黄金大吉の「金なくて何でこの世が浮世かな」

がん・競馬・株にまつわる話を中心とした元気を発信するブログです。2015年12月大腸がん手術、16年11月肝臓13か所に転移・手術。現在、再発し4箇所にがん、リンパ節にも転移。レベル4進行がん。「新大腸がん闘病記」、土日は「一攫千金予想と最終レース」、日曜日Gレースは「たまに当たる万馬券競馬新聞」を配信中。

太陽光発電

733円VS138743円 今年太陽光発電、最終列車

 郵便局733円、SBIハイブリット貯金に100万定期での1年間の金利。138743円、太陽光発電に105万円投資した場合の年間配当金。昨日、一宮有限責任組合(太陽光発電投資組合)に投資して1年になるので半年ぶりに通帳記入をしました。株の配当金を差し引くと138774円の配当、利回り10.5%。大吉所有の投資マンション、表面利回りは12%ですが、管理費、保険、固定資産税等を引くと実質利回りは7%です。さらに空室リスクもあります。ハイブリット貯金で100万円の儲けを出すには1364年必要ですが、太陽光投資なら8年。不動産投資はそれなりにメリットもありますが、太陽光投資には短期ではかないません。ただ太陽光投資は今年が最終列車、最後のチャンスです。(毎年売電価格、今年は32円)
★同じ5月に100万円SBIに定期貯金をしていました、税引き後の金額は733円でした。

 「人を使うのはめんどうなので会社をたたみます」福岡の工務店二代目。おやじの後を継いで従業員8人の社長をしていました。なぜ会社をたたむことができるのか、売電収入で年間800万円のめどが立ったからです。

山口の知人会社員48才、先月退職し郷土史研究に専念しています。収入原資は売電収入。

 面白いのは競馬友達のリチャード。すでに1000万、今年中にはさらに2000万太陽光発電に投資するそうです。リチャードの趣味は麻雀、競馬、カジノと重度のギャンブル依存症。銀行から全額借入をしても8年で完済できます。8年後には「全国の地方競馬で旅打ち、たまにカジノ、麻雀の生活」をするそうです。競馬でいえば楽勝の展開。大吉も2000万ほど太陽光発電に投資する予定だったのですが、事情によりできなくなりました。
 まだ間に合います。土地の無い人、あるいは管理するのが面倒だという人は大吉と同じように太陽光発電投資組合に出資するという方法もあります。興味のある人はhttp://www.worldbrains.co.jp/
9月に分譲するのが少し残っているそうです。

 マクドナルド創設者藤田田の座右の銘は「凡眼に は見えず、心眼を開け。好機は常に眼前にあり」。3年前、売電制度を知り「好機」と考えた人は大儲けしています。藤田田の著作に「頭の悪い奴は損をする」というのもあります。まさに頭の悪い奴は損をするようです。

収益物件を買う 借金は他人に

「江戸っ子は生涯借家暮らし。家をてたるなんざぁ、田舎者のすること」落語のセリフ。昨日投資マンションの決済を終わらせました。これからは江戸っ子が増えるのです。

 大吉は不動産投資にはたいして興味がありませんでした。時間がかかり面倒だからです。去年12月ウェーブハウスの市川社長と4時間ほど車でご一緒しました。「年末ジャンボで7億円当たったらどうするか」と社員に聞くと「海外の利回りのいい投資信託を買う」、「投資不動産を買う」、「半分は貯金して毎月100万円づつ使う」・・・・・。市川社長の回答は「7億で中古マンションを買い、それを担保に銀行から3億円借り、10億円投資で年間10%の利回りを確保する」。普通の人は持ち金からしか発想しません。さすが不動産王、最初からレバレッジを活用するとは予想外の回答でした。

 大吉が買ったのは中古マンション。ウェーブハウス草野専務のお勧め物件です。もちろん大吉も調べ、3つの理由で購入を決断しました。立地が岡大医学部付属病院のすぐ近くで市内で1〜2番の人気学区。なんといってもマンションは利便性、学区です。次に管理がしっかりしていること。管理組合に聞くと179戸中、管理費延滞は3件のみ。マンションは管理で決まります。最後に近隣新築マンション価格、3LDKなら3500万の物件もあました。新築価格が将来の先行指標です。

 全部で約770万円の投資。家賃は7万円、現在法人契約中です。全部現金で支払うことも考えましたが、それをすると株資金が少なくなります。また今後のことを考えると、銀行と上手く付き合うことが不動産資産を増やすには不可欠です。400万円を銀行借入(10年)としました。今後の物件購入は20%の自己資金にします。昨日決済をすると権利金、保証金、今月の家賃が移管されるので40万ほど入金になりました。

 今回の物件購入は練習です。毎月30万円の家賃収入まで増やしていくつもりです。



 



 

これを知らないと大損する、太陽光発電最大リスクPID現象(太陽光発電No3)

 早耳の早倒れ」株の名言です。太陽光発電はやれば儲かるという単純な話ではありません。当然リスクがあります。最大のリスクはPID現象です。

 日本より先に太陽光発電を政策的に導入したヨーロッパでは5年前よりPID現象により太陽光発電出力低下が大問題になっています。PID現象とは、高温多湿の環境で高電圧が流れるとモジュール回路内に電流漏れが発生し出力が落ちる現象です。 フラウンホーファー研究機構(ドイツhttp://www.en.csp.fraunhofer.de/aktuelles/details/id/51)で行った調査では、世界市場で販売される主要な太陽電池モジュール13社の製品を試験した結果、9社の製品にPID現象の発生が認められ、PID現象が発せず出力低下がなかったのは4社のみ。PID現象が発生したモジュールでは、出力の低下が平均で56%、最大で90%も低下するモジュールがあったということです。太陽光発電ビジネスは長期投資(20年間)、大幅な出力低下になったらマイナス利回りになります。

 当たり前の話ですが、利回りは年間収益/投資金額×100です。投資金額が少なければ少ないほど利回りはよくなります。家庭用の太陽光パネルでは輸入品シェアは10%程度ですが、産業用の場合は利回り重視から圧倒的に輸入品です。ココが最大の落とし穴です。安物買いの銭失い、性能の悪いパネルを付けたら結局大損することになるのです。太陽光パネルの原材料はシリコン、要するに純度の低いシリコンは価格が安くいのですが、劣化率が高く長期投資には使えません。一宮発電組合の太陽光パネルは純度イレブンナイン(99.99999999999)。人工衛星に使っている純度ではありませんが、最高級レベルです。専門家の話では20年間に予想される劣化率は最大4%以内だそうです。余談ですが、中国には太陽光パネルメーカーは約800社あるそうです。もちろん使う材料はクズシリコン、間違っても使ってはいけません。今年3月には世界最大の中国のサンテックパワーが倒産しました、普通倒産はマーケットシェアの低い順のはずです。何故か・・・・。だいたい中国の国家統計を信じている投資家は誰もいません。よくて7掛けだと考えています。したたかな中国を相手に儲けているのは、ユニクロ、小松、ユニ・チャームぐらいです。逆に考えれば大したもんです。

カリスマ軍人氏より、売電価格が42円から37.8円に下がり投資妙味がなくなったのでは、という質問がありました。サンケイ新聞写真の記事は先月の産経新聞です。まだまだ儲かるのです。ただし個人の場合はメガソーラーは作れません、50キロ未満の小規模太陽光で儲ければいいのです。手続きも簡単です。

 

もちろん大吉も投資している 太陽光ビジネス(太陽光発電No2)

 ほとんどの人は、住宅ローンに一生を捧げる人生から這い上がれないまま人生の第四コーナーを迎えているようです。競馬ならここからが一番面白いところですが、足腰が動かなくなり、性欲もなくなり、唯一あるのは時間だけになりお金があっても単なる紙切れです。大吉、今年56才。友人、知人の中にはサラリーマンでありながらしたたかに生きている人がたくさんいます。共通点は2つです。まず奥さんがブスでも金持ちと結婚していること。実家が金持ちだけではありません、医師、看護師、美容師、教師…と確実にお金儲けのできる職業をもつている奥さんがいます。変わったところでは奥さんが国会議員という人もいます。次に本業には大して関心を持っていないことです。「どうせ他人の会社だから」というスタンスです。間違って美人と結婚した方、本業以外に今まで関心のなかった方、諦めるには早すぎます。太陽光発電ビジネスがあります。(前回6月8日からの続き)

 太陽光発電ビジネスは確実に儲かります。これから始めても10%以上の利回りはあります。必要条件は土地が用意できること、建築費が用意できることだけです。経営、投資能力等は一切必要ありません。建築費はたいしたハードルではありませんが、土地は持っていない人には最大の難関でした。
 魔法のようなシステムがあります、LLP(有限責任組合)です。簡単に説明すると、組合を設立し共同で太陽光発電事業を行うのです。遊休地を持っているが投資金額のない地主から売電金額の5%で土地を借り、建築費は組合員が拠出し運営すればいいのです。ただし組合員は50人まで、投資金額は1億円までという法律上の制限があります。

 大吉は今年2月、太陽光発電量全国NO1の山梨県笛吹市に設立した「一宮発電有限責任事業組合」の組合員になりました。太陽光発電50Kwの発電基地、投資金額は一口105万円、3kwの所有です。組合員は友人、仕事仲間11人です。もちろん金儲けに敏感なリチャードも投資しています。すでに2回の配当があり、毎月平均すると15000円にはなります。利回り17%、6年弱で元金は回収でき、20年間で105万円が360万円になります。
メリットを整理すると
.投資の透明性が確保されている
  投資で一番重要なのは、透明性です。15分更新で発電量情報を携帯、PCに送信する監視システムを設置  しています。組合員は暗証番号を入力すれば、WEB現金出納帳で会計の確認ができます。
.倒産リスク0
  売電しているだけの組合です。倒産リスクは0です。
.毎月配当がある
  毎月正確に計算するのは面倒なので、1口に対して毎月1万円、12月に積立てた差額分を分配するルール  になっています。WEB現金出納帳を閲覧すると、たった2カ月で積立金は1口当たり17015円でした。1年に
  一回の配当では、楽しみがありません。
.管理をする必要がない
  太陽光発電基地の草取り、パネルの掃除、発電量のチェックは組合から委任された人がやってくれます。組
  合員の仕事は、ネットで発電量をチェックするぐらいです。(組合員は何かしなくてはいけない)  
艮娠張螢好は保険でカバー
  太陽光パネルの盗難、破損…等、もちろんリスクがありますが保険でカバーできます。
  保険対象外は
  津波による破損…山梨県に津波が来ることは仮定すらできません。
  動物による破損…150センチの柵をしています。
酸廼發罵利
  株式会社の場合、税金を支払った後に配当金を支払えますが、LLPの場合税金を支払う前に配当できます。
  もちろん個人申告する必要がありますが、法人の場合はさらに損益通算ができます。

一番の金儲けは、他人の金で儲けることです。大吉は最悪現金での投資も考えていますが、今後はローンで太陽光投資を考えています。確実に儲かることに現金を出すのは低能です。現金は株で運用が大吉のスタンスです。次回は最大のリスク、パネル劣化について書きます。

当り馬券の事前販売 太陽光発電投資(1)

上手い話には乗るべきではありませんが、うますぎる話には乗るべきです。小規模太陽光発電所ビジネス、これは当たり馬券の事前販売と同じ、確実に儲かります。仕組みは簡単です。去年7月太陽光発電の全量買い取り法案が可決・施行されました。太陽光から発電された電力を国が20年間電力会社を通じで買い取る制度です。去年は1kw当たり42円でしたが、今年から37.8円。買い取りの原資は国が出すわけではありません、電気料金に「省エネ発電賦課金等」として加算されています。大吉邸では先月156円支払っていました。平たくいうと太陽光発電を設置した人は儲かり、設置しない人は儲けの原資を提供するという仕組みです。

日射量と発電量は比例します。NEDO技術開発機構の「全国日射関係データーマップ」によると最低値は大津市で1Kw当たり999kw、最高値は甲府市の1246Kwです。50kwの太陽光発電所を甲府市に作った場合、
1246×50Kw×37.8円 2354940円の売電収入になります。必要坪数は150坪程度です。投資金額は約1800万です。利回りは13%となります。

ソフトバンク、商社、太陽光発電販売会社は大型のメガソーラー発電所を建築しています。太陽光全景今月の日経新聞には中国のファンド会社も参入とも書かれていました。当り馬券の事前販売と同じ、確実に儲かるから新規参入が相次いでいるのです。京セラ会長の稲盛さん主催の盛和塾では「10%の営業利益の出ないような経営は、経営者失格」と教えられるそうです。稲盛方程式でいえば95%の経営者は、「さっさと会社をたたんだ方がいい」ということになります。太陽光発電ビジネスは稲盛さんももちろんやっています。これに乗らない手はありません。ただし問題もあります。
★写真は孫さんが京都に作ったメガソーラー発電所、京都競馬場に近かったのでリチャドと競馬場の帰りに立ち寄 りました。



記事検索
楽天市場
メンバーリスト
プロフィール

黄金大吉

オリンピック応援パーク
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ