ramenorz 外観あごえび






以前から気になっていた、とがしインスパイア系の『ramenorz』です。

元々『麺屋とがし』で働いていた店主が経営しています。

店名が面白く、これで「ラーメン来なきゃよかった」と読むそうです。

とがし大好き人間の私としては、期待大でした。

メニューは基本的に「らーめん」と「つけ麺」で勝負です。ただ、味が5種類ありました。「かつお」「えび」「あご」「さば」「にぼし」です。とがし直伝の、あの超濃厚ドロドロスープにはどれを合わせてもおいしいでしょうね。ファストフード店のフライドポテトに味付けするフレーバーを思い出してしまいました。ベースは一緒で風味付けで個性が出るといった感じでしょうか。

私は「えび」(写真右)、おで子氏は「あご」(写真中)を注文。

店の外には写真撮影お断りと表示していましたが、店内に入ると、自分の食べる分だけはオーケーとのこと。画像でそのドロドロ感は伝わりますか。

そのドロドロを絡めてもちあげる極太麺はコシありまくりワシワシ感もある麺、麺だけでもたぶんかなり旨いでしょう。

トッピングの味付けインゲンがいいアクセント!これは旨いです。

「さば」「にぼし」もかなり気になりましたが、もう満腹でした。

隣の人は、「今日の汁なし」を食べていました。そんなの発券機にはなかったのになぁ。おそらく常連だけに許される隠れボタンがあるのでしょう。その常連さんも「忙しいのにごめんなさいね」と店主に謝っていました。あまり作りたくないのだと思いました。汁なしに使うタレなどのセットを店の奥の物置に隠してありました。

連食で満腹になった肉太郎一家は、夕飯のラーメンのためにお腹を減らすため、アウトレット仙台港に向かうのでありました。