下村恵美の暮らし     インテリアカフェ

熊本でインテリアコーディネートをする傍ら 育児に、家事に、暮らしの日記! なにげない毎日の暮らしを楽しむことが大好き。 アールドヴィーブルの心を「コンセプト」に のびのびと生きる女性になりたい!

幼稚園のお友達

2010 1-2月 005
半日保育の帰りに、親子でおじゃまさせていただいたMちゃん宅。
インテリアも彼女らしいガールズキュートなイメージで素敵。。。
写真の彼女ですが、春に出産予定。。。幸せオーラにお部屋も包まれてます。

お昼を互いに持ち寄って、4組の親子でランチを。
さすが主婦のみなさん、お味は間違いなくおいしーーーー♪
お取り寄せのパスタ、トマトソースのグルメこだわり派Mちゃん
定番唐揚げを、カラリと美味しく作ってくるKちゃん
サンドイッチを綺麗に丁寧にこしらえてきてくれたAちゃん
私は習いたてのガトーショコラを持参、ママたちに味見をしてもらいました〜

2010 1-2月 004
子供達が同じクラス。
わが次男は幼稚園外で遊んでもらうのは初めてで大喜び!

長男の時に、こうして幼稚園仲間にあまり入ることがなかったし
小学校に上がると、親同士の交流はほとんどなくなって残念に感じてたりもしていた
幼稚園時期だからできる事だし、素敵なママとの出会いのチャンス♪
こうして時々親子で仲良くしてもらってます。これからも宜しく〜


2010 1-2月 007
さてさて、私の今日の一番の収穫はというと・・・・・
ホイップクリームの市販品。こんなに便利なものがあったんですね、知らなかった。
マヨネーズみたいに容器にはいっていて、絞るとほら!
カフェみたいなデザートが手軽にできちゃう♪

ホイップクリームはプリンの時も少し添えたかったりするし、アイスでパフェとか
こんなに手軽ならば使わないてはないなっと・・・・ワクワク
さっそく明日はスーパー覗いて見ることにしよう!

こうやって食事を持ち寄ると、レシピを教えてもらったり、自分ではきずいていない便利な物を教えてもらえたり、情報もらったり・・・
なんかやる気でた感じで、帰っての家事はかどりました。おかげさまです。



ハッピー♪バレンタイン

2010 1-2月 201
バレンタインって特別です。

わたしとって、恋の甘酸っぱい思い出より、あの胸ワクワクの高揚感より
この日にしみじみ浸るのは、子供と初めて会った日の7年前の記憶。

ここ7年間はまた、バレンタインとは別な意味で格別な
ママになった記念日=長男の誕生日!!

彼はこの聖なる日に生を受けて、私の元に現われてくれました。
予定日より一週間近くおくれて、産気ずいてからも丸一日以上かかって
ゆっくりゆっくりと・・・・

彼のマイペースでおっとりした性格は、この生まれてくる時点から始まってた。

そうなんです。かなりのんびりしている優しい男の子です。

その彼のリクエストで絵本のケーキを真似て、
二段のデコレーションケーキを心を込めて手作りしました。


恋のドキドキではなかったけれど、このケーキを作りながらワクワクして
これからの健やかな成長を祈りながら、デコレーションしたり♪
はは・・・なにせまだまだケーキ初心者で手作り感たっぷりな仕上がりに。

パパにはチョコレートケーキを作って差し上げました。
ママになれたのは、パパのおかげですからね。笑

夕飯は長男のリクエストでこしらえてあげようと思って

私:「今日は何食べたいの〜?」の問いに

彼:「うーん、まずはシチューにパンつけながら食べて・・・あとはエビフライに
   サラダも欲しいね、あっから揚げもね」
2010 1-2月 210

家族で早風呂した後に、ゆっくり食事。テーブルクロスはハート柄を。
(写真:テーブルクロスはバレンタインにピッタリのハート柄、イケアのファブリックです。インテリア的にその日のテーマを意識したアイテムを1つでも取り入れると楽しさが増すように思います・・インテリアコーディネーターの暮らしっ笑)

久しぶりに赤ちゃんの頃の写真を開いてみました
ところがー・・・・これも長男、ここにも長男、あれっ長男・・・うー次男がない
次男:「ねー僕の写真・・・・あっこれは・・・似てる」
私:「似てるけど・・・それお兄ちゃん・・・」

すっかり元気をなくした次男くん。ごめんよ^^
主役の座を一日、兄ちゃんにとられてもううんざり気味みたい
次男の宿命だね。。。。

2010 1-2月 205
そして、彼は家族以外にも周りの大切な方たちから、お祝いしていただいた。
親友のNちゃんファミリーからはお祝いメッセージをファックスいただき
近所のお友達のママからも、アイスケーキのお洒落な贈り物をいただいたり
祖母の親友からも、お祝いのメッセージやら受けて
皆様本当にありがとうございます。

2010 1-2月 206
それにしても、このアイスクリーム。かなりお洒落で美味しそー♪

近所のママはもともと宮崎の方で、学生時代のお友達が立ち上げたアイスクリームを
贈り物にセレクトして、おすすめしてくれました。
私もそのママもアレルギーの子供を持つことから「食」に関心合っていつも情報交換をしてるんですが、ここのアイスクリームもアレルギー対応してるものがあって時々、彼女も取り寄せしているようです。味も種類あって魅力的。

宮崎のお友達のお店は「森のふう」さん
この写真のアイスクリームはバレンタイン企画の商品だそうです。
ラッピングのリボンを蝋でとめて「R」の刻印とほのかなアロマの香りも。
こだわりあってなかなか素敵ですよ!

メリー★クリスマス

2009一年 740

今日はクリスマスイブ。子供達が指折り数えた待ちに待った日ですね。。。
とにかく、クリスマスを満喫しっぱなしの今週です。
先日は親友家族とクリスマスアドベントパーティーを♪
イブの今夜は家族でホーミーに!
明日はお世話になったインテリアのお客様をお招きする予定に・・・☆

一年を振り返る時期にきて、一年の早さを感じてなりません。
思い出や積もる話を、今夜は家族で語らうのが楽しみです。
自分の家族をもち10年の節目だった今年は、私にとって特別なクリスマス。
夕食とはいえ、気分を盛り上げるように、テーブルは掃除すませたらすぐにセッティングにかかります。バックにはエンヤなどクリスマスの音楽をボリューム上げて・・・

我家の定番のクリスマスといえば。
赤いリンゴのテーブルクロスに、ローストチキン。
今年からはケーキ教室の成果あって、ブッシュドノエルも焼けるようになりました。
そして、親愛なる友人が、描いた素敵なクリスマスカードも加わって。
なかなか普段はいえない感謝の気持ちを、家族宛にカードにしたためてテーブルに。


いつの日か、家族が毎年のクリスマスを家族の歴史のように記憶に刻んでくれたら
きっと大きくなっていろいろある、つらい事や壁にぶちあたったりしたときに
子供の頃、親から愛された時間を思い出してくれたら・・・・
積み重ねていく絆を大切にしたいと、年々感じてやみません。
2009一年 739


育児も家事も、人間的にもまだまだ・・・ですが
私なりに憧れていた暮らしに少しずつ現実を近寄せてきた気がします。


来年も健康で、明るく一年過ごせますように!サンタさんへ願いを込めて☆
皆さんも素敵なクリスマスをメリークリスマス♪

そして、良いお年をお迎えください、すこしお休みがちなマイペースなブログでしたが読んでくださってありがとうございます、一年間お世話になりました。
また来年も宜しくお願いします。。。。。




60歳のお誕生祝い

ぶろぐ 005
時々ですが平日の昼間、母や祖父母や叔母を招いて食事をするのが楽しみです。
近くに住んでいるので、わざわざ会いに来てもらうという感じでなく・・・。
90歳ちかい祖父が洋食すきで、パスタなど喜んで食べてくれる事もあり。

今月は母が誕生月だったこともあり、いつもよりもてなしたくて、定番メニューのトマトパスタはやめにして、お肉のワイン煮込みにしました。
60歳を迎えるに当たって、せっかくだから母に皆の前で「ひとこと」もらって家族で静かに暖かくお祝いしました。子供が居ない時間帯のはずが、次男おたふくかぜのため急きょ参加でにぎやいました♪
30年間働いた彼女、今は孫に慕われ忙しくもゆっくりと時間を過ごせているようで
よかった。。。

ぶろぐ 001

ブッフブルギニヨン。
この料理をはじめて食べたのは、フランスにお嫁に行ったHちゃんに作ってもらったんだったなぁ〜本当に美味しくてレシピをならってすぐに作った記憶があります。

Hちゃんからはたくさんの料理を習いました、いつも垢抜けたとびっきりおいしいものを食べさせてくれるのが彼女でした。今もフランスの地で家族に作ってるんだろうなぁ・・・。などなど思いを馳せる一品です。そしてこの一皿のみならず。彼女から伝授してもらった料理をつくるたびに、彼女に思いを馳せています。

料理は「心に残る一品」とか、「誰かとの記憶に繋がる一皿」とかある。
特別な日のメニューだったり、好物の一品だったり
日々に作ってる家族への朝、夕食にいたってもあなどれないなぁ


母の還暦のお祝いに皆で「おいしいね」と食したこの一皿も私の記憶に刻まれました。長寿で健康で、楽しい会話があって・・家族や友人とこうした時間はなにより嬉しいものです。


ぶろぐ 004

デザートは別腹みたいで、80歳メンバーも平らげてくれました!!
いつまでも元気で長生きしてください。

赤いかぶ

ぶろぐ 002



休日になればどこかに外出しなきゃ子供達が治まらない。
といっても毎回、動物園だの釣りだのと行けるわけもなく我家では迷ったら「ここに」の定番がある。その「ここに」は阿蘇方面の俵山で萌の里だ。

萌の里には新鮮な野菜・果物・季節の花がたくさん売られてるし、傾斜の原っぱは子供達の格好の滑り台になる、チビたちが草スキーに明け暮れる合間に私は夕飯の食材を物色できるので親子共に良いと言う訳。

代わった野菜も取り扱い多く、見てるだけでも楽しい売り場。
なかで赤カブは見た目が好きで、みかけたら買う野菜のひとつ。



ぶろぐ 003

食べ方はもっぱらピクルスに。
半日から一日漬かると食べ頃になり、食卓が華やかにみえる。
副菜が数種ならぶとなんだか、きちんと暮らせているような感覚になる。
新鮮なうちに食べきるくらいを買ってくるのだが、秋は気候がいいから毎週阿蘇に通うなんてこともあるくらい。実はこれって贅沢なのかもしれないなぁと・・・・






ぶろぐ 004


飲み残しのワイン、グラニテにするとなかなかいける!!

近所に手ごろなワインショップがあるのもあり、ついついフルボトルで開けてはひとりでは飲みきれずに飲み残していたので、料理用以外の活用法を探していたんです。
孤野芙美子さんのレシピで雑誌に掲載されてたのをさっそく作ってみたら美味しい!
 〜作り方は簡単〜
ワイン  1/2本
グラニュー糖 90グラム
水      120cc

水とグラニュー糖を火にかけ、砂糖を溶かす。
火を止めてから、ワインを注ぐ、完全にさましてから容器に。
(容器はステンレス製かホーロー製が好ましい)
冷凍庫にいれて、固まりかけたら混ぜる。これを二度くりかえすと出来上がり♪


おいもとリンゴにお洒落

ぶろぐ 002
頂き物のなかでも、季節の果実は有難いものです。
先日も栗をたーくさんいただき、渋皮煮にして愉しんでいるとこ。。。
最近は大豆にもはまって煮豆をこしらえては常備にし、ざぜんまめ(昆布と大豆をお砂糖と醤油で味付け)を毎日食後に採るようにしている。
冷蔵庫には甘味の和コンポート(かっこよく言えば笑)が数種あるだけで一人で家事後にとるコーヒータイムが華やぐのでせっせとこしらえるようになる。
家事って手を抜くのも、頑張るのも家族には残念な事ながらさほど気がつかない様子
まぁ自己満足の世界なんで、せめて休憩のお茶でご褒美♪



ぶろぐ 001
かくして、今日はサツマイモとリンゴのコンポートにしました。
最後に贅沢にブランデーをそそいだら気分もアップ、明日が食べ頃だなへへへッ







ぶろぐ 003
思い出の一枚を手に入れました。マリメッコのスカーフがそれ。
映画に外出した親友のNちゃんと帰りにふらりと立ち寄って互いに一目で意気投合♪
二人とも素晴らしいシャネル映画を鑑賞後だったことも加わって即購入決定!
しかもまったく同じものをお揃いに、こんな嬉しいことないです
彼女はそうとうなお洒落さんだし、同じものを身に着けるって嬉しいなっ。

衝動買いの言い訳も、「お互い今年が結婚10周年yearだし記念にしようねっ」て。。
それにしても、いくつも記念品があるような???まっいいよね、Nちゃん。

プール

久々の「かもめ食堂」から「めがね」のキャストでの新作「プール」。
うっかり情報をキャッチしていませんでしたが、先日久々に食事会で御一緒したお姉さん分のゆりこさんから聞いてあわててレディースデイを狙って出かけてきました笑

画像から漂ってくる空気感に小躍りしたくなるくらい嬉しくて♪
相変わらずの雰囲気。ボーッとできる音楽、異国情緒漂うチェンマイのプールのまわりでの人間関係や日常のなにげない暮らしぶり。
詳しい中身は、見に行く予定の方にはお楽しみなのでここでは触れませんが・・・

なにより印象的だったのは
ストーりーの人間模様では母子の距離感。
私は詳しい原作もしらず見に行ったのですが偶然にも母と見てよかったなと。
私は、結婚してからの住居の距離も精神的にも母親と近い関係でいて
その証拠にこの映画も友人でなく母を誘ったのですから友達のような親子。これはいい事か悪い事か分かりませんが、我家の母子関係は近すぎて言いたい事ももちろん言うし、言い過ぎたと反省することも多々。時々はうざったく感じるなども。ゴメンネ
でも、自分の存在を受け入れてもらっているという絶対の安心感が居心地良くて、大人になった今も、元気をもらってるし勇気がでるのも母のおかげかなとか考えました

あっでも〜本音を言い合えているようで、こんな想いは話さないから近くても一番言ってあげたい言葉は恥ずかしくて伝えていないものです。今日も映画一緒にみたから感謝の気持ちを素直に伝えれる良い機会だったのにですね。。。ふふふ

そして、二人の母である私も、そんな存在になりたいなと日々精進してますが
まだまだ動物ちっくなおチビさんと格闘しながらでございます
育児って発見いろいろあるのが楽しいんです、毎晩寝る前に絵本を二冊読むんですが
昨日の一冊はは長男セレクトで小学校から借りてきた児童書「ペンキや」作者/梨木 果歩さん(これは西の魔女がしんだの作者です。思わず選んできた息子の感性に私一人ガッツポーズ)を読みましたがロマンチックでたくさんの色の名前がでてきて、たかがペンキやされどペンキやみたいな「不世出なペンキやさん」ストーりー。長男は物語に引き込まれて話を聞き入ってる傍ら、世界観がまだまだ薄い4歳児は空想に浸れないのか読んでる絵本を引っ張り揚げたりと私の邪魔ばかりをしてました・・・・。
そんな次男のセレクト絵本は「カブトムシ図鑑」・・・。うーんどこ読めばいいの?て感じですがその時々の感じ方を大事にできたらいいのかな♪

話しはそれましたが!
映画を見てると、まるでチェンマイに旅をした気分になって自分が新婚旅行でいったバリの雰囲気を思い出映像に重ね合わせてみたりも楽しめました。
インテリアも素敵だったし、野田琺瑯のケトルが使われてたし(北欧のなごりかな)
小林聡美さんの洋服がお洒落で、私も家着をそのまま真似たくなるような・・

そして上映終了時間が昼時だったので、その後はランチに直行!!
やっぱり余韻に浸って中華系がいいと意見が一致し、車を中心街に走らせてパーキングを捜して、ふらりとたどり着いたのがベトナム風デリ&カフェ「南方小厨」
以前から気になってた事もあって迷わず席に着きました。
ヌードルが充実していて、フォーとエビワンタンヌードルをチョイス。
サイドに揚げ春巻きと大根もちをいただいてきました〜



nu-doru

小さな幸せをかみしめることができた大切な一日に感謝!!
そして、この世界では同じときを津波や地震で苦しんでいるニュースに胸痛みます。
明日はだーい好きな大親友と「ココ・アヴァン・シャネル」を見てきます。シャネルに敬意を表し自分なりのお洒落をして映画鑑賞しようかな・・!!

壱岐の魅力

2009壱岐 065
かわいい花。
名前もわからないけど、島には白、紫など野草に溢れてました。
私は海水浴よりも、散策して花を見つけて愉しみました。






2009壱岐 082
岩牡蠣、最高!!海の幸を満喫!
2009壱岐 007
うにも割って食べられます。
とげとげしてるうに、丸くなくてっ楕円形なんですね〜
中身は5個と決まってそうです、たくさん入ってるのを選ぼうとしてもどれも一緒。








2009壱岐 052
海は青く澄んでます!
天草の海も綺麗だけど、壱岐の自然は手付かずのままでした。
次回はぜひ、カヤックとかシュノーケルもしてみたい!!





2009壱岐 028
いるかパークの入場料は格安の200円!!やすいっ♪
先先週、かごしまのいおワールド行ったけど10倍は払ったかもぉー(笑

ただし、いるかも自然な感じで泳いでました。
ジャンプを見せてくれましたが、なにより息子は触らせてもらえて大喜び!なすびのような手触りらしいです。ツルッツルッ。。。




2009壱岐 091
毎日、夏祭りあってました、花火も人で込み合うことなくゆっくり見れましたよ。
釣りをしたら、33センチの黒鯛がいとも簡単に釣り上がりました。
主人も釣り歴長いようですが、初めての大物に喜んですっかり壱岐のとりこに。
壱岐は自然がたくさんで、時間がゆっくり流れてるように感じる島でした!

つばめ新幹線試乗体験

2009夏 217
ポケモン新幹線!!
子供の目が輝きます(大人も見れば乗りたくなる、乗ればイラスト見えなくても)
乗れてラッキーです!しかもこの小旅行そのものラッキーなんです。

というのも、リビング熊本さん企画で小学生対象に親子で参加しました。
毎年あっている企画で、親友のご主人の顔利きで招待してもらえました。ラッキー!
2009夏 228

子供連れの4家族+取材スタッフ+カメラマンの大人数、団体行動です。
この企画は8/22掲載用です。よかったら紙面で私達親子を見てやってください

スケジュールはちとハードで、川内基地の見学学習、熊本駅工事の見学とまじめ。
子供は退屈するかと内心思ってたのが、男の子には楽しい内容だった様子。よかった

私の目線はインテリアに注目。
外観のツバメカラー白を基調に、内観(壁・床)も白の明るく爽やかな印象。
列車な感じでない、木調の座席や出入り口扉で上品な内装でくつろげました。
6両編成のつばめは、その車両によってインテリアカラーも変えてあり、車両によって木部がダークだったら張り生地もシック、ナチュラルならそれに合わせて違いがある
全て統一感はあるのに、少し変化させてる配慮がありました。

素材も地元産にこだわって、トイレ前にはイ草暖簾をかけてあるなど。工夫あり!
やっぱり大事ですよね。インテリアをこだわる事って!


2009夏 249

なかでも最もお楽しみが、鹿児島駅ビルの屋上にある観覧車にのれたことかな。

2009夏 225

夏休みにとってもいい自由研究になりました!Kさん招待ありがとね

明日から家族旅行で壱岐に海水浴いってきます。
フェリーで酔いやすいとの情報多数のため、酔い止め薬を飲んで行きますねぇ〜





和のグリーン

盆栽

「景色盆栽」の事を知ったのは、数ヶ月前のテレビ。
「品々」で提案されている盆栽だそう。


“盆栽”と聞くと渋い趣味を連想してしまうのは私だけではないはず。


 東京都世田谷区奥沢の閑静な住宅街にある「品品」(しなじな)はグリーンを扱うショップでスクールも開催、「景色盆栽」と名づけられた小品作りを学ぶことができる。

オーナで盆栽作家の小林健二氏の指導の下、器を選び、植え込む土づくりから始まって、山野草や苗、苔などの構成要素を、全体を「景色」に見たてながら植え込んでいく。
以外にも若い女性が多く習いに来るというので驚くが、なんだかさっそく私もやりたくなるからそうなんだろうなと実感。

私は習いに行ったわけでもなく、テレビを見た印象からさっそく真似てみた。
ちょうど庭に植えていたトクサを株わけし、以前に陶芸教室で焼いていた鉢を利用。
そして、もう植え込んで一ヶ月くらいたつ。愛着があるので手入れも楽しい。

「和のインテリア」+「癒し」のコンセプトはしっかり今時で
お洒落に敏感な若い人に受け入れられるのも納得できる。

Profile
訪問者数

Recent Comments
Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ