大子町観光協会 STAFF Blog

茨城県『大子町観光協会』公式ブログ…袋田の滝/久慈川のアユ/奥久慈しゃも/温泉他、旬な情報を発信♪

カテゴリ: 桜田門外ノ変

■こんにちは久しぶりのブログになってしまいました
今日の大子町は、風が冷たいですが、青空が広がるいいお天気です
16日18日にこちらでもが降り、一時は10センチを超える積雪もありましたが、その後のお天気回復とともにきれいに雪は溶けてしまいました。
今現在は雪の心配はありません(^-^)

そして連日テレビでは、バンクーバーオリンピックの様子を伝え、日本中が熱くなっていますね(>▽<)
選手にはぜひ頑張って欲しいと思います

その熱気も影響してか、袋田の滝は現在も凍結していません( ̄▽ ̄)

凍結しないのもこれで1週間。気温も0度〜−2度の日が続いています。
時期的にもそろそろ……シーズン終了でしょうか。
今年は4年ぶりにアイスクライマーの姿があったり、近年では一番、凍結した滝をご覧いただけたのではないかと思います。お越し下さった皆様、本当にありがとうございました(^▽^)
また来シーズン、楽しんでいただければ嬉しいです

もし何か変化のあった時には、随時お伝えしたいと思います

■そして今回は、大子町でも撮影の予定されている映画『桜田門外ノ変』について、お知らせをさせていただこうと思います(^-^)

映画『桜田門外ノ変』の、映画製作協力券を当観光協会でも取り扱うことになりました
この協力券は3枚がセットになっています。その内容は、以下の通りです

(1) 全国共通特別鑑賞券
東映の正式前売り券です。全国の上映劇場で映画『桜田門外ノ変』をご覧いただけます。
(2) オープンセット先行入場券1回限り

千波湖畔に建設された、桜田門周辺が再現された迫力のオープンセット、そして松の廊下などのロケセットをご覧いただけます。

【期間限定】 平成22年「水戸梅まつり」開催期間(2/20〜3/31)のみ
(3)展示館・オープンセット入場割引券【通常800円⇒600円
千波湖畔オープンセット及び、水戸藩の歴史や映画のメイキングなどを紹介する展示館(平成22年G.W.オープン)への入場割引き券です。
平成22年の「水戸梅まつり」から、平成23年の梅まつりシーズンまで、何度でもご利用いただけます。

そして、ご購入の方には特典として、徳川光圀公の印籠に用いられていた葵の御紋の「うつし金蒔絵」を差し上げます(>▽<)
こちらはシールになっていますので、例えばケイタイに貼れば、自分のケイタイが印籠に早変わり(笑)
黒いケイタイをお持ちの方に特にオススメです(笑)

映画のセットを見学したりと、なかなか普段できない体験も出来てしまう、とってもお得なチケットです。
この機会にぜひどうぞ(*>▽<*)

■皆様はご存知でしょうか?映画『桜田門外ノ変』を。
水戸藩開藩400年記念ということもあり、この映画『桜田門外ノ変』は盛り上がりを見せているんです(*>▽<*)

それではここで、「桜田門外の変」について簡単にご説明いたします
安政7年(1860年)3月3日朝、江戸幕府の大老井伊直弼が、関鉄之助を総指揮とする水戸藩士17名薩摩藩士1名の計18名に襲撃され、桜田門外で暗殺された事件。

将軍継嗣の問題、安政5か国条約の違勅調印など、大老井伊直弼への反感は尊攘派に強くあり、安政の大獄で一段と深まっていた。
この暗殺事件をきっかけに、幕府の衰退が公然になる。









歴史の教科書等でご存知の方は多いと思います。

ちなみに、手話で「茨城(県)」をあらわすときに、胸の前で両手を交差させて肩を撫でる仕草をするんですが、これは「桜田門外の変」で水戸藩士が着ていた蓑(みの)を表しているそうです。
以上、学生時代に手話サークル所属、ブログ担当のマメ知識でした(笑)

その歴史に名を残す事件を題材に、映画『桜田門外ノ変』は作られています。
実はこの「桜田門外の変」は、大子町と大きな関わりがあるんです
総指揮をした関鉄之助は、事件後、現在の大子町袋田に身を潜め、隠遁生活を送ったといわれています。
現在でもゆかりとして知られる場所が多く残っているんですよ(^-^)

■そして今日、急遽撮影の予定が入り、大子町で初めてロケが行われたそうです
残念ながら現場に足を運べなかったため画像はありませんが、関鉄之助役を演じる、主演俳優さんもいらしたそうですよ(*>▽<*)
今日は1カットのみの撮影ですぐに撮影は終了したそうですが、それでも、記念すべき1回目ですね(^▽^)

今後もロケが行われる可能性はあると思います
このブログでもその様子をお伝えできればと思っていますので、どうぞお楽しみに

このページのトップヘ