JRAの関係者は競馬法により、馬券購入が出来ないばかりか、予想すら禁じられているのが現状である。本来、自動車メーカーなら自分の会社の製品に乗るし、住宅メーカーであれば自社の住居を構えるのが本筋である。自分の勤務する所の商品に自信を持っているからだ。競馬ではそうはいかないにせよ、己を知る事により発見出来る事はたくさんあるだろう・・・現場の人が参加する事により様々な問題点を見つけながら改革しなければ、売上は落ちる一方だと思います。さて、そのような訳で第五回馬券師大会には、JRA関係者らにも声を掛けましたが、全て断られてしまったので、関係のある牧場関係者の参加を目標に動いています。3月頃には詳細が決まりますが、その間準備を進めて参ります。今回は『トレセングッズ』等の賞品を充実させたものにするつもりです。