遥かむかしの大事な約束

今世のテーマは「うんざりするほど楽しむ」

自己紹介

日本で高校卒業後18歳で渡米。ミネソタ大学卒業後(モスクワ大学に短期留学(1991年夏)、某大手銀行に勤め、その後イリノイ大学経営学修士課程(MBA)を取得、大手会計事務所(米国公認会計士の資格取得)、製薬系ベンチャー企業に勤め、資本主義にどっぷり浸かる毎日が続く。アメリカは中西部のド田舎、アイオワ州から始まり、ミネアポリス、シカゴ、ロサンゼルス、シアトルに移り住み、人生の27年を米国で過ごす。精神世界や真実の探求に真剣に興味を持ちだしだのは、2005年頃。米国では911の真実の検証から入った人は多く、僕も決して例外ではない。私が子供のときから、宗教の枠に囚われない宇宙の法則を教えてくれていた、母親の影響もあり、自然と興味はあったものの、それからは様々な本を読み漁り、仕事の合間を見つけては、様々なTrutherのためのコンフェレンスやスピリチュアルツアー、ワークショップなどに参加するようになる。

u  ブライアン・ワイス博士による退行催眠ワークショップに参加 (2007年)

u  ヴィパッサナー10日間コースに参加 (2007年、2010)

u  ドルフィン&ETコミュニケーター、ジョーン・オーシャン女史によるStar Being Seminar & Dolphin Tour に参加 (2008)

u  イハレアカラ・ヒュー・レン博士による、ホ・オポノポノ・コースに参加 (2009)

u  マリエル朋子さんによる、ハワイ島マジカル・ドルフィン・ツアーに参加 (2009)

u  リチャード・バーレットDC, NDによるマトリクス・エナジェティクス・ワークショップに参加(2010年)

u  ドランヴァロ・メルキゼデク公認ファシリテーターによる以下のワークショップ&ツアーに参加、Flower of Life Workshop (2010)

Egypt 2010 Sacred Journey (2010)

Awakening The Illuminated Heart (ATIH) (2012)

u  沖縄の祈り人・比嘉良丸・りかご夫妻による、アラスカ祈りのたびに参加、

先住民13人のグランドマザーの祈りの世界会議に参加 (2011)

富士山中湖祈りのセレモニーにスタッフとして参加 (2012年、2013)

マヤ最高神官ドン・アレハンドロ氏、ニュージーランド・ワイタハ族のテ・ポロハウ長老との交流。

u  ハワイ島、カロコヒーリングセンター院長、菅原真樹氏による、断食・自然療法プログラムに参加 (2011)

u  ネーティブ・アメリカン、ラコタ族の神聖な儀式、サンダンスに参加、菅原真樹氏のサポーターとして参加 (2011)、サンダンサーとして参加 (2012)

u  その他、オーラソーマ、ヘミシンク、霊気、気功法、数秘術、シャーマニック・ジャーニー、ディクシャ、退行催眠、ローフードやマクロビオティックなどの食、ナチュロパシ―(自然療法)などの健康に関するイベント・セッションに多数参加。

u  Scott Mowry氏(リサーチャー&ジャーナリスト)によるTruther向け月次セミナーに参加(2014-2015)


日・米で多くのチャネラーやヒーラの方々との出会いもあり、これまでに日米問わず30人以上の個人セッションをしていただいてきました。多くのすばらしい出会いがあり、ようやく今生に於ける自分の本当の使命や役割、この星に光を降ろしたいというワンダラーとして地球に舞い降りた時の強い思い、そして心の深い部分にある何があってもあきらめない強い意思を感じられるようになり、勇気を出して自分の使命に向かって新たな一歩を踏み出す覚悟を決める。2015年に日本に引き戻されたこともあり、現在のパラダイム・シフトが進行しつつあるこの移行期において、地球の再生や新しいシステムの再構築に携わる有志と共に、自分のワクワクに従いながら、俗に言う現実的なビジネスとスピリチュアルな側面を融合していき、そして日本と米国の架け橋となって、皆が豊かになれる仕組み創りをしていきたい。 是非、理解ある有志のみなさんと一緒に活動していきたいと思ってます。

心からの感謝と愛を込めて。

しゅんちゃん 


白い狼を連れたネイティブアメリカンの女性からのメッセージ

あなたが本当に成し遂げたいことはなんですか?
それを見誤ってはなりません。
今のあなたがやろうとしていることは、そのままの形では、成果が上がらないでしょう。

気づいてください。
今、自分たちがやらなければならないことが何であるかということに。
地球は悲鳴を上げています。そしてあなたがたの心と体も。
今こそ気づくべき時なのです。

あなたが追い求めているものは何ですか?
お金ですか?安定ですか?
そういったものは本来は必要ないのです。
心の豊かささえ取り戻すことができれば、それで皆幸せに暮らせるのです。

では、心の豊かさをあなたがたから奪ったものは何だと思いますか?

そう。
それは、あなたがた自身の思い違い、勘違いです。

「自分は他の人よりも優れていなければならない」
「皆に分かるように自分の価値を示さねばならない。」
「自分の価値を認めさせなければならない。」などなど。

世界にある競争や貧困や飢餓(富が公平に分配されない状況)、
それを作り出しているのは、あなたがたのゆがんだ思考なのです。
どうかそのことに気づいてください。

そしてそのことに気づいたら、
自分から変えていく必要があります。

そしてそのあとで、皆に問いを投げかけてください。
「みんなは本当にこんな生活がしたいの?」
「皆で、競争して、奪い合い、蹴落とし合う、こんなことがしたいの?」と。

そして、このパターンを変えていきたいと願う人たちと一緒に動き出してください。


あなたの仕事は、ゆがんだ思考から脱却し、
新しい思考や価値観を投影した「しくみ」を作ることです。
平和で豊かに暮らせるしくみ作り。雛形作りです。
これは早急に進めていかねばなりません。


今のあなたの計画は、その基本に
「自分が豊かになりたい、認められたい、自分が安心できる形を作りたい」
という思いがあります。
でもそれでは、あなたの魂が望むものは作れない。

まずは自分の心をまっさらにして、
今、本当に必要なものが何であるかを探ってください。
全てはそこから始まるでしょう。

どのようなしくみが社会にあれば、
あなたがたは、皆、平等に、豊かに、安心して暮らせるでしょうか?

その知恵は、あなたの中にあります。
ぜひそれを見つけてください。


(具体的には?)

ビジネスの形を変えていかねばなりません。
富を皆で分かち合う形を作るとよいでしょう。

皆、いつ自分が貧困に陥ってしまうか、飢えてしまうかと不安です。
あなたがそういう仕組みを作ることで、多くの人が喜んで集うでしょう。

皆で協力し合って動き、皆で富を分配するしくみです。
あなたの中の知恵を振り絞ってよく考えてみてください。



2013427

ひろみんより伝えられた、
白い狼を連れたネイティブアメリカンの女性からのメッセージ。

 

無意識からのメッセージ

僕はね、みんなを幸せに豊かにしたいと思っているんだ。
皆の豊かさを阻むもの、それは今の社会のしくみだ。

今の社会の中では、皆、踊らされているだけだ。
もっと地に足の付いた事業の形を作る必要がある。

一人のがんばりが、皆のがんばりとなり、一人の成果が皆の成果となる。
そして、誰か困っている人がいる場合は、皆で助ける。
豊かさがみんなに行き渡るようなそんなしくみを作りたい。

抜けがけした人だけが豊かになって、自由になって、
その他の人たちが虐げられる。そんな世界ではなく、
皆で協力し合って力を合わせて、皆で豊かになれる。
互いを豊かにしあえる。そんな世界の実現を目指したい。

だからこそ、今の僕にできることは、そういう事業の雛形を作ることだ。

ひとりの仕事を皆で手伝う。
そしてその人が富を(豊かさを)手にしたら、それを分かち合う。

一人が頑張れば皆で豊かになれる。
そして皆は、その人を思いっきり応援するんだ。

何かやりたいことがある人が、手を挙げて「それをやる」って宣言する。
どういう方法でそれをやりたいのか、どうすればいいのか、といった答えは
その人がすべて持っているから、それを皆に提示するんだ。

そして皆がそれを全力で応援する。
自分に出来ることをすべて使って応援する。
そして、応援された人は、その成果を皆と分かち合う。

そうすることによって、一人ではできないことも、成し遂げることができるようになるんだよ。
一人の力は小さくても、皆で応援すればそれは可能だ。
そういうつながりを作っていきたいんだ。

思いのある人がまず最初にプロジェクトを立ち上げ、皆に声がけをする。
そして力を貸してもらう。

まずは僕がその一番手になりたい。

僕にはたくさんの夢がある。

この世界を変えたい。
一部の人間だけがのし上がり、幅を利かせるような世界じゃなくて、
みんなで幸せに、笑顔になっていきたい。
一人で笑うよりみんなで笑ったほうが楽しいからね。

でも一人の力では到底成し遂げられない。
だからみんなの力を借りたいんだ。
僕のやりたい事業に賛同してくれる人に協力を仰ぎたい。
そしてその成果や喜びを分かち合うんだ。

この試みは、地球上では新しいものだけど、
僕たちが以前いたところでは、ごく一般的で当然のやり方だ。
これをこの地上にも実現すれば、皆、豊かに、競い合うことなく平和になれるんだ。

まずは僕から始めようと思う。

HPやブログも含めて、いろいろな方法で賛同してくれる人を募って、
そしてその人たちと一緒に事業を進めていく。

プロジェクトの中心は、常に、最初に手を挙げた人だ。
その人の中にすべての答えがあるからね。
プロジェクトが、その人のやりたいことから、ずれていくようではいけない。

ちょっと賛同しかねるな、と思った人は、プロジェクトからいつ外れても良い。
これは、最初に周知徹底しておかなければならない。
それは決して反目でも仲違いでもない。
単なる考え方の違いにすぎないのだから、いつ抜けても自由だ。

それから、富の分配についてだけど、
これは公平に行われる必要がある。
つまり、その人の働きによって分配の割合が変わるんだ。

慣れるまでは、その割合をどうするかが難しいと感じるかもしれない。
でも、やがて、このやり方が浸透していって、
皆の目的が、本当に助け合うことになっていけば、簡単になっていく。

やがて、富を得るためにやるのではなく、手助けすることが本当に嬉しくて、
役に立てることが本当に嬉しくて、みんなで関わり合っていくようになる。

それまでは試行錯誤で、ちょっと難しいと感じることもあるだろう。
でも、工夫しながらやっていけば、やがて良い形が見つかる。

全ての人が豊かで健康で、生き生きと生きていける、そんな世界を作ろう!
そういう想いで集う仲間。
そんな仲間とつながっていきたい。
共に素晴らしい未来を築いていきたい。

僕のもとには、かつての教え子たち=素晴らしい魂の持ち主たちが、集まってくる。
僕はその人たちを深く愛しているし、信頼している。

これから、それが始まるのが楽しみだ。

みんな、それぞれの場で、それぞれに頑張っている。
それぞれが人生の中で、この時が来るのを待っていた。
今こそ皆で集う時だ。とても楽しみだ。

どうすれば皆で楽しく希望を持って進んでいけるか。
最高の形を僕は知っている。
それを試行錯誤しながら思い出していこう。

このままいけば、来年の1月には、ある程度の形が見えてくるだろう。
それまでは、何度も何度も、試行錯誤で練り直し、手を入れて、しくみを作り変えることを繰り返さなければならない。
これは、非常に骨の折れる作業になるけれど、あきらめずにやり通す必要がある。

しくみは、高い次元ではすでに形となっている。
しかしそれに気づける自分になるためには、まだまだ垢を削ぎ落とさなければならない。
でも、私は必ずやり通す。
皆を信頼してやりぬくよ。

皆の健康や環境に寄与する事業であれば、なんでも構わない。
それよりも大切なのはしくみだ。

「しくみ」をつめていく必要がある。

今後は、情報を得つつ(おろしつつ)進めていくといい。
今の狭い意識状態では、なかなかうまくいかないだろう。
しかし、進めていく中で、いろいろな変化が自分たちに訪れる。
変化があるたびに、新しい気づきがあり、情報も変わっていく。

完成までの間には、数々の失敗も必要だ。
小さな失敗を重ねていく必要がある。

しかしそれで、くさったり諦めたりすることのないように。

少しずつ、大切なことが明らかになっていくが、
時には、真逆の情報が降りることもあるだろう。
しかし、それは、僕たちの成長の証。

失敗を悔やむことなく、変化を常に受け入れて前に進んでいくことが必要だ。
ここからは、変化・変化の連続になる。
変化の波に乗り遅れないように頑張っていこう。

まず自分の中でよく考えてみることが大切だ。
キーポイントは「誰ひとりの例外なく、皆が豊かになる社会」だ。


2013427

ひろみんより伝えられた、
しゅんべえの無意識からのメッセージ。




 

遥かむかしの大事な約束

いいか、守ったことは果たさねばならない。

そなたは、それに気づくときが来た。いや、気づいているはずなのである。だからこそ、しっかりと、この大地を見つめ、ここに居ようとしている。

しかしながら、その時、動かなければならないとき、今、急を要している。地面にしっかりと、そなたが根を張り、そして創り上げてゆく時が、来ているのである。しっかりと、創ってゆくがよいぞ。 

何を躊躇し、そして戸惑っているか。成さねばならぬことは、そなたがこの地上にて、何を行なわなければならないのか、理解しているはずである。 

今、現実に何をしなければならないのか。そなたはこう約束したではないか。 
この地上に降り立ちし時「この地をしっかりとした楽園と変えることが出来る」と。そなたはそのように言ってきたはずなのである。 

だからこそ、今もなお、この地上におり、そして楽園へと変えるように世の仕組、世の組織を知り、そしてこの世を知り、創りかえ直し、そしてまた、今、新たなる道へと、よき志をもち、よき道よき未来へと創りゆくものたちと共に、創りゆこうとしているではないか。 

今、そなたが必要なことはこの世にとって、何が必要なのかということを知ることである。そして、どのようなことが、大切なのかということを知り行なってゆく、実行、行動である。そなたが知りえなければならぬことは、しっかりとした現実での知識であり、動かしてゆく仕組である。

道を踏み外してはならない。約束を忘れてはならない。しっかりと守ってくれ。 

この星は、そなたのものではない。そなただけのものではない。よくそこは理解しているはずである。託されたことを忘れてはならない。この星を楽園へと変えるよう、そしてそれは我等と共に歩みゆくことが出来るようにという、星のさきがけ、先駆者であるということも、忘れてはならない。 

大地は、今、変わろうとしている。子供たちが、今、何を必要としているか。この大地が、今、何を必要としているか。いのちが、今、何を必要としているか。人間が、今、どのような形へと進まなければならないのかをしっかりと、今、改めて見つめ、その約束を果たす時が来ているのである。じっくりと考えゆかれよ。しっかりと下準備をしてゆかねばならない。 

準備はいまもなおすすんでいるか。大丈夫か。今はそなただけが頼りなのである。 

しっかりと大地に根ざし、天へ還る時、天で会った時、我等と共に会った時、再びその時は来る。その時でよい。 

そなたが、今、何を成さねばならぬのか、地上に降り立った役割、役目を忘れてはならない。


2011521

アラスカ 地震公園にて。

比嘉良丸・りかさんを通して、伝えられたチャネリング・メッセージ




 

記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ