨味を逃がさない存在感。

チャーシューは豚ももで、ジューシー。やわらかく、臭みのない穂先メンマもたくさん入っています!

麺もスープも毎日進化するレギュラー。毎日食べている常連さんも、毎回進化していると絶賛。

ごちそうさまでした!!!!!!!!!!

FullSizeRenderFullSizeRender
FullSizeRender
IMG_7459
IMG_7460
IMG_7461
IMG_7462
『に干し屋 SINCHAN』@岩手県盛岡市
「しんちゃん醤油」¥600

岩手県盛岡市で行われたラーメンイベントに手伝いに行ったときにお世話になったご店主さんのお店に初訪問。

昨年のオープンから間もなく超人気店になりました。

スープは煮干のエグ味、苦味が全くないクリアな出汁感で、甘めなカエシとの調和が非常によくとれた、高バランスな一杯。

余計な油浮きもなく、出汁の旨味だけで食べていけるスープの厚み心地よく、スープを全て飲み干したい衝動に駆られます。

麺は細縮れ麺で、つるつるな麺肌。スープに馴染むのが早く、強烈な旨味を引き連れながら、あっという間に啜りあげてしまいます。

冬限定の味噌ラーメンがレギュラー化するようなので、それを含めて次回はいただきに参ります。

ごちそうさまでした!!!!


『南部手もみラーメン南部屋路ばた』@岩手県盛岡市
「鶏そば」¥750

丸鶏と水からとった出汁に、生醤油、再仕込み醤油、たまり醤油、乾物、本みりん、純米酒、フルーツ酢からなるカエシを合わせたスープで、最近流行りの(かと言って、どの店でも作れる訳ではない)ネオクラシカルな路線を踏襲した味わい。醤油の主張よりも、それを超える鶏の旨味が心地よく、スープが先になくなっていく危険な展開に。

加水率35%の自家製麺は、つるつるしなやかな麺肌で、プツプツ歯切れが良い状態。

チャーシューは鶏胸肉と豚肩ロースの低温調理気味のものが1つずつ。


家東氏がオーダーした限定「鯛塩そば」¥800

ご覧の通りの創作感がたまりません。
店主の探究心やセンスを感じます。

鯛の頭と中骨、昆布、鰹節からなる鮮魚系スープは、東京の大人気店『真鯛らーめん麺魚』や『鯛塩そば 灯花』を彷彿とさせる濃厚淡麗系で、鯛の旨味がスープ全体にしっかり行き渡っている、「どこを飲んでも鯛の味しかしない」素晴らしいスープです。

鯛の身の低温調理、豚肩ロースの低温調理を別皿に添えて、鯛スープを純粋に味わって欲しいコンセプトと、店主のセンスを示す創作系な一面が融合した素晴らしい限定でした。

この他に、創業当時からある大衆的なメニューも豊富で、文字通り、老若男女が楽しめる店だと思います。

ごちそうさまでした!!!!!





『RAMEN FACTORY 鹿道山』@岩手県盛岡市
「炙り味噌神楽」¥750

久々の登場、ラーメンフリーク仲間で幼馴染の家東氏とともに岩手県盛岡市を旅します。

青森の『情熱★ビリー』や『麺やゼットン』などを運営するノンズカフェグループの系列店で、味噌ラーメンをウリにした話題の店。

スープは、大量の野菜、鶏ガラ、節を炊いているということで、味噌や野菜の甘味や節の香ばしさがよく伝わります。

チャーシューは炙られており、ジューシー。

家東氏のオーダー「龍の赤玉」¥780

通常の味噌ラーメンに自家製辛味噌がトッピングされたもの。あまり辛くはありません。



ごちそうさまでした!!!





『煮干Noodle』@自作

惜しまれつつ昨年末に閉店した大仙市のお店からいただいた、麺、醤油ダレ、蓮根のグラッセ、茸のデュクセル、トリュフオイル、いりこ、丼、レンゲを総動員。

鶏肉出汁を低温でじっくり抽出。

トッピングの鴨チャーシューや豚ハジチャーシューも某有名店からいただいたもの。

結局、自分で作ったのは、スープと味玉のみでした😅

全体的に茶色いですが、美味しかったです〜

ごちそうさまでした!!!!




『Noodle shop KOUMITEI 香味亭』@横手市

限定「鶏と鰹香る手揉み中華そば」¥700

2年連続、元日PP。

この日は、湯沢市の大人気店『トラガス。』の麺を使用したコラボ限定。さらに、替玉無料というお年玉付き。

スープは、旧店舗のレギュラーだったメニューのブラッシュアップバージョンでの提供となりました。

スープは恐ろしく澄んでいるのに、鶏と鰹の香り、旨味がぶわっと鼻を直撃。前日まで食べすぎて疲れている胃袋にも、優しく染み渡ります。

今年もたくさんお世話になります。

ごちそうさまでした!!!!!







『トラガス。』@湯沢市
限定「中華そば」¥780
麺量は並170g、中255g、大340gから選択可能、同一料金。
※既に提供終了。

もちもち、ブリンブリンの自家製麺を豪快にいただくための中華そばといった印象。

鶏油?鴨油?が浮いていますが、これが適度な甘味とこってり感を与えていて、非常に美味しいです。そのまま、麺を旨味でコーティングしています。

スープは鶏出汁かと思われますが、あっさりコク旨な味わい。何より、ジューシーな豚チャーシューの他、先日まで提供されていた超人気限定の『D』の無料トッピング「アレ」や「ハジチャー」がブロック状で鎮座する様は豪快で、非常に食べ応えがあります。大元の「アレ」ファンにはたまらないかもしれません。

ごちそうさまでした!!!!!!






『中華そばde小松』@大仙市
限定「招福そば」¥780
※既に提供終了。
メニューボートには(塩)とありますが、この日は醤油のみの提供。

先日いただいた「招福そば塩」よりも、醤油の方が肉出汁感を強めに感じます。塩はどちらかといえば、乾物系の土台をしっかり感じます。

九条ネギがシャキシャキ香ばしくて美味しいです。この上から熱した鶏油か鴨油をかけたいところ。

スープは無化調で塩分控えめでごくごく飲めます。

年1回とは言わず、半年に1回は登場してほしい逸品ですが、使っている材料を聞くと・・・なかなか実現は難しいでしょう・・・。

ごちそうさまでした!!!!!!!!!!


『麺屋にぼすけ大曲駅前店』@大仙市
「海老油そば」¥720
「大盛」¥0
「味玉」¥ 会員カード特典

真夜中の訪問。

以前食べた時よりも、加水率が上がったのかな?と思うほど、ツルツルもちもちな麺肌、歯応えで、海老の旨味が麺全体に絡んでいます。

刻み海苔や水菜も海老によく合います。噛みごたえのある角煮もゴロゴロと。

ごちそうさまでした!!!




『中華そばde小松』@大仙市
限定「招福そば(塩)」¥780

大量の鶏肉を寸胴いっぱいに詰め込んで炊いたスープは、一口目に鶏の旨味が口いっぱいに広がり、貝柱、海老、牡蠣などの乾物系出汁の土台もしっかりと感じられる塩ラーならではの一杯。

de小松さんでは珍しいレアチャーシューが鎮座。スープの温度でチャーシューに熱が伝わり、ちょうどよい硬さと味わいに。

塩バージョン自体がレア限定でした。

ごちそうさまでした!!!!!!!!!




『聚楽亭』@山形県最上郡金山町
限定「ロックンビリーS1風」

信じられないほどの量の鶏素材を、徹底した温度管理のもとで丁寧に煮出し、黄金色にスープが輝いています。

分厚すぎる鶏感に思わず常連たちの驚嘆の声が漏れます。

自家製の麺は、しなやかでつるつるな麺肌。鶏油やスープを見事にコーティングし、麺を食べれば、スープの味もしっかり感じるほど。

いつも通り、全く塩分が気になりません。塩分が必要ないと言った方が正確です。出汁感のみで麺をいただける希少な一杯。

ごちそうさまでした!!!!!!!!!!


『麺や二代目夜来香』@秋田市
「鶏中華ソバ塩」¥700

すでにレギュラーメニューも日替わり限定も豊富になり、さらにどれもこれも旨いので、いつもメニュー選びに苦労する名店。

本日は清湯な気分だったので、限定も気になりましたが、鶏中華をオーダー。

鶏のみを丁寧に煮出したスープは、全く臭みのない、鶏本来の旨味が凝縮しており、塩ダレに使用されている、貝、昆布、豚出汁の重層的な旨味も加わり、飲んでいるうちに鳥肌が立ってくるほどの存在感のある出汁感です。

厚切りチャーシューは、噛むほどに肉の旨味が溢れ出てくる逸品。さすが、中国料理のいろはを完璧に身に付けている店主。細かいところに様々な技法を駆使しています。

ごちそうさまでした!!!!!






『湯の台食堂』@にかほ市
「中華そば江戸甘」¥720

スープは、絶妙な焦がし加減の味噌の香ばしさと甘味が一体となっており、これまでの秋田にはない味わい。

背脂が大量に入っており、こってり感を出しつつも、味噌のトロトロ感と合わさり、脂のギトギト感よりも旨味や甘味が強調された仕様になっています。

麺は自家製の太縮れ麺で、加水率が高いので、つるつるな麺肌。コシを求めるというよりも、スープとの調和で馴染んだ柔らかさを楽しむ形。

全メニューいただきましたが、さすが!といった印象。全てにおいて、新しさと懐かしさが同居する非常にバランスの高いラーメンをいただけます。

ごちそうさまでした!!!!!


『Noodle shop KOUMITEI 香味亭』@横手市

「オマール海老香る辛味噌まぜそば」¥930
「味玉」¥100
「追い飯」¥0

「オマール海老香る濃厚つけ麺」のかわりに登場した新レギュラーメニュー。

今回は辛味プラスにしてみました。

厚みのあるオマール海老のビスクの旨味が、辛味に負けていません。辛味と上手く融合しているのが凄いです。

ゴロゴロたくさん入ってるやわらか豚軟骨はいつも通り美味。

アメリケーヌソースが、後追いで香ばしさと更なる旨味を倍加させる非常にキレのあるアクセントに。

無料の追い飯と恒例の「仕掛け」は食べてからのお楽しみ。

ごちそうさまでした!!!!!





『湯の台食堂』@にかほ市
「中華そば塩」¥720
あるだけ限定「チャーシュー飯」¥200

前回いただいた中華そばよりも、塩は鶏などの動物系出汁を存分に味わうことができます。

鶏油と思われる油分も適度なこってり感と香ばしさを演出。

ブラックペッパーと思われるスパイスで味付けされたコリコリメンマが美味で、スープの塩味に非常にマッチしています。

今回はチャーシュー飯をオーダーしたので遠慮しましたが、レアチャーシューは増しで食べたいくらい。

そのチャーシュー飯は、味の染みたホロホロチャーシューがこれでもかと丼上に鎮座。チャーシューの下には海苔が敷かれていて、間違いない組み合わせ。

麺は自家製の太縮れ麺。多加水なので、チュルチュル滑らかな麺肌。ワンタンの皮を麺にしたような食感。

個人的には塩の方が、スープの味をダイレクトに味わえて好みです。

ごちそうさまでした!!!!!


『トラガス。』@湯沢市
限定「D」¥900

8回目。

提供終了しましたが、まだあるかもという淡い期待を胸に訪問したら、やはりありました。

今回は「みそ大ハジチャーアレMAXこってりMAXちょっとG」にしました。

やはり、たまりません。

またいつか。

ごちそうさまでした!!!!!!!!!!




『自家製麺佐藤』@大仙市
限定「比内地鶏の家系極太まぜそば」¥780
大盛無料。

比内地鶏の鶏油、豚骨醤油の旨味が絡まった極太麺が非常に食べ応えがあります。

もしかしたら、自家製麺を売りにされているので、全メニュー大盛無料なら嬉しい人達が沢山いるかもしれません。

特にこの極太麺はいいですね〜。

ごちそうさまでした!!!




『Noodle college SHIROKURO』@大仙市

限定「ラストまぜそば」¥700

閉店間際のスペシャルメニューシリーズ。

24日の昼の部で閉店。店前にはclosedの看板が。

用事があり間に合いませんでした…

が、スープはないけど、麺と残りの材料はあるとのことで、正真正銘、Noodle college SHIROKURO店主が最後に作ったNoodle college SHIROKUROとしての最後の一杯。


塩ダレベースのシンプルな構成ながら、塩ダレ自体に強烈な旨味があるので、2玉ある細麺に絡んで非常に美味しいです。

もう閉店なので、お店で使用していたありとあらゆるものを図々しくいただきました。捨てるだけならもったいないので、全ていただきました。マニア的には嬉しいものです。

諸事情があり、この日でラストなのが非常に寂しいですが、店主も言っている通り、また数年後のオープンを期待して待ちましょう!

ごちそうさまでした!!!!!



『Noodle college SHIROKURO』@大仙市

限定「オープン前に遊びで作ったまぜそば」¥750

閉店間際のスペシャルメニューシリーズ。

1年数ヶ月前、この店がオープンする前夜のレセプションでいただいたまぜそばの進化バージョン。度肝を抜かれた味が忘れられず、思い出のメニューをオーダー。

トリュフオイル、茸のデュクセルの芳醇な香りはもちろん、それに負けないカエシと若鶏のバターのような脂のコンビネーションは、絶品の一言。

やはり、細麺のまぜそばは旨いと再確認できた一杯。

ごちそうさまでした!!!!!!!!!!




『Noodle college SHIROKURO』@大仙市

「醤油Noodle」¥750

諸事情あり、今月24日で閉店を余儀なくされた同店です。ならばと11月、12月はとにかく時間があれば突撃してきました。

一口スープを飲み、オープン当初のカエシに近付けていることが分かりました。鶏感を強く感じ、かつ、醤油の旨味も逃がさない全体の調和がとれている最高のバランス。

途中で溶かす茸のデュクセルは、さらにスープ全体に深いコクを与えます。後半からは全く別のラーメンに。

醤油ダレ、スープ、具材、麺にかかっている費用を考えたら、750円で出せていたことが奇跡的な話です。

県内では数少ない、確かな計算と根拠のもと、しっかりと「スープを作りこんでいる」お店でした。

店主佐藤君も、再び戻ってくることを約束してくれました。

ゆっくり待ちたいと思います。

ごちそうさまでした!!!!!


『トラガス。』@湯沢市
限定「D」¥900
大元的オーダー「みそ大ハジチャーMAXアレMAX濃口ちょっとG」

麺量は、並170gと大255gから選択可能、同一料金。

7回目。

トラガス。の限定史上、最も杯数が出た限定ということで、それを求めて訪れる客で溢れ、日々行列が長くなっている印象です。  

さらに、レギュラーのみそらーめんも人気なことから、仕込み・調理する店主の苦労を想像してしまいます。

 芳醇な味噌の香りや適度な酸味、味を壊さない程度のニンニクの効き具合、大量のシャキシャキ野菜、ホロホロのハジチャー、旨味溢れる油膜。

大元を食べたことのない人も、大元を「今」味わえる奇跡。

本日提供最終日です。

ごちそうさまでした!!!!!!!!!!


『トラガス。』@湯沢市
限定「D」¥900
大元的オーダー「みそ大ハジチャーアレMAXこってり濃口ちょっとG」

麺量は、並170gと大255gから選択可能、同一料金。

6回目。

大元のマスターがトラガス。に電撃訪問したのち、さらにさらに大元になった限定D。

写真にもある通り、大元常連ならこの「アレ」の切り方に興奮必至。本当に宝箱のようなラーメンです。

24日終了です。

ごちそうさまでした!!!!!!!!!!



『トラガス。』@湯沢市
限定「D」¥900
大元的オーダー「みそ大ハジチャーMAXアレMAXこってり濃口ちょっとG」

麺量は、並170gと大255gから選択可能、同一料金。

5回目。

毎回食べるごとに『大元』に近付いていきます。高校時代は3年間で、大元のみで、余裕で1000杯以上食べていた私からすれば、もう大元と言って間違いないくらいで、毎回感動しています。私ほど食べていた常連はまだまだたくさんいましたが、そんな方々も何度もリピートしているようで、その再現度に絶賛の嵐でした。

このブログを立ちあげるきっかけとなった店(URLに名前を入れるくらい)なので、思い入れは強いです。

ハジチャー。豚すね肉の端っこ。柔らかくホロホロ。

アレ。チャーシューの脂身の多い部分を細切りにしたもので、大元では常連に無料で振る舞われました。

G。辛味です。製法は聞きましたがあえて書かず。ただ辛いだけではないことは断言できます。無料です。

朝鮮漬け。この再現が1番難しいかと思われましたが、大元そのものの味でした。
最初から入れる人もいますが、私は途中から入れます。

日曜日で提供終了です。
お早めに。
ごちそうさまでした!!!!!!!!!!





『中華そばde小松』@大仙市
夜限定「京都には絶対にない!!京都をイメージしたあんかけまぜそば」¥880

※既に今週月曜日から水曜日で提供終了。

京都を旅してきた店主が、京都で出会った様々な食材や料理に感化されて創造した、唯一無二の一杯。

食材の種類は多すぎて書ききれませんが、彩りが綺麗で、もちろん、それぞれの食感や甘味、塩味、辛味も全て計算に入っている小松さんらしさが溢れる逸品です。

採算度外視の超レア限定は、京都のからしそばをイメージしたもので、餡全体でからしを感じるものの、からし一辺倒ではなく、多種多様な食材の旨味の「つなぎ」としての役割を発揮。今までに食べたことがない世界で感動しました!

秋田にこの味に近い味が全く存在しないので、例えようがありませんが、美味しいことに変わりはありません。

ごちそうさまでした!!!!!!!!!




『麺屋十郎兵衛』@大仙市
限定「旨辛スパイス油そば」¥780
麺量選択可能。今回は大盛。

及川氏が麺屋十郎兵衛の盛岡市分店に「異動」になるということで、お別れのご挨拶を兼ねて訪問。

最後の限定をいただきましたが、こちらは盛岡ではレギュラーになる予定。

唐辛子系の辛味とニラが食欲をそそります。ただ、辛いだけではないのがポイント。中毒性があります。

盛岡でも頑張って欲しいです。

ごちそうさまでした!!!


『聚楽亭』@山形県最上郡金山町
裏限定「大元風味噌ラーメン」¥800

湯沢市の名店『大元』を模した一杯。

以前から何度か提供されており、大元なき今、その懐かしさに触れることのできる稀少な逸品。

スープは、田舎味噌のような麹感や酸味がよく引き立ち、さらに後味が完全に重層的な旨味の動物感で中毒性抜群。

麺は大元用が売り切れということで、レギュラーの「蒼龍そば」の自家製中太麺を採用。これがむっちむちで激旨。

チャーシューは、燻製ハジチャーを含んでゴロゴロと大量に鎮座。どんなにバランスよく食べても最後までチャーシューは残り、嬉しい感じ。

またもや山形のレジェンド店主の偉大さを感じ完食。

ごちそうさまでした!!!!!!!!!!


『聚楽亭』@山形県最上郡金山町
裏限定「庄内風ラーメン」¥700

スープ全体に煮干出汁や分厚い昆布出汁が染み渡っています。完全無化調なのに、出汁感だけでこれだけ魚や磯感を感じるのは驚愕です。

麺は自家製の若干平打ちがかった麺で、加水率高めのツルツルしなやかなもの。

裏なので、次はいつ食べれることやら。

ごちそうさまでした!!!!!!!!





『聚楽亭』@山形県最上郡金山町
限定「ドヤゴンブラック」¥800

肉の旨味をカエシに全て移す門外不出の製法で作られたブラックスープは、まったくしょっぱくなく、独特な旨味しか感じません。ブラックなのに飲み干せる一杯。

自家製の麺はムチムチな食感で、麺単体のみでも美味しい極上品。

チャーシューはお馴染みの燻製仕様。旨味が閉じ込められ、ジューシー。

聚楽亭不動の大人気限定です。

ごちそうさまでした!!!!!!!




『Noodle college SHIROKURO』@大仙市

突発的限定「ストームトルーパーとダース・ベイダー」¥700

スープは、鶏とじゃがいも、白菜などの野菜類が溶け込んだ白湯。確かな動物感もありますが、後味は野菜類の旨味が残ります。ビシソワーズのような上品さがあります。

ダースベイダー役の黒い液体は、以前も登場した超高級オイル「パンプキンシードオイル」で、香ばしさと苦味と旨味が白湯と合わさって独特な味わいに。

店主の遊び心が光る一杯。
ごちそうさまでした!!!!




『麺屋にぼすけ美郷店』@美郷町
夜限定「台湾二郎」¥850
大盛無料。
醤油、塩選択可能。
野菜少なめ対応可能。

久々の夜訪問。
台湾と名のつくものは、全て喰らいます。

みんな大好きな台湾まぜそばの味を残しつつ、二郎系と合体させるというワンパクな発想は、個人的に好きです。

実際に、台湾まぜそばも二郎も中毒性が高いので、今回の限定はそのどちらも好きな方々にとってはワクワクものです。

台湾まぜそば特有の辛さは、大量のもやしで緩和されます。

海苔、煮干粉、ニラ、挽肉など台湾まぜそば常連トッピングは、ワシワシな極太麺にまとわりつき、食欲をさらに加速させるアイテム。

今後もしばらく夜限定で提供していくようです。

さらに、

今後はこのような形で限定を提供するようです。

楽しみが増えました。

ごちそうさまでした!!!





『居酒屋 炭々』@羽後町
「みそラーメン」¥800

以前提供されていたみそラーメンとは違った印象。

予想を覆す攻撃的な動物系油膜は、芳醇な味噌ダレと合わさり、あまり食べたことがないような濃厚な味わい。バターに近い味ですが、バターではないかも。しかし、かなりの中毒性があります。

麺は中太ストレートで少し柔らかめですが、こってりスープに馴染んで、これはこれで美味しいです。

自家製キムチも辛味と酸味が丁度よく、スープに混ぜればまた新たな旨味が。

ごちそうさまでした!!!!


『ラーメン男寿狼』@横手市
限定「鶏一郎・改」¥800
大盛無料。

生姜がビシッと効いたスープは、見た目が二郎系でもあっさりとした味わいで、食べている最中から汗が吹き出るほど、ジンジャー効果で温まる仕様。

麺はデフォで250gあり食べ応え充分。大盛にしたので、380gはあると思われますが、ムチムチな食感は病みつきになります。

食べ終わった後もまったく罪悪感がない一杯なので、寒い夜にがっつくにはもってこいです。

めでたく、ポイントカードも今回でゴールドカードに昇進。次回から替え玉を1回無料でいただけるようです。つまり、既に無料の替え玉1回サービスにさらに替え玉可能ということで、替え玉2回できるということです。ありがたいことです。

ごちそうさまでした!!!






『麺屋史』@湯沢市
限定「汁なしタンタンメン」
追い飯付き。
辛さ選択可能。

汁なし系が食べたく史さんへ。

運良く次の日から提供予定の汁なしタンタンメンがあるということで早速オーダー。

辛さを気にせず、老若男女食べれる「味わえる」担担麺です。

『鰯の史本店』@湯沢市の細麺を使用。
しつこくない胡麻感に非常によく絡みます。

ごちそうさまでした!!!!



『トラガス。』@湯沢市
限定「D」¥900
辛味、漬物付。
麺量は並170g、大255gから選択可能、同一料金。

4回目。
やはり革命的な一杯。
トラガス。史上最高傑作の限定。
大元マニアも大元知らない人も、みんなで楽しめる一杯。

この味になるまでの苦労が一口目に凝縮しております。

提供終了日の24日までに可能な限り食べたいと思います。

ごちそうさまでした!!!!!!!!!!





『ラーメン男寿狼』@横手市
「鶏骨ラーメン」¥650
替え玉1回無料。

安定の一杯。
濃厚過ぎず、しつこくない鶏白湯が癖になります。
時々思い出して食べたくなる衝動が。
替え玉1回無料なのが嬉しいです。

今回はトッピングしませんでしたが、自家製辣油が辛旨で美味しいです。替え玉後の味変で投入推奨です。

ごちそうさまでした!!!


『トラガス。』@湯沢市
限定「D」¥900

旧名「みそ大ハジチャーMAXアレMAXこってりMAX濃口ちょっとG胡麻油」

湯沢市のレジェンド店『大元』の味噌を完璧に再現して話題沸騰中。

ただでさえ大人気店なのに、大元のコアファンも殺到し、平日休日問わず大変な混雑に。

ラーメンもさることながら、大元の常連なら誰もが知っているハジチャー、アレ、こってり、G(特製辛味)、朝鮮漬け等の「呪文メニュー」も完璧に再現されており、材料があるときだけオーダー可能。

今回は運が良かったです。

ハジチャーMAX。ゴロゴロ大量に。

アレMAX。チャーシューの脂身の多い部分が大量に。

朝鮮漬け。個人的にこれを再現させた店主の腕に鳥肌。

G。大元時代はいつも「ちょっとG」オーダー。

今月は24日まで提供。
脱帽です!
ごちそうさまでした!!!!!!!!!!



『Noodle college SHIROKURO』@大仙市

「塩Noodle」¥750

一口目に貝出汁ガツン、口内で鶏の旨味を感じる多層構造のスープ。

さらに途中からトマトペーストを溶かすと一気に地中海系の味わいに。

今月は一杯一杯を噛み締める日々になりそうです。

ごちそうさまでした!!!!!




『中華そばde小松』@大仙市
杯数限定「五目そば」¥880

夜行った人しか分からない限定シリーズ。

極上清湯麺、麻婆麺に続く中華料理の技法を土台とした、独創性溢れるde小松オリジナル限定。

こんな五目そば食べたい!と思っていた味が表現されていて鳥肌。台湾でいただいていた五目麺に近く懐かしさも込み上げます。

全ての具材が食べ応えがあるようにカットされていて、素材の旨みを活かした調理法に驚嘆。

これまで食べた五目ラーメンの中ではダントツに突き抜けた一杯。

ごちそうさまでした!!!!!

『中華そばde小松』@大仙市
昼限定「de小松的タンメン」¥880

彩が綺麗です。

甘味、塩味、辛味が全て「色」となって表現されています。

鶏と海老の旨味がジワジワくるスープ。

特製肉味噌を溶かせばまた違う世界のタンメンに。

クラシカルな面と最新のトレンドが融合したまったく新しいタンメンですが、奇を衒っていない安心できる一杯です。

ごちそうさまでした!!!!!






『中華そばde小松』@大仙市
夜限定「麻婆麺」¥880
※不定期限定なので、行かなきゃ分かりませんが、夜は毎日限定が違ったり、二日れんぞくであったりと楽しいので、通いましょう(笑)

圧倒的な本場感と旨さ。

四川風なので、山椒がビシッと決まっています。

なかなか本場な麻婆に出会えず、この手のラーメンは避けてましたが、de小松さんが仕掛ける中国料理は、しっかりとしたストーリーがある本格的なものです。

寒い夜はこれで暖まりましょう!

ごちそうさまでした!!!!!






『トラガス。』@湯沢市
限定「D」¥900
辛味、漬物付。
麺量は並170g、大255gから選択可能、同一料金。

安定のリピートです。

レジェンドのDを心の底から愛する者としては、何度食べても鳥肌感動もの。

味はまさしく「あの味」を忠実に再現。
だからもはや解説不要の一杯。

あのレジェンド店があったときは、この店だけで年間300以上は食べていましたね。

マスターからの計らいで、自分の名前がついたオリジナル裏メニューが誕生した時は嬉しかったです。

来週で提供終了のようなので、悔いのないように食いまくりたいと思います。


脱帽です!
ごちそうさまでした!!!!!!!!!




『居酒屋 炭々』@羽後町
「伊藤系肉そば」¥700

居酒屋ですが、常にハイクオリティなラーメンを提供し続ける名店。

角館のレジェンド店をインスパイアした逸品ですが、初期の頃の濃さやしょっぱさがかなり再現されており、何度もリピートしている一杯です。

麺は低加水のパツンパツンな細麺。
低温調理チャーシューは噛みごたえがあり、肉の旨味を純粋に味わえます。

二郎系ならぬ『次郎系』も人気メニューです。

ごちそうさまでした!!!!!




『Noodle college SHIROKURO』@大仙市

裏限定「味噌まぜそば」¥750
券売機にはありませんが、忙しくなければ誰でも作ってもらえます。

自家製辣油がビシッと効いた葱が味噌ダレと絡み、間違いのない味わいに。

味噌中華に使用される味噌ダレは、発酵感も甘みも塩分も非常にちょうど良く、コシのある細麺に絡みまくりです。

ごちそうさまでした!!!!!


『中華そばde小松』@大仙市
「鶏つけそば辛いの」¥780
※券売機にありませんが、誰でもオーダー可能です。

噂に聞いていたレギュラーメニューの進化系をオーダー。辛いもの好きにはたまらない(我慢できない)メニュー。

とは言え、ただ辛いだけではないのがde小松的つけそば。甘みのあるスープは天カスやネギの風味が効果的に効いていて、鶏出汁ががっつり土台として支えています。

やはり最近はこの細麺のつけ麺が自分的にヒット。この方がスープと一緒に食べてる感じがあります。

次は最近密かにスタートしたあの激ウマ限定をいただきにいきます。

ごちそうさまでした!!!!!