大黒正宗blog

安福又四郎商店の公式ブログです。

2011年05月

御礼とお知らせ

いつも大黒正宗をご愛顧いただきありがとうございます

先日は御影公会堂の『大黒正宗ファンの集い』を開催していただき

たくさんのお客様にご来場いただき本当に嬉しく思いました

IMG_8044







また、集いを開催するにあたり準備段階からミーティングを重ね

当日は迅速な行動で集いの成功にご尽力いただきました

大黒正宗後援会 大笑快の松宮会長とメンバーの皆様、

普段から大黒正宗と共存共栄していただいている有志特約店の皆様

当日のお食事を用意していただきました飲食店の皆様

に感謝いたします



さて、この度のファンの集いでも試飲していただきました

『大黒正宗の梅酒』

6月3日(金)に発売させていただきます

ただいま急ピッチでラベル張りをしております

6月1日より特約店様へ出荷していきます

よろしくお願いいたします

image067


全国新酒鑑評会

全国新酒鑑評会に行ってまいりました
この鑑評会、明治44年(1911年)に始まり、今年でなんと99回目だそうです。

今回は、兵庫県工業技術センター主催の勉強会も兼ねたバスツアー(仕事の都合により途中参加)に
酒心館さん、泉酒造さん、都美人さん、銀海酒造さん…のみなさんとご一緒させていただきました。
IMG_8064IMG_8055

開場30分前、全国から集まった製造関係の人々でものすごい行列です。
(この写真を撮ったのが列の最後尾)
日本酒醸造に携わるこれだけ大勢の人々をみるとなんだか武者震いがします。
IMG_8054

今回の出品数は875点
これだけの銘柄があるというのにも感慨深い思いがします。
IMG_8059IMG_8062

鑑評会は製造技術研究会ともいうように
酒造りの技術の評価と、酒質の傾向を見る場です。

嗜好品(飲み物)としての評価をするのは、実際の飲み手のみなさんです
好みにあったおいしいお酒との出会いがひとりでも多くの方にありますように…


酒造りは不思議…
やればやるほどこれでいいと思うことは絶対にないし、
なぜかやめることができない。
言葉に表せない何かがあるのです。

わたしたちが常に何かに求めている誇りや価値感が
もしある何かがきっかけで、その言葉に表せない何かと結びついたとしたら
間違いなく日本酒ブームが起きる

大黒正宗ファンの集い@御影公会堂

大黒正宗ファンの集いは今回でなんと9回目を迎えることとなりました
午前中はかなり強い雨に見舞われたものの、午後にはすっきりと晴れ
190名ものお客さまにお越しいただき、おかげさまで大盛況の会となりました

これがなんと、蔵元主催の会ではなく、
ファンの方々および特約店の方々のご尽力によって開かれていることに
蔵一同、大変誇りと喜びを感じると共に、大変感謝いたしております

ご参加いただいた大勢のお客様
このような会を企画・開催してくださった『大笑快』のみなさま
おいしいお料理・デザートをご提供くださった料飲店のみなさま
今回だけでなくいつも大黒正宗を盛りたててくださっている特約店のみなさま
華麗なマジックをご披露くださいました、わんだふる佳恵さま
心に響く三線とメッセー字のふみんちゅさま

本日は本当にありがとうございました。心より御礼申し上げます



漫画 「夏子の酒」で、夭逝した夏子の兄・康雄が好きだった言葉

和醸良酒

大黒正宗の場合、この『和』とは造り手だけではなく、
売ってくださる方々、飲んでくださる方々をも含めたもっともっと広い意味での『和』なんだと
つくづく感じています。

となると、醸すというより

和成良酒』かな…

和成らしむる良酒か、和をもって良酒となすか…?(すみません国語もニガテで
とにかく大勢の方々の応援あっての大黒正宗ってことです
そう感じられることは本当に幸せなことだと思います


IMG_8028IMG_8031IMG_8033IMG_8039

IMG_8041IMG_8044IMG_8046IMG_8042

梅酒 WEEK !!

今週は月〜金まるまる、22年に仕込んだ『梅酒』のビン詰めを行っています
今日で4日め、最初は久しぶりでバタバタしていましたが、だいぶ慣れて
みなの動きもとてもスムーズになってきました。

IMG_8023
IMG_8025

「レイメイ」の詰機は梅酒専用です。
傍の蛇管の湯で火入れしたのを詰めていきます。
温度管理は慎重に!とても気を使います。

IMG_8024IMG_8022

打栓をして…
みな、お互いの動きと製品の状況をよく見ながら、頭も身体もフル回転
チームワーク抜群です

『梅酒』は6月初旬に発売予定
どうぞお楽しみに



さて、前回のクイズ(?)の答えは…

『50石密閉ホーロータンクの中』 でした。
すぐ分かっちゃいましたか
ちなみに50石は9000リットルです。
タンクが空になったときと、お酒を入れる前は、中に人間が入って洗浄・殺菌するのです。
ハシゴはいったいいつから現役なのか不明の木製のタンク専用梯子です。
これが結構重たいのです
安定感があるのとホーローの壁面にやさしいのはよいんですけどねえ…

大黒正宗には、アルミ製の梯子もあります。
アルミ製は軽くて取りまわしはし易いのですが、イマイチ安定性に欠ける
梯子降下中に何かの拍子でハシゴと壁面の支えの脚が閉じてしまい、
ちょっぴりコワイ思いをしたことが2度あります(ポチもあるそうです)

木のハシゴを担いで、タンクの上へあがる梯子を登り降りしたり、
平面ではないタンクの上でこのハシゴを取りまわすのにだいぶ難儀したものでしたが、
いつのまにかなんとも思わなくなりました
すっかりたくましくなりました

クイズと看板


いきなりですが、ここはどこでしょう???

IMG_7735

わかったアナタはかなりの酒蔵通(答えはまた後日
たまたまポケットにカメラを入れたままだったので撮ってみました


さて、今日は3日ぶりの晴れ
久しぶりに特約店の方からいただいた看板をオモテへ出しました

IMG_7971IMG_7970

(左:門真・和光本店さん、右:尼崎・山本酒店さん が書いてくださいました)
おかげさまで、通りがかりにこの看板を見て、気になってお立ち寄りくださるお客様が増えています

弊社の前の道路は六甲アイランドや高速道路へつながる道路であるため、
地元の方だけでなく、仕事や旅行での県外(遠くは愛媛や広島)の方も
いらっしゃいました

『このあたりは酒処なんですね〜』
『取引先に持って行きたいので・・・』
『朝見て気になったので、仕事帰りに寄りました』

最初は緊張するばかりでしたが、最近は色々な方とお話するのがだんだん楽しくなってきました。
中にはリピートしてくださる方もいらっしゃいます。
出荷帳にメモったりしているのですが、なかなか覚えきれなくて失礼をしてしまうこともしばしば…
その時のお客様申し訳ございません

今日は、使い慣れないビン詰機(梅酒専用で1年にいっぺんしか使わない)の準備に格闘中
やはり看板を見て来られていたお客様に気付かず・・・
たまたま来られた出入りの醸造用品問屋さんが知らせてくださいました。
一緒にお酒の良さをアピールしてくださり、なんかすご〜くうれしい気持ちに…

灘のお酒も、いいえ、日本酒業界全体がもっともっと元気になりますように…




月別アーカイブ
楽天市場
記事検索
プロフィール

daikokumasamune

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ