中井美穂

1年間人工肛門を装着して仕事をしていたとは驚きです。大吉は3週間装着、点滴だけで栄養補給をしていた頃なので、黒い腸液が出るだけでしたが、日常生活をしながらでは大変です。便意が分からず排便がコントロールできません、知らない間に排便しているのです。たぶん2.3時間に一回はトイレで袋にたまる排便の処理が必要だったと思います。臭いの問題もあります。 健康な時には全く意識しませんが、臓器にはそれぞれ独立した役割があり、外科手術で簡単にコントロールすることができます。人工肛門の仕組みを教えてもらった時には感心しました。人間の体は上手くできています。

 昨日サウナで体重測定、58Kg。BMI(体格指数)での安全値21以上まであと3Kgになりました。(退院時は51Kg) BMIでは身長に対して体重が軽すぎても重すぎても病気に対して危険。大吉は統計データーは無条件に信じます。言葉より数字。競馬なら間違いを期待して出現率の低い高配当馬券を買いますが、健康に関しては本命馬券しか選択肢はありません。
BMI=体重÷身長÷身長
男性21以上26.9以下
女性19以上24.9以下

 「どうせ一度は死んでゆく、体のことを細かく気にしていても仕方がない」という人もたくさんいます。例外なく病気をしたことがない人です。病気をしたことのない人は強気です。大吉も昔はそうでした。健康な人は病気の怖さ、人間の弱さを知らないので、そのことで悲しんだり、自己嫌悪になることもなく、穏やかな精神状態で過ごすことができます。知らぬが仏、羨ましい限りです。

 切断部分の痛みが引き続いてあります。夜になると刺すような痛みに襲われることもあります。昨日、痛み止めを飲むのをやめたらどうなるのか実験しました。未明に痛みで目が覚めました、バカにしていましたが効果はあるようです。20日が通院日なので先生に相談するつもりです。
 
お守り

 我慢できる痛みです、一番の問題はがんの転移。鈴虫寺にお願いしてありますが、お守りの有効期間は1年。毎年参拝とお守りを買う必要があります。ちなみに両方で千円です。「坊主丸儲け」といいますが、上手い仕組みになっています。万一途中でがんが転移し急死してもクレームを言う人はいません。あの世に鈴虫寺があれば一言文句も言えますが。

 
万歩計

先月末より、 YouTubeで落語を聞きながら毎日2000歩散歩を日課にしています。最初、用事もないのに歩くことは大変苦痛でしたが、落語を聴きながらだと全く苦になりません。暖かくなり切断部の痛みがなくなれば6000歩にする予定です。3月、桜花賞までにはBMI21以上、毎日散歩も含めて1万歩を習慣にする予定です。体力がないと何もできません、4月から考えていることもあります。今はすぐに眠くなります、これでは愛人も作れません。