FullSizeRender
IMG_3311
IMG_3312
IMG_3313
IMG_3314
IMG_3308
IMG_3307
IMG_3305
IMG_3304
『手打 焔』@栃木県那須塩原市
「チャーシューワンタンメン」¥1000

念願の初訪問。
登場から数年で全国区となった味を求め、連日大行列の名店に開店シャッターで潜入成功です。

焔のご店主も尊敬して止まない『聚楽亭』@山形県最上郡金山町で、限定で提供される「手打焔風」は何度かいただいていますが、ようやく本家をいただくことができました。

今回は某有名人気ラーメン店主や背脂軍曹氏などの麺友との旅。さて何杯いただくことができるか。

オーダーした「チャーシューワンタンメン」は人気ナンバーワンメニュー。

スープは着丼時から、明らかに絶対に美味しいと分かるほどの鶏出汁の香りが充満。ひと口飲めば、その香りの期待値よりもさらに格段に上の旨味が口内に広がります。この鶏清湯は凄いとしか言いようがありません。

鶏油で蓋をされた濃厚鶏清湯は、全く冷める気配を見せません。食べ進むうちに鶏油の旨味がスープと撹拌され、さらにトロトロになり、旨さが倍増していく好循環の旨味スパイラル。

燻製チャーシューは、適度な厚みと肉肉しさを確保したジューシーな逸品。燻製の香りがスープにしみ出し、ただでさえ鶏の香ばしさがあるのに、さらに旨味が増す印象。

麺は自家製手打の中太麺ですが、手打ならではの不揃い感、焔の代名詞である麺肌にザラつきのある特徴的な食感は、唯一無二。ザラっ!ムチっ!と食べた事のない食感が続き、ただただ
確実に美味しいことだけが分かります。

IMG_3309

この日、焔のご店主が聚楽亭から譲ってもらったカエシを使った限定麺「焔ブラックPREMIUM」もありました。

味わいはまさに、いつもいただいている聚楽亭のブラックでした。

わざわざ行く価値のたるお店だと思いました。
そして同時に、これを再現している聚楽亭の凄まじさにも驚愕しました。

ごちそうさまでした!!!!!!!!!!