poteto

「くらべっこしてからねー!」
同じものを同じ量で。
兄弟でおやつをもらうとき、子供は真剣そのもの。
どちらが多いのか?どちらがおいしそうなのか?
自分が子供のときはどうだったかな?!と思い出してみたりもする
子供との暮らしのなかで、ふと自分の幼少時代を思い出してみることもあり
時折は記憶があいまいだったりして実家で写真帳を引っ張り出してみたり・・・・

そうかぁ、以外に暮らしの「何気ない風景」を画像で残すのもいいなぁと感じた


おやつ時間は日常のなかの一大事な場面でもあるかな

本日のおやつメニューも大事。
母の味を記憶しておいて欲しい気持ちから、手製を心がけている
最近だと栗やカボチャ、サツマイモを使って栄養も考えたおやつを作ったり
手製の焼き菓子やババロア、プリンなどを喜んで食べて欲しいのだが
そう現実はドラマのワンシーンのようにもいかないもの

子供の大好きなもの、ポテトチップや炭酸ジュース(身体に悪そう・・・)
グミやあめだま、駄菓子なんか大喜びで食べている。
いや、どちらかといえば悔しいかな駄菓子系を好んでる様にも感じる・・・
まぁ〜変化がないと飽きるので、日替わりでいろいろと。