2017年09月09日

救急車利用料金 38,000円??

スコットです

昔話ですが、医療関係の仕事を一時的に考えていた。

今でも興味があるので、今回は「救急に日」について調べてみた。

救急の日は、厚生労働省によって1982年に定め、

「救急医療関係者の意識を高めることと、救急医療や救急業務に対する

国民の正しい理解と認識を深めること」が目的だそうだ。(統計局HPより)

さて、前から気になっていたこと 日本の救急車利用状況。

調べてみたら、死亡・重傷・中傷の救急車利用者は約50%

残りの50%は軽傷(入院加療を必要としないもの)。

出動回数 約605万件(平成27年度)約5.2秒に1回!

救急車を呼んでから到着までの平均時間 → 8.6分 

病院に到着するまで 約40分  消防白書より

しかし、もし息してない、心臓が止まっている状態になると

脳にダメージがおきるまでは約3分。

5分が立つと助からないかもしれない・・・

では、万が一そういう場面に遭遇したら、どうすれば良いのでしょうか?

まずは救急車が到着するまで自分で手当できるよう救急法を学ぶ

日本赤十字社にはたくさんの講座がある

そして、救急車が1秒でも早く到着できるよう、正しい救急車の利用について考える

昨日ニュースで見ました「Q助」 全国版救急受診アプリの取材があった

結構面白いアプリなので、事前に皆さん是非一度PC・スマートフォン版見てください!

(いざと言う時に、なかなか冷静に見れないと思う・・・)

ちなみに、私の故郷の救急車はこんな感じです ↓

alberta ambulance

利用は有料

現地で治療受けたら、約2万5000円。病院に行く必要だったら 3万8000円!






daiichi20070423 at 13:00コメント(0) この記事をクリップ!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
広島ブログに登録してま〜す
広島ブログ
時       計
本 日 の 天 気
Archives
記事検索
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)