大子町観光協会 STAFF Blog

茨城県『大子町観光協会』公式ブログ…袋田の滝/久慈川のアユ/奥久慈しゃも/温泉他、旬な情報を発信♪

2009年03月

■暖かい日が続いたかと思えば急に冷え込んだり、安定しないお天気が続いていますね。先日は夜間急に雪が吹きかけたりもして、季節が冬と春を行ったり来たりしている感じです。

それでも季節が一歩ずつ春に近付いていると感じさせてくれるのは、そろそろ入り始めた町内各所の花の状況です。

今日は俳句ポストの投句用紙回収でほぼ一日、町内を走り回っていたので、行く先々で状況を確認してきました。

現在、大子町での状況は以下の通りです。


  カタクリ  ⇒ 見ごろ …… 『袋田の滝』一部斜面に群生
                     (●茶の里公園:見頃に早い ●八溝山周辺:まだ開花せず)

  水芭蕉  ⇒ 見ごろ …… 『奥久慈茶の里公園』近くに群生

  サ ク ラ  ⇒  開花していません  

サクラは大子町ではまだ開花していません。咲きそうに蕾は膨らんでいても、花をつけている木はないようです。
例年、サクラの開花は4月上旬頃ですので、開花まではもう少し時間がかかりそうです。
ちなみに、枝垂れ桜は時期がもう少し遅く、4月中旬頃の見通しです。

このところ電話でのお問い合わせも多くいただいているので、私たちもできるだけ新しい情報を取り入れるようにしています。

皆様春が待ち遠しいようですね(^▽^)

【今日現在の左貫の水芭蕉(左)と袋田のカタクリ(右)】
水芭蕉とカタクリ

■平成20年度も今日で終わり、明日からは新年度が始まります。新年度から就職される方、進学される方など、新しい生活に心弾ませている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

また、お仕事されている皆様は年度の切り替え時期でお忙しいと思いますが、私たち事務局もやはり年度切り替えは、いつもの忙しさに輪をかけてあわただしかったです(>△<)

■20年度から21年度への移り変わりとともに、1年間観光PRをしてくれた『奥久慈大子大使』も代替わりをします。
現24代から25代へ引き継がれ、4月からは、先日の審査会で選ばれた2名が『奥久慈大子大使』として活動を始めます。

第24代奥久慈大子大使として1年間頑張ってくれた秋元さん、竹内さん、お疲れ様でした(^▽^)
これからも大子町を好きでいて下さいね
 

第24代奥久慈大子大使
【第24代奥久慈大子大使の秋元さん(左)と竹内さん(右)】

■そして、その他にも今まで観光に携わり力を貸してくださった方の中で、今年度でお仕事を終了される方もいらっしゃいます。

改めて感謝すると共に、これからも変わらずどうぞ宜しくお願い致します

明日からは新年度、気持ちも新たに頑張りたいと思います(^-^)

■今日も大子町はとってもいいお天気でした昨夜は強い雨が降り続いたのですが、一夜明けて清々しい青空になりました(^-^)

でも、雨が降った分、今日の袋田の滝は水量が多くて迫力がありましたよ袋田の滝に行ってから観光協会に足を運んでくださったお客様も、「水飛沫を浴びるようで凄かったと喜んで下さいました。
そんなお客様の笑顔を見ると、私たちも嬉しくなります(^▽^)

■今日は、袋田にあります『袋田温泉思い出浪漫館』を会場に、歴史講座『幕末の大子―関鉄之介と袋田のかかわり―』が行われました。
これは、映画『桜田門外ノ変』の製作が行われることをうけて、桜田門外の変の首謀者、関鉄之介とも関わりの深い袋田・大子町の方々に、もっと地元の歴史を知ってもらおうと、袋田地区の各関係機関を中心に企画されたものです。

会場には、地元大子町の関係各施設の方々以外にも、たくさんの一般の方が足を運んで下さったので、満員の大盛況となりました
歴史に大変お詳しい小澤先生が講師となり、幕末の歴史の流れから桜田門外の変、関鉄之介がたどった大子の道筋などを、2時間30分に渡りお話して下さいました。
会場のお客様は皆様、小澤先生のお話に熱心に耳を傾けていらっしゃいましたよ。私も地元のことながら知らなかった歴史が多く、とても興味深くお話をうかがいました。

歴史講座
【歴史講座の様子】

映画『桜田門外ノ変』は現在製作準備中とのことですが、これをきっかけに、大子町のことをまず地元がよく知って、そして観光で訪れてくださる皆様に、大子町のことを色んな側面からご案内できるようにしていきたいと思いました。

大子町の魅力再発見。

歴史を通じていいお勉強をさせていただきました(笑)

■今日もとっても陽気が良くて、上着を着ていては暑いくらいでした。あっという間に春が来た感じですね
でも、また週末お天気が崩れてしまうようなので、お出かけされるときには、事前のお天気確認をされた方がいいかもしれません(^-^)

■さて大子町では4月から、先日ご紹介したトレイルレースをはじめ、色々とイベントが企画されているんです。

4月8日には、蒟蒻(こんにゃく)神社祭礼があります。
蒟蒻神社には、蒟蒻の祖である『中島藤右衛門』翁が祀られています。この方が苦心したからこそ、今現在こんにゃくがメジャーな食材として、私たちの食卓に並んでいるんですね。
その昔こんにゃくは、水戸藩の専売品として藩の財政を支える、貴重な食材だったそうですよ。

その中島藤右衛門翁の功績を称え、後世に永く伝えるために、大子町こんにゃく生産協会を中心に、全国のこんにゃく関係者の方々からの浄財で神社が建立されました。
そして、翁の没日である4月8日に祭礼を行うようになったそうです。

■また、祭礼当日、こんにゃくおでんの無料サービスが行われます。
これは、「子供たちにこんにゃくに親しんでもらおう」という気持ちから始まったんだそうです。
(そのため、現在、祭礼日は幼稚園の入園式の日を充てており、4月8日を前後する場合があります)

こんにゃくは大子町の特産品でもあります大子町の美味しいこんにゃく、ぜひご賞味下さい(^▽^)

■ここ数日、いいお天気が続いていますね。昨日は午前中は荒れたものの、午後にはいいお天気でした。ただかなり風が強くて、黄砂と花粉が凄かったですね
今日は風も無く、穏やかな日ですおかげで花粉が絶好調で、鼻のムズムズが止まりませんが

観光協会では毎日、『袋田の滝』『八溝山展望台』の2ヶ所と連絡をとって、その日の様子を聞くのですが、袋田の滝周辺では、ちらちらカタクリの花が咲き始めたそうですよ。
水戸の梅の開花が今年は2週間早かったのを考えても、ずいぶん早いですね

■この冬は暖冬の影響が大きく、『袋田の滝』も例外ではありませんでした。
シーズン中は「滝は凍りましたか?」と毎日、たくさんの方にお問い合わせをいただきましたが、今年はほとんど凍ってくれませんでした

例年袋田の滝は、1月中旬〜2月上旬頃凍結する可能性が高くなります。
ですが、今年は例年に比べて気温が高く、加えて水量が多かったために凍りづらい状況が続いてしまいました。
また、気温がかなり低い状態が数日間続くことも必要になるのですが、今年のように気温の上下が激しいとやはり凍ってくれません。

私たちも「今日は凍るか?明日は凍るか?」と祈るような気持ちでしたが、今年は願い届かず(T▽T|||)
薄く氷がはる日はあっても、日中気温が上がってしまうと溶けてしまう程度で、今年は、アイスクライミングは夢のまた夢でした残念

自然が相手なので思い通りにはいきませんが、来年はぜひ凍った滝を見ていただきたいと、気合いはたっぷりです。

四季折々の『袋田の滝』は西行法師も絶賛したと伝えられていますので、また来冬、冬の滝を楽しんでいただければと思っています。
そしてこれからは新緑の季節になります。ぜひ、季節ごとの滝の良さを感じてください(^▽^)

このページのトップヘ