麺太郎の秋田ラーメン日記 秋田台湾グルメブログ@立憲圧政会総司令部

伝説の研究室再興、最高





湯沢市の『麺屋史』で、限定の「地鶏卵の釜玉風」をいただきました。麺量はデフォで330gです。

釜玉大好きなので、直行。

熱々の太麺、旨味たっぷりな醤油ダレ、角切りチャーシュー、海苔、ネギ、ブラックペッパーと相性の良いものばかりで、すべての具材が、後に登場する粉チーズと組み合わせたカルボナーラの伏線にもなっています。このカルボナーラが絶品で、とにかく箸が止まりません。

オニオンスープに浸された追い飯を投入すると、カルボナーラの旨味と合わさって、中毒性の高いリゾットに。

これは何とかリピートしたいです。

脱帽です!
ごちそうさまでした!!!!!




横手市の『ラーメン男寿狼』で、限定の「鶏と海老の塩ラーメン」をいただきました。

鶏出汁の旨味溢れるスープは、オマール海老からとったと言われる油が上品に効いていて、決して支配的な海老感ではありませんが、逆に、鶏出汁の輪郭を上手く出している印象。

この季節、玉ねぎはどのお店も辛いですが、今回もなかなかの辛さ。ただ、すぐにスープの旨味に集中力が向き、だんだん気にならなくなります。

麺はいつもの鶏骨に使用している麺とは違う印象。かなり、低加水感が強めで、若干太めに感じたのは気のせいかも。

ごちそうさまでした!!!




美郷町の『麺屋にぼすけ本舗』で、朝ラー限定の「極太鶏そば塩」を大盛でいただきました。

限定の「汁なし担々麺」狙いでしたが、既に売り切れ。ならばと、朝ラーメニューで一番好きな極太鶏そば塩をオーダーしました。これは間違いないです。

大盛無料が嬉しいですね。朝から600円でこのクオリティは本当にありがたいです。

毎回、トッピングクーポンを使い忘れる失態をしています。次こそ使うぞ。

ごちそうさまでした!!!



湯沢市の『やまがみ』で、「台湾まぜそば」の大盛をいただきました。

秋田県内では、台湾まぜそばとしての再現度が一番高いと思います。だから、思い出せばどうしても食べたくなる一杯。

麺をしっかり糊出しして提供しているので、挽肉メンチやニラとの絡みは抜群。最終的に残った旨味たっぷりのタレに、無料の追い飯を投入して、安定のフィニッシュです。

台湾まぜそばをいつでも近くでいただける幸せ。

ごちそうさまでした!!!!!


湯沢市の『トラガス。』で、限定の「海老豚骨味噌混粗婆」を大でいただきました。麺量は写真の通りで、追いめし、または、スープが付きます。

以前、短期限定で登場した海老豚骨のまぜそばバージョンということで、激旨なのは食べる前から分かっていますが、麺量360gの後に追い飯が付くとなると、また腹一杯になることが確実です。

粒子のキメ細やかな味噌ダレに濃厚な豚骨スープが加わり、旨味トロトロです。
さらに、糊を出した太麺のトロトロ感も加わり、絡みは文句無し。ピリ辛な挽肉、刻み海苔、海老粉、フライドオニオン、ニラ等、沢山の具材を引き連れて口内におさまります。これは中毒性抜群!

今回、フライドオニオン、海苔、海老粉は一緒になっていて、スプーンで麺上にドバッと振りかけられます。また、追い飯の上にも振りかけられるので、それぞれの香ばしさが、濃厚な味噌に負けずに主張してくるので、食欲は途切れることはありません。

今回スープをオーダーしませんでしたが、これも以前限定で提供された塩中華そばのスープに近いということで、次回からマストオーダーです。

次から、チーズのトッピングが開始されます。味噌とチーズ、合わないわけがなく、再び中毒症状が出ること確実。

脱帽です!
ごちそうさまでした!!!!!





羽後町の『居酒屋炭々』で、「伊藤系肉そば」と「チャーシュー丼」をいただきました。

久々の訪問です。

前回オーダーしたときに衝撃を受けた角館某店のインスパイアラーメンをリピート。

非常に濃い味なので、割り湯も付きます。

煮干粉がふんだんに使用されていますが、食べにくくなく、これくらい振り切った使い方の方がインパクト大で非常に中毒性が増します。

動物系由来かと思われる土台スープと油が全体的なこってり感とコクをを演出。

低加水のポキポキ麺がやはり非常によく合います。チャーシューもしっとりとしていて肉厚。

毎回思いますが、600円でこの構成は、非常に満足度が高いです。さらになかなかな量のチャーシュー丼250円をつけても850円。チャーシュー丼は、おそらく、カエシで混ぜご飯を作ったあと、角切りチャーシューや海苔をトッピングしたものと思われますが、伊藤系肉そばとの相性は抜群。濃いめのスープを回しかけていただくと、悶絶ものの旨さでした。

ごちそうさまでした!!!!




湯沢市の『河童の川太郎』で、「おでんラーメン」をいただきました。

「おでんラーメン」は、名前だけ聞くとおでんが乗っているラーメンなのかなと思いますが、そうではなく、おでんに使用している出汁に、追い煮干で旨みや香ばしさを加えた、出汁感溢れる一杯でした。

牛蒡、セリ、とろろ昆布それぞれの風味が生きた、素材の旨さを非常に繊細に集めたスープで、久々に一口一口丁寧に味わいました。これは旨い。

麺は十文字中華系の柔麺ですが、これがまたこの出汁にベストマッチ。

肉的なものはありませんが、まったく物足りなさはなく、逆に、これ以上のトッピングは邪魔かもしれません。

食べ終わったあとに鳥肌がたつほどの旨さ。
脱帽です!
ごちそうさまでした!!!!!




湯沢市の『プレコ』で、「こってり醤油ラーメン」を大盛でいただきました。

かなり久々の訪問です。
夜営業がなくなってから、なかなか時間があわず、間隔が空きすぎました。

高校時代から考えると、少なくとも50回以上は来ていると思います。

そして、毎回微妙な間隔で訪問するので、なかなか覚えてもらえない(苦笑)

自家製麺の平打ち麺は、以前より加水率高めになっており、ボソボソ感は皆無でした。

麺を持ち上げるだけで背脂がまとわりつくほど、背脂が大量に浮いており、県内では珍しく歯ごたえあり系の背脂です。

嫌なこってり感はなく、動物清湯のあっさりスープにコクを与える役割もあります。

以前より少なめになったチャーシューですが、現在の量で、他店と同等あるくらいです。いつも末廣のチャーシューを思い出します。

他にもメニューたくさんです。

ごちそうさまでした!!!





大仙市の『拉麺しな竹』で、「まぜそば満喫セット激辛」をいただきました。

中毒性の高い一杯を久々にオーダー。
激辛はメニューにはありませんが、辛さ自慢の方々はオーダーしましょう。

肉肉しい角切りチャーシューをゴツゴツ食べながら、太麺をフライドオニオンとともに持ち上げ、一気にいただきます。

途中、ほうれん草のシナシナ感と角切りメンマの歯ごたえが非常に食欲をそそり、辛味一辺倒ではない全体としての一体感が心地よい一杯です。

途中、ライスを投入し温玉を切り刻んで、濃いめのタレを絡めながらまぜライスをいただき、それを半分残して、付属の煮干スープをかけて、雑炊にしてもいただきました。

ただ、まぜそばをいただくより、満喫セットの方が断然お得です。

ごちそうさまでした!!!!!





横手市の『味処 吉兵衛』で、「辛みそチャーシュー肉多目」と「とりかつ丼」をいただきました。

久々訪問で、大好きな肉増しを。

この黄色い麺がたまらなく旨いです。

大ぶりのチャーシューも合計8枚で大満足。これで800円は安い。

あっさり動物系出汁に、ピリ辛な味噌が合わさり、ごま油が邪魔しない程度に旨味を引き立てています。

とりかつ丼¥500もコスパ高し。カツ丼で有名ですが、鶏肉好きはこちらが良いでしょう。

ごちそうさまでした!!!!



湯沢市の『麺屋史』で、限定の「煮干の油そば」をいただきました。追い飯付きです。

麺量330gで麺好きと煮干好きにはたまらない一杯。

多目の醤油ダレに、まるで釜揚げされたうどんのような、つるしこな太麺がよく絡み、湯分が適度に混ざり合ってちょうど良いバランスになります。

途中、カボスの汁をかけて、さっぱりと味変。最後まで飽きずにいただけます。

恐らく出汁かと思われますが、温かな液体に浸った追い飯を投入すると、塩分控えめな、上品なおじやが完成。余ったネギやブロックチャーシューを砕きながらいただきました。

とにかく、史のホームページを逐一checkしましょう!

ごちそうさまでした!!!!!


大仙市の『Noodle college SHIROKURO』で、「塩」をいただきました。

そして、Tシャツ入手。
Tシャツを着ていけば、味玉サービスを受けれます。

最初に貝出汁がガツンときて、あとから魚の風味が鼻を抜けるスープは、オリーブオイルが、香り付けの役割というより、全ての出汁感を口内に引き連れてくるつなぎのような効果を出しており、そのオイリー感は、村上朝日製麺のしなやか麺にまとわりつき、比較的しっかりした塩分とともに、美味しくいただけます。

レンコンのグラッセはいつも通り、甘く美味。粉砕してスープに溶かしてみたい衝動に駆られます。

塩麹漬けのチャーシュー、見た目以上に味わい深い味玉が美味しいです。

新メニューの『中華』も登場し、冬はさらに楽しみな限定が待機中です。

ごちそうさまでした!!!!!


湯沢市の『和処 高はし』で、「海鮮鍋の〆ラーメン」をいただきました。

湯沢市雄勝の住宅街にひっそりと佇む、酒好きマニアが集まる知る人ぞ知る名店に久々にお邪魔しました。


メニューはこの何倍もあります。目移りするほどです。

今回オーダーした海鮮鍋は、鱈、蟹、白子が入った豪華なもの。

案の定、ものすごい海鮮出汁感を土台として、そこに野菜の甘味が加わり、非常に美味しいです。

麺は珍しく乾麺で、その影響か、スープにも若干のとろみが出て非常に絡みやすく、旨味を纏い続けます。


ごちそうさまでした!!!!







横手市の『NOODLE SHOP KOUMITEI 香味亭』で、限定の「鯵干がふんわり香る塩ちそば」をお茶漬け付きでいただきました。

三日間限定の超レアな限定です。

メニュー名の通り、鯵がふんわり香り、繊細なスープなため、トッピング各種の味付けは控えめ。

〆にお茶漬けが控えているので、激ウマなスープを飲み干したいのをこらえながらいただきます。

お茶漬けは、香味亭得意の素揚げされた干し貝柱がさらに旨みをプラスして、あっという間のKKです。

ごちそうさまでした!!!!!






湯沢市の『トラガス。』で、限定の「餃〇っぽいやつ」を大でいただきました。麺量は写真の通りです。

今回から追い飯か、スープを選べるようになりました。前回は追い飯だったので、今回はスープで。

醤油ダレ、挽肉、ネギなどの餃子のタネ、春巻きの皮など、完全に合う組み合わせのトッピングとなっています。

途中、酢と辣油で味を調整しながら、自分好みの味にしていきますが、今回は、前回限定のオリソースが残っているということで、後半にタチタチと垂らしていただきました。が、これが挽肉と劇的にマッチしていて、春巻きの皮もソースとの相性が良いため、食べ進むうちに、どんどん中毒性が高まる、大変危険な一杯となりました。

スープは、ガラ系のあっさり出汁で、中華的な要素を感じます。もちろん中華的な今回の限定にもベストマッチしていますが、チャーハンが食いたくなるようなスープでした。

想像のはるか上を行き、舌が追いつかない哲学的な一杯。

脱帽です!
ごちそうさまでした!!!!!



横手市の『味処 吉兵衛』で、「200円ラーメン」をいただきました。

ふんわり動物系出汁香るスープは、あっさりながらも、表面に浮く背脂がしつこくない旨味を与える役割を果たし、ただの安いラーメンに甘んじないぞという、意思を感じます。

麺は以前よりも、しなやかでチュルチュルだったので、変わったのかもしれません。茹で加減だけの違いだけではない感じがします。

もちろん、名物の『カツ丼』もしっかりいただきました。

この日の椀は、塩味の芋の子汁で鶏肉出汁とスギワケの旨味がガツンときいた、淡麗なのに濃厚な味わい。このスープに麺を入れたいくらいです。


ごちそうさまでした!!!!!


湯沢市の『ラーメン直太郎』で、「ダイナマイト辛辛麺醤油激辛こってり」を大盛でいただきました。

激辛でも表面的な辛さではなく、鶏ガラ出汁感をしっかり感じる旨辛で、特製の辣油は背脂の甘味も合わさり、非常に中毒性が高いです。

チャーシューはしっとりジューシーで、スープに浸してから平日無料のライスの上に置いてチャーシュー丼に。

毎回言ってますが、やはりスープを持ち帰りたいですね。

ごちそうさまでした!!!!!



横手市の『ラーメン男寿狼』で、「鶏骨ラーメン」を「自家製旨辛ラー油」のトッピングでいただきました。

ラー油を別皿でオーダーする予定が、忘れてしまいました。最初はノーマルでいただき、替え玉投入後にラー油をぶっかけようと思ったのですが。

しかし、このラー油は濃厚な鶏白湯に合いますね。単調な味にならないのがいいです。鶏の旨味が一層引き立つような感じです。

ごちそうさまでした!!!


湯沢市の『トラガス。』で、限定の「餃〇っぽいやつ」を大でいただきました。麺量は写真の通りです。

見た目のインパクト大の新限定です。
餃子の皮の素揚げをイメージしたと思われるパリパリ食感の一枚が丼上に鎮座。中身を見せないようにしながら、好奇心をくすぐる演出はさすが。もしかしたら、この大きさは、製麺機で作り出したものなのでしょうか。

この皮の蓋をあけると、糊を出してトロトロな太麺の上に、餃子のタネが。
のちに、付属の酢と辣油を投入することを計算に入れて少し薄味設定ですが、まぜそばの塩分としては、物足りなさは一切なく、逆に挽肉、ニラ、ネギの旨味が充分に伝わる構成となっています。あられも少しずつ溶けだして、麺と具材のいいつなぎになっています。

とにかく、皮のパリパリが最後まで食感としても香ばしさの演出としても抜群な存在感です。4分の1ほど丼の淵で割らずにとっておき、追い飯の時になったら、角煮とともにザクザク砕きながらいただくのがおすすめです。

トリッキーな限定も確かな実力があればこそのなせる業。脱帽です!

ごちそうさまでした!!!!!!



大仙市の『中華そばde小松』で、「塩中華そば」をいただきました。

久々のレギュラーのオーダーでした。レギュラーの中でイチオシメニューです。

動物清湯なのに、まろやかさが際立つスープは、濃厚といってもいいほどのコクがあり、塩の旨さが引き立つ構成です。

途中から香る柑橘系の香りが、より鶏感を際立たせて出汁の輪郭を浮き彫りにします。

いつもながら、私の大好きなメンマも小松さんでは他店よりたくさん入っているので、にやつきながらKKとなりました。

脱帽です!
ごちそうさまでした!!!!!




湯沢市の『麺屋史』で、限定の「海老の油そば」をいただきました。

デフォで麺量330gと食べごたえ抜群。
海老感が香ばしく、太麺をコーティング。海老大好きな方々は大満足だと思います。

途中、バジルマヨネーズが効いてきて、一気にイタリアンな味わいに。

ブロックチャーシューが時々いい塩気を出して、美味すぎです。

やっぱら、スープオフは、麺量と引きの強い味付けが勝負ですね。

脱帽です!
ごちそうさまでした!!!!!




湯沢市の『トラガス。』で、「カレーみそらーめん」をいただきました。

レギュラーメニューなのに、最近では人気に火がついてなくなるのが早く、限定メニュー的な扱いを受けてきましたが、私も久々にいただきました。

以前から本ブログで紹介している通り、レギュラーメニューの中では一番、トラガス。の肉肉しさを味わえる一杯です。これにさらにチャーシュートッピングが最強かと思われます。

おそらく私がオーダーした際は、デフォで背脂増しになっているかと思いますが、その甘味と味噌の風味、スパイシーな挽肉、カレーが見事に調和していて啜る手を休めずにはいられなくなります。

角切りチャーシューが大量なので、適度に残してライスを投入すれば、激ウマカレーがいただけます。

脱帽です!
ごちそうさまでした!!!!!







横手市雄物川町の『味の店 高昭』で、「特製油そば」「地獄油そばW」「チャンポン味噌」「タンメン塩」をいただきました。私はメインで地獄を。他はシェアしました。

解説不要。
気になる方は過去記事を。

安心する旨さ。

ごちそうさまでした!!!!





大仙市の『中華そばd小松』で、夜限定の「黒辛油そば」をいただきました。

夢に出てくるくらい、仕事中ふと頭をよぎるほど禁断症状が出てきたので、勢いよく入店後、その最高傑作の券を2秒で購入。

オイスターソースベースですが、オイスターソースが前面に出ることなく、旨味の土台として、しっかりと豊富な具材を受け止めています。

麺はコキコキで、大好きな硬さ。肉味噌とよく絡んで、可愛い甘酢漬けトマトを崩しながら食べると、甘酸っぱさがタレに移り、そのタレが麺をさらにコーティングするので、絶妙な味の変化に出会えます。さらに、それらがすべて計算された味であることは分かっているので、毎回いただくたびに鳥肌がたちます。

小松といえば、ナッツですが、密かに入手先を教えていただき、自宅で食いまくる始末。

価格が高騰している春菊やセリですが、この油そばには欠かせない存在!九条ネギとのコンビは曲者野菜好きとしてはたまらない食感と味の変化をもたらします。

脱帽です!
ごちそうさまでした!!!!!!












秋田市の『麺や二代目夜来香』で、数量限定の「豚とカツオダシ中華ソバ」、秋冬限定の「辛痺味噌スーラータンメン紅」、レギュラーメニューの「正宗汁なし担担麺」をいただきました。

「豚とカツオダシ中華そば」は、豚清湯とカツオダシが、どちらの旨みも消し合うことなく共存している出汁感で、淡いカエシの風味が後を引く、非常に美味しい一杯です。焦がしネギ油かと思われますが、とても香ばしく、しなやかな麺をコーティングしています。

「辛痺味噌スーラータンメン紅」は、辛さがレギュラーメニューのスーラータンメンと同じように選択可能で、私はもちろんMAXの紅で(一分激辛マニアにはそのさらに上もあります…)。

レギュラーメニューのスーラータンメンよりも、味噌がある分濃厚で、辛味との相性も抜群な印象。餡もよく絡み、辛さが長続きします。山椒の痺れも自家製の辛味も中毒性を演出するにはもってこいで、連食でなければライスを投入しているレベルです。美味すぎです。とにかく、豚バラ肉と豆腐と激辛な餡の相性がたまらなく美味しいです。

シェアした「正宗汁なし担担麺」は、本場に限りなく寄せた辛旨な逸品。パクチー大好きな私にとって、濃厚な挽肉とのコンビネーションは文句無し。本格的中華料理をいただいているようで、非常に嬉しくなります。ライス投入必須です。

どれもこれも美味しいものばかり。
中華料理好きにはたまらないです。
夜はラーメンの提供はなくなりましたが
上記夜メニューを見てお分かりの通り、魅力的な中華料理が目白押しです。

中でも以前ご紹介した「五目スーラー焼きそば」は、思い出すだけでもまた食べたくなる驚愕の逸品ですので、おすすめします。

脱帽です!
ごちそうさまでした!!!!!!!







秋田市の『Raman RyuGuJo』で、「特製煮干そば」と「鶏油そば」をいただきました。

「特製煮干そば」は、煮干と動物系白湯のダブルスープかと思われますが、口当たりが円やかで、どこかフルーティな甘さをもっている、予想外の出汁感。よくある豚骨煮干のような味かと思っていただくと、良い意味で期待を裏切られます。

しっとりとした鶏チャーシュー、豚の脂身が旨いバラチャーシューとトッピングも非常に美味しいです。

麺は前回食べた印象とはまったく違っていて、粉っぽさがなくなり、スープと非常にマッチしていました。

「鶏油そば」は、濃いめのカエシと香ばしい鶏油のコンビネーションが非常に美味しく、さらに、炙ったチャーシューの香ばしさもプラスされて、具材はシンプルながらも、全体として非常に高いバランスでした。

途中、ネギミョウガオイルを入れると、これがまた味がまったく変わり、別の油そばに変わります。ミョウガが嫌いな方でも、絶対に食べられます。醤油ダレと合わせるとこんなにも美味しくなるのかと、かなりの驚きがありました。

私の印象ではこのオイルは麺を8割残した状態でかけた方が良いと思います。麺がほとんどなくなってからでは、非常に油ギッシュな1杯になるからです。

脱帽です!
ごちそうさまでした!!!!!


秋田市の『一球』で、「えびの油そば」を中盛でいただきました。

一球といえば、極寒の中、特別限定を2番目でいただいてから久々の訪問です。

一球のニボニボな中華そばももちろん好きですが、やはりスープオフハンターとしては、ここの油そばは避けられないです。しかも、大好きなエビとくれば、これから連食が待っていようとも、無料の追い飯がマストオーダーなのです。

くどくならない程度の海老感は、提供直前に雪平鍋で麺全体を海老油等で素早くコーティングしているからこそのもの。このひと手間が、さらにスープオフを美味しくするのですね。

麺が美味しくて箸が止まらないのは、スープオフの醍醐味であり、美味な証拠。卵黄と混ざっても海老の風味は消えず、さらに濃厚な海老感となって完食に導きます。

脱帽です!
ごちそうさまでした!!!!!




秋田市の『時代屋』て、「スタミナラーメン」をいただきました。

いつもの人気メニューをオーダーしました。本ブログで幾度となく登場していますが、とにかく中毒性の高い1杯です。

濃厚な豚骨スープがベースで塩分高めな設定ながらも、そのしょっぱさが非常に癖になります。そして一番の魅力は、ここでしか食べられない味。他店では真似できない味だということです。

麺はツルツルシコシコな中太麺で、硬めオーダー推奨ですが、柔らかめも美味しいです。

中華そばの塩も人気です。

平日は18時から24時まで、土日は18時から22時までです。

脱帽です!
ごちそうさまでした!!!!!


大仙市の『中華そばde小松』で、限定の「カレーあんかけ中華そば」をいただきました。

第2回de小松ナイトということで、前回に引き続き、今回もお誘いいただき参戦してきました。

日曜日の夜は、誰でも、予約すれば6人〜8人程度で貸切宴会をすることができます。

前菜として、ピータン、鶏肉とキュウリのピリ辛和えが登場。前回に引き続き、超絶美味なピータンが鎮座し、これから出てくる破壊力抜群のメニューを暗示しているかのようです。

前菜とほぼ同着で登場した、お粥。中華圏ではポピュラーな朝食メニューがこのタイミングで。台湾時代に、この塩卵と鶏出汁で炊いたお粥のコンビネーションにハマり、どれだけ食べたことか。台湾ではアヒルの卵だったりします。

前回は醤油味でいただいた、塩あんかけ焼きそばです。見ての通り、具沢山で、焦げ目のついた中華麺が何とも香ばしく食欲をそそります。

四川風麻婆豆腐。山椒や辣油がきいてピリ辛ですが、辛いのが苦手なDK高橋さんも難なくいただけるほどの旨さ。

先日、SNS上で話題となった賄い的な逸品である、チャーシューエッグ。香ばしい醤油ダレと卵の甘さ、トロミがなんとも言えないマッチングの良さ。これは脱帽もの。

中華圏ではメジャーな、青菜の炒めものですが、今回は豆苗。台湾だと野菜が選べたりします。大蒜と塩気のコンビネーションが大好きな人は、無限に食べられます。

そして、最後の〆に登場したのが冒頭のカレーあんかけ中華そばです。

カレーあんかけはピリ辛程度ですが、香ばしいスパイシーさは保つというバランス。具沢山すぎて、解説不能ですが、じゃがいもやら、おそらくしめじや舞茸的なキノコ類もふんだんに投入されていたはずです。辣油も旨みと、丼全体を引き締める役割として良い存在感。今後の本提供が待ち遠しい限りです。

今回は、小松さんに加え、筋肉酒店氏、DK高橋氏、sasakigumi氏、そして意識高い系の某氏で非常に楽しい会となりました。

また第3回もやりたいと思います。

脱帽です!
ごちそうさまでした!!!!!


湯沢市の『麺屋史』で、限定の「neo煮干のぶっかけ」をいただきました。

スープ、カエシ、香味油全てに、長崎県産の煮干をふんだんに使用しているだけあって、どこを食べても煮干です。

煮干粉で煮干感を出す手法ではないのに、これだけニボニボ感を演出できるのはさすがです。さらに、食べすすめていくにつれて、動物系の土台を感じられて、旨味が非常に強い印象を受けます。そして、まったくしつこくなく、どんどん飲めるスープです。

ツルツルな太麺はスープに負けない個性を発揮。これにビターな煮干感がまとわりつき、小麦粉の甘さを引き立てています。

史の限定はホームページでチェックしましょう。

ごちそうさまでした!!!!




横手市の『麺屋羅漢』で、期間限定本日の賄いの「カレーまぜそば」をいただきました。

見た目よりスパイシーなカレー味ですが、ミキシングされた肉、ぷりぷりのエビ、アスパラガス、メンマ、ボイルされたミニトマト、魚粉、天かす、コーン、卵黄が食感も旨味も演出している、なかなかないスープオフです。

気まぐれな賄いなので、運がよければ食べられます。

ごちそうさまでした!!!!

 
湯沢市の『トラガス。』で、限定の「オリそば」をいただきました。麺量は、写真の通りです。追めし付きです。

京都のオリソースをベースに、トラガス。の信州味噌を合わせたタレに中太麺が絡みつき、異常なほどの中毒性を発揮しています。ピリ辛で旨いです。ソースと聞いて、「あのソース焼きそばのあじか?」と思い込んで食べると、良い意味で裏切られます。確実に食べたことない味わいです。

それに、鰹節、刻み海苔、魚粉、フライドオニオン、天かす、葱、紅生姜など、ソースに合いそうなトッピングがずらり。関西の粉物文化をまぜそばにするあたり、さすがのセンスです。確実に旨いに決まっています。

さらに、あのヨシダソースで炒めた刻みコンニャクが非常に良いアクセントで散りばめられ食感の面白さと旨味を演出。そして温玉を崩すと、もうノックアウト状態。さらにさらに、付属のからしマヨネーズを絡めれば、あとは完食まで一直線。

追めし投入で、溶けだした天かすや砕いた豚角煮、挽肉が飯に絡んで美味すぎです。

約1ヶ月の提供です。また秋田にない新しい味の誕生です。
脱帽です!
ごちそうさまでした!!!!!!






大仙市の『麺屋十郎兵衛』で、月曜限定の「ちょっと辛い豚バラニラまぜそば」をいただきました。おい飯無料です。

「ちょっと辛い」を辛口にしていただきました。ありがとうございます。

私の大好きな食材しか入っていませんので、旨いはずです。

豚バラ肉は、卵黄に浸してから丼にトッピングされます。さらに卵黄1個が真ん中に鎮座。ピリ辛挽肉と混ぜ合わせながら、ガツガツいただきました。

タレと卵が一体化した残った液体にライスを投入し、混ぜご飯。シャキシャキのニラも非常に良いアクセント。

ごちそうさまでした!!!!


大仙市の『Noodle college SHIROKURO』で、「塩」をいただきました。

毎日ブラッシュアップされ、進化し続けている同店のスープ。その概要の詳細は過去記事をご覧ください。

一杯750円ですが、使用している食材を聞けば納得の価格。よく「コスパ」という言葉が使われますが、値段が安い意味のみで使用する言葉ではなく、原価かかってるけど、儲け度外視でこの値段で!というのが基本。いつも600円前後のラーメンをいただいている方々が「高い!」と思っても仕方がないし、個人の価値観の問題ですが、私はこの価格は安いくらいで、逆に心配になる設定です。

今後新たなメニュー展開もあるので、非常に楽しみです。冬といえば、あのラーメンでしょうね。

脱帽です!
ごちそうさまでした!!!!!!




湯沢市の『魚民湯沢駅前店』で、「鶏塩葱ラーメン」をいただきました。

あっさり鶏出汁に、葱、ブラックペッパーと相性抜群です。

飲み会の〆には良いですね。
ごちそうさまでした。







横手市の『麺屋羅漢』で、ゲリラ的限定の「イカ 豚と鶏のラーメン」をいただきました。「和え玉」は、カレー味と煮干味から選択可能で、今回はカレー味。さらに、鳥取県産の赤ビーツをふんだんに使用した高級醤油「華貴婦人」の卵かけご飯もいただきました。

以前本ブログでも紹介した烏賊煮干の名店『ねむ瑠』に着想を得た、烏賊感出まくりのスープは、濃厚トロトロな豚鶏エキスと相まって、秋田ではなかなかお目にかかれない味となっています。

レア肩ロースチャーシューや豚バラ肉チャーシューもどかっと4枚。ピンクがかったカブと、本ブログでも紹介した銀座の名店『むぎとオリーブ』発の結びなるとも絶品。

和え玉は、そのままスパイシーにいただけますが、烏賊煮干スープをかけながらいただくと、海鮮カレーのような味わいに。

麺は羅漢では初の小麦を使用したようで、しなやかな柔麺で、絡みつきは最高。ゲリラ限定がもったいないです。

またの登場を願うばかりです。
脱帽です!
ごちそうさまでした!!!!!










宮城県大崎市の『麺屋奏』で、「濃厚鶏そば」と「豚そば」をいただきました。

気になっていたお店に初訪です。

「濃厚鶏そば」は、濃厚な鶏白湯に、豚そばにも用いるカエシを合わせたと思われる一杯です。鶏ガツンときます。G系の鶏バージョンのような濃厚さで、中毒になりそうな気配。

炙ったチャーシューは食べごたえ抜群で、やや細いメンマも雑味は全くなく、このまま夕飯でいただきたいレベル。

「豚そば」は、G系ど真ん中な一杯で、もはや解説不要な一杯。ただし、スープの乳化度は非常に高いので、G系好きの中でもさらに濃厚好きはたまらないでしょう。

ゴワゴワな麺も再現度高し。量も充分。これは仙台市にラーメン食いに行く時に一杯目に選べば、確実に大崎市で遠征終了となりますので、ご注意ください。

ごちそうさまでした!!!!





宮城県仙台市の『自家製麺キリンジ』で、「カスラーメン」を大盛でいただきました。

久々の訪問です。

競走激しい仙台市の中にあって、常に異彩を放ち続け、根強い中毒者を生み出している超個性的ラーメン店です。私も中毒者の1人ですが、巷では賛否両論がありすぎるメニュー構成となっております。

「カス」とは、牛ホルモンを揚げたもので、ホルモン好きにたまらない逸品。さらにそれがラーメンに大量にトッピングされているとあれば食べずにはいられません。つまり、ホルモン苦手な方々は絶対に嫌いな味ですので、ご注意ください。

ちなみに、私がこのブログで大絶賛したお店が、自分の口に合わないからといって文句を言っても無意味なことは、こういったお店を取り上げることで理解できることでしょう(別に何か言われたわけではありませんよ!笑)。私はホルモン大好きだから、このラーメンは大絶賛です。しかし、嫌いな人は評価は低いです。ただ、それだけのことなのです。私はただ、毎日私が食べたラーメンを記録しているだけですので、「そんなラーメンがあるんだなぁ」ぐらいの情報として理解していただければ幸いです。

いきなり変なこと書きましたが、別に何かあったわけではありません。みんな自分が好きなラーメンがあっていいよなぁとふと思っただけです。幸い、本ブログの読者の方々は本当に優しい方々ばかりですので、日々たんたんと記事を書いて紹介していきたいと思います。もうブログやって11年目ですからね…。

さて、横道にそれましたが、とにもかくにも、濃厚な豚さんスープににんにく、もやし、キャベツという例の店系を出しつつも、全くその味の真似ではなく、新しさを感じる一杯です。

自家製麺の極太麺は、麺肌はうどんのようで、噛んだ瞬間にそのコシの強さに圧倒されます。しかし、スープが濃厚なので、全体的なバランスが非常に良いです。後半ホルモンの脂が溶けだし、よりジャンキーな味になります。

脱帽です!
ごちそうさまでした!!!!!




宮城県名取市の『くら寿司名取店』で、「旨辛とんこつ醤油らーめん」をいただきました。

回転寿司屋のラーメンは最近人気ですが、宮城ラーメン遠征の最中に寿司を食うという荒業を敢行。

とんこつはおそらく清湯だと思われますが、やはり、値段の割には非常に美味しかったですね。

ごちそうさまでした。



宮城県名取市の『中華そば いぶし』で、「いぶし中華そばこってり」と「岩のり塩中華そば」をいただきました。

若干ビターな煮干を感じつつも、動物系油膜で中和された旨味たっぷりのスープは、背脂の甘さも引き連れて、しなやかでツルツルな自家製麺によく絡んで非常に美味しいです。

提供直前に炙られたチャーシューも香ばしく絶品。

岩のり塩中華そばは、ライトな口当たりで塩分控えめな印象ですが、岩のりと合わさることにより磯感が増し、旨味が滲み出てくるという一杯。岩のりをトッピング扱いにせず、デフォで入れている意味が分かりました。

ごちそうさまでした!!










宮城県仙台市の『だし廊』で、「貝だし塩そば」を大盛でいただきました。

帆立、あさり、しじみ、ムール貝の4種の貝を使った貝出汁、若鶏ベースの鶏出汁、焼きあご、あご煮干をふんだんに使った飛魚出汁が絶妙なバランスで融合されたスープは、そこにさらに、椎茸、昆布、ドライトマトなどの植物性出汁を加えることで、非常に重層的な味わいで、どの出汁の風味も喧嘩せずに個性を発揮しています。

塩ダレには、濃縮貝エキスに、ミネラル塩と魚醤が入るという手間のかけ方。上記のスープと攪拌させることで、上品ながらも、ガツンと出汁の旨味を感じる、「淡麗濃厚系」の王道を行く一杯です。

麺は塩系では珍しい、平打ち手もみ縮れ太麺ですが、スープが充分個性的なので、対等に張り合える素晴らしい麺です。

肩ロース、バラ、鶏の3種のレアチャーシューは絶品。次回は増しで食べること必至。ムール貝は刻まれていて、スープに溶かしやすくなっていて、貝出汁感が倍増します。

ごちそうさまでした!!!!!


 

宮城県富谷市の『ヘルズキッチン』で、限定の「誕生前夜」と「嫉妬リヴァイアサン麺」をいただきました。

「超濃厚淡麗系」という一見矛盾した触れ込みの「誕生前夜」は、ネーミングの通り、かなーり濃ゆーい鶏出汁の旨味が、白濁せずに白濁したかの如く出ており、トッピング的にも、かなり濃いきりたんぽ鍋のような佇まいで、非常に強いインパクトがあります。矛盾をも容易く生産可能になると、ラーメンマニアの世界は混沌とするに違いありません。これは旨いです。

麺はあえて加水率高めの柔麺で、麺肌は艶やかでしっとり。故に旨味たっぷりのスープを絡めとる力は抜群で、最後の一滴まで麺にまとわりつきます。

新メニューの「嫉妬リヴァイアサン麺」は、魚介と濃厚動物系白湯の融合と思われるスープと、ゴワゴワ硬めの極太麺が合わさった食欲増進の一杯。

沢山の野菜や木耳でモリモリいただきますが、ビジュアル的に、ネーミング的にやはり地獄の台所感が出ていて、非常に面白いメニューかと。あとから野菜の旨味も溶けだし、中毒性が増してきます。

独りで全メニュー制覇は厳しいですが、再び通う日々が続くでしょう。系列店の『麺ハウス こもれ美』といい、ラーメン大好きっ子の心をくすぐる一杯を出し続けるセンスと技術に脱帽です!

ごちそうさまでした!!!!!!!







湯沢市の『あさひ食堂』で、「みそ五目」をいただきました。他に「野菜中華」「辛みそラーメン」、写真はありませんが、「中華そば」「チャーシューメン」をシェアしました。

訪問2回目で、前回は高校生ぐらいでした。その時のオーダーは中華そばで、よく長寿軒、五拾五番と比較したものです。

雄勝地域で『五拾五番』と並ぶ地元密着型食堂がここです。名物の「中華そば」は、あの『五拾五番』の中華そばの動物的油膜と肩を並べるほどの香ばしさや旨味があり、『長寿軒』を筆頭とする湯沢系の流れを組む味わいです。

今回メインでいただいた「みそ五目」も野菜、きくらげ、豚肉が入ったオーソドックスなものながら、中華そばとは対照的にあっさりとした口当たりとみそのまろやかさが、ブリンブリンの中太麺によく合います。

他にもメニューがたくさんあるので、再訪したいと思います。

ごちそうさまでした!!



湯沢市の『麺屋史』で、「辛ミソラーメン」をいただきました。

前回いただいたミソに特製の辛い醤を投入する店主おすすめの一杯。柔らかな白味噌の風味は一転して攻撃的になりますが、味噌の風味をとばさない程度の絶妙な辛さ加減です。

動物白湯の力強さがあとを引き、味噌味一辺倒にならないのも、最後まで美味しくいただける一因ですね。

今回、この辛味噌に海老を足した限定も同時発売されましたが、あと1歩のところで売り切れ。また次回の提供を約束してもらいました!

ごちそうさまでした!!!!


湯沢市の『トラガス。』で、本日と明日のみ限定の「手もみ中華」を大でいただきました。麺量は写真の通りです。

麺は2種類で、ブリンブリンの加水率49パーセント太麺と、琴平荘的な60パーセント平打ち麺の存在感たるや、物凄いです。どちらか一方だけを320g食べるのももちろん可能ですが、替玉にして両方食べてしまう作戦もありです!その際は、デフォで160g、替玉で160gとなります。

琴平荘インスパイアかどうか聞くのを忘れましたが、どちらかというと、琴平荘よりも『琴の』に近い味わい。鶏と魚介ですが、しつこくなく、非常にバランスが良い出汁感です。それを二種類の麺で食べられるのは、非常に嬉しかったです。

替玉にしたら、さらに葱と細切りメンマがどっさり付いてきます。醤油ダレや香味油もかかっているので、最初はまぜそばとしていただいた方が、麺の旨さをダイレクトに体感できます。

脱帽です!
ごちそうさまでした!!!!!!




大仙市の『自家製麺 麺屋にぼすけ』で、限定の「超節まぜそばWith肉三昧」をいただきました。

節がまぶれたオーソドックスなまぜそばが食べたいと思っていたら、ちょうどよく限定が開始され、早速うかがいました。

にぼすけさん得意の太縮れ麺は、やはり何度食べてもツルツルでブリンブリンで美味です。

甘辛く味付けされた豚バラ肉で巻いて食べれば、間違いのない旨さ。角煮もゴロゴロで、食べごたえ抜群。2麺目でしたが、あっさり平らげました。

ごちそうさまでした!!!




大仙市の『中華そばde小松』で、1日限定の「鯛煮干しと干し海老の塩中華そば」をいただきました。日曜日は味玉サービスで、麺は『Hululu』の自家製麺です。

鯛は大好きです。
鯛といえば、
でも紹介した『真鯛らーめん 麺魚』やhttp://blog.livedoor.jp/daigen_mania/archives/52258678.htmlで紹介した『鯛塩そば灯花』が強烈に思い出されますが、こちらは築地買い付けの新鮮な生の鯛を使用していて「鮮魚系」という別ジャンルに種別されると思われ、多くの店は鯛煮干から丁寧に出汁をとる手法です。

今回は、鯛煮干しの旨味そのままに、さらに干し海老で淡く輪郭を決める技ありな一杯で、どんどん飲める中華そば本来の出汁感です。

カボスが後半効いてきますが、最初から柑橘系果実の皮を刻んだものが散りばめられており、支配的にならない程度にさわやかな香りや風味を出しています。鯛煮干の臭み等を消す作用もあると思われ、本当に細部まで気を配る店主ならではの一杯。

ごちそうさまでした!!!!!




横手市の『ラーメン男寿狼』で、『特製鶏骨醤油ラーメン』をいただきました。

噂の新人気メニューを遅ればせながらいただきました。

元々の鶏骨ラーメンの濃厚さと鶏本来の旨味は、既に多くの方々が体験していると思いますが、それに醤油ダレが加わることでより鶏の輪郭がはっきりし、素直に美味しいと思えるスープとなっています。

途中から魚粉が聞いてきて、魚感が増しますが、味変的な役割として非常にいいですね。

特製ですから味玉や玉ねぎが入っていてお得感はあります。できれば、この価格のまま替玉ができれば、麺も細麺を楽しめるし大満足につながります。まあ、デブの戯言です。

ごちそうさまでした!!!!


湯沢市の『トラガス。』で、限定の「セメント中華」をいただきました。細麺の替玉付です。提供は終了しました。

2日間限定のこちらは、とにかくあらゆる煮干を搾るだけ搾り、粉砕したいだけ粉砕し、ミキシングを繰り返し、エグミ、苦味、渋み、臭みも旨みに変える、かなりサディスティックな一杯です!

初日より煮干の使用量を大幅にあげ、動物系スープの濃度もあげたため、初日とはまったく違うセメント感であり、ドロ系といった単純なカテゴリのものではなく、建築学のコンクリートやセメントの流動性を研究している名古屋大学のラボラトリーの実験で使用されるセメントのような、ねっとりとした粘着性をもったスープです。つまり、セメントと同じです。

麺はゴワゴワな全粒粉入りの低加水麺。物凄い存在感ですが、スープがスープなだけに完全に調和がとれています。

替玉はポキポキの細麺。醤油ダレがかかりネギが添えられるので、まぜそばとしても楽しめます。さらに、セメントを少々かけるだけで、濃厚な煮干まぜそばに早変わりです。

トロトロ味玉、角切りメンマも抜群に旨いです。ライスオーダーすれば良かったです。

トラガス。第2章が始まったような感覚。これは楽しみになってきました!

脱帽です!
ごちそうさまでした!!!!!!!