久々の「かもめ食堂」から「めがね」のキャストでの新作「プール」。
うっかり情報をキャッチしていませんでしたが、先日久々に食事会で御一緒したお姉さん分のゆりこさんから聞いてあわててレディースデイを狙って出かけてきました笑

画像から漂ってくる空気感に小躍りしたくなるくらい嬉しくて♪
相変わらずの雰囲気。ボーッとできる音楽、異国情緒漂うチェンマイのプールのまわりでの人間関係や日常のなにげない暮らしぶり。
詳しい中身は、見に行く予定の方にはお楽しみなのでここでは触れませんが・・・

なにより印象的だったのは
ストーりーの人間模様では母子の距離感。
私は詳しい原作もしらず見に行ったのですが偶然にも母と見てよかったなと。
私は、結婚してからの住居の距離も精神的にも母親と近い関係でいて
その証拠にこの映画も友人でなく母を誘ったのですから友達のような親子。これはいい事か悪い事か分かりませんが、我家の母子関係は近すぎて言いたい事ももちろん言うし、言い過ぎたと反省することも多々。時々はうざったく感じるなども。ゴメンネ
でも、自分の存在を受け入れてもらっているという絶対の安心感が居心地良くて、大人になった今も、元気をもらってるし勇気がでるのも母のおかげかなとか考えました

あっでも〜本音を言い合えているようで、こんな想いは話さないから近くても一番言ってあげたい言葉は恥ずかしくて伝えていないものです。今日も映画一緒にみたから感謝の気持ちを素直に伝えれる良い機会だったのにですね。。。ふふふ

そして、二人の母である私も、そんな存在になりたいなと日々精進してますが
まだまだ動物ちっくなおチビさんと格闘しながらでございます
育児って発見いろいろあるのが楽しいんです、毎晩寝る前に絵本を二冊読むんですが
昨日の一冊はは長男セレクトで小学校から借りてきた児童書「ペンキや」作者/梨木 果歩さん(これは西の魔女がしんだの作者です。思わず選んできた息子の感性に私一人ガッツポーズ)を読みましたがロマンチックでたくさんの色の名前がでてきて、たかがペンキやされどペンキやみたいな「不世出なペンキやさん」ストーりー。長男は物語に引き込まれて話を聞き入ってる傍ら、世界観がまだまだ薄い4歳児は空想に浸れないのか読んでる絵本を引っ張り揚げたりと私の邪魔ばかりをしてました・・・・。
そんな次男のセレクト絵本は「カブトムシ図鑑」・・・。うーんどこ読めばいいの?て感じですがその時々の感じ方を大事にできたらいいのかな♪

話しはそれましたが!
映画を見てると、まるでチェンマイに旅をした気分になって自分が新婚旅行でいったバリの雰囲気を思い出映像に重ね合わせてみたりも楽しめました。
インテリアも素敵だったし、野田琺瑯のケトルが使われてたし(北欧のなごりかな)
小林聡美さんの洋服がお洒落で、私も家着をそのまま真似たくなるような・・

そして上映終了時間が昼時だったので、その後はランチに直行!!
やっぱり余韻に浸って中華系がいいと意見が一致し、車を中心街に走らせてパーキングを捜して、ふらりとたどり着いたのがベトナム風デリ&カフェ「南方小厨」
以前から気になってた事もあって迷わず席に着きました。
ヌードルが充実していて、フォーとエビワンタンヌードルをチョイス。
サイドに揚げ春巻きと大根もちをいただいてきました〜



nu-doru

小さな幸せをかみしめることができた大切な一日に感謝!!
そして、この世界では同じときを津波や地震で苦しんでいるニュースに胸痛みます。
明日はだーい好きな大親友と「ココ・アヴァン・シャネル」を見てきます。シャネルに敬意を表し自分なりのお洒落をして映画鑑賞しようかな・・!!