先月末に銀座の三越にオープンしたサロン・ド・テ。
フランスの老舗のラデュレ
サロン・ド・テの響きがワクワクとします。
前に初めてフランスに行った時、留学で渡仏してた親友が憧れの場所といいながら
サロン・ド・テに連れてってくれたものです、巷のカフェとは違って品ある感じに気後れしちゃいながらも、うっとりしたものです。

その時は、ラデュレには行きませんでしたがね。
ラデュレはマカロンでお馴染みの150年の歴史をもつパテスリーです。

日本でフランスを感じれる、食べれる!!ならば東京は近いもの・・・
とはいえ、なかなか行けてないのが現実かな。

お味もさることながら空間演出などインテリアにももちろん興味あります。

本店パリの店構えはなんとも洒落たミントグリーンの外観。
ペールトーンの軽い色でスイーツを思わせるも、老舗の風格もある!
その訳は、素材感やデコラティブな装飾の形が歴史を感じさせるのかな
とにかく、ショーゥインドウにピンクのマカロンを積み上げて
グリーン×ピンクの配色はさすがパリっぽい、素敵!!!

人気パティシエのピエール・エルメ氏は、
ラデュレの元シェフパティシエ。だそうです
味も間違いないはずです。もちろん

ラデュレ社社長ダヴィッド・オルデー氏いわく

「ラデュレの東京におけるプロジェクトは日本の人々にラデュレ・メゾンの最高のものを提供することにより“l'art de vivre à la française”(フランス流美しき生活)をはじめ、フランスのパティスリーのクオリティーやもてなし方を伝える、ということです。・・・・」
※一部割愛しますが

素敵なもてなしを学ぶためにも
ぜひぜひ行ってみたいと願うばかりです☆