こんにちは、リーヌです。(このブログは毎週水曜定期更新です。)

  • 自宅兼本社ビル
  • 相鉄競売団地
  • 東急団地A
  • 相鉄戸建A棟
  • 相鉄戸建B棟
  • 東急団地B
  • 京浜区分A←今日はこの話題

 マスキングが終わったので塗り始めていきます。

 今回使うのはこの塗料。色は「ペールグリーン」です。
塗装開始_01
今回のお部屋のベースカラーは緑系とします。茶系・青系・モノクロなどは安定感がありますが、ありきたりなので今回はちょっと冒険します。ちなみに白は問題外ですので使ってはいけません。DIY塗装は初挑戦で何もかもが未経験、という場合であれば一旦部屋を全部真っ白で塗ってみて経験値を貯めるのは戦略性がありますが、その結果できあがるのが「平成の安アパート」もしくは「大家さんががんばって塗った部屋」になってしまいます。せっかくDIYで自由にデザインできるのにこれはもったいない!

 この大面積をハケで塗れるはずがないのでローラを使います。ローラーと延長パイプです。塗装開始_02
ローラには太さ違いで「レギュラーローラー」と「スモールローラ」がありますが、私は液だれが少ないレギュラーローラが好みです。私の使い方の問題かもしれませんが、スモールローラーは突然ボタッと液垂れすることが多いんです。

 経験者には当たり前の情報ですが、こういう専用のバケットを使います。
塗装開始_03
このあたりの道具は「塗装はじめてセット」みたいな製品がありますが、いずれも作りが貧相なので、個別の道具をきちんと選んで買ってください。組み合わせがありますので、はじめての人は通販ではなくホームセンターで実物を見ながら選ぶことをおすすめします。どちらにしても塗料はホームセンターで実物を見ないと分かりませんし(そして塗料は一般的にホームセンターのほうが安い)。

 ここで、塗料を開けるときの注意点として、開ける前に缶をよく振るようにしてください。これを忘れて塗装ムラや液垂れを起こして失敗する人が多いです。4Lまでの丸い缶であれば両手で持ってフリフリ、くるくると30秒ほどかき回します。すぐ開けると飛沫が飛ぶので5分ほど放置してからバケットに移します。それ以上の四角い大きい缶の場合は手で持って振るのが困難ですので、以前紹介したようにドリルと撹拌棒を使って混ぜてください。なお、ドレッシングではないので撹拌して一日はそのままで大丈夫です。

 準備ができたらローラーでコロコロと塗っていきます。天井の面積がとても広く、そして液垂れ防止のために塗料をドブ漬けするわけにもいかないので、塗るのが大変です。

 また、本物件はRCマンションでしかも築古ですので、細かな出っ張りが大変多いです。
塗装開始_04
セオリー通りで言えば、先に入隅部分をハケなどで塗っておいてから、広い部分を塗るのですが、入隅で使用予定だったコテバケ(後日紹介予定)がこの日の時点で入手できなかったので、先にローラーで塗ってしまいます。

 とりあえず一度塗り(下塗り)してこんな感じです。
塗装開始_05
この後二度塗りして本工程完了となります。下半分は腰板風の加工をするのでそのままとします。ちなみに今回は壁紙の色が薄茶色だったためそのまま上に二回塗っていますが、色が濃い場合、一旦白い塗装をしないと綺麗に色が出ません。こういう下塗り専用の塗料として「プライマー」と呼ばれるものがあり、白やグレーが多いですので、下地の色によっては適宜使用する必要があります。

それではまた~。
 
読んだらランキングを↑クリックお願いします。(「戻る」でここに戻ってこられます)
(質問等はコメント欄へどうぞ)