2007年06月29日

6月29日の一言 5

苦も楽も人生は自分次第。(加山雄三)
(asahi.comどらくより抜粋)


今年70歳を迎える加山雄三さん。

音楽も絵画も陶芸も創作して、
クルーザーも乗りこなして、
最新のゲームにも精通し、
いろいろと好奇心に磨きのかかる中年の星。

自分という人間を劣化させないための努力が必要、
という事で健康管理以外にいろいろな事に、
精力的に挑戦し続けるんだそうです。

そして出会いには必ず意味があると言う事で、
今まで以上に出会いを大切にしているそうです。

そうですよね、物事はすべて必然であり、
偶然は無いんですよね。
物事の現実を直視すればいろいろと解かってくるんですね。

加山さんにもいろいろな事があったそうですが、
そのたびに現実から逃げずに、
しっかりと正道を歩いてきたんだそうです。

苦は楽の種、楽は苦の種と自分に言い聞かせて、
楽しく生きる努力をされたそうです。

人間は思いの通りの事をする、
自分が思った事が自分の人生になる。

人間には苦も楽も必要。間違った方向に走っても、
それを軌道修正する平衡感覚を人間は本能的にもっている。

だから誰でも自分次第で幸せになれる。

過去にこだわる人間に明日は無いが、
過去を反省しない人間にも明日は無いと仰っています。


本当に苦も楽も自分次第ですよね。


人気ランキングに参加しています
人気ランキング

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星