昨日の続きで、「メイド」についてです。

今日は日本のメイドさんについて出てきます!

img_03


「メイド」

<日本のサブカルチャーにおけるメイド>

メイドは、しばしば萌えの対象として語られる。この場合、メイドとして通常想定されるのは、妙齢の女性または少女であり、その服装は多くの場合典型的なエプロンドレス、いわゆるメイド服である。

漫画やアニメ、ゲームソフト(とりわけアダルトゲーム(エロゲー))、コスプレの題材として取り上げられることも多い。また、作品内において、「血縁関係のない女性」を側に置く手法としても用いられている。雇い主を呼ぶときは、大抵男性なら「御主人様」か「旦那様」、女性なら「お嬢様」、性別が関係無い物では「(雇い主の名前)様」である。

「主人に対して絶対の忠誠を誓う」等、本来のメイドとはかけ離れた特徴を持っている事が多い。

また、近年はメイド萌えの客層向けに特化した、いわゆる「メイド喫茶」が各地にオープンしている。

1.メイド萌えブームの源流とその背景

メイド・エプロンドレス姿の使用人や、女中・女給などにフェティシズム的な興味・傾倒を抱く文脈は、いわゆるオタク的な狭義のサブカルチャーの文脈のみにとどまらず、それこそ戦前からより広範なサブカルチャーの一環として存在していた。

古くは純文学者の太宰治がカフェの女給に惹かれ、また帝国海軍が士官クラブの女給にメイド様(よう)のコスチューム(エプロンドレス) を採用した例などがあげられる。また昨今のコスプレ喫茶の成立以前より、ウェイトレスの制服にメイド服やそれに近いエプロンドレスなどを採用する喫茶店な どの飲食店も古くから存在しており、いわゆるマンガ・アニメおたくの世界に限定した話ではなく、より一般的なコスチュームフェチの一環として、他の典型的 なコスチューム(たとえばセーラー服やチャイナドレス、袴や巫女装束など)の間に埋没していた時期が長い。

このような流れを受けた結果、戦後の漫画やアニメなどにおいても、メイドやメイド服姿は単なる端役としては古くから散見され、漫画『はいからさんが通る』(作者:大和和紀)など、大正年間を舞台としながらも、メイドを含む各種コスチュームが多く見られる好例である。

また、現在のメイドブーム成立以前の至近な例としては、漫画「フェザータッチオペレーション」(作者:柴田昌弘)の後書きにおいて、「電子頭脳生肉少女のコスチュームをメイドルックにしようとしたが、あざとすぎるのでやめた」などという趣旨が語られており、メイドブーム成立直前のオタク層におけるメイドの捉え方を理解する意味では貴重な証言といえる。

2.「メイド萌え」の成立

そのような背景の中から、メイドを好奇心の主題に据えた作品として、メイドの住まう館もの、メイドものというジャンルでPC-98x1用のアダルトゲームとして発売された1993年に『禁断の血族』、1996年にKENJI氏の呼びかけで『殻の中の小鳥』およびその続編『雛鳥の囀』(メーカー:BLACK PACKAGE、のちSTUDiO B-ROOM )が登場したことにより、のちにメイド萌えと呼ばれることになる嗜好への流れが生み出された[2]。 当作は19世紀の英国を舞台に身請けしたメイドを調教して取引先の客人に宛がうという設定の育成ゲームである(ただし、時代・風俗考証については稚拙なも のであった)。ヒロイン全員がメイドとして登場する最初の作品とされ、以後各社の「メイドもの」作品がこれに続く形で登場した。

アダルトゲームにおけるメイドブームの成立初期にメイドを扱ったゲームとしては、他にも1998年に発売された『MAID iN HEAVEN』(メーカー:ストーンヘッズ/PIL)などがあり、当作品の挿入歌であるコミックソング(電波ソングという説もある)、「メイドさんパラパラ」「メイドさんロックンロール」(歌:南ピル子)などの極端な歌詞によっても、のちのゲーム/アニメ/マンガなどのオタク的文脈における「メイド」の方向性が強調・確定されることとなった。

ともあれ、このような流れが一般化してゆく過程において、オタク系サブカルチャーにおけるメイドブームは成人向けゲームにその端を発したものであることが存外に強く作用し、メイド萌えというジャンルに は、その当初より安易なセックスアピールが暗黙的に付随するものとして、誤った知識や属性をセットとしてメジャー化させてしまう結果をもたらしてしまった 点は否定できない(特に凌辱ものでは、メイドを「性奴隷(セックス・スレイヴ)」や「金持ちの私娼」の様な、誤った形で描く。前出の『殻の中の小鳥』や 『MAID iN HEAVEN』も、これらに類する歪んだ視点で描かれている)。

このように、オタク的・サブカル的分野におけるメイドブームとは、その発端においては極端にデフォルメされた、確信犯的にギャグ要素・ネタ的要素の強いものであった。

その反動というわけでもないのであろうが、2002年に連載が開始され、2005年にはアニメ化された漫画『エマ』(作者:森薫)は、メイドブームの隆盛を受けて成立した作品といえるが、当作品はいわゆるオタク的文脈によって解釈される「(現代の)メイドもの」とは一線を画した時代考証(※)によって、ヴィクトリア朝末期のロンドンを中心とした当時のイギリスの風俗を精緻に描き、高い評価を得た。

このメイドブームの隆盛から「本来のメイドを描いた作品」が登場するまでの5年余りという時間差は、メイドという記号を拝借し盛り上げた日本におけ るサブカルチャーの中で都合よくデフォルメしたメイド像と、家庭内労働者・使用人としての本来のメイド像とのギャップに対する無関心を象徴する例の1つと 言える。

すなわち、現在日本の各種メディアによって受け容れられているメイドとは、本来のメイドとはかけ離れ、コスチュームの一部のみを借用し全く異なる意味や属性を付与されて成立した「似て非なるもの」ということになる[3]

さらに、コスプレの一貫として当時すでにブームとして成立しつつあった「メイド服」を応用したデザインを制服の一部に取り入れた1997年の『Pia♥キャロットへようこそ!!2』(カクテル・ソフト/F&C)によって、のちのコスプレ喫茶の流行へと連なる作品が成立する。

この作品はメイドではなくウェイトレスを作品の主題としており、また正確には喫茶店ではなく架空のファミリーレストランを 舞台としているが、メイド服を応用してデザインされた「メイドタイプ」を始め、流行のデザインを取り入れた数種類の制服をユーザーが選択できるシステムを 採用しており、のちに営業を開始した初の(オタク向け)コスプレ喫茶は当作品をモチーフとして一定の成功を収めたことから、これに続く形でコスプレ喫茶の 一形態としてメイド喫茶が登場し、以後定着することとなる。すなわち、現在のメイド喫茶のルーツとはアダルトゲームをモチーフとしたコスプレ喫茶の一形態 だと言える。

また、1997年の『To Heart』 (Leaf) に登場するアンドロイド(ガイノイド)「HMX-12“マルチ”」 はメイドロボを自称し(ただしマルチ自身が作品中でメイドとしての役割を果たすことはなく、「メイド服」を着用することもない。)、アダルトゲームにおい て後に続く各種の「メイドロボ」の元祖とする主張が多いが、この「マルチ」を元祖とする説には異論も多く、真相は不明瞭である。ただし彼女の登場まで暗め の作風が多かったメイド系の作品が、彼女の登場以後一気に明るい作風のものが中心になった感はあり、後続のメイド物に多大な影響を与えたと見て良いだろ う。

これらの背景から、1990年代後半から急速に進んだ、東京・秋葉原、名古屋・大須、大阪・日本橋におけるアニメ関連商品や同人誌などを専門に扱う店舗(すなわち、“オタク”を主たる客層とする店舗)の急速な増加といった動きを、成人向けゲームに端を発するメイドブームが誤った形でリード・後押ししてしまったと指摘する見方もある。

参照:Wikipedia「メイド」より

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%89

 

アモリコ
神奈川県横浜市中区山下町166 横濱バザール2F
TEL:045-633-2980
エプロン 通販/結婚祝い エプロン