こんにちはヽ(・ε・)人(・ε・)ノ



大子町は5月30日31日と気温が30度を上回りました。
今日もとっても暑く観光協会に来られるお客様の
「暑いですね」の声が目立ちます
早くも夏到来といった感じです(´д`;)



話は変わりますが本日6月1日から
久慈川の鮎解禁です


午前5時が解禁時間だったのですが
私が出勤する午前8時頃には、
日曜日という事もあり
久慈川には、鮎釣りをされてる方が
驚くほどたくさんいらっしゃいました




鮎釣り(10)鮎釣り(4)鮎釣り(6)









(※画像は昨年のものです)




大子に住んでいる私的には、
鮎釣りをされている方を見ると
「今年も夏がきたんだなぁ」と
季節の変わり目を告げる
風物詩のひとつに思います




毎年、たくさんの方が鮎釣りに来れますが
一般的な釣りとはまた方法が異なり
とても難しいものなのです。
(恥ずかしながら詳しい釣り方を私も最近知りました)


そこで、簡単ではありますが
久慈川の鮎と、その釣り方を説明したいと思います↓↓↓




○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○


鮎というのは、水が綺麗な川で、良い苔を食べて成長します。
それを食べて成長する鮎は別名「香魚」とも呼ばれ
久慈川の鮎は「色・形・味」ともに関東一を誇ります。


鮎









鮎は、苔を食べるために、自分の縄張りを確保します。
その縄張りに入ってきた他の鮎を、攻撃する修正があるため
これを利用し生きた鮎(おとりあゆ)を専用の釣り針に仕掛け
そこに攻撃してくる鮎を釣るという方法になっています。


○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○


私がこの話を聞いた時
こんなに鮎釣りは大変なものなのかw(゚o゚)w
とただただ驚きました。


鮎釣りに挑戦するのは大変ですが…
食べることは誰でも簡単にできます(笑)


鮎の塩焼き2鮎の塩焼き1










鮎の塩焼きの他にも、
鮎のお刺身などが食べられるお店もありますので
大子にお越しになった際には是非ご賞味いただければと思います(*´ェ`*)