大子町観光協会 STAFF Blog

茨城県『大子町観光協会』公式ブログ…袋田の滝/久慈川のアユ/奥久慈しゃも/温泉他、旬な情報を発信♪

2009年07月

■今日の大子町は、どんより曇り空です
鮎のつかみどり大会に向けて、今日は会場の整備が行われているのですが、昨夜降り続いた雨の影響で川が増水しているので心配です

お天気が気になって気になって、天気情報のチェックを日に何度もしてしまう、今日この頃です( ̄▽ ̄)

■今日は『鮎のつかみどり大会』を楽しんでいただくための、注意点をお伝えしたいと思います。

 道具は使用できません
つかみどりは基本的に手で行っていただきます。そのため、アミ等は使用不可です。ご自分の手でガッシリお魚をゲットして下さい

  素足ではご参加いただけません
川の中(つかみどり会場)は十分に確認しておりますが、ケガ防止のため素足はご遠慮いただきます。ですから、水に濡らしてしまってもいいやサンダルをご用意下さい。

以上は厳守となりますので、ご協力をお願いいたします(^-^)
それから、このところのお問合せで多いものをいくつかご紹介します。

 つかみどり開始時間と受付け時間を教えて下さい。
⇒つかみどり大会は正午(12時)開始です。また、受付けは11時頃から始まります。受付け時間は非常に混雑しますので、混雑を避けるために、少し早めのお出かけをオススメします。

 駐車場はありますか?
⇒はい、会場目の前にあります、大子町役場が駐車場となります。ですから、車のナビをご利用の場合は、大子町役場でお願いいたします(^-^)
また、受付け時間付近は駐車場も非常に混み合いますので、余裕を持ってお出かけ下さい。
なお、駐車場ご利用の際には、誘導の係員の指示に従って下さいね。

 捕まえた魚を入れるものは用意してくれますか?
有料(250円)でご用意しております。会場で販売しておりますのでご利用下さい。
でも、クーラーボックス等ご持参の方が経済的ですね(^▽^)ちなみに、氷は無料でお分けします

 捕まえる数に制限はありますか?
⇒いいえ、ありません捕まえられるだけ捕まえちゃって下さい(笑)満足して帰っていただきたいと思いますので、ぜひ、たくさんのお魚をお持ち帰りくださいねb(>▽<)

 全然捕まえられないこともあるんですか?
⇒結構多くいただくのがこの質問です。皆様、不安なご様子ですねでも、ご安心下さいやっぱり、参加するならお魚捕まえられないと
当日会場には漁協関係者がおります。なかなか捕まえられない方のサポートをいたしますので、遠慮なくヘルプコールをどうぞ
参加者皆様に、お魚をゲットする楽しみを感じていただきたいと思います(^-^)

以上ですが、いかがですか?それでも疑問をお持ちの方は、遠慮なく、大子町観光協会までお電話下さい。その疑問、解決いたします
なお、鮎のつかみどり大会開催は8/2、当日1回限りですので、貴重なこの一日をぜひお見逃しなく(*>▽<*)

■つかみどりの後は、『袋田の滝』をはじめとする、大子の観光を満喫するもよし『森林の温泉(もりのいでゆ)』など日帰り温泉施設で疲れを癒すもよし
遊び足りない方には『フォレスパ大子』もいいですね
つかみどり大会参加がてら、キャンプを楽しむ……なんていうのもいいかもしれません。

つかみどり大会だけじゃもったいない参加をきっかけに、ぜひ夏の大子を楽しんで下さい
まだまだ、知らない魅力がたくさん、大子には詰まっていますよ



小雨の場合は大会を決行いたしますが、川の増水等、危険と判断された場合には中止になる可能性があります。
最終判断は当日の朝決定されますので、開催の確認はお電話お願いいたします。
情報が決定し次第、ブログでもお知らせいたします。


 大子町観光協会 (TEL: 0295-72-0285) 

■今日の大子町は、昨日までのジメジメした空気から一転、青空が広がって太陽の日差しが痛いくらいでした
夕方になった今現在は、気温も大分落ち着いてきましたが、それでも暑いです( ̄▽ ̄)

ここ数日は太陽の姿を見ることも少なく、雨が降ったり止んだりを繰り返すようなお天気でした。
ただ、湿度だけは毎日高く、まとわりつくようなジメジメした暑苦しさがなんとも言えず

こんな天気もあって、今現在は久慈川の水も、袋田の滝の水も少なめになっています(>△<)
思ったほど水になるような雨が降らなかった印象のまま、梅雨が開けてしまったので、その影響もあるかもしれません。
それでも久慈川では、鮎釣りを楽しむ釣り人が糸を垂れ、それを興味深げに眺めるギャラリーの姿が多く見られます。
はこの時期だけのお楽しみですから

■私たちは今現在、一週間後に迫った『鮎のつかみどり大会』の準備と、来月に控える『大子町花火大会と灯籠流し』の準備に追われています
どちらも、大子町の夏を代表する大切なイベント当日皆様に楽しんでいただけるように、笑顔を見せていただけるように、頑張っています(*^-^*)

あとは、当日の快晴を願うばかりです。
心から(笑)

■今日は、46年ぶりに皆既日食が日本で観測できるという貴重な日でした。茨城県は部分日食ではありますが、それでも日食自体珍しい現象です。
なので、私も「ブログに最適なネタ」と気合いを入れていたのですが……結果から言うと、残念ながら観測できませんでした(>△<)

■今日の大子町は、昨日からの雨をひきずって朝から雨模様でした。時折雨は強く降り、空は厚い雲に覆われて太陽は出そうにありません。
それでも、46年に一度
お天気情報の「昼近くには晴れ間も出る」を期待して、仕事をしつつも空をじっと気にしていました。

そして時間は流れAM10:45。
相変わらず空も太陽も出る気配はなく、辺りが暗いのも、曇っているせいなのか日食なのか判断つきません
ピークといわれるAM11:00にも空は相変わらず雲ばかりで日食見られず(ガッカリ)

ですが、曇っている空模様は変わらないのに、時間が経つごとに徐々に外が明るくなり、「やっぱり日食は起こってたんだな〜」と実感することは出来ました。

■個人的には『木漏れ日日食』を観測したかったのです。欠けた太陽を映し出す木漏れ日はどんなに幻想的だろうかともちろん、太陽を直接見ちゃうと目を傷めてしまいますしね

そんなわけで、大子町では今回の日食は観測できず、残念でした
次に皆既日食が日本で観測できるのは、2035年になるそうなので、その時まで楽しみに取っておきます(笑)

学生さんたちは夏休みに入り、毎日遊ぶのにせっせと忙しい季節になりましたね〜。社会人の皆さんの声を代弁して、「羨ましいと声を大にして言いたい今日この頃です(笑)

さて、夏を満喫したい皆様にオススメのイベントが、8/2に大子町で行われる『鮎のつかみどり大会』です。
日程等の簡単な情報は先日お伝えしましたが、今回は趣向を変えて、鮎のつかみどり大会をもっと楽しんでいただく為に、私たち観光協会がお得情報&ウラワザをお教えしちゃいます

■まず、お出かけ前に準備していただきたいものがあります。

  1)汚れてもいい、動きやすい洋服
  2)着替え&タオル
  3)ビーチサンダル等、濡れてもいい足元
  4)捕まえた魚を入れるクーラーボックス 等

上記のものは必須と言えます。水に入りますから汚れます濡れますそして、人に揉まれますので、服は汚れると思ってください(^▽^;)
それ以外に、帽子日焼け止めなど、直射日光に対しての予防アイテムもあるといいですね。何せ会場は川ですので、日除け出来るような場所はありません天気がいいとジリジリ太陽に焼かれ放題になってしまいます。
捕まえた魚を入れる容器は会場でも販売していますが、準備があるとエコです(笑)

なお、鮎のつかみどり大会では道具(アミ等)は使用できませんので、準備せずにお越しくださいね(^-^)

■大会は正午(12時)開始となりますので、開始時間より早くいらっしゃることをオススメします。たくさんの方が参加されますので、駐車場も混み合いますし、受付けも混雑します。

【昨年の様子(1)―つかみ取り会場はたくさんの人が】
H20鮎のつかみどり大会2


早くいらっしゃれば、混雑を避けられる他、川に入るためのいい位置を取ることもできて一石二鳥です
お車でお越しの方は、会場すぐ近くの大子町役場が駐車場となりますので、誘導員の指示に従ってください。

■さてそれではいよいよ、つかみ取りで魚をたくさんゲットする方法をお教えしましょう
実に簡単です。小さなお子様でもできちゃいます

それは『追わずに待つこと』です。

ね?簡単でしょう?
追うと魚は暴れて泳いでしまい、捕まえるのが難しくなります。なので、魚を囲い込んで静かに誘導し、動きが止まったところでガバッとゲット
これは2人組以上になると更にやりやすくなります。1人が段々円を小さくするように追い込んで、もう1人が水の中に足を開いて座り込み、じっと待っていれば魚が集まってきます。
過去に、100匹以上捕まえた方も、この方法だったそうですよ
ご家族やお友達と力を合せて、ぜひたくさん捕まえて下さいね(>▽<)

また、特に鮎は濁った水を嫌うので、バシャバシャ追い立てずに、じっと水の流れを見て下さい。そして、水の出口をみつけたらそこが狙い目ですそこに鮎は集まってくるので、待っていればゲットできちゃいます

さらに実はこの大会、ウナギも20匹放流するんです。しかも、そのウナギはオマケ付きで、捕まえるとラッキー賞として、素敵なプレゼントが貰えちゃいます


【ラッキー賞】

マウンテンバイク  ……  5本   図書カード(1000円分)  ……  15本



プレゼントは先着順となりますので、ウナギをゲットしたら、お早めに係員にご報告下さい。
あ、慌てると転んで怪我をしたら大変ですので、慌てずに(^-^)

【昨年の様子(2)―ちなみに右はプレゼンターの大子町長です―】
H20鮎のつかみどり大会


さあ、どうですか?とっても楽しそうなイベントでしょう(*>▽<*)
その他会場では、捕まえた鮎を塩焼きにしてくれるサービス(1匹50円)や、軽食・ドリンクの販売等もご用意しています。

お電話でのお問合せで「魚を捕まえられないこともあるの?」と心配される方が結構いらっしゃるのですが、ご安心下さい会場には漁協関係者もおりますので、そんなあなたをサポートしてくれます。
せっかくご参加いただくからには、魚を捕まえる楽しみを全ての方に体験して頂きたいと思います。

ぜひ素敵な夏の思い出を、大子町で作って下さい

■今日は青空が広がり、清々しいお天気の大子町です。低かった気温も徐々に上昇して、昼頃にはエアコンが欲しくなるくらいです。

■さて、先日の11・12日は、埼玉県越谷市におじゃまして『2009いばらきの夏観光キャンペーン』に参加してきました(^▽^)会場のレイクタウンまでは大子から車で2時間30分ほどかかりました。やっぱり小旅行です(笑)
朝早かったので少々眠かったですが、大子町のPRをしっかりするため、そうも言ってられません(笑)

今回は大子町だけではなく、茨城県内の多くの市町村が参加して行われた、茨城県の観光PRイベントでした。お買い物にいらっしゃるお客様が足を止めてステージをご覧下さったり、興味を持ったパンフレットをお持ち帰り下さって、茨城の魅力、そして大子町の魅力を感じていただけたのではないかと思います
特に大きなポスターを貼り出した花火大会には興味を持ってくださる方がたくさんいらして、嬉しい限りでした
この時期の定番でもあるキャンプを計画されているのか、キャンプ場ガイドも人気でした。

【キャンペーンの様子/奥久慈大子大使の古川さん】
夏キャンペーン

場所柄もあり、家族連れのお客様が多かったと思います。そのため、小さなお子様にも楽しんでいただけるよう、茨城県のマスコットキャラクター『ハッスル黄門』がイベントブースに登場したり、茨城のご当地ヒーロー『時空戦士イバライガー』のショーを行ったりもして、とても賑やかなキャンペーンになりました

【古川さんもハッスル黄門(左)イバライガー(右)と記念撮影】
夏キャンペーン4

また、各市町村の大使も参加していましたので、華やかさも感じていただけたと思います

■これからの観光シーズン、夏をお楽しみいただけるイベントを大子町でもたくさん企画しております。キャンペーンも色んな場所にお邪魔してこれからも展開していきますので、お見かけの際には、気軽にお声をかけて下さい(^▽^)

このページのトップヘ